『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

川嶋 勝重がアレクサンドル・ムニョスと
たたかっていて優勢にかっていたはずが何故タイトル奪取
出来なかったのでしょうか?審査員のひいきなのでしょうか
WBCに詳しい方教えてください
あと徳山戦が映像で見られるところ知ってれば教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確かにパンチによるダメージはムニョスの方があったかもしれません。

特にボディーは明らかに嫌がっていました。
しかし全体的には、ムニョスの方が手数が多く特に中盤の何ラウンドかはお互いに有効打が無かったため、優勢に試合を進めていたムニョスがそのあたりで優勢ポイントを稼いでいたように思います。
あるラウンドでかなり有効なパンチを当てて明らかに優勢でもダウンをしなければ一ポイントで。それ以外の2ラウンドでお互いに有効なパンチが無くても優勢に試合を進めていれば二ポイント取れます。
そう言ったことで全体的には負けていたと思われます。
    • good
    • 0

不当判定というほどの内容ではなかったと思います。


ボクシングの採点の場合、手数をとるか、有効打をとるかで見方が異なります。
またテレビの場合、アナウンサー・解説者の実況・採点で日本人選手が有利に思えることもあります。それがあきらさまだったのは、ご存知TBSの亀田戦の身びいきな放送です。
ただ、怪物とまで言われるムニョスをあそこまで追い詰めた日本人は川嶋くらいでした。

最後に、この試合は「WBA」です。「WBC」ではありませんので・・。念のため。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング