以前持っていたフォークギターには、ゼロ・フレットがついていました。
そのため、ロー・ポジションでの弦高が低く、非常に押さえ易かったのですが、
5・6年位前にネックから折れてしまい、泣く泣く廃棄しました。
時々楽器屋さんを見て回っていますが、一度もそんなギターに出会ったことがありません。
どこかのメーカーで作っていませんか?教えてください。
ちなみに、以前のはもらい物のギターで、たぶん30年くらい昔の楽器でした。
「Tokai Gakki」(うろおぼえ)のシールがサウンド・ホールから見えました。
ピック・ガードには、ハミング・バードのような模様がついていました。
「ハミング・バード モデル」って、どこかに書いてあったような気もします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 御質問の現物は見た事がありませんが、恐らく東海楽器製造(株)の製品だと思われます。


 ‘70年代前半頃までの日本のギター産業は未だ発展途上で、有名なギターのコピーなども大量に行われていました。30年ほど前の製品としますと、cricketさん御指摘の通り、多分北米のギブソン社の『ハミングバード』モデルをコピーしたものでしょう(これは、ピックガードに描かれたハミングバードのイラストで有名ですが、本物のハミングバードには0フレットは付いていません)。
 現在では、このトーカイのギターそのものは、まず入手不可能だと思われます。中古品を探す方法もありますが、30年も前のコピーモデルとなると現存数は悲観的ですし、その後トーカイさんは非常に優秀なギターメーカーとなったので、その初期の頃の製品となると、近年のビザールギターブームも手伝ってちょっとしたプレミア価格となってしまう事も考えられます。

 さて0フレットに関して。
 これは本来開放弦のトーンとフレットを押さえた時のトーンとの差をなくす為に採用された構造ですが、30~40年前の日本のギターの製造技術ではナットの完成度のバラつきが激しく、0フレットが無いと開放弦がマトモに鳴らない、と言う理由もあった様です。
 この0フレットは、逆に低いポジションの弦高が低すぎて演奏しにくいとゆぅ問題もあり、製造技術の発達と共に減少していき、今日ではゼロフレット付きのギターは、若干の例外を除きほとんど売られていません。
 
 ただ、0フレットが無くても0フレット付きの様な低いセッティングとする事は可能です。
 ナット部分での弦高は主に5フレット以下での演奏性に影響しており、ブリッジ側を下げてもそれほど改善されません。0フレット付きの設定がお好みでしたら、ナット側のミゾを低く削る必要があります。
 このミゾの加工はナット専用のヤスリがあればそれほど難しい話ではありませんが、目立てヤスリなどの汎用ヤスリで削ろうとすると、少なからず技術が必要です(故に、技術的に未熟な昔の日本製ギターには0フレットの採用が多かったワケです)。
 
 お住まいの御近所に修理を受けてくれる楽器屋かギターのリペアショップ(意外にも、電話帳でも探せます)があれば、「ナットを、0フレット付きの様なセッティングにして欲しい」と相談されればよろしいでしょう。ナットミゾを更に削る方向の加工ですので、それほど加工代もかかりません(恐らく、¥ン千円とゆぅ感じ。もしリペアショップが併設されている大型店で楽器をご購入されるなら、その場でタダで削り直してくれるかも知れません。いずれにしろその程度の改造です)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかにチューニングには苦労しました。(笑)
ローポジとハイポジの差が激しく、おまけにネックのねじれが
どうやってもとれず、湿気の影響も露骨に表れるという
どうしようもないギターだったのですが、愛着があったんですよ。
胴鳴りの大きな、深い音のする楽器でした。
いわゆる枯れた音ってやつでしょうか。
ネックが折れた後も捨てることが出来ず、
2年ほど手元においてあったんです。

今は、「どうしても0フレット付きでなきゃ」って訳でも
ないんですが、忘れられないっていうのが正直な所です。はい。
ま、あわてずに“手になじむ”ギターを探していきます。

お礼日時:2001/03/09 19:29

私の持っている古いギターでYAMAKIというメーカーのもの?に


おそらくゼロフレットと言う物がついております。
ちなみに、質屋というかリサイクルショップで買いました。
しかし、フレットはすり減っていてその修理の方が高く付きそうな
値段でした。たぶんあったとしてもいい状態の物は買えないと思います。
昨日新しいギター買い直しました(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新しいギターもいいですが、
ぜひ古いほうの楽器も大事にしてあげて下さい。

ところで、MRSAって、メチシリン耐性・・・とかいうやつ?
「えっ?」って思っちゃったんですが。

お礼日時:2001/03/09 19:34

答えじゃないのですが、懐かしいですね。


0フレットのあるギターは、ある意味合理的です。
フレットを押さえた音と開放弦の音の音質の差が少なくなります。
かなり昔の一部のメーカーしかやってないと思ってはいましたが・・・
Tokaiがアコースティックを作っていたとは知りませんでした。もっともIbanezがアコースティックを作ってたことも今は伝説です。
・・・話がそれましたね。
楽器屋よりも質屋や中古品取り扱いの店を探すべきです。
楽器屋の場合も中古を取り扱っているところ。
ハミングバードはGibsonが大元だと思います。
ある時期、最近まで、日本のメーカーは何でもコピーして作っていた物です。

所で弦高が低い方がよいのでしたら、ブリッジの方で調整可能な物もありますし、
トラスロッドの調整で解決も可能です。

楽器って不思議な物です。魂が使う道具なんて他にあるでしょうか?
再び良い物に出会えることをお祈りします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大きな楽器屋に行った時にいろいろさわってみるんですが、
なかなかしっくりこないんですよね、ネックの太さとか、
握り具合ってやつが。
さすがに、みんないい音してますけどね。(15万以上の物)
ギブソンやマーチンも弾かせてもらったんですが、
「これっ!」っていう感じではなかったし・・・
やっぱり、中古屋とか、質屋なんかのほうが、
魂の宿った楽器に巡り合える確立高いですよね。
時間と根気がいるけど。

お礼日時:2001/03/09 19:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターのフレットにある印ってなんですか

ギターのフレットの所に印がどのギターでもついています。3フレット、5フレット、7フレット、9フレット、12フレットという具合にです。これはどのような規則で付けられているんでしょうか?目印とういのはわかるんです、2フレットずつ上がっているかと思ったら、9フレットから12フレットまでは3つも離れているのでどうしてかなと疑問に思っています。

Aベストアンサー

”ポジション・マーク”のことですね。
http://www.sigumaguitar.com/sub14main3.htm#26

QGibson ハミングバードのピックガードの割れ

先日ギターについて質問させて頂いて、現在Gibson ハミングバードの中古を購入しようと考えております。

ギターショップで見つけたハミングバードを購入検討しており、全体的には大きな傷もなく美品なのですが、
ピックガードに割れがあります。
2~3cm程度の割れがサウンドホール周辺に2箇所あります。

この状態でもしばらく使えそうですが、近い将来ピックガードの交換が必要になると思います。
しかし、Gibsonは純正のピックガードの販売をしていないそうです。
市場に出回っているのはハミングバードタイプ(偽物)のピックガードです。

そこで質問なんですが、
(1)Gibsonは永久保証だと聞きましたが、ピックガードは消耗品なので対象ではないのでしょうか?
(2)ハミングバードタイプのピックガードは純正のピックガードと比較して精巧に出来ているのでしょうか?
(3)ハミングバードを使用されている方々はピックガードが消耗してきたら補修はどうされているのでしょうか?
(4)ギターとして演奏には影響はないですが、ハミングバードとしてはピックガードが割れているという事は致命的でしょうか?

以上よろしくお願い致します。

先日ギターについて質問させて頂いて、現在Gibson ハミングバードの中古を購入しようと考えております。

ギターショップで見つけたハミングバードを購入検討しており、全体的には大きな傷もなく美品なのですが、
ピックガードに割れがあります。
2~3cm程度の割れがサウンドホール周辺に2箇所あります。

この状態でもしばらく使えそうですが、近い将来ピックガードの交換が必要になると思います。
しかし、Gibsonは純正のピックガードの販売をしていないそうです。
市場に出回っているのはハミングバード...続きを読む

Aベストアンサー

私もギブソンを持っているが、そんな保証は聞いた事が無いですよ?
コロコロ輸入代理店が変わっているから、保証出来ないと思うんだけどなぁ
永久保証なんてKyairiくらいじゃないの?Syairiは潰れちゃったし

ところでピックガードの割れなんて気にしないのがギブソンの使用者だと思います
おとなしく弾くギターでもありませんから。
単版のマーチンを持っている人とは違うと思います
だからそんなピックガードの割れくらい気にしないし、なんの影響も無いですよ
消耗してもそのままでしょう。普通に弾いていればあの鳥の絵は消えちゃいます
昔はよく楽器屋でピックガードを売ってました。もちろんコピーだと思います
しかし、比べた事は無いので解りません

ただね。あんなもんが割れると言うのは前オーナーの保管が悪いと思いますので
購入は良く弾いてからにしてくださいね

Qペリーとハリス

みなさん、こんにちは。私はペリーとハリスがごっちゃになてしまいます。二人の関係はどう区別したらいいですか。例えば、和親の中心人物がペリーで通商の中心がハリスという理解でいいでしょうか。

Aベストアンサー

ペリーは軍人でハリスは外交官です。

日本は当時鎖国なのでいきなり外交交渉できません。

なのでまずペリーが軍隊でおしかけ強制的に外交を持ち。

そののちに外交官のハリスが通商条約を結びに来た。

これでどうでしょう?

Qギターを始めて3ヶ月でハミングバードかJ-45か

ギターを始めて3ヶ月で、やっと1曲弾けるようになりました(^-^;
秦基博さんのアイを暗譜で原曲に合わせてアルペジオで手元を見ずに弾き語れるようになった状態です。
これから弾ける曲を増やして来年にはストリートで弾き語りをしたいという目標を持っています。
基本的に一人でアコギでの弾き語りになります。(アルペジオが主になると思います。)

いまはS.YairiのYD-42を使用しておりますが、現在Gibson ハミングバード 2000年代かGibson J-45の中古を購入したいと思っております。
楽器屋にて近い値段の両方の中古を引き比べてみましたが、違いが分かりませんでしたので悩んでおります。

そこで質問です。
(1)ハミングバードとJ-45の性能の違いとはなんでしょうか?
(2)私の用途(一人で弾き語り・アルペジオが主)ではどちらのギターの方が合っているでしょうか?
(3)ギターの管理方法にあまり詳しくない為、勉強してから購入した方が良いのでしょうか?
(4)そもそもこんな私にはまだGibsonは必要ないと思いますか?

ちなみにYD-42の音色にも不満はありませんが、Gibsonを購入したら下取りに出す事になると思います。
少し前まではもっと上手くなってから買換えをしようと思っておりましたが、楽器屋で試奏してどちらも気に入ってしまいました。
今回購入したギターは一生使っていきたいとかんがえておりますので、すごく悩んでいます。

よろしくお願い致します。

ギターを始めて3ヶ月で、やっと1曲弾けるようになりました(^-^;
秦基博さんのアイを暗譜で原曲に合わせてアルペジオで手元を見ずに弾き語れるようになった状態です。
これから弾ける曲を増やして来年にはストリートで弾き語りをしたいという目標を持っています。
基本的に一人でアコギでの弾き語りになります。(アルペジオが主になると思います。)

いまはS.YairiのYD-42を使用しておりますが、現在Gibson ハミングバード 2000年代かGibson J-45の中古を購入したいと思っております。
楽器屋にて近い値段の両...続きを読む

Aベストアンサー

1の人の回答は間違っています
J45もハミングバードも サイドバックともにマホガニーです
J45と同じ材です。
ついでに時代的にJ45も1975年頃は、なで肩ではなく、ハミングバードと同じボディシェイプです
その後オールドのコピーになり、ラウンドショルダーに戻りました

ブリッジが古いハミングバードは違ったりしますが、現在は同じ
2つの楽器は似た様なもんです。色が違って絵が書いてあるか?程度の違いです

Qギターのフレットを一部だけ打ち替えたい。

ある工房に2フレットと3フレットの1~2弦部分だけやたらすり減ったギターを持ち込んだところ、そこに合わせて全体をすり合わせると、フレットが低くなりすぎてしまうといわれました。じゃあ、2と3のフレットだけ打ち替えできますか?と聞くと、フレットは全打ち替えしかやってませんと言われました。

フレット打ち替えはすべて替えるのが普通ですか?部分的に打ち替えしてくれる工房ってありますか?関西在住です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
自分は都内在住で、いくつか工房にお世話になっていますが、
フレットを一部だけ替えてくれる工房はお世話になったことがありません。申し訳ないです。

フレットを交換する際には、すべて替えるのが普通です。
何か、一部だけ変えてしまうと、ネックに変な反りが生じやすくなると聞いたことがあります。
ただ、ちょっと検索をかけただけでも探せましたので、部分交換に応じてくれる工房は割とあるみたいです。
「フレット 一部 交換」あたりで検索をかけてみてはどうでしょうか。
(参考URLに、安そうなところを載せておきました。アコギメインのお店の様ですが・・・)

参考URL:http://www.t-shiga.com/index.htm

Qヴァイオリンとかにはフレットがないのにギターにはフレットがあるんですか

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなどクラシック音楽で使われる弦楽器はフレットがありません。ジャズベースとかもありません。しかしクラシックギターを含め、アコギ、エレキギターなど全てにフレットがついています。なぜギターにはフレットがあってヴァイオリンなどはフレットがないんでしょうか?素朴な疑問ですかちょっと気になったのでお伺いします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギターの場合、フレットが無いとピッチ(音程)が狂うからです。

もちろんヴァイオリンでも正確に押弦しないとピッチは狂ってしまいますが、弓で弾くヴァイオリンなどの場合、ギターに比べてピッチを戻すことが比較的容易です。

ギターの場合は、基本的に「弦をはじく」ことによって音を鳴らしますので、鳴らしてしまった後にピッチを正確に持っていくことは出来ません。
(例えばコードストロークをイメージして下さい。6本の弦を瞬間的に鳴らしますよね。)
鳴らした瞬間に正確なピッチでないと超音痴な楽曲になってしまいます。

ヴァイオリンなどの場合は、スライドやビブラートを多用します。

このようなこともフレットのあるなしに関係しているのではないでしょうか。

Qペリーの肉声について

ネットで話題になっている(なっていた?)ペリーの肉声は誰がしゃべっているのですか?

まさかペリー本人じゃないですよね?

Aベストアンサー

日本音響研究所の鈴木松美博士が、合成したものです。
No1の方の指摘のものは その合成したものを元に「ネタ」としたものです。

参考URL:http://profile.yahoo.co.jp/biz/press/body/4835/press13.html

Qフレットを押さえる時指が震えてしまいます

ギター初心者です。フレットを押さえるなどに押さえている指も、押さえてない指もぷるぷると震えてしまいます。これは握力が足りてないということなのでしょうか(´・ω・`)...

Aベストアンサー

おじさんです。
「押さえている指も、押さえてない指もぷるぷると震えてしまいます」
→その状況がよく分りますよ。
私もギターを50年以上やっていますが、練習をしない期間が長いとそういう状況になります。
「これは握力が足りてないということなのでしょうか」
→これは握力だけの問題ではありません。
手の指にも筋肉がありますし、腱もたくさんあります。
それら指や腕なんどの筋や腱の全体が弱いからです。
毎日正しいトレーニングを続けると徐々に解消していきますよ。

Qエレキギター 弦高 1フレット

自分のギターは1フレットの弦高が6弦は0,5mmで1弦は0.2~1ぐらいです。7フレットあたりでチョーキングすると指のはらでミュート?
がうまいこといきません。10フレット以降の1.3mmぐらい以上ならできるんですが・・・。

みなさんの1フレットの弦高はどれぐらいですか?
また、低フレットの弦高の上げ方があれば教えてください。

Aベストアンサー

正直、弦高は「明確に異常な状態はあるけど、音に問題がないなら正解はない」みたいな、『理屈になってない事実優先』ってとこがあるので難しいんですが…

素人が扱える範囲では、これもまぁギター種別や弦のゲージ、指板のRも絡んでくるので一概には言えない…というか、「目安値の幅が広い」んですけど、
『ネックは反り全く無し、捻れ無し、ネックとボディの取り付け角もそのギターの標準角度』
という、他の要素が全く問題ないことを大前提に、正常チューニング時の12フレットで。1弦が1.5mm~2mm弱、6弦が1弦弦高+0.5~0.6mm…くらいとする例が比較的多いですね。

ローフレットの場合は、これは感覚論ですが、上の12フレットでの弦高が各弦適正とした時、3~5フレットを押さえた状態で各弦の1フレットを弾いてみて、1~2弦はギリギリ音が鳴らないくらい、3弦以降はややビビリながらも音が鳴るくらい…という相対的なバランスが出てれば、ほぼOKとする例が多いです。

あくまで「例が多い」であって、数値的にこれが正解ではないのですが、ただ、意識して上の状態にしようとしたらできる…というのは、ネック、ブリッジ等の状態とバランスがほぼ正常である証明にはなるので(何か問題を抱えていれば、上の状態の調整ができないのは事実)、一度あえて「俺のギターが。上の推奨?調整が可能なくらい正確かどうか試してみる」という観点で、上の設定に合わせることを試みるのはありかと思います。実験確認としてね。

低フレットの弦高を上げるには、まずはネックを「順ぞり気味」にするしかないです。
人によっては、「微妙な順ぞり状態こそがベストの状態」としている人も居ます。まぁ、フレット間の音程の狂いが許容範囲内で収まるのが前提で、あながち間違いとも言えません。

微妙でも明確な「ネック反り」は避けたい場合は、非常に難しいので自分で挑戦するのは勧めませんが、「ネックがやや『起き気味』の角度を付けてボディに固定する」という方法もあることはあります。
ネックは真っ直ぐだけど、ボディに対してネックが「順ぞり側に少し斜めに」取り付けられている…というイメージです。
実際に、そういう調整方法自体はあります。

ただ、上の低フレットだけ弦高を上げる調整は、調整そのものも難しいし、やればやるほどハイフレットの弦高がどんどん上がります。
それがイヤなら、ナットを溝の浅い、またはナット自体が高さが高い物に取り替えるくらいしかないですが、その高さ許容範囲の確認(高すぎたらチューニングが合わなくなりフレット間音程も狂う)と、ナット交換後の総合調整は、いろいろな測定器を持っていないアマチュアでは、まぁふつうは無理と言い切れる難易度です。
なので、ナットをいじるなら、信頼できるリペアショップに頼むしか方法はないと思っておいて下さい。

正直、弦高は「明確に異常な状態はあるけど、音に問題がないなら正解はない」みたいな、『理屈になってない事実優先』ってとこがあるので難しいんですが…

素人が扱える範囲では、これもまぁギター種別や弦のゲージ、指板のRも絡んでくるので一概には言えない…というか、「目安値の幅が広い」んですけど、
『ネックは反り全く無し、捻れ無し、ネックとボディの取り付け角もそのギターの標準角度』
という、他の要素が全く問題ないことを大前提に、正常チューニング時の12フレットで。1弦が1.5mm~2mm弱、...続きを読む

QGibson のハミングバードの種類でHCという頭文字の付いたものがありますが、これは何の略でどんな

Gibson のハミングバードの種類でHCという頭文字の付いたものがありますが、これは何の略でどんな特徴の楽器なのでしょうか?

Aベストアンサー

ヒストリック・コレクション
ギブソンが自社の黄金期の楽器を真似て作ったモデル。他社で言う「リ・イシュー」などと同様。
一応レギュラーモデルより上位に位置づけられるが、必ずしも良い楽器ばかりとは限らない。
またどの程度忠実に再現されているかもモデルによってまちまち。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング