マンガでよめる痔のこと・薬のこと

こんにちは。来月イタリア・フランスに旅行に行く予定です。
免税手続きについて教えてください。

結婚記念に、ブルガリとカルティエの時計を購入予定です。
それぞれの本店がある国で、ブルガリはイタリアで、カルティエはフランスで購入しようかと考えています。(そのほうが安いのではないかと思い)

イタリア→フランスの順に行くのですが、免税手続きは全て最後に行くフランスでできるのでしょうか?
それとも、イタリアで買ったものはイタリアで免税手続きしないとだめですか?

それと、全て私のクレジットカートで購入するのですが、まだカードもパスポートも旧姓のままです。
免税手続きの際に住所を書くと聞きました。
住所は、実家のものを書いて、名前は旧姓で書いたほうが良いですか?

教えてください。
どうぞよろしくお願いします。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちわ。


早速ですが、免税手続きはイタリアでもフランスでもどちらでもできますが、今回は時計ということで、高額商品だとおもいますのでフランスでお手続きをするようになるのではないかと思います。

1、イタリアで手続きをする場合は、購入商品をスーツケースに入れて、チェックインをしてタグをつけてから書類をもって税関へいきます。
そこで商品の提示を求められた場合に限り提示をします。書類にすべてスタンプを押してもらい、再びスーツケースを航空会社カウンターに預ける、という方法。

2、フランスで手続きをする場合は、商品を手荷物にして税関にてスタンプを受領することとなります。

つまり、EUに商品がのこらず確実に持ち出すということが原則です。ですからイタリアで手荷物にしていると、スタンプ受領後だれかに渡してしまう恐れがあるので押してくれません。

高額な時計でスーツケースに入れてしまうのは不安および避けたほうがよろしいので、フランスとなるのではないかと存じます。乗り継ぎ時間等のそのご判断はお任せいたしますが。。。

次に書類の発行するときのことですが、
お名前は今回の航空券と同じスペルで、サインはパスポートどおり、住所は現住所がよいです。(すべてローマ字記入、郵便番号も書いてください)最後の税関でパスポートチェックをするので、お名前が一致していることの本人確認をします。

また、グローバル・リファンドの場合はクレジットカードの名義人を問うことはありませんのでご安心を。カード受け取りをご希望の場合は、書類上にカード番号さえきちんと書いていれば大丈夫です。ご主人のカードで受け取ることも可能です。ちなみにカードで支払いをしても、現金で受け取れます。支払い方法とリファンド受け取り方法が異なっていても問題ありません。

お勧めとしては、税関スタンプをEUで取得した後、書類を日本に持ち帰って成田あるいは関空で受け取るか、日本オフィスへ郵送して銀行口座に振込みで受け取りすることも可能です。
(あまり高額な場合はクレジットカード手続きとなってしまう場合があります。)
なぜかというと、現地の郵便ポストに入れて途中で紛失してしまうことがあるからです。書類がその会社に届かないと手続きができませんので、スタンプのあるグローバル・リファンドの書類はお持ち帰りください。

成田あるいは関空のカウンターにリーフレットをおいてあります。
ぜひ出発時にピックアップしてご参考ください。リーフレットをご自宅に送ることも可能です。

それではお気をつけて!!

参考URL:http://www.globalrefund.com/
    • good
    • 0

海外の duty free で購入するときには、欲に免税手続きを意識することはありません。


間違いなく旅行者であることの証明(帰りの航空券、又はそれに代わるもの)があれば、自然に手続き完了。
ものによっては、そこで受け取れず、帰途の空港の指定場所で受け取ることもあります。
日本入国時の免税(日本の税金の)は、帰国時税関通過時に行います。
書類の書き方はキャビンアテンダントが丁寧に教えてくれます。

日本人は、サインが下手ですから、パスポートの提示を求められることが多い。
両者旧姓なら当然それで通す。
住所は現住所でよい。
パスポートにも住所の記載がありますが、これは本籍地。
    • good
    • 0

免税手続きはフランスですることになります。



 時計だと、一応見せろと言われることになるかも
しれません。
原則として、未使用のままにしておかなければなりません。

 カードとパスポートが旧姓のままなら、
免税手続きの名前は旧姓で書かれたほうが良いと思います。
住所は現住所でも構わないと思います。

 免税手続きの時
お店でパスポート番号とか必要となるので、
コピーを持って歩かれたほうが賢明だと思います。

 ブルガリは本店はなかなかディスカウントしてくれません。
粘って交渉してみられたらよいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q免税の仕方・・・

来年イタリアとフランスに行きます。
イタリアのブランド品を個人的とフランスでもブランド品を買う予定です。
免税は、最後のフランスから出るとき手続きをするのでしょうか?あと各お店でやっておかなければいけないことなど、わかる方教えていただけないでしょうか?
何か記入しないといけない書類とかややこしいでしょうか?それも書き方など教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

まず大きな流れを。

買い物時書類と封筒をもらう→必要事項を記入→原則EUを最後に出る空港で免税手続き
これが一連の流れです。

各店舗で1日規定金額以上の買い物をすると、免税手続きが受けられます。
フランスは基本175ユーロを越える金額、イタリアは154.95ユーロを越える金額です。
Hermesあたりはもっと基準額が高いと思います。
http://ec.europa.eu/taxation_customs/resources/documents/common/travellers/leave_eu/vat_refund_min_values_en.pdf

お店で支払い時に免税手続きをしたいと言います。
英語だと"Duty free, please"フランス語だと"Détaxe, s'il vous plaît"と言います。
日本人っぽい客がブランドショップでその位の金額の買い物をすると
何も言わずに書類を持ってきてくれることがあります。

パスポート現物と、帰国時の航空便名記載が必要なので分かる物を持って行ってください。
店舗では書類と封筒をもらいます。

パスポート番号位は店員さんが書いてくれると思いますが、
店員によっては自分で書けと言うこともあります。

書類で返金方法を指定します。クレジットカード戻しが一番お勧めです。
現金戻しだとユーロで戻って来ます。またユーロ圏に渡欧予定があるならどうぞ。
小切手返金は非推奨です。日本でユーロ建ての小切手戻しをすると
手数料だけで数千円かかります。

どの方法で返金するかチェックを入れ、カード戻しならカード番号を書き、
他にあなたの名前や住所等必要事項を記入します。

ここまでは店舗の話しです。

原則はEU最後に出る空港の税関で手続きをします。
フランスから出る時とあるので、EUを最後に出るのはシャルルドゴール空港ですか?
もしイタリアで買った商品に液体持ち込み制限等が無ければ、
原則通りシャルルドゴール空港での手続きになります。

ターミナルによって場所が変わりますが、現時点ではおそそらくこのマップに場所が出てます。
http://www.aeroportsdeparis.fr/ADP/Scripts/plans-interactifs/#/UK/CDG/T2E/T2E_D

Terminalにカーソルを合わせて、出国ターミナルを選びます。
出発階に大抵あるのですが、Serviceにカーソルを合わせるとTax Refundというのがあります。
そこです。

フランス国内で最近普及し始めたPabloというバーコード式の物なら、
税関横にあるPablo専用の機械にバーコードを通してください。
フランス税関の動画を参考にしてください。
http://www.douane.gouv.fr/page.asp?id=3759

Pabloではないフランスで買った商品やイタリアで買った商品は、
免税手続きの窓口に並び、パスポート、航空券、未開封の免税品を提示し、
店舗でもらった書類にスタンプを押してもらいます。

書類は1枚税関にとられ、顧客控え用の書類をはがして残りを
店舗でもらった封筒に入れます。各店舗ごとの封筒を使ってください。
各店舗が同じ免税手続き代行会社と契約しているとは限りません。
封筒は糊付けして、最寄りのポストから投函してください。

現金で免税金額を受け取るなら、指定の窓口で受取り、
カード戻しだと大体数か月以内にクレジットカードの口座に返金
(他に利用があれば相殺になる)されます。

まず大きな流れを。

買い物時書類と封筒をもらう→必要事項を記入→原則EUを最後に出る空港で免税手続き
これが一連の流れです。

各店舗で1日規定金額以上の買い物をすると、免税手続きが受けられます。
フランスは基本175ユーロを越える金額、イタリアは154.95ユーロを越える金額です。
Hermesあたりはもっと基準額が高いと思います。
http://ec.europa.eu/taxation_customs/resources/documents/common/travellers/leave_eu/vat_refund_min_values_en.pdf

お店で支払い時に免税手続きをしたいと言います。
英語...続きを読む

Q初ヨーロッパ旅行☆乗り継ぎ、免税手続きについて詳しい方教えてください。

こんにちは。初めてのヨーロッパ旅行でとっても不安になってます。
パリに数日滞在してからバルセロナに数日滞在し、
パリで乗り継ぎして(エアフランス)日本へ帰国予定なのですが、
調べると最終国で一度入国してから免税手続きするって書いてありました。
乗り継ぎ時間が1時間20分間しかないのですが、大丈夫なものなのでしょうか?
少しの英語しかしゃべれないのでツアーにしたかったのですが、
どうしてもバルセロナでサッカーが見たかった為、旅行会社に
航空券とホテルのセットを頼んでしまって、分からないことだらけです。
シャルルドゴール空港でどうすればいいのか分かる方いらっしゃれば
教えてください。

Aベストアンサー

スペインもフランスもEU加盟国で、さらにシェンゲン協定に加盟しておりますので、手続きは以下のとおりになります。

まずご理解いただきたい点は、スペインでは出国手続きは行われないと言うことです。
シェンゲン協定とは、EU域内の往来を活発にするために、出入国や通関などを共通化してしまうという、大胆な協定です。従って、日本から最初に到着したシェンゲン協定加盟国(西欧の英国、スイス以外の殆どの国)で域内への入国管理を、最後の国で域内からの出国手続きを行います。
従って、BCN/PAR間のフライトは、いわば国内線扱いとなります(正確には当然国際線ですが、便宜上)が、原則として受託手荷物(スーツケース)はスルーで成田まで流れます。

1、免税手続きを行う品物は受託手荷物(スーツケース)に入れない
2、パリに着いたらAFの日本行きは2Dから出ますが、その「到着階」中央付近のDE-TAX窓口へ
3、書類を出して申請(現物を見せるように言われたら見せる)する。何通もある場合、封筒と中身の書類が錯綜しないよう、鉛筆や付箋で印をつけておくと良いですよ。
4、払い戻しは、クレジットカードへ(第2ターミナルは小切手を扱っておりません)。
5、出国検査後のエリアにあるポストに、印を貰った封筒を投函

と言うことになりますが、1時間20分ですと、ちょっと厳しいかもしれませんね。

例外的にBCN空港でやってできないことはありません。
ツアーと言うことですから、空港送迎サービスは含まれていますよね?BCNで空港まで送ってくれるアシスタントさんに確認してみてください。

参考URL:http://www.airfrance.co.jp/airport/2003-cdg-ex.htm

スペインもフランスもEU加盟国で、さらにシェンゲン協定に加盟しておりますので、手続きは以下のとおりになります。

まずご理解いただきたい点は、スペインでは出国手続きは行われないと言うことです。
シェンゲン協定とは、EU域内の往来を活発にするために、出入国や通関などを共通化してしまうという、大胆な協定です。従って、日本から最初に到着したシェンゲン協定加盟国(西欧の英国、スイス以外の殆どの国)で域内への入国管理を、最後の国で域内からの出国手続きを行います。
従って、BCN/PAR間のフライ...続きを読む

Qイタリアに8日間、いくらユーロに替えるか…

今週末から、イタリアの8日間ツアーに参加します。

質問なのですが、イタリア8日間ツアーだと、いくらくらい日本円をユーロに替えるのが妥当なのでしょうか?

ちなみに食事はツアーについています。買い物はブランド品などを買う予定はありませんが、バイト先や友人にお土産を買います。どんな物をお土産にすれば無難でしょうか?

Aベストアンサー

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチップ制のところもありますが、お金を入れないとゲートが開かないトイレも多く、常に1ユーロまたは2ユーロコインを携帯しておいたほうがよいです。コインであればトイレ内の両替機でセントに両替できます(ツアーならばコンダクターの方が両替してくれるかな)。

ということで、お小遣いで現金1日あたり10ユーロ程度あればよいかと。
このほかに露天のお土産を買うならば現金が必要ですが、それでも+20程度あればOKでしょう。総じて露天は値段高めの設定なので、私ならば露天でバラマキ系のお土産は買いません。あくまで自分用に、ちょっとしたお気に入りを買うという前提です。
よって、かなり多く見積もって、現金で1日30程度。私個人ならば10で十分だろうと思います。
ショップではカードが使えるので現金は必要ありません。ツアーで行く店ならば、目の前の端末で清算してくれるでしょうから、さほど神経質になる必要は無いでしょう。仲のよい友達等にすこし高めのお土産を差し上げるのであれば、必然的にショップを利用することになると思います。バラ撒き系のお土産は空港の免税点でチョコレートやクッキーが妥当かなぁと思われます(かなり冷めた意見でアレですが)。
私にはセンスが無いのでお勧めは難しいのですが、フィレンツェ IL BUSSETTO のコインケースは今でもお気に入りです。現地価格で35ユーロですが、日本で購入すると1万円程度します。仲のよいお友達ならば惜しくない買い物だと思います。

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチッ...続きを読む

Qヨーロッパの免税手続きについて

はじめまして。
ハネムーンで初めてヨーロッパ(イタリア・フランス)に旅行に行きます。
そのときに、主人とお揃いで腕時計を買う予定です。(婚約指輪とそのお返し代わりなのでブランドのものを)

合計が30~40万円くらいにはなりそうです。全て私のクレジットカードで買うことになっています。主人はカードもっていないので。

税関の申告は1人20万円超えたらとガイドブックに乗っていました。
一枚のクレジットカードで40万円ほど購入することになるので、私ひとりで20万超えた買い物をしたことになってしまうのでしょうか?

免税の手続きの時には購入した時に使った、クレジットカードの名義の確認はありますか?
もしあったら、ひとりで20万超えているので、税関申告の対象者とみなされますか?

免税手続きと税関の申告は全く別のものなんですか?

みんな20万円を超えたら、ちゃんと税関に申告しているんでしょうか?
ちょっとオーバーくらいならあまりしていないと聞きます。

教えてください。お願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

詳しくはすでに回答のあるとおりですが…

>免税手続きと税関の申告は全く別のものなんですか?

「免税手続き」はヨーロッパを出るときに、ヨーロッパでした買い物から税金を払い戻してくれる手続き。
「税関の申告」は日本に帰国したときに、外国で買ってきた品物を申告する手続き。
前者はヨーロッパの空港で、後者は日本の空港でするもので、全く別のものです。

私は免税手続きを受けられるほど高額の買い物をしたことはないので、具体的手続き方法はよくわかりませんが、40万円もの買い物をされるなら免税手続きが受けられて税金が戻ってくるはずなので、しないと損です。

日本帰国時の税関への申告はちゃんとしましょう。ちゃんとしないと脱税行為にもつながりかねません。

QパリからスイスへTGVで移動する場合の免税手続きについて

こんにちは。
あさってからフランス(パリ)→スイスと9日間で旅をする予定です。
パリではヴィトンで何品か購入予定なのですが、その際の免税手続きについて教えて下さい。
スイスにはTGVで移動し、帰りはチューリッヒからミュンヘン経由で成田へと向かいます。
このような場合、ヴィトンで購入した分の免税手続きはどのように行ったらよろしいでしょうか?ちなみに買い物はクレジットカードでする予定です。
過去ログも検索しましたが、いまいちわからなかったため、質問させていただきました。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

EU内で免税手続きをして買い物をしたときには、EUを出る最終地で税関の手続きをすることになります。即ち、相談者の方の場合は、ミュンヘン空港のトランジットの時間にしなければなりません。手続きする時間があるとよいのですが。そうでなければ、免税措置を受けることが出来ません。

Q(スイス)陸路での免税手続きの方法を教えて下さい

はじめまして。
私は今ヨーロッパを2.3週間旅行をしている者です。
この度、旅行の思い出にスイスで時計を購入したいと考えております。

私はイタリアのミラノからスイスのチューリヒに入り、1日滞在した後にドイツのシュツットガルトに行きたいと考えています。移動は全て電車の予定です。

調べてみると免税手続きはスイスの空港で行うのが、一般的な様ですが陸路(電車)の場合でも1度空港に行って手続きをする必要があるのでしょうか?
ご存知の方がおられましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

よこから失礼します。

そうなんです、私も英国話題を見ていた時にEU圏と見たので、EUの最後の国じゃないか?と思っていたんですが、情報サイトによっては「シェンゲン協定加盟国」で書いてあるところもあるんです。

どっちかなーと思っていたのですが、両方ご回答がありますね。

で、再度イギリス(シェンゲン協定に加盟していませんがEU加盟国です)についてググってみますと、

http://london.navi.com/special/5036284
<ロンドンから、別の欧州内の空港(パリやフランクフルトなど)で乗り継いで帰国する場合、航空券を見た税関職員が「日本に英国からほぼ直接帰る」と判断すれば、諸手続きをロンドンで行ってくれます。ただし、欧州の別の街に立ち寄る場合は、日本への最終出発地での手続きが必要となります。 >

http://www.eikoku.co.uk/shopping/taxfree.html
<お店でもらった書類に 必要事項を書きこみ、EU最後の国の空港税関で、商品を見せて書類に出国証明のスタンプをもらい 封筒に入れ>

なので、やはりEU圏で考えるのではないでしょうか?

既にご回答にあるように、EUとシェンゲン協定とユーロ通貨導入国と、微妙に加盟国が異なるんです。
英国は、EUだけどシェンゲンでなくてユーロでもない。

スイスはシェンゲン協定加盟国ですが、EUでもユーロでもありません。
(確かノルウェーもそんな感じです)

EU+スイスの旅で免税手続きに苦労された方の話がありました(そういえば前にも見たような)。

「スイスでこの税関スタンプの手続きができるかどうか、この点に関して、人によって言っていることが違ったため、」・・・・そして欧州でも言うことがまちまちで、フランスの空港の税関職員に間違った指示をされたと。
http://fooey.exblog.jp/13166657

【引用】

EU諸国で買い物をして、スイス経由で帰国される方は、

1、必ずVAT返還手続きのための免税スタンプをスイス以外のEU諸国(もちろん、EU諸国内で買い物をした商品が対象です)で行って下さい。その免税スタンプがないとVAT返還の手続きができません。

2、何かの事情でできなかった場合、もしくは、電車でスイスを訪れる場合(オーストリアとスイス間の国境付近を通過する場合)、オーストリアのBregenzという駅で免税のスタンプを押してもらうことができます。

引用終わり。

やっぱりEUで考えるのでは。。。

よこから失礼します。

そうなんです、私も英国話題を見ていた時にEU圏と見たので、EUの最後の国じゃないか?と思っていたんですが、情報サイトによっては「シェンゲン協定加盟国」で書いてあるところもあるんです。

どっちかなーと思っていたのですが、両方ご回答がありますね。

で、再度イギリス(シェンゲン協定に加盟していませんがEU加盟国です)についてググってみますと、

http://london.navi.com/special/5036284
<ロンドンから、別の欧州内の空港(パリやフランクフルトなど)で乗り継いで帰国する場...続きを読む

QCDG空港での2Eから2Fへの乗り継ぎ

関空よりAF機でCDG空港へ行きます。
到着ターミナルは2Eですが、その後2Fターミナルに移動しミラノに参ります。
その際、到着が2EのサテライトKに着いた場合の2Fへの移動、並びにLおよびMへ機が着いた場合の2Fターミナルへの行き方をお教えください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

Kの場合とL,Mの場合と書かれているので、空港の地図はご覧になっていると思いますが。
一応空港公団のターミナルマップ。
http://www.parisaeroport.fr/passagers/acces/paris-charles-de-gaulle/plans-terminaux

ターミナル2Eは、チェックインカウンターや出入国検査がある建物とゲートKがある建物
(ゲートKはサテライトではありません)、ゲートLのある建物、ゲートMのある建物と
3つの建物で構成されています。ゲートK~L~Mの移動は無料シャトルで移動できます。
経験上かなりの確率で日本発のAF機はゲートKかMに到着します。

もしゲートKに着いたら、そのままTerminal2Fの表記の方向へ進んでください。
たまに工事等で使えないのですが、ターミナル2EのKから2Fへは基本入国前に徒歩移動です。

入国審査Immigrationとある右側に、フランス語だと「Correspondance Terminal 2F」
英語だと「Flight Connections Terminal 2F」と記載があります。
その表記に従うと地下通路につながりそのまま進みます。迷いようは無いです。

やがてTerminal2Fの地下にある乗り継ぎ客専用の入国審査があります。
そこを超えると手荷物検査→乗り継ぎ便の出発ゲート案内ディスプレイでゲートを確認
→そこへ移動、これが大きな流れです。

Terminal2EのLかMゲートに到着すると、Kゲートや入国審査がある建物への移動が加わります。
日本線が到着するとAFの日本語を話すスタッフがいますし、殆どの客がシャトルに乗るので
ついて行けば問題ないです。シャトル駅への案内は添付画像参照。

移動に何分かかるかは、同着にどのくらいフライトがあるかに依存します。
韓国線やアフリカ線が同時間帯に到着し、Terminal2Eで入国すると、かなり時間がかかります。
(日本籍だとほぼ何も聞かれずにフリーパスですが、彼らはかなり質問されます)
Kから2Fの乗り継ぎ便ゲートへの移動は30分位、LやM着だと+10分位をイメージしておくといいと思います。

Terminal2Fの入国を使える場合、入国審査ブースがいくつ開いているか、
並んでいる人の国籍でかなり時間は変わりますが、もう少し時間がかからないイメージです。

Kの場合とL,Mの場合と書かれているので、空港の地図はご覧になっていると思いますが。
一応空港公団のターミナルマップ。
http://www.parisaeroport.fr/passagers/acces/paris-charles-de-gaulle/plans-terminaux

ターミナル2Eは、チェックインカウンターや出入国検査がある建物とゲートKがある建物
(ゲートKはサテライトではありません)、ゲートLのある建物、ゲートMのある建物と
3つの建物で構成されています。ゲートK~L~Mの移動は無料シャトルで移動できます。
経験上かなりの確率で日本発のAF機はゲートKか...続きを読む

Q関税の事で教えて下さい

今月の初めから弟がフランスに言ってます。私はビトンのバックを買ってくるように依頼しました。
昨年、友人が同じようにビトンで20万強の買い物をした際、お店か税関かでスタンプをもらわなかった(必要ないと言われた?)ので、結局戻ってくるはずの税金(20%くらい?)が戻ってこなかったというトラブルがありました。同じような問題にならないか心配です。とはいえ、すでにフランスの為、注意を促す事はできません。
もし、同じようにスタンプをもらえなかった事に後で日本で気づいた場合、対応の方法はありますか。また、友達が遭遇したようなトラブルは多いのですか。

Aベストアンサー

みなさんもおっしゃっていますが、まずは購入店で書類を作成してもらうこと。
あくまでもお店側もサービスですから、頼まないとやってくれない店も多いです(LVあたりは日本人慣れしているのでやってくれます)
その際、NO.1の方もおっしゃっていますが、決められた金額以上を一度に購入する必要があります。

次にその書類にスタンプを貰います。
その国、もしくはヨーロッパの場合EU加盟国であればEUを出るときに空港、港、鉄道駅、その他国境の税関でスタンプをもらえます。
NO.4の方が触れていますが、その際には「未使用の」現物が必要です。もちろん確認されない場合もありますが、これは運で、「見せろ」といわれた時に未使用の現物がなければ却下です。
免税になるためには国外で使用することが条件だからです。

そして空港などでは専用のポストに投函したり、リファンド専用の窓口があったりしますので、
キャッシュ(リファンド窓口にて)
小切手(ポストに投函すると後日送られてくる)
カード口座に返金(カード番号を記入してポストに投函)などの方法で戻ってきます。
空港などにポストがない場合は日本から郵送すればOKです。

以上の手順を覚えれば「基本的には」戻ってきます。
重要なのはこれはあくまでもその店や国による「サービス」なので、確実に約束されたものではないと言うこと。
戻ってこなくても文句はいえないわけです。
ひどい場合には空港の税関が混雑していてスタンプが貰えず、払い戻しされなかった、早朝で空港の税関がしまっていたなどというケースもあります。

なお、このTAX REFUND(VAT REFUND)のシステムには色々なタイプがあり、成田空港などに窓口を設けている会社もありますので、そのシステムに加入している店舗の商品の場合には日本到着後に払い戻しを受けられます。
また国によって、ケースによっては大使館でスタンプを押してくれることもあります。

このような事例が多いかというと、う~んやっぱり多いです。
だからお客さんと一緒にヨーロッパに行くときは(旅行業者です)、しつこいくらいに現地で説明をしています。

みなさんもおっしゃっていますが、まずは購入店で書類を作成してもらうこと。
あくまでもお店側もサービスですから、頼まないとやってくれない店も多いです(LVあたりは日本人慣れしているのでやってくれます)
その際、NO.1の方もおっしゃっていますが、決められた金額以上を一度に購入する必要があります。

次にその書類にスタンプを貰います。
その国、もしくはヨーロッパの場合EU加盟国であればEUを出るときに空港、港、鉄道駅、その他国境の税関でスタンプをもらえます。
NO.4の方が触れていますが、...続きを読む

Qローマのルイ・ヴィトン店

どなたかご存知の方、私最近行ったわよ、前を通ったわよ、普段着だと相手にしてもらえなかった、などの経験をお持ちの方に質問です。
来週、ローマに旅行するのですがフリータイムの時間にルイ・ヴィトンで買い物するつもりです。

一度パリの本店に行った時に、かなり待たなければならなかったのでイタリアでも同じような状況なら考えようかと思っています。
買いたい商品はこちらから決めて行こうと思っています。
どんな情報でも結構です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お召し物をお気になさるのなら、お店側の気持ちになってみるのが最良ですね。自分が誇りをもって働いている高級ブランドのお店に普段着の外国人が入って来る・・やはり気の良いものではありません。

パリの本店も然り、アルバイト目的で購入をするアジア人(何故かアジア人)が多く、彼らの多くはデリカシーに掛け、お店の雰囲気を損なう存在だと思われがちです。(スタッフとして働いている友人の言葉です。)

もしあなたが『またアジア人・・』などと思われず、スマートにお買い物をなさりたいのでしたら、それ相応にお召し物を身に纏い、堂々とした態度(キョロキョロしたり変にはしゃいだりする方が多いですから^^;)でいらっしゃる事をお勧めします。また最低限買い物に必要なイタリア語や英語を覚えてらしたらお店側も背筋を正して対応して下さるはずです。

因みに混雑具合はパリと同じくらいらしいです。

Qパスポートとクレジットカードの名義が違う

ハワイ旅行まであと一週間をきり、
たった一枚しか持っていないクレジットカードの
新姓変更の手続きを忘れていたことに
気付きました。
パスポートは新姓、クレジットカードは旧姓のまま。
このカード引落専用の郵便局の口座も旧姓のままなので
日本では普通に使えています。
しかし海外でクレジットカードを使った時に
パスポートの提示を求められた場合、
名義が違うとトラブルになると聞きました。
どういうトラブルになるのかはわかりません。
新規でクレジットに入会するのもカード発行が
間に合わないのでクレジットカード自体、
使うのは無理なのでしょうか。
最悪、現金とトラベラーズチェックのみに
しようかと考えています。
体験談など、何でも結構ですのでアドバイスください!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、
私も海外では必ずカードを利用しますが、パスポートの提示はしたことありませんね。
他のかたもおしゃっているように、カード事態がある意味身分証明もかねているところありますし。

それに、今は昔とちがい手書き伝票はすくなくほとんどが専用端末を通しての利用になります。少なくとも、端末利用ならカードの限度額、与信、カード利用がストップされていかなどの情報ならその場でチェックできますしね。

ただ、国内でもそうですが、海外でもまれに機械の調子がわるかったり、カードの磁気テープの状態が悪いと読み取りがきちんとされず、エラーになって使えませんといわれることがあります。
なので、私は万一のときに備え、ブランドの違う2枚のカードを持っていくようにしています。

なので、1枚しかないならもう一枚新しいカード作ってもいいと思います。
ちょうどハワイならJCBが現地にて即日カード発行のサービスをやっているみたいですよ。
ハワイ限定の特別デザインで、パスポートだけあれば印鑑はいらないみたいです。

通常、JCBは海外旅行には使えないお店もありあんまり向かないのですが、ハワイはかなり力をいれているのであまり不便は感じないと思います。その他、現地でのいろんなサービスにもかなり力を入れているので1枚あると便利だと思います。

参考URL:http://plaza.jcb.co.jp/travel/chiiki_travel/honolulu.html

こんにちは、
私も海外では必ずカードを利用しますが、パスポートの提示はしたことありませんね。
他のかたもおしゃっているように、カード事態がある意味身分証明もかねているところありますし。

それに、今は昔とちがい手書き伝票はすくなくほとんどが専用端末を通しての利用になります。少なくとも、端末利用ならカードの限度額、与信、カード利用がストップされていかなどの情報ならその場でチェックできますしね。

ただ、国内でもそうですが、海外でもまれに機械の調子がわるかったり、カードの磁気...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報