お世話になります。

ちょっと訳あって楽屋裏の場面が出て来る作品を色々と探しているのですけど
何か御存知の方いらっしゃいましたら教えて頂けますでしょうか。

希望としては、
水商売や風俗等で働く女性達の楽屋風景が出て来る物が良いのですが
色々な物を見てみたいと思っていますので
そういった職業の男性又その中間(ゲイやオカマちゃん等々・・)
の方々の楽屋裏でも構いませんし
それ以外の何らかのサービス的な職業の舞台裏みたいな場面にも興味がありますので
こちらも何か在りましたら一緒にオマケで教えて頂けると嬉しいです。

自分が思い付く中では
「ギャングスター・ナンバー1」にチラッと出て来る女性達の楽屋風景などは
割と会話や女性達の仕草がリアルで良かったかな~なんて印象に残っています(笑)。
あと最近の物だと「プルートで朝食を」の中にもチラッと出て来ていたと思うのですけど
(待機室でみんなでワイワイ時間を潰しているだけみたいな物でしたが・・・)
こんな感じでほんの少しだけ出て来る物でも構いませんので
何か印象に残っている楽屋風景や
そう言えばあの作品にチラッと出て来た様な・・・
みたいな心当たりのある作品がありましたら宜しくお願い致します。

情報お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ANo.1です。


 あと役者系で「トッツィー(メイクをしていく行程)」
 TV・アンカー系「ブロードキャストニュース」「ホーリーマン」
 ショー系「素顔のままに(風俗)」
 ミュージシャン系で「ドアーズ」「あの頃、ペニーレインと」「ローズ」
 ダンス系「ステッピング・アウト」などです。

 舞台前の人間模様や緊張感やイザコザなどですね。
 メイク風景は、ゲイものにはつきものだと思います、参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度回答ありがとうございます。

・役者系で「トッツィー(メイクをしていく行程)」
メイクは勿論の事、女装をして行く過程もまた凄かったですよね。
見ていて女ながら女性の身支度って大変なんだなぁ・・・
とつくづく感じてしまいました(男性がしているから余計にそう見えるのでしょうけど・・・)。
もう一度細かい部分までチェックしてみたいと思います。

・TV・アンカー系「ブロードキャストニュース」「ホーリーマン」
TV・アンカー系の内幕物も結構面白い物が多くて好きなので楽しみです。
「ホーリーマン」はエディ・マーフィー出演作品の中でもマイナーな物になりますよね。
数年前に一度レンタルして観たの事があるのですけど
あのTVショッピング番組でのトークが馬鹿馬鹿しくて面白かったですよね。
(「馬鹿馬鹿しい」は私にとって褒め言葉です・笑)

・ショー系「素顔のままに(風俗)」
これは以前にチラッとTVで見かけた覚えが有るのですが
確かデミ・ムーアが演じるストリッパーが出て来るお話でしたよね。
風俗系の職業の舞台裏が出て来る物って、なかなか有りそうで無かったりするので
本当に貴重な情報を頂けて感謝致します。

・ミュージシャン系で「ドアーズ」「あの頃、ペニーレインと」「ローズ」
個人的に洋楽が大好きでよく普段から聴いているので
音楽系の舞台裏が出て来る物も嬉しいですね^^
どれも作品の内容も興味深い物ばかりなのでチェックするのが楽しみです。

・ダンス系「ステッピング・アウト」
このタイトルは初めて聞きました。
タップダンス教室が舞台になっているお話なのですね。
小さなタップダンス教室から舞台へ立つまでの様子が
さり気なく描かれていそうで、とても良さ気な作品ですね。

>>メイク風景は、ゲイものにはつきものだと思います。
そう言えば鏡に向かって口紅を引く姿などが出て来る物って
思い出してみると
意外と女性がメインの物よりもゲイ物の方が多いのかも知れません。
こちらもヒントにして探してみると面白い物が発見出来そうですよね^^

先の回答も併せまして様々な作品並びに
ヒントとなるアドバイスを頂き有り難うございました。
また今後も質問する機会がありました時には宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/03/15 08:29

モノクロの邦画で申し訳ないのですが、


黒澤明監督の『野良犬』の中盤で、SKD(松竹歌劇団)をモデルにしたらしい、ラインダンサーたちの楽屋裏の描写が少しありました。
暑い日で、あらわな格好をした何人ものダンサーたちが、疲れ果てて気だるげにゴロゴロしている、と言う雰囲気です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>>モノクロの邦画で申し訳ないのですが、
いえ、とんでも無いです。邦画でも歓迎です^^
普段洋画を観る機会が多いもので
ついこちらのカテゴリーで質問してしまったのですが
洋・邦・アジア等々拘らずに色々な作品を見てみたいと思っています。
こちらこそ気を遣わせてしまって申し訳ありません。

・黒澤明監督の『野良犬』
こちらの作品は未見です。
ラインダンサー達の楽屋裏が出て来るのですね、
あのダンスは本当に大変だろうな~なんて常々思っていたので
(私には絶対に無理だと思います・・・^^;)
その楽屋裏が描かれている物となると大変興味深い物があります。

疲れ果てて気だるげにゴロゴロしている雰囲気っていうのが
また妙にリアルな感じがして(笑)良いですよね。
そういった何気ない普段の姿みたいな物が
映し出されている場面を今回特に探していたので楽しみです。

とても興味深い作品を御紹介下さって有り難うございました。
邦画はまだまだ未見の物が多いので参考になります。
また今後も機会がありましたら是非宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/03/15 18:06

「デンジャラス・ビューティ2」


モノマネクラブの舞台に上がるシーンがあって、その前に確か相棒がごねていたはず・・・。そんなシーンがあったと思います。
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD69 …

「ムーラン・ルージュ」
う~~ん、舞台裏らしい舞台裏があったかどうかはちょっと不安ですが、舞台の脚本などを作る人たちが出てきたりはしてました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD32568/index …

「上海ルージュ」
すみません、中国映画で、しかもちょっと歴史ものなのですが・・・。
ナイトクラブが舞台の映画ですので、お好みのシーンかもです。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD29945/index …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

・「デンジャラス・ビューティ2」
そうですよね、私も1、2、共に観た事が有るのですけど
確かにそんな感じの場面が有った様な・・・(?)
(なかなかこういうのってハッキリと思い出せないものですよね・・・)
これは話の内容自身からも、
そういった華やかな世界の舞台裏みたいな物が垣間見える作品だったので
今回私が探している物にもピッタリなお話だと思います^^

・「ムーラン・ルージュ」
これもそういった舞台裏の場面が出て来ても不思議ではない作品ですよね。
もし楽屋裏らしい楽屋裏の場面が無かったとしても
何らかの形で舞台裏の姿が描かれていそうなので、
これもリストに入れようと思います。

・「上海ルージュ」
これは似た様なタイトルの作品を観た覚えは有るのですけど
この「上海ルージュ」自体は未見の作品だと思います。
ナイトクラブが舞台との事で
本当に回答者様の予想通り(笑)
私の今回期待しているタイプの楽屋裏が覗けそうで楽しみです。
(こういった世界の何気ない楽屋風景や会話が見たかったんです^^)

記憶を辿りながら様々な作品から思い出して下さって有り難うございました。
何れも華やかな世界が描かれている物なので
その舞台裏でのギャップや何気ない会話が印象に残りそうですよね。
また今後も機会がありましたら是非宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/03/15 17:35

フェデリコ・フェリーニ監督の『ジンジャーとフレッド』はいかがでしょうか。



テレビのクリスマス特番に呼ばれたそっくりさんやびっくり人間たちの楽屋での喧騒が描かれています。メディア批判や場末の芸人の儚さもあってなかなかしみじみするものがありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

・フェデリコ・フェリーニ監督の『ジンジャーとフレッド』
書いて下さった説明を読んだだけでも面白そうな内容の作品ですよね。
そっくりさんやビックリ人間(←何だか懐かしい響きが有りますよね・笑)達の
楽屋裏って所がまた興味を惹かれてしまいます^^

珍妙な中にも商業主義に対する痛烈な批判や
人間の儚い部分(切なさみたいな物でしょうか?)も描かれている様で
そういった面でもとても私の好きなタイプの作品な予感がして楽しみです。

毒々しさの中にも切なさが感じられる物に何故か弱いのですよね。
本当に素敵な作品の御紹介を有り難うございました。
また今後も機会がありましたら是非宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/03/15 16:31

思いついたものから。


ゲイ・クイーン系「フローレス」「プリシラ」「3人のエンジェル」
役者系「ソープディッシュ」
その他「天使にラブソングを1」「ショーガール」

あとはダンス系のものなら、たくさんあると思います。
また調べて補足もできればと思います。

この回答への補足

先程CSの番組表を見たら
「プリシラ」の放送予定が有ったので録画の予約をしました。
後で観るのが楽しみです^^

本日は御礼を書き込む時間が上手く取れなかったので(本当に申し訳ありません・・)
再度頂いた回答への御礼は明日以降に必ずさせて頂きますね。
重ねて御礼申し上げます。

補足日時:2007/03/14 19:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
こんなに沢山思い出して下さって嬉しいです。
様々な楽屋裏の風景や何気ない会話等を集めようと思っていたので本当に参考になります。

ゲイ・クイーン系の「フローレス」「プリシラ」「3人のエンジェル」は
どれも面白そうな作品ですね。
確かにゲイ・クイーン系の作品って、
そういった場面がチラッと出て来る物が多いのかも知れないですし
また会話や仕草なども洒落ていそうで(却って女性よりも女性らしいですよね・笑)
とても面白そうな予感がして楽しみです。
個人的に「フローレス」に出ているフィリップ・シーモア・ホフマンが好きなので
お薦め頂けて嬉しかったです^^

役者系の「ソープディッシュ」は
一瞬「ソードフィッシュ」とタイトルを読み違えてしまったのですけど^^;
「ソープディッシュ」なんですね、こちらの作品は初めて知りました。
キャストを見ると割と有名な方もチラホラと出ていますが
あまり知られていないマイナー(?)な作品の様ですね。
TVドラマの内幕物という事でこちらも楽しみです。

その他の「天使にラブソングを1」「ショーガール」は
「天使にラブソングを」の方は観た事があるのですけど
そう言えば楽屋の場面が出て来ていましたよね~^^
教えて頂いて段々とその場面が蘇って来ました。
「ショーガール」と一緒にこちらももう一度確かめてみたいと思います。

>>あとはダンス系のものなら、たくさんあると思います。
確かにダンス系や舞台物、ショービジネス等を扱った物だと
そういった場面が出て来そうですよね。
なかなかその場面だけを思い出そうとしても浮かんで来なかったりするので
これをヒントにして色々と調べてみようと思います。

回答+作品探しの参考にもなるアドバイスを有り難うございました。
また今後も機会がありましたら宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/03/14 14:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新作情報内のアメリカンギャングスターの曲

今レンタルしているDVD(ちなみに「バンテージ・ポイント」です)の新作情報の中に「アメリカンギャングスター」がありました。
そのバックで流れている曲のタイトルがどうしても思い出せません。
最近のアーティストの曲として聞き覚えがあるのですが誰なのかも忘れてしまいました。
KanyeかJAY-Zあたりかと思いiTunesで探してみましたが見つかりません。
映画の中では使われていなかったような気がします。
誰の何という曲でしょうか?

Aベストアンサー

今晩は
もしかしたらそのJay-Zの「Heart Of The City (Ain't No Love)」でしょうか?
下記URLで試聴できますのでご確認下さい。↓

http://www.allmusic.com/cg/amg.dll?p=amg&sql=10:fcfixqq0ldde

もしこの曲は既にチェック済みか全然違う曲だったらごめんなさい。

Q不妊に悩む女性や夫婦が出て来る作品

お世話になります。

私自身、子供が出来難い身体なのもあって
不妊が取り扱われている映画は特に興味深く拝見しているのですが
まだまだ見ていない作品が多いと思いますし
また昔に観た事の有る物でも、その当時は不妊を気にしていなかった為に
扱われていた事自体忘れてしまっていたり気付かなかった物も
結構沢山有るのではないかと思い
今回皆様のお知恵を拝借致したく質問させて頂きました。

色々なタイプの作品を観てみたいと思っていますので
シリアスな物だけでは無く
「ミラクル・ペティント」や「オテサーネク 妄想の子供」の様に
ちょっと変わった描かれ方をしている作品や
(前者は、ただ子供の作り方を知らなかっただけですが・・・)
ユーモアや皮肉が交じった物でも構いませんし
不妊自体がテーマになっていなくても
チラッと登場人物の中にそういった女性や夫婦が出て来て印象に残った物
等々でも結構ですので何か御存知でしたら宜しくお願い致します。

ちょっと難しい質問かも知れませんが、情報お待ちしております。

Aベストアンサー

 邦画でもよろしければ・・・
○『阿弥陀堂だより』(2002年・小泉堯史監督)
 流産をきっかけに子供ができずに心を病んだ女医と売れない小説家の夫。東京での生活に疲れた夫婦は夫の故郷の信州に引っ越してきます。そこで出会った90歳を超えるおうめ婆さん、難病を抱える少女小百合との心の交流を軸に生きることの意味が淡々と描かれています。ラストでは・・・。最近の邦画では好きな作品のうちのひとつです。

 http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=239576


 直接的なテーマではありませんが、里親や子供のいない夫婦が印象的で、好きな作品を2編・・・

○『サイダーハウス・ルール』(1999年、アメリカ)
 ジョン・アーヴィング原作の、孤児院で、堕胎を専門とする産婦人科医ラーチに育てられた主人公ホーマーの成長を描いた作品です。
 孤児院で里親に貰われていく子供を羨ましそうにみつめる残されたこどもたちの寂しそうな目が印象に残っています。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=160093


○『ホワイト・オランダー』(2002年、アメリカ)
 恋人を殺害し終身刑で刑務所に収監されてしまった母親と独り残された少女アストリッドの物語。出演シーンは多くないが、子供のいない里親役のレニー・ゼルウィガーが印象的で悲しい・・・。

 http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=240688

 邦画でもよろしければ・・・
○『阿弥陀堂だより』(2002年・小泉堯史監督)
 流産をきっかけに子供ができずに心を病んだ女医と売れない小説家の夫。東京での生活に疲れた夫婦は夫の故郷の信州に引っ越してきます。そこで出会った90歳を超えるおうめ婆さん、難病を抱える少女小百合との心の交流を軸に生きることの意味が淡々と描かれています。ラストでは・・・。最近の邦画では好きな作品のうちのひとつです。

 http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=239576


 直接的なテーマではありま...続きを読む

Q昔チラッと見た映画を探しています

小さい頃テレビでチラッと見た映画を探しています。
見た場面の単語でクロス検索かけているのですが、それらしいものが出てきません。
気になって気になって・・・お願いします、助けてください。

小さい頃の記憶なので、微妙に違うところがあるかもしれませんが、

・洋画
・老婆が人肉を調理して隣人(?)の男に食べさせる
・冷蔵庫にタトゥーの入った肉
・列車に肉を投げ捨てる

こんな場面があります。
心当たりのある方、回答お待ちしております。

(あぁ、気になる・・・)

Aベストアンサー

1995年のオーストラリア映画「マッシュルーム」では?
http://movie.goo.ne.jp/movies/p30054/index.html

ビデオは発売されていました。

Q映画「アメリカン ギャングスター 」の予告編で使われている主題歌は?

映画「アメリカン ギャングスター 」の予告編で使われている主題歌の曲名とアーティスト名をしりたいのですが。 heart of city とか aint no love のような歌詞です。

Aベストアンサー

今晩は
Jay-Zの「Heart Of The City (Ain't No Love)」ですね。
参考URLで試聴できますのでご確認下さい。

参考URL:http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=410810&GOODS_SORT_CD=101

Qギャングや刑事の出て来る映画で傑作な作品を教えて下さい。

ギャングや刑事の出て来る映画で傑作な作品を教えて下さい。
古い映画ですが、「裸の町」や「アスファルト・ジャングル」などが好きです。
これらに似た、ギャングや刑事が出て来る映画で傑作な作品をもっと見たいと思っています。
良いものがあればお教え戴けると有難いです。

Aベストアンサー

沢山あって面倒なので
ウィキから引っ張ってきました。(タイトルの前に☆のついた作品は観た事がありますが、
おもしろかったです)

『拳銃貸します』 This Gun for Hire (1942)
監督:フランク・タトル、主演:アラン・ラッド、ヴェロニカ・レイク。裏切りによって追い詰められた殺し屋の孤独な復讐と破滅。

☆『深夜の告白』 Double Indemnity (1944)
監督:ビリー・ワイルダー、主演:フレッド・マクマレイ、バーバラ・スタンウィック。欲望に囚われた不倫の男女による保険金目的の完全犯罪とその破綻。

☆『ローラ殺人事件』 Laura (1944)
監督:オットー・プレミンジャー、主演:ジーン・ティアニー、ダナ・アンドリュース) 虚栄に満ちた文化人たち同士の歪んだ愛憎関係。

『飾窓の女』 The Woman in the Window (1944)
監督:フリッツ・ラング、主演:エドワード・G・ロビンソン、ジョーン・ベネット) 悪女に誘惑された、凡庸な常識人の破滅。

『ギルダ』 Gilda (1946)
監督:チャールズ・ヴィダー、主演:リタ・ヘイワース、グレン・フォード) 犯罪組織の内紛、悪女との愛憎。

☆『郵便配達は二度ベルを鳴らす』 The Postman Always Rings Twice (1946)
監督:テイ・ガーネット、主演:ラナ・ターナー、ジョン・ガーフィールド) 欲望に憑かれたアウトロー・カップルの破滅。

『殺人者』 The Killers (1946)
監督:ロバート・シオドマク、主演:エヴァ・ガードナー、バート・ランカスター) 悪女の裏切りによるボクサーの転落・破滅。

『三つ数えろ』 The Big Sleep (1946)
監督:ハワード・ホークス、主演:ハンフリー・ボガート、ローレン・バコール) 虚実入り乱れる錯綜した状況の中での真相追求(その混乱は最終的に収拾されない)。

『過去を逃れて』 Out of the Past (1947)
監督:ジャック・ターナー、主演:ロバート・ミッチャム、ジェーン・グリア) 悪女の裏切りによる私立探偵の破滅。

『上海から来た女』 The Lady from Shanghai (1948)
監督兼主演:オーソン・ウェルズ、主演:リタ・ヘイワース) 謎めいた女に翻弄され、殺人の冤罪に問われる主人公。最終的なカタストロフの到来。

『白熱』 White Heat (1949)
監督:ラオール・ウォルシュ、主演:ジェームズ・キャグニー、ヴァージニア・メイヨ) 精神に異常を来した凶悪ギャングの暴走的破滅と、その妻である悪女の裏切り。

『夜の人々』 They Live by Night (1949)
監督:ニコラス・レイ、主演:キャシー・オドンネル、ファーリー・グレンジャー) 若く純粋な若者達がアウトローに堕し、破滅。

『現金に体を張れ』 The Killing (1956)
監督:スタンリー・キューブリック、主演:スターリング・ヘイドン) いずれも大筋は、集団による周到な犯罪計画と、僅かな齟齬の連鎖が招くその破綻。前者はこの種の「ケイパードラマ」と言われるジャンルの祖型であり、後者はそのエピゴーネンの中でも時制の錯綜を巧みに用いて突出した傑作である。

☆『狩人の夜』 The Night of the Hunter (1955)
監督:チャールズ・ロートン、主演:ロバート・ミッチャム) 異常性格者の伝道師が引き起こす偏執的凶悪行為。

『キッスで殺せ』 Kiss Me Deadly (1955)
監督:ロバート・アルドリッチ、主演:ラルフ・ミーカー) 錯綜した状況下での、暴力の応酬による真相追求と、それらのあらゆる暴力をも超越する「圧倒的な力」がもたらす破滅。

☆『めまい』 Vertigo (1958)
監督:アルフレッド・ヒッチコック、主演:ジェームズ・ステュアート、キム・ノヴァク) 謎めいた女に翻弄される主人公。追いつめられて行く両者の心理と、最終的な破滅の到来。

刑事やギャングが出てこない作品もあるかもしれませんが、
フィルム・ノワールで雰囲気は似ていますね。

ジャン・ギャバン主演映画では
「地下室のメロディー」「シシリアン」「現金に手を出すな」「殺人鬼を罠にかけろ」など。
カーク・ダグラス主演の「探偵物語」、ロバート・ミッチャムの「恐怖の岬」
ロバート・シオドマクの「らせん階段」もお勧めです。

沢山あって面倒なので
ウィキから引っ張ってきました。(タイトルの前に☆のついた作品は観た事がありますが、
おもしろかったです)

『拳銃貸します』 This Gun for Hire (1942)
監督:フランク・タトル、主演:アラン・ラッド、ヴェロニカ・レイク。裏切りによって追い詰められた殺し屋の孤独な復讐と破滅。

☆『深夜の告白』 Double Indemnity (1944)
監督:ビリー・ワイルダー、主演:フレッド・マクマレイ、バーバラ・スタンウィック。欲望に囚われた不倫の男女による保険金目的の完全犯罪とその破綻。

☆『...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報