外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

こんにちは。

RedHat7.3がインストールされているLinux端末があるのですが、
起動するとコマンドラインの画面で起動してしまいます。

どうすればgnome(GUIデスクトップ)環境で起動できるのでしょうか?
(できればオートログインでgnome環境が起動して欲しい)
設定ファイル、内容などご存知であれば教えてください。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

デフォルトのランレベルが3に設定されているかと思いますが、


そもそもgnomeをインストールされているのでしょうか。

コマンドラインからstartxコマンドを実行してみて下さい。
それでGUIが起動しないようであれば、X Window自体がインストールされていないと思われますので、Red HatのインストールCDからX Windowをインストールする必要があります。

ランレベルについては、こちらを
http://www.jp.redhat.com/manual/Doc73/RH-DOCS/rh …

自動ログインについてはこちらを
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtip …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
gnomeはインストールされておりました。
自動ログインにもなっておりました。

・・結局、自分のホスト名が/etc/hostsファイルに定義されていなかっためにgnomeが起動されませんでした。
お手数をおかけいたしましてすいませんでした。

お礼日時:2008/09/16 18:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QXwindowが起動しません(Redhat Linux 7.3)

Linuxに関しては初心者です.どなたか,解決方法をご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします.

通常のユーザーとしてログインした後,startxでGNOMEデスクトップを起動させてその後の作業を行っていたのですが,一昨日,いつものようにstartxを行ったところ以下のエラーが表示されました.

Fatal server error :
PAM authentication failed, cannot start Xserver.
Perhaps you do not have console ownership?

When reporting a problem related to a server crash, please send the full server output, not just the last messages.
Please report to xfree86@xfree86.org.

giving up.
xinit: No such file or directory (err no 2): unable to connect to X server
xinit: No such process (err no 3): Server error.

Redhat7.3 Kernel2.4.20-8です.他に必要な情報があれば調べます.ネットでの検索などは行っていますがどのファイルやディレクトリを調べればよいかの見当がなかなかつかないのが現状です.宜しくお願い致します.

Linuxに関しては初心者です.どなたか,解決方法をご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします.

通常のユーザーとしてログインした後,startxでGNOMEデスクトップを起動させてその後の作業を行っていたのですが,一昨日,いつものようにstartxを行ったところ以下のエラーが表示されました.

Fatal server error :
PAM authentication failed, cannot start Xserver.
Perhaps you do not have console ownership?

When reporting a problem related to a server crash, please send the full server...続きを読む

Aベストアンサー

これは参考になりませんか?

http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/49055

参考URL:http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/49055

QLINUXをインストールしたがGUIになってくれない

REDHAT7.0をServer Systemを選んでインストールしました。
GUI環境で操作したいのですが、GUIログインで設定がなされたのか
わからないままにインストールが完了してしまいました。
ただ、OSが立ちあがるときに、Ctrl+なんとかを押すとテキストモードになりますといった画面が現れますが、結局出てくるのはテキストによるログイン画面です。
これをどのようにすればGUIログインができるようになるでしょうか?
マシンの性能は
CPU 266Mhz
メモリ 32MB
HDD 3G
性能に無理があってもいいのでとにかくGUI画面が見たいです。

質問が2つになりますが、コンピュータを終了するとき、halt と入力しますが
その後、~ halted という画面になるだけで電源が切れませんが、コンピュータの電源は手動なのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)

>REDHAT7.0をServer Systemを選んでインストールしました。

「Server System」を選択した場合、X関連・ウィンドウマネージャ等はインストールされないはずです。
依存関係を調べるのは大変なので、再インストールする方が速いと思います。
後から追加するより、不要なものを削除する方が、慣れない方は楽ですね。


(2)

次のコマンドを実行して終了してみて下さい。

# shutdown -h now
または
# poweroff

それでも電源が切れないときは /etc/lilo.confに以下の行を追加して、
append="apm=on"

liloを更新して下さい。
# lilo -v

これで終了時に電源OFFしなければ、BIOSの変更とか、カーネルの再構築など必要かもしれません。

Qstartxうまいくいかない。

 こんばんは。
仮想環境でCentOSを使っている者です。
startxを打ってもGUIに行かず困っています。
打つと、下記エラーが出力されます。

xauth: creating new authority file /root/.serverauth.4052

Fatal server error:
Server is already active for display 0
If this server is no longer running, remove /tmp/.X0-lock
and start again.

仮想環境では
CentOS 5.0です。

ホストOSの環境です。
Windows XP SP3
Pentium4 2.66G
RAM 2G

どのようにすれば解決するでしょうか?

Aベストアンサー

> どのようにすれば解決するでしょうか?

解決の前に確認が必要です。

そのエラーは「すでにXサーバーが起動している」ということです。
つまり、すでにGUI環境なのにstartxを実行しているのでGUIに行けない状態です。

次のどちらか(または、どちらも)試してみるとどうなりますか。
1. init 3 と入力してモード変更して startx を試す。
2. テキストモードで起動して startx を試す。

Qレッドハットのバージョン確認方法

自分のサーバで使用しているREDHATのバージョン確認はどうすればいいのでしょうか?

more /etc/issue
とやっても英文しか出てきませんでした。

uname -all
でもカーネルのバージョンは出るのですが、REDHATのバージョンは出ませんでした。

Aベストアンサー

> more /etc/issue
> とやっても英文しか出てきませんでした。

その英文にはRedHatのバージョンは書いてなかったのですか?
書いていなかったとしたら、管理者により編集されている可能性
がありますね。

cat /etc/redhat-release

ではいかがでしょう?
やっぱり英文ですけど。

rpm -q redhat-release

でもいいかも

QKDEをインストールしてもstartxでGNOMEが起動してしまう。

 KDEをインストールしてもstartxでGNOMEが起動してしまうのです。標準で使う統合デスクトップ環境はGNOMEでよいのですがKDEも試してみたいと思います。
この場合どのような方法でKDEを起動すればよろしいのでしょうか?
startxに引数でもつけるのでしょうか?
どなたかご教授ください。

それと標準で使う(startxで起動する)統合デスクトップ環境の変更はどのようにすればよろしいのでしょうか?(詳しくお願いいたします。x-session-managerや~/.xsessionの編集のための方法など)

Aベストアンサー

startx /usr/bin/gnome-session
startx /usr/bin/startkde

でそれぞれ起動が可能です。
キモは、必ずfull-pathでそれぞれのコマンド指定すること。

なお、
gnome-session
startkde
両コマンドのインストール先が異なる場合は適宜変更して下さい。

参考までに、

startx /usr/sbin/startkde -- /usr/X11R6/bin/X :0 &
startx /usr/sbin/gnome-session -- /usr/X11R6/bin/X :1 &

とすれば、2つの仮想コンソールでgnomeとKDEを同時起動することもできます。(Alt+Ctrl+F[0-9]で切替)

>標準で使う(startxで起動する)
>統合デスクトップ環境の変更
操作は各Linuxディストリビューションごとに異なります。
使用しているディストリビューション名を出せば、
それにあった回答が貰えるでしょう。

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

QCentOS6でxclockを実行しようと試みたの

ですが
CentOS6-x86_64では問題なく実行してアナログ時計を表示できますが
CentOS6-i386ではxclockコマンドが存在しないというエラーがでます。
CentOS6の32ビットOSでもxclockを実行出きるようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

えっと、自己責任でお願いします。

yum install xorg-x11-apps
でxclockがインストールされるのではないかと思われ。

QGNOMEパネルが表示されず何もできない(シャットダウンも)

アクセスありがとうございます。
このたびなんとかRed Hat Linux7.3のインストールに成功したのですが、まだほんのちょっとしか使ってないのにトラブルが発生してしまいました。
なんと使用中にふと気付くとパネルが無くなっていました。
そのため何にも出来なくなってしまいました。
他に見あたる症状としてはウィンドウのタイトルバーが消え移動できなくなっています。
なぜこのような状況になってしまったのかは全く不明です。
何しろ昨日インストールして今日起動後まもなくこうなってしまったものですから。
復旧方法が分かる方はいらっしゃいますか。
是非教えていただきたいです。
と、とりあえずはコンピュータをシャットダウンさせて心を落ち着かせたいです。

Aベストアンサー

う~ん、viエディタ知りませんか。。。

viエディタはUNIX/Linuxで必ず使えるエディタです。

% vi /etc/inittab

こんな感じでviを起動させて、ファイルを編集するのですが、はっきり言って、操作に慣れるのに時間がかかりますので、それまではgnomeのエディタを使うほうがよいですね。

マウスの中ボタンから、それらしいメニューを見つけてください。(今Linuxが手元にないので)

(だけどviは必ず習得しましょう。XWindowがinstallされていないLinuxもありますから。)

>どうも、そのつど「.gnome~」を移動して再起動すればパネルは表示されるようになるのですが次回起動するときにはまた表示されなくなってしまうようです。

どうもgnomeの環境が不安定ですね。
新しいユーザアカウントを作成して作業してみてはいかがでしょう?
または、今作業しているアカウントをいったん削除して、作り直してみるとか。

.gnomeXXXX 以外にも壊れているファイルがあるのかもしれませんので。

う~ん、viエディタ知りませんか。。。

viエディタはUNIX/Linuxで必ず使えるエディタです。

% vi /etc/inittab

こんな感じでviを起動させて、ファイルを編集するのですが、はっきり言って、操作に慣れるのに時間がかかりますので、それまではgnomeのエディタを使うほうがよいですね。

マウスの中ボタンから、それらしいメニューを見つけてください。(今Linuxが手元にないので)

(だけどviは必ず習得しましょう。XWindowがinstallされていないLinuxもありますから。)

>どうも、そのつど「.gnome...続きを読む

QSQLで特定の項目の重複のみを排除した全項目を取得する方法

私は仕事上でデータベースを扱っていて、タイトルのような処理を行う必要があるのですが、いかんせん方法がわからずネット上を検索しても同様だったためここで質問させていただきます。

質問点を簡単に説明いたしますと、
たとえばAというテーブルがあって、

項目名1 項目名2 項目名3 項目名4
 A    あ    ア    亜
 A    い    ア    以
 A    う    ア    宇
 B    え    イ    江
 B    お    イ    尾

上のような構造になっている場合に「項目名1」について重複している項目を排除し、結果として


項目名1 項目名2 項目名3 項目名4
 A    あ    ア    亜
 B    え    イ    江

上のようなデータを取得したいのです。
この時に、Aの重複を排除して取得するレコードは1~3行目のどれでもよいです。
また、データを取得する際には必ずそのレコードの「全項目」を取得したいのでDistinctはうまく使えませんでした。

どなたか詳しい方、方法を教えてくださると幸いです。回答お待ちしております。

私は仕事上でデータベースを扱っていて、タイトルのような処理を行う必要があるのですが、いかんせん方法がわからずネット上を検索しても同様だったためここで質問させていただきます。

質問点を簡単に説明いたしますと、
たとえばAというテーブルがあって、

項目名1 項目名2 項目名3 項目名4
 A    あ    ア    亜
 A    い    ア    以
 A    う    ア    宇
 B    え    イ    江
 B    お    イ    尾

上のよ...続きを読む

Aベストアンサー

比較可能で一意性のある値をもてる項目6をテーブルに追加して、

select T.* from T, (select Item1,min(Item6) as Item6 from T group by item1) W where T.item6=W.item6;

――ってやるのが、一番手っ取り早いと思います。
他のところに影響がでないのであればですが。
oracleならrowidを使うとか、レコードの更新時刻を突っ込むとか。

QRed Hat 7.1 に rshできない(~/.rhostsの設定後)

Red Hat Linux release 7.1 です。
~/.rhosts を設定しても 他及び自ホストから rshできません。
ホストとユーザを記述し,モードを 600 にしました。

どうすれば,rshを許可できるでしょうか?

Aベストアンサー

myhost: Connection refused
で拒否されるのであれば、
inetd/xinetdからin.rlogindの起動が
許可されていません。
inetd(スーパーサーバ)の関連を、調べなおして
見ましょう。
TCP Wrapperで拒否されたのであれば
Connection reset by peer.
と表示されます。

プロンプトから
ps -ax|grep inetd|grep -v grep
と入力し、inetdとでたら、/etc/inetd.conf
のloginで始まる行のコメントを解除しましょう。
ファイルを、

xinetdと表示されたら/etc/xinetd.d/rlogin
を修正しましょう。
disable = yes
となっているはずです。これをnoに変えましょう。

単にリモート操作をしたいのであればrloginやtelnet
の方が適していると思います。rshは遠隔でコマンドを
実行するのが目的でリモートログインするのは
おまけ的な要素でしかありません。
なぜrshなのでしょうか?
何もrshでなくてtelnet/rloginでは何がだめなのでしょうか?


注意:
ここでは「単に動くだけ」の設定方法しか紹介して
おりません。そのためこのままではセキュリティ的に
非常に弱いので、このままインターネットに直結/常設
することは避けてください。

myhost: Connection refused
で拒否されるのであれば、
inetd/xinetdからin.rlogindの起動が
許可されていません。
inetd(スーパーサーバ)の関連を、調べなおして
見ましょう。
TCP Wrapperで拒否されたのであれば
Connection reset by peer.
と表示されます。

プロンプトから
ps -ax|grep inetd|grep -v grep
と入力し、inetdとでたら、/etc/inetd.conf
のloginで始まる行のコメントを解除しましょう。
ファイルを、

xinetdと表示されたら/etc/xinetd.d/rlogin
を修正しましょう。
...続きを読む


人気Q&Aランキング