生命保険を年払い契約し、中途で解約を申し出たら解約月以降の未経過保険料は返金しないと言われました。どうしてか理由を尋ねたのですが明確な回答が得られません。

以下のような質問を送ったのですが個々の質問には回答してもらえず2ヶ月経ってやっと「解約請求書に返金しない旨の記載があるので返金できない。」と言う回答が届きました。

約款に解約時の未経過保険料の返金について記載はない。
契約時、解約についての説明はない。
にもかかわらず、解約を申し出た時点で返金できないと説明される。
これで良いのかどうかいろいろな方のご回答をお願いしたいのでよろしくお願い致します。

質 問
1.) 払い戻しできない理由の根拠はどこにあるのか?

2.) 民法、商法、保険契約約款、口座引き落し書類に返金しない旨の記載事項があるのか?

3.) 記載事項、根拠のないものは法的には無効ではないか?

4.) 契約時、充分な説明がなされたか?

5.) 火災保険、自動車保険、自賠責保険、渡航保険は年払い契約にもかかわらず、中途解約しても月割りで返戻があるのはどうしてか?では、どちらも年払いが1年単位とみなす契約と解釈するならば矛盾が生じることになるのではないでしょうか?

6.) 生命保険に関しては特例的に返戻しなくても良い根拠があるのか?

7.) 会社には以上の質問に関して説明義務があると思うが書面で回答できない理由はなぜか?

8.)解約時は書類が届いた時点で解約になると説明をされたが、年契約が1年単位を基準とするなら保険契約終了日が解約日になるのではないか?1年契約と言うなら矛盾しないか?

9.)頂いた回答の中には「監督官庁の認可等を得ており、弊社においては、それに従い、取り扱わさせていただいております。」と言われました。では金融庁は「未経過保険料は返金しなくて良いと。」指導しているのでしょうか?あるのなら「通達」なり「条文」を教えて欲しい。

10.)返金に応じないのは解約請求書の注意書きに「次回払い込み期日までの残り期間について月割りや日割り等でのご返金もいたしません。」と記載してあるので返金しないとのことですが契約者には解約請求の時点で未経過保険料の返金をしないと知らせるのが合法と言えるのでしょうか?約款に記載はない。契約時に説明はない。これでは契約者にとって不利益になるのではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

結論を書くと



裁判するしか無いです


http://www5.cao.go.jp/2000/c/0512c-keiyakuhou.html
(消費者の利益を一方的に害する条項の無効)

第十条 民法、商法その他の法律の公の秩序に関しない規定の適用による場合に比し、消費者の権利を制限し、又は消費者の義務を加重する消費者契約の条項であって、民法第一条第二項に規定する基本原則に反し
て消費者の利益を一方的に害するものは、無効とする

あとは民法、商法などのとの兼ね合いですね

これを持ち出すしかない

結局相手が認めないならば・・裁判しか無い

とりあえず
監督官庁である
金融庁
http://www.fsa.go.jp/receipt/soudansitu/index.html

見解を聞いてみるんでうすね
行政指導ができるのか・・・

内容は違うが
NOVAの判決例とかあるので・・
手間かかるが・・ね

この回答への補足

ご回答有難うございます。
金融庁の見解は個々の契約に関しては関与しないとのことです。
消費者契約法に触れるかどうかは管轄が違うので消費者センター等に相談して欲しいとの事でした。

補足日時:2008/01/23 14:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ教えて頂き有難うございました。
消費者センターにも相談しましたが法的強制力がないので最終的には裁判しかないようです。

お礼日時:2008/02/22 18:16

#1です。



納得がいかなければ、生命保険協会に申し出てはいかがでしょうか。
http://www.seiho.or.jp/contact/index.html

この回答への補足

ご回答有難うございます。
生命保険協会に相談しましたが「悪しき慣習も長期にわたって行われていれば法的効力をもつこともある。」と言われました。

補足日時:2008/01/23 15:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ教えて頂き有難うございました。大変参考になりました。

お礼日時:2008/02/22 18:19

未経過保険料は返金されません


前納未経過保険料相当額が解約金として返金されます
名目はあくまでも解約返礼金です

そもそも前納方式は所定の利息分が割引されます

判り易く書くと

(判り易くしてます)
2年契約で2年分前納とします
1年間の保険料金が11万で利息が10%(これを予定利息と言います)
ならば
最初の1年分が11万円
で翌年分が10万円でこの10万円が利息つういて2年目に11万円になり翌年の保険料金に充当されます
したがって21万円を前納することになります

ここで注意するのは・・・・
21万だから1年10.5万円じゃないんですね

未経過保険料は10万なんでうがね
これに利息などがつきます
1年後に解約ならば11万円に増えている
ここから必要な事務手数料を引いた物が解約返戻金となります

したがって合法となります

てっか単に保険会社の説明が悪いですだけです
もっと判り易く説明すれば良いんですが・・・・

聞く方も
約款に解約時の未経過保険料の返金について記載はない。
契約時、解約についての説明はない。
にもかかわらず、解約を申し出た時点で返金できないと説明される。
これで良いのかどうかいろいろな方のご回答をお願いしたいのでよろしくお願い致します。

中途で解約を申し出たら解約月以降の未経過保険料は返金しない
となるんです

解約返戻金が無いと言っているんならば問題ですがね

この回答への補足

回答有難うございます。
掛け捨てタイプの保険なので全く解約返戻金はありません。

補足日時:2008/01/09 14:51
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ教えて頂き有難うございました。大変参考になりました。

お礼日時:2008/02/22 18:20

年払いは、そういうものです。



月払いの前納であれば、単位が「月」ですからもどりますが、年払いは、単位が「年」ですから。
もともと、そのようなことで、保険料も割り引かれています。

任意の自動車保険や自賠責の年払いなどは、未経過分が案分されて戻ってくるのではなく、割合的には、わずかしか戻らないはずです。
年払いといっても、1年で満期のくるものと、満期が何年も先のものでは違います。

どう違うかと言うと、実際の会社の経費です。
戻るとすれば、解約返戻金がある場合ですが、経過年数により、返戻金がない旨は、一般的に、設計書や申込書等に記載されています。

で、申込時に、支払方法を申し出る際、説明がないとすれば、説明不足ですが、必ず説明しなくてはならない重要事項と違い、かなり一般的なことなので、お客様がご存知だと思えば、省略する可能性はあります。
契約時に保険料が安くなることだけを説明され、故意に年払いを勧められたというのであれば、説明不足もあるかもしれません。

外資系の某保険会社では、申込書とは別の書類に、「解約返戻金がない説明をうけました。」「支払い方法は、適正です」など、説明をうけて納得した旨を、確認項目にサインすることになっています。

法的根拠については、私にはわかりません。

この回答への補足

ご回答有難うございます。
私が疑問に思うの10年契約の火災保険を年払いで契約して年度の途中で解約した場合は月割りで未経過保険料は返金される点です。損保は返金し、生保は返金しない。この違いがどこにあるのか教えて頂ければ幸いです。

補足日時:2008/01/23 13:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険料の戻りの仕訳

事業用の車の自動車保険の内容を変えたので、保険会社からお金が事業用の預金通帳へかえってきました。
この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

保険料の支払が期中なら、
預金 **** / 保険料 ****
で、戻すことが出来ます。

期をまたいでいるのなら
預金 **** / 雑収入 ****
で処理します。
 

Q保険の返戻金に関しての仕訳

損害保険会社から預金に入金があったのですが…
おそらく返戻金だと思います(このことに関して質問できないと仮定してください)

掛け捨ての保険料はいきなし費用として計上できますが
返戻金がある場合は保険積立金で予め計上しておかないと
いけないと聞きました。

しかし、帳簿を見ても積立金等はなかったのです。

とりあえず雑収入で計上しておこうと思ったのですが
個人企業なので事業主借り勘定でやったほうがいいのかなと迷いました。

請求書を見てみると…自家用車と書いてありました
事業用と自家用は区別して計上しないといけないと
思うのですが…そのへんのことが曖昧で分かりません

どうか、この保険金に関しての仕訳の基本を教えてください。

Aベストアンサー

自動車保険の場合は、積立金で処理するものはありませんから、戻ってきたときは雑収入などで処理をします。

ただし、その車両が自家用で、事業に使っていないもので、保険料を支払うときも事業の経費にしてない場合は、返戻金も事業には関係がありませんから、事業主借で受け入れます。

自家用であっても、事業に使っていて、保険料の支払時に経費として処理していれば、雑収入で受け入れます。

保険会社に、何の分の返戻金か確認すると共に、支払時にどの様な処理をしたか確認する必要があります。

確認できるまでは、「仮受金」で処理をしておき、はっきりした段階で「仮受金」から「雑収入」か「事業主借」勘定に振替えます。

Q過年度の経費の返還の仕訳について

会社の車ですが昨年、車検をした際に自賠責保険料を2年分支払ましたが、この度
廃車したので、あと8ヶ月未経過期間がありますが、解約しました。返還されたお金はどのような仕訳で入金したら良いでしょうか?前年度の分なので単に経費のマイナスとするのは無理があるように思うのですが、支払時には、自動車費で支払っています。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

営業外損益科目で良いと思います。
適当な科目は”雑収入”でしょうか?

他に妥当な名前の科目があれば、それで構わないと思います。
要は 「営業外損益」 で処理するという事です。

推察のとおり、昨年度で経費処理しているのなら、経費科目で戻すのは適切な処理では無いですね。
極端な話、今年に自動車費が発生しなかったら、費用科目がマイナスになりますから。

Q建物(固定資産)の取得価格に含まれる費用について

税金特に法人税にお詳しい方、よろしくお願い申し上げます。
この度、新たに会社の経理を引き継ぎました。会社が賃貸マンションを建設し、竣工となりました。そこで、それまで建設仮勘定に計上されていたものを、建物に振替えるのですが、その建設仮勘定には、設計費、工事代金はもちろんですが、建築許可申請費(おそらく印紙か証紙)その代行手数料、不動産登記申請の登録免許税及びその代行手数料、更には地鎮祭、上棟式、竣工祝の飲食費まで計上されておりました。
質問ですが、実際に建物(固定資産)の取得価格に含まれるもの(又は含めなくて良いもの)を教えてください。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 
減価償却資産の取得価額については、法人税法施行令第54条でその取得形態に応じて定められていますが、これらの固定資産の取得に関連して支出する費用であっても、その法人の選択により取得価額に算入しないことができるものは「法人税基本通達7-3-3の2」で示されています。


ご質問文の例であれば、

建物(固定資産)の取得価格に含まれるものは、

設計費
工事代金
建築許可申請費(おそらく印紙か証紙)その代行手数料
地鎮祭
上棟式


建物(固定資産)の取得価格に含むか含まないかは法人の任意のものとして、

不動産登記申請の登録免許税及びその代行手数料(法人税基本通達7-3-3の2)
竣工(落成)祝の飲食費(法人税基本通達7-3-7)

となります。

(法人税基本通達7-3-3の2及び法人税基本通達7-3-7)
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/houjin/07/07_03_01.htm
 

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/genka2/gnk2_3_1.htm

 
減価償却資産の取得価額については、法人税法施行令第54条でその取得形態に応じて定められていますが、これらの固定資産の取得に関連して支出する費用であっても、その法人の選択により取得価額に算入しないことができるものは「法人税基本通達7-3-3の2」で示されています。


ご質問文の例であれば、

建物(固定資産)の取得価格に含まれるものは、

設計費
工事代金
建築許可申請費(おそらく印紙か証紙)その代行手数料
地鎮祭
上棟式


建物(固定資産)の取得価格に含むか含まな...続きを読む

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。

Q年払いの解約について

日本生命と第一生命の生命保険に加入しているのですが、年払いで支払ったものの諸事情にて3ヶ月目で解約を検討しております。年払いで支払った保険を途中で解約した場合、残りの月数分は戻ってきますか?他社の保険会社では年払いで支払った場合でも、途中で解約したら残りの月数分は戻ってくるところもあるようです。

Aベストアンサー

2010年4月以降の契約ならば、未経過月の保険料は戻ってきますが、
それ以前の契約ならば、戻ってきません。
これは、保険法の改定によるものです。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/life_insurance/life_insurance_q1005.html

Q生命保険解約払い戻し金の仕訳は?

個人事業主です。
うっかり忘れていたのですが、余分な生命保険の
解約をした払い戻しが返ってきました。
しかし、このような払戻金の仕訳が
何にあたるかわかりません。
すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

自営業の場合、個人の生命保険の解約は事業とは関係ありませんから、何の仕訳も必要有りません。

ただし、解約返戻金を事業に使うのであれば、事業主からの借入れとして、次の仕訳をします。

現金 ****** / 事業主借 *******

なお、生命保険等の解約返戻金は、下記のように計算した額が一時所得になり、事業所得と共に確定申告をすることになります。

解約返戻金 -支払った保険料 - 500.000万円(特別控除額)×50%=一時所得

従って、支払った保険料よりも返戻金が少ない場合は、課税対象には成りません。

Qアパート入居時・退去時の勘定科目を教えてください

会社でアパートを借りたときに入会金が発生しました。この勘定科目は賃借料になるのでしょうか??それとも手数料や雑費などになるのでしょうか??また、敷金が無いため、入居時、退去時に抗菌代や清掃代が発生しますが、この仕訳は修繕費で大丈夫でしょうか??

Aベストアンサー

入会金は退去時に返金されるものであれば、立替金や仮払金として
資産計上し、返金されないのであれば支払手数料でも雑費でもよい
かと思います。

抗菌代や清掃代などは修繕費として計上します。

Q消費税の還付金にかかる決算仕訳について

税抜経理処理方式を採用している団体です。
19年度の決算を見込むに当たり仕訳の確認作業をしております。
今年度は経理処理の変更等により多額の還付金が発生する予定なので、仕訳についてこのサイトを使ったり
本で調べたりして勉強していたのですが、なかなか確信が持てません。

まず見込時点の発生額は、
仮払消費税 59,940,000
仮払金(中間納付税額) 84,277,000
仮受消費税 35,484,000
です。

なので、決算時の仕訳は
仮受消費税 35,484,000  仮払消費税 59,940,000
租税公課  57,863,000  仮払金   84,277,000
未収消費税 50,870,000

また、翌年度還付金が入ったときは
現金    50,870,000  未収消費税 50,870,000

となると思うのですが、以上の仕訳で間違いないでしょうか?  

経理担当になって日が浅く、しかも還付予定額もかなり大きいことから
不安が残ります。
どうか皆様のお力をお借りいたしたく、よろしくお願い致します。
また、処理について注意点がありましたら、併せてアドバイスを頂きたくお願い致します。

税抜経理処理方式を採用している団体です。
19年度の決算を見込むに当たり仕訳の確認作業をしております。
今年度は経理処理の変更等により多額の還付金が発生する予定なので、仕訳についてこのサイトを使ったり
本で調べたりして勉強していたのですが、なかなか確信が持てません。

まず見込時点の発生額は、
仮払消費税 59,940,000
仮払金(中間納付税額) 84,277,000
仮受消費税 35,484,000
です。

なので、決算時の仕訳は
仮受消費税 35,484,000  仮払消費税 59,940,000
租税公課  57,...続きを読む

Aベストアンサー

まず、決算整理の仕分けで
「仮受消費税 35,484,000  仮払消費税 59,940,000
 租税公課  57,863,000  仮払金   84,277,000
 未収消費税 50,870,000」

とありますが、これでは税込経理です。納付税額を租税公課(損金経理)で処理すると税込経理をしたことになります。ですので、普通法人かどうかわかりませんが法人税の計算に影響してきます。
 税抜経理でしたら、損益に反映させていはいけません。

正しい仕訳
 仮受消費税    35,484,000 仮払消費税 59,940,000
 未収還付消費税 108,733,000
 (未収入金等の貴団体の科目でOK)

貴殿書き込みの租税公課57,863,000とはどこから計算した金額ですか?

前期に112,369,000円(予定納税額から試算)も納税しているのに当期は、すごい還付ですね。
建設業ですか、経理処理の変更(どのような変更なのか存じませんが)をしたからといって、消費税の計算方法は従前と変わりませんのでこのような還付になるのはチョット?って気がします。
 貴団体は、消費税の納付額(前期の)からして相当規模の団体であると思われるので、顧問税理士等に直接お聞きになった方がいいと思いますよ。

まず、決算整理の仕分けで
「仮受消費税 35,484,000  仮払消費税 59,940,000
 租税公課  57,863,000  仮払金   84,277,000
 未収消費税 50,870,000」

とありますが、これでは税込経理です。納付税額を租税公課(損金経理)で処理すると税込経理をしたことになります。ですので、普通法人かどうかわかりませんが法人税の計算に影響してきます。
 税抜経理でしたら、損益に反映させていはいけません。

正しい仕訳
 仮受消費税    35,484,000 仮払消費税 59,940,000
 未収還付消費...続きを読む

Q事故の保険金が入金された際の仕訳?

経理のことで、質問いたします。
勘定科目は、この場合どうなりますでしょうか?

今年社内で事故があり、社員の方が入院しました。
それに伴って、かけていた保険から先日見舞金が入金されたのですが、この場合の仕訳は・・

当座預金 △△△   受取保険料 △△△

となると思うのですが、会計ソフトに「受取保険料」の項目がない場合、
貸方は「保険料」と「雑収入」のどちらが適切でしょうか。
もしくは、何か他の勘定で処理するのでしょうか・・
よろしくおねがい致します。

Aベストアンサー

 ソフトにある科目「保険料」はご存知のように「(支払)保険料」のことを指します。「保険料」を貸し方にもってくると以前の支払保険料を取り消す仕訳になってしまいます。
 保険会社であれば、お客さんから受け取る場合は「保険料収入」(売上)となりますが、その他一般企業では、受け取る場合は保険料でなくて「保険金」ですね。
 しかし、「保険金」の科目はないでしょうから、「雑収入」でいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報