生命保険を年払い契約し、中途で解約を申し出たら解約月以降の未経過保険料は返金しないと言われました。どうしてか理由を尋ねたのですが明確な回答が得られません。

以下のような質問を送ったのですが個々の質問には回答してもらえず2ヶ月経ってやっと「解約請求書に返金しない旨の記載があるので返金できない。」と言う回答が届きました。

約款に解約時の未経過保険料の返金について記載はない。
契約時、解約についての説明はない。
にもかかわらず、解約を申し出た時点で返金できないと説明される。
これで良いのかどうかいろいろな方のご回答をお願いしたいのでよろしくお願い致します。

質 問
1.) 払い戻しできない理由の根拠はどこにあるのか?

2.) 民法、商法、保険契約約款、口座引き落し書類に返金しない旨の記載事項があるのか?

3.) 記載事項、根拠のないものは法的には無効ではないか?

4.) 契約時、充分な説明がなされたか?

5.) 火災保険、自動車保険、自賠責保険、渡航保険は年払い契約にもかかわらず、中途解約しても月割りで返戻があるのはどうしてか?では、どちらも年払いが1年単位とみなす契約と解釈するならば矛盾が生じることになるのではないでしょうか?

6.) 生命保険に関しては特例的に返戻しなくても良い根拠があるのか?

7.) 会社には以上の質問に関して説明義務があると思うが書面で回答できない理由はなぜか?

8.)解約時は書類が届いた時点で解約になると説明をされたが、年契約が1年単位を基準とするなら保険契約終了日が解約日になるのではないか?1年契約と言うなら矛盾しないか?

9.)頂いた回答の中には「監督官庁の認可等を得ており、弊社においては、それに従い、取り扱わさせていただいております。」と言われました。では金融庁は「未経過保険料は返金しなくて良いと。」指導しているのでしょうか?あるのなら「通達」なり「条文」を教えて欲しい。

10.)返金に応じないのは解約請求書の注意書きに「次回払い込み期日までの残り期間について月割りや日割り等でのご返金もいたしません。」と記載してあるので返金しないとのことですが契約者には解約請求の時点で未経過保険料の返金をしないと知らせるのが合法と言えるのでしょうか?約款に記載はない。契約時に説明はない。これでは契約者にとって不利益になるのではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

結論を書くと



裁判するしか無いです


http://www5.cao.go.jp/2000/c/0512c-keiyakuhou.html
(消費者の利益を一方的に害する条項の無効)

第十条 民法、商法その他の法律の公の秩序に関しない規定の適用による場合に比し、消費者の権利を制限し、又は消費者の義務を加重する消費者契約の条項であって、民法第一条第二項に規定する基本原則に反し
て消費者の利益を一方的に害するものは、無効とする

あとは民法、商法などのとの兼ね合いですね

これを持ち出すしかない

結局相手が認めないならば・・裁判しか無い

とりあえず
監督官庁である
金融庁
http://www.fsa.go.jp/receipt/soudansitu/index.html

見解を聞いてみるんでうすね
行政指導ができるのか・・・

内容は違うが
NOVAの判決例とかあるので・・
手間かかるが・・ね

この回答への補足

ご回答有難うございます。
金融庁の見解は個々の契約に関しては関与しないとのことです。
消費者契約法に触れるかどうかは管轄が違うので消費者センター等に相談して欲しいとの事でした。

補足日時:2008/01/23 14:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ教えて頂き有難うございました。
消費者センターにも相談しましたが法的強制力がないので最終的には裁判しかないようです。

お礼日時:2008/02/22 18:16

#1です。



納得がいかなければ、生命保険協会に申し出てはいかがでしょうか。
http://www.seiho.or.jp/contact/index.html

この回答への補足

ご回答有難うございます。
生命保険協会に相談しましたが「悪しき慣習も長期にわたって行われていれば法的効力をもつこともある。」と言われました。

補足日時:2008/01/23 15:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ教えて頂き有難うございました。大変参考になりました。

お礼日時:2008/02/22 18:19

未経過保険料は返金されません


前納未経過保険料相当額が解約金として返金されます
名目はあくまでも解約返礼金です

そもそも前納方式は所定の利息分が割引されます

判り易く書くと

(判り易くしてます)
2年契約で2年分前納とします
1年間の保険料金が11万で利息が10%(これを予定利息と言います)
ならば
最初の1年分が11万円
で翌年分が10万円でこの10万円が利息つういて2年目に11万円になり翌年の保険料金に充当されます
したがって21万円を前納することになります

ここで注意するのは・・・・
21万だから1年10.5万円じゃないんですね

未経過保険料は10万なんでうがね
これに利息などがつきます
1年後に解約ならば11万円に増えている
ここから必要な事務手数料を引いた物が解約返戻金となります

したがって合法となります

てっか単に保険会社の説明が悪いですだけです
もっと判り易く説明すれば良いんですが・・・・

聞く方も
約款に解約時の未経過保険料の返金について記載はない。
契約時、解約についての説明はない。
にもかかわらず、解約を申し出た時点で返金できないと説明される。
これで良いのかどうかいろいろな方のご回答をお願いしたいのでよろしくお願い致します。

中途で解約を申し出たら解約月以降の未経過保険料は返金しない
となるんです

解約返戻金が無いと言っているんならば問題ですがね

この回答への補足

回答有難うございます。
掛け捨てタイプの保険なので全く解約返戻金はありません。

補足日時:2008/01/09 14:51
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ教えて頂き有難うございました。大変参考になりました。

お礼日時:2008/02/22 18:20

年払いは、そういうものです。



月払いの前納であれば、単位が「月」ですからもどりますが、年払いは、単位が「年」ですから。
もともと、そのようなことで、保険料も割り引かれています。

任意の自動車保険や自賠責の年払いなどは、未経過分が案分されて戻ってくるのではなく、割合的には、わずかしか戻らないはずです。
年払いといっても、1年で満期のくるものと、満期が何年も先のものでは違います。

どう違うかと言うと、実際の会社の経費です。
戻るとすれば、解約返戻金がある場合ですが、経過年数により、返戻金がない旨は、一般的に、設計書や申込書等に記載されています。

で、申込時に、支払方法を申し出る際、説明がないとすれば、説明不足ですが、必ず説明しなくてはならない重要事項と違い、かなり一般的なことなので、お客様がご存知だと思えば、省略する可能性はあります。
契約時に保険料が安くなることだけを説明され、故意に年払いを勧められたというのであれば、説明不足もあるかもしれません。

外資系の某保険会社では、申込書とは別の書類に、「解約返戻金がない説明をうけました。」「支払い方法は、適正です」など、説明をうけて納得した旨を、確認項目にサインすることになっています。

法的根拠については、私にはわかりません。

この回答への補足

ご回答有難うございます。
私が疑問に思うの10年契約の火災保険を年払いで契約して年度の途中で解約した場合は月割りで未経過保険料は返金される点です。損保は返金し、生保は返金しない。この違いがどこにあるのか教えて頂ければ幸いです。

補足日時:2008/01/23 13:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建設仮勘定と仮払消費税について

初めて質問させていただきます。

現在建設仮勘定の仮払消費税の仕訳について調べているのですが、
はっきりとわかりません。

(1)建設仮勘定を計上の際、仮払消費税はたたず内税扱いとなりますか?
 建設仮勘定 10500(税込) / 前払金 10500(税込)
 もしくは
 建設仮勘定 10000     / 前払金 10500
 仮払消費税 500      
 上記(2)パターンの仕訳だとどちらが正しいのでしょうか。

(2)建設仮勘定の相手勘定を前払金ではなく、仕入先未払金として計上できますか?

Aベストアンサー

下の方の引用しているタックスアンサーについてやや説明不足なように思いますので、追加説明させてください。
仕入れにかかる消費税を認識するのは「資産の譲受けや借受けをした日又は役務の提供を受けた日」です。
したがって建設仮勘定に計上した支払い対象が、一契約によって完成したものに対して支払われるか、部分完成基準で引き渡しを受けたものに対して支払われるのであれば仮払消費税を認識します。これにたいしその支払いが着手金であればサービスの提供をまだ受けていませんから仮払消費税を認識することは誤りです。
具体例で説明します。
簡単な建物を建設するとします。
・建築材料315万円(税込)は自社手配し、工事着工前にすべて入手しました。
 建設仮  300 / 設備未払金 315
 仮払消費税 15
・工務店に建築を315万円で依頼し、工事前に着手金105万円を支払った。
 建設仮  105 / 預金  105
ここではまだサービスの提供を受けていないので消費税を認識できません。
・工事が完成し建物の引き渡しを受け、残金を支払った。
 建物   600 / 預金  210
 仮払消費税 15 / 建設仮 405
このように原則通りで処理すると、建設仮勘定のなかにすでに消費税を認識済みのものと、まだ認識できないものとが混在していて処理が混乱するので、完成後に一括して認識するという方法が普通に行われており、税務もこれを追認しているのが引用されているタックスアンサーの答えです。

※支払い時に直に建設仮勘定に記入すると、上記のように消費税抜きのものと消費税込みのものが混在して、完成時の振替仕訳が面倒になってしまいます。どうも質問者さんの会社ではこれを避けるため、着手金の段階では会計的には間違いであることを承知の上で前払金として処理しているように思われます。そうすると建設仮に集計されているのは税抜き金額だけですから、完成振替仕訳が簡単です。

(2)に対する答えは、契約完成時(部分完成含む)の支払いについては未払い金として計上すべきです。

下の方の引用しているタックスアンサーについてやや説明不足なように思いますので、追加説明させてください。
仕入れにかかる消費税を認識するのは「資産の譲受けや借受けをした日又は役務の提供を受けた日」です。
したがって建設仮勘定に計上した支払い対象が、一契約によって完成したものに対して支払われるか、部分完成基準で引き渡しを受けたものに対して支払われるのであれば仮払消費税を認識します。これにたいしその支払いが着手金であればサービスの提供をまだ受けていませんから仮払消費税を認識する...続きを読む

Q年払いの生命保険を年の途中で解約した場合、年払保険料の解約返戻金はどうなる?

年払いの生命保険を途中で解約した場合、年払保険料の解約返戻金について教えてください。

例えば契約日が1月1日の年払契約で、3月10日に解約した場合、1年分の保険料のうち、12分の3は解約控除等考慮されたいわゆる解約返戻金として精算、残り9/12は解約控除等が引かれる前の保険料返還金として精算、という考え方でよろしいでしょうか。(実際の名目は全て解約返戻金として精算されるかもしれませんが、あくまで考え方の話です。)

昔(例えば20年前)は、月割りの考え方はなく、年払保険料すべてが解約控除等考慮後の解約返戻金として精算していましたが、ある時点から月割りの考え方に変更になったと記憶しています。その点、詳しい方がいらっしゃったらご教示いただきたいです。

Aベストアンサー

経済的幸福度に貢献するファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。
年払い保険料の返還についてですが、考え方としては適正です。

上記の例で申しますと、1月~3月まで保険料に充当 4月~12月分を返金します 
ということになります。
この返金になる保険料を「未経過保険料」と呼ばれます。
あくまでも半年払いと、年払いが対象です。

この未経過保険料は、契約者保護の観点を目的として
2010年(H22年)4月1日から保険法改正により施行されました。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/life_insurance/life_insurance_q1005.html


ご注意点としては
・これ以前の契約は未経過保険料に適用はありません。
・これ以降であってもすべての保険会社の商品が対象でなない
・一時払の契約については対象外です。(全期前納契約は対象)

ということです。詳細は、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

Q建物の建設仮勘定について教えてください。

当社は、これから自社建設で新しい建物を取得しようと動いています。そのためこれから支出する費用を建設仮勘定に計上し、完成→引き渡し時に建物または構築物に振替しようと考えています。そこで、質問なのですが・・・
建設仮勘定からの振替ですと、
(借方)建物・構築物(貸方)建設仮勘定
(借方)雑費・修繕費
の仕訳が考えられると思いますが、
建設仮勘定からの振替時に雑費や修繕費とは具体的に
どのような物があるのでしょうか??
またその時に気をつけなければいけないことは、
あるのでしょうか??
教えていただきたいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。
 ご質問の件ですが、できなくは無いですがやめたほうがいいでしょう。
 というのは、皆様の話のように建仮は資産(建物等)に振るのが前提の科目です。ここでその一部を修繕費に振り返れば、何の目的で振り替えたのか説明が必要になります(たとえば新築の電球は一体で発注している限り建仮です)。
 税務署は費用の過重計上を否認して、税金を取るのが仕事です。一体発注でも内訳書を分けるぐらいの気持ちが必要です。わざわざネタを作ることはないのでは、と思います。

Q生命保険の解約について質問させて頂きます。 男、28歳です。 2ヶ月前に契約した生命保険を解約する

生命保険の解約について質問させて頂きます。
男、28歳です。

2ヶ月前に契約した生命保険を解約するために、昨日コールセンターに電話をしました。

解約の理由はネットで色々調べているうちに、独身の時は生命保険は必用ないんじゃないかな、結婚して子供が出来た時に入るべきだなと思ったからです。

コールセンターの方に解約の旨を伝え(軽く引き止められましたが)方法として郵送で手続き書類を送ってもらうようにしました。

ちなみに解約理由は正直に言うと引き止められるのがめんどくさそうだなと思ったので、他の保険に入ったためと嘘をつきました。

最後に解約で処理させて頂きますとのことで終わりましたが、本日の朝から営業担当の人から電話が10回ほどかかってきています。

どうせ解約理由と引き止めだろうからと思い、めんどくさいのもあって無視しています。

このまま特に担当者とやり取りしなくても大丈夫でしょうか?

長文失礼しました。
解答よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

解説します。
今まで支払った保険料は無駄になります。
絶対と言うほど解約金は無いでしょう。
契約担当者(外交員)にも、成績の戻入が発生します。
子供が成人するくらいまで、保険金が大きく安い掛け捨ての定期保険で十分です。
*内資・外資を問わず。
・・「保険料」と「保険金」を間違わずに。
なお、ゆうちょ銀行以外、支払いを3回止めたら失効となり自動的に解約になります。
・・保全の為に担当者の訪問は有ります。
・・これらを繰り返していると、保険協会に登録されて以降の加入はできな  くなります。
元、保険外交員。

Q建設仮勘定からの振替について

当社製造業を営んでおります。製造機械の機器部品や高額消耗品(1個40万円程度)を建設仮勘定で仕訳しております。ただ何時使うか決定しておらず(故障時や消耗時に交換するため)1年以上建設仮勘定にあがったまま決算(6月)も超えております。このようなものはこのまま建設仮勘定で置いておいても問題ないのでしょうか?また貯蔵品などに振替が必要なのでしょうか?もし必要であればどのタイミングで振替ればよいのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

建設仮勘定は、建設中の固定資産を計上すべき勘定科目です。交換部品や消耗品は、建設仮勘定ではなく棚卸資産に計上したほうがよろしいかと思います。

振替は、決算仕訳でおこなえば十分です。

Q年払い保険料の中途解約

現在死亡特約と疾病特約で年払いで約21万円の保険料の保険に加入しておりますが、このたび疾病特約を解約して他社の医療保険に加入しましたが現在加入の疾病特約を月割りで解約したいと保険会社に申し出ましたが、昨年まで払い続けた保険料は返還するが、現在の契約は来年6月(2002年7月~2003年6月迄の年払いしてしまっている)まで保障が続き月割り解約出来ないと言われましたが本当でしょうか、保険に詳しいかた御教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

>現在加入の疾病特約を月割りで解約したいと保険会社に申し出ましたが、昨年まで払い続けた保険料は返還するが

この部分が???です。

疾病特約の部分解約の解約返戻金のことですよね?
去年の保険料なんて、もう消化してしまったんだからもどらないでしょう。

>現在の契約は来年6月(2002年7月~2003年6月迄の年払いしてしまっている)まで保障が続き月割り解約出来ないと言われましたが本当でしょうか

本当です。そもそも年払いってそういうものです。
月払いに比べて、保険料若干ですが安くなっているはず。
1年分先払いしていただき、それを運用すると言うことで、保険料が安くなってるんですよね。
なので、自己都合でやっぱ、やめる~って言っても、
運用に回すようにすることで月払いより、
年払いの保険料安くしていますから、
「今更そんな事いっても出来ませんよー」
ってなるわけです。

ですので、6月分まで払っているならば、来年の分(2003年7月の支払日)の保険料は払わずに
2003年8月の契約日までほっとけばいいんです。
8月になった時点で、解約しましょう。
それが得する方法です。

お気持ちは良く分かりますが。。。
交渉しても無理です。はい。

今度加入するときは、前納を利用するといいでしょう。
前納の場合、解約すると未消化の保険料は戻りますから。

こんにちは。

>現在加入の疾病特約を月割りで解約したいと保険会社に申し出ましたが、昨年まで払い続けた保険料は返還するが

この部分が???です。

疾病特約の部分解約の解約返戻金のことですよね?
去年の保険料なんて、もう消化してしまったんだからもどらないでしょう。

>現在の契約は来年6月(2002年7月~2003年6月迄の年払いしてしまっている)まで保障が続き月割り解約出来ないと言われましたが本当でしょうか

本当です。そもそも年払いってそういうものです。
月払いに比...続きを読む

Q建設仮勘定振分

社会福祉法人で経理をしています。建設仮勘定を固定資産(建物)に振り返る時に、資金収支計算書(貸方)に、建設仮勘定取得支出の計上をするのですか?(建物取得支出と二重計上になるので、建設仮勘定取得支出を減少させたほうがよいのでは)教えて下さい。

Aベストアンサー

建設中の建物が完成しました。この場合の仕訳。
(借方)建物  / (貸方)建設仮勘定

建物建設を依頼し,契約金として一部を小切手で払った。
(借方)建設仮勘定  / (貸方)当座預金

建設中の建物が完成して,残りを小切手で支払いをした。
(借方)建物  / (貸方)建設仮勘定
                  当座預金

建設中の建物が完成したが,残り残額支払いを後日払いとした。
(借方)建物  /  (貸方)建設仮勘定
                   未払金

建設仮勘定取得と言う言葉は?。建設仮勘定は振替では?。後は建設仮勘定増加・建設仮勘定減少と言う考え方になるでしょう。

Q生命保険、解約払戻金の返金時期は??

現在26歳、月々の保険料約¥10,000の保険に加入しています。
今は何とか支払いできますが15年更新型なので
この先どんどん保険料が上がっていくことを考えると解約したほうがいいのかな・・・と思い、
調べてみたところ今加入5年目で14万ほど解約払戻金があるようです。
今すぐ解約手続きをするとどれくらいで返金があるのでしょうか??
ご存知の方いらっしゃいますか??
担当者に聞けば??といわれそうですが親戚のおばさんなので
聞きづらいのです・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

解約に必要な書類も揃っていてその書類が保険会社の本社解約担当に到着してから
4営業日後にはあなたの口座に入金されます。

土日が含まれたりしますので1週間後と思ってください。
これは対応の良い保険会社の場合です。

それから新たに入る保険の保障が開始してから
現在の保険を解約する事をお勧めします。
保険が切れている期間に何があるか判りませんの
で。気をつけてください。

Q公益法人の建設仮勘定を使った会計処理について

公益法人の建設仮勘定を使った「収支計算書」の会計処理について質問です。
-前提-
建物の改装費用300の内、前期の契約時に100を支払い、建設仮勘定で処理して当期に繰り越ししています。
当期に残金の200を支払い、同様に建設仮勘定で処理し、合計300を建物150、付属設備100、修繕費50を建設仮勘定から振り替えようと思います。
前期に支払った100は、前期の収支計算書上、投資活動支出の「勘定支出」として処理しています。

質問1.当期に支払った残金の200は収支計算書上どの様に処理すればよいのでしょうか?(建設仮勘定支出?それとも他の科目?)
質問2.前期に支払った100の建設仮勘定は当期に支払った200と合わせて、上記のように振り替えますが、この場合、前期に支払った100分の建設仮勘定減少部分については、当期の収支計算書には考慮しなくても良いのでしょうか?

ちょっと、頭の中がこんがらがっています。
良いアドバイスをお待ちしています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ここにyo-hanchanさんの処理と同じ場合の仕訳例がありました。
こちらの事業年度をまたぐ場合が参考になると思います。
http://www.tabisland.ne.jp/qa/QAai.NSF/d5b6dc37a0825f45492564a0001a01fc/63ee1ed29f0d0e0d492572220018e86e?OpenDocument

Q生命保険の見直し(中途解約)について。

新入社員の時に会社に出入りしている保険の
おばちゃんに勧められるがままに入った
生命保険。以前から仕組みもわからずに
毎月八千円程度支払っていましたが、一度
見なおそうと考えていました。
現在入しているのは終身の十年タイプです。

ハウツー本などで多少の知識を得てから、
現在の保険をやめて新しく
保険に入りなおそうと思うのですが、十年近く
加入し続けた保険をやめるというのは勿体無い
事なのでしょうか。
それがネックとなり踏み切れません。
つい先日更新?があったのですが、
時期的にはもしかしたら良いのでしょうか。
終身タイプは保険料がずっと変わらない=
若い時期には余計に払っているということ
だと思うのですが・・・。

現在独身ですので死亡保障を少なくしてネット系の
保険に入るとビックリするぐらい保険料が安いです。
この手の保険に加入する場合に気をつけたほうが
良いことがあればそれも教えてください。

まあ、案外保険解約に踏み切りにくいのは
保険のおばちゃんに言い出しにくいのが一番だったりして(^^;

保険に詳しい方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No2です。

>ここで節約すべきは死亡・高度障害の特約でしょうかね。
>意外にも節約ならずか。またご意見頂けたらと思います。

月2000円~4500円でも十分な節約にはなると思います。保険は月単位ではなく、年間、10年間、20年間でいくら払うか?を考えるべきです。一生の買い物ですから。

また、終身保険は保険料は上がりませんが、定期特約部分は更新毎に保険料が上がります。保険自体が年齢とともに上がるものなので、それ自体は悪くありません。私は(死亡)定期保険ですが次の更新時に保険料が上がることは見越しています。ただ更新時には貯金が溜まっている計算なので死亡保障額を減らすことで保険料を下げる予定です。


で肝心の堂々人生ですが、調べたことがないのでこれ以上商品解説はできないですが、No3の方やNo4の方がおっしゃるように、全部解約するのも手かと思います。

ただ、保険の相談は、資産状況、収入、家族構成、その人の性格によって変わってくるので、このような掲示板ではなく、(保険会社ではない)プロに相談するといいのではないでしょうか?(一社専属の保険屋さんにだけは相談しないほうがいいです。カモられるだけです)
http://www.jafp.or.jp/consult/kurashi_fp/index.shtml
FP協会では中立的なプロが無料相談してくれるみたいです。保険をセールスされることもありません。ここに行けない場合は有料でも相談してもいいのではないでしょうか。

No2です。

>ここで節約すべきは死亡・高度障害の特約でしょうかね。
>意外にも節約ならずか。またご意見頂けたらと思います。

月2000円~4500円でも十分な節約にはなると思います。保険は月単位ではなく、年間、10年間、20年間でいくら払うか?を考えるべきです。一生の買い物ですから。

また、終身保険は保険料は上がりませんが、定期特約部分は更新毎に保険料が上がります。保険自体が年齢とともに上がるものなので、それ自体は悪くありません。私は(死亡)定期保険ですが次の更新時に保険料が上がることは見...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報