昔読んだエッセイに出てきた漫画を探しています。
(エッセイの作者は恐らく中島らもだったと思います)

「お弁当の食べ方に命を掛けている男性」が主人公で、ご飯をキレイに分割し、緻密な計算でおかずを食べていく…というものです。
途中、揚げ物の内容が「トンカツ」か「白身魚のフライ」か…のような事で紆余曲折しながらも何とか計算どおりに食事を進め、最後に残しておいた大好物の「イカリング」を食べる。感激に涙しながらかじってみると、それはイカリングではなく玉ねぎのフライだった!という壮絶なオチだそうです。

友人などにあれこれ尋ねてみたところ、以前「世にも奇妙な物語」でドラマ化されたそうです。ですが、タイトル・作者名などは覚えていないとの事。

本当に漫画だったのかどうかもうろ覚えなのですが…
どうしても読んでみたいので、どなたかご存知の方、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

泉昌之著の『かっこいいスキヤキ』だと思います。


『世にも奇妙な物語』では、「夜汽車の男」という題で放送されました。

http://www.fujitv.co.jp/jp/b_hp/kimyo/yogisha.html
あのストーリー、面白かったですね。

http://www.fusosha.co.jp/senden/1998/0193-08.html

参考URL:http://www.fusosha.co.jp/senden/1998/0193-08.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLを頼りに、他でも泉昌之・かっこいいスキヤキという名前で色々調べてみました。この作品に間違いありません!
残念ながらドラマは見ていないんですが、友人はオチで腹を抱えて笑ったそうです(笑)エッセイに出てきた少しの文章でも笑ってしまったのですから、きっと面白かったに違いありません(^^)
絵を見て更にツボにはまりました。早速購入したいと思います。
ご回答、ありがとうございました!

お礼日時:2002/09/24 10:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあのエッセイのタイトルと作者は?

アバウトで恐縮なのですが、二三年前に「スペリオール」あたりの漫画誌の中の一ページに絵葉書的なオジサンのイラストと、短いエッセー、そのエッセーの内容は「中年オジサンの性にまつわるボヤキ」ともいえる内容で朴訥な中にもおかしみと悲しみが同居している、悲しく笑える内容でした。あれはまだ連載中ですか?私、単行本が出ているなら買いたいのですが、誰か教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。

反応がないんですが、ちょっと不親切でしたかね。
紹介ページとかあればいいんですが、そういうとこも知らないので取り敢えずアマゾンの販売ページを貼っておきます。表紙画像で絵も確認できますし、簡単な内容紹介ありますから参考にして下さい。

見当違いだったらゴメンナサイ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063346196/249-9540861-8113917#product-details

Q今、侵略イカ娘にハマっているんですが、侵略イカ娘の漫画ってありますか?

今、侵略イカ娘にハマっているんですが、侵略イカ娘の漫画ってありますか?

侵略イカ娘は今、何巻まであるんですか?

Aベストアンサー

・少年チャンピオン・コミックス、で現在、7巻発売中
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%90N%97%AA%83C%83J%96%BA&x=11&y=15

参考:侵略イカ娘 アニメ公式サイト
http://www.ika-musume.com/index.html

Q作者は里中満智子さんだったような…

昔読んだ少女マンガのタイトルを知りたいのです。
読んだのは1981年頃でしたが、単行本だったので連載時期は分かりません。
また、掲載誌や出版社も覚えていません。
作者は、里中満智子さんだったと思うのですが、間違いかもしれません。
内容は
・双児の女子高生が主人公。
・一人は活発。もうひとりは内気でオクテ。
■あらすじ
・第一話。二人して恋した男性教師を奪い合う。内気な方が意外にも活発な方を出し抜いてキスまでこぎつけるが、じつはこの教師には婚約者がいて、要はつい手が出てしまっただけだという事が分かる。
・第二話。二人の母親が予定外の妊娠をしてしまうが、育てる自信がなく夫に無断で中絶。これに怒った夫が産婦人科医に抗議にいくが、この産婦人科医が美人女医で、この夫を誘惑し、不倫関係に。
結局分かったのは、この女医は子供を産めない体で、産めるくせに中絶した女性(つまり二人の母親)に腹を立てて夫を誘惑していた。
しかし二人の母親は言う。『産む産まないの問題じゃない。育てる育てないの問題なのよ』
・第三話。活発な方の女の子がモデルにスカウトされる。ディレクターの男性をまた、姉妹で奪い合う。ディレクターの男性は活発な方を『インスピレーションをくれる魅惑的な女性』と評価しながらも、なぜかサエないオクテな方を恋人に選ぶ。『こういう女性が好きな男もいるんだ』とか言ってたような。
幸せそうな二人をみながら、活発な方の女の子は『しっかり胸をはれ。私はモデルとして生きていくんだ』と決意する。

こんな内容でした。
第一巻しか読んでいませんが、その一冊に3話収録されていたと思います。
全何巻なのかも分かりません。
何か御存じの方、よろしくおねがいします。

昔読んだ少女マンガのタイトルを知りたいのです。
読んだのは1981年頃でしたが、単行本だったので連載時期は分かりません。
また、掲載誌や出版社も覚えていません。
作者は、里中満智子さんだったと思うのですが、間違いかもしれません。
内容は
・双児の女子高生が主人公。
・一人は活発。もうひとりは内気でオクテ。
■あらすじ
・第一話。二人して恋した男性教師を奪い合う。内気な方が意外にも活発な方を出し抜いてキスまでこぎつけるが、じつはこの教師には婚約者がいて、要はつい手が出てしまっ...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
おっしゃる通り、里中満智子さんの作品です。
昭和50年10月号~昭和51年3月号まで、
月刊mimi(現在は廃刊)に連載していたもので、
コミックスは、さきほど書いた通り、全2巻です。
そして講談社では絶版になっています。

1巻に、
「黄色いリボン」
「霧の中」
「やさしい朝にプラムジュース」
2巻に、
「メランコリィ」
「煙草のにおい」
「春一番」
・・・が収録されています。

活発な方が「留衣」で、
内気な方が「麻衣」でした。

入手できるといいですね。

Q人生観を揺さぶるSF哲学漫画や、緻密な心理描写の少女漫画はないでしょうか

私は少年、少女マンガにかかわらず、幅広く漫画が好きで、さまざまなジャンルの作品を読んできました。しかし、最近では読みたい作品は読みつくしてしまい、慢性的に作品に餓えるようになってきました。
そこでみなさんのお勧めする作品は何かないでしょうか。タイトルにもありましたとおり、人生観を揺さぶるようなSF哲学作品、あるいは緻密な心理描写の少女マンガなどを今は読んでみたいです。これ以外の作品でも、面白い作品はなんでもかまいません。


記憶にある限りで、好きな作品を挙げてみます。

最終兵器彼女
バンブーブレード
萩尾望都、竹宮恵子、吉田秋生の諸作品
ちはやふる
生徒諸君
デビルマン
リバーズエッジ
火の鳥
ジョジョ
彼氏彼女の事情
手塚治虫の諸作品
こうの史代
寄生獣
あしたのジョー
へうげもの
さよなら絶望先生
沈黙の艦隊
バキ
よつばと
動物のお医者さん
ハンターハンター
ナニワ金融道
童夢
日出処の天子

挙げていくときりがないのでこのあたりでやめておきます。
どうかよろしくお願いします。

私は少年、少女マンガにかかわらず、幅広く漫画が好きで、さまざまなジャンルの作品を読んできました。しかし、最近では読みたい作品は読みつくしてしまい、慢性的に作品に餓えるようになってきました。
そこでみなさんのお勧めする作品は何かないでしょうか。タイトルにもありましたとおり、人生観を揺さぶるようなSF哲学作品、あるいは緻密な心理描写の少女マンガなどを今は読んでみたいです。これ以外の作品でも、面白い作品はなんでもかまいません。


記憶にある限りで、好きな作品を挙げてみます。

...続きを読む

Aベストアンサー

かなり私とジャンルが被っていて、親近感が湧きました(笑)

やまざき貴子さんの「ZERO」とかイケるんじゃないかと思います。
あと個人的にオススメしたいのは、漫画版「風邪の谷のナウシカ」。これは絶対です。
今市子さんの「百鬼夜行抄」はお読みですか?
山下知美さんの「不思議な少年」、
樹なつみさんの「八雲立つ」、
漆原友紀さんの「むし師」(←すみません、漢字が出ませんでした、虫三つの「むし」です)、
一色まことさんの「ピアノの森」なんて如何でしょう?

個人的に、古屋兎丸さんの作品はほぼ全てオススメしたいです。
小説家の乙一さんとコラボした「少年少女漂流記」や、最近では太宰の「人間失格」を現代アレンジした物を出したりしています。
この書き方だと、原作ありの作画担当ばかりに見えますが、ちゃんとご自身の完全オリジナルも素敵です。
ジャンプSQで連載中の「幻覚ピカソ」は、ジャンプには勿体ないくらいの良作です。
トリイ・ヘイデンをご存知でしょうか?
似ているというわけではないのですが、あれが好きな方は「幻覚ピカソ」もお気に召すのではないかと。
丁度思い出したので、ヘイデン繋がりでもう一つ。
最近一巻が出たばかりの、望月ミネタロウさんの「東京怪童」は、最近の新作の中では私の中での最注目株です(笑)

長々と失礼いたしました。
お気に入りの作品に出会えますように。

かなり私とジャンルが被っていて、親近感が湧きました(笑)

やまざき貴子さんの「ZERO」とかイケるんじゃないかと思います。
あと個人的にオススメしたいのは、漫画版「風邪の谷のナウシカ」。これは絶対です。
今市子さんの「百鬼夜行抄」はお読みですか?
山下知美さんの「不思議な少年」、
樹なつみさんの「八雲立つ」、
漆原友紀さんの「むし師」(←すみません、漢字が出ませんでした、虫三つの「むし」です)、
一色まことさんの「ピアノの森」なんて如何でしょう?

個人的に、古屋兎丸さんの作品はほぼ全てオ...続きを読む

Q漫画家 エッセイ

森下えみこ先生、細川 貂々先生のようなコミックエッセイをかきたいのですが。
どうすればなれるんですか?

Aベストアンサー

こんなサイトがありますよ。
応募してみてはどうでしょう?

コミックエッセイ劇場
http://www.comic-essay.com/contest/apply.html

また、ブログで絵日記を公開する、とか?
ブログから書籍化された作品も数多くあります。

参考まで。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報