今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

オークションにおいて、例えば普通郵便のような保障のない発送方法で落札物を発送し、その落札物が配送中の事故により紛失もしくは破損した場合、責任は出品者と落札者のどちらにあるのでしょうか?
出品者側の責任とは賠償を意味します。

また、以下の条件が加わった場合、責任の所在はどちらかに移動するのでしょうか?できればイ、ロ、イ+ハ、ロ+ハの場合を教えて頂きたいです。

イ.出品者が保障のない発送方法を指定していた
ロ.落札者が保障のない発送方法を指定していた
ハ.出品者は予め、配送中の事故により品物が紛失もしくは破損したとしても責任は取らない旨を落札者に伝えていた


法律上の解釈ではどうなっているのでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中1~10件)

危険負担は、地震や強盗等、自然災害や契約と全く無関係の者によって契約が実行できなくなってしまった場合の制度です。

つまり、第三者であっても、最初から契約の一部として予定されていたり、一方の側の補助者と見られるような場合には適用がありません。

この点、既に回答したとおり、一方が全く輸送機関を限定せず、もっぱら他方が輸送機関を決定した場合、輸送機関はその他方の補助者とみなされることになります。

従って純粋なイの場合は輸送機関は出品者の補助者であり、出品者が輸送事故について責任を負わなければなりません。また、純粋にロの場合は、輸送機関は落札者の補助者であり、輸送自己の責任は落札者が負うことになります。

純粋なイ・ロのケースはいずれも少ないと思われ、その他の場合の解釈がおおいに問題なのですが、それについてはANo.14で述べたとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

あらかじめ契約内容に第三者、この場合配送業者が含まれている場合、危険負担は適用されないのですね。
危険負担は特定物の移転に関しては債権者主義と聞いたことがあったので少々不安に思っていましたが、オークションでの取引は契約内容に配送業者が含まれていることがほとんどだと思いますので、あまり気にしなくともよいみたいですね。

お礼日時:2008/09/07 17:50

あと、コメントしたほうがいいのかどうかちょっと迷ったのですが、HD1810さんが勘違いなさってしまうとマズいように思ったので、少しだけ書き込んでみます。



イ・ロでいう「発送方法を指定」するケースと、配送業者(輸送機関)を指定するケースとは、分けて検討すべきでしょうね。前者は「方法の指定」であるところ後者は「人の指定」であって、指定の対象が異なりますからネ。加えて、特定の方法を2以上の業者のおこなっているケースは、実質的にも配送業者を指定したこととイコールではありません。両者は別に検討する必要がありましょう。

議論するつもりはまったく無いので、検討の必要性の指摘に留めますね~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かにそうですね。一言に宅配便といってもヤマトであったり佐川であったりしますからね。中には保障のない宅配便も存在するでしょうし。
どこどこのどういう方法で、と明確にする必要は感じます。

お礼日時:2008/09/07 18:20

No.15&16の者です。



> 汎用品と特定物という言葉がでてきたのですが、両者の定義を教えていただけませんか?

汎用品というのは、法律用語でなく日常用語のつもりで用いたものです。一般に出回っているもの・取替え可能なものという趣旨でした(こういう意味では使わないのかしら・・・)。

特定物というのは、取引の対象物として当事者が「これ」と決めた物のことです。オークションでは通常、手作りの物や中古品など、「これ」と物を指定して取引されるものですから、特定物の取引が一般的といえましょう。

ただ、新品の物で量産されているものについては、オークションであっても写真に写っている「これ」でしか取引しないということは一般的には考えられません(※)。この場合には、不特定物となります。


なお、No.15でコメントするのを忘れてしまったのですが(ごめんなさい)、特定物か不特定物かは取替えが効くかどうかで決まるのではなく、あくまでも当事者が「これ」と決めたかどうかで決まります。

そのため、不特定物が特定物になるタイミングは「これ」と決めた時です。輸送(運送)で物を届けるときは、その物が相手の手に渡った時点で特定物になると考えるのが実務的だったかと思います。(この他、荷送人が梱包した時とする見解などもあります。)


※ 仮に当事者の一方がそのような意図を有していたとしても、他方がそれに承諾し契約の内容になっていない限り、一般論どおりに扱われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

特定物と汎用品は一般用語と法律用語では定義が違うのかどうかわからなかったもので…
両者について調べてみたところ、定義は変わらないようです。すみませんでした。
特定物の詳しい説明ありがとうございます。知識の補完に大いに役立ちました。

お礼日時:2008/09/07 18:14

うわっと、すみません。

No.15の者です。

投稿直後に気付きました。オークションでも、汎用品などを取り扱うケースがありますよね。

汎用品などの場合には法律上は不特定物となる結果、No.15とは逆に、輸送中の破損の責任は出品者が負わねばなりません(民法536条1項)。したがって、特定物の場合の534条1項の結論と逆になります。

もっとも、この定めも特約で排除できます。そのため、イ、ロ、イ+ハ、ロ+ハが契約の内容になったときは、536条1項の定めを特約で排除したことになり、No.15で述べたように534条1項と同様の結論になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

汎用品と特定物という言葉がでてきたのですが、両者の定義を教えていただけませんか?
自分で調べてみたのですが、どうも要領を得られませんで…

お礼日時:2008/09/06 15:41

オークション取引は法的には、特定物の売買契約となります。

そして、取引内容について出品者・落札者間で合意に達すれば、売買契約が成立します。契約成立以降に出品物が破損等したときは、出品者・落札者間の関係では「危険負担」の考え方で処理されます。

この点、特定物の危険負担については、法律上、特定物の引き渡しを受ける債権者がリスクを負うと定められています(民法534条1項)。これをオークションに当てはめれば、出品物の輸送中の破損についてはこれを受け取る落札者がリスクを負い、出品者はリスクを負わないことになります。

落札者がリスクを負うということは、落札者は破損についての修繕や交換・損害賠償等を出品者に要求出来ないばかりでなく、売買代金を支払う義務を免れることも出来ません。

これはおかしい、と感じる方も少なくないと思いますが、法律上そのように定まっている以上、止むを得ません。

ただし、この定めは特約で排除することが出来ます。そのため、この危険負担について落札者側から特約の締結を申し出る必要性は高いといえます。

なお、実際の裁判等では、売買契約の成立時期を法律上許容されうる限りで遅らせるなどの手法により、出来るだけ特定物の引き渡しを受ける債権者(オークションでいえば落札者)の不利にならないような結論を導こうとしています。


それから、イ~ハについては、いずれもそれが契約の内容になっているのかどうかによります。イ+ハ、ロ+ハについても同様です。契約の内容になっているかどうかは、相手方の承諾があったかどうかによります。契約の内容になっていれば、そのとおりに処理されます。イ、ロ、イ+ハ、ロ+ハのいずれであっても、契約の内容になっていれば保障のないことを両当事者とも同意したことを意味しますから、民法534条1項どおりの結論に一致しましょう(すなわち、イ~ハの特約を置いても置かなくても同じということ)。仮に落札者からの損害賠償等が認められるとすれば、それは「保障」ありを意味するからです。

なお、ここでいう相手方の承諾には、暗黙の了解(黙示の承諾)も含まれます。暗黙の了解になるかどうかは様々な事実を勘案しますが、何らかの条件に同意できないときはちゃんと明示すれば(オークションでいえばメール等でちゃんと言葉に発すれば)暗黙の了解はなかったとなりやすいものです。もっとも、同意できないと明示しつつその後で取引に入ったなら、最終的に暗黙に了解したと見られるおそれが少なくありません。
    • good
    • 0

「○○での発送」か「○○でのお届け」かで責任範囲が変わるとは考えませんが、イ・ロ・ハに限られない一般論を述べましょう。



ネットオークションでは一般的な対面取引等と異なり、商品及び代金を、直接相手に届けることは予定されていません。むしろ運送会社や銀行といった専門の第三者に委ねることが予め予定されています。さらに、その第三者は、一方が全く限定せずもっぱら他方が指定(いわば純粋なイ・ロ)しない限り、相手方の同意を得て、すなわち両者の合意で決定されます。

とすれば、一般には、取引当事者の責任は、出品者であれ落札者であれ、相手に渡すべきものを、合意で選ばれた第三者に、適切に預けるまでと考えるべきです。ですから、出品者の責任は、原則として商品の発送までに限られるべきだと思います。

もっとも、出品者の責任がどこまでかの一般論・原則論を考える場合、それは落札者の責任がどこまでかの一般論・原則論と連動してくることに注意が必要です。売買というのはお金と商品の交換ですから、対称的に考える必要があるのです。両者の責任を重くして第三者(運送会社や金融機関)への請求をしなくてすむようにするのか、両者の責任を軽くして万一の場合は第三者(運送会社や金融機関)の責任を追及すればよいとするかの選択です。この点、ネットオークションは、取引時に住所氏名を明かすのが通常とはいえ、氏素性のよく分からない者同士の取引であることが多いわけですので、相手方をそれほど信用しているとは言えません(むしろ第三者の方が信用に値する)から、取引当事者の責任は軽く、すなわちお互いの責任は原則として発送までに限定すべきなのだろうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまい申し訳ありません。
回答ありがとうございます。

私を含め多くのオークション利用者は、どのような法が自分らに課せられているのか、また課せられるかもしれないのかを知らずにオークションで取引をしていることでしょう。
法ではなく、一般論がこのオークションの支配者であることがままあるように近頃思います。以前トラブルになった際、自分なりに調べた法的根拠に基づいてお話をしても、かえって相手を怒らせ泥沼化したことがありました。いわゆる逆切れというやつだったのですが。
どちらか一方でも法に疎ければ、法が通じない世界が存在するのでしょう。であれば、最終的に自分を守ってくれるのは法であるのでしょうが、そこにたどり着くまでには一般論で自分を、そして相手を守ってあげることがトラブルを回避するために必要なのではないかとも思うのです。
その場合、自分の一般論が他人の一般論にどの程度通用するのかを考える必要があります。そういう意味では、この質問は大変有意義なものだと私はいまさらながら思っています。

お礼日時:2008/09/06 15:32

#10です



>オークションといった個人間の取引ではなぜなされないのでしょうね。

されてますよ

「普通郵便でのお届けになります」...当然落札者の手に渡るまでの責任

「普通郵便での発送になります」....発送するまでの責任

文章を良く読めばどちらがどこまでの責任かは判断できます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまい申し訳ありません。
回答ありがとうございます。

申し訳ありませんが私の頭ではお届けと発送の違いがよくわかりません…
この文章ではトラブルを引き寄せるだけのような気がするのですが…

お礼日時:2008/09/06 14:54

#11です。



>ハのようなことを述べている出品者は信用しない方もいらっしゃるようですし…

ハの文言を、もっと拡張して書くと良いかと思います。私は、そうしてます。これは、私が書いた、
>事故補償のある送付方法も選択できるよう並記しておく必要が~
に繋がります。(だから、この並記に関しては、法的根拠が背景ではなく、実務的なリスク回避術だったかもしれません。)

”普通郵便は、事後追跡も事故補償も付帯されておりません。この発送方法をご選択の場合は、配送中の事故により品物が紛失もしくは破損したとしても、当方は責任を負いかねます。
事後追跡および事故補償をご希望の方は、出品文中に記しております、他の方法をご選択ください。”

これでいいです。これを書いた上で落札者が普通郵便を選んだならば、事故補償ある郵送方法を提示した上で、落札者が選択した上での落札ですから、出品者は完全免責です。落札者も、心配ならば、補償ある郵送手段を反映させた入札額にて入札すればいいのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまい申し訳ありません。
回答ありがとうございます。

確かにこの説明ならば、読み手に不信感を与えずに済みそうです。
非常に参考になりました。

お礼日時:2008/09/06 14:51

>ハ.出品者は予め、配送中の事故により品物が紛失もしくは破損したとしても責任は取らない旨を落札者に伝えていた



これが出品文中に記されていれば、入札ボタンを押した時点で、当該免責特約には、落札者の同意があったと見なします。
また、本免責特約は、特段、公序良俗に反するとは思えません。
よって、相手の返答の有無関係なく、入札ボタンを押した時点で、事故時の賠償責任は発生しません。このへんは、#8師の解釈と一致するかと。
(まあ、判例を見たわけではないですが、たぶん、こういう方向の解釈になるのでは?)

ただ、本免責特約を行使するにあたって、出品者側としては、事故補償のある送付方法も選択できるよう並記しておく必要があったような気が・・・・忘れましたが。(ここは良く知りません。気のせいかも。)

あと、イ単独、ロ単独の場合ですが・・・・
正確な法律的解釈を求めるならば、ちょっと私には荷が重いのでパス・・・・
私の頭の中では、
イ単独・・・出品者に責任あり。
ロ単独・・・落札者に責任あり
になっておりますが・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

#8の方のお話と統合すると、どうやらハの文面は有効のようですね。
リスク回避のために、商品説明文に記述しておくと効果がありそうです。
しかし#3の方のようにハのようなことを述べている出品者は信用しない方もいらっしゃるようですし…
どうしたものですかね…

>>ただ、本免責特約を行使するにあたって、出品者側としては、事故補償のある送付方法も選択できるよう並記しておく必要が~

これについてどなたかお分かりの方がいらっしゃられば、お教え頂けるとありがたいです。

お礼日時:2008/09/03 19:44

一般的な会社間の取引ですとどの時点までがどちらの責任かを明確にして取引します



その場合

・発送までの責任...発地渡し
・届けるまでの責任..届け渡し
・その他変則.....「届けるが運送中の責任は買い手持ち」とか...

http://www.iae.or.jp/energyinfo/energydata/data6 …

>イ.

それを承知で買う契約をしたことになりますね

>ロ.

運送中の事故は買い手の自己責任でしょう

>ハ.

売り手は発送までの責任と考えられます
運送業者に渡すまでの責任でしょう

ただ、「普通郵便のような保障のない発送方法で落札物を発送」

どの場合でも本当に「発送したかどうか」の証明は売り手の責任でしょうね

「紛失」の場合は実質発送が証明できなければ売り手の責任
「破損」の場合は買い手の責任でしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

紛失の場合、出品者が発送した証拠を示すことが出来ないと確かにお話になりませんね。

会社間ですと明確に責任について取り決めを行ったうえで取引を行うものですが、オークションといった個人間の取引ではなぜなされないのでしょうね。
そこまでの必要性を感じない方が多いからでしょうか。

お礼日時:2008/09/03 19:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定形外郵便 郵便事故が起こった際出品者はどうすれば??

出品者です。常時かなりの量を出品していて、評価は1000ちょっとです。
先日定形外郵便の郵便事故があったらしく、落札者側が郵便局に事故の問い合わせをし、その報告が、「配達担当の郵便局員の方も一緒にいらして、その方もそのような郵便物の記憶はないとのことです。 誤配達されたとしても、もう戻ってきていい頃だが・・・とも言ってました。実際、定形外だからといって、中身の破損や汚れなどはあっても 郵便物そのものがが紛失することはほとんどないそうです。 (郵便局員の意図的な行為を除いて)」というメールが来ました。
私が出品者側で以前に1度郵便事故があり、結局荷物は見つかりませんでした。
この落札者に対して私はどうすれば良いでしょうか?
発送はゆうパックか定形外郵便か落札者に選択させています。
もちろん、定形外郵便は保証無し、責任を取ることは出来ないという説明書きも付けています。

Aベストアンサー

こんにちは。私も評価1000近いですが(ほとんど出品者です)過去に1度定形外事故に会いました。そのときは金額的に大した物ではないのでサービスで同じものを再度定形外で送りました。(もちろん定形外は免責と説明してあった商品でしたが…)。だたこればかりは出品者の気持ち次第だと思います。オークションがかなりメジャーになってますから落札者もリスクを考えずに気楽にネットショッピングと同じに考えている方も多いと思います。本来オークションは多少のリスクを伴うということを再認識しないといけないと思います。落札者様には冷たいですが、ここは丁寧に「免責をうたっていますので当方としても調査以外はお役にたてません」でもいいのではないでしょうか。もし「非常に悪い」をもらっても返答に「定形外は責任をとれません」と明記してありましたが、このような結果と評価は残念です。としておけば見る人がみればわかると思います。それと当然報復評価はしないほうがいいと思います。

Q発送上のトラブルで商品が破損し、代金を請求されました。

オークションの商品を落札者の方に発送したのですが、その際発送途中で商品が破損してしまったようです。
それで落札者の方から壊れた部分を取り替える費用か、もしくはそれがだめなら商品を返品したいので商品の代金と送料を請求されました。
こちらには落ち度はないとおもうのですが、この場合どうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

運送会社は何をお使いでしたか?
発送前は問題がなく、運送による問題であれば運送会社で加入している保険が使える場合があります。
ヤマト運輸の宅急便であれば30万円までの運送保険が自動的に付与されていた筈です。
(伝票の右端にその旨の記載があった様な記憶があります)
ただし、落札者の方でヤマト運輸に連絡をして、運送中に破損した物であるという証明をする必要があります。
運送中の破損である事を証明する場合、まず梱包が適切であったかどうかが問われ、その後に外箱に破損や曲がりが無かったかどうかを確認されます。
(角が潰れている>落とした?等)
配送伝票の控えに保険の云々が書いてあると思いますので、運送会社に問い合わせて見てください。

但し、壊れ物なのに箱に入れただけ(梱包不十分)等、発送者側にも問題があった場合は補償されない場合もありますので要注意です。

Q皆さんの配送事故。それのトラブルを教えてください。

失礼致します。
趣味でオークションをしています。
300数回取引をしてきて、今まで1回?配送事故に遭いました。

クロネコメール便なのですが、営業所で受け付けた後、待てども待てども届かないんですね。
1週間くらい経って?と思いました。
多少遅れることもあるのだろう。少額で届けて貰う側だから文句を言えないな・・・と思い、報告を躊躇いました。
2週間経ち、おかしいな。と思いました。そこまで神経質でも無かったので、あと1週経っても届かなかったら連絡しよう。と思った次第。
結局、3週経っても来ないので、発送者に連絡しました。
問い合わせて頂いたところ、行方不明になったそうです。
問い合わせ番号で検索しても、配送物を受け取った履歴以降はありませんでした。


で、お聞きしたいのですが、この配送事故?
他にはどのような例があるのでしょうか?
出来れば保証無し。のを聞きたいです。

私は趣味でトレカをしていますが、商品が小物のため、よくよく保証無しで少額で済む、郵送やメール便を利用しています。
その時の紛失。にしても、保証無しだったので、どうしようもありませんでした。


配送事故に遭い、その後それはどうなったのか?
また、運送会社から何かありましたか?
もしくはオクの出品者や落札者の関係において、何かしらのトラブルや金銭的な授受はありましたか?


配送事故とは違いますが、出品者の手違いで商品が他所に行ってたり、同梱し忘れなどを過去に経験しています。
その時、出品者は商品代金を返金してくれたりしました。
知り合いに話したトコロ、それは良い出品者だ。と。
お金を返してくれただけマシ、そういった取り決めが事前にあるワケではなく、返してくれないのが普通なそうです。
また、そういったことから、落札者が「普通は返すべきだ」。出品者が「そういった取り決めをしていないから」と、トラブルにも発展しかねないそうで。。。

オクを頻繁に利用してることから、私自身も少し不安になりました。
個々のトラブルであまり事例を知らないので、皆さんの経験談をお聞きしたく、質問致しました。
配送事故に関するトラブルなら何でも構いません。、
どのような事故か?どのようなトラブルになり、どう収束したのか?
お手数ですが、ご意見。ご回答お願いします。

失礼致します。
趣味でオークションをしています。
300数回取引をしてきて、今まで1回?配送事故に遭いました。

クロネコメール便なのですが、営業所で受け付けた後、待てども待てども届かないんですね。
1週間くらい経って?と思いました。
多少遅れることもあるのだろう。少額で届けて貰う側だから文句を言えないな・・・と思い、報告を躊躇いました。
2週間経ち、おかしいな。と思いました。そこまで神経質でも無かったので、あと1週経っても届かなかったら連絡しよう。と思った次第。
結局、3週経っ...続きを読む

Aベストアンサー

メール便を利用して、何度か事故に遭遇しています。


当方受取の封筒が破れていた際には、
その旨記載した付箋的なものが貼付されていました。


メール便誤配で投函されていた際には、
運送会社に連絡したら取りに来ましたが、
わざわざ連絡されることなく、
減失となることも多いのではと思いました。
(日本郵便が誤配したものであれば、支店等に連絡するか、
誤配の旨付箋等貼付しポストに投函すればすむのですが...)


メール便で、運送中破損したこともありました。
受取人からの連絡で破損を知り、
運送会社に連絡、破損品の回収と再送をしてもらいました。
(もちろん、再送品の調達コストは荷主負担です。)


メール便は、事故発生時でも、
基本的に実損額までは補償されません。
利用する際には、その理解は必要でしょう。


=オークションでの紛失リスクについて=

ヤフオクでは、
http://auction.yahoo.co.jp/legal/003/question/において
「発送方法を最終的に選んだ人が責任を負うと考えるのが一般的」
との解釈を示しています。

配送方法を提示する場合には、
補償の有無についても記載し、同意を得るのが無難かもしれません。


=アマゾンにおける紛失のリスクについて=

アマゾン利用規約内には紛失のリスクに関する定めの記載があります。
http://amazon.jp/b?node=643006#risk 
現行の規約内には、
「商品が紛失した場合には、当サイトが、当該紛失について責任を負います。」
とあり、メール便の紛失についてamazonは責任を負う旨の記載が追加されています。


かつての規約では、
http://web.archive.org/web/20070301171022/http://amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=643006#risk
「商品を配送業者に引き渡した時点で、その商品に関する紛失のリスクと権利はお客様に移ります。」
と記載があり、また、ヘルプには、メール便の配送について
「玄関先に置くこともございますのでご了承ください。」と画像つきで案内がありました。
http://web.archive.org/web/20070302082142/http://amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200040590

実際には、メール便運送中の減失や破損の旨を、
カスタマーサービスに連絡すると対応することもあったようですが、
規約に"当該紛失について責任を負います"との記載が追加されたのは...。

参考URL:http://www5.atwiki.jp/marketplace/

メール便を利用して、何度か事故に遭遇しています。


当方受取の封筒が破れていた際には、
その旨記載した付箋的なものが貼付されていました。


メール便誤配で投函されていた際には、
運送会社に連絡したら取りに来ましたが、
わざわざ連絡されることなく、
減失となることも多いのではと思いました。
(日本郵便が誤配したものであれば、支店等に連絡するか、
誤配の旨付箋等貼付しポストに投函すればすむのですが...)


メール便で、運送中破損したこともありました。
受取人からの連絡で破損を知り、
運送...続きを読む

Q宅配便で商品が破損。補償してもらえない場合は?

長くなりますが、アドバイスお願いします。

先日、オークション出品物が落札されました。
高額なオーディオのスピーカーです。
しかし、落札者に届いた際に破損していたそうです。
現物を見ないと分からないので一旦営業所に戻してもらいました。

そして現物を見たのですが・・・言葉も出ません。
スピーカーの命ともいうべき部分が陥没していて、とても使用できない状態です。
サランネットは無傷なのに中の部品が壊れて外れており、穴が開いていたのです。

運送屋に抗議しました。こちらは厳重に梱包しているにもかかわらず(プチプチを大量に使用・隙間をなくす・など出来る限りの事をしてました)
ありえない破損が何故起きたのか?と。
しかし運送屋は「外箱に損傷もなく、外部からの衝撃で破損したと思えない」といいます。

たしかに外箱には異様な凹みなどは見当たりませんが(一部それっぽい皺が内側に見えました)
中のスピーカーが破損するような事はあり得ると思います。
例えば垂直に落とされたりしたら外箱はほぼ無傷だと思うが中身には
相当の衝撃が伝わります。
転がったりしたら側面や角に凹みは出来るでしょうけど、外箱が無傷でも
中身が壊れるといった原因はじゅうぶん考えられます。

例えばベルトコンベアーに偶然にも同じ大きさの段ボール同士が
一瞬でも挟まれ強靭な圧力がかかれば
凹みはなくても中身は潰されることもあるかと思います。
突起物じゃなくとも可能性はあります。

運送屋は「うちが輸送中に起こした破損かどうかを調べる機関がある。
そこへ一旦スピーカーを調べてからでないと話は出来ない」と。
その機関は色々な実験をして、輸送中に起こりえた破損なのか、それとも最初から壊れたものを
わざと送りつけて補償させる(当たり屋みたいな感じです)ものなのかを調べると。

私は当たり屋ではありません!むこうも商売なのでそういった輩を排除しなければ
会社が潰れるからこそ、こういった検査機関を設けているのも理解しています。

長くなりましたが、問題はここからです。
○「もし検査の結果、輸送中の破損でないと判断された場合は補償は出来ません。」

この言葉に納得できません!・・・私は破損させられた被害者です。
なのに万が一、輸送前からの破損だと判断されたらどうしたらいいんでしょう!!
修理費も自費になり、あげく落札者様にも迷惑をかけてしまい、損をするだけです。
地震や災害などの天災で破損したなら、自分をなんとか納得させるつもりですが
これは明らかに運送中に起きた破損です。

運送屋の名前は伏せますが、ネットで調べると補償してもらえてる方がいるようです。

運送中の破損補償はこんなに時間がかかるのでしょうか!?
また、輸送中の破損は毎回外箱に異様な凹みが出来ないと破損と認められないのでしょうか!?
まだ、検査中なので判決は出ていません。
心の準備が欲しいので
特に○の部分に対してのアドバイスお願いします。

高額なら輸送するな・専門屋から輸送しろと言った批判意見はご遠慮下さい。
そういった事を聞いているのではありませんので。

長くなりますが、アドバイスお願いします。

先日、オークション出品物が落札されました。
高額なオーディオのスピーカーです。
しかし、落札者に届いた際に破損していたそうです。
現物を見ないと分からないので一旦営業所に戻してもらいました。

そして現物を見たのですが・・・言葉も出ません。
スピーカーの命ともいうべき部分が陥没していて、とても使用できない状態です。
サランネットは無傷なのに中の部品が壊れて外れており、穴が開いていたのです。

運送屋に抗議しました。こちらは厳重に梱包している...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちは良く解かりますが、

>○「もし検査の結果、輸送中の破損でないと判断された場合は補償は出来ません。」

との答えは社会常識的に考えて当たり前の返答になります。

質問者も言うように、実際に壊れた物をどこかへ送りつけて
壊れたから弁償しろ!と言う輩も非常に多い問題なので、
その様な輸送による損害が生じた際は、
見た目や状況からの、ある程度の証拠が必要になるものです。

何事も相手の立場になって考えてみたり、冷静に平等に考えれば解かるはずです。

質問者もこういう経緯を経験してある程度理解したはずですから、
今後は、大切な物を送る際は、写真を撮って証拠としたり、
梱包前に動作確認をちゃんと行い、梱包するまでの状況を
携帯やデジカメで動画を録画しておき証拠として保存する知恵を働かせる様にしてみてください。

その様な証拠があれば輸送業者も自分達の落ち度として保証するしかなくなります。

Qヤフオクでの補償がない発送方法での補償責任について

お世話になっております。

ヤフオクにおいて、出品者は出品物を送付(落札者まで送り届けて渡す)する
義務があると思います。まず、こちらの前提条件に間違いないでしょうか。

前提条件が正しい場合、配送業者での補償がない発送方法、
たとえば、普通郵便やメール便での発送をするとの記載があるにも関わらず、
配送事故などがあった場合の補償有無の明記が商品説明等へされていない場合、
補償責任はどのようになりますか。

たとえば商品が落札者へ届かない場合、落札者が支払った金額分を
出品者は補償する義務はありますか。

何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

8です。

意外な意見、見解が多くて驚いています。

多くの方が大きな勘違いをされていますが、オークションだろうがネット通販だろうが、取引は商取引であり売買契約です。
免責事項の記載がない限り、商品を完全な形で消費者の元へ届ける責任が販売者である出品者にはあります。


今回のご相談の条件なら、他の発送方法を落札者が選ぶ余地がないので、運送上の事故があった場合の補償責任は出品者にあることは明白です。

逆に言えば、運送方法を落札者の選択性にし、出品者による補償を免責としていれば、その責を問われません。

「義務」という言葉にこだわっておられますが、先にも書きましたが、義務とまでしてしまうと軽々に免責事項を付随できない気がします。

Q定形外郵便の紛失事故調査、どのくらいの確率で見つかりますか?

度々お世話になります。落札商品が郵便事故にあってしまい、紛失事故調査を郵便局にしてもらおうと思うのですが、この調査というのはどのくらいの確率で見つかるのでしょうか?聞くところによると、調査とは名ばかりで、してもしなくても一緒ともいいます。無駄でしょうか?

Aベストアンサー

過去4回郵便事故に会いました!!
内1回郵便局で置き去りになっていました(笑)なんか、郵便局員が変なところにおいてそのまま放置になっていたらしいです・・・(まぁ~見つかるだけましかな・・・)あと3回は見つかりませんでした・・・
因みに郵便局へ郵便事故の申請をしにいくと見つかりませんよとしか言われません。ホームページの専用ページに書いたところちゃんと調査してくれたみたいです。3回手紙で中間結果が来て1回電話で謝罪がありました・・・結局見つからなかったけど・・・

Q宅急便で発送時破損などで保証を受けた方はいらっしゃいますか?

こんばんは。
年末に映画DVD2枚を落札いただき福山通運で発送しました。
ところが到着したところケースバラバラ、DVD1枚は途中で再生不可と聞きました。
落札者さんに損害をお支払いしないといけないのですが今日、福山通運と話しましたら保険がおりるか審査も必要で1ケ月ぐらいかかるというお話でした。
落札者様には返金しないといけないし保険がおりるかまだわからないですしおりたとしても1ケ月というのは運送会社としてひどいと思うのですがどこの会社でもそうなのでしょうか?
担当者いわく運送途中で破損したのかも確認しないといけないし・・・
とまったくすばやい対応ができていません。
ちなみにゆうパックで破損があった経験があるのですが配達局がすぐ全額返金してくださいました。
是非みなさんの経験をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

クロネコヤマトと佐川急便でバイトをした経験から。
配送中の破損の場合
(1)梱包の不備(エアクッションがないとか梱包が弱い)等で配送中の破損が発生した場合は、差出人の責任と配送会社の責任になります。受け取りのときに中身が破損の恐れがあるものについては事前に確認して集配および配送しなければならないことがあります。
(2)梱包は十分で破損した場合。
あきらかに配送中のミスによる破損になります。ヤマトなどのVIP扱いの荷物は別ですが、それ以外の荷物の場合、中央集配所での仕分けの段階においての取り扱い(ベルトコンベア-での仕分けになるので取り扱いが雑になる)において破損の可能性がある。
>担当者いわく運送途中で破損したのかも確認しないといけないし・・・
受け取った荷物を開包するまえに破損するケースはほとんどない。などから
仕分けの途中かトラックでの配送中に破損したのが大きいのと、ケースがゆがんでいるとかがあれば、破損保証がでてきます。やまとや佐川などはビンの破損等での保証は保険の範囲にはいっているので全面保証になります。
>福山通運と話しましたら保険がおりるか審査も必要で1ケ月ぐらいかかるというお話でした。
受け取った時点で落としてしまったということがなければ審査うんぬんよりも信用問題で保証しなければならないです。
逆に支社ではなく本社に問い合わせてこのような遅い対応があって困っているということを話をすることと伝票から担当者がわかるので、担当者の名前を出して抗議すべきです。

クロネコヤマトと佐川急便でバイトをした経験から。
配送中の破損の場合
(1)梱包の不備(エアクッションがないとか梱包が弱い)等で配送中の破損が発生した場合は、差出人の責任と配送会社の責任になります。受け取りのときに中身が破損の恐れがあるものについては事前に確認して集配および配送しなければならないことがあります。
(2)梱包は十分で破損した場合。
あきらかに配送中のミスによる破損になります。ヤマトなどのVIP扱いの荷物は別ですが、それ以外の荷物の場合、中央集配所での仕分けの段階におい...続きを読む

Qヤマト運輸で荷物が破損したのに保証してくれません

皆様の知恵をお貸しください。

先日、荷物をヤマト運輸で送ったところ、お客さんにひどい穴があいていると言われ商品が返品されてきました。

受け取ってみると事実、外箱がボッコリ凹んでおり、当社では使用しない布テープで補修された状態。

先方の配達店では既にこの状態だったそうで、こちらの支店に確認すると支店長からこちらでつけたものではない、調べようがないなどの一点張りで保証する気もない様子。

しまいには古い傷で配送途中でついたものではないとありえないことを言い出す始末で、ウチの担当地区の支店長がこのような感じなのでどうしようもありません。


ヤマトの保証するしないは担当支店長との話で決まるらしいのですが、その他に方法はないのでしょうか?

佐川だったらありえない話なのでちょっとびっくりしています。

何か良い方法があれば教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。

一度、同じ様な事がありましたが、内容物に問題が無いので引き下がりました。
物品は安いグラス。梱包に穴が開いていた(ダンボールが引っ掛けて破れた状態)
たまたま、自分も在宅中だったので「割れていたら受け取り拒否します」と配送者の目の前で開梱した。

消費者センターに言えば、直ぐに型も付きそうですが、質問にある様に“担当支店長・・”だと
同じ結果でしょうね。
また、色々検索されての質問と思いますので、最後の1行のみを読んで頂いても構わないかも・・?

テープを貼った人
1)質問者様
2)配送業務に関わった全ての人
3)荷物の受取人
この三者の誰かだと思いますが、集配時の証拠写真でもない限り水掛け論で終わり。
1、2が原因なら受取人が“受け取り拒否”してくれれば良かったんですが。

内容物も破損されていたのでしょうか?
壊れ物の場合、質問者様は“割れ物注意”“取り扱い注意”等の指示はされましたか?
また、ソレに合った梱包をされていましたか?
ここら辺も争点になりそうですよ。
読んだ感じ、個人ではなく法人の様ですから、“取引先を替える”ってのも後味悪いですよね。


いっその事添付されていたテープの指紋でも取ってみます?

こんにちは。

一度、同じ様な事がありましたが、内容物に問題が無いので引き下がりました。
物品は安いグラス。梱包に穴が開いていた(ダンボールが引っ掛けて破れた状態)
たまたま、自分も在宅中だったので「割れていたら受け取り拒否します」と配送者の目の前で開梱した。

消費者センターに言えば、直ぐに型も付きそうですが、質問にある様に“担当支店長・・”だと
同じ結果でしょうね。
また、色々検索されての質問と思いますので、最後の1行のみを読んで頂いても構わないかも・・?

テープを貼った人
1)...続きを読む

Q通販で輸送中の紛失破損時は誰が補償してくれますか?

通販事業者が宅配業者を選定し、宅配料金は通販事業者が設定し請求されたので払いました。
これらの関連性がわからないのですが、個人情報保護の例で言うと業務委託先の責任も、委託元が負いますという文を読んだことがあると思うのですが、無理かもしれませんがこれと同様に考えると今回は通販事業者が宅配業者に委託したので責任を果たすべきものなのでしょうか?
ひょっとして通販事業者が設定する宅配料金の有料無料などによって責任範囲が変わるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>通販で輸送中の紛失破損時は誰が補償してくれますか?

      ↓
通販とお客様の間の特約条項や通販会社と運送業者の所有権や損失時の費用負担の覚書が明記されていれば準じる扱いの意成ると思います。

一般的には、紛失破損の場合は所有権が、どこの段階で誰に帰するかで責任の所在や被害や補償責任&義務が決まります。
つまり、搬送中の事故で受け取り時に受け取り拒否をしたり事故証明を取得して、運送会社に請求(それを通販会社と責任の分担や負担を折衝するのは運送会社→倉庫会社&通販会社の発送元と荷受人と発送業者の問題)
輸送途中での紛失の場合には、現物・現実に受け取っていないのですから、運送会社に責任や通販会社<発送元)との折衝責任は帰します。

また、受け取り後に開梱して、破損等が判明したケースは、運送会社経由通販会社との折衝に成ります。
形状や梱包荷姿で想定される破損については、通販会社・コールセンターに連絡したり、消費者相談センターで相談して受取人責任は無い事を前提に新規送品&代替品との交換や費用弁済をしてもらう事に成ります。
面倒な折衝・時間ロス・商品の受領遅れが起こる事を避ける為にも、受け取り時には必ず外観並びに中身のチェックをされますようにお勧めします。
宅配料金の有料無料や代引きとかクレジット購入等は支払条件の違いであり、輸送事故や商品紛失とは関係ありませんから、飽くまでも通販会社と輸送業者間の取引契約や覚書に基づき行われる事柄です。


段ボールには弾性があり、表面的には凸凹が無くても、輸送や保管中の積載時に強い圧力で凹みや傷や塗装剥げが起こっている可能性があります。
また、組み立て商品等では部品の欠品や不具合、生鮮食料品での温湿度管理の不備による商品劣化もあり、可能な限り、受け取り時の確認・チェックが大切です。

>通販で輸送中の紛失破損時は誰が補償してくれますか?

      ↓
通販とお客様の間の特約条項や通販会社と運送業者の所有権や損失時の費用負担の覚書が明記されていれば準じる扱いの意成ると思います。

一般的には、紛失破損の場合は所有権が、どこの段階で誰に帰するかで責任の所在や被害や補償責任&義務が決まります。
つまり、搬送中の事故で受け取り時に受け取り拒否をしたり事故証明を取得して、運送会社に請求(それを通販会社と責任の分担や負担を折衝するのは運送会社→倉庫会社&通販会社の発送...続きを読む

Qレターパック500で事故が起きてしまいました

オークションで商品をレターパック500でポストから発送したのですが
お問い合わせ番号が見つかりません。と数日たってもなっています。
郵便局に一応問い合わせましたがないとのことです。
紛失してしまったのでしょうか?

この場合落札者に何と伝えればよいのでしょうか?
一応事故が起きても責任は取れないと発送前に伝えています。
ですが高額なので少し返金した方が良いのかなと考えています。

Aベストアンサー

> >レターパック500でポストから発送
>一番無くなる確立が高い方法です。

そんなことありませんけど。
そもそもポスト投函であっても、集荷に来る局員は
郵便物の入った袋を取り出した後、残っていないかきちんと調べて
新しい袋をセットしていきます。
投函分を持ってくのと、窓口で出すもの、
最終的には同じ個所に集められて仕分けされます。
ポスト投函だからと言って紛失率があがるわけではありませんから。
あと窓口で出す=すぐに読み取りをする、これも全然違う。

気になることと言えば
>数日たってもなっています。

コレ、実際は発送から何日経過ですか?
投函が確実であるなら、集荷→仕分けに回るときにコードを読み取るので
遅くてもその日の深夜以降には反映可能になる。
それが引き受けや通過にすらなっていないのであれば読み取りすらできていないということになるので
投函→仕分け場に集める・・の段階で紛失された可能性もありますよ。

>一応事故が起きても責任は取れないと発送前に伝えています。
>ですが高額なので少し返金した方が良いのかなと考えています。

今回の場合だと、「本当に発送したか」と言う証明自体が困難です。
せめてあなたの管轄局を「通過」なりしているのであればまだしも
見つからないとなると相手が疑ってくるでしょうし。

>落札者に何と伝えればよいのでしょうか?

相手が「届かない」と連絡してくる前に伝えておきたいのなら
正直に状態を言うしかないでしょ。

レタパは概ね2~3日もあれば届きますが(遠方でも)いずれにしても
反映が無いというのはちょっとまずいですね。
もう数日待って様子を見て相手の方からも連絡があれば事情を話し
返金する、でしょうかね。
いつもは「返金の必要はない」と回答するところだけど
あなたの事案はちょっとあなたの立場が不利だし。

> >レターパック500でポストから発送
>一番無くなる確立が高い方法です。

そんなことありませんけど。
そもそもポスト投函であっても、集荷に来る局員は
郵便物の入った袋を取り出した後、残っていないかきちんと調べて
新しい袋をセットしていきます。
投函分を持ってくのと、窓口で出すもの、
最終的には同じ個所に集められて仕分けされます。
ポスト投函だからと言って紛失率があがるわけではありませんから。
あと窓口で出す=すぐに読み取りをする、これも全然違う。

気になることと言えば
>数日たっても...続きを読む


人気Q&Aランキング