ヴェルディのレクイエムみたいに
出だしにガツンとインパクトのある
ダークな感じのクラシックを探しています。

オススメの曲を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

吹奏楽でやった曲ですが、V.ネリベルの「交響的断章」の始めの音が重圧で、インパクトがあると思います。

    • good
    • 2

ジャン・シベリウス作曲「フィンランディア」!


トロンボーンとコントラバスのブーンという音から始まります。
でもダークな感じは最初だけかな?確かロシア軍の侵略をイメージしているのだと聞きました。
フィンランドの独立のときのシンボル的な曲で、ファインランドの第二の国歌と呼ばれるフレーズが出てきますよ。。。
    • good
    • 0

リストの「死の舞踏」が、イイ感じだと思うのですが・・・・


聴いてみてください。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1788757
    • good
    • 0

クラシックで「出だしにガツン」と言えばもうこれしかないでしょう。



リヒャルト・シュトラウス作曲『ツァラトゥストラはかく語りき』。
    • good
    • 1

チャイコフスキーの交響曲第4番をオススメします。


「運命の動機」が第一楽章の冒頭に圧倒的なパワーでそそりたちます。
その後も第一楽章のそこかしこに、突如4分の3拍子で、運命の動機がたびたび強引に割り込んできます。出だしのインパクトと運命の苛烈な感じは、この曲が一番だと思います。

ショスタコーヴィチの交響曲第5番も、非常な重量感のある強力なメロディーで始まります。

ハチャトゥリアンの交響曲第3番は、もともと祝祭音楽として作られたらしいのですが、冒頭から15本のトランペットがヒステリックにけたたましい叫び声をあげる、とてもおめでた気分とは思えない曲です。

マーラーの交響曲第2番「復活」は、弦楽器のフォルテから地底で何かがうごめくような怪しいメロディーで始まる曲です。演奏に80分はたっぷりかかるのですが、感情の起伏が激しく、美しいメロディーから壮大な展開まで、とにかく聞き手を飽きさせない曲です。
    • good
    • 0

ちょっとずれているかもしれませんが…。



メンデルスゾーン:オラトリオ「エリヤ」
ブルックナー:モテット「Ecce sacerdos magnus」
マーラー:交響曲「大地の歌」

個人的には、声楽が絡むとよりドラマティックでダークな響きが際立つような気がしてお勧めです。
    • good
    • 1

こんばんは。

私のお勧めです。
サン=サ-ンス 交響曲3番オルガン付 第2楽章第2部(4楽章とも言われる)
ハイドン ミサ「ネルソン」
    • good
    • 0

・Carmina Burana~O Fortuna / ORFF



・交響曲 第5番 ニ短調 作品47 「革命」 第4楽章 / Dmitri Shostakovich

・DieWalkure / Wagner

・Requium K626 / W.A.Mozart
・Divertiment#15 in Bflat major K287(271H) 2nd:Andante Allegro Molto / W.A.Mozart

・Scherzo No. 1, Op. 20 / F.Chopin
・Ballade No.1 In G minor Op.23 / F.Chopin
・Piano Sonata No. 2, Op. 35 / F.Chopin
・Piano Sonata No.3 in B Minor, Op.58 / F.Chopin
・Fantaisie-Impromptu In C-sharp minor Op.66 (Pasth) / F.Chopin

・Symphony No.5: I. Allegro Con Brio / Ludwig van Beethoven

・Salome - Tanz der sieber schleier

・(L'Oiseau De Feu (The Firebird)より)Dense infernale de tous les suiets de Kastchei / Igor Stravinsky

・( Symphony No.1より)Un poco-Allegro / J.Brahms
・Zigeunerweisen, for violin & piano (or orchestra), "Gypsy Airs", Op. 20, No. 1 / J.Brahms

・( Symphony#9/Bedrich Smetana - The Moldauより)IV. Allegro con fuoco / Antonin Dvorak

おまけ
・(The Matrix Revolutions より)Navras / Don Davis
    • good
    • 0

オルフ作曲:カルミナ・ブラーナ(どこかできいたことがあるはず)


バッハ作曲:ロ短調ミサ(冒頭「キリエ」の最初4小節は必聴)

ちなみに、ヴェルディのレクイエムの出だしは、非常に静かですよ。
(仰っているのは曲の途中の「怒りの日」のフレーズのことだと思います)
    • good
    • 0

・モーツァルト:交響曲第25番ト短調 ~第一楽章



・ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調 ~第一楽章

・ブラームス:交響曲第1番ハ短調 ~第一楽章

・モーツァルト:レクイエム ~「怒りの日」

・ストラヴィンスキー:「春の祭典」~春のきざし

・ホルスト:組曲「惑星」~「火星」

等々・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヴェルディのレクイエムの魅力はどこ?

今、合唱で、ヴェルディのレクイエムを練習しています。
でも、私は、どうしても、この曲がそれほど好きになれません。
書かれたいきさつなどをいろいろ調べてはみたのですが、やはり好きになれないのです。
「オペラ風レクイエム」と解釈しています。
やはり、ヴェルディはオペラ作家なので、レクイエムもオペラ風になるのですね。
ソロが多くて、合唱の出番はその背景に隠れている気がします。
それゆえに、歌っていてあまりおもしろくないのかもしれません。
皆さんは、この曲のどこに魅力を感じますか?
ヴェルディのレクイエムが好きだという人がいたら教えてください。
感想を聞いてみたいのです。
やっぱりディエス・イレとリベラメでしょうか。
リベラメのリズムが好きになれないのですが、好みのせいですよね?(私だけですよね?)
また、逆に、このレクイエムを、あまり好きではない人もいたら理由を教えてください。
私は、もともと、オペラがあまり好きではないので、ヴェルディそのものがよく分からないのかもしれません。
でも、音大の楽理科で6年、(主に前衛音楽ですが)、いろいろなことを勉強して、ロマン派のことそれなりに勉強しているので、あまり関心がなかった苦手なヴェルディのことを少し知りたいのです。
どうかよろしくお願いします。

今、合唱で、ヴェルディのレクイエムを練習しています。
でも、私は、どうしても、この曲がそれほど好きになれません。
書かれたいきさつなどをいろいろ調べてはみたのですが、やはり好きになれないのです。
「オペラ風レクイエム」と解釈しています。
やはり、ヴェルディはオペラ作家なので、レクイエムもオペラ風になるのですね。
ソロが多くて、合唱の出番はその背景に隠れている気がします。
それゆえに、歌っていてあまりおもしろくないのかもしれません。
皆さんは、この曲のどこに魅力を感じますか?
ヴェ...続きを読む

Aベストアンサー

ヴェルディがお好きな方は、以下の文章をお読みにならないで下さい。
不快感を与えると思います。
先に謝っておきます。m(_ _)m

-------------------------------------

私はロッシーニやプッチーニのオペラは好きですが、ヴェルディの音楽は好きになれません。はっきり言えば、大嫌いです。彼の音楽を聴くと「軍歌」を連想します。軍国主義的なものを感じます。

例えばヴェルディのオペラ『マクベス』。これはダンカン王を殺して権力を握ったマクベスが、魔女の予言の通りにマクダフという男に殺され、ダンカン王の遺児マルコムが王位を回復するという話です。

シェイクスピアの原作では、運命から逃れようとして逃れきれないマクベスの悲劇になっています。しかしヴェルディのオペラでは、ダンカン王の遺児マルコムが王位を回復するという点が非常に強調され、華々しく終わるようになっています。これには時代背景があります。

ルネサンス~バロック時代には文化の発信地だったイタリアですが、古典派~ロマン派の時代には、ナポレオンの侵略を受け、諸外国に分割統治されました。イタリア人の間には民族統一運動が起こり、革命戦争の末、1861年にサヴォイア朝イタリア王国が再興されます。ヴェルディのオペラが人気を博したのは、まさにこのような時代でした。

ヴェルディの音楽には、熱狂的な民族主義の雄叫びを感じます。それは『レクイエム』にも現われていると思います。特に「リベラ・メ」の部分に。彼の音楽は、好きな人にとっては、「高揚感」をもたらすのだと思います。私は吐き気を催しますが。

ヴァーグナーの作品にも、ナチス・ドイツに利用されかねない「危うさ」を感じますが、ヴェルディはそれ以上だと思います。

オペラ的というなら、ロッシーニの『スターバト・マーテル』なども、非常にオペラ的でドラマチックです。でもロッシーニの音楽には優しさと敬虔さがあると思います。

ヴェルディがお好きな方は、以下の文章をお読みにならないで下さい。
不快感を与えると思います。
先に謝っておきます。m(_ _)m

-------------------------------------

私はロッシーニやプッチーニのオペラは好きですが、ヴェルディの音楽は好きになれません。はっきり言えば、大嫌いです。彼の音楽を聴くと「軍歌」を連想します。軍国主義的なものを感じます。

例えばヴェルディのオペラ『マクベス』。これはダンカン王を殺して権力を握ったマクベスが、魔女の予言の通りにマクダフという男に殺され、ダン...続きを読む

Qクラシックで重厚で不吉な感じのする曲

舞台用の音響としての曲を探しています。

本番が近いってのに音響さんが盲腸で倒れてしまって……。
舞台の始まるきっかけになる曲と、ラストの曲がまだ決まってないのです。
重厚かつ不吉な感じで、いい感じに盛り上がるクラシックの比較的マイナーな曲、ご存じないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「不吉さが盛り上がっていく」感じですか? とりあえずお試しに……

ブリテン 「シンフォニア・ダ・レクイエム」冒頭

ストラヴィンスキーのバレエ音楽「火の鳥」冒頭
(盛り上がっては行かないかも。)

オルフの世俗賛歌「カルミナ・ブラーナ」第1曲

ムソルグスキーの交響詩「禿山の一夜」
(不気味ですがちょっと重厚さには欠けるかも)

ブルックナー 交響曲第9番ニ短調 第2楽章

ブルックナー 交響曲第8番ハ短調 第1楽章

クラシック・ファンにとってはどれもメジャーですけどねえ。

Qクラシックにお詳しい方、オススメの曲教えてください♪

クラシックにお詳しい方、クラシックの曲で「これは!!」という曲を教えてください♪

<求めているもの>
・楽器単独の曲(ピアノ、ヴァイオリン、オルガンなど)
・神秘的、明るくない、哀愁
・密度が高い
・誰でも知っているような曲ではない、マニアックな曲でもよい
・神々しい、鳥肌もの
<好きなタイプ>
バッハ「トッカータとフーガ ニ短調」
ドビッシー               など

普段はクラブミュージック(エピックハウスやプログレッシブハウス)を中心に聴いていて、この分野に関しては自分の求める音楽を見つけることができるのですが、クラシックに関してはなかなか希望の曲を探すことができません。

どうかよろしくお願い致します!

Aベストアンサー

ピアノの専門家としての意見です。
バッハ「ゴールドベルグ変奏曲」これはバレンボイムの生を聴いたときすごかったけれど、CDではグレングールドのがお勧めです。
バレンボイムのCDは聴いたことないです。
バッハ 先日来日したバレンボイムが平均律1巻と2巻を2晩に分けてコンサートしました。言葉がないほどの演奏でした。一巻はもう出版されいて、二巻は秋にリリースと聞いてます。(最もこれが演奏で弾かれることが珍しのでどの大新聞でも大きく取り上げられまた。)
バッハ パルティータ2番。これはCDではどれが良いのか分かりません。
ドビッシー ミケランジェリのプレリュード第1巻を生で聴きましたが流石にすごいでした。ポリーニも聴いたけれど彼ほどの印象はなかったです。
シューベルト ソナタD960(遺作)これは昔ゼルキンを聴いて感激しました。
ベートーヴェン 作品110、111。これはベートーヴェンの晩年の寂しい気持ちがにじみ出ています。
ショパン バルカローレ。リパッティのすごいCDあります。
ショパン バラード4番。これも彼の傑作で色々なピアニストがだしています。
ちなみにこれら全部私も弾きましたが、弾いていてどの曲も自分で一瞬涙がこぼれそうになりました。

以上ピアノに限って、お好きな作曲家と私の特にお勧めを書きました。
一般に深い心に染みる曲はすべての作曲者に言えることは、晩年の作が多いです。

ピアノの専門家としての意見です。
バッハ「ゴールドベルグ変奏曲」これはバレンボイムの生を聴いたときすごかったけれど、CDではグレングールドのがお勧めです。
バレンボイムのCDは聴いたことないです。
バッハ 先日来日したバレンボイムが平均律1巻と2巻を2晩に分けてコンサートしました。言葉がないほどの演奏でした。一巻はもう出版されいて、二巻は秋にリリースと聞いてます。(最もこれが演奏で弾かれることが珍しのでどの大新聞でも大きく取り上げられまた。)
バッハ パルティータ2番。これは...続きを読む

Q新世界みたいなすごいインパクトのあるクラシック曲

ドボルザーク(だったかな?)の「新世界」みたいなすごいインパクトのある一度聴いたら忘れられないようなクラシック曲は他にもありますか?私はクラシックは全く詳しくないのでぜひ教えてください。

Aベストアンサー

書ききれない位あるので一部ですが。新世界が「交響曲」なので、それに限定して書きます。
ベートーヴェン第三「英雄」
  同  第五「運命」
  同  第六「田園」
  同  第七(第四楽章はノレます)
  同  第九「合唱」(モノラルで音が悪いがものすごい最高の演奏ならフルトヴェングラー/バイロイト祝祭の1951年7月29日のもの。最後の箇所はイッちゃっています。ステレオならバーンスタインやテンシュテットがお奨め)
シューマン第四(個人的に好きな曲。旋律が解り易い。バーンスタイン/ウィーンフィルがむちゃくちゃ良く第四楽章は元気が出ます)
ベルリオーズ「幻想交響曲」(夢の中で女性をストーカーし殺し、自分は断頭台で死刑になり地獄に落ちたあと化け物に囲まれる内容)
ブラームス第一
  同  第四
チャイコフスキー第四(特に第四楽章はすごい、最速はスビャトラーノフ指揮/ソビエト国立交響楽団か?ベストはムラヴィンスキー/レニングラードフィル)
  同  第五(聴いたらこの旋律は必ず覚えちゃいます。第一楽章の悲しげな短調主題が第四楽章ではトランペットで楽しく長調で堂々と演奏され最高です)
  同  第六「悲愴」(第三楽章は行進曲調。でも聴き所は第一楽章そして第四楽章)
マーラー第五(激しいのは第二、五楽章。ただし第四楽章はアダージェットで非常に美しい。難解かもしれませんが第三の第六楽章もとても美しく大好きです)
  同 第六「悲劇的」(第四楽章はハンマーでドカーン!第三楽章は美しい)
ショスタコービッチ第五「革命」(ショスタコの入門曲)
  同  第七「レニングラード」(戦争がテーマ。第一楽章中間部は10分以上の行進曲)

 標題のある曲はそれなりに有名な曲です。他にもハイドン「驚愕」「時計」「太鼓連打」「ロンドン」、モーツァルト「リンツ」「プラハ」「ジュピター」有名な第四十、シューベルト「未完成」「ザ・グレート」、シューマン「春」「ライン」、メンデルスゾーン「スコットランド」「イタリア」「宗教改革」、マーラー「巨人」「復活」「夜の歌」「千人の交響曲」「大地の歌」そして第九番。やがてブルックナー等段々奥が深くなっていきますが良いですよ。

 変わったところでは、ハイドン第四十五「告別」(最終楽章の途中で楽員がどんどん帰ってしまう)。同じく第六十「うすらバカ」(最終楽章にカラクリがあります)

書ききれない位あるので一部ですが。新世界が「交響曲」なので、それに限定して書きます。
ベートーヴェン第三「英雄」
  同  第五「運命」
  同  第六「田園」
  同  第七(第四楽章はノレます)
  同  第九「合唱」(モノラルで音が悪いがものすごい最高の演奏ならフルトヴェングラー/バイロイト祝祭の1951年7月29日のもの。最後の箇所はイッちゃっています。ステレオならバーンスタインやテンシュテットがお奨め)
シューマン第四(個人的に好きな曲。旋律が解り易い。バーンスタイン/ウ...続きを読む

Q出だしがこんな感じの曲の名前が分かりません

4分の4拍子で4拍目から始まります。
下のような感じです。カッコで囲まれた部分で1拍分です。
(ソミファソ)は16分音符、(ラシド)は3連符になります。(-)は同音です。

(ソミファソ)(ド)(-)(-)(ラシド)(ソ)(-) 

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

☆ラフマニノフ作曲 パガニーニの主題による狂詩曲

の途中(第18変奏 アンダンテ・カンタービレ)に現れる旋律ではなかろうかと思います。

このページの最初の方にある,「アンダンテ・カンタービレ」の所で試聴できそうです。
http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/rakhmaninov/list01.html
(今ちょっと音が出せない環境なので,実際音が出るか確認できていません。ごめんなさい)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報