ピカソついて調べています。

ピカソの子どもの頃のデッサンで
鳩と闘牛が描かれていたものがありますが、
その名前は
「鳩と闘牛」

「闘牛と鳩」
のどちらかがおわかりになるかたいらっしゃったら
教えてください。

あにーた

A 回答 (1件)

上にさかさまになった鳩が6羽いるドローイングのことですかね??


それだったら「闘牛と6羽の鳩の習作」
とバルセロナ・ピカソ美術館展の図録にのっていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2008/09/28 20:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピカソ館の展示物について?

私は美術が好きですが、専門的な知識はありません。
先日、箱根の彫刻の森美術館に行きました。ピカソ館を楽しみにしていたのですが、展示物はピカソの晩年の作品の皿(陶器)が多く、青年期や壮年期の絵画の展示はわずかでした。
(しかも南仏風のたくさんの皿も素晴らしいと感じられるものは一部でした。)
ピカソ館のできる以前に彫刻の森美術館で、ピカソの青年期の絵画、デッサンさらにすぐれた彫刻作品を見た記憶があるので、現在はさぞ充実したコレクションになっていることを期待していたので少しがっかりしました。
以前、彫刻の森美術館で見た(私の記憶違いでなければ)今は展示されていないピカソの作品はどうなったのでしょうか。また日本でピカソの青壮年期の作品の展示はどこがよいのでしょうか。
お教え下さい。

Aベストアンサー

行ったことはないのですが、もともとピカソの陶器作品が多い美術館というイメージを持っておりました。

やはり中心は陶芸作品という考えだそうです。
http://www.hakone-oam.or.jp/work/picasso/index.html
http://www.tokyoartbeat.com/event/2004/A2A4.ja
ピカソコレクションは300点あるとのことですが・・・・。

ところで、彫刻の森ってフジサンケイグループなんですね。
(そういえばアモーレの鐘か・・・)


箱根のポーラ美術館に数点あるようです。
http://www.fujitv.co.jp/event/art-net/go/305.html
http://www11.ocn.ne.jp/~mutsu/info/miru/ex.htm

1点ずつならいくつかの美術館にありますよね。。

売買についてはわかりません。
一般的な傾向として、ピカソの油彩作品は過去20年間に約1300点がオークションに出品され約71%が落札されており、なんていうお話がありました。
http://iconfirm.org/contents/investment2.html

行ったことはないのですが、もともとピカソの陶器作品が多い美術館というイメージを持っておりました。

やはり中心は陶芸作品という考えだそうです。
http://www.hakone-oam.or.jp/work/picasso/index.html
http://www.tokyoartbeat.com/event/2004/A2A4.ja
ピカソコレクションは300点あるとのことですが・・・・。

ところで、彫刻の森ってフジサンケイグループなんですね。
(そういえばアモーレの鐘か・・・)


箱根のポーラ美術館に数点あるようです。
http://www.fujitv.co.jp/event/art-net/g...続きを読む

Q趣味で絵を描いてるのですがデッサンはよくできのですがオリジナルで人物を描くことがうまく出来ませんどう

趣味で絵を描いてるのですがデッサンはよくできのですがオリジナルで人物を描くことがうまく出来ませんどうやったらうまく描けるようになりますか(下の画像は試しに描いたものです)

Aベストアンサー

好きな漫画家さんや、イラストレーターさんや、pixivというイラスト投稿サイトで好きな絵師さんを見つけ、そういう人の絵をひたすら真似していればだんだん理想に近づいてきますよ!

Qピカソの絵の良さについて

ピカソの絵を大量にみてきました。
ゲルニカなんかは、説明されるとなるほど
そうなのかと時代背景が思想から
絵を理解する事ができるのですが・・・

全般において
ピカソの絵のよさについて
全く感じ取る事ができません。

ピカソの絵のどこがどう世界的に評価されているのか
教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

ピカソも大好きな一素人美術愛好者です。

ピカソに限らず、優れた絵画はいずれも単純に写実的なだけではないかと思います。
と言うか、古来、優れた画家たちというものは、例外なく、それぞれの時代にあって、最も正確に対象を観察し、それを描き出そうとしてきたのではないでしょうか。

私自身は、最初にピカソを見たとき、いわゆるカルチャー・ショックに近い衝撃や戸惑いを受けました。
それを私なりに説明すると、「理解する」にも二通りあって、自分の慣用としてきた知の鋳型に合わせて対象をそれに当て嵌めて理解する場合と、自分の慣用としてきた理解の範型に合わない対象との出遭いによって、自分の知の鋳型が対象から無効宣言される場合とがあるのではないでしょうか。

ピカソをはじめとする、前衛的、革新的な芸術作品というものは、概して鑑賞する側の慣れ親しんできた知の鋳型を否定したり、批判したりする力として作用するのではないでしょうか。
つまり、ピカソを「理解する」というのは、実は自分の古い知の鋳型が壊されることであり、だからこそ筆舌しがたい、言語道断のいわゆる感動、恍惚、無我の境地にいたるのではないでしょうか。
その時、ピカソによって自分が支配されたり、征服されたりする、その意味では一種のマゾヒスティックな快感に溺れているのではないでしょうか。

鑑賞を終え、その体験を反芻するようになったとき、間違いなく自分の内部にはこれまでのものとは違った、新しい知の鋳型が出来上がっているはずです。
芸術の鑑賞というのは、そしてそこで感動するというのは、実は自分の古い知の鋳型をいったん死に至らしめ、新たに蘇生させるという秘儀であると言えるのかもしれません。
だから、しばしば優れた芸術作品は鑑賞する者をして自己発見せしめる力を内在させていると古来言われてきたのだと思います。

その上で、質問者さんの

>ゲルニカなんかは、説明されるとなるほど
>そうなのかと時代背景が思想から
>絵を理解する事ができるのですが・・・

という鑑賞態度について申しますと、失礼ながら、こういう姿勢では、ご自分の慣れ親しんできた知の鋳型が頑固に自己保全している、一度死んで蘇るのを拒絶していると言われるかもしれません。
その他、絵画の技法、時代・社会背景、画家・題材に関する知識等々も、すべて既成の知識という鋳型であって、本当言えば、虚心坦懐に絵を鑑賞する上では邪魔物でしかないと思います。
それに囚われた眼でどんなに優れた絵画に向き合っても、絵画の方では決して深奥の魅力を見せてはくれないと思います。

>ピカソの絵のどこがどう世界的に評価されているのか
>教えていただけないでしょうか?

たとえば、ピカソの立体主義について申しますと、彼はこれまでの画家が対象をカメラアイ(=パースペクティブな視点)から眺めることを写実的な態度だと思い込んでいたとすれば、はじめて、他ならぬ人間の眼で、しかも先入観や偏見をできる限り排除して対象を眺めればこう見えるはずだ、という確信を持つに至った最初の画家である、と少なくても私はそう考えております。

人間の眼は、カメラアイと違って、人間の横顔の裏側にもう一つの眼が付いていることを知らないフリして横顔を観察することなんかできませんからね。

ピカソも大好きな一素人美術愛好者です。

ピカソに限らず、優れた絵画はいずれも単純に写実的なだけではないかと思います。
と言うか、古来、優れた画家たちというものは、例外なく、それぞれの時代にあって、最も正確に対象を観察し、それを描き出そうとしてきたのではないでしょうか。

私自身は、最初にピカソを見たとき、いわゆるカルチャー・ショックに近い衝撃や戸惑いを受けました。
それを私なりに説明すると、「理解する」にも二通りあって、自分の慣用としてきた知の鋳型に合わせて対象をそれに...続きを読む

Qピカソのデッサンが載った画集

ピカソのデッサンがたくさん載っている画集ってありますか?
本屋などで探しても、キュビズム時代などの画集はあっても、もっと若い頃(子供の頃)に描いたようなデッサンは見つかりませんでした。

もしそういう物があれば、ぜひ教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2002年9月21日~12日8日迄、
上野の森美術館で「ピカソ天才の誕生」という、
バルセロナ・ピカソ美術館展がありました。

この時に展示された作品は、最初の素描が残る1890年から1904年、パリ定住までの少年期から青春時代に至る14年間の作品で、油彩、スケッチ、習作など222点でした。そのほとんどが日本初公開という事でした。

そして、ピカソの記憶に残る最初のデッサン「ヘラクレス」も展示されていました。
(6歳の頃と言われていましたが、実際には9歳の時の作品だそうです)
他にも「石膏像の習作」、「人物の写生習作」、「裸体の写生習作」、「手の習作」、「自画像」、日常のいろいろな人達の格好をスケッチした作品、等が展示されていました。
展示されていた作品は、図録で見ることが出来ます。
「上野の森美術館」のホームページから「図録販売」という事で、過去に行った展覧会の図録を販売しています。もう3年程前に行われた展覧会ですので図録の在庫が残っているかどうか分かりませんが、気になるようでしたら、一度お問い合わせしてみたらよろしいかと思います。

URL
  http://www.ueno-mori.org/zuroku/index.html

2002年9月21日~12日8日迄、
上野の森美術館で「ピカソ天才の誕生」という、
バルセロナ・ピカソ美術館展がありました。

この時に展示された作品は、最初の素描が残る1890年から1904年、パリ定住までの少年期から青春時代に至る14年間の作品で、油彩、スケッチ、習作など222点でした。そのほとんどが日本初公開という事でした。

そして、ピカソの記憶に残る最初のデッサン「ヘラクレス」も展示されていました。
(6歳の頃と言われていましたが、実際には9歳の時の作品だそうで...続きを読む

Qピカソ100億

ピカソ100億
現在ピカソは非常に高価な絵という位置づけですが、
200年後にこの価値はあると思いますか?
ピカソの絵は生前から高値を付け死後遺族により相続をめぐる泥沼になりましたが
そもそもなんでこんなに高いのか?
今回の100億の絵も5~6時間で書き上げたものだと思いますが。
絵画史的に同じスペイン画家でもベラスケスやゴヤの方が偉大ですし後世(現代)への影響もピカソの影響は大きくないと思います。
第二次大戦で前衛芸術が厳しい時代にドイツで製作を続けたということが評価となったのでしょうか?
それともただの投機目的でしょうか?

Aベストアンサー

ピカソは、凄いです。ふつうの写実的な絵画を子供の頃にきわめ尽くしたあと、独自の世界に入りました。後世に与えた影響も莫大です。キュビズム出現のインパクトは遠近法や印象画と同じくらいじゃないでしょうか。個人的には、上野の美術館でピカソの生の絵を見てぞくっとしたことを覚えてます。

ただ、質問者さんの仰ることもよくわかります。昨日のあの絵は、正直よくわからんかった。凡庸というか、ピカソらしいぎらっとした所がまるでないというか・・・ 1日で書いたと聞いて、そうだろうなと思いました。

100億という値に関しては、美術品の値は絵的な良し悪しと関係ないというのはよく言わるれることです。有名作家のものであれば高くなりますし、希少性でも大きく変わります。あと100億出した人(か企業)は、別にあの絵を好きで買ったわけではないでしょう。よく言われるのは税金対策です。年間100億もかせぐとほとんど税金で持ってかれるので、会社の応接室に飾る絵とかを買ってみかけの利益をゼロにする。さらに応接室には贋作を置いておいて、本物は闇で安く売ってしまうと、たとえ買値の3割くらいでしか売れなくても、それは無税の裏金として自由に使える・・・とはよく聞く話です。高額の美術品売買にはそのような裏があると覚えておきましょう。

ピカソは、凄いです。ふつうの写実的な絵画を子供の頃にきわめ尽くしたあと、独自の世界に入りました。後世に与えた影響も莫大です。キュビズム出現のインパクトは遠近法や印象画と同じくらいじゃないでしょうか。個人的には、上野の美術館でピカソの生の絵を見てぞくっとしたことを覚えてます。

ただ、質問者さんの仰ることもよくわかります。昨日のあの絵は、正直よくわからんかった。凡庸というか、ピカソらしいぎらっとした所がまるでないというか・・・ 1日で書いたと聞いて、そうだろうなと思いました。
...続きを読む

Q直線を描く練習の仕方(デッサン)

 フリーハンドで直線を描けるようになりたいのですが、良い練習の仕方は無いでしょうか。
 仕事の一端でインテリアパースをよく描いていてなかなか好評をもらっています。それが、才能があるとかプロみたいと言われて、自分でも力を磨いてみたいと思い、家で休みの暇な日にデッサンなどで少し練習をしています。確か4年程前からです。
 ただ、未だに直線、特に縦の直線が震えたり弧を描いたりして、とても見れない線になってしまいます。(なので仕事ではほとんど定規で描いています。)
 現状は毎週1日、3~4時間程直線の練習(B4コピー紙の長手に鉛筆で7mm間隔くらいで線を描いています)、又はコップや本、卵、箱などをデッサンする程度。美術を習ったことはありません。
 やはり練習量が足りないのでしょうか。それとも練習の仕方がまずいのでしょうか。
 夢は40代にオリジナルの絵画を描けるようになりたいのですが。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。私がデッサンを習ったときには、腕だけで動かそうとすると曲がったり震えたりするので、肘から手首だけを動かすのではなく肩から動かせと習いました。

結構ハードな運動になるのですが、少し肘をあげて、肘から手首は動かさずに(肩から手首までが固まった状態)、いっきに肩から振り下ろします。すると曲がらずに直線が引けます。少し練習が必要かもしれません。

Qピカソマーブルとピカソ(画家)の関係

資料の中にでてきた「ピカソマーブル(picasso marble)」という単語について調べています。

大理石の種類で良いんでしょうか?
画家のピカソとは関係がありますか?

Aベストアンサー

誰が付けたか知りませんが、ピカソの絵のように奇抜な模様をもっているからだそうです。

参考URL:http://www.bernardine.com/cabochons/picasso-cabs.htm

Qたくさんの人物を描くデッサンのことを何と言いますか

 パレードや、広場での集会など、多人数を描いたデッサンの事を何と言いますか。
 「群像デッサン」と言う言葉もあるようですが、「群像デッサン」で検索しても2、3人を描いたデッサンしか出てきません。
 どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>パレードや、広場での集会など

こういうのは#1さんがおっしゃるように、素早く捉えて描く、「クロッキー」や「スケッチ」ではないでしょうか。

関根正二のスケッチに裸婦群像というのがあるそうです(三重県立美術館)
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/collection/sekine/sekine_sketches.htm


>「群像デッサン」で検索しても2、3人を描いたデッサンしか出てきません。

デッサンで大人数を描くことは少ないのかもしれません。

それと、2,3人の絵に「群像」と当てているところからすると、絵画で言う群像って「集団」とか「大人数」いう意味ではないのだろうと思います。
https://www.google.co.jp/search?client=ubuntu&channel=fs&q=%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%80%80%E7%BE%A4%E5%83%8F&ie=utf-8&oe=utf-8&hl=ja

でも、複数の人数であれば、「群像」で良いと思いますよ。

絵画 群像
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BE%A4%E5%83%8F%E3%80%80%E7%B5%B5%E7%94%BB&client=ubuntu&hs=NUG&channel=fs&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=PN2FUuj6KsTJkQWM94GwCQ&ved=0CCkQsAQ&biw=1040&bih=400

群像と聞くと、個人的には(素人です!)、ロダンの彫刻「カレーの市民」みたいなのを思い浮かべますが、、、あれは6人?

もっと大人数で絵画だと、ブリューゲル。あの人は群像が多いです。


デッサンとスケッチの違い
http://dessin-navi.info/question/
デッサンとスケッチとクロッキーの違い
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q147687189

>パレードや、広場での集会など

こういうのは#1さんがおっしゃるように、素早く捉えて描く、「クロッキー」や「スケッチ」ではないでしょうか。

関根正二のスケッチに裸婦群像というのがあるそうです(三重県立美術館)
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/collection/sekine/sekine_sketches.htm


>「群像デッサン」で検索しても2、3人を描いたデッサンしか出てきません。

デッサンで大人数を描くことは少ないのかもしれません。

それと、2,3人の絵に「群像」と当てているところからすると...続きを読む

Qピカソって絵うまいの?

 ゲルニカなどの代表作で知られるピカソですが、子供の頃に初めて絵を見た印象として「下手くそ~」と思いました。 
 まったく美術に興味が無く生きてきたのですが、ピカソって写実的表現のデッサン力ってあるんでしょうか?。

Aベストアンサー

 ピカソは写実的な絵も非常に上手です。
 百聞は一見に如かず。よろしければご覧ください。
http://cgfa.sunsite.dk/picasso/p-picasso7.htm
 これは去年の秋に本邦初公開となった「初聖体拝領」で、ピカソ14歳の時の作品です。モニタを介しては半分も厚みを感じられませんが、「この絵を14歳で描いた」と聞いて才能を感じない者はいないのではないかと思います。
 これは古典主義を丁寧になぞった絵で、彼はこの時期、このスタイルの絵ばかり描いていたわけではありません。様々な画材で様々な描き方をし、まるでなにかをためし模索しているかのようです。
http://members.jcom.home.ne.jp/senecio304/picasso.htm
 こちらのページでは下にいくほど写実から離れていきますが、「夢」や「ドラ・マールの肖像」にしても、確かなデッサン能力が基礎になければ描けない絵だということははっきり見てとれます。
 ピカソが描いた写実よりの絵を他にもご覧になりたければこちらもどうぞ。
http://www.abcgallery.com/P/picasso/picasso.html

 ピカソの父もまた画家でしたが、息子ピカソが8、9歳の時に描いたリンゴかなにかの絵を見て彼我の才能の差を感じ、14歳の時に筆を折った・・・というのは有名なエピソードです。それが脚色された逸話だとしてもです。
 ピカソの父が絵を描くのをやめてピカソのサポートにまわったのは事実で、その理由が何であれ、それだけの力がまだローティーンのピカソにあったということではないでしょうか。
 またピカソは絵と女性と金儲けに対して非常に精力的な人物で、絵もギネスブックに載るほど非常に多作な画家でした。(女性が変わるたび、なにか心境に変化があるたび、ころころ画風が変わる画家でもあるので、追いかけるのも面白いですよ。)
 素人目には「写実的である」ということは絵の上手さの指標としてとてもわかりやすいので、写実的であるほど良い絵、上手い絵、と考えがちな気がします。
 しかしこれだけたくさん絵を描くと、「描く」ということに対して研ぎ澄まされていって、なにかが昇華して残ったものがあの、子供から見ればどう見ても落書き、というものになるのだと思います。
 「写実的に描く」だけなら技巧の上手さに過ぎないでしょう。そこになにか思想や情緒、概念というものを盛り込んで初めて「芸術」にまでなるのではないでしょうか。少なくとも感情として、絵を描きたいという欲求はただ単に風景を切り取るだけでは満たすことができませんし、一部の画家にとっては写真と違いがつけられないのかもしれません。絵も写真もなにかの表現手段ですが、絵を描くもののはしくれとして、「写実的に」描くだけではおさまらないものがあるんです。
 そうやって自分の絵心を追求し、昇華した先にピカソのような抽象画にたどりついたり、マグリットのように「写実的なモチーフを組み合わせて非現実的な絵を描く」画家もいると思います。

 トリビアですが・・・。ピカソのフルネームをご存知でしょうか?彼のフルネームはパブロ・ピカソではありません。
 パブロ・ディエゴ・ホセ・サンティアゴ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセノ・クリシピン・クリスピニャーノ・デ・ロス・レメディオス・シプリアーノ・デ・ラ・サンテシマ・トリニダッド・ルイス・ピカソ、がフルネームだそうです。彼の父や叔父はじめ先祖や近所の人などの名前がめいっぱい詰め込まれているそうです。

 ピカソは写実的な絵も非常に上手です。
 百聞は一見に如かず。よろしければご覧ください。
http://cgfa.sunsite.dk/picasso/p-picasso7.htm
 これは去年の秋に本邦初公開となった「初聖体拝領」で、ピカソ14歳の時の作品です。モニタを介しては半分も厚みを感じられませんが、「この絵を14歳で描いた」と聞いて才能を感じない者はいないのではないかと思います。
 これは古典主義を丁寧になぞった絵で、彼はこの時期、このスタイルの絵ばかり描いていたわけではありません。様々な画材で様々な描き方をし...続きを読む

Qピカソは幼少期どれくらい絵を描いていたんですか?

ピカソの14歳の頃のデッサンを見たのですが、ものすごく上手でした。

いったい何歳くらいの時から1日どのくらい描き続けていたのか気になります。

Aベストアンサー

ピカソが6歳の時描いた
「ヘラクレス」のデッサンが残ってますね。
参考HPの上段。

http://www.saragilbaneinteriors.com/get-thee-to-the-frick-picassos-drawings-1890-1921/

何歳から1日どのくらいは厳密には判りませんが、
なにか筆記用具を持てる1歳すぎたあたりから毎日、
日のあるうちの半分以上=6時間以上描いていた可能性はあります。
ピカソに限らず、画家や絵師はそういう人が多いですよ。


人気Q&Aランキング