私は聖闘士星矢が大好きです。
そして聖闘士星矢の壁紙がほしかったのでググってみました。
しかし壁紙を置いてあるページにはなかなかたどり着かず、あったとしても低画質でした。
誰か聖闘士星矢の壁紙がある所教えてください!お願いします!!

ちなみに私がドラゴン紫龍が好きです。そして原作の車田正美先生が描いた様なキラキラした画像がとても好きです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Googleで「seiya」で検索してみましたか?


日本語だと出なくても案外引っかかります。

参考URL:http://images.google.com/images?q=seiya&ndsp=20& …
    • good
    • 1

特に書かれていないので、フリーの壁紙、しかも車田氏の絵によるものとなると、いっそのこと車田氏ご本人のサイトのギャラリーの絵を利用して見てはいかがでしょうか。


http://www5e.biglobe.ne.jp/~saint/seiya.html
このままではタダの画像ファイルなので、私的利用の範囲で壁紙のサイズの白紙ファイルに好きな画像を並べて見るとか。OSに最初から入っているソフトで十分に出来ます。
    • good
    • 1

この回答への補足

もう画像検索は、Yahooでもグーグルでも百度画像検索でも極限までしましたが・・・駄目でした。

補足日時:2007/12/22 14:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q聖闘士星矢について

聖闘士星矢のアニメですがけっこう人気があったような気がするのですが、これを書いた車田というひとは聖闘士星矢だけで現物でいくらぐらい儲けたお金がかせげたのでしょうか・・・・?1億は聖闘士星矢で税引き後もらっているのでしょうか・・・?漫画に詳しいかたいたらおしえてもらいたいのですが。

Aベストアンサー

諸説ありますが、単行本だけでも確実に2000万部以上は売れているようです。

http://www.geocities.jp/wj_log/rank/rank0.html

1986年当時の単行本が定価360円(税なし)ですから、仮に印税が10%だとしたら

2000万部×360円×10%=7億2000万円

仮の設定なので真相はわかりませんが、もし印税が予想の半分であっても、単行本だけで軽く1億は超えているはずです。
そこにアニメのライセンス契約やグッズ販売など多くの利益が重なってきますので、実際にはもっと上になると思われます。

Q聖闘士星矢DVD冥王ハーデス十二宮編 「よみがえりし黄金聖闘士たちの神話」

冥王ハーデス十二宮編の「よみがえりし黄金聖闘士たちの神話」の前編、後編っての冥王ハーデス十二宮編の全7巻の総集編なんですか?

Aベストアンサー

#1のmshr1962です。
バンダイビジュアルのサイトに紹介がありましたので載せておきます。
http://www.bandaivisual.co.jp/press/2003/press030828.html

Q聖闘士星矢の壁紙がほしいです!!誰か教えてください!

私は聖闘士星矢が大好きです。
そして聖闘士星矢の壁紙がほしかったのでググってみました。
しかし壁紙を置いてあるページにはなかなかたどり着かず、あったとしても低画質でした。
誰か聖闘士星矢の壁紙がある所教えてください!お願いします!!

ちなみに私がドラゴン紫龍が好きです。そして原作の車田正美先生が描いた様なキラキラした画像がとても好きです。

Aベストアンサー

Googleで「seiya」で検索してみましたか?
日本語だと出なくても案外引っかかります。

参考URL:http://images.google.com/images?q=seiya&ndsp=20&svnum=10&um=1&hl=ja&lr=lang_ja&sa=N&imgsz=xxlarge

Q聖闘士星矢に詳しい方、お願いします!

聖闘士星矢のこんな動画を見つけたのですが、動画の途中に出てくる
女の子の名前は何でしたっけ?
思い出せません。。。
めっちゃ気になったので、教えて頂けたら嬉しいです!

https://www.youtube.com/watch?v=635QAK0bLwE

Aベストアンサー

春麗(しゅんれい)のことですかね

Q聖闘士星矢の・・・

聖闘士星矢12子宮編でシュラと紫龍の戦いで熊と狐と兎が旅人を助ける話が出てくるのですが,あれは聖闘士星矢の中だけの作り話なのでしょうか?

以前どこかで聞いたような気がするのですが・・・?

Aベストアンサー

「兎と狐と熊」でなく、「兎と狐と猿」ならば、インドのジャータカ神話からだそうです。

日本では今昔物語にこの話が出てきます。

見つけた中で一番読みやすかったのが、ここの「月兎と帝釈天 」
http://www.asahi-net.or.jp/~nr8c-ab/afjptukiusagi.htm

こちらは、今昔物語より。
http://www.megaegg.ne.jp/~tirukuru/pyon/text/konjaku_tsuki.html
(現代語訳が見つけられませんでした。ごめんなさい)

同様の話で、三羽のうさぎになっている民話もあるようです。(出典不明)
http://member.nifty.ne.jp/moonmoon/taleM.html

ただ、熊ってのは見つからないし・・・自信無しです。

Q聖闘士星矢

聖闘士星矢についての疑問なのですが、
アテナの兄というキャラクターでアベルとアポロンという人物がいると思います。
2人とも『太陽神』という風に書かれたものがありました。どういうことなのでしょうか?
またアポロンの方は『全能の神』とも書かれているものもみた事があります。

劇場版の『天界編~序奏~』ではアポロンの紹介で『星矢との戦いにおいて人間を認めるも、代償として記憶を消去した。』という風に書かれていますが作品中にそういう描写は無かったと思います。どういう事なのでしょうか?

最近のネタではないので恐縮ですが、詳しい方がいましたらご回答を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アベルはアポロンの前の太陽神で、地上の支配をたくらんだ為にゼウスとアポロンに倒されたという設定のようです。

>代償として記憶を消去した
http://www.geocities.jp/mizunoiro7/newpage14.html
このサイトが参考になるかも知れません。

Q「聖闘士星矢 冥界編」 の続編が連載されていると聞きましたが・・・

昔、小学生の頃、聖闘士星矢を見ていました。
原作も読みましたが、冥界編で終わりでした。

1~2年前くらいに、聖闘士星矢の続編が連載されていると聞いたことがあるのですが、「少年ジャンプ」での連載ではなかったようです。

DVDで天界編と言うものが出ているそうですが、そちらではなく、コミックのほうで続編を読みたいのですが、どちらの雑誌に載っているのでしょうか?もう連載は終わっていますか?

また、作品名は「聖闘士星矢」ではなく、別の題名がついているのでしょうか?
是非読んでみたいので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

チャンピオンREDでエピソードGというのがあります。
ゴールドセイント中心ですが。

参考URL:http://www.akitashoten.co.jp/CGI/autoup/listput.cgi?key=list&mode=back&id=01494

Q聖闘士星矢について

 僕は以前に聖闘士星矢のコミックスを集めていましたが、どうしても21巻と25巻が手に入りませんでした。今はどこにも売っていません。だれか21巻と25巻の内容を知っている人はいませんでしょうか?もう気になって気になって仕方ありません。すみませんがなるべく詳しく教えてください。

Aベストアンサー

21巻から25巻…昔、全巻読んだのですが、内容をさっぱり覚えていなくて…ごめんなさい。
内容を知りたいと言うことでしたら、漫画喫茶に行くのが手っ取り早いと思います。ご近所にありますでしょうか?

なお、21巻から25巻ですが、現在22・25巻以外は出版社には在庫なしという情報がありました。(参考URLで検索してみてください。)
代理店(というんでしたでしょうか?取扱店かしら?)にある場合もありますので、大きめな本屋さんで予約するのも手だと思われます。

参考URL:http://www.hakusensha.co.jp/shopping/

Q聖闘士星矢アニメスペシャルについて

「聖闘士星矢」のアニメ版のムック本、「聖闘士星矢アニメスペシャル」全3巻について、出版社、出版日をお教え下さい。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

これですか?

http://www.hamumania.com/fantasien/seiya/about/anime_special.html
http://tokyo.cool.ne.jp/ayanokawa/information-book.html
出版社は集英社です。

Googleの検索で出てきますので一度ご自分で探されてから質問されたほうがいいと思いますよ。

Q聖闘士星矢について

聖闘士星矢のコミックやビデオは瞑王ハーディス編で終わっていますが、噂によるとゼウス編が違う人によって書かれているみたいなのですがホントですか?
確かに書かれていてもおかしくないですよね。
コミックでも、ハーディス、ゼウス、ポセイドンは同じようなレベルだといっていますしね。

Aベストアンサー

#1の補足ですが、現在連載中の「エピソードG」は本編の後日談ではなく、若かりし頃の黄金聖闘士たちを描いたエピソード…つまり本編よりずっと以前の物語です。
原作は車田正美先生ですが、漫画は岡田芽武先生によるものです。
この物語に登場する敵の黒幕はゼウスなのでは!?といった噂が結構あったようですので、この噂がふくらんで「別の漫画家によってゼウス編が描かれている」という話になったのではないでしょうか。

ゼウス編(車田先生は『天界編』と呼んでいますが)については、車田先生自身が「あまりに壮大な物語になるので、おいそれと着手できない」と語っています。
少なくとも今現在は、「リングにかけろ2」で手いっぱいで、手をつける暇がないと思われます。

ちなみに漫画連載やTVアニメ放映が終了した後でで発表された公式作品としては、小説作品「ギガントマキア」があります…が、ゼウスや天界に絡んだ物語ではありません。
他に、CD「聖闘士星矢 1997~少年記」に、ハーデス編の後日談としてミニドラマが収録されています。ハーデス編の後、今までとは比較にならない強大で邪悪な敵が現れ、再び星矢たちが集結するというものです。ハーデス以上と言えばもうゼウスしか考えられませんが…敵の正体は結局わからずじまいでした。

#1の補足ですが、現在連載中の「エピソードG」は本編の後日談ではなく、若かりし頃の黄金聖闘士たちを描いたエピソード…つまり本編よりずっと以前の物語です。
原作は車田正美先生ですが、漫画は岡田芽武先生によるものです。
この物語に登場する敵の黒幕はゼウスなのでは!?といった噂が結構あったようですので、この噂がふくらんで「別の漫画家によってゼウス編が描かれている」という話になったのではないでしょうか。

ゼウス編(車田先生は『天界編』と呼んでいますが)については、車田先生自身が「あまり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報