利用規約の変更について

加藤周一の文章を読んでいたところ、日本の文学批評には文体論からの
視点が欠如している、といった批判がありました。

文体論というのは、テキストに向き合って、その文章の意味(=言いたい
こと)ではなく表現(=どのように言葉で以って表しているか)、つまり文体
そのものの研究の方法論だと思ったのですが、当たっているでしょうか? 
具体的には、どういったことをするのでしょうか? また、文体論で古典中
の古典と言われる研究などがありましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

研究 方法」に関するQ&A: 聖書の研究の方法

A 回答 (2件)

#1です。


訳の分からない答えに、補足の質問をいただいて有難うございます。
20世紀に入って、「文体」の重要性が認識されたものの、20世紀の批評はフロイトの影響下、精神分析的なものに終始した感があります。
本格的な文体論があれば、私も読んでみたいものです。

国立国会図書館を検索したら、次のようなものがヒットしました。
加藤周一 他編『日本近代思想体系,16 文体』岩波書店1989年

また「内向の世代」といわれた人たちが作った季刊誌がありました。
古井由吉、後藤明生、坂上弘、高井有一共同編集『季刊 文体』平凡社1977~1980年
私は売ってしまいました。結構高く売れたけど、今となっては手に入らず残念です。読んだ当時、若かった私は正直言って、理解できませんでした。

この回答への補足

ポイントを差し上げたいのですが、もう少し質問の方を続けていたいので、
待ってくださいね。

補足日時:2003/01/25 23:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

紹介いただいた本を読んでみることにします。
どうも有難うございました。

お礼日時:2003/01/25 23:41

「文体」の鵺(ぬえ)的性格、つまり直感的には分かっているのに、それを正面から論じようとすると、急に捉えどころがなくなって、分からなくなってしまう…


非常に難しいと思います。
日本の文学批評どころか、世界で、文体論が成功した例を知りません。

ただ、それにマトモに取り組んだ作家たち、ジョイス、ボルヘス、ナボコフ……これ等の作家を、徹底的に研究すれば、何かおぼろげな文体論が出来上がるかもしれません。一人の一生で出来るかなあ?

kequさんに、逆に質問です。加藤周一の文章とは、何という文章でしょうか?読んでみたいです。

この回答への補足

お答え、有難うございます。誰も答えてくれないかと思ってました(汗
なるほど、世界でも成功した例がないのですか・・
しかし多分試みてるとは思うので、代表的なものがありましたら、教えてください。

>加藤周一の文章とは、何という文章でしょうか?

えーと、平凡社の「世界大百科事典」の「批評」という項です。
改めて読み直してみたところ、言ってることが微妙に違っていました・・

>.....日本での特殊な事情は、また美学的批評を著しく困難にしている。
>文芸の美学的批評のたいせつな基準の一つは文体であるが、
>文体論の存在しない現代日本語について、
>客観的に文体を論じることはほとんど不可能に近い。.....

補足日時:2003/01/22 23:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文体論・文体史とは何か。卒論のテーマと成り得るか。

文学部生です。

私は常々谷崎潤一郎氏の文章を読んで「美しい文だなぁ」と思っていました。
最近になって同氏の「文章読本」を読んで「文体」というものにとても興味が湧いたので、
これを卒業論文のテーマに出来ないものだろうかと思っています。

図書館で本を探してみても、「文体」に関する本はあまり見つかりませんでした。
一冊だけ『資料と解説 日本文章表現史』/秋本守英 編(和泉書院)
という本を見つけて読んでみているのですが、
この本は上代から近代までの様々な著者の文章を例に上げて、
それぞれの文体について述べています。

例えば、谷崎潤一郎氏なら、『盲目物語』の一節を挙げて、
>仮名草紙風の平仮名を多用する字面は、
>その平板な視覚的印象が擬古文的な文体とうまく相応しているだけでなく、
>ゆったりとして盲人の語りをも連想させる効果を発揮している。(抜粋)
といった風に紹介しています。

漠然とですがこんな感じの勉強がしたいのです。

私の通っている大学にはそのような研究をされている先生は居ません。

文体論で卒業論文は書けるものでしょうか。それは例えば、どんなテーマでしょうか。

また、国文学・国語学研究の世界において文体史・文体論とはどのような位置づけにあるのでしょうか。
国文学か国語学かと言えば、国語学なのでしょうか。
それとも特定の著者の文体に関して研究するのならば、国文学と言えますか。

最後に、文体論・文体史に関するものでお薦めの書籍などありましたら、教えていただけないでしょうか。
私は文体に関しては無知そのものなので、特に初心者向けの書籍が知りたいです。
勿論、難しいものでも、頑張って読みます。

質問攻めでなんだか字面が気持ち悪くなってしまいました。すいません。
どうかよろしくお願いします。

文学部生です。

私は常々谷崎潤一郎氏の文章を読んで「美しい文だなぁ」と思っていました。
最近になって同氏の「文章読本」を読んで「文体」というものにとても興味が湧いたので、
これを卒業論文のテーマに出来ないものだろうかと思っています。

図書館で本を探してみても、「文体」に関する本はあまり見つかりませんでした。
一冊だけ『資料と解説 日本文章表現史』/秋本守英 編(和泉書院)
という本を見つけて読んでみているのですが、
この本は上代から近代までの様々な著者の文章を例に上げ...続きを読む

Aベストアンサー

むしろメジャーな分野ではないでしょうか。
(といっても、私の知識は30年くらい前のものなので話半分程度でお読みくださいませ)

一般的には国文学にもはいると思います。しかしながら、卒論のテーマとなりうるかどうかは、時機をみて担当教授にご相談なさるほうがいいでしょう。
学会がありますので、一度、大会を聴講なさってみてはいかがでしょうか。

<参考>
日本文体論学会(旧日本文体論協会)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/buntairon/index.html

書籍
http://nihon.jimbou.net/catalog/index.php/cPath/24/page/4

日本のさきがけとしては、
『文体論の理論と実践』小林英夫著
『文体論研究』山本忠雄著
などが古典です。

私の学生時代は鍋島能弘『文体美学』が美学のサブ教科書でした。絶版かもしれませんが古本で相当数出回っていると思います。個人的にはとても面白い本でした。

また、基礎知識として『新批評』(ニュークリティシズム)系の本を読み漁っておく必要があるでしょう。

むしろメジャーな分野ではないでしょうか。
(といっても、私の知識は30年くらい前のものなので話半分程度でお読みくださいませ)

一般的には国文学にもはいると思います。しかしながら、卒論のテーマとなりうるかどうかは、時機をみて担当教授にご相談なさるほうがいいでしょう。
学会がありますので、一度、大会を聴講なさってみてはいかがでしょうか。

<参考>
日本文体論学会(旧日本文体論協会)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/buntairon/index.html

書籍
http://nihon.jimbou.net/catalog/index.p...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報