映画の中で、それらしく描いてありながら、実はありえないというシーンを教えてください。事情に詳しくない人が見たら納得してしまうが、よく知っている人から見たらどう考えてもおかしいというシーンを知りたいのです。

例1)
ダイハード2のクライマックスで飛行機の翼から燃料が漏れている所に火をつけて爆発させるシーンがあるが、ジェット燃料は粘性の高い液状で、ガソリンのようにバシャバシャ漏れることはないし、雪面上で火がつくこともない。
例2)
007トゥモローネバーダイで、悪党がヘリコプターの回転するブレードを地面に近付けて主人公を追い詰めていくシーンがあるが、ブレードが少しでも地面に触れたら墜落してしまうのにパイロットがあんなことをするはずがない。

以上、メカ的な例になりましたが、どんな解釈でも構いません。専門家から見て「これは知らない人の発想だな。」と思えるシーンがあったら教えてください。

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

私も疑問に思った映画がありました


それは「LIMIT OF LOVE 海猿」です。
その映画に「妊婦さんが水深30メートル時間約1分30秒潜る」というシーンがあるんですが、普通、潜水素人の人が、1分30秒も息を止める、しかも妊娠5ヶ月の人が潜水なんて不可能ですよね。
しかも、下手すれば減圧症で命にも危険がありますよね。
結果的にその妊婦さんは無事助かるんですが...o
あまりにも無理矢理な設定だなと観ていて思いました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

この映画は観ていませんが、結構大胆な設定ですね。この妊婦が主人公でもいいくらいの大活躍ですな。

昔「リヴァイアサン」というモンスター映画(だったと思う)のクライマックスでも、かなりの深度の海中からすごい勢いで生身の人間が浮上するシーンがあったけど、あれも死んでますよね。

お礼日時:2007/05/23 22:39

映画の中でよくあるシーンに銃で撃たれて人が大きく吹っ飛ぶシーンが


あると思うのですがこれも現実的ではないと思います。なぜなら
もし銃で撃たれた人が大きく吹っ飛ぶなら作用と反作用の関係により銃を撃った本人も大きく吹っ飛ぼうとするはずですが映画の中では撃った本人は吹っ飛んでません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ああ! なるほど! そういえばそうですね。 これも気付きませんでした。
銃器類は身近ではないので、既出の“横打ち”やブラックホーク・ダウンの話のように、なんとなく納得してしまっていましたね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/28 23:48

#13です、一つ忘れていたので



ポセイドン・アドベンチャー(これは傑作)/ポセイドン(リメイクした駄作)

大洋で、あれだけの船をひっくり返す規模の津波だと、沿岸部では100メートルを超える大津波になるはずで、未曾有の大惨事となり、ポセイドン号を救援するどころではないでしょう。

それでも、第一作は人間の描き方の点だけでも傑作だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、気付きませんでした。ポセイドン号を転覆させる原因作りに一生懸命で、その他の影響を考えるのを忘れてしまったのでしょうか?(というか考える気がなかった?)

ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/26 23:26

宇宙での爆発シーンに関しては、誤解が多いのですが、火薬分の炎はでるはずです。

爆薬は分子構造内に酸素を持っており、その酸素だけを使って燃焼します(だから酸素がないところや水中でも使える)から、その分子が発光するのである程度の炎は出ます。宇宙ですから音は聞こえませんが。
核爆弾が宇宙で爆発した場合でも、火球は出来るはずです。火球を構成するのは蒸発した核物質やケーシングの分子ですから。こちらも、音はしませんね。

もっとも、いずれの場合も、空気との干渉がないので、加熱して発光したガスの行程は一直線となり、地上で爆発した炎のようには見えないかもしれません(ここは実際には見たことないので)。

私は、「光線銃の光芒が見える」ですね。地上なら空気や埃があるのである程度は見えるでしょう(映画ほどには見えないけど)が、宇宙では見えないでしょう。
もう一つ、光線なのにどうみても光より遅い。

まあ、宇宙物に関してはたくほかにもいろいろありますが、実際に知っているわけではないですからね。
この辺はあまりつっこむと柳田理科雄になってしまうな

このあたりは、バックロジャースなどのプログラムピクチャーの時代からですから、今更難しいんでしょうね。見る方もそう思ってるし。

ザ・コアとか、デイ・アフター・トゥモローのように科学考証で名前を載せている奴ははずかしくないのか、みたいなトンデモ映画もありました(つっこみ始めると夜が明ける)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宇宙でも“ピカッ”という感じで爆発はするんですね。思ってもみませんでした。
光線銃の件も「なるほど!」、でした。そもそも兵器になり得るのでしょうか?

ザ・コアは、あらすじを知った時点で観る気をなくしました。
デイ・アフター・トゥモローでは、マンハッタンのビル内で焚き火をしながら生きのびていましたが、あの程度の火力では凍死じゃないかとか、密閉性よくしたら今度は中毒死じゃないかとか思いましたが、それ以外は特に気にせず観てしまいました。

お礼日時:2007/05/26 00:07

 No.9です。

再びお邪魔します。

>例1)
>ダイハード2のクライマックスで飛行機の翼から燃料が漏れている所に火をつけて爆発させるシーンがあるが、ジェット燃料は粘性の高い液状で、ガソリンのようにバシャバシャ漏れることはないし、雪面上で火がつくこともない。

 これに関することですが、主人公のジョン・マクレーンは、翼の前面部の給油口のようなところに行って、素手でふたを開けてコックみたいなのを引っ張って回すと燃料が吹き出るということになっていましたが、素人が何の道具も持たずにあんなに簡単に燃料を吹き出させることができるのなら、危なくてしようがないと思います。自動車の給油口だって、車内からレバーを操作しないと開かないようになっているのに。あと、給油口があの位置についているのかどうかも疑問です。
 それから、Kita-kunさんに質問なのですが、ジェット燃料は粘性の高い液体だったのですか。私はあの映画を見て、何の違和感もなく飛行機の燃料もガソリンのようなものだと思っていました。
 個人的に、あのシーンは大好きだったのです。だって、何十人(百人以上?)も乗せて空を飛ぶジャンボジェット機が、ライターの火一つで滑走路の上の燃料の跡を伝って、最後には空中を火が走って大爆発させられる、というダイナミックさが衝撃的でした。お話を伺って、少し興味がさめてしまいました。残念。
 それからもう一つ、仮にジェット燃料が映画のようにガソリンみたいに粘度も引火点も低い燃料だったとしたら、マクレーンはそのガソリンの上にねそべった状態でそこに火をつけるわけです。その場所から離れてライターをガソリンの上に放り投げるように火をつけないと、自分自身も火だるまになってしまうのではないかと思いました。
 あのラストシーンは、主人公が、「ライターの火一つでジェット機を爆破する」ということを描くために、いろいろ無理な設定をしているようですね。大好きな映画なんですけど、分析すればするほど、ぼろが見えてきてしまうのは、ちょっと皮肉です…。ともあれ、別の意味で楽しめました。ユニークなご質問をありがとうございました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大好きだった映画の興味を削いでしまって申し訳ありません(^^;)
ダイハード2は結構突っ込み所の多い映画ですよね。
昔、何かのコラムで読んだのですが、ダイハードの3作品を野球に例え、1は拍手喝采の完全試合、2は散発打たれつつも力でねじ伏せて完封勝利、3はなんとか完投勝ち、という感じで、コラムニスト曰く、ダイハードは勝って当然、勝ち方さえにもこだわられる、それほど期待の大きい映画なのだ、ということでした。さて、4はどんな勝ち方をしてくれるのでしょうか?

尚、ジェット燃料は予備加熱をしないと流動性が出ないと、専門家から聞いたことがあります。ただ、ひとたび高温となって火がつくと、すさまじい勢いで燃焼するものだそうです。(雪面上でそんな温度になっているとは思えませんが。)

観点がややずれますが、ジェット機を爆発させたマクレーンの行為は多分過剰防衛で犯罪でしょうね。色々言ってますけどダイハードシリーズは好きな映画です。特に第1作はよく出来た作品だと今でも思っています。

お礼日時:2007/05/25 18:07

拳銃の横撃ちに関して、ちょっとだけ。


ジョン・ウーの影響とも言われてますが、実際にはそのようなシーンは無いらしい。
なぜ横撃ちかというと、役者の顔が見えるからと言う説もあり。

あと銃に関して言えば、装弾数以上に撃っているのは当たり前のようにあります。
ロボコップの場合、3点バースト射撃が多いにもかかわらずマガジンの交換は無し。弾数無限大?
(ロボコップ2ではマガジン交換のシーンあり)

リボルバーを使った映画でもリロードせずに撃ち続ける作品は多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。あの拳銃の撃ち方をする理由は、いかにも映画的なものだったのですね。

実弾の装填シーンも確かに少ないですね。リアルに描写すれば結構カッコいいと思うんだけどなあ。

戦闘機の機銃なんかも毎分数千発(?)撃てるというスペックを見たことがありますが、アッという間に撃ち尽くす気がします。バリバリ撃ちまくる長時間の空中戦なんて、実際にはできないのでしょうかね?

コメントありがとうございました。

お礼日時:2007/05/25 17:48

「クリフハンガー」・・・確かスタローンは半そででしたよね。

雪山で。あんなトコであんな格好でいたら凍死します!と、天気予報の森田さんがおっしゃってました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

元気がいいにも程がありますよね。
この作品は通しで観たことがないのですが、確かクライマックスでは凍った池にも飛び込んでませんでしたっけ?急激に体温を奪われて動けないと思うのですが。スタローンでなければ死んでますよね。

お礼日時:2007/05/25 17:40

 またダイ・ハード2ですが、ラストの方で、ジョン・マクレーンが飛行機の翼の上で二人の男と順番に格闘します。

合わせて10分くらいは戦っていたと思います。その間、飛行機は滑走路を走り続けています。あのシーンを見ながら、「滑走路は一体何十キロあるんだ」と思いました。
 それから、キアヌ・リーブスの「スピード」。映画中盤の見せ場で、バスが15 mほど途切れた工事中の高速道路をジャンプして切り抜ける場面。ジャンプする手前で斜め上向きに飛ばないと(仰角45°くらいで)、向こう側には着地できません。映画ではなぜかジャンプする直前に斜め上向きに飛んでいたように見えましたが、工事中の高速道路がジャンプ台のような構造になっているとは思えません。興ざめさせたくはないのですが、物理の法則を無視しているシーンですね…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言われてみれば・・・。確かに誘導路としても長過ぎですね。これも見せ場作りなんでしょうね。止まってる飛行機の翼の上で取っ組み合いしてるのも間抜けな感じですから。

スピードのシーンも覚えがあります。どうやってこの難関をクリアするんだろう、どんな秘策があるんだろう、と思って期待していたら・・・。「と、飛んだー!・・・だけ?」という感じで拍子抜けした記憶があります。興ざめしましたよね。

お礼日時:2007/05/25 08:31

ありえねぇ・・・っていうか、 普通そうするだろ~~


とツッコミ入れたくなったシーンが ジュラシックパーク1
下記サイトはネタバレなので・・まだ見ていない人は・・・w
http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/JURASSIC%2 …

●高圧電線が張られたフェンス をよじ上る。
このフェンスよく見りゃ、大人一人の体がすり抜けられそうな網目。
まして、子供2人なら、グラント博士が手助けすれば、通せるはず。
なのに、よじ上る???なぜ???
そこは、・・・・やっぱり、・・・映画なんだよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホントですね。当時全く気付かなかった。笑えますね。やはり見せ場を作るためには“よじ上る”ですかね。

お礼日時:2007/05/25 08:26

英語の映画データベースInternet Movie Databaseには、各作品ごとに「goofs(ずっこけ)」欄があり、そういうこまか~い突っ込みが網羅されています。



そこにすら載っていないもので、私がず~~っと気になっているのが、『SAYURI』の一場面。会長さんが幼いサユリに「Do you like sweet plum or cherry?」と、いきなセリフでカキ氷を勧めます。

まあ、sweet plumは百歩譲って「アンズ」だとして、戦前の花街で「さくらんぼ味」はあり得ないよね。アメリカなら定番のアメリカン・チェリー味、日本の「cherry blossom(さくらの花)」のイメージを出そうとしたのかもしれないけど、日本のさくらんぼエキスでカキ氷つくっても美味しくないでしょ。

ちなみに、このセリフ、同データベースで「memorable quotes(心に残るステキなセリフ)」欄に載っています。

あとは、パンフレットにも載っていることではありますが、『ロスト・イン・トランスレーション』。超有名ハリウッド・スターが味わう、プロモーション来日中の孤独を軸にした物語ですが、あれほどのVIPが日本に連れてこられたら、24時間、ほっとかれる時間など、ほぼ皆無なのは、来日アーティストを扱う業界の人なら誰もが知っている。

もちろん、いずれの作品も映画のメッセージは別のところにあるわけで、そんな野暮なことは言いっこなしだけどね。

参考URL:http://us.imdb.com/title/tt0397535/quotes
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなサイトがあるんですね!これまた英語なのがつらいですが。本当に細かい突っ込み満載ですね。

サクランボ味のカキ氷は日本人にとっては違和感ありますよね。

VIPも大変だ。(他国ではどうなんでしょうね?)

ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/23 23:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q死ぬ前に絶対に見ておけという映画

タイトルどおりですが、あなたが思う「死ぬ前に絶対に見ておけ」という映画はありますでしょうか?
私が今までに見た映画で、それに値すると思ったものは、「スターウォーズ」「史上最大の作戦」「地獄の黙示録」
「ロッキー」「スタンドバイミー」「続・夕陽のガンマン」「荒野の七人」「大脱走」です。
若干ジャンルが偏り気味ですが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なかなか死ねそうにありませんよ。 良い映画が多すぎて。
死ぬまでに観ていただきたい映画は・・・・
・ディアハンター
・ゴッドファーザー
・タクシードライバー
・ブロンクス物語
・グッドフェローズ
・ショーシャンクの空に
・ラスト オブ モヒカン
・フィールド オブ ドリームス
・キリングフィールド
・レッドオクトーバー
・砲艦サンパブロ
・バーティカルリミット
・ケープフィアー
・未来世紀ブラジル
・太陽の帝国
・グッドモーニングベトナム
・ホテルサイゴン
・プライベートライアン
・ミッドナイトエキスプレス
・ハイランダー1・2
・刑事ジョン・ブック
・アウトロー(クリントイーストウッド)
・許されざる者
・ニューシネマパラダイス
・暴力脱獄
・ブラックレイン
・ウォリアーズ
・レオン
・ティーブブルー
・アビス
・ブレードランナー
・アメリ
もういっぱい有りすぎて眠れなくなるのでやめます。
お休みなさい。

Q最高のミステリー映画

私は小説でも映画でもミステリーが大好きなので、
昔あったものから最近のものまで皆さんが最高だ、
と思う作品を教えてください。洋画がいいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

The Usual Suspect (邦題:ユージュアルサスペクツ)
私がはじめてケビン・スペーシーを見てファンになった映画。
最後のどんでん返しがすばらしい。

Qお勧めの映画・・・

こんにちは、今最も見たい映画は最後にえっ?と驚く作品が見たいです。
つまり最後に最高のオチがある作品です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サマーストーリー(88英)一夏の恋と、その悲しい終末を描いた傑作です。
ライフ・イズ・ビューティフル(98伊)第二次大戦時、ナチスの強制収容所で繰り広げられる父親と息子の感動のストーリー。
テス(79伊・仏)美しい背景を舞台に愛と悲しみのストーリーが描かれます。
アンドリューNDR114(99米)アンドロイドのアンドリューは人間にあこがれ自分の体を人間に似せて改造していくが・・・。
グラン・ブルー(88仏)美しい海を舞台に、素潜りで競い合う2人の男と1人の女の感動のストーリー。
シラノ・ド・ベルジュラック(90ハンガリー・仏)文武に秀でたシラノは大きな鼻にコンプレックスを持っていたが、美しい女ロクサーヌに心を奪われる。
カサブランカ(42米)1940年代のフランス領モロッコを舞台に繰り広げられる愛憎劇。
理由(95米)大どんでん返しの奇想天外のストーリー。
ゲーム(97米)練りに練られたストーリーと、驚きの結末。
ファイナル・デスティネーション(2000米)これから乗る飛行機が爆発するヴィジョンを見た少年と6人の生存者達を翻弄する運命。
JSA(2000韓)南北朝鮮の国境で起きた事件の驚愕の真相とは?
シュリ(99韓)諜報部の2人組が追う女スパイの意外な正体とその結末。
ブレードランナー(82米・香港)近未来、人間とほとんど見分けのつかないアンドロイドと人間達の愛憎の物語。

サマーストーリー(88英)一夏の恋と、その悲しい終末を描いた傑作です。
ライフ・イズ・ビューティフル(98伊)第二次大戦時、ナチスの強制収容所で繰り広げられる父親と息子の感動のストーリー。
テス(79伊・仏)美しい背景を舞台に愛と悲しみのストーリーが描かれます。
アンドリューNDR114(99米)アンドロイドのアンドリューは人間にあこがれ自分の体を人間に似せて改造していくが・・・。
グラン・ブルー(88仏)美しい海を舞台に、素潜りで競い合う2人の男と1人の女の感動のストー...続きを読む

Q香港映画と中国映画の違い。

映画ど素人の質問ですみません。
中国の映画には、中国映画と香港映画とわかれていますよね。
なんで2つにわけているんでしょうか?
見た作品でくらべると、「インファナルアフェア」とかの香港映画は近代的な映画中心にやっているけど、「HERO」とかの中国映画は古典的な映画を中心にやっていますよね。
全く2つの映画は同じ中国映画でも違うもんなんでしょうか?
あと、台湾映画もありますよね。

Aベストアンサー

日本映画と中国映画が全く違うことはおわかりでしょう。
同じアジア圏にあるからといって「東洋映画」で一括りに出来るものではありません。
旅をすると判りますが、中国から香港へ入る(またはその逆の)際には、出入国審査があり、パスポートの提示と出入国カードの記入が必要です。また台湾と中国を行き来する際にも同じ手続きを経なくてはなりません。
つまり、中国、台湾、香港は、それぞれ歴史も文化も異なる別個の国であり、映画会社も台湾や香港では資本主義の民間会社ですが、中国は国営スタジオですので共産党の意に反した映画は一切作れません。
日本や香港の映画俳優が中国映画に出演することもありますが、これはあくまでも客演(スペシャルゲスト)にとどまります。
ことほど左様に異なりますので、三者を区別しない方が不自然でしょう。

Q映画祭が主催して映画を作ることはあるの?

世界各国、さまざまな映画祭がありますが、映画祭がお金を出して映画を作ることってあるんですか?
カンヌ映画祭やベルリン映画祭が映画を作ったなんて話は聞いたことがありませんが、他の映画祭ではこんなことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「それぞれのシネマ」という映画がそうです。
カンヌ映画祭60周年に合わせカンヌ主催で作った映画です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330555

調べないとわかりませんが、他の映画祭でも節目節目で作った作品があると思います。

Q「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?

「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?
できれば、背景にエキストラのような感じで出てくるのではなく、ちゃんと「映画館」が物語に関わってくるものがいいです。

たとえばアニメなのですが、クレヨンしんちゃんの「カスカベボーイズ」という映画では、
映画館にやってきたしんちゃん達が、映画のスクリーンの中の西部劇の世界に吸い込まれる、というストーリーです。

このように、その映画のタイトルと、その映画にどのように映画館が出てくる(絡んでくる)のかを教えてください。
洋画カテゴリーですが、邦画でもアニメでも、なんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

↓に一覧がありましたので、ご参考にどうぞ。
http://sapporo.cool.ne.jp/jojo129/gallery/theater/theater.htm

Q「死霊の盆踊り」という映画がサイテー映画とは

「死霊の盆踊り」という映画の批評で、
「サイテー映画と呼ぶに恥じない映画」とか書いてありましたが、
「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。
またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

Aベストアンサー

厚いファン層の支持を得ているヨタ・カルト映画『資料の盆踊り』ですね。

私は何年も前に全編を通して見ましたが、かなり見応えのあるサイテー映画です。「呼ぶに恥じない」とは、よくぞ言いました。世の中には1円で売られている有名スター主演の映画ビデオがあるにもかかわらず、中古でもサイテー1980円からしかないのが賛辞の証拠です。

前置きが長くなりました。

>「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。

この場合は主に、芸術性、すじがき、カメラワーク、演技、照明や音声など各種技術のレベルがゼロという意味です。色彩と女優さんたちの容姿はそれなりに美しいです。

>またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

死霊が盆踊りをするだけの映画だからです。以下の解説も言い得て妙だと思いますよ。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11171

Q映画の思い出、映画館の思い出・・

好きな映画、子供の頃に観た映画、タイトルが思い出せない映画、
観たかったけど観られなかった映画、はじめてデートで観た映画、
レンタルで観た映画、映画館であったこと・・。
映画にまつわるお話はありますか?
出来れば楽しいお話で。
良かったら教えてください。

(文章が下手なので、短く拙いお礼しか出来ませんが思いますが、
「それでもいいよ~と」思われたら、回答お願いします。)

Aベストアンサー

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビクビクもので父親に連れられて行ったんです。父は盛んに「怪獣なんて飛び出して来ないから」と言うんですが、私はもうドキドキ。で、映画館に着きました。ところがですね、ここでまた問題が起きたんです。後から考えたら問題だったんですが。普通、映画を観に行く時って上映開始時間に合わせて行くものですよね?ところが父はそんな事お構いなし。映画の上映途中で映画館に入ったものだから、既に映画は始まっていたんですね。だから途中から観たんです。途中で観たもんだから私はチンプンカンプン。丁度あれは、コングがタンカーで運ばれるところからでした。で、コングが撃たれて死んでしまうまで、つまりラストシーンまで観たは良いんですが、肝心の話の初めが解らない。で、もう一回最初から見直したんです。当時は切符1枚で何回も観れましたから。飛び出して来ないと解り、私はもう夢中になって観てたんですが、父は横でグゥーグゥー。そして最初に入った時に観たシーンに入ったんですが、普通は最後まで観るでしょう。せっかく1枚の切符で観放題なんですから。ところが父は「さぁ、こっからは最初の続きだから帰るか」。子供心に「あらららら・・・」。子供だから筋なんてどうでも良い。ただ怪獣が好きだったので、コングが観れれば良かったんですが、何となぁく変な気がしました。何だか今から考えると愉快な思い出です。

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビク...続きを読む

Q昔の映画館の謎

最近深夜の番組で、昔の映画館はヤクザ映画が多く、客は男性ばかりで、映画館と言えば男性が足を運ぶもので、女性が行く場所では無かったと言っていました。

しかし、スターウォーズが大ヒットし、スターウォーズに、主人公とレイア姫とハンソロとの恋愛要素があった為に女性も誘える映画として女性にも人気になり、その影響で日本映画も女性向けのものが増えていって、女性も映画館に足を運ぶようになっていったと言われていましたが、ローマの休日等のオードリー・ヘップバーン主演のものや、風と共に去りぬやその他のフランス映画、ビートルズがやってきた~等それ以前に女性向けの映画は映画館ではやっていなかったのでしょうか。
やっていたと思うのですが、何故この様な女性向け映画があったと思うのに、映画館は男性向けのものだったのでしょう。
SF映画に恋愛要素が革命的だったのでしょうか。

Aベストアンサー

その深夜番組の話は、あくまでも、一つの側面からの見方です。

元々、映画は、男女を問わずに楽しめる最大の娯楽でした。
ご指摘のように、1950年代には、オードリー・ヘップバーンが若い女性のスタイルに圧倒的な影響を与えるなど、洋画でも邦画でも、女性向けの恋愛映画が、戦前・戦後を通して数え切れないくらいありました。

しかし、テレビの普及で映画産業が斜陽化しましたが、例外的に「ヤクザ映画」は好評でした。そこで、東映・大映・日活などの各社が競って、「任侠ヤクザ映画」の製作に力を入れるようになり、主演級のスター俳優たちも、殆んどそちらに投入するようになりました。そして、一時期には、興行成績の上位を「ヤクザ映画」が独占するに至りました。
この「ヤクザ映画」の全盛期に当たるのが、1960年代後半です。この頃は、確かに、映画といえば「ヤクザ映画」といっても過言ではないような状況ではありました。「ヤクザ映画」は、暴力的で凄惨な内容のため、女性が鑑賞するには適さなかったので、この時期に映画館から女性の足が遠のいたのも事実でしょう。

その後、「ヤクザ映画」も衰退し、それに代わって、スターウォーズが大ヒットしました。その後の展開は、番組の話の通りです。
つまり、番組での話は、ヤクザ映画全盛期を基点にした見方で、映画史の全体を俯瞰した解説ではないわけです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%AF%E3%82%B6%E6%98%A0%E7%94%BB

その深夜番組の話は、あくまでも、一つの側面からの見方です。

元々、映画は、男女を問わずに楽しめる最大の娯楽でした。
ご指摘のように、1950年代には、オードリー・ヘップバーンが若い女性のスタイルに圧倒的な影響を与えるなど、洋画でも邦画でも、女性向けの恋愛映画が、戦前・戦後を通して数え切れないくらいありました。

しかし、テレビの普及で映画産業が斜陽化しましたが、例外的に「ヤクザ映画」は好評でした。そこで、東映・大映・日活などの各社が競って、「任侠ヤクザ映画」の製作に力を入れ...続きを読む

Q大学では映画の授業が多いのでしょうか

映画カテゴリーを見ていると、大学の授業で映画についてのレポートを書くために、そこで質問したり、教えてもらおうとしているものがときどき見られます。
最近の大学では映画の授業が多いのでしょうか。
確かに人文系、特に英米文学の教員が映画の授業をしている、したがっているという傾向は感じていましたが、10年ほど前にはそうした教員が映画の授業をしたいと言ってもなかなか認めてもらえないと聞いていました。
あれから10年たち、大学では積極的に映画の授業をするようになったのだろうかと思い、ここで質問させていただきます。

なお、質問の内容は圧倒的にアメリカ映画で、日本映画やヨーロッパ映画、アジア映画についての質問は見たことがありません。これは、大学ではアメリカ映画ばかり扱っているということなのでしょうか。
また、受講する学生の映画ファン度、担当する教員の映画ファン度、知識度などもわかればお願いします。

Aベストアンサー

 >>1です。
補足回答ありがとうございます。
上手くは書けないですが、雰囲気だけでも伝わればと。

 自分の場合ですが、理学部です。
しかし、文系科目を一部選択しています。
「映像表現論」という講義です(一週間に三時間の授業です)。
 この講義を取っている方々の多くは映画監督、演出家、脚本家に成りたいと思っている(又は興味がある)人の集まりです(三十人程度)。
 自分も脚本に興味がある人間です。
ただ残念なことに人気が無い講義なので、仕方無く選択している方がいます(他の自分が受けたい講義の抽選から外れた人達とか)。

 今の学生は小説を読まない人間ばかり(想像力も身に付いていない人ばかり)だと思います。
そしてインターネットの普及が背景にあるのか、物事の省略化(単純化)が進んでいます(結果ばかりを求めて、練習、研究を面倒臭がっている)。

 自分の知人ですが、この授業を一緒に選択しています。
その知人は映画監督、もしくは映画関係の職業が志望だそうです。
その彼は映画を撮る技術だけ欲しいのであって、研究はしたくないのです。
実技(撮影)だけがしたいという感じでしょうか。

 今の小説家でもそうです。
他人の書籍も読まず、書くだけです。
研究をしないのです(研究してる人は研究してるでしょうが)。
 学生にも同じことが言えると思います。

 単位欲しさに受講している方のレポート発表はいい加減です(映画鑑賞の時でも寝てますし)。
 撮影技術の研究をしたいと思って受講している方は真面目にレポートは仕上げます。
しかしそれまでです。
自発的に他の映画を観ようとはせず、撮影技術(実技)に目が行っています(一部は自発的に映画を観る方がいますけど)。

>あまり映画を見ていないような感じのする学生が映画の授業を取り、そこでレポートの課題を出されて、何を書いていいのかわからず質問しているようなものを時々見るので、

 単位欲しさの人、映画監督に成りたい!と言いつつ、口先だけの人がその類だと思います。

 自分の講師はドイツ映画、フランス映画ばかりを観させますね(アメリカ映画はあんまり観させないです)。
この講義を選択している人の中には映画マニアが数人います。
彼等の話しには付いて行けないです(『カリガリ博士』辺りの話しには付いて行けましたが)。
 ですから、全員が全員、中途半端という分けでは無いですね。
このサイトに質問して来た方の理由は、まず自分で調べないからだと思います。
それと自分では何も考えれないからだと思います。
それか調べることが面倒なのか、考えるのが面倒な方だと思います。
 ただでさえ映画好きな方が集まる授業なので(勘違いが人達が多いので)、ハリウッド映画などを上げると馬鹿にする風潮はありますね。
 「自分達はこんなマニアックな映画を知ってるんだぜ?なのにハリウッドって・・・。」という態度で。

>映画プロパーでない授業で映画を使うのを

 興味無い人は寝てますね。
後、授業が映像で進行するので、楽に感じます(正直)。


 また何か違うなぁと思えば、何か言って頂ければ幸いです。

 >>1です。
補足回答ありがとうございます。
上手くは書けないですが、雰囲気だけでも伝わればと。

 自分の場合ですが、理学部です。
しかし、文系科目を一部選択しています。
「映像表現論」という講義です(一週間に三時間の授業です)。
 この講義を取っている方々の多くは映画監督、演出家、脚本家に成りたいと思っている(又は興味がある)人の集まりです(三十人程度)。
 自分も脚本に興味がある人間です。
ただ残念なことに人気が無い講義なので、仕方無く選択している方がいます(他の自分...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報