初めての店舗開業を成功させよう>>

こんばんは。
近々文化祭でバンドをやることになったのですが、ボーカルに必要な道具がわかりません。
とりあえず、SHURE BETA58Aとマイクスタンドは買っております。
ケーブル等、必要なものやおすすめのものをご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.1です。


専門家のNo.3さんのご意見でごもっともと思いますが、そうですねぇ…

ちょっとばかり本格的な形なら、こういうものをお薦めしたい気もしますが
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …
ただ、一見かっこいいですが、買ってしまったら結構保管に場所を取る…ってこともありますから、その辺は学生さんなら慎重に検討いただきたいところですね。

もし、使える楽器用アンプがあるなら、一応は次のような形態のケーブルで繋げば、マイクの音は出ます。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …
ただ、小型のギターアンプなんかだったら、ちょっと音量を上げるとすぐに歪んでしまうので、できればキーボード用の方がいいですね。その次がベース用かな。


あと、楽器アンプ1台分くらいで済む簡単なボーカル用アンプなら、いっそ買おうか…という選択があるなら、いわゆる「ストリートライブ向け」的なボーカル用アンプもあることはあります。こういうのなら、BETA58Aに合うマイク入力端子も付いてるし、リバーブも掛けられるので便利は良いですけども。
一例ですが
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …
とか、個人的には教室くらいの広さなら、こういう方がお薦めですけどね(ちょっとでかいけど、教室の2倍くらいの場所まで十分使える)
http://www.alesis.jp/products/transactive50/
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …
とか
http://www.behringer.com/K450FX/index.cfm?lang=JPN
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …
など

上のような「ボーカル用アンプ」(キーボード兼用も含む)では、BETA58Aと同じ3端子のマイク用入力端子が付いてますから、両端がXLR♂-XLR♀になっている、例えばこういうケーブル使って下さい。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …

でもまぁ、よく考えて、何か使えそうな機材が無いか探してみてね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かい商品案内、どうもありがとうございます。
これらの中から検討していこうかと思います。
ケーブルもいったいどれを買えばいいのかわからなかったので、とても役立ちました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/10/13 20:17

それは大変ですね。


マイク→ミキサー→アンプ→スピーカーでとりあえず音は出ます。

体育館などで本格的にPA用機材を使うのであれば、はっきり言って素人ではセットアップできないと思いますし、繋がったとしても壊してしまうと思います。
また、モニターなども必要かと思いますので、更に機材が必要です。(モニターチューニングは難しいです)

教室程度の広さであれば、カラオケ用の機材、最悪ラジカセや楽器用アンプに繋ぐのが簡単かと思います。←私も学生時代経験あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
マイクからそのままスピーカーにつなげば音が出ると思っていました・・・。
>>教室程度の広さであれば、カラオケ用の機材、最悪ラジカセや楽器用アンプに繋ぐのが簡単かと思います。
楽器用アンプで音が出せるのなら、それでやろうかと思います。
最低限何を歌っているかがわかればいいので・・・。

お礼日時:2008/10/13 09:39

No.1です。


補足拝見した上で、たびたびすいませんが…ちょっと意味が…

つまり、
「バンドでボーカルをするんだけど、PA機材とか、マイクの声を拡声する物は何にもない」
「だから、一から機材を用意しないといけないが、何がよいか?」
ていう意味の質問ですか?

学校に何か機材が有るので、それにマイクを繋ぐ方法とか、
学校が何か機材を用意してくれるとか、
…っていうことは、全く無いのが前提かしら?

それと、何が必要かがわかったら、買う予定なのか、どこかから借りる算段をするのか…そのあたりはどうなんでしょうね?

こっちが質問ばっかりするのもおかしな話ですが、仮にボーカル用のPA機材を一から買うなら、規模によっては数万円では済まないのでねぇ…
そんな回答しても、学生さんには普通は非現実的だと思うので…

そのあたり、もうちょっと詳しく教えてもらえませんかねぇ?

あと、ついでに、
「どういう会場(校内のどういう場所)でライブするのか」、
「バンドの楽器構成はどんな感じか」、
「もしエレキギターとかベースとかが入るバンドなら、そういう楽器のアンプはどうすんのか」
なんてことも追加して貰えるとありがたい。

アコギ+ボーカルくらいなら、場所によっては大層な機材が無くてもできるかもしれないけど、ロックバンドのボーカルだったら、ドラムやアンプに負けないだけのマイク音量出そうとすると、相当ごっつい機材が必要になるので…

この回答への補足

>>つまり、
「バンドでボーカルをするんだけど、PA機材とか、マイクの声を拡声する物は何にもない」
「だから、一から機材を用意しないといけないが、何がよいか?」
ていう意味の質問ですか?

はい、そのとおりです。
予算が5万ほどで考えているので、場合によってはレンタルも考えております。

バンドについてですが、学内の一つの教室で行います。
構成はギターx2、ベースとなります。
ギターとベースそれぞれが自分のアンプを持っています。

演奏するのがスピッツ等なので、楽器の音量はあまり大きくならないと思います。

補足日時:2008/10/13 09:25
    • good
    • 0

文化祭だと、ちょっと勝手は違うと思いますが…


普通は、ライブではPA装置が付きもので、専門のPA屋さんが入るならボーカル用のマイクもスタンドもPA屋さんの方で用意する物なので(PA屋さんの機材に合わないマイクは繋ぐ事が出来ないから、機材に合わせたマイクを用意している)、ボーカルの人は『手ぶら』でいいんです。

質問者の方の文化祭では、PA装置はどうするんでしょうかねぇ?
学校に備え付けのがあるのかな?

学校に設備があるなら、その設備にBETA58Aを繋ぐことができるケーブルが必要という事になりますが、ライブ向けの設備があるなら、マイクケーブルも普通はあるはずなので、それを使えばいいようなもんなんですが…

ということで、とりあえずライブのPA設備はどうするのか?
どんなものがあるのか?
について、もうちょっと情報が無いと、何とも言えないですねぇ。

この回答への補足

ご返信ありがとうございます。
今回、ライブではまったくなにも貸し出しがない状態で行います。
私としては、「とりあえず声がマイクを通して大きく出る」というだけでかまいません。
そういった状況で必要なものをお教えください。

補足日時:2008/10/13 01:25
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボーカルに必要なもの

ロックバンドのボーカルをやるのには、何が必要なのでしょうか。

どちらが上手いと感じる、もしくは、どちらが好きですか?
質問(1)
A. ピッチが良いとリズム感があまり良くなくても上手いと感じる。
B. リズム感が良ければピッチが正確でなくても上手いと感じる。

質問(2)
A. 歌が上手いけど、棒立ちで歌っている。
B. 感情が入ってノリノリだけど、歌が下手。


リズムの取り方は人によって違うと言いますよね。
それってどう違うのでしょうか。
ロックなど自由に歌うジャンルのもので、
二人で息を合わせれば、リズムの感じ方が違っても、
二人で唄うことはできるものでしょうか。

最後に、ボーカルの色って何でしょう???

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方、バンド経験者です。

質問1に関しては、この比較自体が意味をなさないと思います。 ピッチが安定しない、リズムが安定しない、いずれのケースもボーカルとしてはあまりうまくはないと判断しますね。 ピッチの安定と、リズムの安定については、それぞれに独立した、いずれも重要な要素として、双方を両立するように心掛けるのが良いと思います。 いずれかを取捨選択するような捉え方をするのは、結局ためにはならないでしょう。

質問2に関しては、ボーカリストとしてうまいというのであれば、歌自体がうまいことが必須だと思います。 パフォーマーとして、歌は度外視して歌以外の要素を重視するというのであれば、歌が下手でも構わないでしょう(パンクなどはその傾向が強いジャンルではありますね)が、音楽として聞く限りでは、歌自体がうまいことが重要と判断します。
ただし、歌のうまさについての判断は、歌に載る感情表現の良し悪しを材料とすることもあります。 必ずしも楽器的にピッチやリズムが正確であっても、歌唱自体に魅力がなく、下手ではないけどうまいとも言いにくいというケースも、ないとは言えません。
なお、歌がうまければ、感情は自然と歌にのりますし、その分ノリも良くなるでしょう。 そういう意味では、この設問もあまり当を得ているように思えないところはあります。 歌の下手さをゴマカすためにパフォーマンス(感情を込めているんだ、ノリノリなんだということをアピールする身体表現など)にはしるとしたら、それはボーカリストとしては好ましい状態とは言えないでしょう(パフォーマーとしての領分を強く見込むのであれば、話は変わってくるかも知れませんが)。


リズムの取り方について、具体的な違いというものは、ある程度は感覚的に捉える必要のある部分だと思います。 この点を把握するとしたら、リズムに対して、それをどう意識しているか、どのように捉えるか、どのように解釈するかなど、少々観念的な理解が必要なのではないでしょうか。
リズムの感じ方が違う人同士が集まって、息をあわせて歌うことについては、それは普通に形になると思いますよ。 そもそも、バンド自体がすべてのパートで同じようにリズムを捉える人ばかりで構成される訳ではありませんし、その条件下で合奏している訳ですから、リズムの感じ方が違う人同士で協力して演奏することは可能でしょう。 そのギャップをどう埋めるかが、バンドで演奏するときの重要な要素になると思います。 この点について、ボーカルだけが例外になることはないでしょう。

ボーカルの色については、非常に抽象的な表現だと思いますので、回答も非常に漠然としたものにならざるを得ないのですが、先にも上がっているように、個性だと思いますよ。 ボーカルが、表現者として何を大事に捉え、何を得意とし、どういう手段で伝えたいことを表現するのか、そうした要素の総合が個性といえるでしょうし、そこからその人物固有の他の人には出せない雰囲気などが生まれれば、それがボーカルの色といえると思います。

だいぶお悩みのようですが、まずは今のバンドの中で自分がどのように歌いたいのかをよく見つめてみるのが良いのではないでしょうか。 その上で、自分の希望とバンドのメンバーの希望をつき合わせてみて、そのバンド全体としてどのようにしたいのか、自分の希望のどこまでが妥協できるラインか、バンドメンバー側の希望のどこまでが妥協できるラインか、それらをバンド全体で探って、そのバンドのボーカルとしての方向性を模索してみるのが良いように思いますよ。

参考まで。

当方、バンド経験者です。

質問1に関しては、この比較自体が意味をなさないと思います。 ピッチが安定しない、リズムが安定しない、いずれのケースもボーカルとしてはあまりうまくはないと判断しますね。 ピッチの安定と、リズムの安定については、それぞれに独立した、いずれも重要な要素として、双方を両立するように心掛けるのが良いと思います。 いずれかを取捨選択するような捉え方をするのは、結局ためにはならないでしょう。

質問2に関しては、ボーカリストとしてうまいというのであれば、歌自体がう...続きを読む

Qバンド練習で必要なボーカル機材は??

はじめまして。

最近、バンドの練習を始めたのですが
ボーカルがなくてさびしい思いをしています。

一応中古の機材
DOD 1222RM  と
NAD 2100
を購入したのですが、
あとはどんなスピーカーが必要なのでしょうか?

小さい部屋で練習する程度なので、大きいものは必要ないのですが、、、

あとパワーアンプの後ろに赤と黒のコネクションがありますが、そのコネクションに合うスピーカーではないとダメでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スタジオ用にということでいいのでしょうか。
アンプについての日本語のHPが見当たらず、どういうアンプかわかりませんが、PA用のものなら楽器屋でPA用として売っているスピーカーを接続します。大きさ(W数)はアンプの出力に合わせます(スピーカー保護のため、アンプの最大出力以上のW数にします)。
私はフォークデュオ的なバンドをしていて町の施設の音楽室を借りて練習することがあり、20W×2のアンプとBOSEの30Wスピーカー×2で鳴らしていますが、音量はぎりぎりです。ロックバンドだったら音量が足りません。
もし自宅で使うだけであればスピーカーよりも密閉型のヘッドフォンの方が練習になると思います。録音時にも必須です。

Qライブに必要なものをおしえてください。

いい年ですが、今度初ライブをやります。
8月に横須賀の開国祭(ペリー来航150周年を祝う行事)があって、それに出場しようと思います。
ただ、ステージがライブ用ではなくて、色々と多目的なステージなんです。
そこで、ライブ用の機材をハッキリさせておいて用意しなければならないんです。

なにぶん初心者なので、必要な機材がわかりません。
BON JOVIのコピー(These days/Something for the pain)をするのですが、
ボーカル×1・ギター×3・ベース×1・ドラム×1・キーボード×1
という編成になっています。
ギターとベースだけは自分の楽器と、スタジオで練習する用のシールドを持っていますが、他はなにもありません。

アンプくらいはわかるのですが、ミキサーっていうんですか?
マイクやキーボードを繋ぐ機械も必要なんでしょうか?
全くわからないので、どうかおしえてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、mondayと申します

ステージのPA(音響)を担当する業者の立場から。
多目的ステージということは、基本的な、ミキサー、マイク、スピーカーなどは主催者で用意してあるはずです。ですから、そのステージに出場するバンドさんが用意するものは、
 楽器すべて(ギター、ベース、ドラムセット、キーボード、アンプ(ギター用、ベース用)、譜面台
 各楽器にかけるエフェクター類、それをつなぐシールド
 テーブルタップ
簡単に言うとatom31さんのバンドが、『マイク、スピーカー、ミキサー』を除いた『演奏するのに必要なものすべて』です。

ワイヤレスの持込は、周波数の関係もありますから止めたほうが無難です。混信したら使えません。
専用マイクの持ち込みも、ハウリングの関係上、お勧めしません。

多目的なステージの場合、必要最低限のものしか、業者は用意しません。

atom31さんが、まずすることは、主催者に問い合わすことです
『楽器類は何を用意しているのか』
>>不足しているものを持ち込みましょう

『マイクを何本使いたいか(そのマイクの使い道の内訳)』
>>Vo用に1本、G用に3本、KEY用にLINEで2本、B用に1本、Dr用に5本、という具合に

『自分たちの与えられた時間は何分間なのか、その時間にセッティングの時間は含まれているのか、リハーサルの時間はあるのか、あればいつなのか』
>>大体の場合、セッティングを含んでいます。実際に、最小の時間で組み上げることができるように練習しておきましょう。リハは、すべてのイベントが始まる前にとることが多いです。

『モニタースピーカーは何本使えるのか』
>>サイドスピーカーのみの場合が多いです。追加でフロントのコロガシ2本ぐらいは用意してあるかもしれません。
#3さんもお書きになっていますが、早めに『セッティング表』を出してください。その上で、主催者と相談です。
お金の問題が、必ず発生しますから、直に音響業者と話をしても、素直に話が進みません。主催者から『音響業者さんに直接話をしてください』と、許可を受けてから、です。

難しそうになってしまいましたが、ライブ、楽しんでくださいね。一度やると、次からは、やり方がわかってきます。難しいのは最初だけですよ。
わかる限りお答えします。遠慮なく、補足質問をどうぞ(^^)

こんにちは、mondayと申します

ステージのPA(音響)を担当する業者の立場から。
多目的ステージということは、基本的な、ミキサー、マイク、スピーカーなどは主催者で用意してあるはずです。ですから、そのステージに出場するバンドさんが用意するものは、
 楽器すべて(ギター、ベース、ドラムセット、キーボード、アンプ(ギター用、ベース用)、譜面台
 各楽器にかけるエフェクター類、それをつなぐシールド
 テーブルタップ
簡単に言うとatom31さんのバンドが、『マイク、スピーカー、ミキサ...続きを読む

Qヴォーカル用のアンプってありますか?

初めての質問で恐縮です。
2,3年ほどボイストレーニングしながら自宅でも練習しています。

自宅で練習するとき、いつも自分の声を会議用のボイスレコーダーにとって聴いていましたが、高音部の声しか聞き取れず、自分の声というものが掴めません。

もちろん高いボイスレコーダを買えばよいという話もありますが、
よく考えたら、マイクとスピーカーを買って防音機能の自宅で練習すれば自分の声を聴きながら声質・高低を調整したり練習できるじゃないか!!!と、今頃、気づきました(汗

一番は周りが聴いている本当の自分の声がどんなものかを聴いて、自分で変化させた声=周囲が聴いて感じた声 にしたいということです。

マイクは定番のシェアーSM58を考えていましたが、楽器店の大変親切な店員さんに1時間弱マイクとスピーカーの講義を受けて、もうすこし考えてみたほうが良いですといわれました。

そこで質問です、ネットでも検索したのですが、ギターやベースの個人練習用アンプは大量にあるのに、ヴォーカル専用の練習アンプってほとんどありませんよね?

需要がないのでしょうか?
ネットや店員さんから聞いた情報では、充電式アンプTAXIという路上向けのアンプや TRAMP for vocalという商品もありました。
あとはミキサーとスピーカーをセットで買うか、ベース用のアンプを使うか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
話が長くなりましたが、お聞きしておきたいのは

・ヴォーカリストの皆さん(特に自分の声を変えていきたいと思っている人)で、自宅で練習している方はどのような練習方法とっていますか?
・ボイスレコーダー派かマイク+アンプ派どちらですか?
・特にマイク+アンプ派の方はオススメのスピーカー(モニタースピーカー?、ミキサー?含む)を教えてください。

恐縮ですが、通りすがりの時で結構ですのでご意見お待ちしています。

初めての質問で恐縮です。
2,3年ほどボイストレーニングしながら自宅でも練習しています。

自宅で練習するとき、いつも自分の声を会議用のボイスレコーダーにとって聴いていましたが、高音部の声しか聞き取れず、自分の声というものが掴めません。

もちろん高いボイスレコーダを買えばよいという話もありますが、
よく考えたら、マイクとスピーカーを買って防音機能の自宅で練習すれば自分の声を聴きながら声質・高低を調整したり練習できるじゃないか!!!と、今頃、気づきました(汗

一番は周り...続きを読む

Aベストアンサー

> ステレオヘッドホン買ってイヤホン端子に繋ぎましたが、やはり軽く、幼く、聞こえてしまいます。
> もしかしたら、これが本当の声でしょうか???

その可能性が高いですね.
自分の声は自分で思っているよりずっと軽い声質になることが普通だと思います.

> 専属ボイトレの先生にでも聞かせて、『今、私が話している声と、この機械の声は同じですか!?』って問い詰めたらよさそうですね。

厳密にはもちろん違いますが,あなたが自分の声と思っているよりは,はるかにあなたの声を正確に記録・再現しているはずです.そのくらい自分が普段感じている自分の声と,客観的な自分の声とはギャップがあるのです.

たしかにボイスレコーダの実力はたかがしれています.高いクオリティを求めるなら機材にお金を掛ける必要があるのもその通りです.
しかし,あなたの場合,それ以前に自分の声を客観的に聞く,つまりいまのレコーダでもいいので,録音,再生,発声を繰り返すのが先だと思います.聞くときにさすがに内蔵スピーカはどうかと思いますが.

内輪の話ですが,参考までに.
先日,うちのバンドで MTR を使ったデモ録音をしました.ボーカルはいいマイクを使い,トラックダウン時にイコライジングとエコー処理を適度に加えた結果,たいへんよい声で聞けるトラックになりました.しかし,本人の声をより正確に捉えているという意味では,ふだんの練習の様子を録音しているふつうのボイスレコーダの方に軍配が上がります.自分の声をコントロールするという意味では,今回の録音は自分を過大評価してしまうという意味ではあまり良くなかったかも,という気までしています.

> ステレオヘッドホン買ってイヤホン端子に繋ぎましたが、やはり軽く、幼く、聞こえてしまいます。
> もしかしたら、これが本当の声でしょうか???

その可能性が高いですね.
自分の声は自分で思っているよりずっと軽い声質になることが普通だと思います.

> 専属ボイトレの先生にでも聞かせて、『今、私が話している声と、この機械の声は同じですか!?』って問い詰めたらよさそうですね。

厳密にはもちろん違いますが,あなたが自分の声と思っているよりは,はるかにあなたの声を正確に記録・再現...続きを読む

Qバンドの練習場所が欲しい

高校生です。仲良し五人組でバンドを結成して青春したいんですが、練習場所が無くて困ってます。誰か一人の家に集まって(防音マットは使用する予定)練習したいのですが、案の定それぞれの親に猛反対されました。そりゃ騒がしいから当たり前です。私の場合、最初に頼み込んだときに「ふざけんな」と言われた以上、説得は絶望的です。養われてる身だから強く意見が出せません。こんなときって、どうすればいいんでしょう?滅茶苦茶な質問だと言われても構いません。何かアドバイスを頂戴できたら、と思っています。

Aベストアンサー

1.同好会で登録して、学校の教室を借りる(最も一般的)
2.貸しスタジオを借りる
お金はかかるけど、最近は2が多いんじゃないでしょうか。
防音もちゃんとしているし、早くうまくなるにはここが最高。
ヤマハとかのスタジオがやっていることもあるし、バレエとかの練習の出来る貸しスタジオもあります。
ネットか電話帳で探してみると結構あるものです。
3.カラオケルーム
昼間の空いている時間帯ならば、頼めば使わせてくれるとことあり。

Qボーカルのmyマイクのおすすめ、メーカーは?

私は近々バンド活動を開始します。
それに伴い、以前から検討していたmyマイクを、
購入を前提に具体的に調査、絞込みしていきたく思っています。
(似た様な質問がありますが方向性が異なるため新規で質問させて頂きます)

是非、経験や知識をお持ちの方に私におすすめのマイクを、
または大雑把にメーカーでも構いませんのでお教え頂けると
嬉しく思います。

---自分の声質---
・よく通る声だと言われます(個人的見解/少しこもる?)
・声量があると言われます(個人的見解/そこそこです。一般人レベル)
・高音が非常に高いキーまで出ると言われます(個人的見解/まあまあ)
・低音は聞き取り難いと言われます(個人的見解/テノールぐらいまでが精一杯です)
・地声(喋り声)はアルトです。
・ジャンルはかなり無差別です。
---以上---

ちなみに自分は20代の女です。

高音を綺麗に拾い、また低音もクリアに出してくれるマイクが理想的です。
音の歪みが少なく、ハウリングに強いものが望ましいです。
予算は上限10万程度で考えていますが、それ以外でも構いません。

自分で調べてみた中では
AKGの3800とゼンハイザーのe945などが気になっています。

SHURE以外で、と考えています。
(音が硬い、迫力が無いと聞くし、あまりにありふれている為)

また、ワイヤレスとそうでないものに関して、
金額以外での良いところと悪いところをお教え頂けると嬉しく思います。

都内のスタジオか販売店で試せるところがあれば、一緒に教えて頂けると助かります。

以上、宜しくお願い致します。

私は近々バンド活動を開始します。
それに伴い、以前から検討していたmyマイクを、
購入を前提に具体的に調査、絞込みしていきたく思っています。
(似た様な質問がありますが方向性が異なるため新規で質問させて頂きます)

是非、経験や知識をお持ちの方に私におすすめのマイクを、
または大雑把にメーカーでも構いませんのでお教え頂けると
嬉しく思います。

---自分の声質---
・よく通る声だと言われます(個人的見解/少しこもる?)
・声量があると言われます(個人的見解/そこそこです。一般人レベル...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
No.2さんのアドバイス等々も含めて、私もまぁまぁイメージが湧いてきました。

さきに、素人PA屋の観点で(つまり、プロじゃないです)ご質問の件からですが…

>入れ替わりが激しい対バンライブでは、基本的にSM58を基本に設定が合わせられている、ということでしょうか。

いや、入れ替わりうんぬんではなく、かなり多くのPA現場(一応、ライブハウス等も含む)では、SM58を標準マイクとしてPA側のセットアップをするのが普通です。
というか、どこの流派(本当に○○流なんて名前があるわけではないんですが、PAのセットアップ方法には何種類か流派のようなものがあるんです)でも、最初に身体に叩き込まれるのがSM58を基準としたセットアップ方法なので、大抵のPAオペレータさんは、プロでもアマでもSM58基準のやり方が染みついている場合が多い…と言う方が近いかもしれません。

なので、SM58のセッティングのままですぐに差し替えて使えるタイプのマイクだと(注:マイクとしての音が同じというわけではない。ただ、SM58用のセッティングのままでもバランスが崩れず、マイクの特性がそのまま生きるタイプという意味)、PAさんに「マイマイク使わせてくれ」と言って了解を得られやすいし、マイクを交換した事によってハウリングが発生したりする危険が少なくて安心して使えるという利点があるんです。
(注2:『SM58用のセッティング』というのは、「SM58で最良の音になるセッティング」という面と、「SM58ならハウリングしないセッティング」という面がある。実際、SM58セッティングでマイクを変更すると、感度や周波数特性の違いで猛烈にハウリングが発生する事もある。それがイヤだから、絶対にマイマイクの持ち込みは許さないPAオペレータも居る。)

この、SM58セッティングのままですぐに差し替えが効くマイクとしては、私の経験の限りですが
Shure BETA58A
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=662^BETA58A^^
AUDIX OM3
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=161^OM3^^
Electro Voice CO9
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=326^CO9^^
BEHRINGER XM8500
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181^XM8500^^

ってとこでしょうか。
このうち、BETA58AはなんといってもSM58の高域改善バージョンで、女声にもほぼまんべんなく合います。またOM3も、SM58に比べればちょっと線が細いですが、高いクリア感のある女声はSM58よりも綺麗に伸びた声になります。C09とXM8500は、男声向きですね。

ただ、ライブハウスによっては、経営者の方の趣味やなんかのしがらみ?で、使用マイクをあえてSHURE以外で固めておられるところもあります。
私の地方では、(もちろん私の知ってる範囲でですが)そういう「こだわりのライブハウス」は、マイクメーカーを Electro Voice か SENNHEISER で統一してるところが多いですが、そういうライブハウスでは自分の所のマイクでステージのサウンドメイクを徹底的に煮詰めておられますから、マイマイクの持ち込みなど、有名所のプロを招聘した時以外は一切認めない…もっとも、そういうハウスはアマバンには敷居が高いですが…のが普通です。

そういうわけで、いろいろなライブハウスに持ち込み前提なら、女声ボーカルならBETA58Aが一番無難は無難なんです。大抵は持ち込みOKが出るはずなので…(まぁ、ライブハウス側で持ってるケースも多いかもしれませんが)

それと、これは個人的な意見ですが、
>SHURE以外で、と考えています。
>(音が硬い、迫力が無いと聞くし、あまりにありふれている為)
のうち「音が硬い」「迫力が無い」は、偏見も甚だしいと思います。ありふれているのは認めざるを得ませんが…
SM58なんかは、ややショボイ声でも、PA側のちょっとした調整でスパっと迫力を増して声を前に出せるから、業界スタンダードになったという面があります。むしろ「周波数特性の良いマイク」の方が、ショボイ声がよりショボくなって、PAがどうがんばっても声が前に出ないケースは多いです。
反面、SM58は決して高域のヌケが良く輪郭がハッキリしたマイクではありません。マイク単体では、音質はむしろややボケ気味で柔らかいくらいです。そのおかげで、ハウリングに強いという面もあります。
ただ、SM58にかぶりつくように歌う人相手だと、PA側ではちょっとイコライザに細工をして、輪郭をハッキリさせる必要があります(ここがSM58セッティング)。その時の加減をちょっと間違えると、パキパキした音になりがちという欠点は、確かにありますので、そういう欠点を「マイクの特性」と思い込んだ知ったかぶりさんが、『音が硬い』という評判を流しているんだと思います。

>初心者向けで扱いやすいようですが
まぁ、スタンダードで誰でも持っている感がありますから、「初心者向け」に思われるのは仕方ないだろうなと思いますが、スタンダード故に『扱い方のノウハウが確立している』という面があるだけで、SHUREが扱いが楽なんて事はありませんね。どこのメーカーに限らず、マイクの扱いというのは結構難しくて奥が深いですよ。
私もまだまだ修行が足りません(^^ゞ

>なるほど、ワイヤレスは随分と環境に左右されてしまうのですね。
ここは、No.2さんと意見を異にする意図ではないんですが、『環境に左右される』というのは、ちょっと意味が誤解されるかなと…

ワイヤレスの最大の欠点は、「優先より圧倒的に音が悪い」ということと、「常に電波障害の不安がつきまとう」という点です。
プロ用は、A帯電波と呼ばれる、混信や電波障害が無いように電波を管理するプロ専用団体の管理下で使うワイヤレスマイクを使いますが、これはアマチュアは使えません。アマチュアの使えるワイヤレスマイクは、電波の割り当ても少ないので、電波妨害の危険が常につきまといますし、私自身、それで困った事は何度もあります。

質問者の方のご希望にちょっとは近い線なら、個人的にはこれくらいのは欲しいですね(私とて、アマチュアなので何度も使った事無いですが)
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=662^ULXS24BETA58JB^^
価格は、私的にはあくまでもこれが「最低」です。


ここで話をがらりと変えて、「高域綺麗で伸びる」「低域もクリア」「歪み少ない」「肉声をそのまま表現」となると、私が使った事あるマイクの中では、これが一押しです。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=158^AE5400^^
http://www.audio-technica.co.jp/proaudio/handheld/ae5400/ae5400.html
これ使って、歌い手からマイクの音に文句が出たら、胸を張って「マイクに文句言う前に、お前の喉を買い換えてこい」と言い切れますね。単に原音忠実という意味ではなく「上手かろうが下手だろうが、本人が歌ったとおりに声が録れる」マイクです。
質問者の方がお気に召すかどうかはわかりませんが(やっぱり、マイクと声には相性もある)、質問者の方が要求されている性能は、完璧に備えています。

ただ、一点もの凄く問題なのは、これはコンデンサーマイクなので「ファンタム電源」が無いと使えないんです。ボーカルマイクにファンタム電源を供給できるかどうかは、その時のPAさんの機材状況によります(PAさんが電源機材を持っていても<普通は絶対持ってるんですが…>、他の機材との技術的な問題で供給できない事も多い)
なので、自前PAなら問題ないんですが、対バンがあるハウスステージで使えるかどうかは、ステージのPA担当にその都度相談しないとなんとも言えません。

No.2さんお薦めの OM6 も悪くないですね。
ただ、OM6はちょっと繊細なところがあるので、本人の声量が十分あって、さらに押し出しの強い感じにしたいなら、私はOM11も薦めたいです。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=161^OM6^^
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=161^OM11^^

あと、私が使用経験があるところでは…

・Electro Voice RE410
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=326^RE410^^
ステージボーカル用コンデンサマイク。
落ち着きのある音…と言えると思います。悪く言えば平坦な音。
声のレンジ幅が広いボーカルだと、ボーカルの表現を正確に伝えてくれる非常に信頼性の高いマイクですが、いわゆる『カラオケ型ボーカル』の、リバーブに頼った抑揚のない歌い方のボーカルだと、徹底的にショボくなります。音質的には男性向きですが、ボーカルの技量に容赦のないマイクです。つまり、「下手は使わない方がよい」。
これもファンタム電源が必要なのが難ですが。

・AKG D3700M・D3800M
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=117^D3700M^^
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=117^D3800M^^
ダイナミックですが、実は私はD3700Mしか使った事無いんですが(^^ゞ
太い音の中にも、高域の歯切れがよいマイクです。高域のノビ感は普通って感じですが、とにかくキレがよい。ただ、滑舌が悪いボーカルだと、それが仇になって、サ行の発音が何言ったんだかわかんなくなる人も(^^ゞ
感度が低いというわけではないですが、ある程度声量のある人に合う感じがしますね。口を大きく開けて歌う人向き…みたいな。
私の知り合いは、「D3800Mの方か扱いやすい」と言ってましたので、一応両方並べておきます。

ちょっと番外で
・RODE S1
ライブボーカル用のコンデンサマイクです。
高域伸びます。空気感もあります。ヌケも良いです。
ただ…ボーカルの滑舌ミスや声の「尻切れ」なんかを、完全にそのまんま録ってくれます。下のレビュー記事は私が書いたんじゃないですが、全く同感です(^^ゞ
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=628^S1^^
このマイクで練習したら、ボーカルは絶対上手くなると思いますね(^^ゞ
もう、下手くそはこてんぱんです。
ただ、そういうマイクも、PAの立場では使いやすいかとなると微妙です。

N/D367系は、使った事がないので語れませんが、MD431IIは感度が良い分音の被りが大きいので、小さいステージでは使いにくいですね。
私は、小さいごちゃごちゃしたステージばっかりなので、MD431IIは一度借りて懲りました。広々としたステージや録音ブースなど、バックの音の被りを気にしなくて良い状況だったら、さぞや良い音だったろうと思いましたが…なので、小さいステージに持って行く事もあるなら、ちょっと要注意です。

まぁ、所詮は素人の戯言ですが、ご参考までに

No.1です。
No.2さんのアドバイス等々も含めて、私もまぁまぁイメージが湧いてきました。

さきに、素人PA屋の観点で(つまり、プロじゃないです)ご質問の件からですが…

>入れ替わりが激しい対バンライブでは、基本的にSM58を基本に設定が合わせられている、ということでしょうか。

いや、入れ替わりうんぬんではなく、かなり多くのPA現場(一応、ライブハウス等も含む)では、SM58を標準マイクとしてPA側のセットアップをするのが普通です。
というか、どこの流派(本当に○○流なんて名前があ...続きを読む

Qバンドのボーカルとカラオケの違いをどう説明したらよいでしょうか?

仲間とバンド活動をしています。そのバンドの悩みなのですが。
先にご質問をさせて頂いて様々なご意見を頂き、乏しくとも
解決への糸口が見えてきたような気がいたしております。

前の質問↓
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2354908

前の質問を読んで頂くとご理解頂けると思うのですが、ボーカルが一向に練習をするふうでもなく、当然うまくもなりません。
その原因のひとつに、バンドボーカルをカラオケ気分でやっていると言うのがあるようです。

そこで再度、みなさまのお知恵を拝借いたしたくご質問させて頂きます。
「バンドボーカルとカラオケの違い」を本人に理解してもらう良い説明はないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こちらでも失礼します。

カラオケで歌うことと、バンドで歌うこととの最も大きな違いは、演奏に人の手が加わっていることです。 至極当たり前の話ですが、バンドでは伴奏を各楽器の演奏者が固めています。 意識の面では、そこが一番の相違点になるでしょう。
バンドで演奏する以上は、ボーカルを支える楽器隊は"バックの面子"ではなく、いずれのパートについても差別なくボーカルと同等の立場だということを、きちんと理解してもらう必要があると思います(これは、友達として大事に思っているというレベルの話とはまた別次元の話です)。 "バックが生演奏のカラオケ"をしている気分でいるとすれば、他のパートに対しての敬意に極めて欠ける姿勢だと感じます。 バンドメンバーはみんな同等の立場で演奏に取り組むもので、お互いに敬意を払って尊重しあうのが健全な姿勢といえるでしょう。 これまでのお話を伺う限りでは、ボーカルの方に一番欠けているのは、その敬意だと思います。 もし仮に、他のパートの立場を"バックバンド"というように見ていたとしたら、そこはぜひとも改めさせる必要があるでしょう。
また、曲を演奏する上では、特にバンドという形態では、一人一人に演奏に対して負う責任が発生すると思います。 バンドは最少人数で構成されることが多く、一人が欠けるとパートが不足する事態に直結することもざらにあります。 そういう面からも、一人一人のメンバーがお互いを尊重しあう姿勢は大切なものになるでしょう。
加えて、メンバーの皆が協力し合ってひとつの曲を演奏しているということにも、十分な配慮が必要といえるでしょう。 ボーカルの方がきちんと練習してこないということに関しては、他のメンバーがバンドに臨む上で個人個人で宿題をこなし、練習を積んできているという事実に対して、極めて失礼でふざけた態度だと思います(厳しい表現で失礼します)。 練習の量を比較して何が偉いとかいうことではありませんが、それでもバンドをやる上で皆が真剣に取り組み、向上しようと努力している中で、その姿勢に同調できないのは極めて大きな欠陥といえるでしょう。 バンドで演奏する時、演奏の結果として出てくるその時々の作品の品質は、全員が努力するからこそ良質になるといえます。 これはそれぞれに大変な努力を要します。 しかし、逆にその品質を下げるのには、一人がグダグダなことをすれば十分です。 どんなに練習を頑張っているメンバーがたくさんいても、一人が練習もろくにせずいいかげんな演奏をしてバンド全体の演奏に泥を塗れば、いつまで経ってもバンドの演奏はよくならないでしょう。 そうした責任についても、よく考えてもらう必要はありそうな気がします。
まずは、そのあたりの意識について、姿勢を正すように仕向けてみるのが良いように思います。

その上では、バンドでやることの前に、楽器を演奏することについての感覚を知ってもらうのもよいかも知れません。 楽器をやりたがらないということですが、バンドの課題に据えるかどうかは別として、ギターの簡単なコードバッキングだけでも、ちょっとやらせてみるのが良いかも知れません。 あるいは、弾き語りなどをやらせてみるのもよいでしょう(アンプラグドの気分でやらせてみるとか)。 単純な曲を弾くだけでも、結構な練習量が必要になることがわかると思います。 楽器を弾くということの大変さについて、そういうところで理解してもらうのも一つの手だと思います。 (逆に、そういう経験をしてみないと、他のパートの努力や苦労なども把握できないかも知れません)
また、ボーカルというパートを根本的に甘く見ているところもあるように思えます。 ボーカルも立派な一つの楽器と意識して、洗練する必要はあるでしょう。 ボーカルは、身体そのものが楽器です。 まじめにやるのであれば、体調管理なども含めて細心の注意を払った生活を送ることが求められるでしょう。 その点についても、少し意識を向けさせてみるのも良いかも知れません。 最近ではボイストレーニングの入門書なども出ていますので、(その本を独学で参考にしてどれほどの効果が上がるかはやや難しいところもありますが)目を通させてみることもお勧めしてみます。 ただ、実際のボイストレーニングについては、教室でトレーナーについてもらうのが最も適切だと思います。 ボイトレは、独学では難しいでしょう。
また、そこまで突き詰めないにしても、少なくとも歌う曲の歌詞についてはきちんと覚え、歌詞カードなどは保険以上のものにしないくらいの姿勢は求めても良いと思います。 全部とは言いませんが、できるだけ歌詞を覚えてきてもらうくらいはしてもらっても良いでしょう。

あと、これは先の質問でも書いたことですが、バンドでやっていることの自覚を促す意味で、やはりボーカルマイクのセッティングくらいは自分で整えさせるようにしましょう。 PAやミキサーの電源を上げ、マイクケーブルでミキサーとマイクをつなぎ、マイクのチャンネルのフェーダーを自分で操作して音量を決めるだけの単純な作業でも、ボーカル自身がきちんとやるようにすることは大切だと思います(キーボードの方もいるようですので、キーボードの方がPAに回しているのであれば、マスターボリュームの設定などはキーボードの方が決めた方が良いでしょう)。 他の人に自分の機材の調整をしてもらうようでは、姿勢が甘いと言われてもしょうがないでしょう。 雰囲気に影響されやすい人だとしたら、そういうところから自覚を促すのも効果があるかも知れません。
雰囲気にのせるのであれば、ボーカルの方にマイマイクなどを買わせてみるのも良いかも知れません。 小細工ですが、自分専用機材を持つことで意識が変わる人もいますので、試してみるのも良いかと思います。

バンドでやることに関して言えば、メンバーがみんなそれぞれに努力をして、スタジオに集まってくるということをよく理解してもらうのが良いでしょう。 また自分一人だけの感覚で面白かったと満足し、他のメンバーがどう感じていたかに無頓着でいるのは悪い姿勢です。 特殊なケースを除いて、バンドはカラオケと違い、わがままだけで押し通せるものではありません。 バンドメンバー同士、お互いにできるだけの配慮をすることが大事でしょう。

参考まで。 長々と乱文を失礼しました。

こちらでも失礼します。

カラオケで歌うことと、バンドで歌うこととの最も大きな違いは、演奏に人の手が加わっていることです。 至極当たり前の話ですが、バンドでは伴奏を各楽器の演奏者が固めています。 意識の面では、そこが一番の相違点になるでしょう。
バンドで演奏する以上は、ボーカルを支える楽器隊は"バックの面子"ではなく、いずれのパートについても差別なくボーカルと同等の立場だということを、きちんと理解してもらう必要があると思います(これは、友達として大事に思っているというレベルの話...続きを読む

Qキーボードとシンセサイザーの違い

初歩的な質問ですが、キーボードとシンセサイザーの違いとはどういったものなんでしょうか?

出来ればシンセサイザーを使ったらどういったことができるのか具体的なことを教えていただくと助かります?

回答お待ちしております。

Aベストアンサー

シンセサイザーは定義的には音色を合成する装置で間違いないんですが、少々イメージしづらいですよね。
それに現在のあり方は定義とはちょっとずれてきていますので、ちょっと長くなりますが説明させていただきます。

音色を合成とは具体的にどういうことかというと、

波形を選ぶ(ノコギリ波、サイン波など)

フィルターで加工(高域をカットなど)

大まかにはこのようにして音色を作っていました。
ちなみに複数の波形を重ねることができる機種もあり、さまざまな音色を作ることが可能でした。
しかしどんな音色でも作ることができるわけではなく、ピアノの音を作ってもそれは所詮”ピアノっぽい音”でしかなく、完全シミュレートは不可能でした。

と、ここで「あれ、シンセサイザーってピアノの音出せるはずじゃ…?」と思ったと思います。
そうなんです。現在では上記の波形に実際の楽器の音を録音したものを選べる機種がシンセサイザーとして一般的になっています。
なので定義では音色を合成する装置なのに、初期搭載されている波形の充実により「音色を合成して作り出す」というニュアンスが薄れてしまい、それゆえに定義と実際のあり方にズレが生じ、シンセサイザーというものを理解しづらくさせていました。

前書きが長くなりましたが、質問の本題に戻ります。
電子キーボードとシンセサイザーの違いは定義的にいえば「音色を合成できるのがシンセサイザー、できないものが電子キーボード」です。
しかしもう少し現実的な説明をすると「多機能高性能で本格的な音楽製作・鍵盤演奏に特化したキーボード」であり、フィルターが付いており
、DTMの音源(後記)として使用できればシンセサイザーであるといえます。

またA No.1の方がおっしゃるようにシンセサイザーは鍵盤が付いているものが広く認識されているためキーボードの一種と思われがちですが、実際は音を作る音源部のことをシンセサイザーといいます。
なぜ鍵盤なのかというと音を出すにあたってのコントローラーに最も適していたのが鍵盤だからというだけの話ですね。
ですから音楽製作用に”鍵盤のないシンセサイザー”というものも実在します(例えばコレhttp://www.roland.co.jp/products/jp/Fantom-XR/index.html)。

できることは、鍵盤のあるものは鍵盤演奏です。
ただ演奏するだけではなく、あらかじめセットを組んでおけばスイッチひとつで音色を変えることができる(ピアノ→オルガンなど)、フィルターで音色を変化させながら演奏するなど、上げればきりがありませんが、いずれもただの電子キーボードでは不可能なものです。
他にはDTMの音源としての使用ですね。
簡単にいえばPCで「この音をこういうタイミング、長さで出せ!」という命令を組み、それをシンセサイザーに送って自動演奏させるいわゆる打ち込みという行為です。
現在プロの楽曲の中でも打ち込みは多用されており、ギター以外の楽器は全部打ち込みだったなんてこともザラです(クレジットに演奏者の名前がないパートがあるなどはドラムやベースであっても打ち込み)。
そう考えると音楽業界へのシンセサイザーの貢献は計り知れないものがあります。

あと最後になりますが、現在シンセサイザーと呼ばれる装置にも2種類あります。
ひとつは最初に紹介した音色を作り出すことに特化したアナログシンセサイザーです。
後記する実際の楽器の音色を波形に持ったデジタルシンセサイザーに圧されて一時期消えかけますが、最近では音色を作り出すということに再び注目が集まり、2000年ごろからデジタルの力でアナログシンセサイザーを再現したヴァーチャルアナログシンセサイザー(またはデジタルアナログシンセ)が登場しています。
アナログシンセといっても必ずしもアナログとは限らず、現在では音色を作り出すことに特化したものを便宜上アナログシンセサイザーと呼んでいます。

もう一方はデジタルシンセサイザーですね。
こちらはシンセサイザーというより多機能キーボードという認識をしたほうがわかりやすいかもしれません。
実際の楽器の音色を録音したものを波形に選ぶことが出来ます。

と、かつての自分と同じ疑問を持った方を拝見したのでつい長くなってしまいましたが、参考になれば幸いです。

シンセサイザーは定義的には音色を合成する装置で間違いないんですが、少々イメージしづらいですよね。
それに現在のあり方は定義とはちょっとずれてきていますので、ちょっと長くなりますが説明させていただきます。

音色を合成とは具体的にどういうことかというと、

波形を選ぶ(ノコギリ波、サイン波など)

フィルターで加工(高域をカットなど)

大まかにはこのようにして音色を作っていました。
ちなみに複数の波形を重ねることができる機種もあり、さまざまな音色を作ることが可能でした。
...続きを読む

Q僕はバンドで、ギターボーカルを担当させていただいてます。

僕はバンドで、ギターボーカルを担当させていただいてます。

一応
ギターは前々からかじっており、歌いながらギターを弾く事はあまり苦もなく出来ます。



それで正直、調子に乗ってたというか…


この前スタジオでみんなで合わせた時CDにその音を録音して聴いてみたら、

自分の歌の下手さに衝撃を受けました。

今までは
カラオケでも自信持って自分から歌ったり正直自分は歌は下手ではないと思っていました。
(もちろんカラオケとバンドは全く違う事は分かっています。)


だけどバンドでギターボーカルを担当して、自分の声と向き合ってみたらとても自信を無くしてしまいました。

そしてカラオケで人前で歌うことや、そのバンドの練習で歌うことさえも自信を持てなくなりました。



そのせいでバンド内での雰囲気も少し悪くしてしまいました。



楽器隊もかなり合っていて、コピー曲も、オリジナル曲(ギター担当の人が作っています。)もかなりいい線いってると思うのですが、自分が歌が下手なせいでぶち壊してるんじゃないかと思ってしまいます。





そこでみなさん、助けてください!



・僕がボーカルとして、出来る事とは何なんでしょうか。
(原曲を聞き込む、暗譜をする音程を覚えるなど自分で考えて出来る事はやっているつもりですが…)


・歌を上手く歌う方法、上手く聴こえる歌い方、練習方法を教えてください。


・初ライブ(日にちがかなり迫ってて時間がないです…)までに少しでも歌を上手く歌うために出来ることを教えてください。





僕はこのバンドが大好きだし、このバンドで上手くなりたいしこのバンドでボーカルがやりたいです。
出来る限り(お金は…あまりかけられないのですが)のことはなんでもやるつもりなので、みなさん力を貸してください(>_<)

僕はバンドで、ギターボーカルを担当させていただいてます。

一応
ギターは前々からかじっており、歌いながらギターを弾く事はあまり苦もなく出来ます。



それで正直、調子に乗ってたというか…


この前スタジオでみんなで合わせた時CDにその音を録音して聴いてみたら、

自分の歌の下手さに衝撃を受けました。

今までは
カラオケでも自信持って自分から歌ったり正直自分は歌は下手ではないと思っていました。
(もちろんカラオケとバンドは全く違う事は分かっています。)


だけどバン...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと後ろ向きな気持ちになっているようですが、
自分が下手だと気付けたというのは、ひとつの進歩と見ていいと思います。
「歌ってて気持ちいい歌い方」と「聞いてて気持ちいい歌い方」は必ずしも一致しませんし、
「普段自分が聞いている自分の声」と「録音した(客観的な)自分の声」にはイメージのズレがあって当然です。

自分はボーカルでもなんでもないんですが、練習方法は提案できます。
とりあえず、レコーダーを持ってカラオケボックスに行き、自分の歌声を再確認しましょう。
現状認識がなにより大事です。欠点を自覚しないことには上達はありえません。
ボーカルに限らずどんな楽器でも同じです。


とりあえず「歌が下手」である要素は、
1;曲自体(メロディーやリズム)を覚えていない
2;曲は覚えているが正確に歌えない、自分の歌声をコントロールできない
3;無駄に装飾した歌い方をする
4;バンドの中で自分の声が聞こえていない
というところだと思います。


1は曲を聴きこむのみです。とりあえず鼻歌ででも正確に口ずさめるようになればいいでしょう。

2は技術的な問題になります。腹式の発声とか、音域の問題とか。
発声練習法は調べればすぐに見つかると思います。

3は、カラオケ好きにありがちなパターン。
アーティストの特徴的な歌い方を真似してしまうと、客観的に聞いたときクドくなってしまいます。
正確に淡々と歌うくらいが丁度いい場合が多いです。
自分の声質に合った歌い方や曲目というのも考慮に入れるといいですね。

4は、普通に歌えば問題ないけど、バンドだと持ち崩す場合。
ギターの演奏に意識が分散するから、という理由もありますが、
自分の声が聞こえてないから音程を外しがちになる、ということも。
ボーカルをちゃんとモニターできるように、バンドアンサンブルを調整しましょう。
また、耳栓を片耳にはめると、爆音の中でも自分の声が聞こえやすくなります。

とりあえず、自分の何が悪いのかを自覚するのが何よりです。

ちょっと後ろ向きな気持ちになっているようですが、
自分が下手だと気付けたというのは、ひとつの進歩と見ていいと思います。
「歌ってて気持ちいい歌い方」と「聞いてて気持ちいい歌い方」は必ずしも一致しませんし、
「普段自分が聞いている自分の声」と「録音した(客観的な)自分の声」にはイメージのズレがあって当然です。

自分はボーカルでもなんでもないんですが、練習方法は提案できます。
とりあえず、レコーダーを持ってカラオケボックスに行き、自分の歌声を再確認しましょう。
現状認識がな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報