プロが教えるわが家の防犯対策術!

リバーサルフィルムで写真を撮る場合、気をつけなければならないことは何でしょうか。露出補正しなければ思い通りの仕上がりにはならないと聞いたのですが、意味がよくわからなくて・・・アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

それではこちらも。



適正なシャッター速度、適正な露出で撮らないと「ちゃんと写らない」という、初心者には敷居の高いフィルムです。

まずは「何が適正なのか」ということを覚えていく必要があります。適正な数値がわからなければ補正なんてできません。

この「適正」ですが、条件によって異なるので一概にどうとは言えません。ただ、カメラのプログラムモードに入っているように、だいたいの数値は決まっています。ようはこれを現場の状況に合わせて補正するというわけです。明るくしたり、暗くしたり。

「1/125 f8」と「1/250 f5.6」が同じ(厳密には近似値)であるとか、ちょっと暗いから露出を開けて「1/250 f4.5」にしようとか、そういう調整ですね。基準値がわからなければゲージをどっちに振っていいのかすらわからないでしょう?

リバーサルは高いので、まずは普通のネガフィルムで確実に適正露出で撮れるように練習してください。紙焼きの段階である程度の補正はできますが、大きく逸脱した失敗はカバーできません。

リバーサルは小さな失敗でも必ず反映され、しかも後で補正することはできません。初心者が使うとあまりの出来の悪さにショックを起こすことも。

最初から高いフィルムに手を出すのではなく、安いフィルムで数を多く撮ることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

難しいというとが文面からヒシヒシと伝わってきました。習うより慣れろということなんですね。ただ、フィルム代もバカにならないし・・・悩みます。有り難うございました。

お礼日時:2002/06/05 01:12

 すでにネガでいろいろ撮っていらっしゃると思います。


 ぜひ挑戦してみましょう。
 露出はたしかにシビアですから段階露出をすることをお勧めします。1枚目はカメラの露出計の示した通り、2枚目はそれよりプラス1、3枚目はマイナス1。この3枚押さえておけば、たいていは「失敗した~」と泣かないで済みます。
 そうやってだんだんと経験していくと上手になりますよ。もし失敗したら「はははは…」と笑い飛ばしてその経験をこやしにしましょう。
 私の場合、どうしてもこれは失敗できない、という場合はカメラ2台持って、1台は使い慣れたネガを詰めることにしています。私もそれほど上手ではないので…。
 リバーサルはその時撮影した状況を正確に語ってくれますので、いいですよ。ぜひぜひ。
    • good
    • 0

露出も重要ですが、色も敏感です、


 晴天の日に新緑の木陰の芝生で彼女を撮影したら、
顔色が葉っぱの色に染まって、緑色の顔になってしまいます
 
 蛍光灯など、人工の照明も要注意です、
ネガカラーはプリントで色も修正しますから、気が
付かなかった、こともリバーサルはそのままでます。

 アイドルの写真集の撮影現場が、本やテレビで出ていれば良く見ましょう、
助手がレフ板を持ったり、露出計で計ったりしてます。
 カメラのレンズの前には、色補正用のフィルターをつけたりしています。
 これはリバーサルできれいに写真を撮るためなんですよ、
    • good
    • 0

確かに、リバーサルは露出がシビアで、難しいフィルムかもしれません。


ただし、最近の(中級クラス以上の)AF一眼レフなら、カメラまかせでそこそこイイ写真が撮れたりします。何より、リバーサルはフィルムは高いがプリントしなければ現像だけですのでそれなりに安いですし、場所も取りません。また、リバーサルからのプリント(ダイレクトプリント)は、ネガからのプリントとはまた違ったカチッとした質感があって、魅力的です(高いけど)。
リバーサルで、質を高めようと思うとお金もかかるし技術も必要ですが(中には、現像するお店を選ぶのみならず曜日を選ぶ人までいます~○曜日は現増液がへたっている事が多いから避ける、とか)、それはそれで面白い体験ができるのでは?とも思います。

まず、個人的には、気楽にチャレンジする事をお勧めします。
もしかしたら、新しい世界が広がるかも知れませんし。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポジのプリントで不満に思ってます

カメラ店にリバーサルフィルム(マウント)一枚を
ダイレクトプリントしました。

ダイレクトプリントから返ってきたプリントは、写真全体が暗く色が汚いのでやり直しをお願いしたし、出来上がったプリントはほとんど同じような感じで再プリントされて返ってきたので店頭にあるフロンティアで試し焼きをお願いしたら希望に近いプリントがでました。

フロンティアと同じ色のプリントは出来ない事も知ってますが、フロンティアと同じようなレベルの物を求めて、店員さんにもポジを見せたらあまりに色がおかしすぎると言われ再プリントをお願いしました。

カメラ店外注先よりプリントが出来ないとの返答があったそうです。

同じポジは
CANONの8000Fのスキャナーでスキャンした画像を
CANON IP8600のプリンターでプロフォト紙にプリント、普通紙にプリント、年賀状(インクジェット用紙)にプリントしてます。

色は多少違うのは仕方のないことだと思いますが、
フロンティアや合計6万円のスキャナーとプリンター同等レベルのプリントが出来ないっておかしいと思いませんか??

カメラ店にリバーサルフィルム(マウント)一枚を
ダイレクトプリントしました。

ダイレクトプリントから返ってきたプリントは、写真全体が暗く色が汚いのでやり直しをお願いしたし、出来上がったプリントはほとんど同じような感じで再プリントされて返ってきたので店頭にあるフロンティアで試し焼きをお願いしたら希望に近いプリントがでました。

フロンティアと同じ色のプリントは出来ない事も知ってますが、フロンティアと同じようなレベルの物を求めて、店員さんにもポジを見せたらあまりに色がおかし...続きを読む

Aベストアンサー

答えにならないかもしれませんが
他の方も言っているように
リバーサルはラチチュードが狭く ダイレクトプリント(デジタル露光プリントでなく本当に光学露光のダイレクトプリント)ではほとんど補正が出来ません
※これはリバーサルフィルム、ダイレクトプリントの印画紙ともにラチチュードがとても狭いのです。

つまり 撮影した際の露出や色合いがダイレクトに出ます
ぴたっと露出があっていないと露出不良により暗くなったりカラーバランスが崩れたりします。
●その性質を利用してカメラの露出の勘を身に付けるをの練習をすることもあります。

ネガフィルムの場合 ラチチュードが広い為、適性露出からはずれていてもプリント時にかなり補正が可能で、かなりの露出不良でもけっこうキレイにプリントされます。
ましては 今はデジタルラボ機が主流ですから デジタル処理により 上記のような露出不良でもかなりの補正が可能になりました。

フロンティアにしろCANONのスキャナーにしろデジタルの力による補正が自動でかなりはいっているのではないでしょうか?

再プリントしても あまり変わらないということはその補正で限界の可能性があります(確認の余地はまだありそうですが・・・ダイレクトプリントでは補正によって激変することはまずありえません。変わっても気持ち変わったくらいでしょう)

逆に デジタルの自動補正の便利さになれているのかもわかりませんね!
きれいなプリントをお望みであれば(スライドが必要ないのでなければ)ネガフィルムの使用をお勧めします。

ながながとした説明になり すいませんm(._.)m
よりよい写真ライフをお送りください

答えにならないかもしれませんが
他の方も言っているように
リバーサルはラチチュードが狭く ダイレクトプリント(デジタル露光プリントでなく本当に光学露光のダイレクトプリント)ではほとんど補正が出来ません
※これはリバーサルフィルム、ダイレクトプリントの印画紙ともにラチチュードがとても狭いのです。

つまり 撮影した際の露出や色合いがダイレクトに出ます
ぴたっと露出があっていないと露出不良により暗くなったりカラーバランスが崩れたりします。
●その性質を利用してカメラの露出の勘を身...続きを読む

Q古いMFカメラにポジフィルムを入れて使う場合・・・

ペンタックスSPなど、むかしのMFカメラにポジフィルムを入れて撮影したいと思いますが、古いカメラの場合、露光が狂っているかも知れないので、簡単には高価なポジフィルムなど使うことはできません。

そこで、これまで写してきたネガフィルムの濃さや露光の調子などを見て、ポジフィルムも使えるかどうか判断できないでしょうか?

Aベストアンサー

まずその古いカメラが「正常に動作しているか」が肝心です。
特にシャッター速度に関しては
動かない(シャッターが切れない)ものは当然ですが
例え動いたいたとしても正常な速度が出ていない事は充分に考えられます。
古いカメラは、どんなに大切に保管されて外観が綺麗であっても
機械部分は正常に動かないという認識を持ったほうがいいです。

それが正常でなければ「これまで写してきたネガフイルム」の撮影時期によっては
全くあてに出来ないものになります。
そもそもネガフイルムを観察して適正露出かを判断するのも困難です。

同様に、外付けの露出計でどんなに正確な測光をしても
正確に動作しないカメラにその数値を適用しても意味がありません。

まずはそのカメラ動作精度を確認する事が重要です。
メーカーに送って確認して調整してもらうしか方法はありません。
それなりの料金がかりますから
そこまでしてそのカメラを使う意味があるかどうかの問題もあります。
あるいは修理不可能という場合もあります。



そうした事を済ませた上で、リバーサルフイルムを使う場合は
適正露出となる値の前後を半絞りずつ(SPの場合)変えて2カットずつ、
合計5カットを撮ればどれかが当たります。
仕事での撮影の場合でも1カットで済ませる事はまずありません。



それと、SPは自動露出ではありませんし
内蔵の露出計もリバーサルに対応できる測光精度はありませんので
いきなりリバーサルフイルムを詰めて使うのはテスト目的としても無駄です。

まずその古いカメラが「正常に動作しているか」が肝心です。
特にシャッター速度に関しては
動かない(シャッターが切れない)ものは当然ですが
例え動いたいたとしても正常な速度が出ていない事は充分に考えられます。
古いカメラは、どんなに大切に保管されて外観が綺麗であっても
機械部分は正常に動かないという認識を持ったほうがいいです。

それが正常でなければ「これまで写してきたネガフイルム」の撮影時期によっては
全くあてに出来ないものになります。
そもそもネガフイルムを観察して適正...続きを読む

Q自分でフィルムを現像する方法

35mmのフィルムで撮った写真を自分で現像・プリントしたいと考えているのですが、薬品や機材はいくらぐらいするのでしょうか。また、暗室を作るのにはどうしたらよいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要りません。

保存タンク:薬品を保存するためのタンクです。専用のものがよさそうです。これも数百円程度、停止液は使い捨てなので、フィルム用に2つ在ればよいです。

計量カップ:得に専用のものでなくても、料理用などで十分です。ただし2Lまで量れるものが便利。薬品は粉末や濃縮状態のもの
が多いので、これで薄めます。これは1000円しないとです。

温度計:上記の薬品はお湯で溶かすことが多い上に、薬品の温度で現像などの時間が異なるため必須です。
100度まで計れるものであればなんでもいいです。

漏斗:これも何でもいいです。薬品をタンクに戻すときに使うだけ。いざとなればなくてもよいです。

ダークバック:これも暗室があれば不要です。明るいところで作業するためのもので、首の穴がない長袖シャツみたいなものです。

フィルムであればこれぐらいあればよいかと。


プリント
印画紙:これは必須です。必要に応じて購入してください。数千円単位ですが全紙サイズになると結構高いです。
表面にコーティングのないバライタ紙、コーティングありのRC紙があります。通常はRC紙でよいかと。

バット:薬品を入れてこれに印画紙を漬けます。現像、停止、定着、水洗の4つがあるといいです。

引き伸ばし機:スライド映写機のように。フィルムの画像を印画紙に焼き付けるものです。値段はばらばらで安くても3万円程度
はします。レンズとタイマーは別売りなのでさらに各1万円はプラスになります。
引き伸ばせるサイズとカラーへの対応で値段が異なります。高いものは数十万円しますね。

イーゼルマスク印画紙を綺麗に平面に固定するためのものです。相場は3000円前後でしょう

ピンセット:薬品に触れずにやるにはこれが必要。竹のものとプラスチックのものが在ります。数百円程度ですね。薬品が混ざら
ないように薬品ごとに用意してやるのが普通です。

各種薬品&ポリビン:フィルムとは薬品が違うので、プリント用に用意してやる必要があります。値段は大体同じです。停止液は同じです。

フォーカスルーペ:熟達した人には不要ですが、普通は必要です。引き伸ばしの際、ピントがちゃんと合っているか確認するため
のものです。安いやつで十分なので2千円程度です。

セーフライト:テレビとかのシーンに出てくる赤いやつです。モノクロの印画紙は赤色に反応しないので、これを使って作業します。
ないと暗くて難しいです。フィルムはしっかり赤色にも反応するのでフィルム現像のとき使うとフィルムが死にます。3000円程度です。

まあ、おそらくこのぐらいだと思います。

ただ、ここで述べているのはすべて「白黒フィルム」の現像とプリントの話です。

カラーは、それぞれの値段が高い上に、温度管理などが厳密なので非常に難しいです。素直にお店に出しましょう。

暗室ですが、一番よいのは風呂場ですね。光を遮断しやすい上に現像時に大量に必要な水が確保しやすいですから。

水洗のみ外でやるのであれば押入れでもいけます。
必要なのは、光を遮断すること、水があること、電気が使えることです。
ただし、現像液とかのにおいはかなりきついので、密閉すると危ないです。

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要り...続きを読む

Q現像後のフイルムとプリント写真の保管方法

1年半前からフィルムカメラを始めました。
40本くらいは撮影しました。
フィルムは主にネガが主体で、リバーサルも2本だけ撮影しました。
ネガフィルムは、近くのキタムラに同時プリントでお願いしていますが、最近整理方法に頭を悩ましています。
出来ればネガとプリントした印刷物は一緒に保管して行きたい思いますが、今後のことを考えると結構な物量です。
リバーサルフイルムなら、必要なコマだけ印刷をするのでしょうが、それでも印刷しておいたほうが安心かな、とも思ったりしています。

皆さんは、撮影後のネガ・プリントをどのように管理しているのでしょうか。
また、リバーサルは、ほんとに数コマしかプリントアウトをしていないのでしょうか。

今後、平均40本/年のフィルムを消費していく予定です。ネガ、ポジ、プリントした写真の保管方法についてアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

 プリントした写真はアルバムなどに整理しておかないと、後から捜しにくくなるし、そもそも見にくいです。
 写真を整理するなら、ポケットタイプのアルバムで、台紙の差し替えが出来るタイプが便利です。

http://www.sedia.co.jp/syouhin_system/?h=XD120LP.html

 見た目を気にしないなら、工事用のアルバムを使う手もあります。これだとA4版の普通のファイルが使えます。

http://www.sedia.co.jp/syouhin_system/?h=AE-6WL.html

 これらの台紙には、ネガ用のもの(ポケット式で、単に突っ込むだけのものなど)もあります。

QペンタックスのMF一眼レフでおすすめ機種を教えてください。

ペンタックスのMF一眼レフでおすすめ機種を教えてください。


題名通り、ペンタのMF一眼レフを教えてください。
現在、キャノンのデジタル一眼レフ、ペンタのAF一眼レフを所有しています。
友人がニコンFM2を購入したのをきっかけに、MF一眼レフが欲しくなりました。

評判が高いフジヤカメラさんで探したところ、KXが気に入ったのですが
KXの在庫があまりなく、またKマウントのレンズも高額だったため再検討中です。

レンズの在庫が多いMシリーズなんていいんですが。

ところで「ペンタックスSMCM24-35/3.5-4.5」このレンズを例にとって
SMC[M]・・・のMってMマウントっていうことですよね?
つまりこのレンズは、KXなどのKマウントカメラにつけることはできないんですか?

Aベストアンサー

こんにちわ。
PENTAX機のラインアップ、変遷については「PENTAX-FAN」という
サイトが非常に詳しいですね。
私なりにまとめると

S系(SV、SP等)・・・1960~70年代前半
 ペンタックス最初の一眼レフ系列。Sマウント(M42のスクリュー
 マウント)採用、横走り布幕シャッター採用。Spotmaticは
 追針式露出計搭載。
 純正組合せは「Takumar」。Supe-Takumar 55mmF1.8など

K系(KX、KM、K2等)1974~1975年
 S系ボディをバヨネットの「Kマウント」に変更したもの
 横走り布幕シャッター採用。追針式露出計。K2は絞り優先AE
 時代遅れといわれ2年ほどで次のM系にバトンタッチ。
 それなりに安いが、プリズム腐食によるファインダーの影がでて
 いるものが非常に多く、実用出来るものは少なく高め。
 K2は稀少。海外モデルでK1000もある
 純正組合せは「K」。SMC PENTAX 55mm1.8など
 
M系(ME、MEスーパー等)1970年代後半
 小型のボディに電子式縦走りメタルシャッター、LED表示式
 露出計と絞り優先AEを搭載、ベストセラーとなった。
 バリエーションも多い。
 ME・・・軍艦部金属の絞り優先AE専用機。AOCOマークあり。
 MV1・・・MEの廉価版。
 MEsuper・・・1/2000secのシャッタ、明るいクリアブライトマット
 スクリーン、マニュアルモード搭載。M系中興の祖となった
 ME-F・・・ME-Sベースのフォーカスエイド機。
 専用レンズでAFが使えた。
 MG・・・ME-Sベースの普及機。絞り優先AE専用機。シャッター速度は
 1/1000secにダウン
 どれもシャッターのダンパー劣化によるミラーアップ固着が持病
 中古市場は二束三文状態。タマ数は非常に多く入手性は良好
 純正組合わせは「M」レンズ。smc PENTAX-M 50mmF1.7等

MX 1976年
 ペンタ最後の機械式シャッター普及マニュアル機。Mの名があるが
 構造はM系と互換性は無い。横走り布幕シャッター、LED段階表示
 露出計採用。中古市場は結構高め。機械式ゆえに誤差のある個体や
 露出計が死んでいるものも多く見られる。

LX(LX2000)1980~2001年
 ペンタ最初のプロ用機械式シャッター機。機械式ながら1/2000secの
 シャッタースピード、豊富なオプションがありさすがのプロ機。
 価格もさすがのプロ機(笑)中古市場もまだまだ高いです。
 一度は使ってみたいがちょっと手が出ませんね

Super系(Super-A、Program-A)
 ME-Superをベースに電子式レリーズ、液晶によるファインダー内表示
 AレンズによるプログラムAEや両優先AEなど6つのプログラムモードが
 搭載された。これに伴いマウントに電気接点が追加され、「KA」
 マウントとなった。機械的形状はKマウント互換。
 内部機構は複雑になり、シャッター音も独特のものになった。
 
 ボディにはオデコ絆創膏やグリップが付きホールド性はとても良い。
 Program-AはSuper-Aのシャッター優先AE等を省いた廉価版。最高速も
 1/1000secとスペックダウン。
 M系の持病はそのまま引き継がれています(ダンパワッシャの材質が違い
 ますので、後期モデルは対策されていたようです。)
 純正組合わせは「A」レンズ。 smc PENTAX-A 50mmF1.4等

私が実際に使った事があるのはM系とMX、Super系ですが、実用として
使うなら、ME-Super以降がいいと思います。理由としては
・1/2000secシャッター
 高感度フィルム入れてる時、屋外でずいぶん助かります(笑)
・クリアブライトマットスクリーン
 ME、MX系と比べ段違いに明るく見やすいです。
更にSuper-Aだと、レリーズが電子式となりストロークが浅く
扱いやすいです。
機械式マニュアルにこだわるのであればMXかな?KXもいいですが
入手性とプリズム腐食が心配ですね。

私もM系はずいぶん修理して使いましたが、最終的に手元に残したのは
Super-A(実用に)とME(観賞用にw)です。


マウントの互換性に関しては、基本的にKマウントであれば機械的には
今のデジタル機も含めすべて互換性があります(一部デジタルに付かない
ものがありますが)ただMF機で使う場合はレンズ側に絞りリングがある
ものに限ります。

ペンタのMFレンズはデジタルでも使える事で人気が高く、結構高価で
取引されていますね。

ミノルタだとボディもレンズも恐ろしく相場が安いので、下手すると
Kマウントレンズ一本分でボディと50/1.4レンズが揃ってしまいます。
XG-S以降だとアキュートマットスクリーン(ハッセルブラッドにも供給
されてます)搭載だったり、露出補正も0.5段だったりとなかなか
使い勝手も良いですよ。
蛇足になりますが、、、(笑)

それと、どれも2,30年程度前のものになりますので、精度が出ていない
ものがほとんどです。もしきちんとした精度を求めるなら、どんな入手
経路であれ、専門の修理業者でのOHが必要と思います。
その分の費用も見ておいた方がいいですね^^
まぁ、使うのがカラーネガなら何とでもなりますけど(笑)

こんにちわ。
PENTAX機のラインアップ、変遷については「PENTAX-FAN」という
サイトが非常に詳しいですね。
私なりにまとめると

S系(SV、SP等)・・・1960~70年代前半
 ペンタックス最初の一眼レフ系列。Sマウント(M42のスクリュー
 マウント)採用、横走り布幕シャッター採用。Spotmaticは
 追針式露出計搭載。
 純正組合せは「Takumar」。Supe-Takumar 55mmF1.8など

K系(KX、KM、K2等)1974~1975年
 S系ボディをバヨネットの「Kマウント」に変更したもの
 横走り布幕シ...続きを読む

Qマニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?

マニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?
カメラはペンタックスのKXです。レンズはSMCM50mmF1.4を主に使っています。
絞りを開けて撮っているせいか、なかなかピントが合いません。

メガネを使っているのですが、コンタクトにするとちょとましかな?という感じ。
ファインダーに視力補正レンズを付けたら、やり易くなるのでしょうか。
あと数センチ前にピントが来ていたら萌え死にできるのに、って猫写真が沢山できてしまいました。
MFだとある程度は仕方ないんでしょうか。
上手いやり方があったら教えてください。

Aベストアンサー

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~5.6程度でちゃんとピントあった写真が必ず撮れるようになってから」の話です。

ピント合わせは「行って帰る」が基本です。ピントの「山」は裾野から徐々に行ったんじゃ分かりません。峠を越えて反対側まで降りてしまえば、どの辺が頂上だったかすぐに分かります。ですので、無限遠方向からリングを回して、ピントが合ってまた合わなくなるまでの「ピントリングの回転角」を覚え、その中間(正確に言うと中間よりやや無限遠より)まで戻すようにすればピント合わせが速く・正確になります。

更に猫や赤ちゃんなど、「気配を感じで動いてしまう被写体」の場合は、ピント合わせで追いかけている間にドンドン移動してしまいます。ですので先に「同距離の別の場所」でピントを合わせて置いて、構図を合わせたら即座にシャッターを切る、という方法で撮影して下さい(この方法だとF4位に絞っていないと上手く行かない事が多いというコトもあります)。それでも相手が動いているなら、ピントが動かさず、自分自身が動いて被写体との距離を一定に保って下さい。

自分自身が動いて被写体との距離を一定に保てる技術が身につけば、その「動いている間」に更にピントをきっちり合わせる余裕が出来ます。そうして初めて「絞り開放で猫が撮れる」んですよ。

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~...続きを読む

Qフォーカシングスクリーンを拭いてしまいました

質問失礼します。
まったくの一眼レフ初心者の失態なのですが、先日、ファインダーを覗いた時に見えるゴミが気になって、説明書もまともに読まずに、ミラー上部のザラザラしたガラス?のような部分を拭いてしまいました。
そのあとファインダーを覗き込むと、ゴミが増えていたのでもう一度拭くと、増えた分は消えましたが、最初から気になっていたゴミは消えませんでした。

色々ネットで調べ、絶対に触ってはいけない場所だったという事を知りショックを受けました。

後悔しても仕方ないので、勉強の為にも知りたいのですが、このフォーカシングスクリーンを触ってしまうと、撮影にどんな影響が出るのでしょうか?

拭いてしまった後も、何度か撮影しましたが初心者のせいかファインダーから見えるゴミ以外に変化が特にわかりませんでした。

ピントに影響が出るのでしょうか?
それだと、少し思い当たるというか、普通に被写体にピントを当てて撮影する分には特に問題ないのですが、被写体にピントをロックしたままずらして撮影するとボケている事が多いです。

しかしこれは撮影技術の問題もかなりあると思のですが、それがフォーカシングスクリーンを拭いてしまったからなのか、私の腕の問題かわかりません。
関係あったりするのでしょうか?

長くなりましたが、フォーカシングスクリーン、又はミラー部分を拭いてしまった場合に出る主な影響と、ピントが合わない事が拭いてしまったせいなのか知りたいです。

あと、もし点検、修理に出す場合、保証は効かないと思いますので、どれくらいお金がかかるのでしょうか?大体で結構ですのでわかる方いましたら教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

質問失礼します。
まったくの一眼レフ初心者の失態なのですが、先日、ファインダーを覗いた時に見えるゴミが気になって、説明書もまともに読まずに、ミラー上部のザラザラしたガラス?のような部分を拭いてしまいました。
そのあとファインダーを覗き込むと、ゴミが増えていたのでもう一度拭くと、増えた分は消えましたが、最初から気になっていたゴミは消えませんでした。

色々ネットで調べ、絶対に触ってはいけない場所だったという事を知りショックを受けました。

後悔しても仕方ないので、勉強の為にも知り...続きを読む

Aベストアンサー

フォーカシングスクリーンの他にピンとグラス、ファインダースクリーンとも言います。
フォーカシングスクリーンに映った画像を見て構図やピントを確認しますが、
画像を記録するのはフィルム、画像素子ですので画像には直接影響しないでしょう。
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/01/01.htmhttp://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/01/01.htm


>被写体にピントをロックしたままずらして撮影するとボケている事が多いです。
フォーカシングスクリーンを触ったこととは無関係とおもいます。
中央でピントを合わせた後、ずらす(角度を変える)と距離は若干ですが変化しています。
http://depth-of-field.doorblog.jp/archives/1124965.html

対策
フォーカスポイントが複数あるカメラなら適当なポイントを使えば良いでしょう。
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/16/02.htm
フォーカスポイント中央のみならば、絞りF値を大きくして(絞って)視写界深度(ピントの合う範囲)を広げてはいかがでしょう。
http://www24.big.or.jp/~antares/photo_gallery/camera/camera3.html

>もし点検、修理に出す場合、保証は効かないと思いますので・・・
製造過程で入っていたゴミがファインダースクリーンに落ちたと考えれば保証対象でしょう。
保証期間中に販売店かメーカーに相談されることをおすすめします。

質問される時はメーカー名、機種名も書いた方が的を得た回答が望めますよ。

フォーカシングスクリーンの他にピンとグラス、ファインダースクリーンとも言います。
フォーカシングスクリーンに映った画像を見て構図やピントを確認しますが、
画像を記録するのはフィルム、画像素子ですので画像には直接影響しないでしょう。
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/01/01.htmhttp://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/01/01.htm


>被写体にピントをロックしたままずらして撮影するとボケている事が多いです。
フォーカシングスクリーンを触ったこととは無関係とおも...続きを読む

Qポジ撮影は何のため?

フィルムで撮影する場合ネガとポジのフィルムがあります。
で、そのポジなのですが、スライドビューワーで見る以外に
ポジで撮影する意味はあるのでしょうか?

プロの場合であれば、印刷にはポジのほうが便利ということも
あると思いますが、アマチュアがポジにこだわるのは、
「プロのまねをしたい」というさもしい行動に思えます。

いや、プロカメラマン自身にも、ポジは偉くてネガは素人のもの
という気持ちがありそうに思えます。

そうではないというのであれば、
ポジにはどんなメリットがあるのでしょうか

Aベストアンサー

この質問内容は
現在の話題なのか、過去の話題なのか・・・

現在の話だとすれば
ポジで撮影する意味なんて何もないでしょう。
デジタル全盛で
フィルムで撮ること自体が完全に趣味の世界になってますから。
ネガでも、リバーサルでも、
「気が向いたほう」で撮る。
それだけではないでしょうか。
プロもデジタルを使う今どきの時代ですから
アマでリバーサルを使う人は「真似」ではないでしょう。
私も1年に1-2回フィルムを使いますが
リバーサルを使います。
私は、デジタルで撮影した画像もモニターで見るだけでプリントをしないので
ネガだと撮影後が面倒だからです。
リバーサルだとビューアーや小型スライド映写機で
手軽に見ることができるので。

過去の話だとすれば、いろいろでしょうね。
プロは印刷原稿として使うためにリバーサルでしたから
その必要のないアマチュアの中でリバーサルを使っている人の中には
プロの真似ごと、恰好だけプロ、気分はプロ、の人もきっといたでしょう。
私はネガオンリーでした。
ネガ使用の一番の理由は、コスト、費用、経済的理由でした。
かっこつけたくてもお金がなかった。
でも、リバーサルは使ってみたかった。
理由は、キレイだから。
反射光で見るプリント写真と違って
ビューアーや映写機の透過光で見るスライド写真は
色がピカピカ輝いている(見える)異次元の世界でした。
リバーサルからのダイレクトプリントは
色が深くて、濃くて、心が吸い込まれそうでした。
また、ラチチュードが狭いので
露出が完ぺきに決まったリバーサルの現像上がりを見ると
自信になりました。
そんなときの気持ちは、いま考えると
プロの真似をして背伸びをしていたかもしれません。

さもしい、なんて言われるとちょっとさびしいですね。

ちなみに、プロの人たちには
「ポジは偉くてネガは素人のもの」という気持ちがあっても
私はいいと思います。
だって、それを商売としているのですから
そのぐらいの職業意識があってしかるべきでしょう。

この質問内容は
現在の話題なのか、過去の話題なのか・・・

現在の話だとすれば
ポジで撮影する意味なんて何もないでしょう。
デジタル全盛で
フィルムで撮ること自体が完全に趣味の世界になってますから。
ネガでも、リバーサルでも、
「気が向いたほう」で撮る。
それだけではないでしょうか。
プロもデジタルを使う今どきの時代ですから
アマでリバーサルを使う人は「真似」ではないでしょう。
私も1年に1-2回フィルムを使いますが
リバーサルを使います。
私は、デジタルで撮影した画像もモニターで見る...続きを読む

Q有効期限切れのフィルムについて

有効期限が切れたフィルムは、期限からどのくらい経ったものまでなら使えるものでしょうか?保管状態なので一概に言えないのはわかりますが、最大で、これだけ年数が過ぎたフィルムでもちゃんと使えたよ、といった情報などが聞きたいところです。
普通のネガフィルムの場合で教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネガで10年なら普通に使えますよ
使った事があります。

感度が低くなってるのと発色に難がありますが、プリントの時に調整できますし
あと、ボケた画像になりますが

Q人間露出計になるには

こんにちは。

露出計のついていないマニュアルカメラを使うのは現在カメラ屋さんで普通に変えるカメラを使うのとは全然違いますね。

今現在、
露出計のついているマニュアルカメラと、
露出計のついていないマニュアルカメラと、
最新のミラーレス一眼と、
少し前のデジタル一眼レフを持っています。

うち二台のマニュアルカメラは最近買いました。
露出計のついているカメラは適正露出とおもわれると○がアンダーやオーバーだと+-が表示されていて無知でも時間はかかるものの手探りで撮影できるかと思います。

露出計のついていないマニュアルカメラはなんの予備知識なしではまず撮れないですよね。
フィルムケースの対応表とか感度分の16ですか、そういう知識が必要かと書いてありました。

ですので、いまそういうのを調べているんですが、

とりあえず取るために手っ取り早く取れるようになるにはどうすればいいか。
そしておいおい知識を深めていくためにはどうすればよいか。

なるべく簡単な方法で教えてください。

昨日は居酒屋でマニュアルでチャレンジしたかったのですが、少し暗い感じで自信がなくて結局ミラーレスでとってました。
そういうところで、臨機応変に対応できたらカッコいいなぁって思います。

こんにちは。

露出計のついていないマニュアルカメラを使うのは現在カメラ屋さんで普通に変えるカメラを使うのとは全然違いますね。

今現在、
露出計のついているマニュアルカメラと、
露出計のついていないマニュアルカメラと、
最新のミラーレス一眼と、
少し前のデジタル一眼レフを持っています。

うち二台のマニュアルカメラは最近買いました。
露出計のついているカメラは適正露出とおもわれると○がアンダーやオーバーだと+-が表示されていて無知でも時間はかかるものの手探りで撮影できるかと思います...続きを読む

Aベストアンサー

昔はオール手動でしたから、皆自分の頭で設定していました。

基準として、ASA・・・じゃない、今はISOですが“100”を基準として
・普通の晴天なら---シャッタースピード(SS)1/125秒の時、絞りはF8が基準となります。
但し、レンズの明るさもありますので微調整は必要かと思います。

・曇りなら(少し曇っている程度で)、(SS)1/125秒の時、絞りはF5.6と一段明るくしてやれば、トータルとして同じ光量が確保できます。

・また、絞りをF8のままにしておく場合は、(SS)を1/60秒にすれば同じ理屈になります。

・ISOを200とした場合は感度が一段高くなりますから、絞りを一段落とすか(SS)を一段速いレベルに設定してやれば、光量は同じことになります。ISOを400ならば更に絞りを一段落とすか(SS)を一段速いレベルに設定することになります。

ごく簡単に言えば以上のとおりですが、日光の強い日はこの基準より光量が少なくなるように、暗い場合は光量が多くなるように設定してやります。

では、どの程度の明るさの時にどの程度の設定にするかは、沢山撮って体感的に覚えるしかありません。
あの時にあの設定でちょうど良かった、少し不足していたので次は少し多く光量が入るようにするとか、その逆に光が多すぎて撮った写真が白っぽくなったようならば、次は少し絞り込んで設定してやるとかして覚え込んでゆきます。

撮る場合に設定に自信がなく不安であれば、SSや絞りを変えて2~3枚撮るのも失敗しないコツですね。
私達のマニュアルオンリー機で育った世代は、そうして覚えてきましたが、便利なオート機能の備わったデジタル万能?の今でも、大事な写真は基準に対して絞りマイナスとプラスのを3枚撮り、適正なのを使うようにしております。
有り難いことに、今のカメラはそのように設定することができ、一々設定をしなくても撮れるようにはなっております。

文章に書けば難しく感じますが、覚えるより慣れろで・・・案ずるより産むがやすしですから、マニュアル操作をしたければ、「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」式で経験積む以外にないでしょう。
約50年前にフィルムで始めたので、無駄なのを沢山作ってきましたよ・・・(^_-)。

もっとも、以上は自分の感覚を露出計としたごく原始的な方法ですが、別途露出計を求めてそれで計測、カメラをそのように設定するのが現代的かもしれません。プロはやはり露出計を使ってましたし、今でも厳密に撮る場合は使用していると思います。

昔はオール手動でしたから、皆自分の頭で設定していました。

基準として、ASA・・・じゃない、今はISOですが“100”を基準として
・普通の晴天なら---シャッタースピード(SS)1/125秒の時、絞りはF8が基準となります。
但し、レンズの明るさもありますので微調整は必要かと思います。

・曇りなら(少し曇っている程度で)、(SS)1/125秒の時、絞りはF5.6と一段明るくしてやれば、トータルとして同じ光量が確保できます。

・また、絞りをF8のままにしておく場合は、(SS)を1/60秒にすれば同じ理屈になります...続きを読む


人気Q&Aランキング