ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

1年ほど前に購入したアルトサックスを購入したのですが、
なかなか吹く機会がなく、ずっと放置していました。
今回、吹奏楽団に入って本格的にサックスを始める事になり、
久しぶりに少しだけ吹いたあと、楽器屋さんに調整に出しました。
特に異常はないらしく、調整だけしてもらったのですが、
先ほどチューニングをしようとしたところ、全部の音が
約2音分くらい高いんです。どんなにマウスピースを浅くしても
全然補えないくらい高いんです。
リードをかえてみても変わらず音は高いままです。

こういう時は、ちゃんと「音が高くなってしまう」と言って
もう一回調整に出した方がいいのでしょうか?
それとも自分で何かできる方法があるのならば、教えてください。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

一度、自分が出せるぎりぎりぐらいまで口の力を抜いて吹いてみてください。

あとのどを開けて。
あと考えられるのはアンブシュアです。放置だけで他のサックスをふいていたのなら別ですが、吹いていないのなら口が崩れてしまったとか、
唇から息が漏れている(吹くとスーと唇からと言う)かもしれません。
直す方法はロングトーンを欠かさないことです。
僕が知っている限りではこれくらいですが、頑張ってくださいね。
    • good
    • 0

約2音分くらい高いって、本当ですか?


アルトサックスなら、たとえば開放音でE(ピアノのミ)がなるはずですがどうなんでしょう。いくら調整が悪くても半音までも狂わないはずですが。
まことに失礼な質問かもしれませんが、アルトサックスはEb管であり、「ド」を吹いたとき、それは実音の「ミb」であることはご存知ですよね?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング