個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

現在姉がフランスに語学留学中です。3ヶ月以内の滞在を予定していたので、観光ビザで入国しましたが可能ならばそれを延長したいなと考えているようです。たとえばイギリスなどへ一旦、出国し、フランスへ再入国すれば、再び3ヶ月の観光ビザがもらえるのでしょうか。その場合何日以上国外に滞在しないといけないのでしょうか。この疑問を解いてくれるようなサイトが見当たらず困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

おはようございます。


#4です。
まだ締め切っていないようですので、少し具体的な話をしたいと思います。
#3さんの返事で学生ヴィザへの変更にすごく興味を示していらっしゃいますが、
どうなのでしょうか?
フランスはわかりませんが、観光ではいって、他のヴィザに切り替えるのは、
国にもよりますが、結構大変なことだと思うのですが・・・
前にも言ったとうり、国や人によって、対応が結構違ってきます。
ですので、なんともいえませんが、まず、専門家に伺うことをお勧めします。

日本人が観光や留学で集まるメジャーな都市には、日本人を対象とした、各種学校の案内や斡旋、ヴィザ切り替え等を相談できる代理店がかなりあります。
フランスの大きい都市にいらっしゃるのであれば、その代理店を見つけて、
そこで相談なされてはいかがでしょうか?
日本人向け現地発行の雑誌や、小冊子などに載っています。
会員にならなければならないところもありますが、大体相談ぐらいであれば、
無料で聞いてくれます。
また、そういったところには、同年代の日本人も集まっていますので、
そういった方々に声をかけてみるのも、いいと思います。友達もできますし。

パリに住む場合は、在仏日本人会(97, avenue des Champs-Elysees, Paris 8e. tel: 01 47 23 33 58)が滞在許可証の取得に関するあらゆる相談に応じてくれ、便利である。
http://www.juris.hokudai.ac.jp/~takujit/jyunbi.htm より。


日本国内においても相談できます。
そちらへあなたから電話、もしくはメールで相談なされては?
丁寧に答えてくれますよ。
http://dir.goo.ne.jp/education/03429/03446/03454/

http://www.2vfrance.fr/

http://www.koryu.co.jp/

代理店では、ヴィザの代理取得なども行ってくれるところがありますので、
そうしてもらうのもよいでしょうが、お金がかかりますので、ご自分で取得
することをお勧めします。
    • good
    • 0

かなりアバウトな方向に進んでいるので、別口の意見も投稿しておきます。



*出入国などに関しては、確かにフランスは後進国ですが、どんどん情報処理の整備が進んでいます。シェンゲン国としての責任もありますし。昔は紙の記録でしたが、(よって更新してしまえばわからない)今は勿論電子情報です。スタンプを押されなかったし、と言ってもちゃんと読み取り機にはかざしています。(いや、やってないケースも見るのは事実ですが、、、) 将来せいぜい短い観光くらいでしか外国に出ないならいいですが、就職、移住などをしたいと思ったとき、(その国でなくても)オーバーステイなどの記録はすごい足かせになる事があります。今は膨大な情報量を記録できるので、公にはなりませんが「えっ」というくらい個人情報が記録されていますよ。

*普通に生活ができる、と言っても何を普通の生活と呼ぶかによります。ヨーロッパでは移動が簡単な分、ちゃんとした社会の一員として生活しようとすれば、登録とか許可とかがすごいです。不法者を水際でとめられないので、生活面で押し出そうという事でしょう。銀行口座一つ開くのも死闘です。

*外国に出てまた戻ってくる、というジプシー生活の人はたくさんいます。でも戻って来れなくなってしまう人もいるのは事実です。(あと2さん照会のページによると、今は新たに90日滞在しようとすると、シェンゲン国から90日出ていないとだめなようですね。)戻ってこれた人がいる、と言ってもその人の身なりとか経済状況とか年齢とか経歴とか、全然別なのですから。

*滞在資格変更は現地では無理だと思うのだが、、、

個人的にいろいろやってますし、いろいろな人を知っているので3さん、4さんがおっしゃっている事がおかしいとは思いません。でも全ての人にあてはまるケースだとは思わないほうがいいと思います。あと噂を集めるより、まずは領事で事実を押さえるべきでは。(あとどう転んでもオーバーステイはやめて下さい。せっかく優良外人としてワーキングホリデーとか門戸が開いたのに、お行儀が悪いとまた閉まってしまう。日本でみんな列を作って待ってるのに、、、)
    • good
    • 0

こんばんは。


わたしの意見は参考程度に聞いてください。

実際住んでおられるというNO.3の方の言われるとうり、
正直、そんなに気にすることはないと思います。

また、海外長期滞在でよく聞くことですが、「人によって対応が違う」ということです。

ヴィザの発行など、役所の仕事というものはとかく固いイメージを持つものですが、国にもよりさらに人にもよりますが、外国では結構アバウトな人が多いです。

それを示すエピソードをひとつ。
国は違いますが、私がオーストラリアのワーキングホリデーヴィザを更新するため、日本の豪大使館の日本人の方に聞いたところ、「現地の法務局にて、更新してくれ」とのことなので、そのためだけにオーストラリアにまで行きました。

向こうの法務局で、カウンターが20ほどあり、「ヴィザを更新したい」というと、「このフォームに名前を書いて」と言われ、書いて出すと、「250ドルです」。ところが現金がなかったので、「また明日来ます。」となりました。

次の日、別の人にぶっきらぼうに「このフォームの、各質問事項全部を埋めて」といわれました。8ページほどあります。同じものを日本でも書いたのですが、本を見ながら書いたので、改めて、1つ1つの質問を見るとわけがわからず、適当なこともかけないし、眩暈がしてきました。昨日の人は名前だけでよかったのに・・・
辞書で一つ一つ調べていたのですが、どうにも埒があかず、一回帰ってホテルで調べて書き込見ました。

次の日、また別の人のところでそのフォームを渡すと、見たとたん首を左右に振り、新しいフォームを取り出し、日本語で一つ一つ丁寧に教えてくれました。
最後に、「それより君はなぜ、日本でこれを済ませなかったんだい?」
といわれて、びっくり!!「日本の大使館もヴィザ発行所なのだから、権利はうちと同等なんだよ」。   ・・・勘弁してください・・・
やっぱり日本人は硬い・・・

長くなりましたが、人により対応が違うことが多いということです。
豪の旅行代理店でも聞きましたが、極端に法に違反さえしていなければ、
ヴィザは発行してくれるそうです。また、人により、少々違反していても、
出してくれる人もいるそうです。最大1年ということであっても、さらに6ヶ月など。

また、別に聞いた話ですが、カナダにワーホリできている人が、まだいたいため、
いったんアメリカへ出て、1時間ぐらい経ったら、カナダに再入国するという方法で、滞在期間を延ばすというほう方法をとっていたそうです。何も言われないそうです。
その逆もあるそうで、ただ、3・4回となると、さすがに質問されるそうですが・・・
今では、テロのこともあり、厳しくなっているのかもしれませんが、
ヨーロッパのように相互的に観光のヴィザ免除の協定を結んでいる国同志であれば、難しいことはないと思いますが・・・

そもそも入国に際して観光目的であれば、別手段での「ヴィザ取得」はありませんよね。シェンゲンヴィザや、観光ヴィザもあることはあるみたいですが、
取得したという人を聞いたことがない。
入国管理官に滞在期間の記したスタンプ=入国証明で入国するわけですが、その管理官によって、対応は違ってくると思いますし、
その管理官の心証を害するようなことがなければ問題はないと思うのですが・・・

ただ、違法行為に当たるのであれば、またそのことを気になさるのであれば、現地の窓口で直接相談なさるのがよいと思います。これもほんとに人によると思います。フランス語は難しそう・・・。英語のできる方もいると思いますけど、
英語嫌いですからねあの国・・・

隣接する国に出て、1時間ほどで戻っても何の問題もないと思います。
これも、ひとごとのようですが、あんまり神経質になると、
「え、こんなもん?」って言うことのほうが多いです。

最後はあなたの御姉さんしだいです。
だめもとで窓口に行ってみて、だめならば、一回外に出て、またすぐ戻って、
入国拒否されたら、その拒否した人が変わったころを見計らって、
また挑戦して。だめだったら、別の入国関から挑戦してみてはどうでしょうか?
最悪、明文として1週間他国にいればまた入国できるとなっているのですから、
それから入国すれば何の問題もないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

例をあげて詳しく説明していただき、ありがとうございます。そんなに神経質になることはないようですね。国によってはかなりアバウトであることがわかりました。」

お礼日時:2002/11/04 22:24

問題はチケットのこともあるでしょうね。

はじめに買った往復チケットは結局、捨てることになるのでは?チケットがオープンだったら別ですが。
それとちゃんと留学しているなら現地でスチューデントビザを取得することが可能です。法を犯すよりは正規のビザを取って堂々と暮らしたほうがいいでしょうね。
いったん外国に出て観光ビザを再取得するのには何日以上の滞在なんて関係ないのではないかと思うのですが。ロンドンに行く際はちゃんとスタンプを押してくれます。近くて安くて便利なのがスイス。EU加盟国ではないですからね。
あまりシリアスに考えなくても結構何とかなりますよ。
今まで暮らしていてビザがなくて困ったこと。
・困ったわけじゃないが、アパートを借りる時、学生ならアロカシオンとい学生対象の援助が国から出る!
・アパートを探すとき、ビザの種類を大家さんに聞かれるときがある。もちろん聞かれないことも多々ある。
・病気になったら困るかも。でも今の国民健康保険は外国の分もちゃんとカバーしてくれるから大丈夫。

この回答への補足

回答どうもありがとうございます。
現地で学生ビザを取得することが可能とありますが、実際に観光ビザで入国し、現地で学生ビザを取得された方はまわりにいらっしゃいますか?お忙しいところすみませんが、問い合わせ先、手続等簡単に教えていただければ非常にうれしく思います。

補足日時:2002/11/04 22:27
    • good
    • 0

こんばんは。



#1の方が書かれているシェンゲン協定についてですが、イギリスは加盟国ではありません。
またフランスに再入国する場合は、他国で一週間以上滞在することで再入国が可能となり最長1年以内180日間の滞在が認められるそうです。

参考URL:http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/euro.html
    • good
    • 0

端的にお答えします。


就学ビザを 取らなければ延長は無理です。
不法滞在者となります。
 最初の入国から6ヶ月の間に 通算3ヶ月までという
のが観光ビザの原則です。
 もっと詳しい解説が必要ならば 「arukikata.com」
で 質問するか シェンゲン協定で 検索するか
フランス大使館に聞いてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパリからパンを持ち帰る方法。

11月の末から、初めてのパリへ行きます。

最大の目的はバレエ鑑賞なんですが、その次の目的は 美味しいパンを食べることです。

あちこちのレビューを見て、パンの持ち帰りは味が落ちてしまうとの事、
それを十分承知の上であえてパンを持ち帰りたいのです。

なぜなら、うちの家族はパン好き。
少しでも本場の味を食べさせてあげたいのです。


そこで教えてください。

1.バケッドや、田舎風パン、クロワッサンなどの何も具が入っていないパンは機内持ち込みは良い のでしょうか?

2.シャルルドゴール空港のセイフティーエリアに パン屋 はあるのでしょうか?(JAL搭乗予定)

ぜひ よろしくお願いします!

Aベストアンサー

1.機内持ち込みは特に問題ないと思われます
JAL お手荷物について 機内持ち込み制限品目
http://www.jal.co.jp/inter/service/bag/#anchorlink005

どちらかというと、日本の税関の問題の方が大きい気がしますが
肉や果実などが入っていなければ問題ないと思います。

動植物検疫に抵触するものが無ければOKだと思います。
動物検疫所
http://www.maff.go.jp/aqs/
植物検疫所 輸出入条件詳細情報
http://www.maff.go.jp/pps/j/search/detail.html

(実はバゲットとクロワッサン抱えていて、日本税関で何も言われなかった経験ありです;笑)

2.JALならターミナル2Eですね。以前はPaulがあったのですが、
今はTGVの駅にしかないのでしょうか。Paulのサイトで検索できなくなっています。
http://www.paul.fr/shop/fr-FR/Shop/PAUL-ROISSY-GARE-TGV_371

Hediardはターミナル2Eの出国審査先にあるのですが、パンの取り扱いがあるか失念しました。
http://www.aeroportsdeparis.fr/ADP/fr-FR/Passagers/Boutiques-Services/Faire-Du-Shopping/Les-Boutiques/boutique-aeroport-paris-hediard.htm

1.機内持ち込みは特に問題ないと思われます
JAL お手荷物について 機内持ち込み制限品目
http://www.jal.co.jp/inter/service/bag/#anchorlink005

どちらかというと、日本の税関の問題の方が大きい気がしますが
肉や果実などが入っていなければ問題ないと思います。

動植物検疫に抵触するものが無ければOKだと思います。
動物検疫所
http://www.maff.go.jp/aqs/
植物検疫所 輸出入条件詳細情報
http://www.maff.go.jp/pps/j/search/detail.html

(実はバゲットとクロワッサン抱えていて、日本税関で何も言わ...続きを読む


人気Q&Aランキング