大変初歩的な質問ですが、つまづいてます。
ベース接地回路、エミッタ接地回路、コレクタ接地回路、の『接地』とはどういうことなのでしょうか。『入力側と出力側を共通に使用する』などなど、本によってそれぞれいろいろな表現がしてありますが、具体的にどういうことか理解できずにいます。よろしく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ベース接地とエミッター接地がわかればしめたものです。


混乱を招くといけないのであえて言わなかったのですが、コレクター接地が実は一番難しいのです。電子回路では接地の話をするときは交流についてだけのことしか考えません。だから直流電源は(交流的には)ショートして考えます。
するとコレクターがアースに接続され、入力側と出力側に共通になっているように見えませんか。つまり、コレクター接地回路なのです。
コレクタ接地回路は別名「エミッタ・フォロワ回路」ともいい、特別な用途以外には使われません。何しろ、増幅率が1以下(全く増幅しない)なのですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっと理解できました(できた気がします)。低い(?)ハードルでつまづいてますので今後が恐ろしいような気もしますが・・・
今回は大変ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/19 16:23

トランジスタは3本足ですが、電気回路としては入力側2本、出力側2本の計4本の線が必要です。

(と思ってください)。
つまり、1本の足だけは入力側にも出力側にも接続します。
この線は普通アースと呼ばれる共通線につなぐのです。
これが「入力側、出力側の共通使用」の意味であり、接地の意味でもあります。
同じトランジスタでも3つの接地回路(接地タイプのほうが理解しやすいかも)のどれを使うかによって増幅率や入力・出力インピーダンスが大きく違い、又、反転増幅、非反転増幅の違いなども出てきますので目的に合ったものを選択します。

この回答への補足

概略は理解できたような気がします。コレクタ接地回路がイマイチ理解しにくいですが、エミッタおよびベースが判れば今後の理解で何とかなるような気もします。

補足日時:2001/02/18 21:11
    • good
    • 0

「接地」の「地」とはアースのことです。

接地とはアースに繋ぐ、という意味ですね。
必ずしも本当に地中にアースを取る訳ではなく、回路の中で0Vと決めた箇所をアースとみなします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトランジスタの見分け方 電子回路

電子回路におけるトランジスタの見分け方について教えてください。

エミッタ接地とは、入力がベース、出力はコレクタから取り出すタイプ
コレクタ接地とは、入力がベース、出力はエミッタから取り出すタイプ
ベース接地とは、入力がエミッタ、出力はコレクタから取り出すタイプ
という風に理解するとよいと教えられたのですが、いまいち意味が分かりません。
添付画像の回路においてはそれぞれどのようにして、エミッタ接地、コレクタ接地、ベース接地というのを見分ければよいのでしょうか?
画像が見にくくて申し訳ないです。
例えばcの回路はベース回路ですが、交流電源の電圧によって流れる電流はベースにもエミッタにも流れるのではないのでしょうか?
なのに、なぜ入力はエミッタと決定できるのですが?

このように頭の中で混乱して、分からくなってしまいました。
ご指南お願い致します。

Aベストアンサー

エミッタ「コモン」という言葉は御存知ですか?コモンとは共通という意味です。
接地ではなくコモンで表現する書籍もあります。エミッタ接地、エミッタコモンは同じ意味の言葉です。

信号入力に必要な端子は2個、信号出力に必要な端子は2個、トランジスタの端子は3個、どうしても1個は共通で使う必要があります。どの端子を共通で使うかで決まるのです。入力と出力で共通に使っている端子がエミッタであればエミッタコモンすなわちエミッタ接地です。

上記の視点で考えるといいでしょう。バイアス用の直流電源は交流信号を考える時はゼロボルトと考えていいので、下記のようになります。
a エミッタ接地
b コレクタ接地
c ベース接地

Qエミッタ接地増幅回路について教えてください><

教えていただきたいことは2つあります。
(1)エミッタ接地増幅回路はなぜ入出力波形の位相が反転するのでしょうか。
(2)エミッタ接地増幅回路はなぜ入力電圧が大きくなったとき出力波形が歪んでしまうのでしょうか。

1つでもわかる方がいらっしゃいましたらどうか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLのトランジスター(エミッタ接地)増幅回路について
Ic-Vce特性と負荷線の図を見てください。
参考URL:
ttp://www.kairo-nyumon.com/analog_load.html

(1)
バイアス電圧を調整して図4の動作点(橙色の点)をVbe特性の中心に設定してやり、その動作点を中心に入力電圧Vbeを変化させてやるとVceとIcが負荷線上で変化して動きます。入力電圧Vbeが増加すると出力電圧Vceが減少し、入力電圧Vbeが減少すると出力電圧Vceが増加します。つまり出力電圧波形の位相は入力電圧の位相が逆になります。つまり、入出力波形の位相が反転することになります。

(2)
入力電圧Vbeが大きくなったとき出力波形が歪んでしまうのは、動作点が負荷線の線形動作範囲の上限に近づくとそれ以上Vceが頭打ちになって、出力電圧波形が飽和してしまいます。言い換えればコレクタ電圧Vceは接地電圧と直流電源電圧Vccの範囲でしか変化できません。その出力電圧波形は入力電圧Vbeが負荷線上の線形増幅範囲だけです。線形増幅範囲を超えるような大振幅の入力Vbeを入力すると出力電圧の波形が飽和して波形の上下が歪んだ(潰れた)波形になります。

お分かりになりましたでしょうか?

参考URL:http://www.kairo-nyumon.com/analog_load.html

参考URLのトランジスター(エミッタ接地)増幅回路について
Ic-Vce特性と負荷線の図を見てください。
参考URL:
ttp://www.kairo-nyumon.com/analog_load.html

(1)
バイアス電圧を調整して図4の動作点(橙色の点)をVbe特性の中心に設定してやり、その動作点を中心に入力電圧Vbeを変化させてやるとVceとIcが負荷線上で変化して動きます。入力電圧Vbeが増加すると出力電圧Vceが減少し、入力電圧Vbeが減少すると出力電圧Vceが増加します。つまり出力電圧波形の位相は入力電圧の位相が逆になります。つまり、入出力波...続きを読む

Q電気回路のGNDとマイナスについて

工学部の3年生です、恥ずかしくて今更誰にも聞けないのでここで教えてください。

実験等で使用する直流電源のGNDとマイナスが(下図のように)繋がってるのはなんでなのでしょうか?

+  -  GND
○  ○=○

そもそもGNDとマイナスの違いがよくわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

GNDは文字通り大地です。
GNDは必ず必要ではありません、ただし弱電機器等では非常に雑音を拾いやすくなります。
極〃一般的には電源のマイナス側をアース(GND)して、0Vとするケースが多いが、例として電源を抵抗等で分割して5Vの電位をアース(GND)すれば、電源のマイナス端子はー5Vになります。
一般に+端子に対して-(端子)と表現され、-端子に対する+端子の電位差を電圧と言っています(+端子に対する-端子の電位差は-〇Vです)。
乱暴な表現ですが、各パーツが+から供給された電気をどこに落とすか(各パーツ共通の電位へ)がGNDです、さらにそれを大地に接地すれば文字通りのGNDです。

QVccとVddの違い

トランジスタのバイアス電圧などでよくVccとかVddとかかかれているのをみます。
Vccのccとは何の略で、Vddのddとは何の略なのでしょうか?
また使い分け方を教えて下さい。

Aベストアンサー

cはコレクタ,dはドレインの略です.
Vcと表記すると該当のトランジスタ1個のコレクタ電圧を指しますよね.
Vccという表記は,それと明確に区別するために使われていると思います.
ccで,複数のトランジスタのコレクタを意味しているのでしょう.
つまり,ccは「コレクタ側電圧(電源)」,ddは「ドレイン側電圧(電源)」
と考えればよいでしょう.
ちなみに,Veeでエミッタ側のマイナス電源(NPNの場合)を表します.
それと,ccとかddとかは,大文字でCC,DDと表記することが決まっている
はすです.小文字の場合は「小信号」を意味するからです.
IEEEやJEDECで表記の規則が手に入るはずです.

Q等価回路がわかりません

問題集の解説を読むと、添付の図のように問題の回路が等価な別の回路に
置き換えられるようです。

どうしてこのようになるのか判らず悩んでいます。

Aベストアンサー

seipironその2です
#6解答は忘れて下さい。

よく考えると正しいですね。

Cの両端で開放される、左側の部分にテブナンの定理を。
*内部抵抗:電源は短絡して考える→ R/2 (R2つの並列抵抗)
*開放電圧:RとRの分圧となるので → E/2

---◯
|
R/2
|
E/2
|
---◯

Qトランジスタの『ベース』『エミッタ』『コレクタ』を教えて下さい。

はじめまして。トランジスタのベース、エミッタ、コレクタの目的、用途を噛み砕いて教えて下さい。過去の質問履歴を見たのですが、ちょっと難しいので、噛み砕いて教えて頂けますか?一番知りたい事は何の為にそれ(ベース、エミッタ、コレクタ)があるのか?と言う事です。すいませんがお願いします。

Aベストアンサー

かみ砕きすぎかもしれませんが(笑)スイッチの例で示します。
(エミッタ,コレクタ,ベースをそれぞれE,C,Bと表記します)
(NPN型トランジスタの例です)

まず、スイッチの部分は"C→E"間で、→で表したのは一方通行のスイッチであることを表します。"B→E"に電流が流れていない時は"C→E"のスイッチはOFFです。"B→E"に電流が流れると"C→E"がONになります。リレースイッチを例にすると、"B→E"がコイルの部分で、"C→E"が接点部分というわけです。また、"B→E"が小電流でも、"C→E"は大電流になるので、増幅が行われるわけです。

参考URL:http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/semi_cnd/transistor.html

Qマイナスの電圧ってどういう事でしょうか?

申し訳ありません。
基礎中の基礎かもしれませんが、忘れているのか、悩んでます。
まず電流や電圧にマイナスなんてものはあるのでしょうか?-500Vとか-500Aとか・・・
これはどういう事を示しているのでしょうか?

事の発端は、あるメーカの電位治療器というものを見たのです。
-500Vの直流電源によってマイナスの電界を作り、その中に人間が入る事によって治療を行なう。(つまりマイナスイオン化する?)
マイナスの電圧?それによってマイナスの電界?
どういう事なんでしょう?
それにマイナスの電界が発生するとなんで治療になるんだ?
と疑問が山積みです・・・

せめてマイナス電圧だけでもいいので教えていただけませんか?

Aベストアンサー

電圧 という意味なら押す方向が逆になってるだけ。(電池が逆)

言っているのはマイナスの電荷では?(マイナス電子の集合)

Q磁場の強さの測定方法

磁場の強さを測定する方法にはどのようなものがありますか。

Aベストアンサー

直流か交流かもっと高周波か。非常に弱い磁場か強い磁場かで測定器(センサ)の種類が変わります。
SQUIDからMRセンサ、MIセンサ、フラックスゲートセンサ、ホール素子などは直流の低い磁場から計測出来ます。
単純なコイルやロゴスキーコイルなどは直流は計測できませんが交流磁場なら計測出来ます。電界も拾うのでシールディッドループ構造の磁界計測アンテナなどもあります。
1つのセンサで全てを計測できるものはありませんがホール素子などは一般的です。なお、温度ドリフトなどが問題になる場合もあります。市販の計測器には校正のためのゼロガウスチャンバが付属しています。(そこに入れてゼロ点を合わせます)

大雑把な計測の目安としては、地磁気以上のレベルか以下のレベルの測定かで方式が変わると思います。

Q電気回路における接地とは?

「接地」の意味合いがよくわかっていません。

電気機器において、電路と外箱間が絶縁不良により繋がった(漏電した)としても、外箱が接地されていれば、もし外箱に人が触れて感電したとしても、人体に流れる電流を抑えることができるそうですが、そもそも漏電した電気が流れる経路がなければいいのではないでしょうか?

電源側で接地されているから、漏電した電気がそこに戻る回路ができるわけで、非接地にしておけば回路はできないから、感電しても大丈夫だと思うのですが。


こういう基本的な部分がよくわかってません。ご教示願います。

Aベストアンサー

#4です。
>高圧線と大地間に静電容量があるのでしょうか? 電線間にはないのでしょうか?
●これは電磁気学の問題となりますが、まず電線間には静電容量があります、電位差がありますから。
次に大地との間ですが、大地という大きな面積の導体と向き合っているので電線間の静電容量がこれからも生じています。

つまり、電線間の静電容量はΔ結線、大地を経由する静電容量はY結線で等価的に表せます。

次に地絡電流の流れるサマですが、このコンデンサのY結線の内、いずれかのコンデンサをショートさせた状態が地絡の状態です(Yの中性点が大地です)。

よって地絡電流(零相電流:I0)は他のコンデンサと変電所バンクとの閉回路を流れることになります。

こちらサイトの{2000年12月分}が解りやすいと思います。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/3311/TOPICS3.htm

なお、当初の質問からかなりずれてきていると思われますので、ここからさらに派生する場合は改めて質問された方がいいと思います。

Q交流の接地側とは何でしょうか?

家庭用交流回路には、接地側(白線)と非接地側(黒線)があり、「白線は安全」、「黒線は感電の危険あり」ということになっています。私の疑問は、「交流とは、プラスとマイナスが交互に入れ代わるもの」と記憶していますので、「接地側も、非接地側も交互に入れ代わるのでは?」と思った次第です。この辺りを理解したいのですが、よろしく御願い申しあげます。

Aベストアンサー

>高電位のトランスを接地させる=ショート…

#3です。
通常は片側しか接地しませんから、接地された側が大地と同電位になるだけです。電流は電位差のあるところに流れるのであって、同電位のところには流れません。したがってショートするとは言いません。
なお、その接地したところ以外で、電線が垂れ下がったり、機械の絶縁が壊れたりするとショートします。これを地絡事故といいます。

>電柱からのアース線にはスゴイ電流がいつも流れている…

一般に電気は抵抗の少ないところに流れます。アースの抵抗は、電線の抵抗に較べればはるかに大きいものです。通常は、抵抗の少ない電線の中ばかりを流れ、アース線に電流が流れることはありません。
ただ、電線も負荷機械もすべて絶縁してありますが、人間の作るものに完璧なものはありません。どんなに丈夫な絶縁を施しても、ごくわずかな電流は漏れます。ふだんはこのわずかな漏れ電流が、電柱のアース線を通って、電源へ帰って行っているのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング