はじめまして。ぐちるともうします。

今、アフリカのある国に、日本から組み立てPCを持ち出したく、
いろいろと策を練っておりますが、どうも手続き、送り方が
よくわかりません。どなたかPCの輸出に詳しい方、もしくは
PCの輸出を代行なさっている業者の方をご存知の方、
何とぞご教示いただけないでしょうか。詳細は以下の通りです。

■対象PC
下はPentium100MHz、上はK6-2 500MHzのCPU程度の性能のPC
10台。自作、既製品、ノート、デスクトップ混在。全体で
軽トラック1台に積載できる程度。

■仕向国
コンゴ民主共和国
(現在政変のため、外務省からは危険度4の勧告がでています。)
現地港の保税区までの輸送です。

■用途
現地大学での利用(寄付します)

■規制など
輸出貿易管理令(別表1)に該当するような「戦略物資」では
ないことは確認しています。IEの暗号化モジュールも、現時点では
規制が緩和されているはずです。

旧通産省に問い合わせても、上記に該当しないことを証明しさえ
すれば、法的には輸出可能との回答はうけていますが、
その証明方法がわからずにこまっております。運送業者
などからは、「非該当証明」の提出がもとめられており、個人で
それらを用意するのは難しいとのことで、どなたかアイデア御持ちの方、
よろしくおねがいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

戦略物資でないことの証明にはパラメータシートでもOKのはずです。


ですので、自作のものに関しては、証明すべき部品のパラメータをつけてください。
全ての部品には必要ありません。証明すべき部品それぞれについてです。
既成のものについては、仕様書で代用できないでしょうか。ただ、IEのことについては、通関業者に相談してみてください。
輸出ライセンスということになると商工会議所が絡むし、個人でできるかどうかはわかりません。規制緩和とはいえ、やはり相談したほうが安全です。
それと、旧通産省とかよりは、税関に聞く方が確実です。それも通関業者から聞いてもらえば、通関業者の顔(税関に顔見知りがいる通関業者は多いです)がききますから、親切な答えが得られるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q輸出する際の非該当証明について

こんにちは。
中小の工具屋で輸出作業に携わる部署に所属しております。
輸出する際には、非該当証明を各メーカーから取り寄せるようにしておりますが、中にはプラスチックの容器であったり、該非確認をするまでもないようなモノも中にはあります。
管理上やはり全品取得しておくべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

できるだけ、構成部品の、メーカー発行の該非判定書は、入手しておいたほうが安全でしょう。
ただ、プラスティック容器までは、(多分)いらないでしょうね。

さらに、構成部品ごとに、該非判定が必要なだけでなく、出来上がった製品全体としての総合的判定も重要ですよ。

CUSTEC発行の、項目別対比表を通読するとか、講習会に出かけるようにして、総合的理解を常日頃から深めたほうがいいと思います。

Q貿易の輸出、輸入時に使用する保税地域とはどこにあるのでしょうか?

貿易を独学しているのですが「保税地域」について分からないことがあります。
貿易の輸出、輸入時の通関及び税関手続き中コンテナは保税地域に一時仮置きするということなのですが、保税地域とはどこにあるのでしょうか? 

別の参考書では通関税関手続き時はコンテナヤードのマーシャリングヤードに一時置きする、と書かれていたのですが保税地域とは書かれておりませんでした。

保税地域はコンテナヤードのマーシャリングヤードと考えて間違いないでしょうか? それともCYから離れた全く別の場所に保税地域があるのでしょうか?
貿易に従事している方、しておられた方ご教授のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下記一覧で!

参考URL:http://www.customs.go.jp/hozei/hozeiichiran.htm

Q【日本の輸出】和牛の輸出量はここ10年で15倍に拡大しているそうです。しかも、更に年々輸出量は伸び続

【日本の輸出】和牛の輸出量はここ10年で15倍に拡大しているそうです。しかも、更に年々輸出量は伸び続けているそうです。

こんな和牛みたいに輸出量が伸び続けている日本の輸出品って他に何がありますか?

Aベストアンサー

日本酒なども、海外での需要は増えているらしいです。

食料品だけではなく、家電製品や暖房便座なども、海外には日本の技術に驚いているようです。TPPで一時輸入品における国内の生産の影響など騒がれていましたが、品質の良い日本の物は世界的に見ても違いがでるらしく、好まれる傾向にあるのだと思います。

Q炭素繊維品の輸出規制について

勤めている会社で炭素繊維が組み込まれたプラスチック製品を輸出する予定があります。
経済省のサイトで見当たらなかったのですが、炭素繊維が織り込まれた製品を輸出入する際、何か規制があるのでしょうか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

原子力と先端材料の分野で引っかかる恐れがありますので、参考URLをご覧頂いた上、関係先の窓口へご相談ください。炭素繊維の出荷元へ問い合わせて貿易管理の対象品かどうかの情報を貰うことも重要です。

参考URL:http://www.meti.go.jp/policy/anpo/index.html

Q廃ペットボトルの中国輸出規制について

どこに聞けば良いのかさえも分からない状態なのですが、
中国に廃ペットボトル(粉砕)を業者様を通して輸出することになりました。
輸出をしておられる方が言うにはペットボトルの輸出に関して厳しいと言われました。
見た目が汚く、悪臭がするものは無理だろうとのことでした。
実際に、今出そうとしている物には使用済みのためか見た目が汚く、悪臭がするものもあります。
これは社内の者は全員知っており、相手側が知っているのかは不明です。
ですが、担当者(Aさん)は問題ない、積み込めと言っております。
別の担当者(Bさん)はCCIC(だったと思いますが?)の監査がなく積むので、シップバックするかもしれない、と言います。
またBさんは確認するべきだ(環境省?)といい続けています。

積込を担当するのは私のため、悩んでしまいます。
・使用済みペットボトル(粉砕品)で悪臭がし、見た目が汚いものは輸出可能なのか?
・そのことが分かるものがありましたらご提示ください。
・可能・不可能判断は誰がするのか。
・輸出手続き業者(?)を通しての輸出なのですが、こちらに何か問題が出てくるのか。
明日、積込予定なので不安になってしまいます。
ご教授のほどをお願いいたします。

どこに聞けば良いのかさえも分からない状態なのですが、
中国に廃ペットボトル(粉砕)を業者様を通して輸出することになりました。
輸出をしておられる方が言うにはペットボトルの輸出に関して厳しいと言われました。
見た目が汚く、悪臭がするものは無理だろうとのことでした。
実際に、今出そうとしている物には使用済みのためか見た目が汚く、悪臭がするものもあります。
これは社内の者は全員知っており、相手側が知っているのかは不明です。
ですが、担当者(Aさん)は問題ない、積み込めと言っており...続きを読む

Aベストアンサー

素人ですが

バーゼル条約 が関係すると思います。

http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/admin_info/law/10/index.html

に、
廃PETボトルの不適正な輸出の防止について
http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/admin_info/law/10/pdf/exp_pet.pdf
があり、
その中で、
ボトルの中に飲み残しや汚れがある場合には
洗浄されているとは判断できないため「再生利用するために調製されたもの」とは言えない

とガイドラインが書かれていますので、
問題有りだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報