人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

なぜ日本の音楽教育はクラシックを重要視するのでしょうか?

私はクラシックがあまり好きではありませんでした。
ポップスやジャズ、ゴスペルなどを学校で学べたらもっと楽しい音楽になるのでは、と思います。

クラシックのどういった点が教育に役立つのでしょう?
クラシックを学ぶことによってどのようなメリットがあり、子供たち(中学生)にどのような影響を与えるのでしょう?

ぜひ皆さんの意見をお聴かせください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

#11,14さんに大賛成。

ご意見に触発され、40年前のできごとを一つ:

スイスの登山電車の中で、ヨーロッパのグループが、すばらしい混声合唱を披露しました。次に日本人の団体も何かやってくれ、ということになりました。
私は単身旅行者で、クラシック大好き人間でしたが、この時は、でしゃばって、「会津磐梯山」「ソーラン節」「おてもやん」「炭坑節」などの日本民謡を強く主張しました。しかし私の提案は否決。無難な「兎追いし‥」の斉唱になりました。
そのときの歌声の貧弱なこと、今思い出しただけでも、気が滅入ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そんな貴重な体験をお持ちなのですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/31 23:40

#13の方へ。

確かに日本音楽は直ぐにそれなりに営巣できるもではありません。しかし、各国との交流が頻繁になっって来た現在、ちょっとした集まりでも、”日本の歌を歌ってくださいな。2と頼まれて歌う歌が、大抵は”小学唱歌”や”西洋的な曲”になりませんか? 小学唱歌や現在はやっている歌は、彼らにすれば、全く日本的ではなく、西洋的な曲にしか聞えない筈です。山田耕筰氏の”赤とんぼ”も実はドイツにそっくりな歌があると聴いておりますし、坂本九の”上を向いて、、”の歌もアメリカに昔からある歌に”音が幾つも違わない”ものがあるそうですね。実際にラジオかテレビで、例として取り上げられたことがあります。”夕空晴れて、、、”を日本の曲として紹介されたら如何ですか? そのような間違いをする(勘違い?)外国人(少なくとも当たり前の教養を持った人)は極々稀でしょうね。

私は決していわゆるクラッシクを否定する者ではありません、身内にクラッシクの専門家が数人おりますし、積極的に聴く作曲家もおります。

今までの過去の音楽教育と言うか、学校教育が西欧第一主義的過ぎたのでは(むしろ米国一辺倒?)ないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なお話をありがとうございます。
まだまだ勉強することはたくさんありますね・・・。

お礼日時:2008/07/31 23:40

邦楽は結構音楽の時間に扱いますよ。

わらべ歌や雅楽やお囃子やお座敷歌も含め、毎年何曲か登場します。これ以上はいらないのでは?と思うのは、邦楽はその調べも勿論ですが、それが演奏される文化的背景、しきたり、作法なども重要視されるものなんですよね。音楽そのものとしては短律や、特有の単調なリズムが多く、邦楽をメインにやったからといって、音楽(器楽演奏、譜読み、作曲)ができるようになるとは限らないと思います。西洋音楽のほうがずっと奏法がさまざまで豊かですしね。雅楽演奏家や邦楽家になると、またそれはそれで訓練された奏法が要るのでしょうが、一朝一夕に身につく学校教育用ではないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

西洋音楽の良さをあまり分かっていなかったように感じます・・。
もっと勉強しなくてはなりませんね。ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/31 23:40

クラシックが、西洋音楽の基礎だからではないでしょうか。


ポップス、ジャズ、ゴスペル、どれをとっても、学校の音楽の授業で学ぶ程度のクラシックの基礎知識は、いずれの分野でも必要不可欠です。

本気でジャズやゴスペルをやろうとしている人が基礎をすっとばすと、必ず(と言っていいほど)どこかでそれが原因でつまづきます。
よって、最初に基礎を教わることは、結局一番効率のいい方法だと思います。

ここのサイトには、カラオケがうまくなりたいという質問が毎日多数寄せられますが、学校の音楽の授業に真面目に取り組んでいたら、カラオケくらい簡単にどうにでもなりそうな気がするんですがねえ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

基礎をすっ飛ばしたら確かにすぐ崩れてしまいますもんね。
クラシックはやはり重要なのですね。おもしろさや目先の楽しさにばかり目を向けていてはだめですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/31 23:40

私は、ポップスや演歌?などより、本来の日本の音楽を多少なりとも現在より多く教えるべきでだと思います。

日本の伝統文化です。ただ、残念ながら、現在の公的学校教育で音楽に携わる先生が方はそれに関して略無知でしょう。何も、三味線や尺八の演奏を身にに付けるべきとは言いませんが。最近は音楽の教員免許を取る人は日本音楽を多少なりとも勉強するようになったようですけど。
ジャズとかゴスペルなどは本来、日本の民謡と同じく、自然発生的なものですね。何もいわゆるクラッシックが最高の良質のものとは思いませんが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私は音楽の教員免許を大学で取得中ですが、三味線などはやはりそんなに重要視されていないですね。
必修ではあるのですが・・・出席さえして、テストを受けさえすれば単位は取れる、と言った感じでしょうか。
ご意見ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/31 23:40

図画の時間にマンガの書き方をあまり教えないのと同じでしょうね。



私は、クラシックファンですが、演歌やジャズの良さもよく分かっているつもりです。しかし、私の周囲にいる演歌ファンのほとんどは、クラシックのクの字も理解していないように思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

クラシックは、やはりすべての音楽の根底にあるのですね。
そう考えるとやはりきちんと学んでおかなければなりませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/31 23:40

追伸 ポップスやジャズやゴスペルはお遊びとして最近少し教科書に登場していますが、ポップスやジャズの奏法をすべてやったからといって、綺麗な和声や音感、テクニックが身につくとは限りません。

(ちなみに10数年前でさえ大草原の小さな家、シルクロードのテーマ、ブルーハ-ツのトレイン・トレイン、マンボNo5とポップスが合奏でかなり出てきていた。小学校上級生でですよ?。中学はクラス合唱用楽譜集の方によくポップスが入っていました)学校の授業がきっかけとなり、将来音楽家になる子も現れてくるでしょうから、できるだけ表現豊かで良質な音楽体験をさせるのが音楽教育ですよ。世の音楽家・演奏家はどちらにしろ基本和声を中心に作曲をしたり、アレンジを加えたりするものですしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

できるだけ表現豊かで良質な、ですか。そうですよね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/31 23:40

日本だけではなく、海外も本格的なピアノ・レッスンは全てクラッシックが基本ですよ。

一番違うのは和声です。バイエルなどの教則本やモーツアルトやバッハやチェルニーやベートーベンなどは基本和声(伴奏をするにしても音がにごらない和音があるでしょう??)や基本ポジション、奏法を網羅しているのです。モダンやジャズはわざと和声を崩してみたり、装飾アレンジを加えたりしていますが、それだって基本の奏法の応用でなんとかなります。カッコいい微妙なリズムだって、クラッシック・ピアノで習う譜読み(各音符や休符の音価-長さを正確に取る)ことで簡単に弾けますしね。スイミングでもクロール・背泳ぎ・バタフライ・平泳ぎの4種目やれば、後はアレンジでいいでしょう??(メドレー、ターンの方法を代える、趣味で泳ぐときは平泳ぎを少し崩して犬掻きみたいでも、十分実用に値する、など)その4種目に値するのがクラッシック・ピアノの奏法なのです(^_^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何事も基本が大切ですもんね。基礎がしっかりしていればあとはいくらでもアレンジがききますもんね。
わかりやすい言葉でありがとうございます。

お礼日時:2008/07/31 23:40

 


 Global standard ~ 国際標準規格としての五線譜 ~
 
 国語教育が、発音・文字・文法を教えるように、音楽教育は、楽譜の
読み方・歌い方・法則を教えるのが目的です。数学が公理や方程式を、
理科が化学記号や化学式を教えるのと同じ理由です。
 
 たとえばNHK交響楽団は、ジャズやポップス、たとえ河内音頭でも、
編曲者が譜面を配布すれば(世界共通の五線譜さえ見れば)特別な練習
をしなくても、ほぼ忠実に模倣することが可能です。
 
 クラシックのオーケストラは、あらゆる楽器、いかなる民族音楽にも
たちまち対応できます。ニューヨーク・フィルでは、武満徹に委嘱して、
尺八と琵琶を交えた《November Steps, 1967》を初演しています。
 
 同じく西欧の軍楽隊スタイルの吹奏楽団なら、国賓のための歓迎式典
で《君が代》はじめ、世界各国の国歌を、ただちに演奏できます。
 しかし宮内庁の雅楽部や京劇の合奏団では、交響曲を演奏できません。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなのですか!少しクラシックをうっとおしく思ってしまっていましたが、そう聞くとやはりすばらしいものなのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/31 23:40

明治時代になって、西洋の先進諸国に伍するには進んだ西洋諸国の教育を取り入れる必要があると政府は考え、音楽も西洋音楽が「一番いいはず」と考えられたらしいです。


音楽教育の頂点にある音楽大学から、西洋中世クラシックを全面的に取り入れた体制ができました。結果として、日本古来の琴や三味線は排除され、ピアノとオルガンで音楽が教えられました。
それ以来、音楽の先生は基本的にクラシックしか教わらないので、ポップスで教えることはできません。
インドの音楽はクラシックに劣らず体系化された音楽ですし、ジャズだって歴史は浅いものの、理論は体系化されています。クラシックだけが飛びぬけているわけではありません。


団塊の世代で、ロック音楽を当初から体験しました。当時は不良の音楽と白い目で見られましたが、「こんなに楽しい音楽が不良で、つまらないクラシックを学校で教えているのはおかしい」と感じていました。

ピアノ調律師(今は転職)になり、音楽教室の現場を長く見てきました。生徒はみな、中高生になるとロックやフォークに関心が移って、ピアノ超室をやめます。調律に行くとユーミンやサザンの曲集がピアノの上に置いてありました。
音楽教室をポップス中心に展開するよう助言しましたが、当時は理解されませんでしたし、教師もいませんでした。学校でも同じでしょう。

日本人には日本語を背景にした音楽が、江戸時代までは生活に根ざしていましたが、クラシック教育の弊害でこれらはほとんど放置状態です。

故、小泉文夫教授の著書「おたまじゃくし無用論」「空想音楽大学」などに、日本の音楽教育の問題点や経緯などがわかりやすく解説してあります。目からうろこが落ちますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新しい観点からありがとうございます。
紹介していただいた本、非常に気になります。読んでみますね!
丁寧にありがとうございます。

お礼日時:2008/07/31 23:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラシック音楽が子供に与えるメリットとデメリット

最近、私(2歳と4歳の女の子の母親です。)が趣味でバイオリンをはじめたことから、家でクラシック(曲調はとても穏やかなもの。例えばラフマニノフのヴォカリーズやG線上のアリア、タイスの瞑想曲など)を聞く時間がとても増えました。4歳の娘は特に反応が早く、「この曲はG線上のアリアだよね」とか言ってきたりして、聞いていないようで聞いているようです。そこでちょっとした疑問なのですが、クラシック音楽が子供に与えるメリットは特にあるでしょうか。そう考えると、逆にデメリットもあるかな?なんて思うので、ご存じの方がいらしたら教えてください。もちろん、子供は童謡が大好きなので、今までと変わらず、子供の曲を聴く時間は減ったりはしていません。

Aベストアンサー

α波が出るとは聞いたことがあります。

Q西洋音楽の伝来

本格的には明治時代だと思いますが、日本に西洋のクラシック音楽が初めて入ってきたのはいつ頃なのでしょうか?

オランダ商館などを通じて江戸時代にも少しは入ってきていたのでしょうか。ウィキペディアを見ると、ルイス・フロイスの「日本史」には16世紀中ごろにはすでにポルトガルの宣教師がミサでの演奏用として子ども達にヴァイオリンの原型?のようなものを教えていたとの記述があるみたいです。
オランダ商館を通じて、長崎などには西洋音楽のようなものも伝来していたのでしょうか。

初めてクラシック、特にオーケストラでの演奏を聴いた日本人はあまりに日本の音楽とは違うその世界観に度胆をぬかれたのではないかと想像しますが、何か記録は残っていますでしょうか。

Aベストアンサー

 西洋音楽の伝来について、質問者さんのカンは当たっているようです。↓
http://www.msj-chubu.org/reikai074.html
>オランダ商館を通じて、長崎などには西洋音楽のようなものも伝来していたのでしょうか。
・・・下のURLによれば、長崎の出島のオランダ公使邸ではよく音楽会が開かれ、日本人大名も招かれている、黒い顔の楽士(バタビアから連れてきた)も居たとのことです。
 それは本物のオーケストラとはいかないでしょうが、何種類かの楽器のアンサンブルだったように思います。
 井上靖の小説で有名になった大黒屋光太夫も、いろいろ言い残しているようですが、詳細はわかりません。
 出島で西洋音楽を聴いた大名はビックリしたでしょうね。楽器の音の大きさも違いますし、メロディーもまるで違います。
 以下は小生の想像ですが、今のクラシックの演奏会場の雰囲気とはまるで違ったんじゃないかと思います。
 マーチ風の曲が演奏されたりすると、チョンマゲの大名が身を乗り出してリズムを取ったりして、ホントカナ(笑)。 
http://d.hatena.ne.jp/tamakihiroki/20070227
 蛇足ですが、『君が代』制定のいきさつも面白いです。大山巌が出てきたり、メロディーが三つもあったり。
 旧来の旋律に、西洋の和声法によって無理やり伴奏を付けているようですが、これもおもしろいです。
 (他国の好戦的な感じのする国歌と違い、この曲私は大好きです)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tpnoma/kimi/kimigayo.html

 西洋音楽の伝来について、質問者さんのカンは当たっているようです。↓
http://www.msj-chubu.org/reikai074.html
>オランダ商館を通じて、長崎などには西洋音楽のようなものも伝来していたのでしょうか。
・・・下のURLによれば、長崎の出島のオランダ公使邸ではよく音楽会が開かれ、日本人大名も招かれている、黒い顔の楽士(バタビアから連れてきた)も居たとのことです。
 それは本物のオーケストラとはいかないでしょうが、何種類かの楽器のアンサンブルだったように思います。
 井上靖の小説で...続きを読む

Q世間のクラシックに対するイメージは?

世間一般のクラシックのイメージはどうなってるんでしょうか。
私は15歳の時から32歳の現在に至るまでクラシックを聴いて楽しんでおりますが、
高校の時はクラシックを聴いていると言うと、笑われました。
成人になってからも、クラシック音楽鑑賞が趣味だというと、笑われたり、気取ってると言われたり、「あんなもん解るわけねえだろうwww」と言われたりしました。
高校の時からクラシックを貶されてきたので凄いショックです。
少しトラウマみたくなっています。
クラシックの世間一般のイメージってどうなってるんですか。

Aベストアンサー

世間一般のイメージですか。
まあ、おおよそクラシックには敬意を払ってもらってるとは思いますが、近寄ってきてくれるかというとそれはまた別問題ということで。

>クラシック音楽鑑賞が趣味だというと、笑われたり、気取ってると言われたり、
>「あんなもん解るわけねえだろうwww」と言われたりしました。

クラシックって何でしょうね。クラシックの中も広いですからね。
こういうのってクラシックの中でもよくある話です。

現代音楽(無調音楽など)が趣味だというと、笑われたり、気取ってると言われたり、「あんなもん解るわけねえだろうwww」と言われたりしました。

ボッケリーニが趣味だというと、笑われたり、気取ってると言われたり、「あんなもん解るわけねえだろうwww」と言われたりしました。

バッハが趣味だというと、笑われたり、気取ってると言われたり、「あんなもん解るわけねえだろうwww」と言われたりしました。

中世音楽が趣味だというと、笑われたり、気取ってると言われたり、「あんなもん解るわけねえだろうwww」と言われたりしました。

まあ、気にするだけあほらしいというものです。
何が好きかなんて人それぞれなんですから。

自分は、クラシックといいつついわゆる世間一般の「クラシック」であるロマン派なんてつまらないからほとんど聞かない人間で、バッハ、ボッケリーニから遡って、バロック、ルネサンス、中世なんかをよく聞いていて、あるとき、ちょっとパラダイムシフトがあって、最近はそこからぐるっと現代に回ってアニソンとかエロゲソングをよく聞いています。そうすると、

エロゲソングが趣味だというと、笑われたり、エロ魔神かと言われたり、「あんなもん解るわけねえだろうwww」と言われたり・・・・することがわかってるので人には言わないんですけどねw

まあ、こういうマイナーなのばっかり選んで聞いてる人間からすると、正直どうでもいいはなしです。(バッハだけはマイナーじゃないですが。ピアノで練習させられて大嫌いになったなんて話はしょっちゅうきかされます。)

世間一般のイメージですか。
まあ、おおよそクラシックには敬意を払ってもらってるとは思いますが、近寄ってきてくれるかというとそれはまた別問題ということで。

>クラシック音楽鑑賞が趣味だというと、笑われたり、気取ってると言われたり、
>「あんなもん解るわけねえだろうwww」と言われたりしました。

クラシックって何でしょうね。クラシックの中も広いですからね。
こういうのってクラシックの中でもよくある話です。

現代音楽(無調音楽など)が趣味だというと、笑われたり、気取ってると言われたり、...続きを読む

Q高校生が使うようなフルートはいくらぐらい??

高校に入学した子供から、フルートをねだられています。。。

子供は大きくなっても使うことを考えてらしく、そうゆうものだと大体30万(‘_‘)ぐらいと言われたんですが、私は楽器のことは全然わからないため何ともいえません。

どなたか、詳しい方回答御願いいたします。

たくさんの方から回答希望します。

Aベストアンサー

私は現在高校2年生で吹奏楽部でバスクラリネットを吹いています。
(昨年9月までの前任楽器は(B♭)クラリネットでした)
そんなわけでフルートのことは良く分かりませんし、うちの部は初心者が大多数ということで"マイ楽器"を持っている人も(18人中)2人しかおりませんが・・・

正直なところ、管楽器全般を見た場合でも30万円という金額は決して高いものではありません。とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・(苦笑)
すでに回答に出されているとおり、フルートという楽器はその材質により、数万円から200万円以上というものまであります。
また、(これは楽器全般にいえることなのですが)パソコンのようにどの価格帯が売れ筋ということもあまり考えられず、価格の面で強いて言うならば"奏者の技量とおおよそ比例する"ということぐらいでしょうか。いくら高価なものであっても初心者や初級者では到底吹きこなせませんし(場合によっては音すら出せない)、逆にそれなりに熟練した方だと低価格のものではその技量が十分に発揮できない、ということもありえます。(ただし上級の方はうんかな楽器もそれなりにうまく吹きこなすと思います)
そんなわけですので、#10のnoopeeのご回答と同じく、何種類課の楽器を試走されることをお勧めします。楽器というのは"生物である"という方もいらっしゃるくらいで、同じ種類、型番の楽器でも一つ一つの楽器で微妙な違いがあります。実際に演奏されてみて自分にあったものを探す、というのがいいと思います。

ただ、やはり・・・・そうですね。これからも長く使いたいということを考えれば30万円程度のフルートは妥当ではないでしょうか。
フルートはトランペットと同程度の安さのものもありますが、高級なものとなるとかなり値が張ってしまいますので、ますばこれくらいのもので様子を見る、というのもよろしいかと思います。
もっとも、さらに上級の楽器がほしい、とお子様が思われるころにはご本人もそれなりの年になり自分で楽器を買うぐらいの余裕はあるでしょうし・・・(^-^;

ちなみに、私も3ヶ月ほど前に親に楽器を買ってほしいと頼んだことがありました。私が吹奏楽始めたのは高校入ってからでそれ以前は楽器演奏の経験はまったくありませんでしたので、経験は1年半ほどです。
そこで私が選んだのは、ビュッフェ・クランポンで実売70万円のものでした・・・(汗)
当然、親から反対されたのは言うまでもありません(苦笑)
しかしバスクラはその種類が少なく、プラスティック管などの特殊なものを除けば最低でも50万円以上する代物です。そのあたりの事情を話し親を説得したところ、「卒業時に車要らないってのなら考えてもいいよ」とのこと。
その話を聞き、正直、迷いました。というか、未だ結論出てません(汗)
まぁ、これくらい引き合いに出されるのは当然のことですよね。やっぱり、楽器って高いです(汗)

ちと話がそれましたが、やはり楽器は一生物ですからじっくりとご検討されることをお勧めします。
なお、地方にお住まいなどの理由でなかなか楽器を手にとって見る機会が少ない、ということであればインターネットショッピングという手もあります。(ついに楽器の世界までインターネットが進出してきたのですね(笑))
しかしその場合は(当然のことですが)"試奏"ができません。
そこで、プロの奏者の方が一本一本の楽器を実際に試奏をそれてよいものだけを選び出した「(プロ)選定品」というものを取り扱っているところもあります。
このようなものを目安に選ばれるのも一考ではないでしょうか。
(参考URL2つ目の長江楽器でも選定品を取り扱っています。なかなかに種類豊富な楽器屋さんで私も良くお世話になっています(リード購入など))

以上、取り留めの無い回答でしたがご参考になりましたでしょうか?
なかなかに値段の張るものですから、お子様とよくご相談の上、ピッタリの楽器を見つけてください(^-^)
それでは失礼いたします。

(りく)

参考URL:http://www.sugita.co.jp/newpage179.htm,http://www.nagae-g.co.jp/shopping/

私は現在高校2年生で吹奏楽部でバスクラリネットを吹いています。
(昨年9月までの前任楽器は(B♭)クラリネットでした)
そんなわけでフルートのことは良く分かりませんし、うちの部は初心者が大多数ということで"マイ楽器"を持っている人も(18人中)2人しかおりませんが・・・

正直なところ、管楽器全般を見た場合でも30万円という金額は決して高いものではありません。とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・(苦笑)
すでに回答に出されていると...続きを読む

Q機種変に必要な物はなんですか?

初めてドコモの機種変をしようと思ってます。
ドコモのパンフレットに書いてある機種変に必要な物は、
本人の証明になる物と、現在の携帯本体と、手数料+新機種代
だけだったのですが、これだけで本当にできるのか不安です。

あと、私は未成年なのですが、もし私が一人で機種変をするとなると、
他に何が必要になるのでしょうか?
(家族割引なので、通帳の名義は親になっています。)

Aベストアンサー

>本人の証明になるもの

=学生書や保険書、運転免許書など

>現在の携帯本体と、手数料+新機種代

=現在の携帯本体は、ドコモショップや一部の量販店などで、電話帳・Eメールアドレスなどのコピーなどにも必要ですので(番号を移すのに必ず必要)持っていってください

=手数料+新機種代(本体セット)は、ドコモショップ・
ドコモ本店・支店で、機種変更代2000円ですが、量販店などは、新規よりかなり高くつく場合が多いですよ。

>他になにが必要になるのでしょうか

=名義の親の方に委任状を書いていただく必要があります
フォーマットもドコモ(関東甲信越地区)にはお客様センターに委任状があり無料に携帯本体から151で送ってくれますし、レポート用紙などに「携帯(番号)を代理人(
あなたの名前)に機種変更を委任いたします」と名義人・
名義人印・住所・TEL・代理人住所&TELです。

あと、ドコモ申し込み時の印鑑をもっていってください。

ドコモ全9社共通ですが、現在の携帯が開通から10か月以上利用してないと、正規の機種変更では機種変更代が高くなりますのでご注意をしてください。

>本人の証明になるもの

=学生書や保険書、運転免許書など

>現在の携帯本体と、手数料+新機種代

=現在の携帯本体は、ドコモショップや一部の量販店などで、電話帳・Eメールアドレスなどのコピーなどにも必要ですので(番号を移すのに必ず必要)持っていってください

=手数料+新機種代(本体セット)は、ドコモショップ・
ドコモ本店・支店で、機種変更代2000円ですが、量販店などは、新規よりかなり高くつく場合が多いですよ。

>他になにが必要になるのでしょうか

=名義の親の方に...続きを読む

Qなぜ高校に行くのかという疑問に対して?

中2の娘のことなのですが、ふとした会話から(確かダラダラとテレビを見ていたので、私が受験勉強でもしたら?と言った)、「なぜ高校に行かなければならないか?」と言われました。
「中学をでてすぐやれる仕事は限りがある」「あとで後悔しても遅い」など、思いつくだけのことは言ったのですが、最近、こういうことに関して不安定というか、
なにかにぶつかっている、というか……。「じゃ、中学出て何かしたいことはあるか」と聞けば、「別に」。「いつ、決まるの?」と聞けば「分かんない」。
「学校で何か嫌なことでもあるのか?」「(親に)言ってもしょうがない。」という調子です。

ただ、いつもこうなわけではないのも不思議で、「将来は獣医になりたい」と話し、獣医になるためにはどんな大学がいいか、など明るく話すときもあります。勉強も比較的している方だし(塾も進んで行ってる)、成績も悪くはない。が、勉強は嫌い。つい先日は、文化祭でクラスが何部門だか賞を取ったとか大喜びしていたばかりでした。

私自身、中学の時、高校へ行くのは当たり前と思っていて、1つの目標であったので、「なぜ高校に行くか」という疑問を持ったことがありません。
一体、今、娘にどんな言葉がけが必要なのか、はたまた、何も言わない方がいいのか……。
そこで、実際、中学生の頃このような疑問を感じた経験のある方、また、子供さんにそのように言われた経験のある方、その心理や、対応、その後どうなったか、など教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

中2の娘のことなのですが、ふとした会話から(確かダラダラとテレビを見ていたので、私が受験勉強でもしたら?と言った)、「なぜ高校に行かなければならないか?」と言われました。
「中学をでてすぐやれる仕事は限りがある」「あとで後悔しても遅い」など、思いつくだけのことは言ったのですが、最近、こういうことに関して不安定というか、
なにかにぶつかっている、というか……。「じゃ、中学出て何かしたいことはあるか」と聞けば、「別に」。「いつ、決まるの?」と聞けば「分かんない」。
「学校で何か...続きを読む

Aベストアンサー

大学生の息子と高校生の娘の母親です。9年ほど小中学校で教員の経験がありますが、辞めてからの方が長いです。

投稿を読ませていただいて、反抗期そのものの言動だなあ、と思いました。受け答えも、日によって機嫌が違うのも反抗期の特徴だとおもいます。日によってどころか、さっきまでの態度と全然違ったりするものです。

でもたぶん娘さんが本当に高校へ行かないことはないと思います。娘さんのプライドが許さないと思うからです。
成績が悪くて得意なものもなく、学校もおもしろくない、という状態の子が、「なぜ、高校へ行かなければならないの?」と言い出すことがあるようですが、娘さんの場合は違います。勉強は好きじゃないけどする、成績も悪くない、文化祭もたのしんでいる・・・心配しなくてもいいと思いますよ!

ただこの時期の子どもには、「普通はこうだ」とか「みんなこうしてる」とか「将来の為にこうすべきだ」というようなことは、タブーだと思うんです。なぜなら、彼らは純真ですから、損得抜きにものごとを考えるし、世間とか、権力とかいうものに、反感を持ってるからです。正義感が強い子や純真な子ほど、反発心が強いです。だから 親がそういうことを言うと、世間や権力と同様、たちまち敵になってしまいます。

だから「そういう疑問をもつ事はとてもいいことだ」という気持ちを持ってあげてください。実際 何の疑問も持たずに みんな行くから、と行く子達よりも ずっと充実した高校生活が送れると思いますよ。

とはいえ、今の時点で「なぜ?」という言葉が、よく出るということなので、そのときの対応の仕方はなかなか難しいですよね。

まずは「そういう疑問をもつのはとてもいいことで、な~んにも考えない子たちより あなたはすばらしい」という意味のことばで、娘さんの考えをを認めてあげてらどうでしょう。そして、学歴偏重社会や世間が人を判断する仕方に対する矛盾点などを 一緒に話し合うのもいいと思います。それだけで、「矛盾や疑問は沢山あるけど、日本の社会の現実はそうだ」ということが 充分伝わると思います。でもそれは口に出さない方がいいですね。それに「現実はそうなんだからこうするべきだ」というようなことも言わないように、また そういう考えを悟られないようにするべきなんじゃないでしょうか。

もうひとつ、外国ではどうなのかなあ?などと、視点を外へ向けてみるのもひとつの手かもしれません。高校へ行くとか行かないとか、意味があるとかないとか、限られた範囲の話から、大きな視野に問題を広げてみる、というか、この場合、すりかえてしまうのです。

わたしもあまり詳しいことは知りませんが、
イギリスでは数年前に教育改革が行われ 大学までいくコースと技術を習得するコースとに分かれているそうですが、技術コースが軽視されてるわけじゃなく、熟練者に対する評価は高いそうです。(いつか TVで見ただけなので、詳しくはわかりません)

また、韓国での受験競争は激しいもので、夜10時ごろまで、学校に残って勉強してる状況があるそうです。(これも何年か前に新聞で読んだだけです。そこには、「韓国では塾が禁止されている」と書いてありましたが、今もそうなのかはわかりません)
それから 中国のペキン大学では、開門前、門前に大勢の学生が集まるそうです。早く行って席をとるためです。遅いと席がないのだそうです。
日本には中国からの留学生が沢山います。わたしは暫く外国人の日本語学習のお手伝いをしていたのですが、中国からの留学生は とても熱心で優秀です。将来貿易の仕事をするんだ、とか 事業を起こすんだ、とか とにかく意欲的なんです。彼らを見ていると、いつか日本は教育でも経済でも中国に抜かされるなあ、と感じてしまいます。

娘さんとも色んなことを話してみたらいかがでしょう?悪までも話としてです。そこに、お母さんの作為的なものが見えたら、反感をもつだけだと思います。

文面からの推測ですが、miharinさんは とても真面目な教育熱心な方ではないですか? もちろん口やかましい教育ママという意味ではありません。ただ 中2のお子さんに「受験勉強でもしたら?」とおっしゃったのには正直びっくりしました。それに「いつ、決まるの?」も・・性急で、詰問のような印象を受けたので・・・すみません、気を悪くされたら、許してください。

色々書きましたが 私は決して子育てに成功した母親ではありません。(どんな子育てを成功というのか よくわかりませんが)息子も中2ぐらいから反抗期がありましたし、中3のときにタバコを吸ったりしました。息子の部屋の壁は2箇所穴があいています。友達もいわゆる真面目な生徒じゃなく、かといって問題児でもないけれど・・・という子が多く、息子自信もそういうタイプでした。今でも 遊びに来る友達は、ピアスあり、金髪あり、ロングヘアあり です。でも わたしはその子達大好きなんです。挨拶もきちんとするし、靴まで揃えてあります。

娘にしても 小5のとき先生不信になり、私が登校拒否させました。10日位でしたけどね。自分から行くと言い出して、暫くして新学年になり大事にならずにすみました。
長くなるのでこれ以上書きませんが、私は子育てで苦労を感じたことは一度もないつもりです。腹がたったことはありますよ~

「子供は社会からの預かりものだ」と聞いたことがあります。自立した社会人になったら社会に返す、わたしはそう思ってます。
「いい生活よりいい人生を」というのもありましたねえ。全くそのとおり!
「人生ほど甘いものはない、何度でもやり直せる」これはラサール石井の行ってた非常に厳しい塾の先生が 受験を失敗した生徒に言った言葉だそうです。

miharinさん 普段ご主人がいらっしゃらない分 責任を人一倍感じられてると思いますが、泰然として子供を育てましょう。(自分自身への言葉でもあります)

娘さんは高校へ行きますよ。あなたは世間の一部にならないであげてください。
 
 

大学生の息子と高校生の娘の母親です。9年ほど小中学校で教員の経験がありますが、辞めてからの方が長いです。

投稿を読ませていただいて、反抗期そのものの言動だなあ、と思いました。受け答えも、日によって機嫌が違うのも反抗期の特徴だとおもいます。日によってどころか、さっきまでの態度と全然違ったりするものです。

でもたぶん娘さんが本当に高校へ行かないことはないと思います。娘さんのプライドが許さないと思うからです。
成績が悪くて得意なものもなく、学校もおもしろくない、という状態の...続きを読む

Q長調、短調ってなんですか

今さら恥ずかしくて聞きづらいのですが、長調、短調ってなんですか?
よくクラシックの曲名に付いていてもなんのことだかさっぱりわかりません。
長調、短調の種類や意味、存在理由、なぜ上りと下りの音階が違うのか、などどんなことでもよいので教えてください。

Aベストアンサー

ふたたびこんばんは。

楽譜を見ると、一番頭に#や♭がいくつか書いてありますが、あれの数で調が決まります。

#の数:調
1:ト長調
2:ニ長調
3:イ長調
4:ホ長調
5:ロ長調

♭の数:調
1:ヘ長調
2:変ロ長調
3:変ホ長調
4:変イ長調
5:変ニ長調 という具合です。

ところで、ハ長調とイ短調には#も♭も付きません。つまりある長調はある短調と兄弟みたいな関係になっています。これを「平行調」といいますが、どうやってキーを見分けるかと言いますと、#2でも回答しましたとおり、音階(スケール)がハで始まるときは長調、イで始まるときは短調となるのです。

大体、歌の始めと終わりの音はキーもしくはキーをルートとするの和音の構成音であることが多いので、その辺りで見分けますが、絶対これだ、という法則があるわけではありません。

楽器を演奏できるのでしたら、実際に旋律をなぞってみて、譜面に起こしてみると良いです。

そのときに、とりあえずハ長調と考えて採譜しますが、ある音に必ず#や♭つく事があります。その場合、その#や♭をまとめて楽譜の最初に付けると、その曲の調になります。

コードが弾けるのでしたら、最初のコードがその曲のキーと考えれば間違いありません。つまりCで始まる曲はハ長調、Amで始まる曲はイ短調という具合です。

ふたたびこんばんは。

楽譜を見ると、一番頭に#や♭がいくつか書いてありますが、あれの数で調が決まります。

#の数:調
1:ト長調
2:ニ長調
3:イ長調
4:ホ長調
5:ロ長調

♭の数:調
1:ヘ長調
2:変ロ長調
3:変ホ長調
4:変イ長調
5:変ニ長調 という具合です。

ところで、ハ長調とイ短調には#も♭も付きません。つまりある長調はある短調と兄弟みたいな関係になっています。これを「平行調」といいますが、どうやってキーを見分けるかと言いますと、#2でも回答しましたと...続きを読む

Q音大はいったい何を教えているのか。音大行って何を学びましたか?

連続質問すみません。

音大はいったい何を教えているのか疑問です。家内に聞きますと、まずは実技、歴史、一般教養etc。そして学生たちががいったい何処へ就職あるいは勉学のため国内、海外へ更なる勉学に旅立ったのかその%を知りたいものです。

医学部、薬学部についで恐ろしく高い授業料。研修と称して、ヨーロッパ旅行(学校主催)費用当時60万円。バブル期&円高と言うのに信じられない。

今、私は音大に関して恐ろしく否定的です。音大は音楽の諸所の勉学をするところであり、就職まで斡旋するところではない。←こんなことわかってるんですけど疑問です。

若かりし気ころに何を勉学し習得するかが重要というのはわかりますが、この年になりますと、悲しいかな周りの現実が恐ろしく鮮明に写ります。音大出の友人知人10名ほどいます。その10名が、大学に通ったことにおいて一生の宝になったかどうかは聞いてもいません。

当家の嫁さんは、私と結婚したと言うことで幸福であるとしんじたいですが?

Aベストアンサー

現在公立の音大に行っています。

現在私は2回生ですが、1年だけ私立の音大に行きました。教師と合わなかったのと授業料が高かったので1年で変わりましたが(笑)
国公立に行っても私立に行っても就職率は消費税率以下です!!
かの有名な小澤征爾氏の出身大学が近年一応音大の中で就職率No.1だそうですが、それでも少ないですね。(一応80%超えてますが、各々が自分の希望した就職先かと言われれば、NOの方が多いんではないでしょうか…
私も大学に入ってからここまで就職が氷河だとは思いませんでした。もう氷河通り越して永久凍土ですね。
音楽の仕事に就きたければ教師、それ以外の何でもいいから就職したいんなら自分で探して行ってね☆彡ってカンジです。
ちなみに今通っている大学に就職課がありません(学生課に行ってください…と)(ーー;)
これじゃあ残っている就職先は永久就職ですか?と言いたくなります。

私立の音大の授業料の額は半端じゃありません。
4年行けば新築マンションが買えます。(奨学金もらっても不足が倍以上)
しかし、高い金を取っているだけあって、設備はバッチリ。練習室も完全防音、冷暖房完備、7割が国内一流メーカーのグランドピアノです。講師陣も外国から呼んだり、海外留学経験者を連れてきます。
ただし、そこまで揃えて学生がついていけるか…といえばついていけない…?
反対に国公立は授業料は全国一律50万前後です。
ですが、設備が1時代前のもの…楽器に故障部分があっても予算が…状態
これで果たして音楽の勉強が十分に出来るかと言えば…

音大に進むにあたって、卒業後の進路が難しいことは2年間先生から言われ続けました。(ここまでひどいとは思いませんでしたが)
でも、あえて音大を選んだのは、音楽は独学でできないからです。大学進学の進路としてもう一つ選んだのが史学科だったのですが、歴史は本を読めばある程度一人でも勉強できるけど、音楽は感性を伝えてもらうものだと思ったからです。
実際に音大に入ったことで、普通に生活していたら出会わなかったことも知りましたし…音大に進んだことに後悔はないです。

ただ、一言欠点を言えば、いつまでたっても音大というか音楽教育自体が、「お家芸」から逸脱できないのは、音大の偏狭な考え方と、世間に順応できないことが問題かなと思われます。
音楽は体が楽器なので、ピアノ科は指、歌は体、器楽は楽器を大切にします。実技レベルの高い人ほど、非現実主義者で、プライドだけが高い…そして、授業を聞かない=社会に順応できません。
実技の教師のほとんどが勉学よりも実技を優先させます。
国際コンクールで賞を取れるくらいのレベルであれば、まあ今後の人生音楽で食べていけますが、そんなのほんの一握りです。(しかし自覚がないため、自分は大丈夫とか思う上に勉強そっちのけ)
国際社会に彼らが通用しないのは、実技一辺倒で、文学と音楽を関連させたりすることが出来ないため、あと一歩のとどめが出来ない演奏者が多いためです。(テクニックはいいんだけどねえ~という演奏家が多い)
強いて言うなら、もっと現実を見ること、受け入れることを教えてくれるとありがたいなあ~と思いますね。
(別に超現実主義者になれとは言いませんが、何か会話が夢想空間っていうのが多いです)

子どもに音楽を習わせる習わせないは親の自由です。
しかし、あまりにも幼いときから「あなたは音大に行くの!」と親がレールを引くと中高校生くらいで絶対反発します。ピアノ教師を親に持つ友人が、高校までは親の言うままにピアニストとしての道を行っていましたが、行き詰ったために、親は今度「ピアニストになるのはやめなさい。あなたのレベルでは惨めなだけ(結構優秀だったんですが)」と言いました。その友人は以来一切ピアノに触れていません。
音楽は好きならしいですが、ピアノを弾くと今までの自分の人生に対する後悔も引きずり出すので嫌なそうです。
音楽の基礎は幼少時からでないと身につきませんが、その技術を活かして音大に行くか、趣味でとどめるのは本人の意思です。本人の人生です、親の人生ではありません。(私は自分で決めた進路なので全然後悔はしていません。また、就職が困難であることもわかっている親がそれでも本人が極めたいと言うのなら、自分のできる限り進めと言ってくれた親にも感謝します。)

めっちゃ長々と、しかも質問の主旨からかなり外れました。ごめんなさいm(__)m
参考になれば幸いです。

現在公立の音大に行っています。

現在私は2回生ですが、1年だけ私立の音大に行きました。教師と合わなかったのと授業料が高かったので1年で変わりましたが(笑)
国公立に行っても私立に行っても就職率は消費税率以下です!!
かの有名な小澤征爾氏の出身大学が近年一応音大の中で就職率No.1だそうですが、それでも少ないですね。(一応80%超えてますが、各々が自分の希望した就職先かと言われれば、NOの方が多いんではないでしょうか…
私も大学に入ってからここまで就職が氷河だとは思いませんでした。...続きを読む

Q楽しく感じる音楽授業とは?

授業以外で中学生が音楽が好きだなあと感じる取り組みは何かあるでしょうか?
ドラムとか…楽器つくりとか。
ぜひ、現役の中学生はもちろんのこと、昔、音楽嫌いな生徒だった人はこんなことをしてほしかった!!という意見がありましたら教えてください

Aベストアンサー

僕の高校のころの英語の教師の授業が忘れられない。
よく洋楽を流してくれました。
そして、生徒からのリクエストにも答えてくれて、僕がリクエストした中島美嘉やBONJOVIも流してもらえ、とてもうれしかったです。
そして人生の教訓や、生きていくための力になるような内容の授業を、わかりやすくハリウッド映画などを使って学ばせてくれ、とても感動し、英語嫌いが治りました。
あと、中学でも、ビートルズのレット・イット・ビー、エアロスミスなどの曲を歌詞を配って、聞かせてくれた先生がいて、とても面白い授業でした。

Q「夏の思い出」の歌詞について

 日本語を勉強中の中国人です。「夏の思い出」という唱歌の歌詞を読みましたが、理解できないところがあるので、質問をさせてください。

 歌詞の全文はこちらでご覧ください。
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/natsunoomoide.html

1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。辞書で調べましたが、見つけませんでした。「浮かんでくる」という意味でしょうか。

2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。水芭蕉のですか。

3.この歌詞の中の「水芭蕉」はいったいどこに咲いているのでしょうか。野の小径ですか。それとも水のほとりなのでしょうか。分からなくなりました。

4.「夢見て咲いている水のほとり」とはどのような意味でしょうか。句読点がないので、混乱しています。誰が夢を見たのでしょうか。作詞者自身ですか。第二段落の中の「夢みて匂っている水のほとり」もこれと同じような理由で、よく理解できません。句読点を入れていただければ助かります。

5.「花のなかに そよそよと ゆれゆれる 浮き島よ」とはどのようなことを指すのでしょうか。なんか省略が多すぎるような気がします。風情を壊してしまって申し訳ありません。具体的な情景をつかみたいので、説明していただけないでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

 日本語を勉強中の中国人です。「夏の思い出」という唱歌の歌詞を読みましたが、理解できないところがあるので、質問をさせてください。

 歌詞の全文はこちらでご覧ください。
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/natsunoomoide.html

1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。辞書で調べましたが、見つけませんでした。「浮かんでくる」という意味でしょうか。

2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。水芭蕉のですか。

3.この歌詞の中の「水芭蕉」はいったいどこに咲いている...続きを読む

Aベストアンサー

1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。辞書で調べましたが、見つけませんでした。「浮かんでくる」という意味でしょうか。
⇒正解です。
⇒夏が来るたびに思い出すのは、遠い空の下にある尾瀬沼のこと。
その尾瀬沼は霧が深く、野の小径を歩いていくと、その霧の中に何かぼんやりとやさしい影が浮かんでくるのです。そう、水芭蕉の花が咲いているのです。まるで水のほとりで夢でも見ているかのように咲いているのです。


2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。水芭蕉のですか。
⇒正解です。
⇒上記の説明でお分かりのように、見えてくるのは「水芭蕉のやさしい影」です。


3.この歌詞の中の「水芭蕉」はいったいどこに咲いているのでしょうか。野の小径ですか。それとも水のほとりなのでしょうか。分からなくなりました。
⇒歌詞の中にある「尾瀬」という沼の「水のほとり」です。
尾瀬沼のすばらしい景色をご堪能ください。

http://www.towabank.co.jp/oze/oze97/oze97.html

4.「夢見て咲いている水のほとり」とはどのような意味でしょうか。句読点がないので、混乱しています。誰が夢を見たのでしょうか。作詞者自身ですか。第二段落の中の「夢みて匂っている水のほとり」もこれと同じような理由で、よく理解できません。句読点を入れていただければ助かります。

⇒「夢見て咲いている、水のほとり」
⇒読んで字の如し「水芭蕉の花が夢を見ているかのように静かに美しく水のほとりに咲いている」
⇒「水のほとりに、夢見て咲いている」が倒置されてます。
⇒「水芭蕉」を擬人化して「夢を見ているかのように咲いている」と表現しています。

第二段落も同じです。
「水のほとりで、夢を見ているかのように匂っている」
⇒「夢を見ているかのように」という表現は、「水芭蕉の純白の可憐な花が、そっとやさしく咲いている様」を【純真で汚れの無い小さな子供が、スヤスヤとやさしく、そして幸せそうに眠っている様】に喩えているのです。


5.「花のなかに そよそよと ゆれゆれる 浮き島よ」とはどのようなことを指すのでしょうか。なんか省略が多すぎるような気がします。風情を壊してしまって申し訳ありません。具体的な情景をつかみたいので、説明していただけないでしょうか。
⇒省略はありません。
⇒下記のURLをご覧下さい。
⇒「水芭蕉」は沼地にあるところでは点々と、あるところでは何本かが寄り添って、またあるところでは道のように連なって、さらにあるところでは花たちが集まって島のような塊となって咲いているのです。水の中に咲いている様子が「浮き島」のように見える水芭蕉もあるのです。

【浮き島】のイメージが下記の写真で解るといいのですが・・・。
http://www.page.sannet.ne.jp/moris/oze.htm

質問文の1.
【辞書で調べましたが、見つけませんでした。】
⇒【見つけることが出来ませんでした】
⇒【見つかりませんでした】
⇒【探せませんでした】
⇒【探すことが出来ませんでした】
⇒【見当たりませんでした】
⇒【辞書で調べましたが載っていませんでした】
★「見つけませんでした」は、ご自分の意志で見つけなかったという意味になり、「探しても見つからなかった」という意味とは違ってしまいます。

質問文5.
【なんか省略が多すぎるような気がします。】
⇒「なんか」ではなく、もし使うのであれば「かなり」とかになります。しかし、ここではそのような言葉を使うのではなく、「この文章は省略されたものが多すぎるような気がしています」などの方が、質問文としては良いでしょう。

歌詞はメロディーに当てはめ、音符に乗せることなどが優先され、倒置法が用いられていたり、省略されたり、妙な造語が出てきたり、擬態語が使われたりします。さらには、歌詞独特の擬人法が駆使されていたりして、詩自体の文意が解りにくくなっていることが多いですね。

頑張ってください。

1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。辞書で調べましたが、見つけませんでした。「浮かんでくる」という意味でしょうか。
⇒正解です。
⇒夏が来るたびに思い出すのは、遠い空の下にある尾瀬沼のこと。
その尾瀬沼は霧が深く、野の小径を歩いていくと、その霧の中に何かぼんやりとやさしい影が浮かんでくるのです。そう、水芭蕉の花が咲いているのです。まるで水のほとりで夢でも見ているかのように咲いているのです。


2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。水芭蕉のですか。
⇒正解です。
⇒上...続きを読む


人気Q&Aランキング