利用規約の変更について

こんにちは、以前に、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2909838.htmlで、
「二週間のイタリア旅行でフリーにしたらいいか、パックツアーにしたらいいか」等々、質問させていただいたものです。
その節は、大変詳細で為になるご意見有り難うございました。


あれから夫婦で話し合い、結局フリーにすることにしました。

そして、色々と調べていく過程で、ミラノとヴェネチアの間にあるヴェローナという街で、
古代のアリーナを使った野外オペラが、9月1日まで開催されていることを知りました。

そこで出発日を8月30日に変更し、日数も13日に増やして、
ローマに行かない代わりに、ヴェローナの野外オペラを(8月31日・9月1日の)二日連続で見る事にしました。


行きの飛行機はミラノから、帰りはフィレンツェからで、
ミラノ1泊 ⇒ ヴェローナ2泊 ⇒ ベネチア3泊 ⇒ シエナ1泊 ⇒ フィレンツェ4泊
というカンジです。


ヴェローナの野外オペラは、雨天で中止になる可能性があるそうなので、二日分確保しました。

オペラが始まる(夜9時)までの時間は、一日目はヴェローナを観光し、
二日目はヴェローナから25分~50分くらいで行けるらしい、ヴィチェンツァという街に寄って見ようかと思っております。

それから、フィレンツェからは日帰りでサンジャミアーノ(塔の街)に行ってみるつもりです。



旅行費用は結局、(燃料代や、オペラ代等含めて)ひとり39万ほどになりました(^^;)

あとはこれに食費(朝食はホテルで頂きますので、昼食代+夕食代+飲み物代?)が必要ですが……
どれくらいお金を用意したものか、ちょっと検討が付きません。
イタリアの食事代の相場を、大体でいいのでお教え頂けますでしょうか。
一度ローマに行った事があるのですが、パックでしたし、何年も前の事で、いくらぐらいだったか、覚えていないのです…。

一人一日5千円ぐらいは用意した方がいいのでしょうか…??
(贅沢はするつもりはないです。大衆料理で十分です。)
節約法や、おすすめの店等もございましたら、教えていただけると嬉しいです。



それから、できるだけ荷物は軽量化したいのですが、必需品的なものはありますでしょうか?
とりあえず、

三日分の着替え・洗濯用せっけん・洗濯ヒモ・オペラグラス・便座用消毒クリーナー・胃薬・雨具(折り畳み傘)・洗顔用具・化粧道具・日焼け止め

は持って行こう、と思っていますが…他になにかありますでしょうか。


あと、服はなにを持って行ったらいいのか…も悩んでおります。
下着と、肌着も兼ねたTシャツと、ちょっと厚めの長袖と、ズボン。でいいでしょうか?



それから、お金とパスポートは、服の下につけるチャック付きのベルトみたいなもの(なんていったらいいんでしょう…)の中に入れて持ち歩こうか、と思っていますが、危険でしょうか?

現金は一人3万ほどにして、あとはトラベラーズチェックで…と考えておりますが、知り合いからはシティバンクを薦められました。
クレジットカードはなんだか怖いイメージがあるので、持って行かないでおこうと思っています。

皆様はどうされていますか?なにかおすすめの方法はありますでしょうか?




あと、他に、旅行中の注意点等ございましたら、教えて下さい。


質問ばかりで申し訳ありません。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

北イタリア在住者です。

答えられる範囲でお答えします、参考までに。

◆昼食の相場◆
1)Barでパニーノ+ソフトドリンクを店内で座って食べる 5~10ユーロ(1人当たり)
2)PizzeriaやRistoranteで定食メニュー(飲み物込)を食べる 12~20ユーロ(1人当たり)

これ以外では、スーパーやBarで切り売りのPizzaを購入して外で食べることもできますが、季節的に外はオススメしません。外食続きは疲れますからうまく利用して、ホテルに持ち込みして食べるのは堅実だと思います。

◆夕食の相場◆
場所によりけりですが、観光地だと二人で50ユーロ程度。
Pizzeriaなど安いところでも30~40ユーロくらいはかかります。

下記程度が相場かと思います。
Pizza(ピザ)5~12ユーロ
Antipasto(前菜)5~10ユーロ
Primo(パスタ・リゾット)7~15ユーロ
Secondo(肉・魚 メイン)10~20ユーロ
Dolce(デザート)4~7ユーロ
Caffe'(コーヒー)2~3ユーロ
Vino(ワイン)5ユーロ~
Acqua(水)2~3ユーロ
Coperto(席料)1~3ユーロ

レストラン入口にメニューが掲示してあるので、入る前に必ずご確認ください。それが無いところは入らない方が無難です。
ちなみに私たちはホテルのフロントにオススメのレストランをきいて予約してもらいます。近くでボッタクリでなく美味しいところを教えてもらえると思います。

◆持ち物◆
オペラを見に行かれるのなら座布団が欲しいところです。
長時間座っていると痛いですし、お尻から冷えます。荷物になるようでしたら、ホテルのバスタオルでも代用できると思います。
    • good
    • 6

ご夫婦で10日近くイタリアへ行かれるなんていいですね♪ 



イタリアへは単身、家族で数回行きました。去年、一昨年と家族で行った時は1人1日1万円の予算でユーロを両替して行きましたが(移動、食費などすべて含んだ予算)、去年は多すぎて結局カードで払うはずのホテル代まで現金で支払ってきたくらいなので、うまくいけば1日5000円~8000円くらいでも過ごせると思います。
他の方々がいろいろアドバイスしてくださっているようですが(斜め読みしていますので、重複はご勘弁を)、個人的にはクレジットカードを持たないのであれば、現金は余っても良いので少し余裕を持った感じで持っていくべきだと思います。現金が足りなくなった場合の手段としてはインターナショナルカードでの引き出しやクレジットカードでのキャッシングがありますが、いづれもデメリットはあります(私は三井住友BKのカードを作りましたがATMは多くはなく、クレカでのキャッシングはATMによってはクレジットカードが戻ってこないというトラブルも)。
現金は分散して持っておくと良いです。もちろんご主人、奥様と2人で分けるだけではなく、バッグの中でも小分けにして。ホテルでの盗難なども聞いたことはありますが、私は現金を小分けにしてガイドブックや洋服に挟み(探してみないとわからない場所に隠す)、スーツケースに鍵をかけた上に鍵付きのスーツケース用ベルトを巻いて部屋に置いて出かけます。また複数スーツケースがある場合は、鍵のついたワイヤーで2つをつなげます(このワイヤーはユーロスターで街を移動する場合、荷物置き場で荷物を盗られない為にも使えます)。私や私の知り合いははセイフティーボックスも信用していないので、そういった方法か持ち歩くという手段をとります。
外出時は毎度大きめの斜めがけバッグなのですが(辞書やガイドブック等々荷物が多いため)、バッグは必ず前に、ファスナーには鍵をつけて、バッグに手をかけて歩いています(警戒のポーズ)。またお財布はバッグの中にバッグインバッグに入れたり(それを更に長いスプリングのようなゴムでバッグにつなげる)、内ポケットをうまく利用するなど、盗られないような工夫もしています。←スリやジプシーにバッグを漁られるだけではなく、バッグを切って中身を持っていかれるという被害も聞いたことがあるので、バッグにつなげておけば持って行かれないのでは?という安直な考えです(笑)。

現地事情を知っている方であれば昼も夜も安くて美味しいお店をすぐ見つけることができますが、イタリア語がわからないと(とくにイタリア語でしかメニューが書かれていないお店は)なかなか入れず、結局観光客目当ての高めのお店に入らざるを得なくなります。また、私たちが食いしん坊というのもあるんですが、あれも食べてみたい、コレも・・・とつい多めにオーダーしてしまうと、もちろん支払額も増えます。
私はイタリア語が少しできるのでイタリア語しか書いていないお店にも入れましたが、それでも滞在地によってはリーズナブルなお店を探すのに苦労しました。なのでコストを抑えるのであれば、こういったサイトでオススメのお店を(メニューと予算も)しっかりチェックして行かれるのが良いと思います。

以下は簡単に。
■お出かけ前に各地のスーパーの場所をある程度チェックしておくとベターです。食費を下げる為にはスーパーを上手に活用するのが良いです。ワインも5ユーロあれば満足できるものが手に入る場合もありますし、お土産まで見つかるかも。
■シエナではイノシシ(チンギアーレ)料理を是非食べてみてください。日本のイノシシ料理とはまたイメージが違います。
■フィレンツェで革製品を買われるのなら、その分の予算は用意しておくべきです。日本でイタリア製品を買うほど高くはありませんが、「すっごい安い」という感じはしませんでした。
■ウエットティッシュを必ず持ち歩かれることをオススメします。ほとんどのお店でおしぼりは出ませんし、外でパニーノを食べる時にも役立ちます。
■日差しが強いのでサングラスもあると良いですね。日焼け止めはランコムのUVエクスペールがオススメです。べたつかず、使いやすいです。出発空港で買われると、少し安くなります(JAL利用なら機内販売の方がやすい)。
■うんざりする厚さですが、ガイドブックは「ロンリープラネット」がオススメです。特にふつうのガイドブックでは少ししかページがさかれていない街の情報は役立つ時もあります。都内にお住いであれば、八重洲の旅行図書館へ行かれればあるかも(買うとちょっと高いのと、取り扱い店舗が少ない)。
http://www.mediafactory.co.jp/books/lplanet/
    • good
    • 3

お金は皆さんが言っているようにトラベラーズチェックはダメです。

もし、三菱UFJのカードがありましたら、これがよいと思います。カードの裏に(Plus)と書いてあると思いますので、他のカードをもっているようでしたら見てください。かなりの国のATMで使えます。今見ましたら新生銀行、イーバンク、カード裏に持っています。これだと手数料VISAなどよりやすいです。でも面倒でしたら、皆さんが言っているようにVISA利用で良いと思います。
グーグルで、(Plus)で検索してみてください。
    • good
    • 5

先ほど回答(参考意見)したイタリア在住のものです。


お財布をいれるバックですが、女性にお勧めなのがチャックがついてて肩から掛けることができるタイプの「ハンドバック」です。
このデザインだとひもを肩にかけ、バックを脇に挟んだ格好でもつのが「普通」「自然」なバックの持ち方になりますよね。
チャックは体の前側に持ってきておけば、チャックが閉まっているかどうかも常時視界視できます。スリが寄ってきても体に触れずに盗れないので、盗られません。
過去スラれた友人(女性)たちは「ショルダーバック」「リュック」「斜めがけポーチ」でしたす。共通してるのは「体にふれずに盗れる」ということです。
ご参考になれば。
    • good
    • 3

北イタリア在住の者です。


楽しい旅行になるといいですね!calno_2007さんが行かれる町はどこもそんなに「危ない」町ではないですよ。(もちろん同じ町でも地域によりますが)

お金に関してはほかの方と全然違うかもしれませんが、それなりな金額の現金+クレジットカードをお勧めします。

現金は全部で1000ユーロくらいあると「途中で下ろさずに済むので」便利かな、と思います。1か所は腹巻き、1か所はバック、1箇所はスーツケースの奥底に、、鍵をがっちりかけて、二人のスーツケースも自転車のチェーン鍵でつないで。。2人あわせて6か所に分散保管するのはどうでしょう?1か所やられても160ユーロです。

インターナショナルカードやクレジットカードのキャッシングだとイタリアのATMから直接ユーロでお金を下ろせるので便利だと思いますし、慣れた方ならサッと済ませられますが、不慣れなら「ATMの前でお金をおろそうと試行錯誤する日本人」という絶好の「カモな姿を晒す」危険行為と思います。どういうわけかATMは道の脇にいきなり囲いもなにもなくあるので、イマイチ安全ではないです。
(もちろん緊急事態用にキャッシングの道を確保しておくのは良いと思います)

クレジットカードが使える場所はクレジットカードで払えば便利です。
盗難にあった際にすぐに止められるように出発前にカード会社に問い合わせてイタリアから日本のカード会社の緊急ダイヤルへの番号を確認しておき(国内向けのフリーダイヤルなどは海外からかからない場合があるので)、現地に到着したら一度試しにかけてみると良いと思います。また出発前にカード利用の限度額も制限しておくと万が一の被害は最少にできますよね。

地元民でにぎわうような大衆トラットリアはカードが使えないところも多いので、夕食時になって手持ち現金気にしないで入れるようにそこそこ財布に現金もってるのが良いですよ。


あとパスポートの保管ですが、コピーセット作っておくとよいですよ。本物は腹まきにいれて、コピーを携帯し、お店で(免税手続きのために)パスポート見せてといわれたらコピーですませる。
(だってそこで服をまくりあげて腹まき見せるわけにいかないですよね^^)

あと必携なのが蚊にさされた時のかゆみ止めです。リップクリームくらいのサイズのが売ってますので、ぜひぜひ持って来たほうがいいです。イタリアにもかゆみ止めは売ってますが、歩かれる観光ルートに薬局があるかどうかはわかりませんし、あっても携帯に便利なサイズではないです。なぜかはわかりませんがイタリアの蚊は日本人の血が大好きなんです。

ということで長くなりましたが、ご参考になれば幸いです。
Buon Viaggio!
    • good
    • 0

はじめまして。



3日前にイタリアから旅行で帰国してきました。
今からいかれるんですね~なんだか羨ましいです^^)!

>イタリアの食事代の相場を、大体でいいのでお教え頂けますでしょうか。

やはりユーロ・・高かったですね。
こっちの感覚で食事しようと思うと、それ以上かかると思いますが、量が量ですのでシェアしたり、店を選んだり、たまにはスーパーなどで代用するとその値段でいけますね。
特に食事は気になさらない方でしょうか?
安いイタリア料理やでもユーロ自体が高くなってるので、結構高く感じると思います。

観光地界隈のイタリア料理やは高いし、おいしくないので、中心駅から4個ぐらい離れるとまともなものと値段で食べれると思います。

それでも離れた所でもパスタは安くて7~10ユーロ、前菜5ユーロ~、メインは12ユーロ~ぐらいからが基本だと思います。
これにコペルト(席代一人、1ユーロぐらい)に水代1ℓ、1,5~2ユーロ(観光地だと3ユーロ)でもパスタは1皿で1食分といった濃さと量なので、パスタ以外にメインや前菜、ドルチェまで食べるなら、向こうの人が1人で食べるコースを2人でシェアで十部だと思います。
よほどの食べられる方でないと残すと思いますし、
それでも観光用のお店じゃない普通のイタリアンでも(もちろんおいしい所ですが)、昼でパスタと水だけで1600円~2000円弱は取られますので、夜はもう少し取られると思います。
お酒を飲まれるならもっとですね。

安く済まそうと思うなら、中華系料理屋にスーパーのピザや惣菜なども
いいですね。
こっちで、使い捨て用に100均の紙皿紙コップ等を持ってくと便利ですね。(向こうで買うと不愉快な値段なので・・)

私の旅は食べ歩きメインで行ったので、その感じではお酒を飲まずに、観光用の店で無い場合、昼2人で20~30(3千円~5千円)ユーロ、夜は30~50(5千円~8千円)ユーロ以内で収まりました。
現段階の為替相場値段感覚で、一日2人分の食事代で約6000円~1万3000円ぐらいの幅でした。
もちろん私達は食べ歩きメインで行ったので、この値段ですが、
安く済まそうと思えば、スーパーのパンや惣菜でもっと安く済むと思いますし(多分全部スーパーなら1日2人で2千円もかからないですね)、夜のバールなどはイタリア人に対抗して、食べ放題の惣菜をがんばって陣取ればお酒代だけで、食事も取れるらしいですが、私はその度胸がなかったので、座れるお店だけ周りこの値段でした。

ちなみに周った店は高級料理屋ではなく、大衆食堂の感じにイタリアンでした。
なので、もちろん英語メニューさえもないので、メニューの大文字アンティーやセコンドは大体何があるかだけ予習しておくと、大体イタリア語はローマ字読みのように無理やり読めちゃうので、カルボナーラやアマトリチャーノなど、そのまま書いてますので、なんとなくわかると思います。(メニューの読み方等の本1冊あれば楽ですね)

移動は全部飛行機ですか?
長距離電車でトランクごと移動する事があるなら、自転車のチェーン鍵をもって言ったほうがいいと思います。
長距離電車で荷物置き場にトランクをそのまま置いておくと、席に行った隙にトランクをすられことがありますので、その場でキーチェーンをかけておくことをお勧めします。
(あまり頑丈にかけすぎで、下り遅れないように・・)
    • good
    • 1

3ヶ月前に行ってきた者です。


屋台でしか食べない(食べれない)貧乏バックパッカーの体験記ですが、参考になれば嬉しいです。

あちらは水が有料なので、簡単な食事でも日本の2~3倍くらいはかかります。お金は多めに持って行かれた方が良いかと思います。

参考URL:http://toshiakii.web.fc2.com/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなって申し訳ありません!
しっかりとブックマークさせていただきました。
参考にさせていただきます!有り難うございました。

お礼日時:2007/08/11 15:54

元イタリア留学者で、最近もイタリア旅行に何度も行っています。



まず料理は、お昼で1名10ユーロ、夜1名25ユーロあれば十分に美味しいものが食べられます。フィレンツェに留学していましたが、物価の高いと言われているフィレンツェでも、安いお店が結構あります。
(フィレンツェの安い食事)http://www.amoitalia.com/firenze/food.html

あと、質問で書かれた旅行荷物の一覧を見ていて、雨具、便座消毒クリーナーなどイタリアで手に入るものはイタリアで購入して、あとで処分するのが軽量化にいいと思いました。イタリアにも100円ショップ(現地では99セントショップ)があって、様々なものが1ユーロで手に入ります。雨具、洗濯石けん、シャンプー、消毒、バンドエイドなど日常製品はほとんど手に入ります。

身軽に旅行した方が、楽ですし、何しろスリなどにも狙われにくいです。イタリアはその時期雨がほとんど降らないので、雨具などは必要ないかと思います。

イタリア旅行の防犯については、下記サイトなどを参考にされるといいですよ。
http://www.amoitalia.com/baggage/index.html

それでは、イタリア旅行楽しんでください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます!!

とっても詳しいサイトですね!!
お店の情報や、注意点等も書いてあって…今まで見た中で一番詳しいサイトです。教えて下さって有り難うございます!

お料理の相場、参考になります。
そうすると一日一万ちょっとぐらいですかね。
他の方がおっしゃってるように、スーパーのパンやチーズ等で済ませたら、もうちょっと節約出来そうですね。

そうですか…雨はほとんどないんですか!
それなら帽子だけ持って行って、降った時は向こうで買う、というのがいいかもしれないですね。

はい、目一杯楽しんできます!
ご丁寧に有り難うございました!

お礼日時:2007/05/19 22:25

イタリアではT/Cはやめましょう。


海外でも日本の自分の口座からお金が引き出せる銀行のインターナショナルカード
(みずほ、東京三菱UFJほか地方銀行でもアリ。自分のメインバンクが海外対応カードを扱っていれば事前にそれに切り替えておく)か、
クレジットカードのキャッシング機能を利用して、手持ちが少なくなったら何日かに1回の割合で現金を引き出すことをお薦めします。
利便性を考えれば、手数料は憂慮するほどの額ではありません。
なおクレジットカードのキャッシング機能は普段使わない人が多いので暗証番号を忘れがちです。
念のため旅行前に確認なさるとよいでしょう。
クレジットカードは最低2種類(VISAとMasterがベスト)用意しておくと安心でです。
もちろん出発前には、銀行・カード会社の緊急連絡先をすべてメモしておくことを忘れずに。

持ち物の追加として、サングラス、帽子。
向こうの方は日焼けすることがステイタスなのでまず帽子は被りませんが、
陽射しが強いので日本女性はあった方が安心です。
まあ、どうみてもツーリストなのだから気取る必要はないでしょう(笑)。
行かれる時期は日本の夏のバーゲン後のようなので、セールで良いものをゲットしてください。
割り箸も外食続きでうんざりしたときなど、デリで好みのものを買ってきてホテルの部屋で食べるのに便利です。
また100円ショップで売っている透明のファスナーつきビニールケースは、レシートやチケットを保存するのに重宝します。

あとは、
・美術館の休館日のチェック
・フィレンツェも治安には気をつけてくださいね。
・最後の晩餐(ミラノ)とウフィッツィ美術館(フィレンツェ)は事前に予約を入れていった方が安心です。
・ちょうど行かれる時期はシエナのPiazza del Duomo内の大理石のはめ込みの床が公開中です(世界遺産だったはず)。
普段はシートで覆われているので、ぜひご覧になってください。美しいですよ。
http://www.japanitalytravel.com/back/shicyo/2005 …
・靴は2足用意されることをお薦めします。時期的に1足はサンダルでOKだと思いますが、底が厚めの疲れにくいウォーキング仕様のものがオススメ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます!

トラベラーズチェック、本当に使えないんですね…(^^;)

インターナショナルカードなんて初めて知りました!
それなら新しく口座を作る必要がなくて、便利ですね。
クレジットカードも、キャッシングなら、スキミングの心配がなくていいかもしれませんね。

確かに日差しはとっても強そう…紫外線対策は必要ですね。
シミは絶対作りたくないですし(笑)、帽子等持って行こうと思います。
なるほど、最終処分の時期なんですね!それはちょっと嬉しいです。
イタリアの革小物や、帽子なんかを買って行こうと思います。

あああー!割り箸ですか!思いつきもしませんでしたが、確かにあれは便利ですよね!是非持って行こうと思います。
レシートは不正な請求された時のためにも、とっておくべきですよね。

シエナの世界遺産が公開中ですか……まったく知らずに日程を組んだんですが、すごくラッキーですね!
特にシエナは楽しみにしているので、嬉しいです!!絶対に見に行きます!!

詳細な情報を有り難うございます!!参考になりました!

お礼日時:2007/05/19 22:18

失礼ながら世の中には旅行ガイドブックというモノがあります。


月々の平均気温、降水量、治安情報、盗難等の被害実例、両替の仕方、クレジットカードがどの程度役に立つか、英語がどの程度通じるか、レストランごとの簡単な相場、日本大使館のTel番号、観光地の歩き方(効率のいいルート)、電話のかけ方、鉄道の乗り方、バスの乗り方、タクシーの乗り方、現地語の最低限のあいさつ・・・

フリーでいくのでしたら、ご自分で調べる行動力や情報収集力が必須だと思うのですが、大丈夫でしょうか?
イタリアといえど、困った時にすぐ周りに日本人が居るわけではありません。盗難、鉄道の遅れ、ダブルブッキング、飛行機の欠航などもあり得るし、鉄道、劇場などで自分の席に確信犯が平気で座ってるなんて普通です。
恥ずかしながら、ローマでは当方も窃盗にあいました。
タイミングを見てゴーサインを出す人間、気を引く人間、実行する人間。
被害者が言うのもなんですが、「さすがこれで飯食ってるだけの事はある」
と言える見事な仕事っぷりでした。

ご自分で貪欲に情報を収集する努力は絶対不可欠です。
どうぞお気をつけて。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます!

すいません、こちらで回答して下さる方は、とても詳しい方がばかりなので、ついつい頼ってしまいました(^^;)

でも確かに、自分で調べる姿勢も大事ですよね。
いわば、自分自身でガイド役も兼ねる事になるわけですから。

ガイドブックは4冊ほど買いまして、ちょっとづつ読んでおります。(「地球の歩き方」の北イタリア版と、トスカーナ版、「イタリア鉄道の旅」と「まっぷる」のイタリア版です)
イタリア語会話もCDを聞いて、勉強中です。

ただ、トラベラーズチェックが殆ど役に立たない事は、どのガイドブックにも載っておりませんでした。
このサイトを含め、ネットでの情報も本当に為になりますね。
色んな物を見て、積極的に情報収集していこうと思います。

窃盗の体験談、大変参考になります。
イタリアのスリはすごいんですね……本当に、細心の注意を払おうと思います。

一杯勉強して、イタリアを楽しんできます☆
どうも有り難うございました!

お礼日時:2007/05/19 22:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイタリアに8日間、いくらユーロに替えるか…

今週末から、イタリアの8日間ツアーに参加します。

質問なのですが、イタリア8日間ツアーだと、いくらくらい日本円をユーロに替えるのが妥当なのでしょうか?

ちなみに食事はツアーについています。買い物はブランド品などを買う予定はありませんが、バイト先や友人にお土産を買います。どんな物をお土産にすれば無難でしょうか?

Aベストアンサー

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチップ制のところもありますが、お金を入れないとゲートが開かないトイレも多く、常に1ユーロまたは2ユーロコインを携帯しておいたほうがよいです。コインであればトイレ内の両替機でセントに両替できます(ツアーならばコンダクターの方が両替してくれるかな)。

ということで、お小遣いで現金1日あたり10ユーロ程度あればよいかと。
このほかに露天のお土産を買うならば現金が必要ですが、それでも+20程度あればOKでしょう。総じて露天は値段高めの設定なので、私ならば露天でバラマキ系のお土産は買いません。あくまで自分用に、ちょっとしたお気に入りを買うという前提です。
よって、かなり多く見積もって、現金で1日30程度。私個人ならば10で十分だろうと思います。
ショップではカードが使えるので現金は必要ありません。ツアーで行く店ならば、目の前の端末で清算してくれるでしょうから、さほど神経質になる必要は無いでしょう。仲のよい友達等にすこし高めのお土産を差し上げるのであれば、必然的にショップを利用することになると思います。バラ撒き系のお土産は空港の免税点でチョコレートやクッキーが妥当かなぁと思われます(かなり冷めた意見でアレですが)。
私にはセンスが無いのでお勧めは難しいのですが、フィレンツェ IL BUSSETTO のコインケースは今でもお気に入りです。現地価格で35ユーロですが、日本で購入すると1万円程度します。仲のよいお友達ならば惜しくない買い物だと思います。

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチッ...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q海外旅行に持っていく現金の金額

10日間(前後の移動日を除くと実質7日)友人とイタリアに旅行に行きます。

クレジットカードは持っていますが、現金も持っていこうと思います。

どのくらいの額を持っていけばいいでしょうか?

なるべく少なめに持っていきたいのですが、小さなお土産屋さんなどでカードが使えないかもしれないと思い、足りなくなっても困るので迷っています。

ちなみにツアーですが添乗員がつかない自由行動のツアーなので、食事などはその場でお金を払う感じです。

旅行経験のある方の体験など伺いたいです、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イタリアは場所による物価の差が激しいです。基本有名観光地と北部ほど高いと思ってください。

ミラノ≧ヴェネツィア≧フィレンツェ≧ローマ>ナポリというイメージです。

ツアー中のどの都市で何日間フリーの日があるかが問題になります。
大抵上述5都市のナポリ以外のどれかだと思いますが。

スリや置き引き、ひったくりが多いので、クレジットカード払いを基本にした方が良いこと、
VISAかMASTERを持って行った方が良いことは間違いないです。
ただ欧州にありがちなのは、回線都合や店舗の操作ミス等で
カード払いできるはずなのにカードが使えないということです。
最強なのは、VISAとMASTER1枚ずつ以上のカード+現金+インターナショナルキャッシュカードです。

食事はまともに座ってウェイター/ウェイトレスがいるレストランは大抵カード払いOKです。
バールやファストフード、タクシーは現金のみかもしれません。
まともなレストランは結構な料金を取り、ピッツェリアやバールで済ますなら安く上がります。

フリーがある日のご宿泊ホテルの場所によって、タクシー代も大きく変わるので
何とも回答しづらい所です。

個人的には、他の回答者さん結構現金持っていくんだなという印象があります。
ホテルが中心部に無いならタクシー代を考慮して、皆さんが回答する位の
金額があったほうがいいかも知れません。

日本の円口座から直接イタリアの提携銀行ATMでユーロ建てで引きおろしができる
インターナショナルキャッシュカードに関しては、
現時点で新規で作れるのは新生銀行、CITIバンク位だと思いますよ。
メガバンクは新規の受付を停止しています。

ユーロ現金は日本で両替しないと目減りします。
円高の日を狙って最寄りのユーロ取扱い金融機関でどうぞ。お気をつけて。

イタリアは場所による物価の差が激しいです。基本有名観光地と北部ほど高いと思ってください。

ミラノ≧ヴェネツィア≧フィレンツェ≧ローマ>ナポリというイメージです。

ツアー中のどの都市で何日間フリーの日があるかが問題になります。
大抵上述5都市のナポリ以外のどれかだと思いますが。

スリや置き引き、ひったくりが多いので、クレジットカード払いを基本にした方が良いこと、
VISAかMASTERを持って行った方が良いことは間違いないです。
ただ欧州にありがちなのは、回線都合や店舗の操作ミス等で
カード...続きを読む

Qフィレンツェからベネツィアの電車移動の時間・料金を教えてください。午前

フィレンツェからベネツィアの電車移動の時間・料金を教えてください。午前9時くらいにフィレンツェを出発し、食事をベネツィアですませ観光をしながら夕方の列車にてフィレンツェに戻る予定ですが、日帰りは可能ですか?

Aベストアンサー

可能か不可能かだけ言えば可能です。

フィレンツェSMN駅9時30分発のES(これがヴェネツィア行きの始発です)に乗ると、ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅に11時33分に着きます。ただ、ご承知のこととは思いますが、ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅は島の入り口に過ぎず、実際のヴェネツィア観光の中心部であるサン・マルコ広場まではここからまた徒歩か水上バスか水上タクシーで移動が必要です。街全体が迷路のヴェネツィアで時間がない上に土地勘も無いとなれば移動手段として徒歩は無理があるでしょう。従って水上バスか水上タクシーの利用となります。資金が潤沢であれば待ち時間もほとんど要らない水上タクシーがお薦めですが、その分料金はかなり高額です。一番ポピュラーかつ安価(といっても結構高い)な方法としては水上バスですが、慣れていないと逆方向に乗ってしまったり(山手線を逆方向に乗るようなものでいつかは到着するが滅茶苦茶時間がかかる)、乗り場がわかり難くて右往左往して時間をロスする可能性もあります。列車と水上バスの連絡も良いわけではないので、ヴァネツィアのサンタ・ルチア駅に着いてからがまた結構時間がかかるということを頭に入れて置いてください。

ちなみに私は昨年の夏に実際フィレンツェから9時30発のESでヴェネツィアに移動しましたが、夏休み期間で観光客が多い時期だったせいもあって水上バスの切符の販売窓口は長蛇の列。切符を購入するだけでもかなりの時間をロスし、そこから水上バスの到着待の時間、実際の乗船時間を含めるとサン・マルコ広場の最寄の水上バス乗り場に到着した段階で13時近くになっていました。

帰りはヴェネツィア サンタ・ルチア駅18時27分のESに乗るとフィレンツェSMN駅に20時30につきます。フィレンツェ行きの最終は19時27分発ですが、最終に乗り遅れる二進も三進も行かなくなるので、保険という意味で最終の一本前を利用することをお薦めします。

復路も駅までの移動の時間等あるので、実際の観光に使えるのは17時半ぐらいまで。フィレンツェからヴェネツィア サンタ・ルチア駅までで考えるなら現地滞在時間は約7時間ほどですが、駅到着後中心部への移動時間等を差し引くと厳密に観光に使える時間は5時間強。食事は列車の中でパニーノなどで済ませるなら、サンマルコ広場で写真でも撮って、サンマルコ寺院、ドゥカーレ宮殿の入場観光かあるいはゴンドラクルーズのうち2つくらいはできるでしょうが、ヴェネツィアの本来の魅力である迷路のような街並みを探索するには残念ながら時間不足でしょう。
ヴェネツィアで食事をするつもりなら、ランチでも2時間弱はかかりますから、観光は入場観光はどこもせずに外観のみが精一杯ではないでしょうか。

運賃は割引なしで一等59ユーロ、二等42ユーロ。時間的に余裕があるなら、FSのHPから事前購入の場合、旅行者でも利用できるmeno30やmeno15といった早割り的な割引サービスがあります。
meno15:7日前まで購入可。通常料金から15%off、出発24時間前までの一回のみ変更可、一部払戻可。座席数に限りあり。
meno30:15日前まで購入可。通常料金から30%off、出発24時間前までの一回のみ変更可、一部払戻可。座席数に限りあり。
万が一、指定の列車に乗り遅れた場合、少し手数料がかかりますが、席さえあれば次発の同等列車に変更してもらえます。

個人的には、往復に6時間もかけて5時間かそこらの観光しかできないヴェネツィアに行くのであれば、フィレンツェ近郊のアレッツォやシエナ、オルヴィエートといった街(それぞれとても美しく趣があります)に行くことをお薦めしたいところです。

参考URL:http://www.ferroviedellostato.it/homepage_en.html

可能か不可能かだけ言えば可能です。

フィレンツェSMN駅9時30分発のES(これがヴェネツィア行きの始発です)に乗ると、ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅に11時33分に着きます。ただ、ご承知のこととは思いますが、ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅は島の入り口に過ぎず、実際のヴェネツィア観光の中心部であるサン・マルコ広場まではここからまた徒歩か水上バスか水上タクシーで移動が必要です。街全体が迷路のヴェネツィアで時間がない上に土地勘も無いとなれば移動手段として徒歩は無理があるでしょう。従って...続きを読む

Qスーツケースベルトは必要ですか?

卒業旅行のためにスーツケースは買ったのですが、スーツケースベルトを買おうか迷っています。スーツケースベルトはスーツケースが開かないように固定するのと、目印のためだと言われますが正直必要ないと思います。経験者の方は教えてください

Aベストアンサー

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕分場に監視カメラを付けているところもあります。ニュースで、監視カメラによる窃盗の現場の映像を見たことがあります。
窃盗は素早く行わなければならず、スーツケースベルトがあるとベルトを外すのに手間が掛かるため、窃盗者が手を掛ける可能性が低くなる、ということになっています。そのため、取り外しが便利なスーツケースベルトというものは一切売っていません。

なお、米国は安全確認のためスーツケースを明けることが認められおり、TSAロックという公認の鍵以外は施錠しないようアナウンスされてます。渡航先が米国の場合は、スーツケースベルトも意味が無いと思います。

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕...続きを読む

Qイタリア旅行:服装や注意事項について

新婚旅行でイタリア(ミラノ・ベニス・フィレンツェ・カプリ島・ローマ)へ行きます。(8/25~10日間)

私はTシャツまたは半袖シャツ+ジーンズ+スニーカーのスタイルメインで行こうかと思っており,妻はまだ未定です。

教会・寺院の観光がかなり多めですので服装が気になっています。「肌が露出してはいけない」とありますが,半袖のシャツや,短パン,スカートなどでもNGなのでしょうか?

また妻はTシャツやジーンズを持っていないので,かなり心配です。(スカートや花柄のワンピースばかりです。)

自由時間にはブランドショップにも行ってみたいので,Tシャツ+ジーンズ+スニーカーだけ用意するのもマズイかな?とも思っておりますが,なるべく荷物は増やしたくないという気持ちもあります。

夕食も普通のレストランに行く予定ですが,色々調べると,夕食時には着替えるという文化?があるとかで,せめて襟付きのシャツやポロシャツにスラックスなど,ジーンズ以外の服装も用意した方がいいというアドバイスもありました。

一番の心配は,妻の服装で,あまり派手な格好で,スリなどに狙われるのも嫌ですし,男性の私が色々調べても良く分からないのが現状です。

また,スリ対策として貴重品は首掛けのポケットをぶら下げ,カメラやガイドブックは,小さなショルダーバッグをタスキ掛けにして行こうかと思っております。
何か他に注意した方が良いことや,お勧めのグッツがありましたらアドバイスお願い致します。

乱文にて分かりにくいかと思いますが,どうかよろしくお願いします。

新婚旅行でイタリア(ミラノ・ベニス・フィレンツェ・カプリ島・ローマ)へ行きます。(8/25~10日間)

私はTシャツまたは半袖シャツ+ジーンズ+スニーカーのスタイルメインで行こうかと思っており,妻はまだ未定です。

教会・寺院の観光がかなり多めですので服装が気になっています。「肌が露出してはいけない」とありますが,半袖のシャツや,短パン,スカートなどでもNGなのでしょうか?

また妻はTシャツやジーンズを持っていないので,かなり心配です。(スカートや花柄のワンピースばかりです。)

...続きを読む

Aベストアンサー

ご結婚おめでとうございます。
新婚旅行楽しんでください。

で、イタリアですが、この時期とにかく暑いです!!!
靴底の厚いものを用意されることをお勧めします。
なにしろ石畳(とか)ばかりの国。一日歩き回っているうちに足裏が暑くなってスニーカーを買ったことがあります。
青の洞窟では他の方が書かれているように、入口前で小さなボートに乗り移るので、このときはスカートだとちょっと不便だと思います。
観光立国イタリアには欧米諸国他とにかくツーリストが多く、他の国の人達はかなりラフな格好をされていますね。
T シャツ+ジーンズ、短パンはまわり多くの人の格好なので特に問題は無いと思います。

サングラスはあったほうがいいですよ!

それと外はとても暑くても女性は羽織モノを持っていったほうがいいと思います。冷房の聞いた室内(レストランやバス)に長くいると冷えてきますし、教会に入る為にも。

私はカジュアルな布トートひとつでふらふら歩き回っていましたが、肩からバッグを提げ簡単にはすれない状態にしているので一度も危険にあった事はありません。
気持ちさえ引き締めていれば大丈夫ですよ。

スカートでも派手な格好でもたいてい問題ないと思いますが、とにかく靴は歩きやすいもので底の厚いものをお勧めします。

いってらっしゃ~い。

ご結婚おめでとうございます。
新婚旅行楽しんでください。

で、イタリアですが、この時期とにかく暑いです!!!
靴底の厚いものを用意されることをお勧めします。
なにしろ石畳(とか)ばかりの国。一日歩き回っているうちに足裏が暑くなってスニーカーを買ったことがあります。
青の洞窟では他の方が書かれているように、入口前で小さなボートに乗り移るので、このときはスカートだとちょっと不便だと思います。
観光立国イタリアには欧米諸国他とにかくツーリストが多く、他の国の人達はかなりラフな...続きを読む

Qイタリアでの食事の価格とおすすめのレストラン

今度、主人と添乗員同行のツアーでイタリアにいきます。
ミラノ、フィレンツェ、ローマで自由行動があり、その日は
夕飯も個人でとることになっています。

ガイドブックに、レストランの紹介と一緒に
その店での予算が大抵書いてありますが、
1人3000円~5000円ぐらいとなっているお店が
多いようです。

質問1
2人で1回5000円ぐらいで済ませたいと思っているのですが、
イタリアではその予算では難しいのでしょうか。
ちゃんとテーブル席にすわって食事をしたいと
思ってますが、高級感やムードにはさほどこだわりません。
日本では、カジュアルなレストランなら、1人2500円だせば、
サラダ、メイン、デザート、ドリンクが頂けると
思うのですが、イタリアはそうはいかなないでしょうか。

質問2
ミラノ、フィレンツェ、ローマで、
安くておいしいお店をご存知でしたら教えてください。
レストランでも、ピッツェリアでもかまいません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

7月に家内と3週間イタリアに行きました。
ディナーはピザリアやトラットリアなどのカジュアルな店がほとんとでした。
安いところは2人で20ユーロ、高いところで50ユーロでした。
すべての店でシェアしましたが、嫌な顔はされませんでしたし、ちゃんと取り皿を持ってきてくれました。
ローカルの人たちでもミネラルウォータとプリモ(1皿目)だけで済ませている人が結構いました。
どこも予約はしませんでした。8時半頃までに行けば大丈夫でしょう。9時を過ぎるなら予約をしていった方がいいと思います。

良かった店は以下の通りです。
ミラノ
トプカピ 地球の歩き方に載っています。
ミラノ滞在中3回も行きました。お勧めです。

フィレンツェ
カーサリンガ アルノ川を渡ったところにあります。ローカルがたくさん食べに来ています。
地球の歩き方にも載っています。フィレンツェ名物のTボーンステーキがおいしいです。

イル・ヴェジタリアーノ(Il Vegetariano) 
Via delle Ruote 30r
数少ないベジタリアンの店です。セルフサービスの店ですが、とても感じの良い店でお勧めです。

ローマ
名前を忘れてしまいましたが、シスト橋を渡った路地にあるビザリアです。地球の歩き方に載っていたと思います。ローカルにとても人気のあるレストランです。

7月に家内と3週間イタリアに行きました。
ディナーはピザリアやトラットリアなどのカジュアルな店がほとんとでした。
安いところは2人で20ユーロ、高いところで50ユーロでした。
すべての店でシェアしましたが、嫌な顔はされませんでしたし、ちゃんと取り皿を持ってきてくれました。
ローカルの人たちでもミネラルウォータとプリモ(1皿目)だけで済ませている人が結構いました。
どこも予約はしませんでした。8時半頃までに行けば大丈夫でしょう。9時を過ぎるなら予約をしていった方がいいと思い...続きを読む

Qイタリアで日本人は差別されてますか?

先日北イタリアへ行ったのですが、個人旅行であったせいかいろいろ不愉快な思いをしました。
・なにしろ見る目が厳しい。
観光地じゃなかったのでアジア系が目立つのか、それともスカートだったのがいけないのか・・・どこでも怪訝な目でみられました。
町にスカートの人は店員以外では見かけませんでしたが、何か意味があるんでしょうか。パンツスタイルにしたら少し変わりました。
・電車で嫌がられた。
一等車にしたのですが、途中乗って来たカップル(女性)にあからさまに嫌がられ、男性にどうにかしてと頼んでいたようですが結局彼等は次の駅で出て行きました。。。
その他にもカフェで他の客にどかされた等イタリアのイメージが崩れました。何しろ怪訝な目で見られるのが厳しくて・・・。
ミラノのような大きいところではそうでもなかったのですが、もしかしてイタリアって日本人(もしくはアジア系)嫌ってますか?
イタリア語の勉強も始めたのにこれですっかり気が萎えてしまいました。参考に教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしません。そこらじゅうの国を回りましたが、「よそ者が何しに来やがった」という悪意の目つきは、ウズベキスタンのフェルガナ地域でしか、出くわしたことがありません。外国人を見たら興味を抱くのは、大都市以外ではどこの国でも一緒です。日本でも、例えば田舎の田んぼのあぜを黒人が歩いていたら、じいさんばあさんがぎょっとした目で見たり、村中の人が集まってきたりするでしょう。小沢一郎の一人区まわりと同じで、村人がワサワサ出てきても、まったく不思議ではないと思います。

イタリア人の差別感情は、主としてアルバニア人に向けられます。イタリアは第2次大戦中の一時期、海を越えた向かいのアルバニアを支配していました。戦後、アルバニアは、ホジャ大統領の下、独自の共産主義閉鎖国家を作り、弊害も多かったものの、結果として、ユーゴスラビアに併合されてぐちゃぐちゃな内戦に巻き込まれることを避けることができました。アルバニアはユーゴスラビアともソ連とも中国とも仲たがいして、鎖国状態にあったのですが、実際には市民はイタリアのテレビを見て、世界情勢を知っていました。ホジャ大統領の死後、共産主義が崩壊し、資本主義の導入も失敗、ねずみ講への投資を国家が推奨するということを資本主義を理解していない国民に推奨したため、ねずみ講の崩壊と共に、政局は混乱、政権が吹っ飛んだのです。この時、多数のアルバニア人がぼろい船でイタリアに渡って不法入国した事情があり、アルバニア人に対する感情は、きわめて悪いものと推定されます。

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしま...続きを読む

Qイタリアの治安はそんなに悪いの?

10月上旬にツアーでイタリアへ8日間の旅行に行きます。

今一番気になっているのは、イタリアの治安の悪さです。

スリが多いということなのですが、どのような点に気をつければいいのでしょうか?
リュックで行こうと思っているのですが、ショルダーバッグのほうが安全でしょうか?
海外旅行は、台湾、タイ、サイパンに行ったことがあるのですが、割と安全だったように思います。
貴重品の管理の仕方など、安全に関することについてアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私もイタリア大好きです!
旅行中はかなり注意しました。

リュックはやめた方が良いです。
ショルダーバッグ、斜めがけ、体の前にして
必ず手をバッグの開口部にかけるを忘れずに。

バッグの中のファスナーの奥の奥に
財布を入れておくと良いです。

ツアーの団体行動中は
ガイドさんもいるでしょうから
注意に素直に従うことが
一番の安全対策です。

また、パスポート、航空券、カードなど
貴重品は腹巻きや腰巻きにいれて置くこと
ですね。
スペインのような身ぐるみ剥ぐような
強盗はいないようなので・・・。

自由行動もあるのでしょうか。
町中でバチバチ写真を撮らない、
財布を出さないようにしましょう。

特にローマ!
地図を見るときは
小さく折りたたんで、周りを注意したり、
お店に入って確かめましょう。
買い物したら店の中できちんと財布を
しまいましょうね。
常に他人に見られているかも、と
注意するにこしたことはありません。
地下鉄でも出入り口付近は要注意です。

ヴェネチィアはスリが多いですし、
ローマは特に多いです。
スペインのような凶悪な強盗はあまりいませんが
スペイン階段あたりには公衆の面前でも
大胆不敵に体をすり寄せてくる輩がいます。
子どもの団体にも注意です!!

また、バカンス時期でもないのに
キャンピングカーで移動している
団体にはそばに近寄らない方がいいです。

何気なく近寄ってくる人、話しかけてくる子ども
からはすぐ離れましょう。

おどすようなことばかり申し上げましたが
びくびくせずに、さっそうと街を歩く態度は
スリをおびき寄せないようですよ。

怖がってばかりいないで、十分注意して
素晴らしいイタリア旅行を楽しんで来てくださいね。

私もイタリア大好きです!
旅行中はかなり注意しました。

リュックはやめた方が良いです。
ショルダーバッグ、斜めがけ、体の前にして
必ず手をバッグの開口部にかけるを忘れずに。

バッグの中のファスナーの奥の奥に
財布を入れておくと良いです。

ツアーの団体行動中は
ガイドさんもいるでしょうから
注意に素直に従うことが
一番の安全対策です。

また、パスポート、航空券、カードなど
貴重品は腹巻きや腰巻きにいれて置くこと
ですね。
スペインのような身ぐるみ剥ぐような
強盗はい...続きを読む

Qイタリア10日間旅行に行く時に持っていく現金はTCか現金?

皆さん、こんにちは。
私、GWに友人と初めてイタリア旅行(10日間)に行きます。
イタリアでは、スリが多いと聞きましたので、お金の事が心配です。
クレジットカード(VISA)だけ持っていこうと思いましたが
カードが使えない場所もあるかもしれません。
外貨両替所で日本円をTCか現金でユーロに両替しようと思います。
TCより現金でユーロに両替したほうが安全でしょうか?
また現金を持つなら10日間でいくらあれば十分でしょうか?
誰かが教えてください。予算でも構いません。

Aベストアンサー

>4人で22万ということは、お1人約5万と考えてもいいでしょうか?私も今回の旅行はツアーではなく個人旅行です。
10日で5万円、となって1日5千円程度。食事はどちらかというと昼をしっかりとって、夜は軽めにしました。これであれば1日5千円少々でいけるのでは。イタリア料理はおいしいのですが、1週間も過ぎると少々もたれてきます。昼しっかり食べて、歩き回って消化して夜寝る、というパターンは体調維持に良かったです。

>電車移動に対してテルミニ駅周辺ではスリが多いと聞いたので心配しています。切符の購入はやはり自動販売機で切符を購入するしかないでしょうか
スリには会わずにすみましたが、自動販売機で切符を買っている最中に、だらしない格好をした若者が手伝おうとしたので「ノー、サンキュー」でかわしました。自動販売機はつり銭切れでおつりが出ないこともあるようです。イタリア国鉄ではクレジットカードも利用できますので、あせらず「英語」表示にして、じっくり読んで進めば購入できます。タバッキでは直接現金で買えます。イタリア大都市では予想以上に英語が通じました。英米からの観光客が多いので考えてみれば当たり前です。

時間が自由になる個人旅行は最高です。楽しんでください。ご質問があればいくらでもお答えします。

>4人で22万ということは、お1人約5万と考えてもいいでしょうか?私も今回の旅行はツアーではなく個人旅行です。
10日で5万円、となって1日5千円程度。食事はどちらかというと昼をしっかりとって、夜は軽めにしました。これであれば1日5千円少々でいけるのでは。イタリア料理はおいしいのですが、1週間も過ぎると少々もたれてきます。昼しっかり食べて、歩き回って消化して夜寝る、というパターンは体調維持に良かったです。

>電車移動に対してテルミニ駅周辺ではスリが多いと聞いたので心配しています。切符の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報