『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

クラシックファンの皆様、お世話様です。

「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」を選べと言われたら、どのようなオペラを選ばれますか?

実はオペラに無知でして、フィガロの結婚のDVDを始めて買ったのですが、以後どのようなタイトルのDVDを検索していくべきか迷ってます。

ご意見をいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

長くなりますので、鬱陶しいければ無視して下さい(苦笑)!



>「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」!!??
そんな、ご無体な!!
10しか挙げてはいけない!私には無理!と、一旦は書くのを諦めました。
が、どうにも、ダンマリが続けられそうに無いので、私の気持ちを治める為に書かせて頂く事にしました。削りに削って20位に成るかも知れません。
思い出したり、調べたりを繰り返して、ゆっくり書きますので、書き終わる前に〆切られるかもしれませんね!

私の所持するレコードとCDからの個人的な印象ですので、世間的評価とは違っていると思います。が、的外れでもないと自己評価しております。(こう言うのが一番怪しいのかも知れませんが・・・)
曲の多くが、先輩回答者と重なると思いますがご容赦願います。

●モーツァルト:「フィガロの結婚」K.492 <30歳 1785~86年作曲>
原作=ピエール・オーギュスタン・カロン・ド・ポーマルシェ
貴族と従僕や農民と言った階級社会をテーマにしていますが、それよりは、美しい音色と旋律で綴る、登場人物たちの「心の移ろい、襞」の表現で、今更ながらモーツァルトに唸ります。
参考《所持ソース》
CDショルティー指揮:ロンドン・フィル/ロンドン・オペラ・コーラス(ロンドン)
DVDカール・ベーム:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(グラモフォン)

●モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」<1787年作曲>
社会的堕落者、規範意識皆無、そんな主人公を同描くか、オペラ毎、演出家毎で、人間設定が違う!
どう捉えるかで、このオペラから得られる事が違ってくる気がする・・・受け手の感性が試される様・・・
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団(グラモフォン)

●ベートーヴェン:「フィデリオ」<1804~05年 初作曲/1814年 第3版>
男装のフィデリオ!実は健気な愛妻レオノーレ!生涯独身だったベートーヴェンにとって理想の女性!?
私もそんな妻を今からでも欲しいなァ~!ナァ~ンちゃって!今時、そんなの居る分けが無いって言うか、私には縁が無い世界の人!?
参考《所持ソース》
CDフェレンツ・フリッチャイ指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●モーツァルト:「魔笛」K.620 <35才没(1791年9月28日完成→30日初演)の作品>
恋する男の子の試練の旅!試練の旅に出た恋人と結ばれる為に耐える試練!そしてもう一つの恋P&Pは??
庶民レベルに一段と近付いたオペラの様に感じます。現代でも何処かにそんな恋をしてる若者もいるのかな?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団(グラモフォン)
DVDサバリッシュ指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(フィリップス)

●ロッシーニ:「セビリアの理髪師」<1816年作曲>
原作=ピエール・オーギュスタン・カロン・ド・ポーマルシェ←気付きましたか?フィガロの結婚!
そうなんです、セビリアの理髪師とフィガロの結婚は、同じ原作者。登場人物のフィガロはどこか似たキャラの様にも・・・・・
参考《所持ソース》
CDクラウディオ・アバド指揮:ロンドン交響楽団/アンブロジアン・オペラ合唱団(グラモフォン)
DVDクラウディオ・アバド指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●ドニゼッティ:「ランメルモールのルチア」<1835年作曲>
人間性のかけらも認められない人間関係と環境に繊細な心は!人は狂乱しただけでは死なないが・・・ルチアは・・・?
参考《所持ソース》
CDリチャード・ボニング指揮:ロンドン交響楽団/アンブロジアン・シンガーズ(テルデック)
DVDリチャード・ボニング指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(ジェネオン)

●ベッリーニ:「ノルマ」<1831年作曲>
人間の器が釣り合っていない男女の三角関係の成り行きは?小粒な男像は現代に通じていたりして・・・
参考《所持ソース》
CDリチャード・ボニング指揮:ナショナル・オペラハウス管弦楽団/合唱団(ロンドン)
DVDジュゼッペ・パターネ指揮:トリノレッジョ歌劇場管弦楽団/合唱団(ドリームライフ)

●ヴェルディー:「リゴレット」<1850~51年作曲>
人間とは何か・・あまりにも惨い!・・身障者ゆえに差別され憎まれ役を演じなければならない主人公も愛娘に対する父の時に見せる人間らしさ・・・
参考《所持ソース》
CDリッカルド・シャイー指揮:ボローニャ歌劇場管弦楽団/合唱団(ロンドン)
DVDリッカルド・シャイー指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(デッカ)

●ヴェルディー:「トロヴァトーレ」<1852年作曲>
筋書きだけを読めば、矢継ぎ早の血生臭く解り辛い事件に腰が引けそう・・・
でも、聴き始めると歌と場面を楽しませるイタリア・オペラの真髄、歌声のバトルに時を忘れそう・・・
参考《所持ソース》
CDカルロ・マリア・ジュリーニ指揮:ローマ聖チェチリア音楽院管弦楽団/合唱団(グラモフォン)
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●ヴェルディー:「椿姫」<1853年作曲>
原作=アレクサンドル・デュマ・フィス
女心と男の言い分!デュマの原作とヴェルディーのオペラは合せ鏡!セットで一段と面白く・・・
参考《所持ソース》
CDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)録音1991年
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)録音・録画1982年

●ヴェルディー:「アイーダ」<1870年作曲>
古代エジプト!大スペクタクル!三角関係!オペラ界の娯楽超大作!理屈抜きにリッチな気分で浴びましょう!
でも、内容に踏み込むと結構深いかも・・・
参考《所持ソース》
CDクラウディオ・アバド指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)
DVDフランコ・カプアーナ指揮:NHK交響楽団/藤原歌劇団合唱団(キングレコード)録音・録画1961年
私が小6だった時に連れて行かれたNHK招聘のイタリア歌劇団のライブ!・・・マリオ・デル・モナコとシミオナートが忘れられず購入!

●ワーグナー:「タンホイザー」<1843~45年作曲>
男の女に対する矛盾する本音!そんなタンホイザーの無軌道が故の魅力?聖処女のエリザベートと娼婦の様なヴェーヌスを同じ一人の歌手に歌わせる舞台も存在する。その演出には深い意味を感じます。内容重視か音楽重視かに因るのだろうと思っています。
参考《所持ソース》CDジョゼッペ・シノーポリ指揮:フィルハーモニア管弦楽団/コヴェント・ガーデン王立歌劇場合唱団(グラモフォン)

●ワーグナー:「ローエングリーン」<1845~48年作曲>
宇宙人?異界からの救済者を夫に持った人間の妻!不安感から夫を地上のしがらみに取り込みたい妻!しかし夕鶴にも似て夫は・・・
参考《所持ソース》CDショルティ指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(ロンドン)

●ワーグナー:舞台神聖祭典劇「パルジファル」
作曲者没1年前の作曲!最後のオペラ!宗教劇とみなすより、それまでにワーグナーが問い掛けて来た問題の解決とみるべき作品と思っています。しかし、そうは言ってもキリスト教の思想を基礎にして、究極のテーマの救済を主題にしている。
参考《所持ソース》CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱眼(グラモフォン)

●ワーグナー:ニーベルングの指輪(全曲所要演奏時間 約15時間)四日に分けて演じられる。
 ○序夜「ラインの黄金」
 ○一夜「ワルキューレ」
 ○二夜「ジークフリート」
 ○三夜「神々の黄昏」
これを抜く訳にはいかないのでしょうが、私は、未だ、まともに聴いた事が有りません。ハイライトばかりです。
興味がお有りでしたら、詳細は下記URLを覗いて下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC% …

●ビゼー:「カルメン」<1874年作曲>
人は何故、想ってくれる人を邪険にし、無いものネダリで身を滅ぼすのか?想い想われのスパイラル!馬鹿は死ななきゃ直らない!?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/パリ・オペラ座合唱団(グラモフォン)
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「ラ・ボエーム」<1893~95年作曲>
か弱きミミ!男はそのか弱き女を守れず不甲斐無さを嘆く!が、一番強かな生活力の持ち主は・・・??
男は何時も騙される!騙される事に心地良さを感じるのだから仕方が無い生き物?だから可愛いのかも!
参考《所持ソース》
CDバーンスタイン指揮:ローマ聖チェチリア音楽院管弦楽団/合唱団/少年合唱団(グラモフォン)
DVDカラヤン指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「トスカ」<1900年作曲>
女は何時の世も、意識・無意識のどちらにせよ悪に惹かれる!(カヴァラドッジ⇔トスカ⇔スカルビア)官能的関係はどちら?・・・・悪役振りが良くなければドラマは盛り上がらない・・・・
参考《所持ソース》CDショルティ指揮:ナショナル・フィル/ウェールズ・ナショナル・オペラ合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「蝶々夫人」<1901~03年作曲>
日本女性の男性に対する自己犠牲の賛美?それとも、人種差別?どちらの立場で鑑賞しますか?
それより、非日常的な好奇心と憧れから盲目的に育った相手に対する身勝手な理想と妄想の果ての死!男の都合と女の都合!
参考《所持ソース》CDジョゼッペ・シノーポリ指揮:フィルハーモニア管弦楽団/アンブロジアン・オペラ・コーラス(グラモフォン)

●R・シュトラウス:「ばらの騎士」<1909~10年作曲>
何時の時代も女は歳と戦っている。他の価値観を見つけては重ねる歳を納得しようとするが本音は・・・身を引く大人の女!
オペラの中では女の格闘相手だった筈の年齢が、現代では、男にとっての加齢の方がよりシリアスな問題かも・・!?
楽しめなくなってしまったかな(苦笑)?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場管弦楽団(グラモフォン)
DVDカルロス・クライバー指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

以上、これが私の「死ぬまでに聴いておきたいオペラ」の一部です。
マニアックには、成らない様には気を付けた積りです。つまり、有名どころ限定です。
    • good
    • 32
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
死ぬまでに全部聴けるかどうか不明ですが、頑張って聴こうと思います。

お礼日時:2008/09/30 18:43

こんにちは。



【選考基準】
 客観性もそれなりに考慮しましたが,あくまでも私個人の好み
 なるべく地域・時代を幅広く(ロシア・ソ連・その他東欧系は入れられませんでしたが)
 作曲家お一人様一作品限定(はみ出した分は次点として紹介)
 他の方とオススメとの重複は気にしない

という縛りで,なんとか十人十作に絞ってみました。(モーツアルトを除いて「十大」というのは本当なら反則かもしれませんが^^;)
順番はランキングではなくてなんとなく時代順ですが,ちゃんと調べていないため間違っている可能性もありますのでご了承ください。


☆モンテヴェルディ 「オルフェオ」
ほぼ元祖オペラ。

☆ロッシーニ 「セヴィリアの理髪師」
結婚する前のフィガロの活躍を陽気に描いた喜劇。

☆ドニゼッティ 「愛の妙薬」
ストーリーそっちのけでひたすら美しい歌声を楽しむベルカントオペラ代表として。
次点はベッリーニ「ノルマ」「ランメルモールのルチア」

☆ヴェルディ 「トロヴァトーレ」
ヴェルディは一作に絞るのは至難の業ですが,単なる個人的な好みにより中期の傑作であるこちらを。
次点は中期では「椿姫」「リゴレット」,後期ならば「運命の力」「アイーダ」「オテロ」。
個人的な思い入れとしては,最後の作品「ファルスタッフ」(愉快な喜劇です)もぜひ。

☆ビゼー 「カルメン」
オペラというとイタリアとドイツに偏りがちですが,オペラ上演という点では盛んだったフランスから。
怒涛の有名曲ラッシュ。

☆ワーグナー 「トリスタンとイゾルデ」
ワーグナーも絞りがたいですが,「トリスタン~」には彼の「毒」がもっとも凝縮されていると個人的に思うので。
「タンホイザー」「指輪」「ニュルンベルクのマイスタージンガー」「パルジファル」は涙をのんで次点。

☆プッチーニ 「トスカ」
「うた」のイタリアオペラのひとつの到達点,プッチーニ。
次点として「ボエーム」「トゥーランドット」も参考に。

☆R・シュトラウス 「薔薇の騎士」
ドイツロマン派のほぼ最後をかざる大輪の華。
華麗なるウィーン音楽絵巻(作曲家はドイツの人ですが)。
もう少し彼らしい皮肉やトゲのある作品として,「サロメ」「ナクソス島のアリアドネ」「カプリッチョ」などが次点。

☆ベルク 「ヴォツェック」
現代音楽代表。
難解な音楽かつ陰惨な内容ですが,死ぬまでに一回くらいなら(笑)
「ルル」は作曲家自身では未完なので次点。

☆ガーシュウィン 「ポーギーとベス」
クラシック辺境地(ぉぃ)代表としてアメリカから。
ジャズとの見事な融合。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
ご回答を読んでいても聴きどころ、見所が分かりやすいので
やる気(?)が沸いてきました。

といっても一度に10本のDVDを買うわけではないので
リストとして活用させていただきます
(1~2年で全部DVDで揃えて毎日聴こうという魂胆です)

お礼日時:2008/10/01 09:42

オペラ大好きなオバサンですが、敢えて回答はやめておきます。


だって、
> 「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」を選べと言われたら、どのようなオペラを選ばれますか?
タイトルとしては、相当数観ておりますので、これ以上となると「死者を復活させて、実舞台を!」ということになってしまいますので(笑)

ただ、オペラ入門者でDVDをお探し…ということでしたら、こういうものもありますよ。
http://www.shogakukan.co.jp/operadvd/
http://www.sekaibunka.com/opera/
まだ「ごたわり」まではお持ちではない…ということでしたら「便利」かと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。

>まだ「ごたわり」まではお持ちではない…ということでしたら「便利」かと思います。

生まれてはじめてフィガロを聴いたばかりですので、こだわりが出てくるのはもっとずっと後です。長いですねぇオペラ。ゆうに3時間ある・・・。本当の舞台はインターミッションとかあるんでしょうね。

お礼日時:2008/09/30 18:46

 こんにちは。


 
 「フィガロの結婚」をご覧になったのなら、次は決まっています。

 ジョアッキーノ・ロッシーニ作曲「セビリアの理髪師」です。
 演奏は、ご自分の好きな盤を買い求めれば良いと思いますが、私の持っている中から、お勧めのものを。
 指揮:ガブリエレ・フェルロ/演奏:シュッツガルト放送交響楽団/演出:ミヒャエル・ハンペ/1988年シュヴァツィンゲン音楽祭収録。
 ロジーナをチェチーリア・バルトリが歌っています。まあ、観てください。

 次は、ベストテンどころか、30位にも入れないと思いますが、絶対に外せないものです。
 ジョン・コリリアーノ「ヴェルサイユの幽霊」。これは取敢えず演奏者は選べません。これしかないのですから。指揮:ジェイムズ・レヴァイン/メトロポリタン歌劇場管弦楽団/1992年メトロポリタン歌劇場。

 これで、ボーマルシェの3部作「フィガロの結婚」「セビリアの理髪師」「罪ある母」を通して観ることが出来ます。ボーマルシェの3部目を長いこと(200年?)観ることが出来なかったものが、コリリアーノの作曲で、やっと三部作が完全舞台化されたことになります。
 しかし、かなりひねってありますが(複雑ですョ)。

 ウォルフガング・アマデウス・モーツアルトでは、この他に「魔笛」「ドン・ジョヴァンニ」は外せないでしょう。質問者さんの観られたものも含めこの三作は、誰でも知っている名曲がどんどんいくつも出てくるので、ストーリーも含め楽しめると思います。この他に「コジ・ファン・トゥッテ」を挙げておきます。

 ジョアッキーノ・ロッシーニを挙げたので、更に「シンデレラ」「アルジェのイタリア女」「泥棒かささぎ」を挙げておきます。
 「シンデレラ」はやはり。バルトリのもので、指揮:ブルーノ・カンパネッラ/演奏:ヒューストン交響楽団/1995年ヒューストン・グランド・オペラ収録。

 ヨハン・シュトラウス「こうもり」。上記のロッシーニも含め、オペラ・ブッファは非常に楽しく、クスクス、ゲラゲラと観れるので、精神衛生上宜しい。

 やはりこれも外せない、ジョルジュ・ビゼー「カルメン」。選ぶのに困るとは思いますが、お好みで。

 ガエターノ・ドニゼッティ「愛の妙薬」。歌を楽しまれるなら、パヴァロッティが良いのですが、なにせ、ちょっと、やや、少し、大きいので・・・お好きな方をお選び下さい。

 ジュゼッペ・ヴェルディは、少し多く。
 「ラ・トラヴィアータ(椿姫)」指揮:リッカルド・ムーティ/ミラノ・スカラ座管弦楽団/1992年イタリア・ミラノ・スカラ座収録。この盤は各種、賞を受賞したものです。が、私はヴィオレッタがこれほどはまっているものを知りません。お勧めです。
 「アイーダ」「仮面舞踏会」「ファルスタッフ」「オテロ」「シモン・ボッカネグラ」
 全体にヴェルディは他の作曲家と比べれば、少し暗めです(そこが良いのですが)。

 リヒャルト・シュトラウス「サロメ」「ばら騎士」「ナクソス島のアリアドネ」を挙げておきます。「サロメ」は指揮:カールべーム/ウィーン・フィルで1974年のものをお勧めします。

 クラウディオ・モンテヴェルディ「オルフェオ」「ポッペアの戴冠」「ウリッセの帰還」。私としては、ニコラウス・アーノンクール盤を勧めたいのですが、他にもっと名盤があるみたいで、お好きなものをお選び下さい。

 最後に、リヒャルト・ワーグナーを紹介します。最初は「ニュルンベルクのマイスタージンガー」をご覧下さい。
 続いて「さまよえるオランダ人」を観てください。
 三番目に「ニーベルングの指環」をご覧下さい。後は「パルジファル」「ローエングリン」「タンホイザー」「トリスタンとイゾルデ」と順番はドレからでも。
 演奏は、基本的に、バイロイト祝祭管弦楽団の物をお勧めします。指揮者は、年度も含めお好きな方を選んでください。

 10枚を遥かに越えてしまいました。本当はもっと挙げたかったのですが、一度に観れるわけでも無いでしょうから。
 何枚か観るうちに、ご自分の好きな傾向が分かってくると思います。これから、オペラ三昧を楽しんでください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。お礼が遅れてすみません。

「オルフェオ」は興味あります。マイナーですが。
ワグナーははまりそうです。

お礼日時:2008/09/30 18:42

いいご質問で、つい反応してしまいました(笑)。



私ならこれを選びます。作曲家順でないことをお許し下さい。
「トスカ」
「フィガロの結婚」
「セビリアの理髪師」
「魔笛」
「蝶々夫人」
「椿姫」
「カルメン」
「オテロ」
「アイーダ」
あとひとつ、うーーーーん、
「道化師」

すべてを通しで聴くのがかったるければ、オペラアリア集というサビだけ集めたCDが沢山あります。主に主役級の歌手のアルバムですが、入門にはもってこいですよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。お礼が遅れてすみません。

>すべてを通しで聴くのがかったるければ、オペラアリア集というサビだけ集めたCDが沢山あります。主に主役級の歌手のアルバムですが、入門にはもってこいですよ。

う~~ん、今回は皆様にいろいろ教えていただいたので、一本一本DVDを探して聴こうかなと思案中です。

お礼日時:2008/09/30 18:40

あまり詳しくないということなので、メロディーの美しいとっつきやすいオペラを挙げておきたいと思います。

 

プッチーニ作曲 「トスカ」「蝶々夫人」「セヴィリアの理髪師」(これは、原作が三部作で、第一部が「セヴィリアの理髪師」 第二部がモーツァルトの「フィガロの結婚」です。)

モーツァルト作曲 「魔笛」

ヴェルディ作曲 「アイーダ」「椿姫」

ビゼー作曲「カルメン」

ワグナー作曲「タンホイザー」「トリスタンとイゾルデ」

そして、「タンホイザー」「トリスタンとイゾルデ」が楽しめたなら、リング四部作「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」に進んでください。

ワグナーを除けば、比較的聴いたことがあるメロディーがでてくるはずです。 

それと、DVDでという選択は正しいと思います。 ハッキリ言って、音楽だけなら、圧倒的にCDの方が素晴らしい演奏が多いのですが、最初は、視覚があるほうが断然理解しやすいです。

それと、演出の問題ですが、メトロポリタン歌劇場の演目は、比較的オーソドックスな演出がされていて(おまけに豪華絢爛なことが多い。)、分かりやすかもしれませんね。 最近の演出は、舞台を現代に置き換えたり、抽象的な舞台にしたものが多くて、最初に観るには、どうかなと思ったりします。

しかし、作品を挙げだしたら、きりがなくなるような気がしてきたので、ここらで。 甘美な世界へ、ようこそ(笑)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
実は「フィガロ」(今聴いている)が生まれて初めてのオペラ体験でして、次に何を買えばいいのか見当がつかなかったのでとてもご意見は参考になりました。といっても一度に聴けないし、一ヵ年計画ぐらいにしてアマゾンなどでDVDを検索しまくります。
ワグナーはちょっといいなと思ってました。といっても小学生の時にタンホイザーを聴いたというだけですが。

お礼日時:2008/09/27 10:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオペラの名曲といえば何?

オペラには珠玉の名曲が秘められているといわれています。
どのようなオペラに、どのような名曲があるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんなところでどうでしょう
http://www.worldfolksong.com/classical/opera/

Qワーグナーの作品で最高傑作はなんでしょうか?

最近になってワーグナーを聞き始めました。
どの作品も力強く、男性的で、とても個性の強いものと思いました。
ところで、ワーグナーの作品の中で最高傑作といわれているものがありますか?
どの作品が人気が高いのでしょうか?

また「トリスタンとイゾルデ」(バレンボイム指揮)のCDのライナーで、しきりにこの作品が新しい、画期的だ、及ぼした影響が大きいなどと書かれています。
具体的には、従来の音楽に比べてどこが新しいのでしょうか?

ワグナーの作品は楽劇しか知りませんが、そのほかの作品もありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ワーグナーの曲の中で「最高傑作は」と言われると、なかなか難しいところですが、「最大の作品」は「ニーベルンゲンの指輪」です。CD10枚ぐらいかかります。「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々黄昏」の四部作からなりますが、それぞれ個性が違い、ワーグナーのすべてが出ていると言っていいでしょう。「ラインの黄金」は明るくわかりやすいですし、「ワルキューレ」は劇的でロマンチックでもあり傑作と言われます。「ジークフリート」は総じて退屈と評されがちです。「神々の黄昏」は、深く暗く、内容的に大きく広くなっており、難解な部類に属します。


他に、最晩年の作品である「パルジファル」は、(特にクナッパーツブッシュなどの雄大な指揮で聴くと)あまりに巨大、深淵で、永遠の時の流れという感じがする非常に神秘的な曲であり、ある意味、ワーグナーが到達した最終点であり、最高傑作ということもできるでしょう。

その他、初期のワーグナーの楽劇(歌劇)は、比較的わかりやすく、ローエングリンなどお薦めですが、ワーグナーとして最高傑作とは言えないでしょう。また「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は、ワーグナーとしては明るくわかりやすい雰囲気で、これもまたちょっと特殊な部類に入ります。
この二つは初心者向きとも言え、また人気が高いと思います。


「トリスタンとイゾルデ」は、冒頭の和音が「トリスタン和音」などと言われ、それが今までにない和音で、現代音楽への道を開いたとされています。当時の演奏家(オケ)が「こんな音楽はわからない、演奏できない」と練習を放棄し、初演が延び延びになってしまったという曰く付きのものです。
今では、実にいい響きと思えるのですが。
この曲は、CD4枚ぐらいでしょうか、ワーグナーの楽劇では標準的な長さですが、そうした意味でも、ワーグナーにおける画期的な作品です。ワーグナー自身、これを書いている最中、「お前は神の化身だ」と叫んだそうな。

音楽界では、トリスタンの後、ワーグナーの影響から逃れられた音楽家はいないと言われるほどの「トリスタンショック」を生みました。シェーンベルク、プッチーニ、ドビュッシーなどは、トリスタンを偏愛した典型的作曲家です。後者二者は、トリスタンとイゾルデ全曲を暗記したとか。

逆に、ワーグナー的な壮大複雑な音楽に反発して、簡素な音楽に向かった人もいます(サティが典型)が、それもワーグナーの影響といえるでしょう。

といったことで、「トリスタンとイゾルデ」は、クラシック音楽では特に、画期的な音楽だったわけです。


なみに、バッハはバロックから古典派へ、ベートーヴェンは古典派からロマン派へ、そしてワーグナーはロマン派から現代音楽へ……という風に、時代を画した大きな影響を与えた三人とされます。なのでこの三人が、クラシック音楽における三大楽聖と言われる次第です。

「トリスタンとイゾルデ」は、こうした意味でのベルエポック的な作品と言えるでしょう。


ということで、「ワルキューレの騎行」(これは楽劇「ワルキューレ」の中の一部ですが)などしか知らない場合、「トリスタンとイゾルデ」はあまりに甘美で内向的で精神的すぎ、ついて行けない人も多いかと思いますが、このトリスタンを最高傑作とする人は多いと思いでしょう。
最も(いわゆる)男性的でない曲、と言えるかもしれませんが、ここにあるロマンティシズムやヒロイズムは、明らかに男性的です。が、曲の傾向として、内向的なのですね。
でも「トリスタンを知らない人は、人生を損してる」という人すらいるほど。それだけ、特殊な感銘をもたらしうる作品です。


ということで、私的には、作品の凝縮性からしても、「トリスタンとイゾルデ」を最高傑作にあげたいです。「指輪」は、あまりにも長すぎるので。「ワルキューレ」だけひとまず聴いてみるとか、「リング抜粋もの」を聴いてみるとか、いかがでしょう。



ちなみにワーグナーの「楽劇」以外の作品というと、若い頃に作曲したピアノ曲のレコードが出ていました。駄作とされてますが、私はけっこうまあまあ好きでした。
他に、あるんでしょうか。
あ、管弦楽曲で「ジークフリート牧歌」というのがありました。奥さんの誕生日のために作曲して、まだ寝ている時にオケを家に呼んで、静かに演奏させ喜ばせたそうな。

借金の天才のくせに、しゃれたことをやっております。

ワーグナーの曲の中で「最高傑作は」と言われると、なかなか難しいところですが、「最大の作品」は「ニーベルンゲンの指輪」です。CD10枚ぐらいかかります。「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々黄昏」の四部作からなりますが、それぞれ個性が違い、ワーグナーのすべてが出ていると言っていいでしょう。「ラインの黄金」は明るくわかりやすいですし、「ワルキューレ」は劇的でロマンチックでもあり傑作と言われます。「ジークフリート」は総じて退屈と評されがちです。「神々の黄昏」は、...続きを読む

Qオペラの「演奏会形式」と「オペラ形式」の違い

オペラの「演奏会形式」と「オペラ形式」の違いを教えてください。

Aベストアンサー

 まずオペラとは、歌手が扮装して演技をしつつ管弦楽と共に歌う音楽劇のことです。いわゆる「オペラ」というのはこちらですね。
 「演奏会形式」とはいろいろな舞台装置や扮装、演技はなく、歌手がずらっと並んで管弦楽に合わせて歌うだけというものです。
『演奏会形式などオペラではない!』とおっしゃる方もいらっしゃいますが、普通のオペラ上演ほど手間が掛からない分安価ですし、演奏会形式と言いつつもそれ風の衣装をつけたり、照明演出で雰囲気を出したり、多少の演技も入ってただ棒立ちで歌うだけ、ということはない場合もあります。
 どちらにもそれなりの良さがあるのではないでしょうか?

Q辻井伸行のリアルな実力はどんなもんでしょうか?

昨日奥さんと辻井伸行のコンサートに行ってきました。

奥さんは非常に感激しておりました。

私は、ジャズのピアノならある程度、好き嫌いとかわかるのですが、クラシックはさっぱりです。
もちろんコンサート自体は楽しいものでしたが。

ウチの奥さんは辻井氏のハンディキャップに萌えているだけなのでしょうか?
それとも、辻井氏はピアニストとして相当なレベルの人なのでしょうか?

クラシックに詳しいか、ピアノに詳しい方のご意見を宜しくお願いいたします。

ちなみに、チケットの料金はステージのすぐ横の2階席で一人13000円でした。
一階は10000円以下だったそうです。

昨今、音楽以外の物語を音楽家に求める人や関係者が多い気がして、質問した次第です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

障害云々で芸術やクリエイティビティを語りたくないので、率直に言います。

一演奏者としては、(問題が明るみになる前の)佐村河内さんと同じ印象・・・ごめんなさい。辻井伸行は前者と違って実際に演奏しているのは確かですから、「世間的評価」の点でです。「障害者のプロピアニスト」という設定で素人の気を引く以上の価値は感じられません。彼の作曲なんてもっと酷いものです。
(言葉は厳しいとお思いかもしれませんが、ヨーロッパでの芸術家・音楽家に対する批評なんてものはこんなものです。ハンディなんかで芸術の評価が左右されるべきではない、と主に考えるのです。勿論「理想的には」の話ですが。)


辻井伸行の演奏を初めて観たのは自分が好きなラヴェルの曲か何かだったと思います。非常にマニュアル通りな演奏というか、アカデミックというか、世界的プロピアニストの演奏とはかなり傾向が違う・・・そういう印象が強かったです。

ヨーロッパの多くのピアノコンクールというのは、独自性のある演奏が重んじられるそうです。大家のクラシック曲を普通にうまく演奏するだけの演奏なんて過去にやり尽くされていますし、今となってはそんな演奏をするのは「プロ」もっと言うなら「アーティスト」にあらず、と判断される訳です。
(ただアメリカのコンクールではそうでもなく、今でも昔ながらの演奏スタイルが好まれる傾向にあるようです。ヨーロッパとアメリカの芸術に対する姿勢の違いかもしれません。)
こういう点からも、前の方の話に出ているように「クライバーンだから入賞できた」けど「ヨーロッパのコンクールでは入賞できないと言われている」のだとしたら、まぁその通りなのでしょう。

彼の即興を聴いた限りだと・・・ジャズも本場を目指すならかなり、いえ相当に、厳しいかな。そんな感じでした。


大きなお金やメディアを動かせるということと、「一アーティスト」「一クリエイター」として成功するいうことは、全く別次元という現実をよく示してくれていると思います。まぁこれは今の時代に限ったことではないと思いますけどね。

障害云々で芸術やクリエイティビティを語りたくないので、率直に言います。

一演奏者としては、(問題が明るみになる前の)佐村河内さんと同じ印象・・・ごめんなさい。辻井伸行は前者と違って実際に演奏しているのは確かですから、「世間的評価」の点でです。「障害者のプロピアニスト」という設定で素人の気を引く以上の価値は感じられません。彼の作曲なんてもっと酷いものです。
(言葉は厳しいとお思いかもしれませんが、ヨーロッパでの芸術家・音楽家に対する批評なんてものはこんなものです。ハンディなん...続きを読む

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q良いアリアがあれば教えてください

単純な声楽歴だけなら8年で、声質はコロラトゥーラソプラノです。(間に2年、クラシックではなくミュージカルの舞台出ていた為、歌い方にやや癖があるかも…)


最近歌いたいアリアのストックが切れてしまい、曲探しに奔走しております。

もしオススメのイタリアもしくはフランス語のアリア(もしくは歌曲)があれば是非教えてください。

今まで歌ったことのある大き目のアリアや歌曲は以下に記載いたします(全曲ではなく最近のものになります)


<アリア>
パーセル:ディドとエネアス「私が土に横たわるとき」
カタラーニ:ワリー「Ebben Ne andro lontana」
ロッシーニ:セヴィリアの理髪師「Una voce poco fa」
ドニゼッティ:シャモニのリンダ「O luce di quest anima」
グノー:ファウスト「トゥーレの王-宝石の歌」
グノー:ロミオとジュリエット「私は生きたいの」
モーツァルト:ドン・ジョバンニ「Vedrai, carino」「Batti, batti, o bel Masetto」
ヴェルディ:椿姫「Addio,del passato」
ビゼー:カルメン「恐れるものは何もない」
プッチーニ:トューランドット「お聞きください王子さま」
プッチーニ:ラ・ボエーム「私の名はミミ」「ムゼッタワルツ」


<歌曲>
ロッシーニ(全音楽譜から発売されている歌曲集全曲)
ドニゼッティ(全音楽譜から発売されている歌曲集全曲)
ベッリーニ(全音楽譜から発売されている歌曲集全曲)
ドナウディ(全音楽譜から発売されている歌曲集全曲)
イタリア古典歌曲(1~4巻までほぼ全曲)
マスネ(エレジーのみ)

単純な声楽歴だけなら8年で、声質はコロラトゥーラソプラノです。(間に2年、クラシックではなくミュージカルの舞台出ていた為、歌い方にやや癖があるかも…)


最近歌いたいアリアのストックが切れてしまい、曲探しに奔走しております。

もしオススメのイタリアもしくはフランス語のアリア(もしくは歌曲)があれば是非教えてください。

今まで歌ったことのある大き目のアリアや歌曲は以下に記載いたします(全曲ではなく最近のものになります)


<アリア>
パーセル:ディドとエネアス「私が土に...続きを読む

Aベストアンサー

たまにCDを聴いてたのしむ程度です。
もうほとんど書きこむ余地がないし、はずしているかもしれません。

シャルパンティエ:歌劇ルイーズ「その日から」Depuis le jour
 実はこれを書きたくて。女性の幸福感を歌ってこれほどすばらしい曲があるだろうかという思いです。
 「サムソンとデリラ」も僕も好きです。あれはメゾ・ソプラノの曲かと思っていました。
 それから、間奏曲の旋律に、あとから歌詞をつけた、
マスカーニ:歌劇カヴァレリア・ルスティカーナ「アヴェ・マリア」Ave Maria,Madre Santa.
 は、とっくにお歌いかもしれません。

 ドン・ジョヴァンニ中のツェルリーナのふたつのアリアが見えますので、同じ歌劇中の、
第23曲:ドンナ・アンナのアリア Non mi dir
 ラルゲットではじまりアレグロ・モデラートになるドラマティックな一曲と、
第21曲b:ドンナ・エルヴィラのアリア Mi tradi quell' alma ingrata
 愛憎あい半ばする揺れ動く女心のさまを歌った一曲もあることを申し添えます。

 同じくモーツァルトのフィガロの結婚にも、ことに有名な(いかにもイタリア風な)、
第27曲:スザンナのアリア Deh vieni non tardar
 や、アルマヴィーヴァ伯爵夫人ロジーナの、
第10曲:伯爵夫人のカヴァティーナ Porgi amor
第19曲:伯爵夫人のアリア Dove sono
 の気品に満ちた曲。

 そしてこれは全くのあてずっぽうで申します。
フォーレ、ドビュッシーにいい歌曲がたくさんあるように思います。

以上、はたして参考になりましたかどうか。

たまにCDを聴いてたのしむ程度です。
もうほとんど書きこむ余地がないし、はずしているかもしれません。

シャルパンティエ:歌劇ルイーズ「その日から」Depuis le jour
 実はこれを書きたくて。女性の幸福感を歌ってこれほどすばらしい曲があるだろうかという思いです。
 「サムソンとデリラ」も僕も好きです。あれはメゾ・ソプラノの曲かと思っていました。
 それから、間奏曲の旋律に、あとから歌詞をつけた、
マスカーニ:歌劇カヴァレリア・ルスティカーナ「アヴェ・マリア」Ave Maria,Madre Santa...続きを読む

Q最高峰の歌劇場は?

現在、メトロポリタン、ウィーン、スカラ座、ベルリンと世界中にいろいろな歌劇場がありますが、今、質、評判ともに最高峰といわれる歌劇場ベスト3を挙げるとするとどこになるでしょう?まあ、引っ越し公演のS席の値段である程度判断はできるのかもしれませんが・・。でも来日公演のお値段は、出演する歌手のネームバリューなどでも左右されますよね。
また、それぞれの歌劇場の大まかな特徴も教えていただけると嬉しいです。●●歌劇場のオペラは合唱が秀逸、など(うまい例じゃなくてスミマセン)。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

まず,これはごくごく個人的な趣味にもとづいているということを最初にお断りしておきます。


総合力という点でのツートップ
☆ウィーン国立歌劇場
☆メトロポリタン・オペラ

三位はちょっと離れて
☆ミラノ・スカラ座

僅差で次点
☆サンクトペテルブルク・マリインスキー劇場

番外
☆バイロイト祝祭劇場(チケット入手の困難さならばダントツの最高峰,笑)
☆ザルツブルク・イースター音楽祭(ベルリンフィルでオペラを聴けるのはこのときだけ)

でしょうか(2006年5月末現在)。

ウィーンは,伝統,オーケストラの抜群の音色美,歌手や指揮者陣の豪華さ,などなど,不足しているものが一切見当たらないオールマイティな劇場だと思います。いつかここの舞台に立ちたいと願う指揮者・オーケストラプレーヤー,歌手がいる限り,この劇場は,今後もずっと世界最高峰の一角を占め続けるでしょう。

メトロポリタンは,スター歌手の登場頻度や舞台装置の立派さ,合唱やバレエまで含めた層の分厚さ,といった,いわゆる「物量」の面で圧倒的ですね。劇場としての個性・伝統という点では,まだヨーロッパの諸劇場にほんの少しだけおよばないような気もしますが,やっかみ半分でそう思っているだけかもしれません(笑)

この両者は,上に挙げた長所とともに,何でもこなせるレパートリーの広さが驚異的です。

ミラノ・スカラ座は,イタリア・オペラ(ロッシーニ,ヴェルティ,プッチーニなど)のはまり具合という点では抜きんでていると思います。オペラといえばイタリアだ!,という人にとっては,ここが最高峰だとしても,何ら不思議はないと思います。イタリアもの以外は大得意とは言いがたいところと,お家騒動がたまに起こる(つい最近も起こりましたね)ことが残念です。

サンクトペテルブルクが次点なのは,個人的な趣味がかなり入っています(笑) 指揮者(ゲルギエフ)のカリスマ性と,ロシア独特の骨太で濃厚な表現が魅力ですが,ゲルギエフが多忙すぎることがやや心配で,もしも彼がいなくなったらどうなるのかな,という危惧はあります。レパートリーも,何でも来い!とまではいかないようです。


その他,バレエならばパリ・オペラ座やロンドンのロイヤル・オペラ(バレエ),ワーグナーやR・シュトラウス本人とゆかりが深くこれらのオペラの上演には確固たる伝統を持つドイツのバイエルン州立歌劇場(ミュンヘン)やゼンパー・オーパー(ドレスデン)も魅力的な劇場ですね。


以上はいわゆる大劇場ですが,中小劇場の中にも,非常に個性的で活発な活動をしているところもたくさんあるようです。ただし,私はこのあたりやアメリカのメトロポリタン以外はよく分かりません,ごめんなさい。


東京の新国立劇場も,私は聴いた(観た)ことがありませんが,メキメキと力をつけているという評判ですよ。


長文,失礼いたしました。

こんにちは。

まず,これはごくごく個人的な趣味にもとづいているということを最初にお断りしておきます。


総合力という点でのツートップ
☆ウィーン国立歌劇場
☆メトロポリタン・オペラ

三位はちょっと離れて
☆ミラノ・スカラ座

僅差で次点
☆サンクトペテルブルク・マリインスキー劇場

番外
☆バイロイト祝祭劇場(チケット入手の困難さならばダントツの最高峰,笑)
☆ザルツブルク・イースター音楽祭(ベルリンフィルでオペラを聴けるのはこのときだけ)

でしょうか(2006年5月末現在)...続きを読む

QオペラのDVDをレンタルしてくれる所はありますか?

オペラ(音楽だけでなく舞台映像も)のDVDをレンタルしてくれるところはあるのでしょうか? 近くのTSUTAYA の店ではオペラのDVDはありませんでした。(追伸:gooのエンタテイメントの中の分類自体にもオペラという項目がないのはおかしいと思っています。)

Aベストアンサー

お近くの公立図書館で、視聴覚資料の扱いはありませんか?
Webページで検索できる仕組みがあれば、なお良いのですが。

Qお勧めのテノールのアリア

ソプラノのアリアは好きなものがたくさんあるのですが、
テノールのアリアは今のところ気に入ったものがあまりたくさんありません。
旋律が美しいお勧めのテノールのアリアを教えて下さい。
(トゥーランドットのネッスン・ドルマ以外で)
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
お礼をありがとうございます。

「星は光りぬ」は、平成9年、ナゴヤドームのこけら落とし「パヴァロッティ・イン・ナゴヤドーム」のアンコールで聞きましたよ~。
そういえば、#2で触れた声楽家の友人が、この時ドイツからの飛行機でパヴァロッティと一緒になったと言っていました。(もちろんパヴァちゃんはファースト、私の友人はビジネスなので機内で見ることはできなかったようですが。)

閑話休題。
> 椿姫のCD・DVDは持っていなくてちょうどほしいなと思っているのですが、テノールは誰が歌っているのがお勧めですか?
「椿姫のCD・DVD」となると、全曲版やオペラの舞台の…ということですよね。
私にとっては、実はこれが一番困る質問だったりします…。
私は、「アリア集」とか「名曲集」はたくさん持っていますが、やはりオペラは舞台で観る方が好きなので、あまりオペラのCD・DVDは持っていないんです(恥)。
「椿姫」のDVDですと、
・ジェイムズ・レヴァイン指揮、メトロポリタン歌劇場管弦楽団でプラシド・ドミンゴのアルフレード
・サー・ゲオルグ・ショルティ指揮、コヴェント・ガーデン・ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団でフランク・ロパードのアルフレード
の2種類が有名かとは思うのですが、私はどちらにも魅力を感じないのです。
こればかりは、好みの問題だと思いますけれど。

私は、テノール歌手ではアンドレア・ボチェッリなどが好きですが、彼は盲目ということもあり、オペラの舞台には立ちません。
「アリア集」や「名曲集」には、舞台で演じたことはないけれど…というパターンの選曲がされていることもあります。
その中で「椿姫」の”燃える心を”が「好み。」と感じたのは、フランコ・ボニゾッリ、アンドレア・ボチェッリ、ホセ・クーラです。
なお、私の趣味はちょっと変わっています…。
特に、ボニゾッリを挙げるところは「?」という方も多いのではないでしょうか。
言い訳をすれば『「ボニゾッリのアルフレードがいい」と言っているのではなく、「ボニゾッリの”燃える心を”がいい」と言っているのだからね。』です。
クーラは、CDで「椿姫」の全曲版があるようです。
http://music.yahoo.co.jp/shop/c/10/wpcs10580

友人の兄弟子(トーマス・ハンプソン)が、最近ジェルモンを演るようになりまして、私たちとそんなに年齢が違わないのに、もうそんな役を…というカンジもしますが、とりあえずDVDも出ているようなので、ご紹介しておきます(実際に観たり、聞いたりしていないので視聴後の感想は書けませんが)。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000FDF1BA/ref=pd_ecc_rvi_4/503-2216492-0434337?ie=UTF8

#3さんがご紹介の分、実は書こうと思った曲ばかり…。(#3さまお久しぶりです。ベト7のサブタイの質問の際にはお世話になりました(^^ゞ)
特に、「なんと美しい絵姿」と「朝はばら色に輝きて」は好きです。
友人の所属団体が魔笛を上演した時のタミーノ役の方(日本人・有名な方ではありません)が、やわらかい、いい声で「なんと美しい絵姿」を歌われて、うっとり…でした。

あと、
・静かな夜に(ルイザ・ミラー/ヴェルディ)
・夕星の歌(タンホイザー/ワーグナー)
を忘れていました。
「夕星の歌」を歌うヴォルフラムはバリトンの役どころですが、コンサートなどでは(低めの)テノールの方やテノールに近いハイバリトンの方が歌われることもあるので、一応入れさせていただきます。
#5さんが書いていらっしゃる「我、エウリディーチェを失えり」も、本来はメゾ・ソプラノ設定であるオルフェオの歌ですからいいですよね?(でも、友人の先生は、メゾ・ソプラノ設定の男性の歌を、メゾ・ソプラノの女性が歌うのを非常に嫌います。ですから、この「我、エウリディーチェを失えり」もですが、「オンブラ・マイ・フ」などを女性が歌うことを嫌っていらっしゃるんです。ですから、先生の観点からすれば「我、エウリディーチェを失えり」はテノールが歌う曲になります。)

でも、ご質問者さまのお好きな曲調からすると、単独で歌うアリアよりも、合唱曲の方がお好みに合うものがあるかも…と思いました。
・ヘブライの捕虜たちの合唱~行け!わが思いよ、黄金の翼に乗って(ナブッコ/ヴェルディ)
・ハミングコーラス(蝶々夫人/プッチーニ)
・僧侶たちの合唱~イシスとオリシスの神に感謝を(魔笛/モーツァルト)
・糸紡ぎの合唱~ブーンブン、かわいい車よ(さまよえるオランダ人/ワーグナー)
あたりなど…。
私は、「イル・トロヴァトーレ」の”アンヴィル・コーラス~朝の光がさしてきた~”が好きですが。

少々本題と逸れてしまいましたが、ご質問者さまが好みの曲を見つけられる、お手伝いができれば幸いです。

#2です。
お礼をありがとうございます。

「星は光りぬ」は、平成9年、ナゴヤドームのこけら落とし「パヴァロッティ・イン・ナゴヤドーム」のアンコールで聞きましたよ~。
そういえば、#2で触れた声楽家の友人が、この時ドイツからの飛行機でパヴァロッティと一緒になったと言っていました。(もちろんパヴァちゃんはファースト、私の友人はビジネスなので機内で見ることはできなかったようですが。)

閑話休題。
> 椿姫のCD・DVDは持っていなくてちょうどほしいなと思っているのですが、テノールは...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング