マンガでよめる痔のこと・薬のこと

PCを色々とバックアップや圧縮などやっていると、あるmp3ファイルの文字が緑色になり「ファイルにアクセスできません。ファイルが使用中、ファイルが格納されているコンピュータにアクセス許可がない、またはプロキシ設定が正しくないことが考えられます。」とのメッセージが出て聞くことができなくなりました。なぜこの様な現象がおきたのでしょうか?また解除方法を教えてください。

A 回答 (2件)

他の人と共有されているパソコンではないなら、ファイルの所有権が変わったためと思われます。


その場合は所有権を変更して下さい。
http://support.microsoft.com/kb/308421/ja
    • good
    • 0

暗号化されたファイルになっています。


http://support.microsoft.com/kb/882928/ja
http://www.microsoft.com/japan/users/winxp/0604/ …
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/pro/bus …

そのファイルの持ち主のユーザーに相談してみていかが。
私はこれ以上の詳しいことは知りません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分で暗号化したファイルが開けません

Windows XP Professionalを利用しています。
自分のアカウントでXPの標準機能「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」を利用して、フォルダを暗号化したのですが、
いつの間にかファイルを開こうとしても「アクセスが拒否されました」と表示され、アクセスできなくなってしまいました。

暗号化したフォルダ(C:\の中)は、サブフォルダがあり、その中にファイルが入っています。
サブフォルダやファイルも暗号化されています。
アクセスできないのは、個々のファイルのみで、フォルダの一覧は表示できます。

暗号化してから、パスワードを変えたりアカウントの権限を変更した記憶はありません。
心当たりがあるのは、Adobe Acrobatの「デジタル署名」をいじったことくらいです。
マイクロソフトの技術資料を見てもよく分からなかったので質問させていただきました。よろしくお願いします。

※技術資料にある、回復エージェントの指定は暗号前にしていません。

Aベストアンサー

暗号化キーを無くされてしまったのでしょうか、ご愁傷様です。
IEを右クリック→プロパティからインターネットのプロパティが開きますのでコンテンツを選択して証明書を開いてください。

この中の個人の中に入っている証明書が自分が使える証明書の一覧になっています。

EFS暗号を使っている場合、”暗号化ファイルシステム”という証明書が入っていると思います。
この種類の証明書が複数作成された場合に先に作った証明書が無効になってしまうことがありますのでまずそこを見てみましょう。
暗号化キーを削除していないのであればどうにかはなりますよ、多分ね。

今回の原因は証明書を紛失した時の事を考えていなかったのが原因です。暗号化を行う場合には事前に複合化が出来なくなったときどうするかを考えておかなければだめです。
回復エージェントに登録しておくのも手ですし、個人であれば暗号化キーをバックアップしておくことも有効です。
このキーは作成するたびに別のキーになりますので、自分で暗号化したデータでも再度キーを作成して作った証明書じゃ開けません。

Qデスクトップに移動すると自動で暗号化されてしまう

お世話になります。

先日、デスクトップのプロパティ⇒属性⇒詳細設定⇒内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する、にチェックマークを付けて適用した所、解除が出来なくなってしまいました。

それ以降、メール添付ファイルをデスクトップに保存、デスクトップにエクセルの名前を付けて保存などすると全て暗号化されてしまいます。
それぞれ解除はできます。

暗号化されないようにプロパティで変更しようとすると、『属性の適用エラー』
C:\Users\NEC-PCuser\Desktop 指定されたファイルの暗号化を解除できませんでした。
と表示され、再試行しても同じエラーを繰り返します。

保存先をドキュメントにすればいいのですが、なにかと不便で困っております。
Web上で解除方法を探したのですが、デスクトップを開いているからエラーになってしまうのかともなんとなく思っています。

お分かりの方がいらっしゃいましたらアドバイスをいただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

恐らく、デスクトップフォルダがエクスプローラーによって使用されている為、設定が解除出来ないのではないかと思います。

以下の圧縮ファイルをダウンロードし、解凍し、中にある「Decrypt-Desktop」(.bat)というファイルを実行してみてください。

http://qa99.webcrow.jp/file/Decrypt-Desktop.zip

エクスプローラーを強制終了し、
デスクトップフォルダの設定を変更し、
エクスプローラーを再び起動する、
という内容のバッチファイル(連続処理ファイル)です。

エクスプローラーが強制終了され、PC起動からそこまでのエクスプローラーの設定が破棄されますので、PC起動直後か、一度サインアウトしてサインインした直後に行うと良いかと思います。

処理は一瞬で終わります。黒いウインドウが現れて、消えたら完了です。

Qアイコンの文字が緑色で開くことができない!?

友人のPCのOS入替え(Win. XP Pro. → XP Home)のため写真や文書のデータを自分所有のHDDにバックアップしました。
入替え後、バックアップデータを復元しようと思いましたが一部のデータのアイコンの文字が緑色に変わってしまい移すことも開くこともできません。

黒い文字のフォルダ、ファイルは問題なく移すことができました。

文字が緑色のWordドキュメントファイルを開こうとすると
赤丸白ヌキの×(バツ)マークが出て “○○○○.docへのアクセスは拒否されました。” と表示されます。
JPEG.ファイルはプレビューが真っ白で “プレビューを利用できません”と出ています。

何とか復旧できませんでしょうか? よろしくお願いします。 m(__)m

Aベストアンサー

復旧はまず無理です。

緑色のファイル名、フォルダ名は暗号化されていることを示します。
XP Proは暗号化機能が搭載されていて、暗号化したユーザー本人による解除もしくは事前に解除用のキーを作成して解除するしかありません。

再度XP Proをインストールして同じユーザーアカウントを作成してもOS内部では別アカウント扱いなのでユーザーによる解除は不可能です。
(それで解除できるのなら暗号化の意味がありません)

参考
http://blog.heiichi.com/?eid=433877

どうしても復旧させたいのであれば下記のサイトで紹介されている「Advanced EFS Data Recovery」を試してみてください。
http://07.net/EFS/Disaster.html  

QWindowsフォルダ内のファイルアクセス拒否について

Windowsフォルダ内のファイルアクセス拒否について

Windows7を使用しています。
管理者権限を有するユーザーでログオンしておりますが、Windowsフォルダ内に保管している自社ソフトで使用している設定ファイル(テキスト形式)の内容を変更後に保存しようとしても、保存されません。(上書き保存を実行しても、「名前を付けて保存」ダイアログが表示され、保存を拒否されます。)
C:\Windowsフォルダ自体のセキュリティの問題かと思いますが、解除方法を教えて頂きたく・・・
ちなみに、属性を「フルコントロール」に変更しようとすると、下記のメッセージが表示されてしまいます。
『属性の適用中にエラーが発生しました。』
『C:\Windows\bfsvc.exe』
『アクセスが拒否されました。』

解除方法をご存知の方、対策方法をご教授願います。
なお、他のWin7PCでは、問題なく変更できております。

Aベストアンサー

Windows Vista 以降、管理者権限でログインして
いても、機能制限があります。
詳しくは、以下のUACに関しての説明を読んでください。
http://support.microsoft.com/kb/922708/ja

この制限を解除するためには、一時的にUACを無効に
するのが簡単でしょう。手順は以下の通り。
http://enjoypcblog.blog32.fc2.com/blog-entry-333.html

UACは、セキュリティ上とても有効な機能なので、
設定ファイル編集作業が終わったら、ただちに
元に戻しておくことを強く推奨します。

Q内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」を解除する方法

内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」を解除する方法
windows xpが起動しなくなり、新しいHDDを購入し、新たにXPをインストール
しました。
今まで使用していたHDDを新しいOSからみたら、データが残っていました。
その中にあった写真等が、自分では記憶がないのですが、いつの間にか
「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」
に設定されていて、それを解除しようとすると、
「ファイルの属性の適用中にエラーが発生しました
*\****
アクセスが拒否されました。」
になります。今まで使用していたHDDは、多分、windowsの起動の部分が壊れているだけで、
ほかのデータは残っていると思います。
このようなとき、写真を見るようにすることは可能でしょうか。

Aベストアンサー

暗号化したファイルの場合、別のHDDに別のOSという形で再インストールしたことによって、アクセス権が失われたようです。
[HOW TO] Windows XP でファイルおよびフォルダの暗号化を解除する方法
http://support.microsoft.com/kb/308993/JA/
Windows を再インストール後、元からあるファイルにアクセスできません
http://homepage2.nifty.com/winfaq/w2k/trouble.html#1256
EFS 復号化キーの保護と回復方法は?
http://homepage2.nifty.com/winfaq/c/ntdisk.html#950

Q暗号化ファイル解除できない

ファイルの暗号化したユーザでそのファイルに「フルコントロール」権限あるユーザであるのにも関わらず暗号化を解除できません。

FAT領域に移すことにより暗号化が解除されるとあったのでフロッピーにコピーしたのですがアクセス権がありませんと表示されました。
解決方法ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

これの類似事例でしょうか?
http://homepage2.nifty.com/winfaq/c/ntdisk.html#1256

Qファイル名が長すぎる場合のコピーや移動は?

200ギガを越えるHDDのバックアップをしていました。

最新のWindows 8 なので油断してしまい、表題の件に関わる警告のウィンドウが出たときにスキップの操作をしてしまいました。つまり、古いHDDの中に取り出せないファイルが残ってしまったのです。

何文字以上がコピペなどの規制にかかるのでしょうか?

コピーできなかったファイルを探し出す方法を教えてください。
ファイル数は88万以上あり、手動ではできそうにもありません。

Aベストアンサー

パス(C:\a.jpgなら8文字)を含めて半角で256文字、全角は1文字で半角2文字分で数えます。
ただ、制限文字数は他の要素(コピー時の内部処理的なコマンド追加)で早まったりするので、240文字程度までに抑えておくのが良いでしょう。

ファイル名が少々長い(40文字とか)程度でも、深い階層に置いていたり、途中にあるフォルダの名前も長かったり、ファイルやフォルダ名が全角だったりすると、意外と簡単に制限に引っかかります。

良くあるのが、最初は浅い階層に置いているファイルを、整理の為に階層の一番下に置くことを繰り返していると簡単に10階層以上下になって文字数オーバーとかです。

bunbackupで差分コピーを使うと、エラーが発生してコピーできなかったファイルがわかります。すでにほとんどのBackupが終わっているならば新旧HDDの比較だけなので、そう時間はかからないと思いますよ。

Q添付ファイルの拡張子がemlとなっているファイルの開け方

最近友人よりの添付ファイルの拡張子がemlとなっている為、開くとワードパット
で開いてしまい、文字化けして読めません。
ワードやエクセルにて読めるようにしたいのですが?
どうしたらよいのでしょうか?
当方IE5.5使用 OSはMEです。

Aベストアンサー

>添付ファイルの拡張子がemlとなっている為

Winodws98の方法ですがMeでもいけると思います。

1.このファイルを一旦、デスクトップとかに保存して
2.そのファイルを「Shift」キーを押しながら右クリック→「アプリケーションから開く」をクリック
3.Outlook Expressを選択
 一覧に無い場合は、「参照」をクリックして
 C:\Program Files\Outlook Express\msimn.exe
 を選択します。
4.「この種類のファイルを開くときは、いつも
   このアプリケーションを使う」のチェックを入れます

QDXFファイルを開くフリーソフトは?

MACで作成されたCAD図面(DXFファイル)をWindowsで開くことは出来るのでしょうか?
もしフリーソフトでそのようなものがあれば非常にうれしいのですが。。
是非とも教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

DXFは、テキスト・ファイルなのでMACで作成したものであってもWindowsで開けるはずです。
(windowsは、そのままではMacで作成したファイルを開けないので、windows用に変換する必要があります。)

DXFを開けるフリーソフトとしては、JW_CADやDWG TrueView(Autodesk)があります。
http://www.jwcad.net/
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/index?id=7126351&siteID=1169823

JW_CADは、日本で一番ユーザーの多いCADですが、DXFを読む込むと大きさと位置が不定になり、
自分の思っているイメージとかなり違う場合があります。

TrueViewは、AutoCADを作っているAutodeskが、公開しているソフトです。
読み込めるファイル形式は、DWGとDXFの2種類があります。
(この2つのファイル形式を決めているのがAutodeskです。)
特にDXFは、AutoCAD以外が作成した物はAutodeskの製品で読み込め無い場合が多々ありますので注意が必要です。

windows版のvectorを扱った経験から言うとTrueViewのほうがJW_CADより元データの再現性は良いと思います。

DXFは、テキスト・ファイルなのでMACで作成したものであってもWindowsで開けるはずです。
(windowsは、そのままではMacで作成したファイルを開けないので、windows用に変換する必要があります。)

DXFを開けるフリーソフトとしては、JW_CADやDWG TrueView(Autodesk)があります。
http://www.jwcad.net/
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/index?id=7126351&siteID=1169823

JW_CADは、日本で一番ユーザーの多いCADですが、DXFを読む込むと大きさと位置が不定になり、
自分の思っているイメージと...続きを読む

Qこのファイルの場所へアクセスするためのアクセス許可がないため、この画像が開けません。

エクスプローラで画像ファイルを開こうとすると、このファイルの場所へアクセスするためのアクセス許可がないため、この画像が開けません。というメッセージが出て、開けません。解決方法を教えてください。

Aベストアンサー

目的のファイルやフォルダを右クリックしてプロパティーをクリックしてセキュリティーを出して詳細設定ボタンをクリックして
アクセス権のところで、自分のユーザーをクリックして青くします
子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、ここに表示されている、、、、にチェックを入れる。
次に所有者タブをでして自分のユーザーをクリックして青くします

サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換えるにチェックを入れる
適用ボタンをクリックすることで下の階層にも設定が反映されると思います。


人気Q&Aランキング