個人的に綺麗な文体であると思う文語を何故、二葉亭四迷は口語と統一させてしまったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

二葉亭は口語文を確立しようという目的で活動を始めたわけではないと思います。

ましてや文語文を否定しようというわけではありません。自分の訴えたいことをどう表現すればいいのかと悩んだ末に口語文に到達したのだと思います。たぶんそれに挫折したのだと思いますが。
文語と口語を「統一」することなど誰にも出来ないことではないかと思います。
文語文は主に和歌の世界で生き続けていると思います。ただし細々とという状況であるのは確かでしょう。
    • good
    • 0

この質問で刺激されたので、勝手なことを書かせてもらいます。

確かに言文一致は良いものだと学校で教わった記憶がありますが、どうもそうではないようです。そのことを判るようにこれから書いてみます。

言文一致は明治から始まったと習いましたが、そうではないことを、最近岩波文庫で読んだ、戦国末期から江戸時代初期に書かれた『雑兵物語』と『おあむ物語』から知りました。その本はハッキリした口語体の文章で、大変読み易く理路整然と書かれてあります。ですから、明治の文豪家が言文一致の口語体を確立するために何故苦労したのかが判りません。たぶん大学の先生や所謂文豪たちが苦しんだだけなのでしょう。一般民衆の間では言文一致など大して難しいことではなかったと言うことは、この本で自明ですね。落語もそうでしたが歌舞伎の台詞だって口語で書かれていたはずですね。ただし、落語も歌舞伎も口語ではあっても、口語体と言う文章体ではありませんので、この口語体で書かれいある『雑兵物語』と『おあむ物語』は、日本の文章体の歴史を考える場合に、貴重な資料になると思います。

さて、そのことから明治以前の日本人は、文章を書く場合に文語体という文章体の次元と、口語体と言う文章体の次元、すなわち、2次元の世界を持っていたわけです。それは、言文一致で口語体一本の1次元に縮退させてしまったのと比べて、途轍もなく大きな自由度を持っていたことになります。たとえ文語体と口語体を混ぜて使わなかったとしても、頭の中ではその両方を同時に考えることも出来るわけですから、1次元の世界では見ることが出来ない、大変肥沃な2次元の世界を見たり感じたり出来ていたわけです。

似たようなことは、日本人は仮名と漢字を両方とも使い分けることができることからも判ります。日本人なら誰でも想像がつくように、漢字を全て廃止してしまって仮名だけで文章を書くようになったら、今まで感じることができた漢字と仮名の微妙で美しいバランスを感じることができなくなってしまいます。このバランスの中にも素晴らしい芸術の種があるのですから、それを理解出来ないとは、美意識に対する一つの自由度をなくしてしまったことになります。それは芸術の退化ですね。別な言い方をすると、日本人はアルファベットだけで物を書いている文化の人達よりもう一つ多くの次元を持っているわけです。この次元は日本人の個性として外国人には気が付かなかった世界がありえること示してくれるので、人類の多様性の中で貴重な役割を演じていると思います。

残念なことに明治の江戸文化否定で西洋人かぶれの西洋崇拝者たちは、目先の便利さに惑わされて、この日本人の持っていた貴重な2次元の世界を口語体一本の1次元に縮退させてしまいました。昔のように文語体と口語体を両方使える状態でも、今のレベルの科学も文学も十分語れます。それに対して言文一致運動なるもので、日本人はどれだけ多くの自由度を失ってしまったのか、文語体を操れない我々には何を失ってしまったのかすら想像出来なくなってしまいましたね。私は質問者さんの不満に接して、言文一致運動の実態は私が学校で教わったのとは反対だったのだと、目から鱗が落ちたような経験をしました。人間は誰でも間違いはするものだから、それを受け入れられるようにならなければいけないとは思うのですが、私はそこまで強い人間ではないようで明治人のやった間違いは重ね々々残念であると憤慨しております。このような質問をして下さって有り難うございます。
    • good
    • 1

二葉亭四迷の場合、当時の平均的な文士(小説家)が古典文学の教養や影響によって小説家になったのと違い、たまたま愛国(国防)精神からロシア語を学ぼうとした際、たまたま教材として用いられたロシア文学に溺れてしまい、幸か不幸か、文学に目覚めてしまったわけです。


だから、さほど伝統的な文語(古語)の呪縛を強く受けなかったとも言えるのかもしれません。

で、彼が最初にツルゲーネフの「猟人日記」の一部を「あひびき」(明治20年)として訳出するに際して、ロシアの近代精神を宿した人間の内面を叙述するには、とても文語(古語)体では無理があると痛感し、三遊亭円朝の落語の口述筆記された記録(もちろん口語体)を参考にして、口語文体での翻訳を思い立ったのです。

同じ年、オリジナルの小説「浮雲」も言文一致体で発表し、その後、徐々に文士たちの間にも言文一致体が普及していったわけです。
人間は、内省や独白をするときは、無意識のうちにも普段の話し言葉の発想をしておりますから、ロシア近代小説に目覚めた二葉亭としても、当然のように近代を生きる人間を描くには言文一致体がふさわしいと判断したのではないでしょうか。
    • good
    • 0

それまでまったく互いに遊離していた頭の中と外の世界を結びつける必要があったのではないでしょうか。

つまり鎖国をしていた時の世界が頭の中の世界とすれば欧米列強に伍して生き延びなければならない世界というのが開国後の世界だったということです。二葉亭四迷(くたばってしめえ)はロシア語を学んでいたことから特にロシアに武力で対決せざるを得ないことを実感していたのではないでしょうか。戦争になったら文語ではとてもかないません。客観的に敵の勢力を観察するためには口語を主体とした言文一致が不可欠ではなかったでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q言文一致運動と日本語

レポートで言文一致運動が日本語に与えた影響というテーマで調べているのですが、
「言文一致運動」についての知識がないので日本語の変化がよくわかりません。是非教えてください。

今考えていることは、
言文一致運動が明治の頃に起きて、日本語の表記や発音を大きく変わったと思います。
たとえば「ふぁ、ふぃ、ふ、ふぇ、ふぉ」が50音字表を作ったときになくなってしまった です。

これについてもアドバイスをいただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

言文一致運動については、文体の確立の歴史と言えます。

わたしたちが、こんなふうに当たり前に文章を書くことができるのは、先人達が文体を確立しているからなのです。
たとえば・・・自分が日ごろ使っている言葉をありのままに文章に起こそうとした経験はありませんか?方言なんかをそのまま書こうとしたら、なんか変ではなかったですか?
そう。方言を書き言葉にするときの文体が確立してないからうまく書けないのです。

いろんな試行錯誤があっていまのような文体が出来上がっていったのです。

日本語の場合は、特に文末表現をどうするかっていうのが問題になるわけですが、
それまでは、「けり」とか「ぬ」とかを使っていて、話し言葉とかけ離れていたわけです。
それを工夫した言文一致運動の重要人物は三人。
山田微妙(ですます体)、尾崎紅葉(のである体)、二葉亭四迷(だ、のだ体)。
この中で尾崎紅葉の「のである体」が普及していきます。

で、いろいろあって、今の日本語の書き言葉になっていくわけですが、
うーん。「のである」なんて本当の話し言葉ではまず使わないですよね?
この点が、日本語の特徴になっていると思うのですよ。
つまり、言文一致といいながら、実際には書き言葉と話し言葉に距離がある。

話すのは問題ないのに、文章がうまくかけない人がいる。

こういうのが日本語の特徴だと思います。

あんまり答えになってないようですが、補足質問いただければ、また回答さしあげたいと思います^^;

そうだ。時代背景として明治20年代のことだということも踏まえておくといいと思います。
明治20年前後に、江戸時代を引きずっていたのがいっきに明治時代っぽくなっていく。
そのときに、別に文体なんて、前から使っているようなのでいいのに、変えようと思った人がいる。
なんかかっこいい。そういう気づきがあるといいなぁと思います。

時代背景について参考になるサイトを紹介しておきますね^^


http://homepage3.nifty.com/bluesky/critique_japan/ureshi/kinbunshi01.htm

参考URL:http://homepage3.nifty.com/bluesky/critique_japan/ureshi/kinbunshi01.htm

言文一致運動については、文体の確立の歴史と言えます。

わたしたちが、こんなふうに当たり前に文章を書くことができるのは、先人達が文体を確立しているからなのです。
たとえば・・・自分が日ごろ使っている言葉をありのままに文章に起こそうとした経験はありませんか?方言なんかをそのまま書こうとしたら、なんか変ではなかったですか?
そう。方言を書き言葉にするときの文体が確立してないからうまく書けないのです。

いろんな試行錯誤があっていまのような文体が出来上がっていったのです。

日...続きを読む

Q写実主義と自然主義

日本文学の、写実主義と自然主義の違いがよくわかりません。
写実主義は明治初期に坪内逍遥が提唱して二葉亭四迷が確立したものですよね?
自然主義は明治末期より田山花袋などの私小説的なものをいうみたいですが、なんだかどっちも人間の心理とか真実とかを描き出すことには変わり無いと思うんですが・・。
主義というだけには何か決定的なものはないのでしょうか?ただ単に時期が違うというだけなんでしょうか?日本の自然主義はヨーロッパのものとはまた違うなどあるみたいですが・・。
便覧見ても人に聞いてもいまいちしっくりこなくてしこりを残してます。

Aベストアンサー

 実は僕も疑問に思いまして、調べてみたことがあるんです。
 本当に、疑問に思われても無理もないことだと思います。というのは、明治の文学史を見てみると、ひっじょーに奇妙なことが起こっているからです。
 まず、写実主義の方は、おっしゃるとおり、坪内逍遥の『小説神髄』に始まり、二葉亭四迷の『浮雲』を本格的な出発点とする流れです。言文一致が特徴ですね。文字通り、現実を描写するという意味で写実的でした。
 で、自然主義にいく前に、浪漫主義という流れがあったのをご記憶でしょうか。雑誌『文学界』を拠り所に、北村透谷や初期の森鷗外らが活躍しました。その『文学界』の創刊当初のメンバーに、あの島崎藤村がキッチリ顔を見せているのです。彼は、浪漫主義抒情詩人として出発していたのでした。これがハナシをややこしくする元なんです。つまり…日本においては、自然主義というのは、写実主義からではなく、浪漫主義から派生したと言える部分がある、ということです。ヨーロッパとは全然ちがう経緯を辿っている。そのため、「自我」であるとか「内面性」であるとか、そういう浪漫主義的要素を多分に引きずることになりました。
 さらに、日本における自然主義の出発点をなした、藤村の『破戒』、これがまた問題なんです。
 ヨーロッパにおける(つまり、もともとの)自然主義は、写実主義の客観的描写姿勢を受け継ぎつつ、より科学的・実証的・体系的に現実を捉えようとする、実験的な文学様式でした。現実を、あるがままに、しかも、歴史的状況や因果関係や社会全体の中での位置付けも視野に収めて、現実のナマの姿を浮き彫りにしよう…みたいな。
 で、『破戒』なんですが、まず、被差別部落問題を背景としている点に、上記の意味での自然主義の特徴を認めることができます。一応。あくまでも、一応。
 ところが、作品全体として見ると、明らかに焦点は主人公・瀬川丑松の内面的苦悩に置かれています。被差別部落問題は、ただ単に「背景」でしかなく、作品を通してこの問題の核心を追究しようという姿勢は、もうぜーんぜん見られない。つまり、本来の意味での自然主義文学としては、要件を十分に満たす作品ではなかったのです。
 にもかかわらず、『破戒』は発表当初から「自然主義小説」として宣伝されてしまった。おまけに、小説としての完成度が高かったことから絶賛を浴びた。大成功を収めた。…これが、皮肉なことに、日本における自然主義文学の方向を決定してしまったのです。社会的視点を欠いた自己告白的小説が「自然主義だ」ということになってしまった。藤村自身が、「いやー、実はねー、自然主義って、ほんとはこうなんだよ」と、ちゃんとフォローするような仕事をしてくれていればよかったかもしれませんが…やってないんです、結局。
 こういういきさつで、要するに、日本では写実主義も自然主義も、中身に大したちがいはないんです。強いて言えば、自然主義の方は、「浪漫主義混じり」のせいで内面描写に突っ走ることになり、自己告白が露悪的な方向に傾きがちになった点に、写実主義との違いがあるでしょう。写実主義の方にも露悪的なものはありましたが、どちらかというと、「現実って、こんなに厳しくて悲惨なんだよ」という、現実世間の描写でしたから。

 どうでしょ? これで、「しこり」、消えます?

 実は僕も疑問に思いまして、調べてみたことがあるんです。
 本当に、疑問に思われても無理もないことだと思います。というのは、明治の文学史を見てみると、ひっじょーに奇妙なことが起こっているからです。
 まず、写実主義の方は、おっしゃるとおり、坪内逍遥の『小説神髄』に始まり、二葉亭四迷の『浮雲』を本格的な出発点とする流れです。言文一致が特徴ですね。文字通り、現実を描写するという意味で写実的でした。
 で、自然主義にいく前に、浪漫主義という流れがあったのをご記憶でしょうか。雑誌...続きを読む

Qツルゲーネフ「あいびき」について

何回読み直しても伝えたいことが解りません。
どういう意味なのでしょうか?解説お願いします

Aベストアンサー

つい最近、この「あいびき」を二葉亭四迷訳ほかで読む機会があったので。

えーと、まず「伝えたいこと」というのは、「作者の伝えたいこと」という意味ですね。
そういう問題の立て方はちょっとうまくない。
「作者の伝えたいこと」は、だれにもわからないです。ツルゲーネフに聞いてみなくちゃ。ツルゲーネフだって、この『猟人日記』を書いた頃の記憶は、のちにはなくなってるかもしれないし。そうではなくて、読者にできることは、「何が書いてあるか」を読むことです。
質問者さんは、わからない、と思った。
つまりそれは「作者の意図」ではなく、「何が書いてあるか」がわからなかったんです。
まず「何が書いてあるか」を読むこと。

この短篇の流れは非常に単純です。

まず、主人公が九月の出来事を回想する。
 ↓
主人公は白樺林のなかにいる。
 ↓
ひと眠りすると、若い女性がいた。
 ↓
若い男が現れる。
 ↓
ふたりは話をする。
・男は貴族の従僕で、明日この地を離れる。
・娘はそれを悲しんでいる。
 ↓
男はそこを去る。
 ↓
娘は泣く。
 ↓
見かねて主人公が出ていくと、驚いた娘は逃げる。
 ↓
主人公は残された花束を拾う。
 ↓
主人公はひからびた矢車菊をとっている。

つぎに、「どうしてそうなったのか」を考えること。この「どうして」は、直接には書いてありませんから、自分が見つけてやらなくちゃなりません。
ここから質問者さんはご自身で質問を作ってみてください。このときの男はどんな気持ちだったんだろう、とか、主人公はどうして出ていったんだろう、とか。簡単に答えられるのもあるし、むずかしいのもあると思います。けれども、こうやって考えていくことで、表面に描かれていない登場人物の「気持ち」をつかむことができます。

で、ここではひとつだけ。
主人公はどうして「ひからびた矢車菊」をとっておいたんだと思います?

これはあくまでも解釈ですから、別に「アクリーナがかわいそうだったから」でもいいんですが、それだと冒頭の、白樺林の情景が描かれていった部分の意味がよくわからない。単なる話のマクラなのか。そうではないとわたしは思います。

刻々とうつりかわる天候、空のようす、木々のざわめき、下に生い茂るシダや落ち葉、木漏れ日。そこに聞こえてくる鳥のさえずり。
主人公は、自分を取り巻く周囲を、見て、感じて、味わっている。さらにそこで眠るということは、その自然と一体となることでもあります。

つぎにふたりが登場します。そのやりとりを、主人公は同じように、見て、感じて、味わう。ここで、林のなかの世界は、そのままふたりの世界に対応しています。

林のなかでは、主人公は昼寝をする。つまり、彼の行動は世界に受け入れられ、世界と一体となることができた。
ところがここで、若い女性の哀れさが、主人公に介入しようとする衝動を起こさせ、主人公は行動を起こします。すると彼女は逃げていく。ここでは主人公は女性に拒まれて、その関係の中に入っていくことはできなかったのです。残された彼にできるのは、彼女が残した矢車菊を拾い集めることだけです。

ふたりが去った後、同じ林を外から見るときの描写。

> のらに向いて壁のようにたつ林の一面はすべてざわざわざわつき、細末の玉の屑を散らしたように、煌(かがや)きはしないが、ちらついていた(青空文庫・二葉亭四迷訳)

同じ林、かつては自分をそのふところに抱いてくれた林が、こんどは背を向け、壁となっている。拒まれ、閉め出されたように感じているのです。つまり、主人公の心情が、そのまま林の描写となって現れている。

わたしたちは自分の心情にしたがって、外界を見ている。世界はわたしたちの心情に呼応して、わたしたちの目に、さまざまに姿を変えて映っていく。
そうして、わたしたちが世界と自らを一致させていこうとする限りでは、世界はわたしたちを受け入れてくれる。
ところがそこに介入しようとしたとき、世界は一転、わたしたちをこばむ。

主人公は、自分の経験をこのようにふりかえっているのです。
記憶は、それだけでは流れていってしまいますから、それを留めておく「記憶の器」のようなものが必要です。この矢車菊は、その器、主人公にとってはその記憶の換喩として働いていると考えることができるのではないでしょうか。

つい最近、この「あいびき」を二葉亭四迷訳ほかで読む機会があったので。

えーと、まず「伝えたいこと」というのは、「作者の伝えたいこと」という意味ですね。
そういう問題の立て方はちょっとうまくない。
「作者の伝えたいこと」は、だれにもわからないです。ツルゲーネフに聞いてみなくちゃ。ツルゲーネフだって、この『猟人日記』を書いた頃の記憶は、のちにはなくなってるかもしれないし。そうではなくて、読者にできることは、「何が書いてあるか」を読むことです。
質問者さんは、わからない、と思...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報