【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

研修に必要なものに「筆記用具」と「ノート」といっている人がいたのですが、「筆記用具」という言葉にノートも含まれるのではないでしょうか?
ご存知であれば教えて頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

Googleで「筆記用具」を検索してみました。



上位にヒットするサイトはほとんどが通販業者のもので、そのページに出てくる商品はボールペンや万年筆などで、ノートが出てくるページはありませんでした。

このことから、文具業界では「筆記用具」にはノートを含まないという考え方が一般的のように思えます。
    • good
    • 17

「筆記用具」はノートは含みません。


たとえば、就職試験などテストで筆記用具を忘れないようにと
言われた場合、「ノート」は準備しません、逆に注意を受ける
でしょう。
「ノート」も準備するように言われた場合のみ準備すれば良い
と思います。
    • good
    • 15

「筆記用具」は筆記する用具、つまりペン、鉛筆などに


なり、厳密には「ノート」は含まれません、
ただ、「筆記用具」を準備するようにと言われた場合
「ノート」も準備するのが常識でしょう。
    • good
    • 17

筆記用具にはノートも含まれます。


書き記すには筆記具である鉛筆やペンに加えて、ノートやメモ帳などの記録する媒体が不可欠ですからね。

この場合では、筆記用具はペンだけだと勘違いしている人への親切心でそう言ったのだと思います。
    • good
    • 7

 「筆記」という言葉には「書き記す」「書き取る」「書かれたもの」という意味があります。

ここに「用具」が付くと、「書くためのもの」という意味に限定されてしまう為、筆記用具には含まれません。単に「筆記」であっても、ノートは「書き込むためのもの」ですので含まれません。ただ、不思議なことに、書き終わったノートは「筆記」の中に含まれます。
 つまり、必要なものは「筆記用具」と「筆記帖(ノート)」になります。
    • good
    • 9

研修というメモ取る場が多い場所で、書くものだけでどうするのでしょう。


書く物(鉛筆(シャープペン、赤青黒ボールペン、消しゴム等)
ノート又はメモ帳。
揃って、ようやくメモや何かを書く事出来ますよね。
「メモ帳忘れました!」いい笑いものですよ。
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q筆記用具を持参するということは?

「書類選考に合格したので、面接に来てください」
という電話連絡がありました。(事務)

「筆記用具を持ってきてください」と言われたのですが、
やはり筆記試験などがあるのでしょうか?

面接以外にどんな試験があると考えられますか?
また、どんな準備をしたらよいでしょうか?

正社員の面接を受けるのは、今回が初めてで…。

どうぞよろしくお願いします!

Aベストアンサー

 筆記用具持参ということは適性検査がある可能性が高いです。
 おそらく十分な準備をする時間は無いでしょうからSPIに不慣れであるならば国語の問題だけでも見て出題パターンを知っておくことをお勧めします。
 簡単な問題なのですが私はぱっと見たときに意味がわからなくてパニックになりました。
 先日も受けましたがあらかじめパターンを見ておいたので国語はほぼ全問解答できました。理数系は半分しか解けませんでした。これさえも冷静に見れば小学校で習うレベルの応用だったりします。ただ問題が多いのでプレシャーで冷静さを失うと辛くなります。
 私は理数系は全問解答は諦めました。1問1分ほどしか時間がないので自分の実力ではどうしても無理だからです。その分、解けそうな問題を見つけて確実に解くことにしました。
 ちなみにここ2回のテストで共通して出ていたのは地図の縮尺の問題と位置関係の問題。定価と原価の問題。問題文すら全部読む時間がありませんでしたので覚えているのはこの程度です。
 参考になれば幸いです。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qエクセル、ワードって何!?

こんにちは。
いつもお世話になっております。

パソコン超初心者の者です。
キーボードを見ながらでの「かな入力」しかできません。

求人の資格欄によく「エクセル、ワードができる方」と書いてありますが、そもそもクセル、ワードって何でしょうか。
初心者の私でも短時間で習得できるものなのでしょうか。
パソコンスクールに通ったほうが賢いでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。ワードとエクセルは、パソコン(Windows)に標準で入っているソフトのことです。
質問者さんのパソコンがWindowsでしたらほぼ必ず入っていると思います。
スタートメニューからMicrosoft officeを探して、Microsoft WordやMicrosoft Excelを、試しに起動してみてください。

少しいじってみて、何だかよく分からないなぁと思ったら、ヘルプを表示して調べてみたり、インターネット検索でヒントを得たり、書籍を購入して操作方法を覚えたりして、独学で学ぶのも一つの手です。

ワードは書類作成に使用し、エクセルは数字を打ち込んで計算、グラフ化、数字の保管等に使用します。
どちらも事務系の職業には欠かせないソフトですが、事務職以外でも両ソフトが使える人材は要求されます。
ワードとエクセルがなぜ多くの会社で必要とされるかというと、やはり、大方のパソコンに標準で入っている有名なソフトで、パソコンが変わっても作業ができるところでしょうね。
お仕事で、お客さんに紙ではなくデータで資料を送る際も、相手方にも同じソフトが入ってますから困りません。

ちなみに、わたしはパソコンスクールに通った経験があります。
パソコンスクールの利点は、初心者の方がターゲットで、講師の方々に分からないことはいつでも聞けますし、資格の習得を目指した学習メニューが用意されていますから、きちんと目的を持った前向きな学習ができます。
他の生徒さんが周りにいるので、独学の寂しさもありませんし、闘争心(?)でやる気も出ます。
習得までの期間は本人次第ですが、どんなにぶきっちょな方も、興味のない方も、挫折することはないと思いますよ。
ブラインドタッチ(キーボードを見ないでローマ字打ち)も自然に身に付きます。
ただし、授業料は決して安くはありません。

独学には集中力が必要で、スクールに通うには授業料が必要です。
どちらが良いかは質問者さん次第です。
よくよくご自分と相談されて道を選んでくださいね。

こんにちは。ワードとエクセルは、パソコン(Windows)に標準で入っているソフトのことです。
質問者さんのパソコンがWindowsでしたらほぼ必ず入っていると思います。
スタートメニューからMicrosoft officeを探して、Microsoft WordやMicrosoft Excelを、試しに起動してみてください。

少しいじってみて、何だかよく分からないなぁと思ったら、ヘルプを表示して調べてみたり、インターネット検索でヒントを得たり、書籍を購入して操作方法を覚えたりして、独学で学ぶのも一つの手です。

ワードは書類作成...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング