本を読んだのですが、
相対参照と絶対参照の意味がイマイチ良く分かりません。
できるだけ専門用語を使わないで、分かりやすく教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは



 以下のページがご参考になるのでは?

参照を使用した VLOOKUP 関数の設定方法
http://support.microsoft.com/intl/japan/support/ …

参考URL:http://support.microsoft.com/intl/japan/support/ …
    • good
    • 0

 学校のクラスの席とします。


  黒板
   ABCDE
  1□□□□□  ←□は座席です
窓2□私□□□廊下
  3□□□□□

相対参照は
「私から見て、右隣」
絶対参照は
「窓側から3列目の前から2番目」
相対参照は”私”が1つ下がったら一緒に
右隣が下がってしまいますよね?そういうときに困るときは
絶対参照を使うんです~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

クラスの席の一つ一つが、実際のセルのようでとても理解し易かったです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/19 23:56

エクセルシートは『地図』で,参照は『番地』だと思ってください.



相手にその位置(場所)を教えるとき

絶対位置では
「渋並区梅上水5-10」
といいますが,

相対位置では
「ここからもう1本向こうの通りの,角から3件目」
といいます.

違いは,今自分がいる場所に関係ないのが絶対位置で,今自分がいる場所が必要なのが相対位置です.

ちょっとわかりにくかったかな?
    • good
    • 0

相対参照とか絶対参照というのは、計算等あるセル(数字や文字を打つ枠)の値を利用したい時にもちいます。

例えば、足し算の答えをあるセルに出させたいと思います。その時、どのセルにある値の足し算かを教えないとできません。現在あるセルから、「右の右のセルの値と、右のセルの値の足し算をして」というように。このように現在あるところから、どちらの方向のものを指すとき、相対参照といいます。それに対して、どこどこの(A1)のセルとA2のセルを足すというように、足す値のあるセルの場所を決めて指定することを、絶対参照といいます。

このことは、たくさんの計算をするときに使うととても便利です。コピーをすれば、同じように計算してくれるからです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報