痔になりやすい生活習慣とは?

この間、大学の講義の時間に、芥川の「一塊の土」のことを教授が話していました。講義のときは、作品名の紹介だけだったので、気になってそのあとにこの話を読んでみたのですが、自分の至らなさのせいか、話の意味が理解できませんでした。芥川はどのような思いでこの作品を書いたのでしょうか?そしてこの作品を読むに当たって重要になってくる文章などがあったら教えていただけないでしょうか?お願いします。

A 回答 (1件)

この作品は読んだことがなかったので、いい機会だと思い読んでみました。


芥川龍之介の作品としては晩年のもので、正直言って少々重たいと感じました。
僕もこの作品は解かりづらかったので、次のような粗筋をまとめて、彼の言わんとすることを考えてみました。
少し長いですがお読みください。

大正時代の農村が舞台となったこの小説は、お住の息子の死の場面から始まりますが、お住は長患いの息子の死を悲しみと安堵の気持ちを交えて迎えます。その時、行く末は嫁のお民の世話になろうと、すがるような思いを持ちます。
そして孫の光次と三人での暮らしが始まりますが、お住みは光次の財産分与のこともあって婿をもらうことはしませんでした。外で男勝りの仕事をこなす働き者の嫁につられるように、お住みも家の仕事全てを受け持って働きますが、忍び寄る老いはお住に重くのしかかってきます。憑かれたように働く嫁はそれに気付いて牽制し、お住は死ぬまで楽は出来ないと観念します。
そんなお住にとって唯一の拠りどころは、なついている光次だけでした。働き者の母親が外で評判の良いことを聞いた光次は、お住にその通りかと尋ねますが、お住は自分に楽をさせようとしない光次の母親を責め、光次に取り入ろうとします。
些細なことで二人が喧嘩になった晩、嫁の口から「お前さん働くのが厭になったら、死ぬより外はなえよ」ととどめを刺されたお住は、死んでやると叫んで嫁を呪います。でも、先に死んだのは腸チフスに罹った嫁のほうでした。
嫁を褒められることに複雑な思いを持ちながら葬式を終えた夜、お住は、残された財産で好きに暮らしてもう働かなくても良い、そんな安堵感を一旦はもちます。
しかし、その安堵感が血を分けた息子の死を思い出させ、今夜がかけがえのない孫を産んだ嫁の葬式という事実に気付かされます。そして、隣りに他愛のない顔を見せて眠る孫を見やりながら自分を情けなく感じだします。その思いが、お住と悪縁のある息子や嫁に至り、彼らを同じく情けなさけない人間と感じ始めます。
さらに彼らへの共感が憎悪を取り去り、三人のうち一人生き恥をさらす自分を最も情けない人間だと思います。その時はじめて、心から嫁の死に対して悲しさがこみ上げてきたのでした。

自分なりにこの作品の言わんとする意味を考え、感想を持ちましたが、それをここに記すと先入観に繋がると思いますので、一言だけにします。
「杜子春」の逆さまのような作品ですね?

上の粗筋を元に masumi-8197 さんなりにもう一度考えてみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんなに親切に粗筋を書いてくれてありがとうございます。私も、「杜子春」を読み返してみて、自分なりに考えてみようと思います。ホントにありがとうございました。

お礼日時:2002/05/21 23:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芥川龍之介「一塊の土」の読み方について

芥川龍之介「一塊の土」の読み方について
「いっかいのつち」と「ひとくれのつち」とどちらが正しいのでしょうか?
新潮文庫の「戯作三昧・一塊の土」の目次の次のページには「いつかいのつち」とルビがありますが、青空文庫などでは「ひとくれのつち」とされています。
気になりますのでぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 1990年代に出版された、岩波書店版の全集では、その作品にルビが付いている訳ではありませんが、最終巻の索引では、「い」の項に「一塊の土」が収録されています。

 現時点では、最も権威のある芥川龍之介全集と思われますので、いっかいのつち でよろしいと思います。

Q読み方と意味を教えってください。

(日日是好日)、(枯野抄)と(巧名心)はそれぞれ何と読みますか?あと、意味も教えってください。お願いします。

Aベストアンサー

○日日是好日
日日是好日(にちにちこれこうにち)というのは中国の「碧巌録(へきがんろく)」という禅の公案集の中の有名な公案の一つです。
(これを、ひびこれこうじつと読んでいる人が多いのですが、正しくは、こう読みます)

○枯野抄(かれのしょう)
芥川 竜之介の著書

○功名心(こうみょうしん)
功名を求める心。

○功名
手柄を立てて、名誉を手に入れること。また、その手柄。こうめい。

Q教育実習時期について、怒られました

少し長くなりますが、聞いてください。

私はいま大学4年生です。

今回地震の影響で、就職活動が大幅にずれ込んでしまい、6月に選考開始となりました。

6月には教育実習が控えていたので、心配になりましたが、私の大学には教育実習に対応した相談窓口がありません。

そこで大学のキャリアセンターに問い合わせたところ、
企業か、実習高校に連絡して事情を話してみるしかないと言われました。

その時はまだ、3月中でしたので、就職活動は6月開始ということはまだ未定で、とりあえず採用活動は中止・延期ということだけが発表されており、いつから開始されるかは未定とのことでした。

実習高校の教育実習期間は、一年前の時に内諾書をもらいに行く段階で、6月と9月のどちらかを選べるといわれていたのですが、私は卒業論文に支障が出ると困ると思ったことに加えて、当初の予定では就職活動は4月ごろに内定が出て終了しているはずだったので、教育実習に影響はないと思い、6月を選びました。

3月中に、私の担当の先生の方に電話をかけ、
企業の採用開始時期が地震の影響で6月にずれ込んでしまい、教育実習とかぶってしまったのですがどうしたらいいかと相談しました。

その時に、できたら後日直接お伺いして、直接お話をしたいと考えていました。

すると、教科主任の先生の電話を代わられました。

その際、私はもし可能であれば、大変申し訳ないのですが教育実習の期間を9月に変えてもらえないかとお伺いしました。

失礼にあたるのはわかっていましたが、教職免許も今まで頑張ってきた分しっかり取りたいと考えていたので、お願いしました。

わたしとしては、企業と高校に、早い段階からアプローチしておいたほうが迷惑が掛からないのではないかと考えた結果でした。

その電話先でかなり怒られましたが、職員会議にかけるので、連絡を待っていてほしいと言われました。

しかし、いつまで待っても一向に連絡が来ないのでこちらから問い合わせてみたところ、
再び電話口でかなり怒られ、実習期間は9月に変更してもらえたのですが、
後日高校に来る日時を指定され、一方的に電話を切られました。

怒られた内容は、一回目も二回目もだいたい同じようなものでした。

教育実習は本来、高校のボランティアで行っているもので、実習生の都合にいちいち対応していられない

このような場合キャンセルするのが当然なのに、普通は変更は認められていない

先生になる気もないのに中途半端な姿勢で臨まれては迷惑

だいたい電話一本で済ませようとするのがおかしい

企業にもお願いしたところずらしてもらえても実習期間内でした。

私は初めの電話は、相談のつもりで電話をしました。
地震で、どうしたらいいのか全く分かりませんでしたが、相談できるところもなかったので電話をしました。

そこで主任の先生に突然電話相手が代わり、時期の変更などを聞いてみたところ話が進みました。

直接行くつもりでしたが電話だけで話がすんでしました。

連絡を待つように言われたのでかけなおしてみたところ怒られましたが、
私はキャンセルしたほうが迷惑になるのではないかと考えていたので、時期の変更意外に思いつきませんでした。地震という非常時だったので、何か措置を引いてくれるのではと、少し期待していました。

教員になるつもりはありませんが、
途中まで本気で先生になりたいと思ってきました。しかし在学中にやりたいことが見つかったので、民間企業を志望する結果となりました。
しかし今まで大変な教職課程を受講してきた身として、しっかりと免許を取りたい、という気持ちがありました。

電話一本で済ませるつもりもなかったのでとても不本意でした。

加えて高校の時の先生に怒られるというのは、とても精神的ダメージが大きく、来週に実習校に呼び出されたわけですが、とても気が重いです。

私が悪いのはわかります。
周りの友人は、この非常時なんだから高校が地震に合わせた対応をしてくれてもいいんじゃないかと言ってくれますが、本来ならば、実習期間の変更はとても失礼です。

しかし怒られている内容がなんだか腑に落ちなくてもやもやしています。
なんだか気持ちがまったく伝わっていなくて残念な気持ちになりました。

それに職員会議にかけられた以上、先生方の周知の事実なので、実習中の風当りはとてもきついのではないかと思います。

私の取った行動は間違えだったのでしょうか。
大学には相談機関がないので、いまとてもつらいです。

またこれからどうしたらいいのか、とても気持ちが落ち込んでいます。
実習に行きたくないですが、これ以上迷惑もかけられません。

来週高校に行くと思うと気が重いです。
なにかアドバイスがあればおねがいします。

少し長くなりますが、聞いてください。

私はいま大学4年生です。

今回地震の影響で、就職活動が大幅にずれ込んでしまい、6月に選考開始となりました。

6月には教育実習が控えていたので、心配になりましたが、私の大学には教育実習に対応した相談窓口がありません。

そこで大学のキャリアセンターに問い合わせたところ、
企業か、実習高校に連絡して事情を話してみるしかないと言われました。

その時はまだ、3月中でしたので、就職活動は6月開始ということはまだ未定で、とりあえず採用活動は中止・延期とい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

…高校側の応対は客観的に見て非常に納得の行くものですね。
むしろ受け入れてもらえてよかったと思います。

あなたとしては地震や就活のことがあり
また「別に初めから電話で済ませようとしてたわけではない」という気持ちも
分かります。
ただ、相手にはそれはわかりませんよね。

社会人になるってそういうことなんですよ。

あなたの中ではやはり、色々な面で
「仕方ないじゃん」という甘えがあったと思います。
それを相手が汲んでくれてもいいだろう…という甘えです。
それは学生時代の特権です。
教育実習を迎え入れる高校も、あなたを学生としてではなく
「ちゃんとした社会人になれるか」という観点で見ています。
こういう場合に「そうだね、じゃあしょうがないよね~」という対応だったら
むしろあなたを社会人として見ていないということですから
「そういうナアナアの対応には憤慨してもいい」というくらいの気持ちで
これからはやっていかなければなりませんね。

高校側はあなたに本当に良い勉強をさせてくれたと思います。
これが社会人の一発目の洗礼だと真摯に受け止めて
言い訳はせず、非は認め、一生懸命実習には取り組む
それしかないと思います。
あなたの実習期間を見て、高校の先生方もまた色々考えられることがあるでしょう。
大丈夫ですよ。

どうか頑張ってください。

こんにちは。

…高校側の応対は客観的に見て非常に納得の行くものですね。
むしろ受け入れてもらえてよかったと思います。

あなたとしては地震や就活のことがあり
また「別に初めから電話で済ませようとしてたわけではない」という気持ちも
分かります。
ただ、相手にはそれはわかりませんよね。

社会人になるってそういうことなんですよ。

あなたの中ではやはり、色々な面で
「仕方ないじゃん」という甘えがあったと思います。
それを相手が汲んでくれてもいいだろう…という甘えです。
それは学生時代の特権で...続きを読む


人気Q&Aランキング