【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

【北原白秋】

茶の煙 かすかなれかし 幽かなる

け古なれども 目にしみるもの



上記の訳を 教えていただけないでしょうか?
よろしく お願い致します。

A 回答 (1件)

 まず、北原白秋は昭和17年(1942年)没ですから引用しても著作権問題はクリアですよね。



 歌集『雀の卵』に「茶の煙」と題された4首があります。

>   茶の煙

> 茶の聖(ひじり)千の利休にあらねども煙のごとく消(け)なむとぞ思ふ
> 茶の煙幽(かす)かなれども現身(うつしみ)の朝餐(あさげ)の料(しろ)に立てし茶の煙
> 茶の煙消(け)なば消(け)ぬべししまらくをたぎる湯玉の澄みて冴〔さ〕えたる
> 茶の煙幽かなれかし幽かなる煙なれども目に染(し)みるもの

 ということで、最初は木から摘んだ茶の葉を炒(い)る〔あぶってこがす、油を使わずに炒(いた)める感じ〕時の煙かなと思っていたのですが、どうやら朝ご飯に飲むお茶を沸かすときの薪(たきぎ)の煙のようですね。

 以下、上の4首の、私の自己流解釈。

 私は茶の聖人の千利休(のような覚悟のできた人間)ではないけれども(俗世に執着など持たず、いさぎよくあっさりと)茶を湧かすときの煙のように消えようと思う。

 茶を沸かす時の煙(そのもの)は、かすかではあるが、間違いなく存在する肉体を持つ私の朝食に飲むためのものとして立てた(確かな存在としての)茶を沸かす煙である。

 茶の煙が消えるのならば消えてしまえばいい、しばらくの間、沸騰した湯(からでる泡?)は澄んで、澄み切っている(そういうお湯を沸かした煙だから、消えていったとしても存在した価値はあったのだ)。

 茶の煙はかすかであってほしい。かすかな煙ではあるけれども目に染みるもの(であるから)。(すばらしい煙だといっても、けむたいものはけむたい。)

 「幽かなれかし」は「かすかである」という意味の形容動詞の命令形に、強調の意味を持つ終助詞の「かし」が着いたもの。直訳すると「かすかであれ」と命令する感じ。

 そうそう、御質問の方では「け古なれども」になってますが、私の見た本では「煙なれども」になっています。「け古」だとすれば、「け」は「けだるい」などというときの「け」のように「なんとなく」という意味の接頭語で、「なんとなく古めかしい趣(おもむき)はあるけれども」ということでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

usagisan 様
早々に メールをいただき本当にありがとうございました。
心より感謝致します。
白秋にとても興味を持ち ぜひ 歌集「雀の卵」を読んで
みたいと思いました。

お礼日時:2002/08/01 16:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白秋の『桐の花』の歌について

厳密には文学の範疇ではないのかもしれませんが……


北原白秋の『桐の花』にある有名な短歌についてです。
君かへす朝の舗石さくさくと雪よ林檎の香のごとく降れ

多くの解説書では姦通罪の際の獄中詠であるとあり、僕もその意見に左袒するものです。
ただ、その解釈のあとに「収監中、面会に来た俊子を獄中から送り帰すときの心情」ということを書いてあるのを時折目にします。

獄中詠であるとすると、相手の松下俊子女史は特にお咎めなし、すなわちシャバにいるのでしょうか?当時の姦通罪は決して女性を保護するような法令ではないような気がするのですが……
それとも、獄中詠ではあっても光景自体は獄中ではなく後朝の別れを歌ったものなのでしょうか?

Aベストアンサー

歌集『桐の花』において、この歌のある「春を待つ間」の章は、明治43年3月頃から、同年9がつの青山原宿移転を挟んで、44年2月に木挽町に移った頃までが載っており、更に細かくは「III(3) 雪」の項に分類されていることからして、青山での晩夏における隣家付き合いが恋愛の発端でもある経緯から、明治44年春の作と思われます。

一方、京橋に移り住んでいた白秋のもとに恋人俊子が走ったことから姦通罪で告訴された明治45年7月6日時点以降の歌は「哀傷篇」の「III(3)」には次のような歌があります。

志みじみ涙して入る君とわれ監獄(ひとや)の庭の爪紅(つまぐれ)の花

最初に女が馬車から降ろされ、続いて男囚群の一番最後に白秋が飛び降りようとしたが、紐で数珠つなぎに繋がれているため躓きそうになった。その時に見た爪紅の花や、その無様さを俊子に見詰めれていることに気付いたことなどを「やっこらさのさ」といった言葉と共に、悲しみ極まった挙句の「面白き」印象として記してもいます。

裁判は7月16日で、その結果は慰謝料300円を支払って免訴となっています。結局2週間ほどの未決監滞在だったようです。
その後については、俊子との再会と結婚は大正2年4月だが翌夏には離別、、大正5年5月から大正9年5月の間は江口章子と、大正10年4月には更に佐藤菊子と結婚しています。

セカンドソースやネット風評に惑わされず、まずは原典を愉しみましょう。
「桐の花 : 抒情歌集」東雲堂書店(大正2年)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/907273
参考:「日本の詩歌 9 北原白秋」(中央公論社)

歌集『桐の花』において、この歌のある「春を待つ間」の章は、明治43年3月頃から、同年9がつの青山原宿移転を挟んで、44年2月に木挽町に移った頃までが載っており、更に細かくは「III(3) 雪」の項に分類されていることからして、青山での晩夏における隣家付き合いが恋愛の発端でもある経緯から、明治44年春の作と思われます。

一方、京橋に移り住んでいた白秋のもとに恋人俊子が走ったことから姦通罪で告訴された明治45年7月6日時点以降の歌は「哀傷篇」の「III(3)」には次のような歌があります。

志み...続きを読む

Q北原白秋の短歌の意味

月あかり水脈引く雲の波だちて 夜空はすずし水のごと見ゆ


という北原白秋の短歌の意味が知りたいのですが……
調べても出てこなかったので、どなたかわかる方、お願いします!!!

Aベストアンサー

月光に光っている雲の様子が水の波のように見えて、空に水があるように思えて涼しく感じられる くらいではないでしょうか?


人気Q&Aランキング