利用規約の変更について

花束の中にコデマリがたくさん入っていました。
私の好きな花ですので挿し木で増やしたく
HPなどで調べたのですが、よく分かりません。
茎の長さは70cm位ありますが、
どの部分を挿し木にするのがよいのでしょう?
日当たりのよいベランダで育てます。
ご存知の方、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

間隔は指2本くらいあけます。

うまくいけば新芽がどんどん出てきます。発根したかどうかは気になるところですがそのまま育ててください。けっして引っ張ったりしないでください。ついやってしまうんですが、ここは我慢です。来年の春に4号鉢に鉢上げします。

それから、さす時には土は乾いたままの方がやりやすいです。わりばしなどで穴を開けてからさし穂を半分くらいさして、それから水やりすると土がさし穂に密着します。さしてから水遣りまではさし穂が乾燥しないように手早く行ってください。あとは半日陰で土が乾かない程度に水遣りするだけです。肥料はやらないでください。

新芽が出てきたら徐々に陽にならしていき肥料を与えます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

xs200さん
本当によく分かりました。
おっしゃるとおりにして見ます。

お礼日時:2007/02/13 18:45

こでまり可愛い花ですよね。

私も好きで挿し木で増やしました。
私の場合あまり神経質にならずに着いたらラッキーという感じで芽を二、三芽付けて斜めに切り挿していますが だいたい着きます、日陰で管理して時々水をあげるくらいですよ。
頑張ってくださいね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。
たくさんあるので、いっぱい挿し木してみます。
どれか、付きますよね・・・。

お礼日時:2007/02/13 18:47

10cmくらいの間に3節くらいあるところがいいです。

強く曲げても折れない柔らかい枝は使えません。葉は手でしごくようにするとすぐに取れます。今、葉と花があるということは温室育ちでしょうから暖かい半日陰に置いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございます。
よく分かりました。
植える間隔はどのくらいにしたらよいでしょう?
それから、根付いたかどうかはどういう状態で
わかるのでしょうか?
甘えついでに宜しくおねがいします。

お礼日時:2007/02/13 07:26

コデマリの挿し木は6-8月に行うのが一般的ですが2-3月にもできます。


前年に伸びた葉や茎がしっかりしている(節がつまっている)枝を10cmくらいの長さに切ります。やわらかい枝は使えません。
(落葉樹なので今は葉がないでしょうが葉があれば)下のほうの葉を落として葉を2枚にしてから切り口を45度くらいの斜めにします。切った反対側は薄く皮をむいておくといいです。1時間ほど水揚げしてからさし穂を半分くらい鹿沼土にさして半日陰に置いておけば発根してきます。来年までそのまま育ててください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
前年に伸びた葉や茎がしっかりしている・・とありますが、
70cmのもので上のほう20-30cmくらいのところは
葉がぎっしりで花も咲いています。
そこは避けるということでしょうか?
何しろ初心者なものですから
宜しくお願いいたします。

お礼日時:2007/02/12 18:07

 挿し木には絶対的な光と温度が必要です。

 最低温度15度をクリアできなければ成功しません。(理想は23度です。=経験値、最高は30度未満=高すぎると根が腐ります)
 簡易温室を購入して夜間保温を。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~UETA/About%20the%20c …
>どの部分を挿し木にするのがよいのでしょう?
  どこでもOK。 7~10センチの挿し穂。
 発根促進剤を根元に付けましょう。(例えばルートン)
http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/guide/syo00 …

<予想>
温度管理が難しいので成功しない確率が高いです。 あくまでも推定ですがいっそ冷蔵庫に穂木を保存しておいて梅雨前に挿した方が成功率が高くなるのでは?。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ルートンは買ってあります。
HP拝見したのですが、よく分かりません。
最低温度15度をクリアできなければ成功しません・・とありますが
日当たりのよい室内はどうでしょう?

お礼日時:2007/02/12 18:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qサツキ(?)の剪定の時期とやり方について

サツキ(?)の剪定の時期とやり方について
おせわさまです。サツキの剪定の時期とやり方について教えて頂けますか?
写真のような状態ですが、チョボチョボ生えた小枝を剪定機でズバズバと夏場に刈るのでしょうか?
何せ量があるので、手っ取り早く、機械を使いたいと思ってますが、いつ、どのくらいまで刈るのか自信がありません。よろしく、ご教示くださるようお願いします。

Aベストアンサー

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。
剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、
メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー
と言います。利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも
楽に切れる事です。難点としては重たいのと価格が高い事です。
家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思
います。画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると
思いますよ。エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて
も疲れ難いですね。コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方
でも使えるはずです。

僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。
それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し
ては誰よりも上手いと勝手に思っています。
丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。横は何とか出来る
のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。いかにして波のように
させないかが至難の業です。

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをする...続きを読む

Qツルニチニチソウの増やし方

花壇にツルニチニチソウを植えているのですが、結構丈夫でほっといても長く伸びています。それで伸びすぎなので
他にあいてるスペースにもちょっと増やしたいんですが、これは挿し木で根が生えてくるのでしょうか?いちおう上の方だけ切って水栽培しようとしたんですが、根は全く生えませんでした。挿し木できたらその方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

さし木をするなら、盛夏の時期ではなく、5~6月か、9~10月あたりが、活着しやすいです。
伸びたつるの先を、10cmくらい切り、下半分の葉を落します。
それを、湿らせた小粒の赤玉土(なければ、ツルニチニチソウは、強いので市販の培養土でもOK)にさします。
土を、からからに乾燥させないように注意しながら、発根まで、明るい風の当たらない日陰で管理します。

また、下の方が書いておられるように、根伏せの方が、管理は簡単かもしれません。
花壇に地植えされているなら、湿らせた土を入れた鉢やプランターを、伸びたつるの下に置いて、つるを埋めるようにして、土をかぶせるといいですね。埋めたつるが、風でぐらぐらするようだと、発根がしにくいので、しっかり埋めてあげましょう。U字型にまげたワイヤーで、つるを固定すると完璧です。

Qヤマブキの増やし方

家の近所の土手に八重のヤマブキが沢山咲いていてとても綺麗なので、自宅でも増やしたいと思っています。
やはり増やすときは挿し木なのでしょうか?
もし、挿し木をするとして、どのようにすれば増やすことが出来るでしょうか?
(実は同じく土手に咲いている雪柳の挿し木で失敗してしまい枯らしてしまった経験があります)
ご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

山吹や雪柳が群生している土手なんて、なんて素敵なんでしょう!!
どちらも私の大好きな木です。
雪柳は梅雨の季節に、ただ土に挿して置くだけで殆ど 根を出し、その成長は目を見張るばかりです。
さて、我が家では去年迄毎年一重の山吹の花が咲き、切花にして楽しんでいました。
ところが、ある年配の方から『山吹は実がならない木なので、昔から出来れば屋敷の中には植えない方が良いと言われてますよ』とのアドバイスをうけ、今は街路樹の脇に植え替えて楽しんでおります。
植えない方が良いのでは?と言われている木はまだまだ在りますが、老婆心とは思いましたがお知らせ致しました。
すこし根を付けて植えると大丈夫ですよ(*^▽^*)

Qオルトランの効果、使用法?

オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、

ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。

現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。

根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。

あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。

水和剤というのは、スプレーボトルに薄めて使うという考えでよいのでしょうか?

あと、スプレーより飛び散らないような感じがするんで、効果は多いでしょうか?(スプレーはほとんど、空中に捨ててしまうイメージがあるんですが、、、?)

※あと、既に、きんもくせいなどは、完全に新芽がゼロの状態までひどく、葉巻虫にやられました(こんな状態で駆除をして意味はあるでしょうか?夏にむけて、まだ、新芽はでてくるんでしょうか?)。

レッドロビンやどうだんつつじなどは、まだ、今は、葉巻虫にそれほどは食われていません。

少しでも、効果的な方法をアドバイス頂けたら嬉しいです。

あと、根元に散布とありますが、風で吹けるから、水をまいたほうがよいでしょうか?(1メーター少しの高さの樹木にどれくらい撒いたらよいのか?もわかりません。一応、一本の根元に大きなスプーン2杯程度まいて、シャワーで水を撒いておきましたが、、、これでよいのか?

あと、風で吸い込んでも、心配はないでしょうか?

すいません、宜しく、ご教示ください。

オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、

ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。

現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。

根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。

あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。

水和剤というのは、スプレーボトルに薄めて使うという考えでよいのでしょうか?

あと、スプレーより...続きを読む

Aベストアンサー

オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は
オルトラン水和剤のみだけです。粒剤や液剤は使用が出来ません。
粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な
ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布
をします。スプレー容器に入れて薄めるのではありません。バケツで溶かした
液をスプレー容器に入れて噴霧します。
薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り
に薄めて使用して下さい。
スプレー式のオルトランCがありますが、ハマキムシには効果はありません。

オルトランには色んな種類がありますが、名前が同じだけで成分が異なります
から、場合によっては害虫が駆除する事が出来ず、樹木を弱らせて枯らせてし
まう事もあります。

薬剤を使用する時は、まず薬剤が害虫に対して有効(駆除が可能な事)であっ
て、散布する樹木が作物登録されている事が条件となります。
樹木が作物登録されていても、ハマキムシには有効では無い時は使用する事が
出来ないと法律で厳しく制限されています。

薬剤を確実に害虫に付着させるには、ダインと言う展着剤を薬剤に混ぜて使用
します。ダインは一種の糊です。
散布すると大半は害虫には付着しませんが、ある程度付着すれば効果はありま
すから、気にしないで散布して下さい。

オルトランは農薬で毒ですから、使用する時は必ずマスクと防護メガネ、ゴム
手袋を着用して作業をして下さい。
原則として無風時で天候の良い日を選び、風が強い日や散布して1時間後に雨
が降る時は延期をします。
散布時間は朝か夕方の何れかに行います。

もう一度だけ言いますが、ハマキムシには水和剤以外は使用しない事です。
葉が全て食われても散布は行って下さい。ハマキムシの肉眼では見えない幼虫
が潜んでいます。

オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は
オルトラン水和剤のみだけです。粒剤や液剤は使用が出来ません。
粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な
ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布
をします。スプレー容器に入れて薄めるのではありません。バケツで溶かした
液をスプレー容器に入れて噴霧します。
薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り
に薄めて使用して下さい。...続きを読む

Q6月に植える花(苗)でよいものを教えてください

いまから花の苗を植えようと思います。
パンジーのころまで咲く花で、今植えるのに適している花を教えてください。

少し前(4月ごろ)に調べたのでは、
ニチニチソウ、なでしこ、ほうせんか、百日草、八重咲きまつばぼたん、千日紅、早咲きコスモス、ミニひまわり、ベゴニア、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、スイートアリッサム、インパチェンス、ポーラチュカ
があったんですけど、この中で、最も適しているのを教えていただいてもありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチニチソウなどを植えています。その他に秋まで楽しめるのは
★色がブルーでさわやかな
アメリカンブルー、イソトマ、ブルーサルビア(サルビアの種類ですがラベンダーに似ています)
http://www.botanic.jp/plants-ha/blusal.htm  http://www.jtw.zaq.ne.jp/tanakun/watch3/isotoma.htm
★ポイントに色が鮮やかな
カザニア、ペチュニア、ミニバラ
http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html
★ハンギングに
サフィニア、バーベナ、花手毬

参考URL:http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチ...続きを読む

Qつつじの増やし方について

つつじの株を増やしたいと思っているのですが、
どのようにしたらよいのか分からないので、質問させていただきました。

つつじは挿し木で増えるものなのでしょうか。
もしそうなら、挿し木する時期や注意点などあるのでしょうか・・。

ガーデニング素人で申し訳ありません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

次のようにして挿し木で増やします。
1.ホームセンターに育苗用のビニール製で卵パックを大きくしたようなものがありますので利用しましょう。
2.つつじの挿し穂を用意します。
  (枝葉を長さ10センチ程度に茎斜め切断して、一晩水に茎を浸す。)
3.挿し床の培養土はバーミキュライトと鹿沼土(中粒)を1:1に混合する。
4.底網を育苗ボックスに置いてから、培養土を入れる。
5.ジョウロで培養土に散水したあと挿し穂を苗床に挿します。
6.完了後、再度ジョウロで散水したあと、半日陰の場所で管理します。(水切れしなようにしてください。)
 以上で2、3週間で発根しますのでその後ポリ鉢に鉢上げして肥培管理してから来年の春に地植えしましょう。
 http://heboen.hp.infoseek.co.jp/niwaki/tsutsuji.html

http://www.sainet.or.jp/~jurian/news/knowledge/sasiki.html

<挿し木のポイント>
*温度を一定にする。(20度~25度)
*湿度を一定にする。
*土は水はけの良いものを利用する。
 
 

次のようにして挿し木で増やします。
1.ホームセンターに育苗用のビニール製で卵パックを大きくしたようなものがありますので利用しましょう。
2.つつじの挿し穂を用意します。
  (枝葉を長さ10センチ程度に茎斜め切断して、一晩水に茎を浸す。)
3.挿し床の培養土はバーミキュライトと鹿沼土(中粒)を1:1に混合する。
4.底網を育苗ボックスに置いてから、培養土を入れる。
5.ジョウロで培養土に散水したあと挿し穂を苗床に挿します。
6.完了後、再度ジョウロで散水したあと、半日陰の...続きを読む

Q目隠し用の木で手入れいらず、虫無しの木は?

隣家との目隠し用に植えていたゴールドクレストが枯れてきたので、別のものに植え替えようと思っております。
私自身、ほとんど庭木の手入れをしない無精者なので(この木も隣家に「目隠しとして植えてくれ!」と言われてしぶしぶ)、念入りな剪定や頻繁な水やりなどの手間のかからない木を探しています。
春先に大量に毛虫がついてイヤな思いもしたので、虫もつかないものがいいです。
高さは2mくらいまでで、5本くらい植えたいのですが、いい木はありますか?
環境としては、日光は午前中くらいしか当たらず、1m×3mくらいの場所に何本か植えたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

うーん目隠で手入れの要らない木って難しいですよ?

目隠になる木は葉が密になりますし、密になるには生育が旺盛な訳で、当然刈込みとか必要ですし・・・。
質問の趣旨から外れますが目隠フェンスにしてみてはいかがでしょうか?
初期投資は掛かりますが手間要らずですし、アルミなどの金物なら何十年かは保ちます。

え、駄目?
えーと、では「ソヨゴ」などどうでしょう。成長は遅めですが、日陰に強く、葉が密になります。2mくらいとなると、この木としては結構大きめの部類に入ります。虫も付きません。肥料も必要ないでしょう。予算はちょっと・・・まぁ何というか・・・(汗)

Qコデマリが咲いてしまいました

鉢植えのコデマリについてお伺いいたします。

当方北海道在住のため、八重のコデマリの鉢植えを晩秋から家の玄関に
入れていました。本当は購入時に、冬は屋外に穴掘って鉢ごと植えて
冬を越したほうがいいといったようなことをアドバイスされて
いましたけれども、サボって玄関でずっと水をやっていたのです。

その結果コデマリが勘違いしたらしく、年越しのあたりから
満開に咲いてしまいました。
見ている分にはとてもキレイで鑑賞して無責任に喜んでいますけれども、
この時期に咲かせてしまって、どのように管理したらよいかわかりません。

今からでも外に穴掘って鉢ごと埋めて冬を越させたほうがいいのか、
それともこのまま室内においておくのか。またこのまま室内なら
肥料のやるタイミングとか肥料の種類とか剪定とか、すべてわかりません。

以前の質問をチェックすると剪定は花の後がいいようですが、
果たしてそのタイミングのままやっていいものか・・・

とても気に入ってる鉢なので、なんとか大事にしてやりたいと思っています。

恐れ入りますが、何卒ご教授願います。
よろしくお願いいたします。

鉢植えのコデマリについてお伺いいたします。

当方北海道在住のため、八重のコデマリの鉢植えを晩秋から家の玄関に
入れていました。本当は購入時に、冬は屋外に穴掘って鉢ごと植えて
冬を越したほうがいいといったようなことをアドバイスされて
いましたけれども、サボって玄関でずっと水をやっていたのです。

その結果コデマリが勘違いしたらしく、年越しのあたりから
満開に咲いてしまいました。
見ている分にはとてもキレイで鑑賞して無責任に喜んでいますけれども、
この時期に咲かせてしまって...続きを読む

Aベストアンサー

 ちょっと花木の管理ミスだったようですね。
栽培しているうちに自然と覚えるとおもいますが基本的なことを申し上げます。
<冬の管理>
コデマリに限らず春に咲く花木は夏の暑さから開放されやっとお休みしている時期ですので根の活動を抑えてやら無いといけません。
 露地植えの場合は寒さが直接影響して冬と認識して休眠しますが、雨風の影響の少ない室内(明るい、直射があたるような場所)では水を与えることで地温が高まるため根が活動してしまい、そのまま水を与えると樹液活動が始まってしまい花芽が開いてしまいます。(開花)
 これを抑えるには水遣りをいったん中止して土を乾かします。後は枯れない程度に1週間に一度、半月に一度、と回数を減らして冬になれさせましょう。

<今後の対策>
 開花してしまいましたので終わるまでそのまま水遣りを抑えつつ管理します。 
 春まで新芽(若葉)が発生しないように管理します。 
 春以降は露地植えにして自然降雨にまかせましょう。 新芽が成長すれば夏ごろ来年の春の分の花芽が形成されると思いますよ。

<コデマリの特徴>
*落葉低木:バラ科
*開花時期:春
*花芽形成時期:7月下旬から8月中旬
*剪定:これは管理者の考え方次第。 個人的には毎年剪定はしません。 このほうが枝数が増え一杯花が咲き誇ります。
 大変丈夫な木ですので下からも途中からも元気な枝が出てきますので
2,3年おきに全体のバランスを見ながら絡んだ枝や小枝など切り落として風通しを良くする剪定を心がけています。

<蛇足> 
 好きな植物のひとつです。 我が家では他にユキヤナギやオオデマリも植えて違い干渉しています。
 わが南東北ではこれらがいっせいに咲き誇るころが一番明るい季節ですね。 

 ちょっと花木の管理ミスだったようですね。
栽培しているうちに自然と覚えるとおもいますが基本的なことを申し上げます。
<冬の管理>
コデマリに限らず春に咲く花木は夏の暑さから開放されやっとお休みしている時期ですので根の活動を抑えてやら無いといけません。
 露地植えの場合は寒さが直接影響して冬と認識して休眠しますが、雨風の影響の少ない室内(明るい、直射があたるような場所)では水を与えることで地温が高まるため根が活動してしまい、そのまま水を与えると樹液活動が始まってしまい花芽...続きを読む

Q暑さに強く、生命力のある草花

去年、家を購入したことをきっかけに、プランターにいろいろ植えましたが、
夏バテをして、水やりをあまりしなかったせいで、ほとんど死んでしまいました。
もともと、体調を崩しやすく、きっと来年もそんな状態になると思います。
そのため、あまり水やりしなくても大丈夫な草花を探しています。
できれば、毎年花を咲かせてくれるものがいいです。
あとハーブや葉っぱものでもかまいません。

今、ちゃんと咲いているのはサザンクロスと、かろうじて生きているニオイザクラ。あとウインターコスモスです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら適していると思います。
 それから暑さが強いという事は関東かそれ以西にお住まいの方でしょうか?宿根や多年草の場合越冬できるかが鍵になりますので、寒さの厳しい所でしたら条件にあてはまらない場合がありますので、予め御了承下さい。
【宿根草、多年草】
●ベゴニアセンパフローレンス
 道路の植栽に植えられるぐらい丈夫で乾燥にも強いです。安価で100円ぐらいで売られています。ただし冬は室内に取り込むか軒先などに置いてください。霜に当たるとグッタリして一度に駄目になります。
http://yasashi.info/he_00002.htm
●カランコエ
 今頃から花屋さんに並び始めます。多肉(サボテンの仲間)ですので、乾燥には強いです。ただしベゴニアセンパと同じで霜には当てられません。
http://yasashi.info/ka_00005.htm
●ゼラニウム
 花が綺麗な昔からのゼラニウムと、匂いが特徴的なセンテッドゼラニウムがあります。こちらも冬は室内に取り込んでください。暖地なら戸外越冬可能です。
http://yasashi.info/se_00002.htm
http://yasashi.info/se_00008.htm
●ローズマリー
 寒さに強く乾燥にも強い丈夫な花です。ただし成長が早いので、プランターに植えても2年に一度ぐらいは植え替えの必要があります。乾燥には強いですがハーブですので、蒸れに弱いです。蒸れないように若干風通しを良くしてあげて下さい。
http://yasashi.info/ro_00002.htm
●ミント
 ミント類は丈夫で手間いらずで、ティーやバスにも使え重宝します。冬は地上部が枯れますが、春には芽吹いてきます。ただし相当成長力がありますので、1つのプランターには1種類しか植えてはいけません。他の植物を侵食します。また1つのプランターに2種類のミントを植えると雑種化しますので、必ず同じ種類のものを植えて下さい。成長が著しいので1~2年に一度は植え替えの必要があります。蒸れには弱いので(蒸れたからといって枯れませんが、見栄えが悪くなります)、梅雨入り前にバッサリ刈り取ってやると良いです。刈り取った物はティーやバスに使えます。
http://yasashi.info/mi_00003.htm
●メキシコマンネングサ
 相当強い植物ですが、プランターにコレだけ植えるというのは何となく華がないです。ただし多肉ですので乾燥には強く手間はかかりません。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/mannengusa0.htm
●マツバギク
 暖地なら越冬します。こちらも多肉ですので暑さと乾燥には強いです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Matubagiku.html
●アイビー
 割と強いですが、地味です。2年に1度は植え替えが必要です。
http://yasashi.info/he_00008.htm←こちら以外も色々な種類があります。
●オリズルラン
 暖地なら越冬できますが関東や西日本でも山間部なら難しいかもしれません。
http://yasashi.info/o_00009.htm
●アロエ
 乾燥には相当強いです。また花も咲きます。我が家では地植えですが、越冬基準はオリズルランと同じです。
http://yasashi.info/a_00020.htm

 多年草、宿根草でも丈夫なものは大抵成長も早くどのみち植え替えは必要です。そうしたら暑くなる前の6月頃に夏の乾燥に強く丈夫な花を植えて12月頃まで楽しむというのもテだと思います。
【1年草】
●ポーチュラカ
 カラフルで安価な夏の花です。乾燥には相当強いです。
http://www.yasashi.info/ha_00021.htm
●マツバボタン
 代表的な夏の花です。
http://yasashi.info/ma_00002.htm
●リビングストンデージー
 上の3つと同じ多肉系で丈夫で乾燥に強く、華やかです。
http://yasashi.info/ri_00006.htm
●ガザニア
 我が家では西日が当たる所に植わっていますが、元気に花を咲かせます。暖地なら越冬します。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●メランポジウム
 小さなヒマワリといった感じで単植でも見栄えがします。
http://www.yasashi.info/me_00001.htm

 これらの花達は今は終りですので、売られていません。またこの時期は夏の花と冬~春の花の境目の時期ですので、花屋さんに行ってもあまりないです。中旬から下旬ぐらいに行くとパンジー、デージー、アリッサム、ノースボール、ムルチコーレなどの丈夫で花期の長い花達が店頭に並び始めます。それまでにプランターを洗って太陽光線に当てて乾かし、土と鉢底石を買って準備をしておけば、苗を一気に買って一日で準備が終わります。
 また夏にある程度楽をしたいなら
(1)西日には当てない
(2)下がコンクリやアスファルトならレンガなどで下からの熱を防ぐ
などの対策が必要です。特に夏の西日は相当強烈ですので、これにも負けずに尚且つ多年草、宿根草というのはハーブではまずありませんし、乾燥に強いものでも越冬が難しかったりすると思います。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報