出産前後の痔にはご注意!

万年筆のインクの色を替える場合って、ペン先を洗浄したり
した方がいいのでしょうか?私が使っているのはコンバーター式のものです。

今までは、水にぬらすとインクが流れてしまうものを使っていたので、
パーマネント??とかいう消えない奴に替えようとおもっています。

わかる方いましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も長年万年筆を使用していますが、基本的には万年筆のインクは染料ですので水に流れます。

墨のように顔料インクなら乾いた後は水に流れませんが万年筆には構造上顔料は使用できません。毛細管現象を利用してインクをペン先に補給しているのでその毛細管に顔料が詰まってしまうからです。
ですから本当の意味でのパーマネントは一般的な万年筆では不可能です。
インクの交換の時にはコンバーターを引き抜くことが出来る物でしたら引き抜いて(一般的にはペン先部分と胴軸部分がネジになっています)ペン先部分のペンの先端の反対側を水道の蛇口に近づけ流水を数分流し続けると結構綺麗になります。コンバーターは出来れば新品を購入するのがいいですが、そうでない場合には根気よく水の給廃を数十回はしないと綺麗になりません。
ペン先が固定されている部分をペン芯といいますが、その部分が万年筆の心臓部分です。ペン芯とペン先の固定され方の調整は本来は職人の仕事です。自分では分解して洗わない方がいいと思います。
裏技としては眼鏡用の超音波洗浄機を使う手もありますが、下手をするとペン芯とペン先の調整がずれる可能性があります。
東京だと神保町の「金ペン堂」や蒲田の「丸全社」にいけばやってくれます。(有料)
    • good
    • 0

お湯につけるなどしてペン先と内部のインクを洗浄して、十分に乾かしてから交換したほうがいいと思います。


蒔絵などの万年筆でしたら全体をつけないで、ペン先だけをつけておくほうがいいかも。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【万年筆】違う色へのインク交換

LAMYのサファリという万年筆を使用しています。

最初から付いていた青色のカートリッジがなくなりそうなので次は黒色のカートリッジを付けようと思っています。
交換の際、そのままカートリッジを取替えてしまったら色がまざってしまうと思うので、正しい交換の方法を教えてください。

参考サイトがあれば、直接ここに書かずにURLの提示だけでも結構です。

Aベストアンサー

インクが詰まった時と同様に、ペン先を水に浸けて洗うといいです。
色が混ざることが気になるのであれば、
水に色がつかなくなるまで、繰り返して洗えば十分です。

参考URL:http://www.sailor.co.jp/BUNGU/SP-CONTENTS/kiso/page3.html

Q万年筆のインク補充について

この度、初めて万年筆を購入しました。
アウロラのオプティマミニ(吸入式インクボトル専用)です。
早速インクを吸入し、試し書きをしたところ、とても書き心地が良く、大変気に入りました。
それでいろいろとたくさん書いた後、ふと思ったのですが、
インクの補充というのはインクが最後までなくなってからするのが普通なのでしょうか。
途中でインクがなくならないか不安になって、まだインクが残っていそうでもインクを補充することは可能なのでしょうか。
初めてなので、どのくらいでインクがなくなってしまうのかわからず不安になり、外出先でも持って歩きたいので、インクがなくなると困ると思いました。
まだインクが残っていても補充が可能かどうか教えていただきたく、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます.

>『万年筆のインク補充について』
>アウロラのオプティマミニ(吸入式インクボトル専用)です。
>途中でインクがなくならないか不安になって、
>まだインクが残っていそうでもインクを補充することは可能なのでしょうか。
>初めてなので、どのくらいでインクがなくなってしまうのかわからず不安になり、
>外出先でも持って歩きたいので、インクがなくなると困ると思いました。
>まだインクが残っていても補充が可能かどうか教えていただきたく、
>よろしくお願いします。

【回答】インクが残っていても追加補充は可能です.
インクは記述量に反比例的に減少し無くなっていくので,
使用する本人が適当な時期を大まかに決め補充します.
なお,吸入式万年筆の場合,
ペン先を上にして吸入の時に押さえる部分を少しずつ押していくと,
インクがペン先に出てくる事で,その時点のおおよその残量がわかります.
補充はそのままの状態でインクビンに,先端を浸け入れ補充します.
全部押してしまっても出てこない場合は『空』という事ですよね.

ただし,追加インクの選択には下記の注意を要します.
原則的な説明になりますが,
現在使用しているインクビン以外のインクを補充してはいけません.
カートリッジ式以外は,
今お使いの万年筆に使用している物と同じメーカーで同じ色でも,
「他のインクビンのインクは混ぜて使うことはできない」と,
昔は言われていました.
その理由としてインクの多くの製品は化学染色剤ですので,
製造日時の違う物同士を混ぜて使うと化学反応でダマ(結晶)ができ,
万年筆のインクの流れる部分で詰まる事があるからと言われていました.
インクビンが変わる場合には万年筆を洗浄して補給します.
それでも,私の場合にはほとんど洗浄はせず使っていましたが…

私も40年以上も昔に求めた,モンブラン・パーカー・プラチナを,
長いこと大事に使っていましたが,
時代が変わり記述も万年筆の手書きからPCのキーボードになって,
手書きの方はまったく無くなりましたので,
記念品として保存するためにインクを抜いて,
万年筆のインクが流れる筋道を綺麗に洗浄し,
乾燥状態ですべて保管しています.

インクは長く置いておくと,品質が悪化して使用できませんので,
カートリッジとインクビンも現在はすべて廃棄しています.

なお黒のインクは少しの間使わないと,
ペン先付け根の付近が乾燥しやすく詰まり易いので,
その点に充分注意する事が必要です.

万年筆の洗浄方法:
インクが詰まった時の万年筆の清掃は,温湯に万年筆ごと浸けて少し放置,
その後インクの流れる筋道に,流水でインクの色が無くなるまで通します.
ペン先の裏で詰まっている事が多いですので,
温湯の中に浸けペン先に筆圧をかけたり緩めたりしながら隙間を作り洗浄します.
洗浄が終わると拭き上げ室温で数日完全に乾燥させて,その後インクを補充します.

なお,インクの筋道に空気が入ると,
記述途中に点々とインク切れが起こります.
またキャップをせず長い時間空気に触れたまま放置すると,
筋道で結晶が徐々に発生し詰まる原因になります.

万年筆は丁寧に手入れをしながら使用すると,
何十年でも使用できるものです.
大事に使ってくださいね.

添付画像は,安物ですが自慢の万年筆です.
右からパーカー(吸入式)・プラチナ(18金)・
モンブラン・それに2本のプラチナ,購入当時一番安い1000円の品物でした.
これらのすべての万年筆は,私が基礎を学んだ40年もの昔の青春時代,
苦労して買い求め,手にして学んだ想い出多い大事な宝物です.

この回答が,ご質問者さまの疑問解消の一助になれば幸いです.

おはようございます.

>『万年筆のインク補充について』
>アウロラのオプティマミニ(吸入式インクボトル専用)です。
>途中でインクがなくならないか不安になって、
>まだインクが残っていそうでもインクを補充することは可能なのでしょうか。
>初めてなので、どのくらいでインクがなくなってしまうのかわからず不安になり、
>外出先でも持って歩きたいので、インクがなくなると困ると思いました。
>まだインクが残っていても補充が可能かどうか教えていただきたく、
>よろしくお願いします。
...続きを読む

Q万年筆:色違いのインクカートリッジを交換する注意は?教えてください。

お世話になります。

いつも使い捨て二百円の万年筆風を使用しています。

先ごろ、ラピタの雑誌での万年筆が付録になっているらしく、
購入してみようかと・・・。

ちなみに、すでにインクが差し込まれているので、
別なブルーの明るい色のインクカートリッジ(ハーフサイズ)にしたいと思います。
そのための交換するに当っての注意を教えてください。
たしか、以前にモンブランで、そのような色のインクが、
有ったような記憶であります。
いくらぐらいなのでしょうか?

ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

違う色のインクを使う場合は、カートリッジを差す位置からペン先までを良く洗ってください。インクは水性ですから水で構いません。ぬるま湯の方がより効果的です。吸入式のスポイトが付いているなら、スポイトに水かぬるま湯を吸引すると楽により早く洗浄が終わります。

インクの値段はメーカーによって違いますので、なんとも言えません。カートリッジ1本の値段は安いですが、たいていは複数本入りのパッケージだったような気がします。

私も久しぶりに万年筆を使いたくなってきました。

Q万年筆って使いますか?

就職する前にモンブランの筆記具が欲しくてふと思いました。
ビジネスシーンでは万年筆ってあんまり使わないんじゃないですか?

それよりかは使用頻度の高いシャープペンを買おうと思うのですが、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

万年筆は使わないなぁ。
最近のボールペンの性能からすると、万年筆は気圧低くなるとインクが出てくるとか、考えられないようなアナログ感が。
↑そこがまた良いのだけれども。
しばらく使わないで置いておくと、ペン先にインクが固まったりするし。

シャーペンは使ってる人は良く見かけるけど、ボールペンのほうが多いかな。

ただ、良い筆記具が欲しいというのなら、シャーペンだと思います。
ボールペンは 150円程度で売ってるハイブリッドインクのやつが一番書き心地がよいので、高いお金を出して買うものでもないと思います。
といいつつ私は6万もする純銀製のボールペンを買ってしまいましたが、油性インクなので書き始めのインクの出が悪く、ちょっと後悔。

シャーペンにしときゃ良かったと思ってます。。。
でもま、シャーペンも時間が経つと芯を押さえるゴムがダメになったりするんだけどね。。。
シャーペンがいいよ、うん。

Q万年筆のキャップをペンの尻につけるべきか?

落し蓋式のキャップの万年筆を10年間使用しています。その万年筆を使うときにはキャップをペンの尻につけて使っていましたが、使用後にインクがペンの尻についていることがあるので―キャップの内側にインクが付着している場合がある―ので、最近では、万年筆使用の際に、キャップをペンの尻につけていません。そんな習慣の中で疑問が浮かんできました。

経験上、店頭で試し書きをする場合にはペンの尻にキャップをつけない場合が少なからずあると思うのですが、本来、万年筆はキャップを尻につけた状態で最良の書き味になるように設計されているのでしょうか?それとも、キャップを尻につけないことを基本として設計されているのでしょうか?

ねじ込み式のキャップの万年筆を使用されている方に、もう一つ質問があるります。ねじ込み式のキャップだと、インクが内側に付着することは比較的少ないように思われますか?私が使っているものは落し蓋式なので、興味があります。

以上の疑問について、お時間のあるときに、ぜひ、教えてください。

Aベストアンサー

万年筆、キャップを後ろにつけた状態で書きやすい長さ、バランスになります。軸が短いもの長いもの、いずれもキャップを後ろにつけた状態では大体同じ長さになります。そういう意味では、”キャップを尻につけた状態で最良の書き味になる”と言って良いと思います。
ちょっと書くときにたまにキャップを外した状態で使うと書きにくいですね。

ねじ込み式のキャップの方がインクがつきにくいか? これはなんともいえないです。私は両方持っていますが、どちらも特にインクがついて困ることはないです。ただ、ねじ込み式だと吸い上げ式のものが多い? そのための違いはあるかもしれません。

Q今日買ってきた万年筆のインクが出ません…

今日初めて万年筆を購入し、カートリッジをセットして
いざ書こうとしたのですが、インクが全く出ません…。(かすれる、などではなく、全く出ない。)

なにしろいままで万年筆を使ったこともないのでわからないのですが、
万年筆を買ってから使用するまでには何かしなければならないことが
あるのでしょうか?

ちなみに、購入した万年筆はこれです
http://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/cavalier/index.html

Aベストアンサー

ペン先をティッシュで包んで、できればビニール袋でも包んで
体温計を振るようにペン先のほーに振ってください。

最初はカートリッジ刺して中のインクがジワジワと落ちてきますから、最初は書けないですよ。

ペン先を下にして立てて(キャップしてね)おけば、それそれ書けるよーになってるはずですが(^_^;

Q新品万年筆のかすれについて

パイロットのカスタム74(極細)を購入したのですが、パイロットのインキを使用しているのに文字がかすれます。具体的にはグルグルとコイル状の模様を描いていくと上に向かう線が途切れてしまいます。
これは不良品でしょうか。不良品なら返品したいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

万年筆は、ボールペンやサインペンのように最初からうまく書けるものではなく、その持ち主の個性に合わせてなじんでいく特性があるものです。
模様を描くのではなく、実際の使用と同じく文字を書いて行って、それでかすれたり不具合があるようでしたら、プロに頼んでペン先を微妙に調整してもらって(ペンクリニックという形で時々デパートなどに出張してきていますから、無料で利用できるそのような機会を利用するとよいと思います。)、自分に合った万年筆にしていくことが万年筆を使う人の心得ですし、醍醐味でもあると思います。
ペン先の素材によっても、微妙な感覚の差があって、楽しめるのです。
あなたの万年筆は、不良品ではなく、まだならしてもいない状態だと私は考えますが、極細のニブ(ペン先)は、インクの通りがよくないと、かすれる傾向はあるものです。
毎日使っていないと、かすれても不思議はありません。
ですから、プロの小説家などは、胴もニブも極太でインクフローのよいタイプを愛用しているものです。
せっかくよい万年筆なのですから、毎日書いて、定期的に手入れもして、自分だけの1本にしてください。

万年筆は、ボールペンやサインペンのように最初からうまく書けるものではなく、その持ち主の個性に合わせてなじんでいく特性があるものです。
模様を描くのではなく、実際の使用と同じく文字を書いて行って、それでかすれたり不具合があるようでしたら、プロに頼んでペン先を微妙に調整してもらって(ペンクリニックという形で時々デパートなどに出張してきていますから、無料で利用できるそのような機会を利用するとよいと思います。)、自分に合った万年筆にしていくことが万年筆を使う人の心得ですし、醍醐味で...続きを読む


人気Q&Aランキング