会員登録で5000円分が当たります

こんにちは。楽器の超初心者です。
以下の6つの違いは何でしょうか。
WEBで探したのですが、違いが明確にわかるサイトを見つけることができませんでした。参考URLを教えていただけるととてもありがたいです。宜しくお願い致します。
1 ピアノ
2 電子ピアノ
3 オルガン
4 電子オルガン
5 エレクトーン
6 シンセサイザー

また、最初は電子ピアノ(電子オルガン)の練習をして後でやっぱりピアノ(オルガン)がいいのでピアノ(オルガン)へ転向するとか、ピアノからオルガン、オルガンからピアノなどの相互転向はどの程度乗換えが可能なのでしょうか。購入を考えており、ちなみに、金額的にもスペース的にもピアノを購入することは難しいので2以下を購入して練習する予定でいます。
宜しくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ピアノは、本体に弦が張ってあり鍵盤を押すとハンマーのような部品で弦を叩いて音を出します。

音は説明しなくても分かると思います。いわゆるピアノの音です。1~6の中ではいちばん鍵盤は重いです。

電子ピアノ(エレピ)は、ピアノに近い音を電気的に出せるようにしたもので、演奏感はピアノに非常に近いです。ただ近い音といってもやはり「エレピノの音」で、それはそれで味のあるひとつのジャンルというか、ひとつの楽器の種類として認識されています。

オルガンは、ピアノと違い持続音を出します。ピアノが「ポン」とか「ピン」という音だとしたらオルガンは「ポー」とか「プー」とかいう感じですかね。オルガンにはいろいろ種類があり、教会にあるような巨大なパイプオルガンが元祖で、僕が小さい頃は幼稚園や小学校には足踏み式(ふいご式)のオルガンがありました。

電子オルガンは、このオルガンを電気式にしたものと思えばいいです。風を送って音を出すオルガンより手軽にいろいろな音を出せます。ハモンドオルガンなどはハードロックでもよく使われました。

エレクトーンは、ヤマハの電子オルガンの商品名です。足元にもベース用のペダルがあり、シンセ的な音も出せ、またリズムマシーンやシーケンサーなども内蔵された、ひとりで何でもできる鍵盤楽器です。結婚式やレストランなどでも弾いてるところみますよね。演奏的にはすごいことが一人でできるのですが、それなりの技術はいります。

シンセサイザーは、ピアノやオルガンの使用領域を超え、効果音や誰も聞いたことがない音を作り出せるモノです。今のたいていバンドではシンセを使いますが、シンセはなんというか、基本に鍵盤楽器の演奏技術があって、プラス更なる音作りを望む必要があってこそ役に立つもので、最初からシンセを始めるというのも目的があまり見出せないような気がします。(まあ人によりけりですが)


これら相互の演奏の互換性ですが、ピアノ・電子ピアノはほとんど問題ありません。オルガンも多少弾き方は違いますがまあ似たようなもの、シンセは上に書いたとおり、エレクトーンは少し特殊技術が要ると思ったほうがいいでしょう。
新たに始めるなら電子ピアノが手ごろだと思います。またピアノはやはり鍵盤楽器の基本ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

長文のご回答ありがとうございます。
「電子」という言葉がつくと、実際にハンマーや空気で弦を叩いているような感じの音を無理矢理に出す、ということなんですね。
エレクトーンは電子オルガンの中でも特殊なオルガンということなんですね。
ピアノとオルガンではやはり鍵盤の数が違っているなどの違いがあるので互換性は低いということでしょうか。ピアノとオルガンの演奏の仕方で決定的な違いはなんでしょうか。

お礼日時:2007/04/15 13:57

ピアノを練習したいなら代用品として電子ピアノを使ってる人が多いですがオルガン、エレクトーンでは無理があります。

また、バンドなどではシンセでピアノを弾いていることも多いですが、それは持ち運びなど別の理由からですので除外します。

私は昔エレクトーンを弾いていましたが、先生の勧めでピアノに転向しました。
手癖でどの楽器が得意かわかってしまいます。例えば、ピアノでは前の音を残さず次の音を出しますが、オルガンは残すらしいです。装飾音符もピアノは別の指を使ってひっかけるように時間差攻撃で音にするとタリ~と、タをできるだけ短くリ~の音に重心をかけますが、オルガンはタリ~のタで弾いた指をそのまま、リ~の音にひきずりおろします。オルガン癖の手でピアノ弾いてもピアノ弾きがオルガンを弾いても見破られてしまいます。
両方弾く人もいるんですけど、やっぱり得意な楽器の手癖は抜けないらしいですね。
オルガンはバンドの中ではエレキギターに負けない存在感がだせます。お勧めアーティストは、第二期のディープパープルとEL&Pです。
http://wmg.jp/artist/deeppurple/discography.html
(マシン・ヘッド、ライブ・イン・ジャパン)
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/12/48361/
http://www.progre.com/elp/

オルガンをやってみたいのならオルガンを購入したほうがいいでしょう。
http://www.korg.co.jp/Product/Synthesizer/CX-3/i …
http://www.roland.co.jp/products/jp/VK-8/index.h …

ピアノですが、最近ではSUEMITSU&THE SUEMITHとかレ・フレールとかピアノを弾くアーティストがたくさんいるので見ればわかると思います(爆)。見た目は鍵盤、弦で音をならす仕組みなので、打楽器のようにバンバン叩くこともできれば繊細なタッチもできます。

また、エレクトリック・ピアノ(電気ピアノ)というのがあります。これは昔からフェンダー社のローズやウーリッツァーなどの名機があり、80年代にはYAMAHAからDXというものが発売されプロも含めて世界中の人がこぞって使ってました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%AD%90% …

電子ピアノならば、アコピとエレピの音色がいくつか内蔵されています。
例えばメーカーの好みとかもあるようですが、
http://www.ishibashi.co.jp/webshop/piano-key/cas …
http://www.yamaha.co.jp/product/epiano-keyboard/ …
5万円前後10万円未満なら↑
10万円以上出せて、動かす必要がない場合はガッチリしたステージピアノがいいかもしれません。
お勧めは↓
http://www.chuya-online.com/product_info.php?cPa …

あと、電子ピアノ全般でですが、アコピとタッチの違いがあったりするのは仕方ないと思ってください。でも、全然使えないということはないと思います。ぶっちゃけアコピは重いものではありません。アコピのタッチを想定して電子ピアノでの練習法はこのサイトに書いてあります。
http://www.happypianist.net/music/d-den4p1.htm
ピアニストの使う筋肉と水泳の筋肉は一緒らしいですので水泳が向いてますが、お風呂の中で指を動かしたりするのもいいでしょう。

最後にシンセですが、このQ&Aを参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa827542.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2902041.html
使い方は、例えばピアニストがサブ楽器として使ったり(上原ひろみさんはピアノの譜面台にノードのシンセを乗せてます)、ソフトウェアのシンセサイザーもあるのでそれを使いパソコンで作曲したりできます(楽器が弾ける必要はありません)。ストリングスといって、曲のバックで鳴り続けている響きの音を出すこともできるし、エレキギターのような音で曲のメロディやソロを弾くこともできます。

ピアノとオルガンを弾きたいのなら、一台でまかなえないので最初にどっちを弾きたいのかでしょう。ただピアノもオルガンも演奏主体ということになりますので、基礎を作るのならば最初はピアノのほうがいいかもしれません。

ピアノの得意な人はたくさんいますので、キーボードマガジンとプロオルガニストの方のリンクを貼っておきます。

http://www.rittor-music.co.jp/hp/km/

http://www.bunmei.com
http://www.uprize.jp/kiyomi/top.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳細な回答ありがとうございます。随分お詳しいですね。これからゆっくり参考URLをたどって勉強します。

お礼日時:2007/04/16 23:06

また混乱させることになるかもしれませんが。


普通、電子オルガンというとハモンドオルガンのことを指すことが多いですが、これは、電子ピアノやヤマハのエレクトーンなどのシンセサイザーとは発音の仕組みが全く違う、完全に別の楽器です。

ハモンドオルガンは、電子的なシンセサイザー(波形合成器)ではなく、トーンホイールという部品で発音しています。
ハモンドオルガンは、ロック・ジャズなんかでは、盛んに使われています。ハモンドオルガン専門の奏者もたくさんいます。
ハモンドオルガンの奏者は、ピアノから転向した人も結構いますが、ピアノとは別の楽器ですので、オルガンの練習が必要です。
http://www.hammond.jp/hammond/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはりオルガンとピアノは似て非なるものなのですね。難しいですね。

お礼日時:2007/04/15 17:45

2#です。



ピアノとオルガンの演奏においての決定的な違いは、音の性質が全く違うものなのでその音に合わせた弾き方をしないといけない、ということです。
3#の方も書かれてますが、ピアノは「減衰音」といって、鍵盤を叩いた直後に強いアタック感があり、その直後すぐに音が小さくなる性質の音、つまり打音です。
オルガンは「持続音」で、キーを押さえてから(ピアノのように叩く必要は無い)離すまで一定の音を出し続けます。特に味付けをしないならアタックもあまりありません。

こういう音の違いから、例えばピアノ用の楽譜をそのままオルガンで弾くと変になります。逆も然りです。
しかし同じ鍵盤楽器に変わりはないですから、そういう違いは「多少」の範疇に納まると思われます。鍵盤の数の違いなども特に考えなくてもいいと思いますよ。その時ある楽器の鍵盤の範囲で演奏すればいいだけの話です。たくさんあればそれだけ表現の幅が広がり、少なければ少ない中で表現の仕方を考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ピアノ用の楽譜とオルガン用の楽譜があるのですね。鍵盤の数も違うのですね。ありがとうございます。

お礼日時:2007/04/15 17:42

既に寄せられている回答に被るところがありますが・・・


挙げられている楽器については、発音の機構に違いがあります。

ピアノは、内部に弦を張ってあり、その弦を鍵盤を叩くことで動くハンマーで叩くことにより鳴らします。その性質上、音は出し始めが最も強く、次第に減衰していきます。また、鍵盤を叩く強さの加減で、音の強弱を出すこともできます。

電子ピアノは、ピアノを元にして作られた楽器で、弦の代わりに機械で音を作って発音します。鍵盤のタッチで強弱が出るように工夫されているものが多いでしょう。多くのものは、ピアノのように演奏できるものとして作られているはずです。

オルガンは、笛と同じ要領で音を鳴らす楽器です。内部では鍵盤を押すと管につながる弁が開くようになっていて、そこに風が送り込まれることで管が笛のように鳴り、音が出るという機構になっています。風が送られる限りは音が出るので、ピアノと違ってアタックや自然減衰のない発音になります。

電子オルガンは、オルガンを電子楽器化したものです。操作などもオルガンに似るように作られています。

エレクトーンは、ヤマハが作った鍵盤楽器で、ピアノ状の鍵盤2段と、足踏みの鍵盤の合計3段の鍵盤で楽曲を演奏する楽器になります。これも発音は機械によるもので、電子楽器の一つになります。

シンセサイザーについては、これは鍵盤楽器でイメージされることが多くありますが、実際には波形を合成して音を作る機械のことです。"音源"とも呼ばれるものになります。電子楽器の音を作っている部分は、シンセサイザーになります。電子ピアノには、ピアノの音を再現するのに特化したシンセサイザーが搭載されていますし、電子オルガンにも同じようにオルガンの音を再現したり、あるいはオルガンと同じ感覚で音を作ることができるように特化した音源がついています。エレクトーンも、シンセサイザーによって音を作るものです。
シンセサイザーを楽器として使うときに、そのコントローラとして使われるものとして、キーボードは広く使われています。そのため、キーボード=シンセサイザーと思われるところがありますが、シンセサイザーのコントローラとしては鍵盤だけでなく、ギターのような形状をしたもの(ギターシンセ)や、リコーダーのような形状をしたもの(ウィンドシンセ)などもあります。

演奏感覚については、鍵盤の位置と音程に関してはそれなりに共通した感覚で向かえるかも知れません。しかし、発音の機構が異なることなどで、音を出す上では少々感覚が違うところはあるでしょう。オルガンとピアノが同じ感覚で演奏できるということにはならないと思いますし、厳密に言えばピアノと電子ピアノでも演奏感覚には違いが出るでしょう。
ただ、それぞれの楽器に対しての相互転向については、それぞれの楽器の癖に合わせて演奏する技術を積めば不可能ということはないでしょう。楽器に合わせて弾き方を変えないということでは、転向は難しいでしょうが、弾き方を楽器に合わせて柔軟に対応すれば、それぞれの楽器についてそれぞれに練習する必要はありますが、転向は可能だと思いますよ。

楽器の違いについて触れているサイトについては、ヤマハのサイトの中にある下記のページなどは参考になるかと思います。
http://www2.yamaha.co.jp/u/naruhodo/index.html
質問に挙がっている楽器の中では、シンセ、エレクトーン、ピアノ、パイプオルガンについて、いろいろな解説があります。それぞれの楽器のページへのリンクは、ページの下の方にあります。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

楽器の違いについて詳細な回答ありがとうございます。
参考URLさっそくみてみました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/04/15 17:38

ピアノはご存知のように生の楽器です。


鍵盤を押すと内部にあるハンマーが弦を叩いて音が出ます。

電子ピアノはピアノのような音が出る電子楽器です。

オルガンはピアノのように弦を叩くのではなく空気を送って
音を出しています。

エレクトーンは楽器の種類ではなくヤマハの商品名です。

実物を楽器店で見たほうが判りやすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。オルガンは空気を送るんですね。エレクトーンがヤマハの商品名とは知りませんでした。そういう楽器かと思いました。

お礼日時:2007/04/15 13:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子ピアノとキーボードの違い

電子ピアノとキーボードの違いは何でしょうか?キーボードのほうが安価なためキーボードの購入を考えています。
もし1,2万円台で電子ピアノが買えるようでしたら教えてください。

Aベストアンサー

私もエレクトーン→ピアノ経験者です。

キーボード→ピアノはたいへんですよ! 指から作り直さなければなりません。やはり、鍵盤の重さが重要なのですね。
ですから、ピアノを習う気が少しでもあるのならばキーボードを買うことはおすすめしません。
”しっかりしたタッチの”電子ピアノをおすすめします。軽々弾けるものでは意味ありませんヨ。

ですが、ピアノを習う気が全くないのであれば、逆にキーボードをおすすめします。また、弾かれる方のお歳はいくつくらいなのでしょうか?
もし、幼児の導入用に、とお考えならば、キーボードにされるのもひとつの手かと思います。
これは大勢の子供たちを見ていて思うことですが、最初からピアノを持ってピアノを習う子は半分以上が小学生のうちに習うのをやめてしまいます。
エレクトーンを習う子にももちろんやめる子はいますがピアノに比べれば続く子が圧倒的に多いです。
何が違うのか??? 楽しさが全然違うのでしょうね。
やっぱり音が変わってリズムが鳴るのがいいのでしょう。
幼児期は指をつくると言っても無理がありますから、それよりも楽しさを感じさせることの方が後々のために大切でしょうし、また、大人の方でも、ピアノを習う気がなくて持つなら同じ理由でキーボードの方がよろしいでしょう。
まあ、グレードの高い電子ピアノであれば、音が変わってリズムも鳴るものもありますけれど、1・2万円では買えないでしょうね。
但し、幼児の導入用に使用されるのであれば、小学校に上がる頃には本物のピアノorエレクトーンを与えてあげてくださいね。

私もエレクトーン→ピアノ経験者です。

キーボード→ピアノはたいへんですよ! 指から作り直さなければなりません。やはり、鍵盤の重さが重要なのですね。
ですから、ピアノを習う気が少しでもあるのならばキーボードを買うことはおすすめしません。
”しっかりしたタッチの”電子ピアノをおすすめします。軽々弾けるものでは意味ありませんヨ。

ですが、ピアノを習う気が全くないのであれば、逆にキーボードをおすすめします。また、弾かれる方のお歳はいくつくらいなのでしょうか?
もし、幼児の導入用に...続きを読む

Qピアノ初心者がピアノを何とか弾けるようになるまでの期間は?

初めまして。
私は全くのピアノ初心者、というよりも音楽初心者です。
楽譜もろくに読めないような状態です。
が、とにかくピアノの演奏に憧れがあり是非趣味として始めたいと思っています。

そこで質問なのですが、
・私のような楽譜も読めない初心者はどのあたりのピアノ(住環境からして電子ピアノ)を購入するのがいいのでしょうか?
・全くの素人ですが独学で始められるものなのでしょうか?

最後に余談ですが、私の憧れの曲というのが
・黄昏のワルツ (加古隆)
・パリは燃えているか (加古隆)
・戦場のメリークリスマス(坂本龍一)
・EnergyFlow(坂本龍一)等々
なのですが、上記の曲などはどのくらいのレベルの曲なのでしょうか?
毎日練習したとして、なんとか弾けるようになるまで
大人だとどのくらいかかるものでしょうか?

一概に言えるものではないとは重々承知していますが、経験者の方々のご意見をお聞かせ下さい。
ちなみに、年齢は20代中盤です。。。

Aベストアンサー

事情で、独学ということもあると思います。でも、すぐには弾けるようにはならないと思います。なぜって、わざと遠回りをするからです。

私は、昔習っていて再開組みですが、ロックをやってます。大人がピアノを弾くとき、子供に比べて練習時間がとれないし、弾けない(上達しない)と100%辞めます。特に短気な私は。
理想ではありませんが、毎日でなくとも気が向いたときでいいです。上達具合は遅いですが、気が楽になります。毎日弾く事(気が進まないときはピアノの前に座って寝ててもいい)を習慣化するのか、どっちか自分の性格で決めてください。

まず、基本的なコードを覚えてください。ジャズピアノの本が参考になります。
お勧めは、『ジャズの練習 ジャズ・ピアノ・テクニカル・メソッド ビギナー編』です。
この一冊でかなり遊べます。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4285105152/sr=11-1/qid=1165284303/ref=sr_11_1/250-1069341-8253822
もう一冊
『はじめよう!ピアノでコード弾き』
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/keyboard_data/05217201.htm
この本は、私が言いたかったことが全部書いてあります。

次に、メトロノームを買ってリズム感を永遠に鍛えまくりましょう。テクニック的には簡単なことしかやってないのにうまく聞こえるのはリズム感のせいです。
振り子アナログメトロノームはわかりやすいですが、音がうるさいのでヘッドホン越しにピアノの音を聞きながらも聞けますが、夜は控えたほうがいいので電子メトロノームがいいでしょう。そのときに、LED点滅や、液晶画面で振り子が左右に揺れるものがいいでしょう。目でリズムを確認できます。
私が使ってるのは、BOSSのドクタービートです。
http://www.roland.co.jp/products/boss/DB-60.html

ピアノ選びについては、毎日弾こうとするから三日坊主になるわけで、気が向いたときに弾けば長く続けられるわけです。
長く使うならいいものを買いましょう。5万円なら、ヤマハのP-70でしょう。
http://www.yamaha.co.jp/product/epiano-keyboard/p-70/index.html
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=814^P70^^
http://item.rakuten.co.jp/chuya-online/7569/

事情で、独学ということもあると思います。でも、すぐには弾けるようにはならないと思います。なぜって、わざと遠回りをするからです。

私は、昔習っていて再開組みですが、ロックをやってます。大人がピアノを弾くとき、子供に比べて練習時間がとれないし、弾けない(上達しない)と100%辞めます。特に短気な私は。
理想ではありませんが、毎日でなくとも気が向いたときでいいです。上達具合は遅いですが、気が楽になります。毎日弾く事(気が進まないときはピアノの前に座って寝ててもいい)を習慣化するの...続きを読む

Qピアノとパイプオルガンの相違について

今度結婚式でパイプオルガンを弾いて欲しいと頼まれました。
私はピアノは弾けるのですが、パイプオルガンは触ったこともありません。
聞いたところだとパイプオルガンは2段に分かれて上が36鍵、下が17鍵
ということでした。
具体的にはメンデルスゾーンの「結婚行進曲」を弾く予定なのですが、
ピアノで弾ければパイプオルガンで演奏はすぐ可能でしょうか?
上と下で分かれている事から技術的な問題と
ピアノの譜面では左手は3オクターブ程度あるので下の鍵盤だけでは弾けない
可能性が高いという問題があって、困っています。
しかもパイプオルガンに触れるのは当日のリハーサル2時間だけとのことです。

付け加えてバイオリンとのアンサンブルも頼まれたのですが
上記問題に加えて音量的に大きすぎてバイオリンが聞こえなくなるか心配です。
音量は調節できるのでしょうか?
初歩的な質問ですが叩く強さでは変わらないのですか?

結構返事を急ぐので助けてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。少々補足させて頂きます。

楽器によって音域が違ってきますので一般論ですが、
大きな楽器でも、一番上の音はピアノより1オクターブ下のド、
一番下の音はピアノと同じ一番下のドです。
あとは8フィートという長さのパイプの音が基本ですが、
ストップ(音栓)の選び方次第では、
同じ鍵盤位置でも1オクターブ上の音が出せたりします。
(16フィートであれば下、4フィートであれば上です)
ただ、terra5さんもおっしゃっていらっしゃいますが、
やはり鍵盤数36鍵というのは一寸見当がつきませんね。

音量調節は演奏中に変えられるはずです。
但しこれも機種によって違いますので一般論ですが...
クレッシェンドペダルというものが装備されていれば、
全般的な音の強さなどの変化はつけられます。
また、パイプの入っているボックスの扉を開け閉めして、
音量や音質に変化を持たせる場合は(スウェルペダル)、
そのボックスに収められているパイプで可能です。

サステインについてはsongbookさんがご回答下さってますね。
個人的な感覚では、合唱曲のピアノ伴奏用楽譜を、
教室のオルガンで弾いたような感じといったところでしょうか。

おはようございます。少々補足させて頂きます。

楽器によって音域が違ってきますので一般論ですが、
大きな楽器でも、一番上の音はピアノより1オクターブ下のド、
一番下の音はピアノと同じ一番下のドです。
あとは8フィートという長さのパイプの音が基本ですが、
ストップ(音栓)の選び方次第では、
同じ鍵盤位置でも1オクターブ上の音が出せたりします。
(16フィートであれば下、4フィートであれば上です)
ただ、terra5さんもおっしゃっていらっしゃいますが、
やはり鍵盤数36鍵というのは一寸見...続きを読む

Qキーボードとシンセサイザーの違い

初歩的な質問ですが、キーボードとシンセサイザーの違いとはどういったものなんでしょうか?

出来ればシンセサイザーを使ったらどういったことができるのか具体的なことを教えていただくと助かります?

回答お待ちしております。

Aベストアンサー

シンセサイザーは定義的には音色を合成する装置で間違いないんですが、少々イメージしづらいですよね。
それに現在のあり方は定義とはちょっとずれてきていますので、ちょっと長くなりますが説明させていただきます。

音色を合成とは具体的にどういうことかというと、

波形を選ぶ(ノコギリ波、サイン波など)

フィルターで加工(高域をカットなど)

大まかにはこのようにして音色を作っていました。
ちなみに複数の波形を重ねることができる機種もあり、さまざまな音色を作ることが可能でした。
しかしどんな音色でも作ることができるわけではなく、ピアノの音を作ってもそれは所詮”ピアノっぽい音”でしかなく、完全シミュレートは不可能でした。

と、ここで「あれ、シンセサイザーってピアノの音出せるはずじゃ…?」と思ったと思います。
そうなんです。現在では上記の波形に実際の楽器の音を録音したものを選べる機種がシンセサイザーとして一般的になっています。
なので定義では音色を合成する装置なのに、初期搭載されている波形の充実により「音色を合成して作り出す」というニュアンスが薄れてしまい、それゆえに定義と実際のあり方にズレが生じ、シンセサイザーというものを理解しづらくさせていました。

前書きが長くなりましたが、質問の本題に戻ります。
電子キーボードとシンセサイザーの違いは定義的にいえば「音色を合成できるのがシンセサイザー、できないものが電子キーボード」です。
しかしもう少し現実的な説明をすると「多機能高性能で本格的な音楽製作・鍵盤演奏に特化したキーボード」であり、フィルターが付いており
、DTMの音源(後記)として使用できればシンセサイザーであるといえます。

またA No.1の方がおっしゃるようにシンセサイザーは鍵盤が付いているものが広く認識されているためキーボードの一種と思われがちですが、実際は音を作る音源部のことをシンセサイザーといいます。
なぜ鍵盤なのかというと音を出すにあたってのコントローラーに最も適していたのが鍵盤だからというだけの話ですね。
ですから音楽製作用に”鍵盤のないシンセサイザー”というものも実在します(例えばコレhttp://www.roland.co.jp/products/jp/Fantom-XR/index.html)。

できることは、鍵盤のあるものは鍵盤演奏です。
ただ演奏するだけではなく、あらかじめセットを組んでおけばスイッチひとつで音色を変えることができる(ピアノ→オルガンなど)、フィルターで音色を変化させながら演奏するなど、上げればきりがありませんが、いずれもただの電子キーボードでは不可能なものです。
他にはDTMの音源としての使用ですね。
簡単にいえばPCで「この音をこういうタイミング、長さで出せ!」という命令を組み、それをシンセサイザーに送って自動演奏させるいわゆる打ち込みという行為です。
現在プロの楽曲の中でも打ち込みは多用されており、ギター以外の楽器は全部打ち込みだったなんてこともザラです(クレジットに演奏者の名前がないパートがあるなどはドラムやベースであっても打ち込み)。
そう考えると音楽業界へのシンセサイザーの貢献は計り知れないものがあります。

あと最後になりますが、現在シンセサイザーと呼ばれる装置にも2種類あります。
ひとつは最初に紹介した音色を作り出すことに特化したアナログシンセサイザーです。
後記する実際の楽器の音色を波形に持ったデジタルシンセサイザーに圧されて一時期消えかけますが、最近では音色を作り出すということに再び注目が集まり、2000年ごろからデジタルの力でアナログシンセサイザーを再現したヴァーチャルアナログシンセサイザー(またはデジタルアナログシンセ)が登場しています。
アナログシンセといっても必ずしもアナログとは限らず、現在では音色を作り出すことに特化したものを便宜上アナログシンセサイザーと呼んでいます。

もう一方はデジタルシンセサイザーですね。
こちらはシンセサイザーというより多機能キーボードという認識をしたほうがわかりやすいかもしれません。
実際の楽器の音色を録音したものを波形に選ぶことが出来ます。

と、かつての自分と同じ疑問を持った方を拝見したのでつい長くなってしまいましたが、参考になれば幸いです。

シンセサイザーは定義的には音色を合成する装置で間違いないんですが、少々イメージしづらいですよね。
それに現在のあり方は定義とはちょっとずれてきていますので、ちょっと長くなりますが説明させていただきます。

音色を合成とは具体的にどういうことかというと、

波形を選ぶ(ノコギリ波、サイン波など)

フィルターで加工(高域をカットなど)

大まかにはこのようにして音色を作っていました。
ちなみに複数の波形を重ねることができる機種もあり、さまざまな音色を作ることが可能でした。
...続きを読む

Q電子ピアノを買ったのですが、だめだったんでしょうか。

6歳の娘がヤマハ音楽教室に通っている時、電子ピアノのクラビノーバCLP-120を買いました。(今年の4月)8月に入って個人で教えている先生のピアノ教室に変わったんですが、その先生から電子ピアノで練習している子とピアノで練習している子では差がで出てくるから折角買うならピアノにすればよかったね~と言われました。

私はピアノに全く無知で、クラビノーバを買うときは、続くかどうかわからないし、もし続けばその時ピアノを買えばいいや。位の軽い気持ちだったんです。

先生のお話を聞くうちに小さい時も大切なんだということがわかってきましたが、クラビノーバを買ったばかりなのでまた買い換えるのももったいない気もします。

現在1年生ですが、最悪何年生位を目安にピアノに変えたら良いでしょうか。
また、うちはマンションですが騒音面でも気になっています。今クラビノーバは角部屋なのでどことも隣接していない壁面に置いています。げたばきマンションの2階なので下は駐車場です。
あわせてアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしていたので、試験勉強で追いつめられた時も、朝の3,4時にピアノを練習することがありました。なので、電子ピアノも使いようによっては、便利なものになります(私はその後、音大に行ったので、高3の時にアプライトを売り、グランドピアノを買いました)。

電子ピアノをアプライトピアノやグランドピアノに切り替える時期ですが、中学生くらいまでは電子ピアノで様子をみてもいいのではないでしょうか。
その子の上達の度合にもよりますが、もしその子がいつまでもピアノが好きで、これからもずっと続けたという意志を強く持っているなら、いつの日か、その子の方から、電子ピアノではもう自分の表現したいことを表現しきれないから新しいピアノを買って欲しい、という風に言う時が、必ず来ると思います。そうしたら、その時に、買ってあげればいいと思いますよ。
また、それが音大受験にまでつながる情熱と能力である場合には、アプライトではなく、グランドピアノが必要になります。

お子様の上達に合わせて、その子の方から、新しいピアノが欲しいと思えるような、そういう実力がついたときに、買ってあげてください。
私の場合は、高校生の時にすでに、アプライトピアノでも響きに不満を感じるようになって、自然にグランドピアノを求めるようになりました。中学の時まではアプライトで十分に満足していて最高のピアノだと思っていたのですが、自分の力が上達していくと、自然に新しいピアノを求めるようになるものです。

ピアノが上達する鍵は、ジャンルを問わず、多くの音楽をCD,DVDで聴くことです。そして、川の流れをみても、山にいっても、海に行っても、自然そのものに音楽を感じられるようになる力をつけることです。
いろいろな音楽をたくさん聴いて、いろいろなところに旅行することも、ピアノの上達につながります。さらうことだけではないということを、どうか忘れないでください。

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしてい...続きを読む

Q電子ピアノかエレクトーンかの選択について

小学1年生の娘がピアノを習いたいということで
近所のヤマハ音楽教室のジュニアステップ基礎コースの体験教室に行ったところ、エレクトーンを勧められたのですが、自宅でもエレクトーンを購入した方が良いでしょうか?
いまのところ10万円くらいの電子ピアノを検討しており、エレクトーンだとそれより高価なので、ちょっと迷っているのですが、自宅では電子ピアノだと問題ありますでしょうか?

最初は音楽を楽しんでもらえたらよい程度に思っているので、ピアノでもエレクトーンでもあまり本格的なことは考えておりません。
とりあえず、様子見して本人がしたいことをさせたいと思っております。

Aベストアンサー

以前ヤマハのディーラーで楽器を販売していました。
私なら間違いなく電子ピアノをお勧めします。
ヤマハのディーラーは儲けの多いエレクトーンを勧めます。(これ鉄則)
しかし、モデル・チェンジが頻繁で、価格も高く、結局エレクトーン思考の生徒さんがいっぱいいてくれれば、販売店は潤うという図式です。

楽器店側の思惑とは別に考えると、まだ音楽を始めたばかりのお子さんにとってエレクトーンという機械は楽しい部分もありますが、難しくも有り、操作方法も特殊です。

ピアノは鍵盤楽器の基本です。基本をまず身に付け、その後エレクトーンや、シンセサイザー(エレクトーンもシンセ可してますが)等、他の鍵盤楽器にチャレンジしたくなったらすればいいと思います。

出来ければ本物のピアノを買われたらいいと思いますが、置き場所の関係でムリであれば、電子ピアノ、又は中古のピアノでしたら、10万でも買えますよ。

私は営業時代、上司の命令を無視し、ひたすらピアノのセールスをしました。ピアノは一生ものですが、エレクトーンは2年もすれば新機種が出て、買い替えをせまられます。

高い買い物ですので、ご検討下さい。
参考になれば幸いです。

以前ヤマハのディーラーで楽器を販売していました。
私なら間違いなく電子ピアノをお勧めします。
ヤマハのディーラーは儲けの多いエレクトーンを勧めます。(これ鉄則)
しかし、モデル・チェンジが頻繁で、価格も高く、結局エレクトーン思考の生徒さんがいっぱいいてくれれば、販売店は潤うという図式です。

楽器店側の思惑とは別に考えると、まだ音楽を始めたばかりのお子さんにとってエレクトーンという機械は楽しい部分もありますが、難しくも有り、操作方法も特殊です。

ピアノは鍵盤楽器の基本で...続きを読む

Qエレクトーンとピアノ、あなたはどちらを選びますか?

私は、子供の頃(幼稚園・その後小3から6まで)ピアノ。大人になってから、エレクトーンを習いました。エレクトーンは機種変更が多く、ダラダラ習っているうちに、3台買い替えました。(今は、HS-8)EL-90(当時125万円)を欲しかったのですが、結局、買えず。あれから、約10年。やっぱり、音楽したいです。エレクトーンとピアノ、あなたなら、どちらにしますか。また、最近、機種変更のないエレクトーンですが、これから先、エレクトーンは、どう進化していくのでしょう。

Aベストアンサー

みなさんピアノ派のようですね…。
でも私はエレクトーンが好きなのです。

私は子供の頃最初はピアノを習い、鍵盤がたくさんあって楽しそう(!?)
という理由でエレクトーンに転向しました。
(あくまでも子供の頃の話ですよ!)
それからずーっとエレクトーンを習い続けましたが
講師を目指そうとしたときにこれではマズいと思い
大人になってから同時にピアノも習っていましたがあまり楽しめませんでした。

確かに昔のエレクトーンはぼやけた電子音でしたが、今は大分進化していますよ。
特にELシリーズになってからですね。
HSでもできますが、リズムを組んだりシーケンサーをつかったりして
「ひとりオーケストラ」や「ひとりバンド演奏」もできますし。
ミュージカルやオペラ等でもエレクトーン奏者の方が活躍されているそうですよ。
今はイニシャルタッチなどの機能もあるんですよ。
できれば生のエレクトーン演奏を聞いてみてもらいたいですね。
きっと音の美しさに感動していただけると思います!

楽譜も多用になってきて(フロッピー付きで値段は高くなりましたが)
技術がなくてもかっこよく弾けるようになりました。
(機械に頼りすぎるので問題視される点でもありますが。)
私の昔の生徒さんにお年寄りの方が何人かいらっしゃいましたが、
私の伴奏をフロッピーに録音して右手でメロディーだけを弾くという
カラオケのような楽しみ方をしていらっしゃいました。

確かに機種変更には参ってしまいますが。
取りあえずELシリーズは継承するらしいですよ。
私はEL-90を持っていますがEL-900が出たときには愕然としました…。
(ちなみに今の楽器で7台目です。HS-8とEL-90は就職してたので自分で買いました(涙)

お金がかかるのでエレクトーンが絶対おすすめ!というわけではないのですが
でもエレクトーンもいろいろな楽しみ方があり、素敵な楽器なんですよ
ということをお伝えしたくて長くなってしまいました。
今はやめてしまったのですが、一応講師とブライダル奏者をやった経験があるので
「専門家」とさせていただきました。(一度そうしてみたかったんです。ダメ?)

みなさんピアノ派のようですね…。
でも私はエレクトーンが好きなのです。

私は子供の頃最初はピアノを習い、鍵盤がたくさんあって楽しそう(!?)
という理由でエレクトーンに転向しました。
(あくまでも子供の頃の話ですよ!)
それからずーっとエレクトーンを習い続けましたが
講師を目指そうとしたときにこれではマズいと思い
大人になってから同時にピアノも習っていましたがあまり楽しめませんでした。

確かに昔のエレクトーンはぼやけた電子音でしたが、今は大分進化していますよ。
特にELシリーズ...続きを読む

Qエレクトーンとドリマトーンの違いについて

友人の結婚式でドリマトーンXR7000を使って演奏することになったのですが、エレクトーンが演奏できればメーカの違いだけなので、大丈夫だよね?と思いつつ、20年ほど前のドリマトーンしか触った記憶が薄っすらあるぐらいで、見たことも触ったこともない!と言ってもいいほどで正直不安です。エレクトーンとドリマトーンで、ここが違うよ!というのがあれば教えてください。
また、XR7000という機種はエレクトーンでいうとどの機種に近いよ~というようなのも分かればお願いいたします。
一度、そのXR7000を弾いてみたいと思っているので、大阪~神戸あたりでXR7000が弾けるようなところがあれば教えてください。
よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

回答します。

前者の方が答えていますが、
 エレクトーン=ヤマハ
 ドリマトーン=カワイ の電子オルガンです。

ただし言い方の違いだけでは全然ありません。
XR7000の定価が\1,100,00なので、値段と発売時期的に言うと、ヤマハのEL-90とほぼ同じですが、機能が違います。
 
 アンプ(スピーカー)出力の違い
  ドリマトーン=150W
  エレクトーン=210W

さらに音色数もエレクトーンが多いです。
EL-90にはセカンドペダルも付いています。
どちらも電子オルガンですが、私はエレクトーンの方が機能的には優れていると思いますが・・。

20年前のドリマトーンを触ったとの事ですが、基本的に鍵盤の数はいっしょですし、音色数が増えたのと、レジストがボタン操作になったので、使いやすいと思いますよ。フロッピーでレジストは用意できますしね。

Q2段・3段ある鍵盤は何のため

パイプオルガンやチェンバロ、電子オルガン等には鍵盤が多数ついていますが、何のためでしょうか。
音色や強弱・調ごとに鍵盤を作っているのでしょうか。
ピアノが1段しかないのも気になります。

また、スイッチで切り替えられる現代の電子オルガンが2段鍵盤を採用している理由もよくわからないのです。

Aベストアンサー

エレクトーン経験者からの回答。

>パイプオルガンやチェンバロ、電子オルガン等には鍵盤が多数ついていますが、何のためでしょうか

パイプオルガンやチェンバロは弾いたこと(触ったこと)無いので分かりません。

エレクトーンやハモンドオルガンは右手用、左手用、足(ペダル)用となっています。
主に手は右手の方が高い音程を(右側にあるので)担当し、左手は低い音程(左側なので)を担当する為、両手が演奏中に重なったりしない様、段差を付けて配置してます。ハモンドは両方同じ範囲の鍵盤ですがエレクトーンは右手(上鍵盤)と左(下鍵盤)は1オクターブずれて配置されていると思います。

各音程を右と左の分担で弾くことの他にもう一つ重要な役割はそれぞれの手で弾く音色が違うことが殆どな為です。
バンドでもバッキングをギターでやってメロディーをボーカルやSAXなどのソロパートが行います。
POP系の演奏を主とするエレクトーンでは左手でバッキングをして右手でメロディーを演奏します。
よって同じ音色じゃ変でしょ??
なので鍵盤がそれぞれの音色(役割)担当となっています。


>ピアノが1段しかないのも気になります。

生ピアノはその構造上無理だからって言うのが大体の理由ですが、その他『88鍵盤でも充分』だからです。
基本的に減衰系音色であるピアノはダンパー踏んで音を延ばしても、オルガン音色の様に押してる間ずっと音が鳴る訳ではありません。よって打鍵タイミングが少しでもずれれば問題ないので必要ないと感じてます。(弾いた感想ね)
オルガン奏法でカウンターメロディーをとってバッキングをしているところに右手で同じ音域にメロディーなどは乗せられません。(既に押さえっぱなしにしている鍵盤を弾けませんから)


>スイッチで切り替えられる現代の電子オルガンが2段鍵盤を採用している理由もよくわからないのです

上記で説明の通りですが、仮にスイッチで弾いている途中に切り替えたらどうなります?バッキング中で延ばし地得る音色が途中で変わってしまいますよね??
それを避ける為です。
さらに上・下共に同じ音色であったとしても別々にする構造が取れるのならその方が直感的に分かりやすいので便利と思いませんか?
##PCのキーボードと同じ文字種類を携帯電話のキーで入力できますが、PCの方が全然入力楽ですよね?


>2段・3段ある鍵盤は何のため

「結論として、ユーザの要望で有るべき姿になったから」ですよ。弾いてみましょ。色々な楽器。

エレクトーン経験者からの回答。

>パイプオルガンやチェンバロ、電子オルガン等には鍵盤が多数ついていますが、何のためでしょうか

パイプオルガンやチェンバロは弾いたこと(触ったこと)無いので分かりません。

エレクトーンやハモンドオルガンは右手用、左手用、足(ペダル)用となっています。
主に手は右手の方が高い音程を(右側にあるので)担当し、左手は低い音程(左側なので)を担当する為、両手が演奏中に重なったりしない様、段差を付けて配置してます。ハモンドは両方同じ範囲の鍵盤です...続きを読む

Q電子ピアノの騒音、困っています。

同じ事で、前にも質問したことがあります。その時は、電子ピアノの騒音ではないだろうということで回答いただきました。しかし、日曜の夜10時に電子ピアノをヘッドホンで練習していましたところ、マンションの下の階の方から、「うるさいねん、音が」と注意を受けました。結構怒っていらっしゃいました。バイエルを練習していました。一体どういうことかわからなくて困っています。今日注意を受けたときは、驚きと、相手の怒りように何も聞けませんでした。明日の夕方頃、下の方に伺おうとは思いますが、騒音についてわかる方いましたら、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ヘッドフォンの音量がそのまま下に抜けるという事はありえないのでいくつか考えられる可能性を書いてみましょう。
●足で拍子をとってませんか?
●打鍵が強い場合、がっしりしたタイプだと、その音が下に抜ける可能性があります。
この場合は、床と電子ピアノの間に、防振ゴムでも入れるとずいぶん違うでしょう。
●上と関連して電子ピアノを壁にぴったりつけてませんか?
壁の隙間の空間に音が入るとかなり筒抜けになります。
壁に近かったら話してください。
●最後に非常に考えにくいのですが、通常人に聞こえない音域が聞こえる人がいることはいます。
私は周波数はそれほどでもないレベルですが、テレビの水平同期信号が聞こえるため、隣の家のテレビがついてるかどうか判っちゃったりします。
この場合だと、スイッチを入れただけで騒音が出るので非常に難しいですね。

とにかく、お詫びに行ってどんな音が抜けてるのか、情報が少しでもほしい所ですね。
それが判れば対処の方法も考えようがありますから。
情報が得られる事をお祈りします。


人気Q&Aランキング