昨日兄と話していて言い争いになったのですが、
「うしおととら」のラストでとらは白面のものが消滅するのと同時に消えてしまいましたよね(うろ覚えなんですが、とりあえず死んで(?)しまったはず・・・)
そしてそして、最後のページで中段にいっぱい文が書いてあってラストのコマはうしおの「とらー!!」というふきだしで終わるはず・・・
 さて、問題はここなんです。私は、中段の文でとらは再び甦っていて、うしおがとらを呼んでいるのだと思ったのですが、兄はとらは死んでいてうしおがとらのことを思い出していての叫びだと主張するのです。
 真相はいかがなものでしょう?どなたかお願いいたします。
 それにしても、「うしおととら」は名作でしたね!ラスト&外伝は泣きながら読みました!!

A 回答 (2件)

うしおととらは名作ですね、さてラストは雲外鏡が人間は土になってもどれないがその土からももどってくるのが妖怪だと言いそしていつの日かと言う言葉のあとに行っくぞーっ、とらーっ! うるっせーんだよ、うしおーっ!! と言うラストの言葉で終わります。

僕は近い未来を予測したと思いますが(こうなってほしい)読者によって違うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうか!!と言うことは兄も私も間違ってはいないということですね!
本当にありがとうございました!

うしおととら万歳!!

お礼日時:2001/01/19 12:41

「うしとら」!全巻持ってますよ!


今 手元にないのでうろ覚えなのですが。。。
確か最終巻の一番最後は「とら」の台詞もあったと思います。
が、とらの絵はなかったと記憶しています。
台詞は「うるぜーぞ うしお!」とかなんとか・・・?
となると生きかえっているのではないでしょうか??
家帰ってみてみませう・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうか・・・とらのせりふもあったんですね。
問題は最後のコマの会話が、うしおの回想なのかです。
続きの回答を期待しています。

お礼日時:2001/01/18 18:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうしおととら

うしおととら

うしおととらが北海道へ向かった時
仙台で「マドロススポーツ」でうしおが買い物をした時の合計金額
もし知ってたら教えて下さい。

Aベストアンサー

\62,621-

Q「うしおととら」のラスト

こんにちは。現在、中学三年生です。
名作と言われている「うしおととら」なのですが
父の弟さんが全巻持っており、小学生の時に全巻読ませて頂き今でも覚えている好きな漫画の一つです。
なぜか漫画の後半部分を忘れてしまい、思い出そうとも思い出せません。
麻子がうしおに「あなた誰??」そんな感じに言った部分までは覚えているのですが・・・
もし宜しければそこからラストまで長いと思いますが簡単にで良いので説明してくれないでしょうか。
「うしおととら」で検索してみたところたくさんの方が面白い・感動する漫画などに上げていたので
忘れていた部分を思い出したくなり、質問させて頂きました。
またよろしければ「うしおととら」に対しての感想なども聞かせて下さると光栄です。

Aベストアンサー

「あなた誰??」というのは26巻のラストですね。
今引っ張り出してきました^^;

潮ととらの身近な人らは婢妖に取り付かれ記憶をなくし、法力僧らは来る白面との戦いまで、記憶をなくさないように石になってしまう。(うしおととらが、みなの希望になり、恐怖をかんじないようにならないために)

また妖怪らは過去を見る時逆から、獣の槍が壊れるビジョンを見たということが報告される。婢妖に取り付かれ、正常な判断ができない妖怪らは、新しく獣の槍を作ろうと画策。ジエメイの直系である真由子をいけにえとして、新しく獣の槍を作ろうとする。
真由子の代わりに麻子が炉に落ちる寸前に、うしおが救出。真由子も自分の力(封印すべきオマモリさまとして)に目覚める。

一方白面も偽ジエメイとして、自衛官らの前に現れ、言いくるめようとする。
白面本体を封じている潮の母のいる場所へ、ミサイルを打ち込ませるために。

脱出後、元HAMMAR機関の2人の博士(現在自衛隊の対妖怪部署員)から白面のたくらみを聞き、封印場所である沖縄波照間島へと向かう。

ミサイルをつんだ空母には、白面の甘言で裏切った秋葉流が立ちふさがる。とらが流と戦い、うしおは潜水艇をのっとって一路母親の元へ急ぐ。

結果ミサイルはうたれ、白面の封印はとかれる。
流を倒したとらにうしおは怒り、その気持ちのままで独りで立ち向かう。が、あえなく獣の槍は四散。
白面対妖怪・自衛隊・法力僧と、混戦状態に陥る。

一方、過去をさかのぼる時逆と一緒に、白面ととらの因縁を見たキリオは、その事実を明らかにする。
白面は人間だったころのとらにとりつき、そこから生まれでた妖だったと。破れ夢うつつの中、それを知るうしお。

憎しみだけでは倒せず、ただ皆を守りたいということに気がついたうしお。四散した獣の槍は、それに呼応する画のごとく、日本中に飛び散る。
そしてみなにとりついていた婢妖を、ことごとく粉砕する。忘れられていた記憶は呼び戻され、うしおととら、そして希望に目覚める人・妖怪ら。

そして暴れまわる白面を止めるべく、みなが動き始める。東西の妖怪は協力し、人間もひとつとなって白面へと突き進む。
獣の槍も一つに戻り、白面も結界の壁に封じ込める。
しかしひとり対峙していたとらは、うしおのいないまま半死半生に。
とらをおいて、うしおは白面へと向かう。

様々な人の意思、つながりから、白面は徐々に追い込まれる。しかし何かが足りない・・。
動けなくなり、どうでもよくなったとらを、真由子が励まし、うしおととらのコンビが復活。
あらゆる手を使い戦う白面を、希望をもち恐怖を追い払って出会ってきた、妖怪や人の助けで防ぐうしおら。
追い詰められた白面は、結界内で毒の瘴気を放ち、うしおととらの一騎打ちとなる。

最後の決戦で力尽くもの、また助けられるもののいる状況のなか、身を呈して白面を倒すとらとうしお。
とらは消え、獣化しかけたうしおはジエメイさんらの命で人のままで気を失う。
大半の妖怪は、今まで白面がいた日本の地盤の支えに石となって消え、戦いは終わり日常が戻ってくる。

ただ・・妖怪は人とは違い、土からでもかえってくるもの。そしてとらもいつかは・・・

という締めになっています。
風呂敷を広げた話しでしたが、最後は少年漫画らしく、勢いのあるお話だったと思います。感情移入できれば、とても感動できると思いますよ。各登場人物も魅力的で、まさに命がけで紙面の中で生きている感じですから^-^

「あなた誰??」というのは26巻のラストですね。
今引っ張り出してきました^^;

潮ととらの身近な人らは婢妖に取り付かれ記憶をなくし、法力僧らは来る白面との戦いまで、記憶をなくさないように石になってしまう。(うしおととらが、みなの希望になり、恐怖をかんじないようにならないために)

また妖怪らは過去を見る時逆から、獣の槍が壊れるビジョンを見たということが報告される。婢妖に取り付かれ、正常な判断ができない妖怪らは、新しく獣の槍を作ろうと画策。ジエメイの直系である真由子をいけにえ...続きを読む

Qうしおととらの秋葉流という人物について。

うしおととらという漫画で秋葉流という人物がでてきますよね???
彼は白面の者側に裏切りますよね?
ジエメイと名乗る白面のものに説得され、裏切りますが、説得されたのはどのあたりなんでしょうか???
説得された=裏切るです。

Aベストアンサー

少年サンデーコミックスの29巻に出ていた回想シーンのことでしょうか?
おそらくキリオとの戦いが終わった後だと思います。
自衛隊の人達の前に現れた頃ではないでしょうか。

Q「うしおととら」で、とらの素性が解る巻

「うしおととら」で、とらの素性についての話があったと思うんですが、(昔のインドでの話?)これは、単行本で何巻に掲載されていますか?

Aベストアンサー

キリオが過去を旅する時の話ですよね?31巻です。

Qアニメのうしおととらを最近見ています、ある疑問が浮かんだので質問します。

うしおととらを AniTubeで見ているんですが最近まで放送していたのかは、知りませんが、
新しい方は39話まで見れましたが AniTubeで検索しても初代が10話までしか見れません。
初代は10話までしか無いのか AniTubeにアップされていないのか教えてください。
見れる場合はページのリンク付けていただけるとありがたいです^^

Aベストアンサー

違法動画の不法視聴の相談にはのれませんが、
1992年の初期OVAが10話、2015年のTV版が全39話で全部です。
初期OVA当時は、まだマンガ連載中だったので。

Q「うしおととら」に詳しい人に質問です。昔とらとイズナのぬいぐるみがあったと思うのですが知りませんか?

先日友人達と「うしおととら」の話で盛り上がりました。

私が「昔、とらとイズナのぬいぐるみが
あったよね?」と話したら、その場に居た皆にぬいぐるみの存在を信じてもらえませんでした。


うしおととら連載当時、週刊少年サンデーの通販もしくは、応募者全員プレゼントのグッズだったような気がします。
私は雑誌ではなくコミックス派でしたので、うろ覚えです。すみません。m(__)m


最近のバンプレストから出た景品ではなく、とらとイズナのぬいぐるみをご存知の方、いらっしゃいますか?


それとも私の勘違いでしょうか?(^_^;)

あと、漫画に関する質問ではないのに、こちらに投稿してすみません。

Aベストアンサー

本誌で通信販売していたものがあるそうです。
当時買って大切に持っている方がブログにアップされています。
http://bluegale.blog6.fc2.com/blog-entry-120.html
http://blogs.yahoo.co.jp/hbc_stv/25574026.html

>338
>連載当時は小学館の通販でとらやイズナのぬいぐるみとか、獣の槍のバッジとか出てたんだよなぁ
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/anime/1435727783/

Qうしおととら コミックス版、ワイド版、文庫版のどれを買うべきか

機会があり、「黒博物館スプリンガルド」「邪眼は月輪に飛ぶ」を購読したところ、両作品とも非常に面白く、他の藤田和日郎作品も読みたくなりました。
作者の代表的な長期連載作品である「うしおととら」の評判が非常に良いので、この際、一気に買ってしまおうと思います。(同様に「からくりサーカス」も欲しいのですが、金銭的な問題で今回は見送ることにしました。)

調べてみると、「うしおととら」の単行本には
・通常のコミックス版
・ワイド版
・文庫版
とあるようです。
このうちどれを買うべきか迷っています。

前提として新品で買うことにしています。
その上で、
・購入は(容易に)可能なのか?(絶版になっていたりしないか)
・おまけページなど、どれが一番充実しているか?
・「うしおととら外伝」とは?それはワイド版、文庫版に収録されているのか?
・(コストパフォーマンスはどれが一番?)
・その他、留意すべきこと、それぞれの版の特徴など、諸々
これらの点について情報を頂けないでしょうか。
頂けた情報を基に、どれを購入するか検討したいと思います。
よろしくお願いします。

機会があり、「黒博物館スプリンガルド」「邪眼は月輪に飛ぶ」を購読したところ、両作品とも非常に面白く、他の藤田和日郎作品も読みたくなりました。
作者の代表的な長期連載作品である「うしおととら」の評判が非常に良いので、この際、一気に買ってしまおうと思います。(同様に「からくりサーカス」も欲しいのですが、金銭的な問題で今回は見送ることにしました。)

調べてみると、「うしおととら」の単行本には
・通常のコミックス版
・ワイド版
・文庫版
とあるようです。
このうちどれを買うべき...続きを読む

Aベストアンサー

選択の余地もない頃コミックス判で揃えました。
全33巻あるのでスペ-スの確保も判断材料に入れた方がいいかもしれません。
私は本が増えすぎて収納がたいへんなのと、価格の問題で最近はもっぱら文庫判を中古本で買うことにしています。
必ず欲しい本はそういうわけにもいきませんが・・・・。

ワイド版・文庫版は持っていないのでなんともコメントできません。
ただ通常おまけのペ-ジやカラ-ペ-ジがついて充実しているのはワイド判で、
コストはお高めでも思い入れのある読者には嬉しい内容ではないでしょうか。
戦闘場面が多いので、迫力を重視されるのであればなおご希望に沿うと思います。
コストパフォーマンスと内容は両立しないと思うので

・どのくらいのスペ-スをさけるのか
・コストパフォーマンスと内容のうち、どちらを重視するのか

あたりを予算とともに検討されてみてはいかがでしょうか。
ちなみに「からくりサ-カス」も面白いですよね。
こちらは愛蔵文庫判になるのを待てずにコミックス判でそろえています。

Qうしおととら の31巻について。

白面はシャガクシャの右肩から実体化して生まれ出た後、シャガクシャの国を襲いに行きますが、
白面が襲う前にすでにシャガクシャの国は敵国から攻撃を受けていたのでしょうか?(煙が出ている描写があるので)

Aベストアンサー

こんばんは。
その認識で良いと思います。
シャガクシャと親しかった少年 ラーマの台詞からの推察ではありますが。

Qうしおととら

 昨日兄と話していて言い争いになったのですが、
「うしおととら」のラストでとらは白面のものが消滅するのと同時に消えてしまいましたよね(うろ覚えなんですが、とりあえず死んで(?)しまったはず・・・)
そしてそして、最後のページで中段にいっぱい文が書いてあってラストのコマはうしおの「とらー!!」というふきだしで終わるはず・・・
 さて、問題はここなんです。私は、中段の文でとらは再び甦っていて、うしおがとらを呼んでいるのだと思ったのですが、兄はとらは死んでいてうしおがとらのことを思い出していての叫びだと主張するのです。
 真相はいかがなものでしょう?どなたかお願いいたします。
 それにしても、「うしおととら」は名作でしたね!ラスト&外伝は泣きながら読みました!!

Aベストアンサー

うしおととらは名作ですね、さてラストは雲外鏡が人間は土になってもどれないがその土からももどってくるのが妖怪だと言いそしていつの日かと言う言葉のあとに行っくぞーっ、とらーっ! うるっせーんだよ、うしおーっ!! と言うラストの言葉で終わります。僕は近い未来を予測したと思いますが(こうなってほしい)読者によって違うと思います。

Qうしおと虎、からくりサーカスの次の作品について

うしおと虎、からくりサーカスはおもしろかったのですが、同じ作者で今サンデーで連載している作品(名前はしりません)はおもしろいのでしょうか?

うしおと虎は最初はなんだかよくわからない話だったのが、連載が続くに連れて過去と現在がつながって、壮大なストーリーに発展していった点について非常におもしろかったです。

からくりサーカスも過去の悲劇から現在につながっていて、時間軸の設定が複雑で楽しく読めました。

で、今連載中の作品はまだ読んでいないのでよくわからないのですが、上記2作品と同じように過去と現在がからみあった壮大なストーリーになっているのでしょうか?
サンデーでは読む予定はないのですが、コミックで一気に読んでみようかと思っているのですが。

ちなみにうしおと虎やからくりサーカス並におもしろいですか?

Aベストアンサー

回答者さんたちが揃って、質問者さんが作品名を知らないと書いてるのに
作品名を挙げてませんね(^-^;)
作品名は「月光条例」です。(作品名は内緒にしなくても大丈夫でしょう?)

先日、WEBサンデーだったか何か別の本だったかで見たのですが
月光条例はうしとらやからくりのように、主人公の過去や生い立ちのようなものを
意識的に描かないようにしているとのことです。
なので、うしとらやからくりのように主人公に感情移入するのが難しいかもしれません。
そういうところがあるので、過去の作品よりイマイチという人も多いです。

でも、他の回答者さんも書かれていますが、今のエピソードでだいぶ盛り上がって
きたと感じています。藤田先生らしく熱くなってきました(笑)
あと、6巻のエピソードは泣けます。

http://www.websunday.net/rensai/gecko/
すでにご存知だとは思いますが、WEBサンデーの月光条例のページです。
第1話を読むのボタンから1話だけですが読むこともできますし
ページ下のコミックスのところで数ページですが各巻の試し読みもすることができます。

回答者さんたちが揃って、質問者さんが作品名を知らないと書いてるのに
作品名を挙げてませんね(^-^;)
作品名は「月光条例」です。(作品名は内緒にしなくても大丈夫でしょう?)

先日、WEBサンデーだったか何か別の本だったかで見たのですが
月光条例はうしとらやからくりのように、主人公の過去や生い立ちのようなものを
意識的に描かないようにしているとのことです。
なので、うしとらやからくりのように主人公に感情移入するのが難しいかもしれません。
そういうところがあるので、過去の作品よりイ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報