漫画好きなら読んどいた方がいいというような短編(読み切り)漫画集ってありませんか?ちなみに好きな短編漫画は藤子・F・不二雄さんの異色短編や紺野キタさんの短編漫画などです。どんなジャンルでもいいのでおすすめがあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

少女マンガでは、「tsunamix」(海野つなみ・講談社コミックスKiss)をおすすめします。

読んでいるととげがささるんだけど、とげのない綺麗なだけの話なんてつまらない。でもとげだけなのもつまらない、という感じのとげがあるけど暖かい気持ちが残るような作品が詰まっています。
ちょっと不思議ものの短編集としては、「オプショナル・ツアーシリーズ」(夢路行)がおすすめです。夢路行全集(一迅社ゼロサムコミックス)の13~15巻として出ています。
SFでは、「著者再編集版 アフター0」(岡崎二郎・小学館)がおすすめです。藤子不二雄さんの短編に近い雰囲気がある短編集になります。
マンガ好きならこれは!というのは「群青学舎」(入江亜季・エンターブレイン)。短編のなかにしっかりとした物語のエッセンスがしっかり入っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。たくさん紹介してくれて、とてもありがたいです!知らない漫画家さんばかりなんですが、だからこそ読んでみたいと思いました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/22 13:55

高橋留美子さんの短編集や人魚シリーズがいいですよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。聞いたことあります!なのでこの機会に読んでみたいです。ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/25 00:47

水上悟志の短編集「げこげこ」「ぴよぴよ」をオススメします。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。読んでみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/25 00:43

あだち充の『ショートプログラム』がお勧めです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。読んでみます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/25 00:38

あとり硅子さんの作品をオススメします。


新書館文庫より短編集が全4巻出ています。
ブラックユーモア溢れる作品で面白いです。
また、大野潤子さんのオーノのティータイムシリーズ、ハーブタイムシリーズもオススメ。
シリーズと銘打っていますが、基本的に全て短編です。
変わったテーマで描くことが多いので新鮮に感じられると思います。
ちょっとマイナーな作家さんなので書店に並んでいるかどうか心配ですが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。変わったテーマとか好きなので読んでみたいです。がんばって探します(笑)ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/25 00:35

「ラブロマ」第1巻はどうですか?


おもしろいですよ!
5巻まで出てますが、1巻が一番良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。調べてみます!ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/25 00:30

諸星大二郎とか・・・


 漫画家やアニメ・映画関係者も注目するカルトな作家です。

『汝、神になれ鬼になれ』
http://www.amazon.co.jp/dp/4086182335
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。今までに読んだこと無い感じの絵柄やストーリーの漫画なのでぜひ読んでみたいと思います!ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/22 13:49

 竹本泉さんでどうでしょう。

コミックビームにてよみきりものを連載していて、単行本も何冊かにまとまっています。

http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E7% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!読み切りを連載してるんですね。可愛らしい絵だし読んでみたいと思います。ありがとございました。

お礼日時:2008/04/22 13:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q藤子F不二雄作品のSF短編について

子どものころ読んで、話を少しだけ憶えているものがあります。
どの短編集(か何か)に載っているのかわからないので、もしご存知の方がいましたら教えてください。
内容は、
「人間だった主人公が吸血鬼になってしまう。最後、夜空を見上げると、人間のときとは見え方が違っていて、星空がとても綺麗だった」というような感じの話だったかと思うのですが……。
もしかして吸血鬼ではないかもしれませんが、よく思い出すシーンなのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「流血鬼」ではないでしょうか?

ややネタバレになりますが…。
下記の内容に覚えはありますか?

この作品は小説「地球最後の男」(ウィル・スミス主演で映画化もされました)を下地に、藤子不二雄が翻案したとされています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%81%E8%A1%80%E9%AC%BC#.E6.9B.B8.E8.AA.8C.E6.83.85.E5.A0.B1

話のあらすじは、
ルーマニアから広まった謎の伝染病のため、人類が次々吸血鬼になっていってしまうというところから始まります。
主人公は偶然感染を免れますが、人類を襲う吸血鬼を退治するという義憤に燃えて杭を作って大量に吸血鬼を殺害します。
実際には、人類のほとんどが新人類とも呼べる姿に変質してしまっただけ。
その「人類」から見れば主人公たちは流血を好む殺人鬼にすぎない=流血鬼、という逆転の価値観と、結局は現人類が敗北して終わるというバッドエンドにはっとさせられる作品です。
バッドエンドのはずですが、新人類の出発と、ラストのシーンでご質問にあるように、一ページ使って「空がこんなに…きれいだっただなんて!」と喜ぶ主人公の姿で締めくくられていたように思います。

「藤子・F・不二雄大全集 少年SF短編 1」
などに収録されています。
https://www.shogakukan.co.jp/books/09143439

「流血鬼」ではないでしょうか?

ややネタバレになりますが…。
下記の内容に覚えはありますか?

この作品は小説「地球最後の男」(ウィル・スミス主演で映画化もされました)を下地に、藤子不二雄が翻案したとされています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%81%E8%A1%80%E9%AC%BC#.E6.9B.B8.E8.AA.8C.E6.83.85.E5.A0.B1

話のあらすじは、
ルーマニアから広まった謎の伝染病のため、人類が次々吸血鬼になっていってしまうというところから始まります。
主人公は偶然感染を免れますが、人類を襲う吸血鬼を...続きを読む

Q藤子・F・不二雄さん (藤本 弘さん) のマンガの 謎 について

 一番大好きなのは、パーマンです。

 ボランティア精神で、見返りを求めず、人助けや、事件、事故を解決し、悪党と対決(特に60年代の作品にシビアな展開がみられ、好きです。)するストーリーや、空を飛べ、パー子とのラブコメディ(テレビカラー版と、80年代の作品)など魅力につきません。

 でも、とうとう最後まで、バードマン(最初はスーパーマンでしが、著作権などの問題で・・)の顔の招待は明かされませんでした。

 1号と3号の将来は、読者に想像で、おまかせだった(?)のかもしれませんが、その次くらいに、ちょっと残念です。

 もうひとつは、オバケのQ太郎の白い服の下はどういう姿なのかが謎だったのかも、知りたかったです。
足は、黒い2本足だというのは、アニメやマンガなどで、ちらっと出てはきますが・・・

怪物くんは、安孫子先生の作品ですが、最終回で、帽子を取って、頭を見せてくれたのがうれしかったです。(正確にいうと、オバQは安孫子先生との合作だったと思いますが。 + 石の森章太郎さんも )

 長くなりましたが、理由はなぜなのでしょうか? やはり、先生ご自身しか知りえないことなのでしょうか?
 ご存知の方いらっしゃるでしょうか?

 一番大好きなのは、パーマンです。

 ボランティア精神で、見返りを求めず、人助けや、事件、事故を解決し、悪党と対決(特に60年代の作品にシビアな展開がみられ、好きです。)するストーリーや、空を飛べ、パー子とのラブコメディ(テレビカラー版と、80年代の作品)など魅力につきません。

 でも、とうとう最後まで、バードマン(最初はスーパーマンでしが、著作権などの問題で・・)の顔の招待は明かされませんでした。

 1号と3号の将来は、読者に想像で、おまかせだった(?)のかもしれま...続きを読む

Aベストアンサー

私も藤子作品のファンです。
私もパーマン好きです。バードマンの正体が明かされなかったのもやはり質問者様がおっしゃるとおり、やはりF先生ご自身しか知りえないことなのかもしれません。
テレビアニメ パーマン(’83年度版(シンエイ版))でバードマンが人間の姿(?)になってミツ夫くんの家に行くというような話がありました。そのときのバードマンは人間の顔をしていましたが、私はそのときのバードマンの顔が本当の顔に近いイメージなのかもしれないなと思いました。(多分・・いや絶対違うような気がしますが)結局F先生にしか分からないのかな~と思っています。けれど、F先生はバードマンの顔をちゃんと考えていたような気がします。スミレちゃんも「ドラえもん」の中でドラえもんたちに自分の恋物語について語っていたくらいですから、バードマンのサイドストーリーもあったに違いありません・・と私は思います。(のちにパーやんも別の作品に登場しますし)
スミレちゃんはてんとう虫コミックス24巻以降全く登場しなくなりました。その後、伊藤つばさちゃんというアイドルが現れ、彼女の成長も「ドラえもん」で見届けることができます。
アイドル星野スミレは、結婚して芸能界を引退したという憶測がファンの間で広まりました。もちろん・・相手はミツ夫くんです。
最後までは描かれませんでしたが、私はそうであってほしいなと思いました。(しかし10年以上も留学しているなんて長い留学期間ですね・・。)
スミレちゃんとミツ夫くんが再会できたのか、
その後どうなったのか実際に漫画で見たかったですね。
彼女の本名は「鈴木信子」ですが新作ではその設定がなくなっており、新作の中では母親も「スミレちゃん」と呼んでいるため本名も「星野スミレ」ということになったのかなと思います。

オバQってあの服を洗濯して乾してましたよね・・・。
アニメで何枚も持っているのを私も見たことがあります。オバQの正体がちらっと見える黒い2本足以外
絶対見えないようにしてたということは、オバQはやっぱりあのままのデザインでそれ以外の姿は無いということで決めていたのではないかな・・なんて思いました。
やっぱりF先生しか本当のことは分からないでしょうけど。
チンプイの結末も永遠に謎に包まれてしまいましたが、あれからどうなったのかチンプイの続きも気になっています。

私も藤子作品のファンです。
私もパーマン好きです。バードマンの正体が明かされなかったのもやはり質問者様がおっしゃるとおり、やはりF先生ご自身しか知りえないことなのかもしれません。
テレビアニメ パーマン(’83年度版(シンエイ版))でバードマンが人間の姿(?)になってミツ夫くんの家に行くというような話がありました。そのときのバードマンは人間の顔をしていましたが、私はそのときのバードマンの顔が本当の顔に近いイメージなのかもしれないなと思いました。(多分・・いや絶対違うような気...続きを読む

Q藤子・F・不二雄先生の漫画

小学館のHPで今年「藤子・F・不二雄全集」が発売されると知り、その事について調べていたら、今まで「オバケのQ太郎」などが発売されていなかったのは御遺族が復刊に反対されていたからだと言う話を聞きました。
そこで疑問に思ったのですが、何故御遺族は復刊に反対されていたのでしょう。
藤子作品は「ドラえもん」だけで無く、もっと世間に知られるべき素晴らしい漫画ばかりだし、御遺族にも印税が入るだろうし、悪い条件が見当たらない様に感じるのですが…。
ちなみに、友人に意見を訊いてみた所「税金を払うのが大変だからじゃない?」と言う事でした。
決して御遺族を批判している訳では無く、ただ単に「何でだろう?」と反対されていた理由が気になったので質問させて頂きました。
どうして今まで御遺族が反対されていのか、その理由など、ご事情にお詳しい方いらっしゃいましたら教えて下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

↓の絶版問題の項を読んで下さい。
ただし諸説があり、決定的なことは遺族にしか分かりません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%90%E3%82%B1%E3%81%AEQ%E5%A4%AA%E9%83%8E

Q藤子・F・不二雄氏の漫画のタイトルを教えてください

はじめまして
藤子・F・不二雄氏の漫画のタイトルを教えてください。
SF短編集にあったもので、人類最後に残った男女二人のうち一人が食料になるというストーリーです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「カンビュセスの籤」ですね。

男性のほうは古代オリエントからタイムスリップしてきた人間。
女性のほうは代々籤を引いて、当り(?)の人が食料となることで生き延びてきた最後の一人。
というやつですね。

Q60年代(?)の藤子不二雄作品

どうしても思い出せないので、こちらに投稿します。
60年代(かな?)の藤子不二雄作品で、おそらく単行本化はされてません。
カメのような甲羅を持った宇宙人が主人公の物語です。
地面に赤い石が置いてあり、そこでジャンプすると地下の秘密基地に潜ることができるという設定だったと思います。
絵柄はパーマンやドラえもんと同じだったので藤本作品かと思います。
雑誌の廃刊とともに連載が終わった気がします。

覚えてる方がいらっしゃいましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

昔の藤子不二雄では、その作品は記憶にありません。
とはいえコアなファンではありませんし、まぁ藤子さんを含め当時の学年誌などの連載では学年が違えば掲載される漫画も違いましたから知らない方が当然かも。
まぁドラえもんだって、子供が生まれるまでは知らなかったし。

藤子さんに限らず当時は同じ様な設定をキャラクタを変えて使いまわすのもあったし。

只、藤子作品で未収録作品となると、コアな藤子不二雄ファンサイトで尋ねた方が良いと思います。


http://www.fujiko-f-fujio.com/

ここも老舗だった様ですがBBSなども閉じられているので実質的な活動は停止している。
まぁどこでもそうですが、ファンサイトはネタ切れがつきものだから。

とにかくコアなファンクラブを探し出すのが結局は近道です。

ちなみに自分の記憶ってのは結構当てにならないものです。
鮮明に覚えている記憶が様々な出来事から複合して形成されている時があります。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報