人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

誕生日プレゼント用の品の値札を剥がした跡に貼る目隠しとして、また封筒の封としてなど、とにかく相手の手に渡る使い方をする3センチ四方くらいの大きさのシールを自作しようと思うのですが、その際そのデザインを白黒で、かつ周囲を太さ2ミリほどの黒い線で正方形に縁取ったらこれは失礼にあたってしまうでしょうか。母に言わせると「黒枠広告を連想する」とのことで、皆様の意見をお聞きしたいです。

ちなみにデザインは、上の例の場合には黒枠の中に黒い筆記体の活字で「Happy birthday to ○○(相手の名前) (相手の誕生日)」と書いてあります。イラスト等は特にありません。モノトーンのシャープで洗練された雰囲気が好きなのでそういうデザインにしたかったのですが、やはり例えお祝いの言葉が書かれていても黒い枠があるだけで非常識になってしまうのでしょうか。しかしただ黒い枠が使ってあるものならばその辺で日常的に見かける気もしますし、今まで黒枠広告にはあまり縁がなかったこともありいまいちピンとこなくて困っています。どなたか使い分けの目安みたいなものを教えて下されば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

一般に黒い枠は誤解されやすいとおもいますよ。


中が白でなかったり、字やイラストなどを個々に囲って並べてある場合はそういった連想が湧かないかも。
細い線数本とか、柔らかい形(楕円とか)、角のラインを交差してあったりするデザインもわたしは違和感がありません。
今回のシールは形が四角くかっちりしているものに対して,ちょうど微妙な太さの枠が、見る人によっては不快な感じを与えてしまうのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答大変ありがとうございました。
検索サイトなどで黒枠広告の画像を探し、いろいろな黒枠広告を見ていくうちに何が駄目で何が許容範囲なのか、おぼろげながらだんだんとわかってきました。
特に
> ちょうど微妙な太さの枠が、見る人によっては不快な感じを与えてしまうのでは?
とおっしゃって頂いたことで、贈答用だとかチラシだとか、使用するシチュエーションに左右されるというよりはぱっと見の第一印象による連想なのかな……と思うようになりました。
私の疑問に対してとても的を得た表現をして頂いて感謝しております、ぜひ参考にさせて頂きたく存じます!

お礼日時:2007/12/14 15:48

6番です。


補足します。
黒は止めた方が良いとアドバイスをしたのは、封筒に貼るシールとの事で、封筒=手紙を連想し、またそこから、喝采の歌詞の「黒い縁取りの手紙」を連想したのです。

友人がカラーコーディーネータの資格を持っている方から聞いたことですが、色にはそれぞれイメージがありそれから連想される言葉や物・などあるそうです。

例えば黒は
死・悪・恐怖・厳粛・高貴・高級・格調
喪中・海苔・からす・タイヤ・髪・夜・爆弾・墨

用途にあった使いかをすればよいと思います。

値札を取った跡の傷に関して
シール剥がしなど市販品で売っていますが、それよりもっと良い品があります。
ジッポのオイルライター用のオイルです。
揮発性があるので、商品の箱が汚れのシミも付きませんし、数秒でシールが剥がれます。箱に印刷されている文字や絵柄も剥げ落ちたりしません。
シール剥がしの売ってない時代には小売店ではこれを利用していた人もいます。

シール剥がしとオイルを両方実験しましたが、オイルのほうが断然綺麗に素早く取れます。

参考URL:http://www.e-zakkaya.com/Templates/031019177.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びためになる情報を頂きまして本当にありがとうございます!

カラーコーディネートについては私も興味があるのでよく関連本を読みますし自宅にもそれに関する本が何冊かあるので存じております。
個人的には回答者様のおっしゃって頂いた例ですと「厳粛」「高貴」「格調」あたりの雰囲気を感じられればいいなと思ってデザインしたシールだったのですが、同じ黒なだけに「死」や「喪中」などの不吉なイメージを感じさせずにそれらのプラスのイメージのみを押し出すというのはやはり素人には難しくもあるのですね。まだまだまだまだ力不足だなと痛感しました。精進いたします。
(ところで黒=海苔、というのは面白いですね! うっかり「ひじきじゃ駄目なの?!」と突っ込みたくなります)

また値札剥がしにつきましても素敵な情報を頂きありがとうございます!
なるほど、シール剥がしっていまいち使い勝手が悪いのが多くて困っていたのですが、まさかそんな商品で代用が利くとは……。参考URLもありがとうございました。価格もお手頃ですのでとても気になります。
小心者ですので実は日当たりの良すぎる自室に油やライターなどを置いておくのも気になる(爆発したらどうしようとか……そんなまさかとはわかってはいるのですが)人間なのですが、もし今後シール剥がしが必要な時にはぜひ代わりに使ってみようと思います。
詳しく教えて頂いて感謝しております!

※実質的に今回の件につきましてはこれで問題解決とするつもりなのですが、一応もう少し開けておきますのでもしも何かありましたらお願いいたします。

お礼日時:2007/12/14 17:01

質問者さんの年代はでは知らないと思いますが、


ずっと昔、1972年に歌手のちあきなおみさんが、喝采と言う歌でレコード大賞を受賞しました。
コロッケさんがものまねをやる方です。

著作権の問題で歌詞をそっくり書けませんが、
自分に届いた知らせに黒い縁取りがあった事で、中身を見なくても悲しい知らせだったとわかった(恋人が亡くなった)
もうステージの幕が開いてしまった・・・・。
そんな内容です。

歌詞の中に「黒い縁取りがありました」の箇所があります。

止めた方が良いと思います。若い方でこの歌は知らないと思いますから、気にしなくても?とは多少感じますが、家族と同居しているなど他の人が目に付くなら、非常識の方と思われたら質問者さんも嫌だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答大変ありがとうございました。

なるほど、そんな歌があるのですね! とても勉強になりました、ためになる情報をありがとうございます!
黒枠広告をあちこち探しては見て回るうち、だんだんとその教えて頂いた「黒い縁取りがあった手紙」というのもどんなものか想像できるようになってきました。着々と自分の中に「黒い太めの枠=不吉なもの」というイメージができつつあります。
やはり枠の中身にどんなおめでたいことが書いてあっても、黒枠次第で中身のイメージが相殺されてしまうこともあるのですね。母に指摘された時は少々ショックでしたがいい経験をしたと思います。

何分今までちょっと枠が太めでも「シャープで綺麗!」というイメージが自分の中で定着しておりましたので、その感覚に「黒枠広告を連想する感覚」を上塗りするというのはなかなか大変ではありますが、以後十分に気をつけていきたいと思います。
貴重なご意見をありがとうございました!

お礼日時:2007/12/14 16:31

>今回「私が作って黒枠広告のイメージがあると言われてしまったシール」との違いはずばり何でしょうか。


<それはお母さんの意見です。
こちら側回答者は、当然の事ながら現物を見てはいないのですから、お母様がご覧になって感じられた「黒枠広告をイメージする」と言うお言葉と、あなたの「その際そのデザインを白黒で、かつ周囲を太さ2ミリほどの黒い線で正方形に縁取った・・・」との説明だけを読んで、いわば勝手な想像の元、(無責任に)コメントを投稿しているのです。
確かに、世の中の黒枠が全て弔事・・・と言うわけではないですよね。コメントを投稿した者の一人として、少々の責任を感じている次第です。

さて、
何か打開策(折中案的なもの)を、と乏しい想像力を膨らませて考えてみました。
黒べったりではなく、白黒のストライプや水玉などはできないものでしょうか?
それならお母様も黒枠広告・・・とは仰らないと思うのですが・・・
後は貴方のセンスで、いかに黒枠広告を思いさせない様なデザイン(線の太さなどのバランス)にする他ないですね。

健闘を祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び詳細なご回答を頂き本当にありがとうございます!

他の回答者様からのご意見も併せて考えていくうち、やはり
> 後は貴方のセンスで、いかに黒枠広告を思いさせない様なデザイン(線の太さなどのバランス)にする他ないですね。
とおっしゃって頂いたようにこの連想については非常に感覚的で曖昧な
要素があるのかもしれない、と思うようになりました。
(実際その後全く別の用途で作った黒枠を使用した似たようなデザイン画を母に見せましたら「ああ、これは線が細いから大丈夫」と言われました……同じ黒枠でもピンキリのようです)

ある程度の経験がないと「どんな線の太さや枠内のレイアウトが黒枠広告を連想させるか」というのはわからないと思うので、今後新聞やインターネットで黒枠広告を探してその感覚を養っていこうと思います。
またデザインそのものについても、今回の件を踏まえて黒枠以外で代用が利く時はできるだけそちらの線で考えていくことにいたします。(案外他の可能性を考えるということが私のレパートリーの幅を広げることにも繋がるかもしれませんし!)

またわざわざ打開策まで考えて頂いてありがとうございます! そうですね、線を種類を変えて二重にしてみるとか、水玉(点線?)を加えてみるとかいろいろ考えてみます。ぜひ参考にさせて頂きますね。頑張ります。

お礼日時:2007/12/14 16:13

黒にこだわる何かがあるのかもしれませんが、出来れば色を変えたほうが宜しいでしょうね。


どうせ贈るなら、気持ちよく受け取ってもらえる方が良いと思いますよ。
お母さんの一言に感謝しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答大変ありがとうございました。
ご意見、参考にさせて頂きます。
今回の場合はプレゼントの中身や外装からして、それに添付するなら黒と白以外は無粋でしたので色はできるだけ変えたくないのですが、黒枠についてはなんとかしたいと思います。

ところでやはりいまいち使い分けにピンと来ないのでどなたかご教授頂けないでしょうか。

一口に黒枠が駄目といっても世の中黒い枠で囲まれてあるものなんて本物の黒枠広告以外に無数にあると思うのですが、それらの「黒枠で囲ってあっても黒枠広告のイメージを持たれないもの」と、今回「私が作って黒枠広告のイメージがあると言われてしまったシール」との違いはずばり何でしょうか。

贈答用であることが問題なのでしょうか? 線の太さでしょうか? それとも中に書いてある文字(文章)が問題(人の名前や日付などが含まれていることなど)でしょうか? 白黒でもイラストが入っていればいい、などというのはありますか?
例えば不特定多数に配布する白黒印刷でのチラシや冊子(趣味の一環で発行することがよくあります)などで全体の統一感を維持するためのデザインの一環として使ってしまうのも不快に思われてしまうのでしょうか?

書いたように趣味の一環でもののデザインをすることがよくあるので、その場合にどこまで白黒印刷での黒枠がデザインとしてみなして貰えるのか、その境界がわかりません。モノトーンはすごくよく使うので、今後うっかりやってしまわないためにもここで覚えておければと思っています。

重箱の隅をつつくような話で申し訳ないのですが詳しく教えて頂ければと思います。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/12/14 03:14

気にならない方もいるでしょうが、私は気になりますね。


ましてや誕生日用となると明るいものが良いですね。黒縁ではなく市松模様にするとか少し変えてみてはどうでしょう?
あと、プレゼントなんですから質問者様の趣味ではなく、差し上げる方の趣味に合わせたシールを作成される方が喜ばれると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答大変ありがとうございました。
回答者様は気になるとのことで、参考にさせて頂きますね。

また、
> プレゼントなんですから質問者様の趣味ではなく~
というくだりにつきましてもおっしゃるとおりだと思います! もちろん相手の趣味に合わせることは大前提ですが、その上で贈り主である私らしさを感じさせるもの、ラッピングして楽しいもの、そして何よりプレゼントを存分に引き立てるものとしてモノトーンのそういったデザインにしました。でも黒枠については相手に不快に思われては意味がないので今後なんとかしようと思います。黒枠は大好きなので残念です。黒地に白抜き文字で妥協しようと思います。

ご意見参考にさせて頂きますね。相手の立場から見た素敵なアドバイスをありがとうございました!

お礼日時:2007/12/14 02:18

相手次第。



白地に黒枠を見ただけで、香典を想像して不快だと言う人もいれば
白と黒のデザインをシャープだという人もいる。
特にこの不快感は非常にキツク感じる人がいて、以降絶縁・絶交・逆恨みする可能性もある
(実際にそれに近い人を知ってます)

結論、不特定多数に渡すなら無難な黒枠無しにするべき。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答大変ありがとうございました。

葉書やグリーティングカードなど大きくて目立つものなら私も控えた方がいいとはわかったのですが、まさかこんな小さなシールひとつにまでそのイメージが適用されるとは思っていなかったので母に指摘されてとても驚きました。また
> 特にこの不快感は非常にキツク感じる人がいて
とのことなので、以後相手を見ながら気をつけていきたいと思います。
貴重なご意見をありがとうございました。参考にさせて頂きます。

※まだ質問投稿したばかりなので、引き続き回答を募集しております。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/12/13 23:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qちあきなおみの「喝采」について

どう解釈したらいいのかわからない歌詞があるんです。
皆さんの意見をお聞かせ下さい。

いつものように幕が開き
恋の歌唄う私に
届いた報せは 黒い縁どりがありました
あれは3年前
止めるあなた駅に残し
動き始めた汽車に一人飛び乗った
ひなびた町の昼下がり
教会の前に佇み
喪服の私は 祈る言葉さえ失くしてた

つたが絡まる白い壁
細い影長く落として
一人の私は こぼす涙さえ忘れてた
暗い待合室
話す人もない私の耳に私の歌が通り過ぎて行く
いつものように幕が開く
降りそそぐライトのその中
それでも私は 今日も恋の歌唄ってる

2番の歌詞に「暗い待合室 話す人もない私の耳に私の歌が通り過ぎて行く」とあります。
この待合室がどこなのか、わからないんです。
つまり、歌が聞こえる(流れる)待合室ということですよね。
それは、どこだと思いますか?
まず、教会の待合室で、自分の歌が流れてくるのはおかしい。
病院の待合室なら、テレビが置いてあるから、自分の歌が聞こえても不思議じゃない。
駅の待合室はどうだろう?テレビかラジオか有線か、そんな類の物はあるのかな?
ステージに出る前の控室なら、自分の歌が流れていても当然だろう。
この4つの内のどれかだと思うのですが……。
この「暗い待合室」がどこであるかによって、この曲の情景が変わって来ると思うんです。
昭和の名曲中の名曲「喝采」。
現在、一青窈さんがカバーされて、久方ぶりに聴いたら、懐かしさがこみあげて来ました。
昭和47年に発売され、はや40年。
どれ程の時が流れようが、この曲が色褪せることはないですよね。

回答 お待ちしています。



        

どう解釈したらいいのかわからない歌詞があるんです。
皆さんの意見をお聞かせ下さい。

いつものように幕が開き
恋の歌唄う私に
届いた報せは 黒い縁どりがありました
あれは3年前
止めるあなた駅に残し
動き始めた汽車に一人飛び乗った
ひなびた町の昼下がり
教会の前に佇み
喪服の私は 祈る言葉さえ失くしてた

つたが絡まる白い壁
細い影長く落として
一人の私は こぼす涙さえ忘れてた
暗い待合室
話す人もない私の耳に私の歌が通り過ぎて行く
いつものように幕が開く
降りそそぐライトのその中
それでも...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます。

良い唄は色褪せない・・・そのとおりですね。
私は歌唱力では、ひばりさんと、ちあきなおみさんが、
一番!そう思います・・・。
ですから、今唄われないのはとても残念です。

あなたの疑問の2番の歌詞は、1番の歌詞を受けてのものです。
ですから1番の歌詞を読まれると良く分かると思います・・・。

「とめるあなた駅に残し、動き始めた汽車に一人とび乗った・・・」
とめる彼と沢山の話しをしたのでしょうね・・・。
夢と希望に溢れた彼女にとって駅は明るかったに違いありません。

そうして2番の歌詞を読むと、良く理解出来ます。
「暗い待合室・・話すひともいない・・・」
あの時ここで止めてくれた彼はもういない・・・。
その代償のように何処からか自分の唄が聞こえたのでしょう。

そう考えていくと駅の待合室が自然のようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報