親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

実銃に関する話ですが、
38口径または357口径のリボルバーで、
9X19mm(9mmパラベラム、9mmルガー)の実包を
使用することができるのでしょうか?

以前、S&W M28で、リムレスの実包にムーンクリップを使用して、
使用している動画を見たことがあります。

ならば、S&WのKフレームで、
ムーンクリップやハーフムーンクリップをリムに噛ませて、
9X19mmを使用する事ができるのではないか?と思いました。

38口径および357口径というのは、
実質ほぼ9mmと承知しています。

実用的な意味はともかくとして、
リボルバーを愛する者として興味を持ちました。

この件に関して、何かご存知の方がいらしたら、
お教えくださると幸いです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1です、もう一点、問題に気づきました。



フルムーンクリップを装着すると、リムが大きくなったのと同等の状態になり、そのままでは、薬莢底が後ろにはみ出し、フレームに干渉してシリンダーの回転に支障を来しますから、シリンダーをざぐって納める部分を作る必要があります。
で、ざぐってしまったシリンダーだと、リムドカートリッジを使うときには、本来の位置より弾薬が前方に位置するため、弾頭が前にはみ出したり、そうでなくても、薬莢底が前進するので激発不良の可能性が高まります。
ということで、互換とは行かず、9mmルガー弾用のシリンダーを用意しないと難しそうですね。

ということを以下のページの一番下にあるモデルガンで気づきました。
http://homepage2.nifty.com/dar-chan/C_Be.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リムが後ろにはみ出すというのは盲点でした。
やはり、シリンダーを複数用意するのが正解のようですね。

あと、シリンダー・ギャップからのエネルギーの損失は、
どの程度なのかなぁ、とも思います。

調べてみると、米国でも
「リボルバーで9X19mmを撃ってみたい」
というニーズは、あるにはあるようですが、
あまり一般的ではないようですね。

この点、実に不思議に思います。
米国のリボルバー好きシューターは、
9X19mmなど見向きもしないんでしょうか。
もしかして、憎悪している?

ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/30 02:08

参考になりそうな者として、NRAのGUN FACT BOOKがあります。

タイミングの良いことに最近、学研から日本語版が「GUN FACT BOOK/銃の基礎知識」として刊行されました。
http://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdis …

そこから、弾薬のスペックを転記しますので参考に(順にリム径、ヘッド径、マウス径、弾頭径、薬莢長、全長です)
9mmルガー(リムレス) .384 ---- .380 .3555 .754 1.169
357マグナム(リムド) .440 .379 .379 .358 1.290 1.590 
38S&W(リムド)    .440 .3863 .3865 .361 .755 1.240 

確かにムーンクリップを付ければ使えそうですね。
なお、NRAの互換性リストには入っていません、この口径の拳銃弾で互換性ありと認められているのは以下の組み合わせで、左が推奨、右が互換性ありと認められている

.38スペシャル:.38ショート&ロング・コルト
.357マグナム:.38スペシャル、.38ショート&ロング・コルト
.357マックス:.357マグナム、.38スペシャル、.38ショート&ロング・コルト
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q9ミリパラベラム弾、.357マグナム弾の反動

はじめまして。
趣味で小説を書いているのですが、実際に拳銃を撃ったことがないので反動がどの程度か分かりません。
9ミリパラと.357magを撃った時の反動がどの程度なのか教えてください。
知りたいのは
オートマチックで全長約175mm(7inch)、銃身長約95mm(3.8inch)、重量750g(マガジン込み、弾抜き)での9ミリパラの反動(大体H&KP2000かP30位)
リボルバーで全長約240mm(9.6inch)、銃身長約100mm(4inch)、重量1120g(弾抜き)での.357magの反動(大体S&WM686かコルト・パイソン)
ですが、それ以外でも試射場で撃った事があったら(グロックやM92等)教えてください。
分かる方居ましたら是非お願いします。

Aベストアンサー

 何年かグアムの「ワールドガンショップ」にハマった時期があって、かなりの弾数を撃った経験から言いますと、9パラはショックが腕から肩にストレートにくる感じで、357は手首にドン!くるような、そんな反動でしたね。

 とはいってもパイソンは撃ってはいるのですが、残念ながらH&Kは一度も撃ったことがありません。9パラはグロックとM92、それにFH・HPなど等を撃っているのですが、H&KはP2000もP30もどうしてもそのデザインとグリップの感覚が好きになれないので、もしあったとしても撃ってはいないと思います(個人的な趣味から来る好みですので、気を悪くしないでくださいね(^_^;))

 ただそのグリップのデザインから想像できることは、反動はかなりきついのではないかということです。もちろん制御不可能なほどではない反動でしょうが、しっかり構えて撃たない限り、ダブルハンドであっても連射は手の中でそうとう踊るような気がします。357も古いタイプのグリップだったらちょっと癖があるかもしれませんが、ラバーであればコントロールはかなり容易で、反動も意外とマイルドな感じでストレスを感じることはあまりありませんでした。

 ハンドガンでのりコイルで最大のものはやはり44マグとデザートでしたが、どちらも腕から肩にズシンと来るショックがありましたが、これも慣れれば案外楽しめる銃でした。銃を撃つリコイルショックは5,60発も撃てば自然と慣れてくるものです。体格はそれほど影響しないのですが、ただフルサイズのハンドガンは、やはり手が小さな小柄な人には大きなストレスをかけるようですね。

 私が一番好きなハンドガンは45ガバなのですが、初めて撃ったときに感じた反動の強さはドン!という感じで、なんというか9パラと違って、「重い」という感じでした。でも一箱二箱と撃つうちにダブルタップも楽にこなし、10メートル先のソーダ缶もミスなく当てられるようになっていったほど、撃ちやすい銃でした。とはいっても、あくまでも個人的な主観の違いですから、45オートよりH&Kが好きだという人も沢山いるはずですよね(^_^;)

 私が撃った銃の中でもっとも好きになれなかったのがグロックです。これは他の友人たちも異口同音で、やはりあの角ばったグリップ形状となんか邪魔くさいトリッガー、そして異常ともいえるほど小さいトリッガーガードのせいだろうと思います。反動は他の9パラと同じ程度で、ビシッ!という感じでそれほど扱いにくい感じではないのですが、ワンマガジンも撃てば「もういい」って気になります。アメリカでは多くの司法機関でグロックが使用されていますが、やはりアメリカ人の手のでかさと、投売りに近い安値攻勢の賜物なんでしょうかね(^_^;)

 なんか脱線ばかりで申し訳ないです。少しでも参考になれればいいのですが。面白い小説じゃんじゃん書いてくださいね!

 

 何年かグアムの「ワールドガンショップ」にハマった時期があって、かなりの弾数を撃った経験から言いますと、9パラはショックが腕から肩にストレートにくる感じで、357は手首にドン!くるような、そんな反動でしたね。

 とはいってもパイソンは撃ってはいるのですが、残念ながらH&Kは一度も撃ったことがありません。9パラはグロックとM92、それにFH・HPなど等を撃っているのですが、H&KはP2000もP30もどうしてもそのデザインとグリップの感覚が好きになれないので、もしあったと...続きを読む

Qいま現在メジャーなリボルバー

少し前だと、パイソンとか44マグナムとかメジャーなリボルバーがあったと思うのですが、今現在、使い勝手で評価されているリボルバーは何でしょうか。

戦場で使える、なるべく口径の大きいものを紹介して欲しいのです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

戦場というと、実銃のことですね。

実際、戦争の場では、リボルバは使用されていません。特殊な場合はありえますが、通常セミオートピストルです。

警官などの個人同士の戦い、銃撃戦であるなら、リボルバは数多く見られます。
S&W社のリボルバが多いです。

Q銃の38口径とか9ミリって意味を教えて下さい

銃の38口径とか9ミリって意味を教えて下さい。

海外ドラマや映画を見ていると銃撃に使われた銃の説明で22口径とか38口径とか9ミリや10ミリといった台詞がありますが、銃について知識が無いので理解できません。

どなたか教えて頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

38口径も9ミリも、銃身内の直径を表したものです。
銃は銃身にピッタリの弾しか撃てないので、使用する弾頭の大きさも同じです。
××口径と××ミリという表示方法がありますが、ミリ単位で示しているのは主にヨーロッパです。
つまり、銃や弾薬について××ミリという風に話していたら、ヨーロッパ製の銃について話していると考えていいでしょう。
対して銃大国アメリカでは、ミリではなくインチ、××口径で示します。
たとえば38口径の場合、銃身の内径は0.38インチです。1インチは2.54センチメートルですのでミリに直すと9.652ミリ・・・・
数字ではこのように違いが出てきますが、38口径という名前はあくまで目安で、実は38口径も9ミリも同じ大きさなのです。
参考までに、ルパン三世の相棒の次元が使っているようなリボルバーという種類の銃は、銃身内径さえ合っていればどんな弾でも・・・とはいきませんが、ほとんどの弾を撃つことができます。
口径は、サイズが大きいほど威力も大きくなるということではありません。
たとえば、45口径の「45ACP」という弾と223口径の「5.56×45NATO」という弾があります。サイズをミリに直すと、45ACPは11.43ミリ、5.56×45NATOは5.56ミリ(今は×45は無視してください)です。
比べてみると、口径のサイズは45ACPのほうが倍以上大きいのですが、威力は5.56×45NATOのほうが断然上です。
実は45ACPは拳銃用の弾で、5.56×45NATOはライフル用の弾なのです。
そもそも銃には何種類もあって、それによって威力もまちまちなのです。
私がここで説明したのはかなり概略で、銃によっては拳銃でもライフルより威力が上というものもあります。
「図解ハンドウェポン」という本、銃の基本的なことについてわかりやすく説明してあるのでおススメですよ。

参考URL:http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?%B8%FD%B7%C2

38口径も9ミリも、銃身内の直径を表したものです。
銃は銃身にピッタリの弾しか撃てないので、使用する弾頭の大きさも同じです。
××口径と××ミリという表示方法がありますが、ミリ単位で示しているのは主にヨーロッパです。
つまり、銃や弾薬について××ミリという風に話していたら、ヨーロッパ製の銃について話していると考えていいでしょう。
対して銃大国アメリカでは、ミリではなくインチ、××口径で示します。
たとえば38口径の場合、銃身の内径は0.38インチです。1インチは2.54センチメートルですのでミリに直...続きを読む


人気Q&Aランキング