【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

『デスノート』終盤の「魅上に月以外の全員の名前を書かせて殺す」という月の計画に疑問を覚えたので、質問します。
なぜSPKの名前だけを書かせなかったのでしょうか?
そうすれば、ノートが本物であれ偽物であれ、結果的に月以外の全員を殺せたと思うのです(これについては後述)。

さらに「ノートに名前のない者=キラ」というニアの狙いも阻止することができます。
「魅上のノートが偽物」の可能性を予想できなかったとしても、この点に月が気づかなかったはずはありません。
なぜわざわざニアの土俵に上がったのでしょうか?

私の考える計画とはこうです。
「SPKの名前だけを先に書き、SPKの死を確認した後、捜査本部の名前を書け」
月が魅上に対して上のように指示します。

ノートが本物であれば、SPKは全滅し、最大の敵ニアが死にます。
魅上は捜査本部の名前を書く前に、彼らに捕まるでしょうが、もはや魅上は月にとって不要です。
魅上が月に助けを求めようが、「月=キラ」の決定的な証拠はありません。
後は魅上と捜査本部とを、月の時計にあるノートで殺します。

問題はノートが偽物の場合ですが、前述の通り「月=キラ」の証拠はありません。
しかも魅上の偽ノートを見ればSPKの名前が手に入り、その場を離れた後に、捜査本部・魅上も含めて時計のノートで殺せます。

邪魔者を殺した後は、捜査本部にあるノートをミサに所有させ、再び「死神の目」の取引をさせれば完了です。

かなり主観・希望的観測が含まれているでしょうが、ご意見頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「百八話で終わらせ、13日の金曜日に13巻(解説本)を出して終わる」


というスケジュールだったため、無理やりにでも、このタイミングで終わらせる必要があったようです。

また、
「この漫画において、キラ(ライト)は、悪である。しかし、予想以上に人気が出てしまい、
キラの考え方を肯定する人間が、現実の世界にも現れてしまった。
しかし、それはやはりいけない。キラは所詮は人殺し。絶対に許されることではない。
だから最後の方は、あえてキラをかっこ悪く描いて、キラ肯定派の人たちの目を覚まさせたかった」

と、いう話を、どこかで聞いたことがあったような……
    • good
    • 0

単に 作者(原作者)の頭脳が明晰でなくて、自分自身で


もはや、ストリーを考え出すことが
出来ない、パニック状況になっていたんだと思います
前編の Lと月との智恵くらべの完成度の高さに
比べるべくもない むちゃくちゃなストーリー展開に
なってしまっていました
一言で言えば 「原作者の頭脳限界を超えた無理な展開」
ということですね
多くの読者が「なんだ この推理展開は 理解できんぞ???」
と思って だんだん だんだん 離れていったかなと思われます
メロとかアメリカの秘密組織とかが出てきてから、わたしも
さっぱり わからなくなってきました
(前編はたいへんおもしろかったですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

バトル漫画でいう「インフレ」ですね。
物語としても作戦の読みあいとしても、やはりエルの死が引き際だったのかもしれません。

こういう漫画は類例が少ないだけに、なおさら残念です。

お礼日時:2008/07/23 18:27

もう、巻き込むなとしかいえない。



人の痛みをわかってない。

昔は、戦時中は各国は、高揚しているから、なりふりかまわずでしょう。

邪魔者でも、排除したほうがって思うのでしょう。

自分に都合が悪いから。

自分に非があるから、都合が悪いと、排除したいのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

第一部で月は家族を殺すことを憂慮していたと思うのですが、第二部であっさり妹を殺そうとしたり、父親の「死神の目」の取引を許したりしますね。

SPK本部への襲撃もそうですが、第二部の月は「殺しておけば後は何とかごまかせる」と考えているふしがあります。
魅上のミスだけではなく、月本人の慢心も原因……。
第二部の月はどうも、いいところがありませんね。

お礼日時:2008/07/23 18:07

確かに仰るとおりですが、そうすると物語が終わらないですよね。



Lが死んで、ニアとメロが出てきて第2章がスタートしたのですが、Lとの死闘ほどの盛り上がりはありませんでしたね。

ある意味で作者も引き際を模索していたのでしょう。

月の死につなげるには、質問文にある設定ではいけなかったのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答の内容に「思い通り!」
……失礼しました。回答ありがとうございます。

もっと鮮やかなニアの勝ち方はなかったのかと思いますが、13巻を読むと、どうやらなかったようですね。
私は月が勝つ終わり方でもよかったと思うのですが、「月が死んで終わる」という作者の意向が優先されたということでしょうか。

「くそっ やられた こんな屈辱は生まれて初めてだ」
全く、Lのときの比ではありません。

お礼日時:2008/07/23 17:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング