このところ、鼠先輩が毎日テレビに出ていてうっとうしいです。
話も面白くないし、歌もうまくないし、くだらない。
その歌が売れているのならともかく、最新のオリコン見たら、累計で、まだ1万9千枚しか売れていない。
そのくせ、ジェロを超えたとか、大ヒットだとか、どこのどいつがデマ流して世間を洗脳してるのか?
ジェロの歌は、もう25万枚近く売れているぞ。
この人、大きな事務所かどっかの人なのか?
それとも、バックに誰か大物ついているのか?
何でこんなにテレビ出れるのか、さっぱりわからない。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

回答ではないですが…


私も不思議でなりません。
しかも、今回特に気になったのは、1ヶ月ほど前、ラジカルで
不適切発言をしたのに、それが全く問題にされていないこと。
私は直接見ていませんが、見ていた母によると、
「本なんか買うもんじゃない。万引きして、ブックオフに売るんだ」
と言っていたそうです。
しかしこれは一切問題にされず、直後に彼はレッドカーペットを
歩いたとかで、取材を受けていました…
なぜ、モナは不倫で無期限謹慎で、こちらはおとがめなしなのでしょうか?
(ちょっと違うかもしれませんが、モナのほうが好きなので)
不適切発言をかばってまで、大事にするほどの芸人とも思えません。
もう、見るのもいやです。消えて欲しいです。
なんでこんなに出るのか、出られるのか、どこがいいのか、教えて欲しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

不適切発言をしたというのは聞いてたのですが、内容は知らなかったのでびっくりです。
まあ、リップサービスだったのかもしれませんが。
別に過激な発言しても構わないんですが、単に面白くもないし売れてない人間が、さも人気があって売れているような振りしてマスコミに出るのが気に食わないのです。

お礼日時:2008/08/16 21:40

信憑性ゼロですが、どうせあの人も学会員なんじゃないですか?



急にテレビに出てくる人って、大抵学会の息がかかってる人間だと思ってるので。

※あくまで、個人的な意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

学会員・・・・そういう可能性もありますね・・・。
結構、下品な芸人も学会員でいますしね・・・。

お礼日時:2008/08/16 21:36

歌手と言うよりあのキャラが


バラエティータレントとして受けるからではないですか?

>その歌が売れているのならともかく

リッスンジャパンのランキングでは30以内に2曲入ってます。
http://listen.jp/store/ranking.aspx

ダウンロード系のランキングでは結構高いのかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

バラエティータレントとしても、大して面白いとは思えないんですがね・・・。

お礼日時:2008/08/16 21:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q演歌歌手のジェロさんは

ジェロさんの演歌は上手いのでしょうか?
もちろん芸術的(?)な事って上手い下手ではなく
心に響くかどうかとは思うのですが。
テクニック的にはどうなのでしょうか?
演歌についてよくわからないので教えてください。

Aベストアンサー

外見が黒人なので歌とのギャップで普通の演歌歌手より上手く聴こえてしまうのではないでしょうか。(それが彼のウリなのでしょうが)
純粋に歌だけ聴けば決して下手ではありませんが特別上手いわけでもなく、演歌歌手としては普通だと思います。

Q売れる俳優と売れない俳優の違いは?

毎年、新しい男優、女優が脚光を浴びるわけですが、長く俳優をやってても、エキストラばかりという人のが、たくさんいるわけで、その中で、光を浴びる人と、常に日陰の人は何が違うのでしょうか。

外見?とくに男優だと、その点は、みんなそんなに変わらないように思う。演技のうまさ?長くやってる人の方が、うまいように思う。じゃあ、事務所の力?これは、とても大きそう。
どうなんでしょ?

Aベストアンサー

大手プロダクションに入れば最初からいい役をもらえますけど、歌手と違って長続きさせるにはやはり人間性ですよ。

CDの売り上げはいくらでも操作出来ますし、TVの番組にも無理やりブッキング出来ます。でも俳優は主役は大手が持っていきますが、脇役の場合まだ監督の意見も強いです。当然新人なら事務所ブッキングがおおいです。でも長い事脇役をやるのは、主役をやるより大変で、実力と思ってもいいでしょう。とくに最初は脇で長年かかって主役を射止める人は実力のある人なんでしょう。

何時までもエキストラ程度の人は、やはり華が無いというか、存在感が無いのでしょうね。

Q以前は売れていて所属事務所に貢献していても人気がなくなり、売れなくなっ

以前は売れていて所属事務所に貢献していても人気がなくなり、売れなくなっても事務所は本人が意欲があれば仕事が出来るように売込をしてくれるんですか?売れなくなればお金をかけて営業してもマイナスだし普通に考えたら、切られるのがふつうですよね。

Aベストアンサー

その事務所と、担当するマネージャーにもよると思います。
歌をメインとしたアイドル的な人気を得て、10代の後半ですっかり人気が無くなってしまうと、新たな仕事の展開はなかなか難しいかもしれませんが、やはりこれも会社とマネージャーの腕次第というところもあります。

歌がダメになっても、芸能人の仕事はTVのバラエティやドラマ、映画など他にもいろいろとあります。
目敏いマネージャーだと、小さな製作プロダクションともコネクションを作っており、「近所まで来たのでちょっと挨拶がてら……」という感じでプロダクションまわりをします。
そこで、近々このプロダクションがどんな仕事をする予定なのか、など敏感に察知し、その仕事の端役でもいいので、自分の抱えるタレントを売り込んだりします。

プロダクションと懇意になると、ドラマや映画の企画書や台本を見せてもらえることも増えてきます。
そうなると、「主役は無理だけど、主役の友だちのDの役なら…」と売り込むことも可能になります。
またその所属事務所に売れているタレントがいて、ドラマなどの主役があった場合、”抱き合わせで使ってもらう”ということもあります。
二人パッケージで○○円のギャラでいいですから、この子も一緒に使ってくれませんか。というわけです。
使う方としてはDの役は特に誰じゃないといけない、ということが無ければ、出費を抑えられるので、主役とパッケージで、と使うことはけっこうあります。

こういう使い方だと、営業のためといって新たにお金を使うことはありませんし、うまく行けば、歌から演技中心となり、息の長い使い方が可能になります。事務所にとってはありがたいわけです。

歌中心だったトップアイドルがドラマに転向し、そこそこの仕事を得ている例はたくさんあります。なかには演技にめざめ、主役を演じるようになった方もいます。

まあ本人のプライドや、やる気というのもありますし、事務所の方でも、もうこれ以上は無理だろうな、と先の展開を諦めることもあるのも事実ですけど。

その事務所と、担当するマネージャーにもよると思います。
歌をメインとしたアイドル的な人気を得て、10代の後半ですっかり人気が無くなってしまうと、新たな仕事の展開はなかなか難しいかもしれませんが、やはりこれも会社とマネージャーの腕次第というところもあります。

歌がダメになっても、芸能人の仕事はTVのバラエティやドラマ、映画など他にもいろいろとあります。
目敏いマネージャーだと、小さな製作プロダクションともコネクションを作っており、「近所まで来たのでちょっと挨拶がてら……」と...続きを読む

Q超大物って

芸能界で超大物と呼ばれている人がいると思いますが、私にはその人たちはあまりメディアには出ないという印象があります。
そういう人って、ギャラがすごく高いから超大物なんだと思いますが、そのように扱われることを本人はどう思ってるんでしょうか?
中には、仕事が好きで芸能界に入った人もいると思うのですが、そういう人でも超大物と扱われるようになって仕事量が減っても満足なんでしょうか?

Aベストアンサー

大物芸能人の中にも
「常に何か仕事をしていなければ気がすまない人」
「自分の納得いく仕事しかしない人、残りは自分の時間に当てる」
とかいるんじゃないでしょうか。
だから後者のような人たちは「仕事量が減る」よいうより「自分で仕事をセーブしてる」んじゃないですか?

歌手にしたって良い物をつくろうと、
ひたすらじっくりアルバム制作している場合なんて
その間の活動自体は見えないですよね。

>例えば、ここ最近織田裕二さんを見かけませんが、彼は今は何をしているんでしょうか?

映画「椿三十郎」の撮影は?

Q大物コンビの漫才やコント

今では絶対に見ることができない
ダウンタウン、とんねるず、ナインティナイン、
ウッチャンナンチャンなどの漫才やコントでどんなものがあったか知っている方がいれば、何でもいいので教えてください。

Aベストアンサー

とんねるずとナインティナインは、これといって大した漫才・コントはなく、バラエティー番組でなんとなくブレイクしました。

しかし、ダウンタウンとウンナンには、ブレイクのきっかけになった有名なコントがあります。

ダウンタウンの、その有名なコントとは、テレビ番組に「『あ』研究家」という変な人(松本)が出演し、浜田が司会の人、という設定でのコント。
色々な局面での「あ」を松本が表現する。
局面によって「あ?」とか「あ!」とか「あ゛~!!!」とか色々と声を松本が上げる。
・・・と文章で書くと面白さが全然わからないと思いますが、とにかく面白かったです。

ウンナンの、その有名なコントとは、UFO特集のテレビ特番という設定で、南原がUFOの目撃者として、でたらめ英語でしゃべりまくり、同時に内村が日本語で同時通訳する、というものでした。
・・・これも、文章で書くと全然面白さがわからないと思いましたが、実際初めて見たときは鮮烈な面白さがあったものです。

もう十数年前のことになりますね。
私もよく覚えていたもんです。

#1さんのおっしゃるとおり、ビデオとかDVDとかになってるのかもしれませんが・・・

とんねるずとナインティナインは、これといって大した漫才・コントはなく、バラエティー番組でなんとなくブレイクしました。

しかし、ダウンタウンとウンナンには、ブレイクのきっかけになった有名なコントがあります。

ダウンタウンの、その有名なコントとは、テレビ番組に「『あ』研究家」という変な人(松本)が出演し、浜田が司会の人、という設定でのコント。
色々な局面での「あ」を松本が表現する。
局面によって「あ?」とか「あ!」とか「あ゛~!!!」とか色々と声を松本が上げる。
・・・と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報