最新閲覧日:

長年の深爪がたたり、現在、爪より、指が長い状態でした。
マニュキュアが似合う爪を目指して、
爪を切らずに伸ばしているのですが、白い部分が増えるのみで、
傍目にみると、「とっとと、切れよ」というような感じです。汚れも目立ちます。

自分としては、指先まで白い部分が指の肉とくっついて欲しいのですが、
何とかならないものでしょうか?

濃い色のマニュキュアなら、違和感もすくないのですが、
淡い色のマニュキュアだと、「とっとと、切れよ」というような感じです。

整形でも、何でも、手段があるか否かが知りたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私も不器用なんですよねー。


とりあえず普段は真中を一塗りした後、両端をそれぞれ一塗りずつして終わりです。気に入らない時はもう1度真中を一塗りします。
で、少し乾いたらもう1度これを繰り返す。・・これで2度塗りですね。
量はマニキュアの筆の片側を1度キャップの淵でしごく位の量です。
その量でこの「三塗り」をする事が可能です。
足りなさ過ぎたらちょっと足しても勿論OKですけどね。
でもマニキュアの特徴やボトルの量によって色々ですね。
何度も練習して自分にとっての最適を見つけて下さい。
多すぎるとぼってりしちゃうし少なすぎるとかすれちゃうんで。
・・で、何度も塗り直さないのがポイントです。
1度塗りの際、3、4回塗っても上手く行かなくても、とりあえず乾かして、2度塗りの時にキレイに出来る可能性は十分あります。

キーボードと髪を洗うのは最初は苦労しますねー。
でもキーは指の腹で打つくせがついたし、髪も長い爪の方が気持ち良かったりして・・。今ではたまーに短くし過ぎると逆に生活に困る状態です。
私も初心者でまだまだわからない事だらけですが、cyako-chanも頑張って下さいねー。
    • good
    • 0

実は私も白い部分がとても多いです。

とてもとても小さな爪なので、かなり白い部分をムリして伸ばしてます。
確かに私の爪も「とっとと切れよ」って感じですね。
cyako-chanさんはネイル初心者さんっぽいので、とりあえずは最低、ベースコート、トップコートだけ揃えたらイイと思います。
淡い色のマニキュアは2度塗り(または3度塗り)すれば白い部分は隠れますよ。
あとはそれでも目立つようならば、ネイルアートはまずはフレンチネイルをマスターされるとイイと思います。先っぽだけ白く塗ったり違う色にするヤツね。あれで結構解消されるんじゃないでしょうか。
あとは「とっとと切れよ」という印象を与えない為にはしょっちゅうネイルを塗る事ですね。いつも白い部分を隠してればそんな印象持つ人はいないし、適度に長くてキレイな爪という印象を与えると思いますよ。
ちなみにオレンジスティックというのは爪からはみ出たネイルをふき取る(オレンジスティックの回りにコットンを巻き、除光液をまぶす)時などによく使います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
取りあえず、ペースコート、トップコートを購入して、塗ってみました。

ただ、ドリカムの歌に、♪マニュキュアだって上手く塗れるわ♪
というのがありますが、
どういうのが、上手いと言えるのでしょうか?!

今、まさに、その壁にブチ当たっています。〔壁か?〕

書道は習っていたのですが、筆づかいは不得意で、
〔もともと、不器用なんですけど〕
口紅もリップペンシルしか使えません。〔筆だとはみ出ちゃいます〕

筆にどのくらい、マニュキュアを含ませて塗るべきか、
一筆書きがいいのか、
何が上手いのか下手なのかが分からず、部屋の中で遊んでいるだけです。
塗り方が悪いからか、指の形が悪いからか、爪の形が悪いからか、
いまいち、満足できていません。

もうちょっと、爪が伸びたら、
ネイルサロンに行ってみるので、
その時、上手く塗れた爪、というのを、自分なりに定義しようと思っていますが。

毎日、爪を切りたいという、欲求と戦っています。
キーボードも、打ちづらくなりました。
髪も洗いづらいし、生活で不便を感じるようになりました。
大変なんですね~。

お礼日時:2001/02/10 00:15

1度でいいので、ちゃんとした、ネイルサロンに行ってください。

必ず素敵な爪になるはずです。場所が書いてないので、どこも紹介はできないですが、元ネイリストとしては、素敵な爪に必ずなると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。
どんぐり爪、ウン十年の私にとって、
ネイルサロンなんて、敷居が高いような気もするのですが、
〔きれいな爪の持ち主が、通うところという、イメージがあります〕
もうちょっと、爪が伸びたら行ってみようと思います。

「こんな爪で来やがって・・・」と、
お店の人に、後ろ指、さされないですよね。
場違いな場所ではないかと、ちょっと、それが心配です。

が、取りあえず、行ってみます。
アドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/04 22:23

指先まで白い部分が指の肉とくっついて……ですか。


わかります! その御気持ち。私もソレは悩んでいると
いうか、そうだったらな~と思いますモノ。

それでですね、kettyサマのおっしゃるように、ベースを
しっかり塗るのは基本なのですが。ここで秘策です。
爪の裏側からも塗って下さいませ!!

まず、爪というか指先を良く洗います。
そのあと、オレンジスティックで(注意深く)裏側の白い
部分を軽くこすります。奥までスティックを突っ込むと、
さらに白い部分を広げてしまいますから、ほんとに注意
して。
出来るならスティックもそれ用に自分で加工するとベスト
です。
そうしたら、ベースを裏側に塗ります。落ち着いて綺麗に
均一に(難しいけど、指に付かないように綺麗に塗って
下さいね。ベースのブラシを細く切ってしまうと上手く
いきます)。
その後、オモテにもベースを塗ります。それから色を
のせればとても綺麗です。

ベースは、白っぽくなるものもありますが、透明で輝いて
みえるもののほうが、あとあと光を反射して、元の爪の
色を隠してくれますよ。薄い色を使いたいなら、濁って
みえるものよりは光でカヴァーしましょう。もちろん、
トップも光沢が綺麗なモノを選んで下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
いろいろと、お手入れの手段があるものなのですね。
ベースコートと、オレンジスティックですか。
そのようなものが、世の中にあるとは、知りませんでした。
笑ってしまうくらい、無知ですよね。勉強不足ですよね。
すみません。
あー、道のりは遠そうです。
ベースコートと、オレンジスティック、購入してみます。
結果は、後程、報告させていただきます。

お礼日時:2001/02/04 22:33

確信できる手段じゃないのですが、一応書いてみます。


手間がかかるので忙しい時には不向きなのですが・・
ベースコートをちゃんと塗るといいですよ。
少し白っぽいので薄い色もきれいに発色しますし、
爪自体の汚れなども少しは隠せると思います。

あと、ネイルアートに行ってみるのも手ですよね。
爪に関するプロの方なので、良いアドバイスくれると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
忙しい中、みんな〔きれいな爪の持ち主は〕、お手入れしてるんですね。
ベースコートは、近日中に、
ネイルアートは、もうちょっと、爪が伸びたら、
行ってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/04 22:38

参考になるか分かりませんが、爪に関する情報がのっているサイトを紹介します。


下記URLへ入り「放送テーマINDEX」をクリックした後に、「第145回 8/22 『ツメ』」をクリックしてください。

参考URL:http://www.ktv.co.jp/ARUARU/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。
見てみたのですが、あまり、伸ばさないほうが良いみたいですね。
短すぎるのも良くないみたいですが。
〔伸ばしたい気持ちは変わりませんけど。〕
爪も皮膚の一部なんですね。半年で新しい爪に変わるとか、
一日に0.1ミリ伸びるとか、勉強になりました。
指に負担にならない程度に、マニュキュアが似合う爪を目指します!
どうもありがとうございました。

この場をお借りして・・・
「長年の深爪がたたり、現在、爪より、指が長い状態でした。」
と、おかしな日本語でした。すみません。
これって、もう、修正できないのでしょうか???

お礼日時:2001/02/04 02:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報