耽美的…とは違う気がしますが、言葉使いや単語(水蜜桃とか綺麗ですね)が綺麗な本教えてください。

古今関わらず教えてくださると嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おすすめは、ご存知かもしれませんが、長野まゆみ先生の作品全般です。


旧字、旧仮名を多く遣っていらっしゃったり、当て字や造語なんかも素敵ですよ。
(例)
苹果(りんご)、玻璃(がらす)、筆記帳(ノオト)、汽水(ソーダ)、凍玻璃(いてはり)、夏緑蔭(なつりょくいん)etc.

他にも、鉱石や植物などが多く出てきて、色合いの美しい作品ばかりです。

耽美というか、しっとりとして繊細な美しい言葉たちですね。
水蜜桃を綺麗と感じる方なら、きっとお気に召されると思います。

とくに単語の美しさを感じたのは「少年アリス」「賢治先生」「鉱石倶楽部」などでしょうか。
和風のものがお好みなら、「鳩の栖」や「魚たちの離宮」なんかもおすすめです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たくさんありがとうございます!!

是非読ましていただきます!

お礼日時:2009/02/05 23:01

 私は桜庭一樹さんの作品をおすすめします。


 『少女七竈と七人の可愛そうな大人』では容姿の顔を「かんばせ」としていました。私が思う綺麗な単語でした。
 同著者の『青年のための読書クラブ』も素敵な言葉遣いが多く見られます。
 是非読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅れました!!

是非読んでみます!!

お礼日時:2009/02/05 23:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耽美的な物語について

現存する物語で究極に美しい物語を探しています。内容ではなく「音」として、あるいは「絵」として、美しい言語表現を備えている…そんな物語ってないでしょうか?俗に言うところの「耽美小説」といわれるものの中には僕の知る限り、このような欲求を満たしてくれるものは皆無でした。ちなみに僕が一番好きな小説は森茉莉の「枯葉の寝床」です。

Aベストアンサー

うーん、うーん・・・。
究極、といえるかはわからないですが、「大原まり子」と回答していいんだろうか・・・。
本をお勧めするのは、難しいです・・・。なら、回答しなきゃいいんだけど。
なんで迷っているかというと、ジャンルがSFだから。
しかし、ナリスさんというHNと森茉莉「枯葉の寝床」というキーワードからは栗本薫の名前が思い浮かぶし・・・(検討外れだったらごめんなさい)
その路線なら、大原まり子さんもご存知だろうし・・・。
とりあえず、「ハイブリッドチャイルド」を挙げさせてください。読んでるかな・・・?

Q本を綺麗にする方法ありますか?

本棚に本を立てて保管していたのですが、湿気からなのか、本の上部に染みができてしまいました。
本を傷つけずに、汚れを取る方法はありますか?

Aベストアンサー

シミの大きさはどの程度かよく分かりませんが、あkまりに大きくて深いシミは難しくなるかもしれません。

テレビで見た事なんですけど、本の側面に付いたシミを取るには、大手の中古本屋さんは、本専用の研摩機で研摩をしているそうです。

さて、個人の場合でしたら、目の細かい(1200番以上)のサンドペーパーに平らで長方形の木など巻いて、ゴジゴジと磨きます。その方法はでこぼこが出来る場合がありますので、高額な本は絶対に止めた方がいいです。

経験はありませんけど、どうしてもシミが気になるようでしたら、大手中古本屋(ブックオフなど)さんに研磨をして頂けるかどうか、聞いてみるといいかも知れませんね。

Q紫桃 正隆さんの本を探しています

宮城県の郷土史家の、紫桃 正隆さんの「五月闇 正宗と和賀一族」という本を探しています。
和賀一族ものは小原藤次さんの「没落 奥州和賀一族」を読んだところで、次はこれを読みたいと思います。
他にも紫桃 正隆さんの本は欲しい本がたくさんありますが、かなりマニアックな本なので入手方法がわかりません。
情報お持ちの方教えてください。

Aベストアンサー

まずアマゾンに29点が登録され、20点近くは購入可能です。
結構いい値段がついていますが・・・・

http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_pg_1?rh=i%3Aaps%2Ck%3A%E7%B4%AB%E6%A1%83+%E6%AD%A3%E9%9A%86&keywords=%E7%B4%AB%E6%A1%83+%E6%AD%A3%E9%9A%86&ie=UTF8&qid=1383101508

ヤフーオークションにも、現時点で6点あるようです。アマゾンより安いのかな?

http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?p=%BB%E7%C5%ED+%C0%B5%CE%B4&auccat=0&tab_ex=commerce&ei=euc-jp

古書の総合検索サイトでも、結構ヒットします。

http://book.cata-log.com/old/

Q電撃文庫の本でオススメの本

私は、本が大好きです。最近は電撃文庫にはまってます。そこで、質問です。
電撃文庫でみなさんのオススメの本はどの本ですか?1~3冊ほど教えてください。それを参考に本を買おうと思うので、できればその本の説明もしてくださるとたすかります。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちはイチオシは「月姫」です!!PCゲームをやる人であれば知らない人はいないでしょう。元は同人ですが、空前の大ヒット作です。さて文庫本ではアンソロジーとして短編集になっています。巻は二冊でています。内容は月姫各キャラ視点ののオリジナルストーリーとなっております。これはこれで月姫を知らない人でも楽しめると思いますよ。
「灼眼のシャナ」は私もオススメです!!今、アニメもやっていますしネ!巻も0~10まであったはずです。
長いので長編好きにゃもってこいですね。
「スターシップ・オペレーターズ」もいいですよ!アニメはワンクールですぐ終わってしまいましたが・・・これは女の子主体の宇宙戦艦ヤマトみたいな話です(笑)こちらも五冊くらいはでていたと思います。

余談ですが富士見書房もオススメです!!「まぶらほ」と「フルメタルパニック」機会があればどうぞ読んでみてくださいネ。

Q日本人として読んでおくべき本、日本に関する本

高校2年生の女です。
先日「国家の品格」を読み、これはまさに自分のことだ、、とショックを受けました。
私は小学生時代をアメリカで過ごしたので、英語は話せます。しかし日本人としての一般的な知識が身に付いていません;
そこで、日本の歴史、伝統、文化などを、本を通じて学びたいと思います。
 
日本人として読んでおくべき本(有名な作家など)や、
これを読めば日本について詳しくなれるという本があればぜひ教えてください。 
出来ればですが、時間があまりないので短期間で読めるものが良いです。
 

Aベストアンサー

あの本から「ショック」を受けたのなら、『英語達人列伝』(斎藤兆史・中公新書)などはいい刺激になるかもしれません。
内容は、日本にいながらにして高度な英語力を身につけた十の文化人を取り上げ、英語という切り口でその人生を照射した略伝になっています。
野口英世などのよく知られた人から、一般には知られていない外交官、さらには鈴木大拙など日本文化を研究者する外国人が避けて通れない人まで多士済々です。いずれもモンスター級の人ばかりでエピソードも豪快です。
「伝記」ではありますが著者の主張が強く打ち出された本でもあり、「日本人としての確固たるアイデンティティーがなければ、いくら英語ができても通用しない」という考えが基調になっています。『国家の品格』の論調と似たところがあります。
「ショック」から得た読書欲が減退したかなと思ったら、「ビタミン剤」としても使えます。

ちなみにイギリスの大学で日本文化を研究しているある教授によると、ヨーロッパの思想界にもっとも影響を与えた日本人は「鈴木大拙をおいてほかにない」とか。(山折哲雄の文章より)

鈴木孝夫の『ことばと文化』(岩波新書)などは薄くて簡単に読める割には文化を考えるときには便利な本です。英訳も出ています。
この本に限らず、鈴木孝夫の文章はわかりやすく扱う問題も現代的なため、よく高校の教科書や大学入試などに登場します。高校生なら読んで損にはならないと思います。

英語が得意なら外国人と話す機会が今後増えることでしょう。そのとき「日本人の宗教」が必ず話題になると思います。そんなときに備えてこういった本はどうでしょう、『日本人はなぜ無宗教なのか』(阿満 利麿・ちくま新書)
日本人は「宗教」というと教祖、経典、教義などが備わったイスラムやキリスト教またはある種の新興宗教をイメージしますが、著者は(表題とは裏腹に)我々のありふれた習俗的行為も広義の宗教だと位置付ける立場をとっています。
私の評価はもう一つでしたが、アマゾンのレビューなんかでは高く評価している人もいますし、英訳も出ているようです。こういった小冊子一冊でも読んでいるといないとでは、日本文化をみる視野の幅に差が出ると思いますよ。

日本の文字文化をずっと支えてきたのは紫式部や芭蕉ではなく、孟子や頼山陽、つまり漢文でした。そもそも日本語自体が漢語によって語彙を劇的に増やし、漢文によって骨格を得てきたわけで、漢語・漢文は日本語の土台そのものとも言えます。外来語の氾濫という話題になると、「漢字はどうなんだ」と漢語や漢文を現代的意味での外来語・外国語と同列に扱う人が出てきます。こいう人たちに同調して恥をかかないためにも、丸谷才一や中村真一郎の日本語に関するエッセイはお薦めです。あとこれは品切れですが、渡部昇一の『教養の伝統について』(講談社学術文庫)の中にも同じ趣旨から推薦できる文章があります。近所や学校の図書館にあればぜひどうぞ。(No.7の方とかぶって申し訳ありません)

あと時間がないようでしたら、代表的日本論をコンパクトに紹介した以下のような本もあります。
『日本文化論の系譜―『武士道』から『「甘え」の構造』まで』(大久保 喬樹・中公新書)
『外国人による日本論の名著―ゴンチャロフからパンゲまで』(佐伯 彰一、芳賀 徹・中公新書)

あの本から「ショック」を受けたのなら、『英語達人列伝』(斎藤兆史・中公新書)などはいい刺激になるかもしれません。
内容は、日本にいながらにして高度な英語力を身につけた十の文化人を取り上げ、英語という切り口でその人生を照射した略伝になっています。
野口英世などのよく知られた人から、一般には知られていない外交官、さらには鈴木大拙など日本文化を研究者する外国人が避けて通れない人まで多士済々です。いずれもモンスター級の人ばかりでエピソードも豪快です。
「伝記」ではありますが著者の...続きを読む


おすすめ情報