今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

LANケーブルの規格で1000BASE-TXと1000BASE-Tを比較した場合に、そんなに差がありますでしょうか?。
実際使った感想など、よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>LANケーブルの規格で1000BASE-TXと1000BASE-Tを比較した場合に、そんなに差がありますでしょうか?。



ささいなことですが、勘違いを指摘させて頂きます。
1000BASE-TXと1000BASE-Tは通信の規格であってケーブルの規格ではありません。

使用するケーブルは現在容易に入手できるものとしては、
1000BASE-TX Cat6
1000BASE-T Cat5e または Cat6
ですが、Cat6のクロスケーブルは両者で結線が違い、互換性がありません。

純粋に伝送方式のみの優劣では1000BASE-TXにやや分があると思います。細かい説明は省きますが無理をしていません。
しかし1000BASE-Tの方が、それ以前の規格と互換性がとりやすくCat5eでも使えることから1000BASE-Tが普及し、
1000BASE-TXは全くと言って良いほど普及しませんでした。

本題なのか本題からそれるのか分かりませんが、
Cat5eとCat6のケーブルの伝送特性はどうかと言うと、測定器で測定すれば確かに差はあります。
しかし実際に使用した場合ほとんど差は出ないと思います。
なぜなら誤りが発生しない範囲であれば全く差が出ないからで、Cat6では誤りが生じないのにCat5eだと生ずるといったケースは、
わざわざ作らない限り遭遇することが少ないと考えられるからです。
但し将来的にはCat6で10ギガという話もあるようなのでその時には話が違ってくる可能性は高いと思います。
固定的な敷設(壁中や床下、屋根裏や地下etc.)をするならCat6をお勧めします(余計なお世話?)。
    • good
    • 0

補足します。


1000BASE-TXと1000BASE-Tはどちらも1000Mbps(1Gbps)の通信のための
規格ですが、1000BASE-Tの製品の方が多く市場に出ており、
これからも1000BASE-TXの製品はあまり世に出ないでしょう。

メーカーは既に次の規格(10Gbpsやそれ以上)の
デファクトスタンダードの座を巡って開発競争をしています。

かつて、100Mbpsの標準の座を巡って複数の規格が存在しましたが、
実際私が見たことがあるのは100BASE-TXと100BASE-FXだけです。
こういった規格同様、1000BASE-TXはこれからも見る機会はないと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC% …
    • good
    • 0

100BASE-TX と 1000BASE-T 対応のケーブルの話でしょうか?


1000BASE-TX は規格としては存在しますが、市場には全くと言っていいほど出ていません。

RJ-45モジュラージャック(8極8芯)で接続するLANケーブルには
いくつかのカテゴリー(Catと略される)というものが存在します。
カテゴリーの数字が大きいほど性能がよく、
末尾にeが付くものはエンハンスドの略で、
次の数字との中間程度の性能になります。
つまり、Cat5e は Cat5 と Cat6 の中間に位置します。


100BASE-TX(100Mbps)で通信するには、Cat5以上のケーブルが必要です。
1000BASE-T(1000Mbps=1Gbps)で通信するには、Cat5e以上のケーブルが必要です。
勿論、Cat6の方が安定して通信できるため、
1000BASE-Tを使う予定があるなら、Cat6のケーブルをお勧めします。

現在はCat6eやCat7のケーブルが存在しますが、これは10Gbps用のケーブルです。
対応する製品は非常に高価なため、今手を出す必要はないでしょう。


さて、実際の使用感ですが、
Cat6の方がCat5やCat5eなどに比べて若干ケーブルが硬く、取り回しにくい印象があります。
ですので、100BASE-TXまでしか使わないところは
取り回しの良いCat5やCat5eのケーブルを使うことがあります。
規格通りにケーブルを使ってやればトラブルは無いはずで、実際快適に使えていますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、カテゴリー区分について勉強になりました。
しかもcat7までも存在するとは、一体どんな人が使ってるんでしょうね。
しかし、1000BASE-TXというのはまだ普及していない段階みたいですね。しかも、cat6の方が使い勝手が悪いことがあるみたいなので、cat5でも問題ないっぽいですね。

お礼日時:2007/11/30 03:38

基本は双方向で1Gbpsでの伝送速度が可能な規格なので、体感も何も変わらないと思います。



技術的には専門用語が多くて難しいとは思いますが、下記のサイトで
具体的な例もあるので参考になさってみてはいかがでしょうか。
http://www.wsuper.com/Tech/LAN/1000b/1000tx1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
安心しました。
新しいしカテゴリーがひとつ多く区分されてると性能が上なのかな?と思ってしまっていたんですが、さほどかわりはないみたいですね。
使いたい器具が1000BASE-Tまでの対応となっていたのもので

お礼日時:2007/11/29 20:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1000BASE-Tと1000BASE-TXの違い

1000BASE-Tは半2重の通信かと思ってました。
1G対応のLANアダプタのCG-LACBGTDの
ドライバの設定で
[1000Mbps Full Duplex]の文字が、
これって、前2重ですよね。 頭が混乱します。

そもそも10Mの規格も100Mの規格も1Gの規格も
BASEの文字だけが同じでそれ以外はまったく
別物で関連性は無いのでしょうか。

1000BASE-T規格の事が知りたいです。

Aベストアンサー

>[1000Mbps Full Duplex]の文字が、これって、前2重ですよね。 頭が混乱します。

基本的に100M以上はすべて全二重通信です。

>BASEの文字だけが同じでそれ以外はまったく別物で関連性は無いのでしょうか。

BASEとはベースバンド方式で通信する技術のことです。
「通信速度・通信方式・通信媒体と種別」という順番で記載されてます。



>1000BASE-Tと1000BASE-TXの違い

まずこれについてですが、データ通信方法(技術)が違いますが、とちらもUTPケーブルを使った1000Mbps通信ができる規格です。
ただし一般的に普及しているのは1000BASE-Tのほうです。
※この2つの規格は策定した団体が違います。
1000TはIEEE、1000TXはTIA/EIAです。
LANに関してはIEEEのほうがメジャーな団体ですので、一般的には1000Tを使います。


>1000BASE-T規格の事が知りたいです。

1000M(1G)の規格には他にもたくさんあります。

【1000BASE-T】
UTPケーブルを使う。(CAT5e以上)
最大通信距離は100m。

【1000BASE-SX】
マルチモード光ファイバーを使う。
最大通信距離は550m。

【1000BASE-LX】
マルチモードとシングルモード光ファイバーに両対応。
最大通信距離はマルチが550m、シングルは5km。

【1000BASE-LH】
シングルモード光ファイバを使う。
LXの拡張版で最大通信距離は50km。

【1000BASE-CX】
150Ωの平衡型ケーブルを使う。
最長保証距離が25mと短いため、通常は1000BASE-Tを使います。(古い規格ですね)

他に1000BASE-ZXもありますが、これはCisco社独自の規格ですのでちょっと異端児です。(最大100km)

この中で一般的に使われるのが
1000T、1000SX、1000LXです。

ちなみに光ファイバはマルチモードのほうがかなり安いです。

このサイトに説明がありますよ↓

参考URL:http://www.wdic.org/d/COMM/DEV/LAN/WR/ETHER/G1

>[1000Mbps Full Duplex]の文字が、これって、前2重ですよね。 頭が混乱します。

基本的に100M以上はすべて全二重通信です。

>BASEの文字だけが同じでそれ以外はまったく別物で関連性は無いのでしょうか。

BASEとはベースバンド方式で通信する技術のことです。
「通信速度・通信方式・通信媒体と種別」という順番で記載されてます。



>1000BASE-Tと1000BASE-TXの違い

まずこれについてですが、データ通信方法(技術)が違いますが、とち...続きを読む

QLANケーブルのカテゴリ5Eとカテゴリ6の違い

新築時に壁の中に自分でLANケーブルを通すことにしました。(経費節約のため)

それで、GW明けくらいから大工さんの昼休みを利用して作業に入ろうとしているんですが、どのLANケーブルを埋設しようかと思っています。

地元の電気店ですとコネクタなしのLANケーブルは100mのものでカテゴリ5Eのものしか売られていませんでした。

それで先ほど値段比較のためにネット検索したらカテゴリ6というのが売られていて、将来の高速化に対応できるようにかかれていました。

それで質問なんですが、カテゴリ5Eとカテゴリ6はコードの中は同じ8本なのでしょうか?
それとも規格そのものが異なるのでしょうか?

実際の配線は中央に松下のマルチメディアポート(WTJ5143K)にじかに剥き出しのまま配線します。

Aベストアンサー

 コードの数はどちらも8本で、ギガビット・イーサーネット対応であることも同じです。
 ただし、対応している通信規格が違います。
 Cat.5eは1000BASE-T、Cat.6は1000BASE-TXへの対応となっています。
http://www2.elecom.co.jp/cable/lan/ld-gp/bu/index.asp

 上記のサイトにある図を見れば判るとおり、1000BASE-Tは8本のケーブルをすべて往復で使うのに対し、1000BASE-TXは往復それぞれ分けて使用します。そのため、同じギガビット・イーサーでも1000BASE-TXの方が効率が良いと云われています。

 ただし、1000BASE-TXで使用するには線用のネットワーク機器が必要で、PCのコネクタはもちろん、ハブも対応が求められます。
 また、従来の100BASE規格との混在は出来ないため、1000BASE-TXのみのネットワークを構築する必要があります。

 しかしながら、今のところ1000BASE-TXに対応した製品はまだケーブルのみという状況で、しかも前述のように互換性の問題があるため、今後普及するかどうかはっきりしません。
 ただ、ケーブル自体はCat.6はどのような通信規格にも対応しています(1000BASE-Tも100BASEも可)。ですから、いまの時点ではどちらを選ばれても問題はないでしょう。
 予算に余裕があれば、Cat.6にしても良いかと思います。少なくとも、配線距離が長くなった場合の外部ノイズにはCat.6の方が強い構造になっています。

 コードの数はどちらも8本で、ギガビット・イーサーネット対応であることも同じです。
 ただし、対応している通信規格が違います。
 Cat.5eは1000BASE-T、Cat.6は1000BASE-TXへの対応となっています。
http://www2.elecom.co.jp/cable/lan/ld-gp/bu/index.asp

 上記のサイトにある図を見れば判るとおり、1000BASE-Tは8本のケーブルをすべて往復で使うのに対し、1000BASE-TXは往復それぞれ分けて使用します。そのため、同じギガビット・イーサーでも1000BASE-TXの方が効率が良いと云われています。

...続きを読む

Q1000BASE-Tと100BASE-Tの違いについてお伺いします。

1000BASE-Tと100BASE-Tの違いについてお伺いします。
1000BASE-Tのほうが早いのはわかるのですが、1000BASE-Tとは光回線を生かすためのものなのでしょうか?では例えば100BASE-Tしかもっていないマザーボードに光回線を差しても生かせないということでしょうか?

逆にADSL回線の場合、1000BASE-TのLANポートを持つマザーボードなら100BASE-Tより速くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

100BASE-TX(-TじゃなくてTXです。Xの有無で意味が変わってきますので間違えないように)と1000BASE-TXの差は「LANケーブルを流れる通信速度の差」です。ですので、

1.インターネットからの通信速度とは全く関係ない
2.無線LANの通信速度ともほとんど関係ない

という事になります。更に1000BASE-TXを通すためには、LANケーブルもCAT6を使う必要があるなど、カード以外にもそれなりの「インフラへの投資」が必要です。

現在のところ、仮に光回線であっても、家庭用ならばインターネット側の速度は100BASE-TXの有効速度を大きく上回るほどではありません。インターネット側がADSLだったら、100BASE-TXどころか10Base-Tでも十分な位ですし、光回線でも中間に無線LANを介していれば、100BASE-TXどころか10Base-Tの速度すら出てない事が少なくないんです。1000BASE-TXが威力を発揮するのは、企業などのサーバーでLAN/WAN上の信号が輻輳する場合だけです。

ということで、家庭用だと1000BASE-TXは「自己満足」の世界です。まあ、大して価格が違う訳じゃないので「自己満足」としてお使いになるなら止めませんが・・・。

100BASE-TX(-TじゃなくてTXです。Xの有無で意味が変わってきますので間違えないように)と1000BASE-TXの差は「LANケーブルを流れる通信速度の差」です。ですので、

1.インターネットからの通信速度とは全く関係ない
2.無線LANの通信速度ともほとんど関係ない

という事になります。更に1000BASE-TXを通すためには、LANケーブルもCAT6を使う必要があるなど、カード以外にもそれなりの「インフラへの投資」が必要です。

現在のところ、仮に光回線であっても、家庭用ならばインターネット側の速度は100BASE-TX...続きを読む

Q1000Base-TX対応のスイッチについて

Google検索しても見つけられなかったので、質問させていただきます。

1000Base-TX対応のスイッチは存在するのでしょうか?
ご存じの方がいらっしゃいましたら、メーカ名、商品名を教えてください。
(個人的に知りたいだけですので、代理店を通さないと買えないような製品でもかまいません)

スイッチの仕様を確認すると、10/100/1000Base-TXと記載されている場合がほとんどで、
実際には、10Base-T/100Base-TX/1000Base-T対応です。
1000Base-Tであれば、UTPはカテゴリ5eで良いわけですが、家電量販店にはカテゴリ6が
主流で陳列されています。
AutoMDI/MDI-X機能があれば、ストレートもクロスも関係無いですが、
何故、カテゴリ6のケーブルがメインで陳列されているのでしょうか?
こちらもわかりましたら、併せて教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

競争に負けて廃れた規格になりつつあるので入手は難しいでしょうね。
100base-T?の時も何種類か出て消えていきました。

とりあえずググったら
http://www.internix.co.jp/products/pti/cpc4401_4406.htm
が出てきましたが。

ケーブルについては一般売り単品の場合、6も5Eも価格差が少なく
両方置くメリットが少ないんでしょうね。
業務用で扱っている店なんかだと両方、普通に並んでます。
(量買うと結構値段が変わりますので)

QLANケーブル選びで、割高なCAT6eとCAT7はどうなんでしょうか?

LANケーブル選びで、割高なCAT6eとCAT7にこだわる必要はありますか?
ネット上のLANケーブルの選び方みたいな情報を読むと、
だいたいは、カテゴリ(CAT)の上位のものを選ぶと良い、とあります。
ですが、6e、さらに7はかなり割高になります。出回っている主流は、5e・6かと思うのですが、
6e・7にこだわるのはどうなんでしょうか?

光ファイバーです。
↓ルータはRT-200NEです。
http://flets.com/hikaridenwa/subscription/router.html

Aベストアンサー

10GBASE-T用にCAT6eが作られた様だけど55mしか持たなかったのでしょう。
でCAT6aが出来たのでしょう。

CAT7は各4対のペアと外周をそれぞれシールドする「二重シールド」構造だから、
電磁ノイズに有利です。
そうLANケーブルを束ねて使ってもね。
http://www.sanwa.co.jp/seihin_joho/cat7/index.html

で、100BASE-TXと1000BASE-Tでは
LANケーブルの電線の信号が通る場所が違うのでしょう。
http://www.sanwa.co.jp/lan/cable6.html
通る電気の周波数が高ければ高いほど外周に近い部分しか利用できませんとの事ですからね。

で、結局100BASE-TXで使う分には
CAT5やCAT5eのLANケーブルで100mの距離が得られる訳でしょうね。

1000BASE-Tで使う場合は『表皮効果』によりCAT7を使っても良いでしょう。
当然、10GBASE-TではCAT7が有利ですね。

で、RT-200NEは100BASE-TXだからCAT5かCAT5eですね。

1000BASE-T対応ルータや1000BASE-T対応スイッチングHUBを
導入する時にCAT7かCAT5eか考慮されると良いですね。
当然、パソコンのLANポートの1000BASE-T対応の場合ですがね。

10GBASE-T用にCAT6eが作られた様だけど55mしか持たなかったのでしょう。
でCAT6aが出来たのでしょう。

CAT7は各4対のペアと外周をそれぞれシールドする「二重シールド」構造だから、
電磁ノイズに有利です。
そうLANケーブルを束ねて使ってもね。
http://www.sanwa.co.jp/seihin_joho/cat7/index.html

で、100BASE-TXと1000BASE-Tでは
LANケーブルの電線の信号が通る場所が違うのでしょう。
http://www.sanwa.co.jp/lan/cable6.html
通る電気の...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

QLANケーブルに長さ制限はある??

LANケーブルは結構長いもの(例えば30mとか)も購入可能ですが、長さ制限はあるのでしょうか?例えば会社などで大規模なLANを構築する場合には、当然ながら間にいくつものハブが存在しますが、こういう場合に使用するハブにはブースターのような減衰した信号を増幅するような機能が備わっているのでしょうか?家庭内ではLANを使用していますが、ケーブルの距離はせいぜい5m位なのでその辺のところがよく分かりません。ご存じのかたがいらっしゃったらお願いします。

Aベストアンサー

長さ制限はあります。
規格によっていろいろ違うのですが、10BASE-10で200メートルだっと記憶しています。
その他の規格については、手元に資料が無いので、他の方の回答をお待ちください。
なお、規格の長さの範囲内でししたら増幅装置は不要です。
ハブの内部には信号を増幅する機能があります。
また、ハブの段数には制限がありますから、ご注意ください。
こちらも、今は手元に資料が無いのですが、普通のハブですと3段か5段で相手が見えなくなると記憶しています。
ただし、スイッチングハブとブリッジでしたら、段数の制限はありません。

Qカテゴリー6に対応(最適な)するHUBを教えてください

新築を気に、LANの宅内配線を検討しています。せっかくなのでカテゴリー6のケーブルを配線して利用しようと思っています。
そこで、カテゴリー6に対応するHUBといってもなかなか見つからないというか、どの製品がよいのかわかりません。
カテゴリー6のケーブルをうまくいかせるようなHUBを教えていただけたらと思います。またお勧めする商品やメーカ等ありましたら合わせてアドバイスいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

CAT6というと【1000BASE-TX】で使う為に用意されたようです。

しかし、1000BASE-T対応スイッチングHUBでも
CAT6のストレートケーブルなら使えます。

そう、250MHzの伝送帯域が4組で1つのLANケーブルに成っているので、
1000Mbpsに相応しいですね。
さて、光ファイバーは別の規格ですから、
1Gbpsというのは1000BASE-Tと1000BASE-TXという事になりますが、

しかし、家庭用に広がったのは10BASE-Tや100BASE-Tと
上位互換性の遇った1000BASE-Tに軍配があがった様ですね。

1000BASE-T対応8ポートスイッチングHUBなら1万円でお釣りが来るでしょうね。

CAT6のクロスLANケーブルは1000BASE-TX用ですから、
1000BASE-Tでは使えません。(クロス配線が違うのです)

さて、今はCAT7のLANケーブルが登場しました。
2重シールドですから、効き目は絶大でしょうがね、
http://www.sanwa.co.jp/seihin_joho/cat7/index.html
http://www2.elecom.co.jp/cable/lan/ld-tws/bm/
しかし、10GBASE-TのLAN機器はまだですね。

CAT6というと【1000BASE-TX】で使う為に用意されたようです。

しかし、1000BASE-T対応スイッチングHUBでも
CAT6のストレートケーブルなら使えます。

そう、250MHzの伝送帯域が4組で1つのLANケーブルに成っているので、
1000Mbpsに相応しいですね。
さて、光ファイバーは別の規格ですから、
1Gbpsというのは1000BASE-Tと1000BASE-TXという事になりますが、

しかし、家庭用に広がったのは10BASE-Tや100BA...続きを読む

Q100BASE-TXの「X」とは?

LANカードの名前(イーサネットの規格?)について質問なのですが。

「100BASE-TX」は
========================================
100→通信速度 Mbps
BASE→Baseband
T→ケーブル種類(T→ツイストペア,F→光ファイバー, 無し→同軸 など)
X(Tの後に付く文字)→数値の場合は対線の数(2→2対4線, 4→4対8線)
========================================
と理解しているのですが、最後の文字がXの場合これは何を示しているのでしょうか??

Aベストアンサー

以前同じ質問がありましたので、そのときの私の回答を参考になさってください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1624592

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1624592

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報