「バッハならこの人!」といえるような正統的なピアニストを教えてください。

とりあえず評判の高いグールドのゴルドベルク変奏曲を聞いてみたんですが
バッハというよりグールドを聞いてるような気がして
どうもなじめませんでした。(なんでグールドがよく言われるのか
よくわからなかったです)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>「バッハならこの人!」といえるような正統的なピアニストを教えてください。



ピアニストがバッハを弾かなくなってもう長い年月が経ちました。
もちろんレパートリーの一つにバッハの曲が入っているピアニストはたくさんいますが、

 「バッハならこの人!」というオーセンティシティ
 「正統的」というオーソドキシー

以上を兼ね備えたピアニストは現代では一人もいません。

現代ではバッハの(オルガン以外の)鍵盤曲はチェンバロかひょっとしたらクラビコードで弾くのが”正統的”であると広く認識されています。


といって、”ピアノで弾くバッハ”は私自身嫌いではないです。
でも聴くとしたらどうしても「往年の名ピアニスト」になってしまいますね。
ご質問の趣旨に合いそうなピアニストとしては

 スヴャトスラフ・リヒテル
 タチアナ・ニコラーエワ
 ロザリン・テューレック

少し格が下がりますが
 アンドラーシュ・シフ

などでしょうか。
リヒテルの平均率は私も大好きです。


お勧めをチェンバロ奏者にまで広げていいなら、すでに名が挙がってますがグスタフ・レオンハルトは何をさておき聴くべきです。
リヒター、ヴァルヒャは個人的には「大好き!」ですが、さすがに古いかな?(苦笑
でも、リヒターのパルティータ、ヴァルヒャのイギリス組曲はいいですよ。一度お聴きください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。ピアノで正統的なバッハならリヒテルが有名で、それ以降はチェンバロという感じのようですね。

お礼日時:2007/10/18 23:44

 主なところは、他の方が書かれているので、少しだけですが他のピアニストを書いてみると、


 アンジェラ・ヒューイット:カナダの女性。評論家の吉田秀和氏をはじめ、日本でも大変人気があります。ややロマンティクながら、女性らしい清楚な感じもして素敵です
 マレイ・ぺライア:明るくて抒情的な感じですが、手の故障以降、内省的な味わいも増しています。自然な感じでリラックスできます。
 フリードリヒ・グルダ:かなり自由なバッハ。即興的な趣があります。個性的な感じですが、グールドのような堅苦しさはないです。ある意味バッハ本人が楽しんで弾いている感じもします(バッハの時代は今よりもっと即興的な演奏をしていたそうです)。正統派のクラシックファンにも人気があります。
 ファジル・サイ:かなり刺激的なバッハ。自由闊達な感じで好き嫌いは別れそうです。

 バッハは、古楽風の演奏、ロマンティックな演奏や、現代的で自由な演奏など今は色々なスタイルで弾かれています。
ですので、個人的にはほかの方が言われているのと同じで「バッハならこの人!」といえるような正統的なピアニスト」はいないと思います。また、一時期のようにチェンバロでないと駄目というのも、否定されつつあるようです(バッハが最初期のピアノをかなり弾いて評価していたというのが最近の定説ですし、現代のピアノでも(あるいはだからこそ)バッハの良さは十分に出せるという考え方が主流です)。
 チェンバロの演奏も、レオンハルト以外のたくさんの人が、色々なスタイルで演奏していて、百花繚乱という感じです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いろいろと紹介してくださりありがとうございます。
ピアノも最近は復権の動きがあるのですね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/10/18 23:49

私はCDは良く分かりません。


皆様仰っておられるように、リヒテル、グルダというのが一般に
すごいといわれております。
私が申し上げたいのは、2年前だかバレンボイムが来日した際
コンサートで聴いた平均律2晩です。
本当に素晴らしい演奏でした。
サントりーホールを満杯にして、人々をあの難しい平均律で魅了したの
ですから、言葉がありませんでした。
特に2巻はすごかった。

ついつい一巻は会場で売り出しておりましたので買いました。
しかし、私にはあまりCDを聴く趣味がないもので、秋にリリース
されるという2巻はついに買いませんでしたが。
あの2晩の演奏を思い出して十分と思っております。

ちなみに今バレンボイムが今来日しておりますが、
コンサート,オペラを追っかけております。
バレンボイムはついに大巨匠になった、というのが私の確信です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

バレンボイムが旬みたいですね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/10/18 23:47

みなさんおっしゃっているように、「バッハならこのピアニスト」と太鼓判を押せる人は見あたりません。


既出のグールド「ゴルトベルク」、リヒテルの「平均率」のほか、ヘブラーの「フランス組曲」全曲盤もありましたし、単発ではアルゲリッチの「イギリス組曲第2番+パルティータ第2番+トッカータ」がすごい演奏でした。
ごく新しいレコーディングでは、フェルツマンの「パルティータ」全曲盤がなかなか聴かせます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
オススメを順次聴いてみようと思います。

お礼日時:2007/10/18 23:45

バッハはピアノよりチェンバロって感じですね。


2段鍵盤じゃないと弾きにくいものあります。

私の先生の先生の先生のレオンハルトをまず
お聞きになってみてください。
あと目の不自由だったヴァルヒャの演奏は
精神を揺さぶられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今はチェンバロが主流になっているみたいですね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/10/18 23:42

>とりあえず評判の高いグールドのゴルドベルク変奏曲を聞いてみたんですがバッハというよりグールドを聞いてるような気がして



たしかに(笑)
バッハというよりグールドの世界になってますから・・

近年ではマルティン・シュタットフェルトが良いと思います
個人的にはリヒテルが好きですけど・・
他には・・・ピアノでなくチェンバロでもいいのならグスタフ・レオンハルトやカール・リヒターでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
シュタットフェルトを聴いてみます。

お礼日時:2007/10/18 23:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッハのインベンション

バッハのインベンションをオルガンで演奏するのは変ですか?

Aベストアンサー

どんなオルガンで弾くのかによって曲が絞られると思いますね。パイプオルガンや電子楽器だと問題なくても、リードオルガンではスタッカート系の演奏は工夫や技術が必要になると思います。また厳密に考慮すると向いている曲、向いていない曲があると思います。レガート系の曲ならば。むしろピアノよりいい味を出せますよ。いろいろ試してみてください。楽しいですよ。
もう一つ、指遣いの検証が必要になるでしょうね。オルガンにはオルガンのための指遣いがあります。ピアノではペダルを使って音をつなぐようなフレーズでも、オルガンでは指だけでレガートを実現しなければならないものがありますから。これも勉強ですね。

Qピアニストのような13歳、どのような練習を?

 ピアニストの中村紘子さんが「12歳まで、ピアニストの域に達することが出来る」とおっしゃっていたのを読んだのですが実際、小林愛実さんなど大人と変わらないほどの技術を身につけたお子さんって一体どんな過酷な練習をしたのだろうと思ってしまうのですが、中村さんによるとピアノは語学やスポーツと変わらないそうです。英語がペラペラしゃべれる帰国子女はごく当たり前ですがそのような感じでピアノも弾けますよと言うことなのでしょうか?語学は発音が問題で12歳を境にネイティブ英語か日本人英語かに分かれてしまいます。まあ発音は訓練次第(完全にはむり)でしょうが。

Aベストアンサー

こんにちは。

中村紘子さんは私の友人の親しい方なので 普段の生活のご様子を伺った事がありますが それはもう殺人的スケジュールだそうですね。
中村さんが小さい頃 まだ日本にはピアノに関する良いメソッドがなく ひたすら『根性!根性!』という感じで 具合が悪くても洗面器を片手に?もどしては練習、練習だったそうです。私が音中へ入学して間もなく 担任の先生から日曜日は何時間練習している!と尋ねられ 皆が『・・・』でいると『私は朝8時から夜8時まで練習していた!それくらい当たり前!』と言われ『へっ?そんなに!』と驚いたものでした(笑)
で、失礼な話。その担任の先生のジョイントコンサートを聴きに行きましたが『・・・』でした。つまり才能や練習方法(メソッド)によって 1日中ピアノにかじりついて練習しても それほど素晴らしいピアニストになれる訳でもなく 1日5~6時間でも素晴らしく上達をする人もいる訳で。

本当に最近では日本でもかなり研究が進み 理にかなったメソッドが確立されて来ていて 若手のピアニストも昔よりレベルが上がっていると言われてるらしいです。私個人的には ピアノのメソッドに関してはロシアが優れているのではないかなぁ…と思ったりしますが 世界中のピアノ教育を研究している訳ではないので 本当のところはわかりません(汗)

指導していても 自分が昔教えて頂いた方法とか 理論がかなり違っているので 『私もこういう方法でレッスン受けたかったなぁ…』と思ったりしますが 元々の才能はどうか…と考えた場合???です(笑)
おそらく(想像ですが)小林愛実さんは 溢れる才能をお持ちになって生まれた方だと思いますし 彼女を取り巻く環境にも恵まれ 『過酷』というより『大好きな事を極めるための』練習に日々取り組んでいらっしゃるのではないかなぁ…と羨ましく思っています。

これを言っては身も蓋もないのですが 小さい頃からオーケストラと共演できるような方というのは 持って生まれた才能と環境に恵まれているって事だと 私は思います。
大してご参考にならぬ回答 失礼しました。

こんにちは。

中村紘子さんは私の友人の親しい方なので 普段の生活のご様子を伺った事がありますが それはもう殺人的スケジュールだそうですね。
中村さんが小さい頃 まだ日本にはピアノに関する良いメソッドがなく ひたすら『根性!根性!』という感じで 具合が悪くても洗面器を片手に?もどしては練習、練習だったそうです。私が音中へ入学して間もなく 担任の先生から日曜日は何時間練習している!と尋ねられ 皆が『・・・』でいると『私は朝8時から夜8時まで練習していた!それくらい当たり前!』と言われ...続きを読む

Qインベンション(バッハ)のお勉強

ピアノを独学でやっていて、今、バッハのインベンションを弾いています。
それで、インベンションはすべての調(曲)を弾けるようにしたほうがいいのでしょうか。
すべて意味がある曲なのでしょうか。

あと、インベンションを弾く上で何か意識したほうがいいことがあれば、
教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バッハのインヴェンションを独学するのはとても難し
いです。
理由。ポリフォニーの音楽でご存知のようにインヴェ
ンション2声、シンフォニア3声と言うように多重
声部の音楽だからです。この音楽には日本にはありません。ですから日本人には一般にはとても苦手なもの
なのです。
日本の音楽は単旋律で出来ているので、我々がポリフ
ォニーに馴染むには多大な努力を要します。
兎も角われ等の血にそのような文化がないからです。

私も長いこと生徒を教えてきましたが、先ずバッハ
が皆解釈できなくて、対位法を砕いてすべてアナリー
ゼして初めから教えなおします。
それはとりもなおさず私がそうだったからですが。

と言うことで、全音の楽譜もアナリーゼ目茶目茶
です。

楽譜の一番いいのはブゾーニ版ですね。丁寧にアナリ
ーゼして、又弾き方もよく書かれています。

練習する時右手だけ弾いて覚え、左手だけ弾いて覚え、どこにテーマがあるか、どこが主旋律かと片手
だけで覚えてから両手で弾くのをお勧めします。
私も始めての子にはそういう風にして教えます。
そのうち皆さん分かってきます。

バッハの時代はピアノはありませんからチェンバロか
オルガンを頭に入れて練習してください。

すべての調で弾けるようになるより、より沢山弾いた
ほうが為になります。

バッハのインヴェンションを独学するのはとても難し
いです。
理由。ポリフォニーの音楽でご存知のようにインヴェ
ンション2声、シンフォニア3声と言うように多重
声部の音楽だからです。この音楽には日本にはありません。ですから日本人には一般にはとても苦手なもの
なのです。
日本の音楽は単旋律で出来ているので、我々がポリフ
ォニーに馴染むには多大な努力を要します。
兎も角われ等の血にそのような文化がないからです。

私も長いこと生徒を教えてきましたが、先ずバッハ
が皆解釈できなく...続きを読む

Qピアニストのような指になりたいんですが・・・。

マルタ・アルゲリッチのような太い指になりたいんですけど、

ああいう人って、とことんハノンとかやってるんでしょうか...!?

あと、ピアノを弾く上で握力を鍛える必要はあるのでしょうか!?

Aベストアンサー

持って生まれた骨格や手の形もあると思いますが、指そのものはともかく、手のひら全体などは、ピアノをがんがん弾いていると確かに筋肉がついてずんぐり大きくなると思いますよ。
私はピアノをやめてからもう10年にもなるのですが、学生時代、現役で毎日何時間も練習していた頃は、もっと手の横幅がありました。特に、日常生活の中ではあまり独立して動かすことのない、薬指や小指、手のひらの外側=小指側の端(?手相でいう結婚線の辺りからその下~手首にかけて。分かってもらえます?)が、現役の頃はもっと張り出してました。何年か経って自分の手を見て、ほっそり(多分筋肉が落ちて)しちゃったのには改めてびっくり。

最初の方の回答にもあるように、アルゲリッチはハノンとかやらなそうな気もしますが(嫌いそう?(^^);)、何人か握手した有名ピアニストの方々を思い出すと、意外と結構ずんぐり、大きく、がっちりした(ただし柔らかい!)手の持ち主が多かったように思います。

握力は特に「必要!」とは思いませんが、どうなんでしょうね、逆に、毎日指を動かして練習を続けていることで(何もしないのに比べると)、自然に多少握力もついてくる、ということではないかと思います。
よく音大生などが使うような“フィンガートレーニング・グッズ”(?バネ状のものを握って指の力を鍛えるようなもの等々)が楽器店などにありますが、これも、使っていると指だけじゃなく握力も鍛えられそうな感じですよね。

持って生まれた骨格や手の形もあると思いますが、指そのものはともかく、手のひら全体などは、ピアノをがんがん弾いていると確かに筋肉がついてずんぐり大きくなると思いますよ。
私はピアノをやめてからもう10年にもなるのですが、学生時代、現役で毎日何時間も練習していた頃は、もっと手の横幅がありました。特に、日常生活の中ではあまり独立して動かすことのない、薬指や小指、手のひらの外側=小指側の端(?手相でいう結婚線の辺りからその下~手首にかけて。分かってもらえます?)が、現役の頃はもっと...続きを読む

Qバッハのインベンション、パルティータでお勧めのCD教えてください

いつも大変お世話になっております。

最近ピアノの先生を変えました。
その先生は、バッハの音楽を大変愛していらっしゃる方なので、
私にもバッハを弾かせたいようです。
先日、初めてのレッスンで、「次回はインベンションを弾いていらっしゃい。」と言われちゃいました。

インベンションは中高生の時にやった以来なのですが、今もう一度さらいなおしています。
いずれパルティータも何番かわかりませんが、弾くことになるとおっしゃっておりました。(汗)

バッハは硬くて、ミスは目立つし、弾きづらいし、凄く頭使う…と思っていたので、あまり好きではなかったので、一枚もCDを持っておりません。

ですが、最近、先生のバッハの公開講座を聴講して、「また弾いてみたいし、挑戦してみたいな…。」という気持ちに変わってきました。
なので、勉強になるCDを探しています。

バッハ弾きのピアニストですぐに浮かんだのが、グレン・グールドなのですが、その他は誰が良いのかわかりません。

インベンション、パルティータでお勧めのCDをご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

よろしくお願い致します。

いつも大変お世話になっております。

最近ピアノの先生を変えました。
その先生は、バッハの音楽を大変愛していらっしゃる方なので、
私にもバッハを弾かせたいようです。
先日、初めてのレッスンで、「次回はインベンションを弾いていらっしゃい。」と言われちゃいました。

インベンションは中高生の時にやった以来なのですが、今もう一度さらいなおしています。
いずれパルティータも何番かわかりませんが、弾くことになるとおっしゃっておりました。(汗)

バッハは硬くて、ミスは目立つし、弾き...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

近頃は若いピアニストも積極的にバッハを弾くことが多いように感じますが、近代ピアノでバッハを弾くことが白眼視(?)された時期にもシフは録音を重ねて、バッハのピアノ好きを慰めてくれました。

そんな人が、地味ながらも東欧にもいたらしく、コロリオフは90年代からバッハの録音が出るに従って名声を得、2000年には御大リゲティに「無人島に行くのに持っていくCDならためらわずにコロリオフのバッハを選ぶ」と言わせてバッハ弾きのお墨付き(?)を貰ってしまいました。堂々たる、現代のバッハだと思います。パルティータは録音していないようですがインヴェンションとシンフォニアならこちらにあります↓
http://www.hmv.co.jp/product/detail/230527

もし、最近の売れっ子を挙げるなら、ドイツで人気のマーティン・シュタットフェルトを↓
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1367749
こちらは「鬼才」という感じで、好き嫌いははっきり分かれると思います(私自身はアタマが固いのでダメでした。でも周囲の人がゾッコンな気持ちもわからなくはないのです)。

パルティータはマレイ・ペライアも録音していますが、まだ半分だけで、残りは来年の発売とか。ポリフォニーよりも和声感が強く、グールドと合わせてお聞きになると興味も倍増かと思います。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2692599

リサイタルではアンデルジェフスキのバッハで大感動したのですが、録音はどうなんでしょうか・・・・。未聴なので留保しますね。

オマケ(1):パルティータ1番にはリパッティの死の直前の録音があります。評に「精神性」とか「祈り」といった言葉が乱れ飛ぶ伝説の名演ですが、そうした面ではなくても、実際に教えられることも多い演奏かと思います。
オマケ(2):パルティータ4番には、これまた早逝してしまったウィリアム・カペルの録音があり、こちらはまさに珠のような美しさ!しかし6曲しかない・・・最後のジーグが欠けているんです・・・なにしろ録音を終える前に事故死なさってしまったらしい。残念!!!

こんにちは。

近頃は若いピアニストも積極的にバッハを弾くことが多いように感じますが、近代ピアノでバッハを弾くことが白眼視(?)された時期にもシフは録音を重ねて、バッハのピアノ好きを慰めてくれました。

そんな人が、地味ながらも東欧にもいたらしく、コロリオフは90年代からバッハの録音が出るに従って名声を得、2000年には御大リゲティに「無人島に行くのに持っていくCDならためらわずにコロリオフのバッハを選ぶ」と言わせてバッハ弾きのお墨付き(?)を貰ってしまいました。堂々たる、現代の...続きを読む

Q皆さんはお好きなピアニストはいますか?よく聴くピアニストでもOKです。

皆さんはお好きなピアニストはいますか?よく聴くピアニストでもOKです。
例えばショパン弾かせると◯◯さんが素晴らしいとか。ベートーヴェンであれば□□さんをよく聴くなどなど...もしよろしければ、皆様のピアニストの好みを教えて下さい。
アドバイスいただいた方のオススメのピアニストの演奏を是非とも聴いてみたいと思ってますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 再生機の音楽をあまり好んでいないので、現代日本女流ピアニストから。

 1980年代は、中村紘子、それから90年代に小山実稚恵が加わり、2000年頃に仲道郁代が加わって、女流では3大ピアニストだったように思いますが、最近は、田部京子さんと小川典子さんの演奏が素晴らしいように思います。

 田部さんは、近年よく演奏している北欧もの。
 小川さんは、何でも、現代音楽まで良いと思います。

 あと、余計な一言。
 1番の方が推薦しているキース・ジャレットは、ジャズピアニストという範疇に入れられていますが、彼の「ケルン・コンサート」というライブアルバムは、発売当時「クラシックを超えた」名演と言われた傑作です。聞いてみればすぐ分かることですが、クラシック的な鍛錬も、充分に受けている人です。演奏会に来られる人には、いわゆるクラシックファンもたいへん多いのです。

Qバッハのインベンション6番で音符の前にxがついていますが、この記号の意

バッハのインベンション6番で音符の前にxがついていますが、この記号の意味はなんですか?また、9番で5線譜の上にmのような記号でmの頭のところにひげのようなものが上をむいたり、下をむいたりしていますがこれはどんな記号でしょうか。

Aベストアンサー

インベンション6の方はダブルシャープです。元々,♯が付いている音に更にもうひとつ♯が付いて,更に半音高くなります。
mにひげのようなものは,シュライファー(Schleifer)で,奏法は「フリーデマン・バッハのためのクラヴィーア小曲集」の装飾音表を添付画像します。
ひげのようなものが下からか上からかで,元の音2度下から入るか上から入るかになります。
後のトリルのようになるところは四分音符や付点四分音符の音価によって入る数が違ってきます。
プラルトリラーやモルデントとトリルを組み合わせたような形になります。
同じような説明になりますが,下記にもシュライファーの奏法が載っていました。
論文の24ページ(PDFファイルでは7ページ)「長いトリラー」
http://ir.iwate-u.ac.jp/dspace/bitstream/10140/1469/1/erar-v48n1p17-42.pdf

Qバッハの代表的な曲

バッハで有名な曲を数曲教えていただけますか。

Aベストアンサー

誰でも知っているのはこのあたりでしょうか?
「トッカータとフーガ 二短調 BWV565」は替え歌で
「鼻から牛乳」で有名でもありますね。

・管弦楽組曲 BWV1066~1069(G線上のアリア)
http://tokyo.cool.ne.jp/nishi/sakkyokuka/midi/baha_gesen.mid

・トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
http://homepage3.nifty.com/rakugo/midipage/bwv565wg.mid

・パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582
http://homepage3.nifty.com/rakugo/midipage/bwv582.mid

・小フーガ ト短調 BWV578
http://homepage3.nifty.com/rakugo/midipage/bwv578.mid

Qバッハのインベンション

人それぞれだということは、もちろん大前提でお尋ねします。

バッハの二声は全部で15曲ありますが、だいたい1曲どれくらいの期間で終わられたのでしょうか。

もちろん、何番かによってもばらばらだとは思いますが・・・

インベンションとシンフォニア、あの本1冊をどれくらいで終わるものなのかも合わせてお聞きしたいです。


ちびちびソナタ・ソナチネなどと並行してやっていくものなんですかね?

Aベストアンサー

仰る通りやはり個人差があると思いますが、先生やレッスン状況によっても変わってきます。
毎日何時間も弾いている人と、1時間程度の練習時間の人との差が開くのは当然です。
場合によっては専門的に学んでいる人間の方が1曲を仕上げるのに時間がかかったり(かけたり)という事も多くあります。

ですので、本格的に学ばれている方を除いた上で平均的に考えた場合、私が個人的に良いペースだな、と思うのは、二声三声に関しては1~2ヶ月に1曲を仕上げる位です。
1週間に1曲をあげていく事が出来れば二声三声あわせて30曲を1年弱で終わらせることも出来ますが、内容を突き詰めていく形のレッスンの仕方で、更に普通の生活をしていく中で練習時間を作る人であればなかなか短期間では終わりません。
それから最初に二声を弾かれる時には、今まで弾いてきた曲との違いや、独特な演奏法等に慣れるまでに時間がかかるかもしれませんので、そこはやはり単純計算では計れないと思います。

…が、あえて単純計算するとしたら、30曲×1ヶ月…大体2年半~3年弱で終われば相当スムーズなレッスンで、早い方なのではないかと思います。
個人的な理想論に過ぎないかもしれませんので、ご参考までの数字です。


また、二声三声(その後に平均律…と続いていきますが)はチェルニー等の練習曲とも、他のソナチネやソナタとも違ったタイプの曲集ですので、

1.練習曲(チェルニー~ショパンエチュード等)
2.バッハ(二声三声~平均律)
3.メインの曲(ソナタ等、練習曲やバッハ以外の曲)

…の3種類を同時進行させて、これにプラス練習曲やメインの曲を増やす等するのがよくあるレッスンの形ではないかと思います(勿論これも先生によっては大幅に違うかもしれません)


どうしても気になるようであれば、kyrie_cさんの先生に直接「他の人はこの一曲、どの位で終わるものなんですか?(参考にしたいので教えてください)」のような形で質問されてみてはいかがでしょうか?
おそらく一番参考になると思いますよ。


もしかしたら最初は指が絡まるような二声の曲にウンザリされるかもしれませんが、旋律の美しさや曲の奥深さに気付いた後は、とても愛せる曲集になるかもしれません。
ある意味とても大変な曲集かもしれませんが、頑張ってください!

仰る通りやはり個人差があると思いますが、先生やレッスン状況によっても変わってきます。
毎日何時間も弾いている人と、1時間程度の練習時間の人との差が開くのは当然です。
場合によっては専門的に学んでいる人間の方が1曲を仕上げるのに時間がかかったり(かけたり)という事も多くあります。

ですので、本格的に学ばれている方を除いた上で平均的に考えた場合、私が個人的に良いペースだな、と思うのは、二声三声に関しては1~2ヶ月に1曲を仕上げる位です。
1週間に1曲をあげていく事が出来れば...続きを読む

Q天才ピアニストと凡才ピアニスト

天才と呼ばれたピアニストを探しています。
天才というよりは華がある、カリスマのあるピアニストといった感じです(もちろん容姿的なものではなく演奏的な意味で)

また、もう一人ぱっとしないのだけれでも定評のあるピアニストみたいなもの探しています。
よろしければ教えていただけないでしょうか!?
クラシックのカテゴリですがジャズピアニストでも構いません。

また、クラシックやジャズのピアノメインの曲で名曲といわれるものがあればそれも併せて教えていただけるとうれしいです。


どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

では クラシックで

上手いだけではなく 印象に残る人 カリスマ 
ただし 自分がそう想う人 こんなにいます・・・

リヒテル:帝王カラヤン様もかなわず グールドも認めた?
     まさに俺流一直線
     音の透明さとダイナミックさそして哀しみと孤独さを持つ人

ホロヴィッツ:下品、上品 アップダウンスレスレをやってのける危なき男
       調子の良いときと悪いときの雲泥の差
       天国と地獄 デーモニッシュ
ミケランジェリ:音の職人 これにつきる でも神経はりつめて大丈夫?
グルダ:すばらしき歌人 ”俺は天国そのもの”だそうで・・・
ツィマーマン;その曲に全力投球 音を常に愛する人
キーシン:羽ばたくような美しさ、しなやかさ

もっといますが やめておきます

定評のあるピアニスト
ルプー:詩人だと思います シューベルトグリーグあたりが最高
ニコノーヴィッチ:スクリャービンは彼が一番?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング