私は高校卒業後、約5年半にわたって秘書業務に携わって参りましたが、
半年前にビデオレンタル業をやりたいと思い、今月一杯で退社することにしました。

 …ですが、必死で仕入れのルートを探しているのですが、全く情報が得られません。

どなたか知っている方がおりましたら、ぜひ教えてください。

今月一杯で退社いたしますので、かなりあせっています!!

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問に対する答えにはなりませんが、これからレンタルビデオショップを開くのは絶対に止めた方がいいと思います。


一番の問題は今後間違いなくレンタルビデオショップはすたれるということです。ビデオ・オン・デマンド、つまり2003~2005年にブロードバンドが整備されると映画1本が15分程でダウンロードできるようになります。ネットから映画が配信されるようになるのです。そしてそれは遠くない未来なのです。
家にいながらにして好きなときに好きな映画が見れるようになるのですから当然レンタルビデオを借りに行くことは極端に減ることになりますし、いずれは無くなるものと思われます。

簡単に言えばこういうことですが、自ら何か仕事を始めようと思うのでしたら他のビジネスを考えた方が得策です。そして間違いなくこれからのビジネスはITに特化したビジネス以外は考えられないと思いますよ。
私であれば絶対にレンタルビデオショップは・・・何があってもやりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になるメールをありがとうございました。

そうですね。そういう時代が来てもおかしくないですよね・・・

でしたら、ひとまず保留という形にしておいて、また違った方向から考えていきたいと思います。

では、失礼致します。

お礼日時:2001/01/10 13:32

仕入れのルート以前に確認ですが、



無店舗でやりたいのですか?店舗を借りるのですか?
これから店舗を借りるためには改装費・保証金・仲介料等、
多額の現金が必要です。
また現金があっても、オーナー(大家さん)は今後の賃料を
確実に回収したいですから、事業計画や過去の収支状況など
も当然気にしますよ。これから起業するということであれば、
万一の場合に備えて相当なレベルの保証人を求めてくると
思います。

それから企業経営はいきなり素人ができるほどカンタンでは
ないですよ。市場性のマーケティングや商品知識、販促策、
運転資金の捻出、経理、申告、法人登記などはどうですか?

まずはレンタルビデオの会社に転職して、ノウハウを集め、
「この場所でこの規模なら、この投資でいつどの位回収できる」
とか判断出来るだけの知識と人脈を得てからでも全然遅くない
と思います。経営戦略にある程度目星を付けておかないと、
絶対に失敗してしまいますよ。

・・・キツイことを言うようですが、
「やりたいこと」と「できること」のは違います。

全然面識もない方に向かって、「頑張ってやって下さいね~」
なんて言うのは非常に楽ですが、無責任だと思うのであえて
書かせてもらいました。

これを読んで「なにくそ!」と思うようなら、いずれ起業に
成功する方だと思います!

osapi124でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難いお言葉ありがとうございます。
私も、ご回答される方々が『頑張ってください』とか『大丈夫ですよ』などと、返答されますとそちらのほうが、不安になると思います。

経営学は3年間学びました。(でも、まだまだ未熟者ですので勉強しなければならないこがたくさんありますけど…)
 
商標及び法人登記の準備はできておりますのであとは法務局に届出するだけでございます。

店舗は友人に借ります。


また、何か情報がございましたら、未熟者ですがご指導のほど宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/01/10 03:36

数千万円の元手がいると聞いたことがありますが、大丈夫ですか?


フランチャイズに入ってノウハウを勉強してはいかがでしょうか? 

http://www.osbic.or.jp/Tenpo/002/004_fc.html
ここは参考になるかもしれません。

参考URL:http://www.e-boshuu.com/contents/boshuu/fc/fc/re …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のメールどうもありがとうございます。
 …ショックゥゥゥ~!やはり、加入したほうが賢明でしょうか。クスン。
 ご紹介していただいたホームページアドレスを検討したいと思います。
 
 ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/09 18:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレンタル業とリース業

レンタル業とリース業の相違点を教えてください。

また、なんの資格もない個人が企業にリース契約を結ぶことはできるのでしょうか?

ご存知の方がいらしたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単に済ませようとしたら、むつかしい話がでてきてしまったのでフォローします。リースは厳密にはファイナンシャルリースとオペレーショナルリースに分かれます。レンタルもオペレーショナルリースの一種といわれています。

が、ファイナンシャルリースは一種の金貸しと同じじゃないか、と見なされており、税制などでしょっちゅう議論になっています。なので、トラブルを避けるため貸金業に則って届けを出しておいたりします。とくに税率については素人の手には負えないと思います。

どういう物件かわかりませんが、もしもメンテナンスも含んでいるのであれば、すべてをサービス(アウトソース)する、という商売の仕方もあります。こちらはリース業特有の面倒臭ささがないので、事業としてはシンプルになります。

Qレンタル業の売上原価は?

レンタル業を行っている会社の場合、その売上原価はどうなっているのでしょうか。
例えば昨年10万円で仕入れた商品を、レンタル料5万円で、昨年度に3回、今年度に2回、レンタルした場合の今年の売上原価はどう計算するのでしょうか。

Aベストアンサー

資産計上し、減価償却。
減価償却費が売上原価に相当。
(レンタル売上原価とか、レンタル原価と呼んだりします。)

ごく簡単に説明しますと、
昨年
・購入時に資産計上 10万
・10年間定額法で減価償却(例。残存価格、償却限度額を無視。)

昨年
費用:減価償却費1万
収益:レンタル料5万×3回=15万
利益:15-1=14万

今年
費用:減価償却費1万
収益:レンタル料5万×2回=10万
利益:10-1=9万


人気Q&Aランキング