祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

40代のためでしょうか、毎日3手詰めをやっていますが、なかなか思うように詰めることが出来ません。。
谷川9段言わく、わからなかったら回答をすぐに見てパターンを覚えよと言っていますが、現実のところ
1、とにかく30分~1時間は粘ってみるべきですか
2、谷川さんの言うとおりにすぐ回答を見たほうがいいのか。
実際、力がつくのはどちらがいいのでしょうか。。。

3、それから、皆さんは本当に3手詰めや5手詰めが一瞬にしてわかるのですか

僕にはう~んと唸って頭を使って盤に並べて考えたほうが力がついているような気がするんですよ。。。

以上3問の質問お願いします。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

3手づめで30分考えるのは時間がもったいないので


すこし勉強法をかえたほうがよいようなきがします。

何分かかってわかるかという問いにたいしては、一瞬
見た段階で、これかな、あれかな、という初手に関する
候補がうかび、そのごをためして正解なら正解になる
ので、最初の一手をまちがわなければ、3分程度では
ないでしょうか。

15手づめでも10分15分程度と思います。

ただおぼえるにしても、自分なりにかんがえたあとで
ないと、おぼえにくいということがあると思うので、
たとえば、初手は、これだと思う程度まで推測したあ
と答えをみるのもよいかと思います。

あと、実戦にかんしていえば、最終局面でしかつみは
ないので、同時に実戦をかさねる必要があるのでは
と思います。
    • good
    • 3

私も40代ですが、年齢は関係ないかと思いますよ。

しかも下手です。

1 三手詰めですから、余り粘るよりは盤面を覚えてみることから始めてみてはどうでしょうか?わからないときは出題図を見ないで考えてみます。頭の中で駒を動かすのが肝要です。形を覚えておくのは大事ですよ。
2 私は、解答は五分考えてわからなければ見ます。その後、出題図を覚えて解答の動きを頭の中で再現します。
玉の逃げ方のパターンにより詰まない気がする時は考え、わからなければ将棋ソフトで確認したりします。
3 最後は頭金で詰む場合は、一瞬でわかることがありますよ。腹金もそうです。美濃、矢倉など囲いから出題の詰め将棋もあります。これも形により一瞬でわかるようになります。
    • good
    • 4

 詰め将棋を楽しむときは棋書を選ぶべきです。

3手詰め中心の問題集は空き王手の筋などトリッキーな図が多いため、かえって初級者には向きません。むしろ7手詰めあたりを中心とする棋書のなかの3手詰めを解かれるほうがよいでしょう。

 いまどき書店に並んでいる詰棋書は商業主義のものが多く、良い問題はあまり掲載されていません。おすすめは、

 初心者には、升田幸三「寄せ方・詰め方」(絶版のためネットで入手)
 初級者には、原田泰夫九段の各著作
 中級者には、塚田正夫、二上達也、内藤国雄各九段の著作
 マニアには、アマチュア詰め将棋作家の著作(プロよりレベルが高い)

 以上、質問者にとって的はずれのアドバイスでしたらご容赦ください。
    • good
    • 1

・・


同じような悩みをお持ちのようで、高段でも無い私が書くのも何ですが、私の場合を書いてみます。

1・
高段者の方も書かれておりましたが、私は余り粘りません。
それで、250問有る詰碁ソフトの問題を、2~3回楽しめました。
私の詰め将棋を見るポイントは、
「実戦で困らないように、普段の勉強の中で、手を事前に準備する為」です。
ゆえに、回答かガンガン見ております。

関根九段作成の、「本格的シリーズ・詰将棋編・上級編」は、かなり楽しめました。
http://www.unbalance.co.jp/honkaku/tsume_j/
私は店頭で買いましたが、ネットで二千円ほどと安価です。

すると、本を開かずとも、頭の中で、駒の動きを検討する事が、
若干出きるようになりました。
私は囲碁で同様の事をしてきたので、その影響かも知れません。


2・
チカラに関してですが、単に覚えるだけの段階よりも、
自分で作ってみるほうが、熱中してのめり込むし、楽しいと思いました。
詰めの判定は、コンピュータに任せています。
これも、上記のソフトで可能です。

3・
古い詰将棋の短手数問題でも、名人が作ったような佳品で、
「アッ」と思わされる事が有ります。
また、実戦型の詰め将棋のみ集めた本も有り、かなり参考になりました。

以上、そんなに強く無い者からでした。。。

参考URL:http://www.unbalance.co.jp/honkaku/tsume_j/
    • good
    • 2

パッパッパと詰め将棋を解けるようになられたいのだろうとシンプルに考えてコメントします。



まず、3手詰めをやられておられることについて…短手数の詰め将棋から長手数の詰め将棋に進むのが最善と思いますので、今のままお続けを。

解き方ですが…3手詰めだとそんなに沢山の手筋はありませんから、どんどん解いて手筋をモノにされるのがおすすめです。尤も稀に「オヤッ!」と思う手筋に出会うこともありますが。

手筋をモノにされるに当たって…解答を見たくなったら問題を見てからの時間が短かろうが長かろうが、解答を見れば良いのですが…解答を見た後、あるいは、解答を見ることなしに解けた後、一言発してみてください。
例えば…「王さんを桂馬で移動させて頭金」「馬成りで詰み」と言ったようにです。
できれば、駒別にリストを作成されて整理されるとベターなのですが。面倒だったら声だけでも。
すると、「アレッ?前にも同じようことを言ったような…」が生じてきます。そして、どんどん増えていきます。どんどんモノにされてきているのです。

さて、遅くなりましたが…3つのご質問に対して:
対1:すぐに解答が見たければすぐに解答を見れば良いし、粘りたければ粘れば良いでしょう。但し、
対2:私的には谷川9段の考え方に賛成です。手筋を覚えることは詰め手数が長くなっても同じですから。
対3:瞬時と言えるかどうかは分かりませんが、秒殺できるものはそれなりにあります。但し、全部に対してではありません。7手詰めで30分以上掛かったものもあります。

最後に…「盤に並べて駒を動かしながら詰めていく」はあまりおすすめしません。最後まで頭の中で駒を動かして詰めていった方が、「モノ」にする上で効果的と思っていますので。
    • good
    • 1

私も40代。

中高生時代に4段くらいでやっておりました。

ぶっちゃけ、量をこなすか質をこなすかの差だけの違いだと思います。
そしてどっちのルートでも出来るようになると思います。
どちらのルートをとるのかは質問者様の目的・性格・環境しだいだと思います。

私の場合はとにかく実戦に強くなりたかったので、詰め将棋はヨミの練習と割り切って、実戦型をひたすら解いていました。質問者様の目的はなんでしょうか?

ヨミの練習とか頭の体操とかであれば、時間をかけてとことん考え抜くべきです。
3手、5手などは読む手数は限られてるので、一つ一つ手を探っていけばよいだけです。

また詰め将棋そのものを楽しみたいとか上達したいとかであれば、回答を見て詰め将棋特有の手筋を早く覚えた方が、早く解けるようになると思います。

いずれにしても質問者様の頭にインパクトがないと覚えませんから、性格や志向でやりかたを選択してください。どちらも同じです。力は必ずつきます。

そうすると本当に5手詰めなど一瞬です。他人には超能力に映ります(笑)

あ?あと長手数のものを鑑賞目的で並べてみるのも、力がつきますよ。
13,15手前後の実戦型など手筋がバンバン出てきます。
江戸時代の古典や煙詰めとか実戦初型とか芸術性の高いものも面白いです。

少し脱線かもしれませんが、必至問題などは短手数でも難問揃いで地味に面白いです。

将棋は本当に奥が深いので楽しみながらがんばってください。
    • good
    • 2

(1および2)すぐ見たほうがいいと思います。

4問ぐらいをセットにして、前に戻りながら次々やっていくのがお勧めです。
3手詰めでも実戦形で並べ詰みのものがいいと思います。(詰め将棋集になっているようなトリッキーな3手詰みは実戦には効果薄いと思います。)
(3)たいてい3手なら30秒以内に解けているはずです。(30秒将棋で3手詰みで投了していますから)
アマの場合、ネットでも大会でも最後は30秒か1分ですから、その時間内で解く訓練が必要と思います。プロの場合は詰め将棋で長時間考えるのも必要と聞いたことがありますが、詰め将棋のためというより、考え続けることができるということが大事なんじゃないかと想像しています。
    • good
    • 0

》僕にはう~んと唸って頭を使って盤に並べて考えたほうが力がついているような気がするんですよ。

。。

これでいいと思います。数を当たればだんだん早く解けるようになってくると思います。

解けないときは「回答を見たほうがいい」というより、「見てもいい」ということだと思います。昔は、自力で解くべきだという考えがあったのですが、それにこだわらなくていいと意味です。

盤に駒を並べて詰め手をさがすことは私はかまわないと思います。これも数多くの詰将棋にとりくんでいくと、そのうち頭の中だけで詰められるようになります。

見た瞬間に詰められるかということですが、ありふれた手筋のものでしたら、10手を超えているものでもすぐに解けます。見た瞬間に詰みの形が予想できます。
 

 

 
    • good
    • 0

簡単なものなら詰めなくても、詰むかどうかだけわかるものです。

これは実際、慣れなのだろうと思います。考えなくても将棋が指せるのと同じく、考えなくても詰め将棋は解けるものです。盤で動かしても意味がないです。あと、5分以上は考えても無駄と思います。3手が難しいのなら、2手だけ動かして、1手詰を早く解ける訓練をした方がいいです。1手詰めの本もありましたよ。あと、ナンクロパズルを解くのが詰め将棋に似ていて、結構、ためになりました。
    • good
    • 0

こんにちは。



1、とにかく30分~1時間は粘ってみるべきですか

私は20分考えてだめだったら降参します。
あるいはその問題を考えるのをやめて、別の問題にとりかかり、
時間を置いてから再チャレンジします。
そうすると新しい筋がひらめくことがあります。


2、谷川さんの言うとおりにすぐ回答を見たほうがいいのか。
解き方のパターンが身についていないうちはそれでいいと思います。


3、それから、皆さんは本当に3手詰めや5手詰めが一瞬にしてわかるのですか
私はヘボなので3手詰めも長時間苦戦し、そのあげくに誤答することがあります(笑)。
プロなら一瞬で解答しますね。
昔詰将棋マニアの人に会館で遭遇したことがありますが、
その方は某プロの7手詰を一目見ただけで解いてしまい、
「こんなの詰将棋じゃない」と酷評してらっしゃいました。
私は10分かかったんですけどね…


最後に、これは読みを鍛えるという目的で詰将棋に取り組むのであれば邪道かもしれませんが、
「盤上の駒の配置」に注目すると解きやすくなります。
詰将棋には無駄な駒は配置してはいけないというルールがあるので、
「ここに歩があるということはここらへんで玉が詰むんだな。
じゃあの方向に玉を追い込む手順を考えよう」
とある程度見当をつけることができるのです。
これを意識すると作者の狙いがわかって感動することがあります。
こういうマニアックな楽しみ方もあるということでご紹介いたしました。

http://www.amazon.co.jp/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q将棋の先読みの仕方、コツを教えてください。

将棋初心者です。
私は何事でも先を読むことが苦手で思考力がとても乏しいので、将棋を通して先読み力をアップさせたいと思っております。

訓練次第で上級者並の先読み力を身に付けたいのですが、
先読みの上手な仕方、コツなどが全然分からないのでどうか教えてください。

羽生善治さんは過去、一手打つのに千手読むと言われていたらしいですが、どのくらいの時間で千手も読むことができるのでしょうか?先読みが苦手な自分にとっては千手も読むなんてとても考えられません・・;

Aベストアンサー

将棋は指す、囲碁は打つですから、まず。
質問者さんのイメージだと天才的なインスピレーションでどんどん手が読めていくイメージなんでしょうが、そのイメージは全く違います。
将棋の上手な人は、実にたくさんの定跡を覚えています。ひとつの定跡は100手ほどですが、変化手順といって、例えば50手目にaという手じゃなくbという手をさした場合はこうなって不利なのでという手順も知って定跡を覚えているので、その変化手順にも、bじゃなくcもdもありえますし、bの次の手もb1b2b3とたくさんありえますので、100手ほどの定跡一つを知っているといっても数万数十万手を理解していることになります。
だから、1手選択するにも初心は白紙ですが、上手な人はすでに数万手数億手の蓄積がありますから、瞬時に最善手を選択できるのです。アマチュアでも強い四段になると、驚くほど定跡を知っていて、将棋世界の03年3月号の103頁に出ていた変化なんてものもキッチリ覚えています。
羽生さんの千手を読むというのは、ある場面で、知識として数億数兆手相当の変化を知っていて、手の組み合わせなんかを変えてみてよりより手の検討を千手くらい対局の場でやってみるということなので、数億手数兆手の蓄積の無い人には、絶対無理な話です。
ちょっとしたコツを覚えて、それだけでうまくやっているというのは公務員や業界団体職員の様な特権階級の人の生き方であって、一般の人にはちょっとしたコツを覚えてもそもそも特権階級じゃないので、意味なんて全く無いのですが。自転車なんかだとちょっとしたコツを覚えると乗れるようになりますが、将棋が羽生さんとは行かなくても、プロ並みにうまくなるのはコツじゃないです。(まあ、8級(将棋倶楽部24の8級じゃないですよ)の人が4,5級を目指した場合のコツはあるでしょうが、どこがおかしくて8級なのか、おかしい箇所は人によって違いますから、一般的にはいえません)
話がそれましたが、膨大な先例を覚えるという作業が将棋の上達には必要な訳で、プロ並みにうまい人は誰もがやっています。棋譜を並べていて「あれっ」と思うところを研究することも、当然やります。研究は一局並べてすぐやっても効率悪いです。考える材料がないですから。少なくとも先ずは1万局並べてからのほうがいいです。1万局並べているうちに1局2局並べた時に感じた疑問のほとんどは感じなくなっています。手を読む力というのは、10万局もならべると、だれでもつくようになります。
でも、その前提の10万局の棋譜並べという作業は誰でも出来ることじゃないんです。マラソンの選手が練習で30キロ走ることはなんでもないことですが、素人にはとんでもないことであるのと同じです。
ときどきプロのスポーツ選手の練習量が紹介されてその多さに仰天するというのがありますが、将棋でも質問者さんの想像を超える量の棋譜並べと研究を強い人はやっています。
例えば10万局くらいならべて見れば、自然と手が見えてくるようになります。手の見え方に多少の個人差があって、それがたまたまセンスがいいと強豪という呼び名を手に出来ますが、市の文化祭で優勝する程度の強さなら、ここでのセンスはいらないでしょう。10万局並べるという当然のことをするだけでいいでしょう。
なので、将棋で先を読む力は人生には役立ちません。
けれど、手法は役立ちます。人生やお仕事で悩んだ場合先人たちが同じように悩んでさまざまな方法で解決していますので、その先例をたくさん覚えるという手法を知るということです。人生での先例は、将棋年鑑とか、大山名人全集みたいにまとめられてはいませんから、ひとつひとつ探し出すのに骨は折れますが、先人も同じように悩んでそして解決していると確信できることは人生に役立つことでしょう。

将棋は指す、囲碁は打つですから、まず。
質問者さんのイメージだと天才的なインスピレーションでどんどん手が読めていくイメージなんでしょうが、そのイメージは全く違います。
将棋の上手な人は、実にたくさんの定跡を覚えています。ひとつの定跡は100手ほどですが、変化手順といって、例えば50手目にaという手じゃなくbという手をさした場合はこうなって不利なのでという手順も知って定跡を覚えているので、その変化手順にも、bじゃなくcもdもありえますし、bの次の手もb1b2b3とたくさんありえますので、100...続きを読む

Q覚えたい詰将棋

24で11級程度の級位者です。
周りの強い人から3手詰の詰将棋を完全に覚えてしまいなさい、
とアドバイス受けました。
時間をかければそれなりに覚えられるとは思いますが、
覚えるときの”コツ”のようなものあればぜひ教えてください。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

早々のお礼をありがとうございます。
少々補足をしたく再度投稿致します。

丸暗記が棋力向上(終盤に関し)に効果はあるとは思います。
また、目的が丸暗記ということでしたので、前回の回答をさせていただきました。

昔、羽生名人が「終盤はいくつかのパターンに分類できる」というような発言をして、物議されましたが
少なくとも400程度の詰将棋で分類できるほど将棋の終盤は簡単ではありません。
つまり、詰将棋400の丸暗記はあくまでも読む力、もしくは正解の指し手を思いつくためのトレーニングと思って下さい。
3手詰の丸暗記もその手段のひとつにしかすぎず、難解な終盤を乗り切る力をつけるには暗記したものを応用する力が必要になってくると思います。

励みとして、タイムトライアルも面白いと思います。
しかし、たとえば50題を3分で解けるものを、2分に1分にすることは、終盤力アップに意味があるのかと言われるとどうかな?と思います。丸暗記できたら、次は5手詰7手詰と少し長めの詰将棋にトライして、読む力をつけることも必要になります。
暗記した3手詰の形にするためにはどうすればいいのか?を考える力です。
11級とのことですので、おそらく近い将来思い当たる時期がくるとは思います。
そのときに、ああ・・・と、思っていただければと思い、再投稿しました。
いつか、どこかの大会や道場で対局するかもしれませんが、よろしくお願いします。。

早々のお礼をありがとうございます。
少々補足をしたく再度投稿致します。

丸暗記が棋力向上(終盤に関し)に効果はあるとは思います。
また、目的が丸暗記ということでしたので、前回の回答をさせていただきました。

昔、羽生名人が「終盤はいくつかのパターンに分類できる」というような発言をして、物議されましたが
少なくとも400程度の詰将棋で分類できるほど将棋の終盤は簡単ではありません。
つまり、詰将棋400の丸暗記はあくまでも読む力、もしくは正解の指し手を思いつくためのトレーニングと思...続きを読む

Q棋力UPには詰将棋?

誰に聞いても、棋力をあげたけりゃ毎日1問でも詰将棋を解きなさい。
って大体言われます。
それから毎日詰将棋を解くようにしていますが棋力があがったという実感がまだわきません。

やはり詰将棋を解くことは棋力UPへの近道なんでしょうか。
3~7手詰でも効果はありますか?

詰将棋は序盤や中盤にも効果ありですか?

ど素人なので優しくアドバイス願います。

Aベストアンサー

詰将棋を解くことが棋力上達の早道であり、王道なのは間違いありません。
ただし、物事には適齢期というものがあるので、のめり込むのも禁物です。

5手以内の詰将棋はいわゆる稽古であり、如何に早く解けるか。
試合前に簡単な3手、5手を集中して解いて臨むと手が見えます。
 
7手からが登竜門になり、2桁の詰みまで解ければ有段者です。
ここでの課題は盤面を如何に脳内で正確に再現するかです。
当然の如く、序中盤にも大いに効果があります。

詰将棋は駒の能力を最大限に発揮させるように出来ています。
それは将棋の定跡も全く同じ。
定跡を並べていると綺麗に手が流れていくかが分かります。
これは詰将棋の感覚がないと、なかなか身に付きません。

とはいえ、実際の将棋では詰将棋的な感覚があだになることもあります。
手厚い手、入玉的な感覚、いずれも詰将棋とはマッチしません。
ここを越えることができれば強豪への道が開けます。

早く上達したければ階級を2段階ほど上げてしまう手はあります。
つまり質問者さんの場合は11手に挑戦するということです。
難解度が増すと一桁の詰将棋が楽に見えて来ます。
継続は力なりです。頑張ってみてください。

詰将棋を解くことが棋力上達の早道であり、王道なのは間違いありません。
ただし、物事には適齢期というものがあるので、のめり込むのも禁物です。

5手以内の詰将棋はいわゆる稽古であり、如何に早く解けるか。
試合前に簡単な3手、5手を集中して解いて臨むと手が見えます。
 
7手からが登竜門になり、2桁の詰みまで解ければ有段者です。
ここでの課題は盤面を如何に脳内で正確に再現するかです。
当然の如く、序中盤にも大いに効果があります。

詰将棋は駒の能力を最大限に発揮させるように出来ています...続きを読む

Q解けぬ詰将棋をどうする?

こんばんは
終盤力をつけるために、詰将棋を勉強しています。
まずは、3手、5手詰からはじめています。
5手詰で、どうしても解けないものがあります。
これらに対してどうしたものか悩んでいます。
解答を見てしまうか、解けるまで何回もトライしたほうがいいのか。
力を付ける目的があるというのを前提に、良きアドバイスください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

解答を見る、に一票です。

5手詰めくらいでしたら、手筋一発ですね。
知らない手筋は天才でないと、なかなか思いつくものでは
ありません。
答えを見て納得し、また後日解いてみる、でしょう。

Q1手詰の詰将棋は誰に必要か?

私の棋力は24でR600(10級)くらいの級位者です。
1手詰なんて簡単にわかるものだと思っています。
1手詰の詰将棋の本が販売されているようですが、それは必要なものなのでしょうか?
10級くらいの私にも有益なものでしょうか?
詰み形を知る方法として価値のあるものなのでしょうか?
超初心者だけがやればいいというのは間違った考えでしょうか?
よろしくご回答下さい。

Aベストアンサー

将棋倶楽部24で5級のものです。

1手詰めや簡単な3手詰めなどの棋書は、本来レベルが初心者(24でR0~350ぐらい?)
までの方に、お勧めなのは
「詰みの基本型を知る」「捨て駒などの将棋の終盤の基本技術を習得する」とかだと思うんです。

24で10級の方だと、そういうのは基本的にマスターしていると思います。
なので、1手詰めはをする必要は無いかな、と思っています。
3手詰めになりますと、とある24で11級の方が「3手詰めハンドぜんぜん解けない。」とおっしゃっていたのを覚えていますので、終盤力に自信がなければ3手詰めハンドブックなどを解くことをお勧めします。

逆に終盤力で巻き返す将棋ならば、3手詰めどころ5手詰め(24で中級~上級相当)の詰め将棋でも物足りないと思います。
当時24で10級ぐらいに居た僕は3手ハンドは解けていたので5~7手などを中心に取り組みました。

もちろん、1手詰めでも有段者、いや羽生さんでも逃したことがあります。
なので完璧を追い求めるといつまででも1手詰めになってしまうので(汗
大体1冊の正答率が8~9割になったり、どの問題でも確実に1回は分かるようになったら違う書籍に移ったほうがいいと思います。

将棋倶楽部24で5級のものです。

1手詰めや簡単な3手詰めなどの棋書は、本来レベルが初心者(24でR0~350ぐらい?)
までの方に、お勧めなのは
「詰みの基本型を知る」「捨て駒などの将棋の終盤の基本技術を習得する」とかだと思うんです。

24で10級の方だと、そういうのは基本的にマスターしていると思います。
なので、1手詰めはをする必要は無いかな、と思っています。
3手詰めになりますと、とある24で11級の方が「3手詰めハンドぜんぜん解けない。」とおっしゃっていたのを覚えていますので、終盤力に自信...続きを読む

Qハム将棋の棋力って、どのくらいでしょうか

子供が最近将棋を覚えたのですが、
ネットの「ハム将棋」というハムスターと対戦する将棋ゲームに
やっと平手で勝てるようになってきました。
ここから質問なのですが、
ハム将棋は対戦将棋サイト「将棋倶楽部24」の級位にすると
何級くらいでしょうか?
実際両方指したことのある方、ぜひ教えて下さい。

(カテゴリーの違う所に質問してしまったので、改めて質問します。)

Aベストアンサー

ハム将棋ですが、こちらが何もしないと棒銀で襲い掛かってくる点やコンピュータらしく詰みが絡むとかなり強い点などから、将棋倶楽部24でも12級~14級くらいをうようよしそうな感じです。個人的な感想ではありますが。

将棋倶楽部24ですが、15級周辺はかなり初心者に近い方もいますが、10級周辺はかなり指せる方がいますので、その中間といういい加減な評価ではありますが、ご参考になれば。

もちろん24での級位ですので、町道場なら1級~5級くらいありますよ。

あとこれは蛇足かも知れませんが、子どもさんがハムに平手で勝てるようになったので、子どもさんの棋力はどのくらいかな?という疑問でのご質問でしたら、ハムにどういう勝ち方をしているかにもよります。

数多く指しているうちにハムの弱点を見つけて、毎回同じ戦法で勝てるようになったのでしたら、多様な指し方をしてくる人間には勝てないかも知れません。
逆に子どもさんがいろいろな戦法をして、それでもハムに勝てるなら、これはかなり強いと思います。

Q将棋の棋士は詰め将棋を解いているのですか?

お尋ねいたします。

最近偶然にNHKテレビの将棋番組(対戦)をみたのですが、解説の棋士がしゃべりながら、一瞬で「詰みです」と言って解いてしまいました。実戦もその通りに進行しました。
しゃべりながら考えるのって難しいですよね。棋士の方はありとあらゆるパターンを暗記しているのかなとも思ったのですが、そうなると天文学的数字のパターンになりますよね。到底不可能だと思うのですが・・・
詳しい方に教えていただければと思います。
お手数おかけします。回答よろしくお願いします。
ちなみに私は駒の動かし方を知っている程度です。

Aベストアンサー

棋士は考えて「詰みです」っていってるわけじゃないんです。
見た瞬間にわかるんです。
質問者さんでも、相手の王様の二つ上に歩があって、持ち駒が金の時は、金を打って詰んでいるって、瞬間にわかると思います。
そして、似た局面で王様と歩が一段ずつ上の時は、金1枚なら、詰まないけど、金2枚なら詰むというのは、これも、瞬間にわかると思います。
将棋は上達していくにつれ、この様な、一瞬で詰むという形をたくさん覚えていきます。
私でも数百はあります。
アマチュアの強豪は数千あるでしょうし、プロ棋士なら数万数十万あるんです。
見た瞬間に詰むと確信する局面が、プロ棋士は数十万あって、そのひとつを見て、瞬時に詰むといったんだと思います。
そのひとつ手前の、詰みがありそうな局面というのもその、十倍はあります。その場合は、手順を読んでから、「詰みです」って言わなきゃいけないので、多少詰み手順を確認する時間がかかります。
なので、見た瞬間に手順を読まずにわかるんです。

私は、野球で外野の凡フライを捕球する事ができません。しかし、プロでなくても、野球できる人は、遠くにいる打者が打った瞬間に、打球の落下点がわかって、そこに向かって駆け出します。私にはとても真似できないことですが、1万回くらい外野フライを打ってもらって、補給する練習をすれば、方向くらいは間違えなくなるんじゃないかと思います。

プロはそれだけたくさん似たような局面を見て来ているってことですし、たくさん見ても、詰みが見えない人は、どんどん落ちこぼれてしまいます。最低限のレベルは、プロなら満たしていると思いましょう。詰みが瞬時に見えることに関して、天才的な能力が無い棋士は、命がけで序盤研究をして、なおかつ序盤に関しては天才的な才能があった場合、それでやっと対等になれます。

詰みが瞬間に見えるようになるのは、何度も指しているからですが、何回でみえるようになるかは才能です。また、どの程度複雑な詰みまでみるようになるかも、努力と才能です。

棋士は考えて「詰みです」っていってるわけじゃないんです。
見た瞬間にわかるんです。
質問者さんでも、相手の王様の二つ上に歩があって、持ち駒が金の時は、金を打って詰んでいるって、瞬間にわかると思います。
そして、似た局面で王様と歩が一段ずつ上の時は、金1枚なら、詰まないけど、金2枚なら詰むというのは、これも、瞬間にわかると思います。
将棋は上達していくにつれ、この様な、一瞬で詰むという形をたくさん覚えていきます。
私でも数百はあります。
アマチュアの強豪は数千あるでしょうし、...続きを読む

Q将棋の段位、級位について

将棋が好きで子供の頃から指してきているのですが、
まだ、段位とか級位とか取っていません。
「取りたいなあ」と考えてはいるのですが、
実際、どこでどう取るのか分かりません。

日本将棋連盟が出している月刊誌で応募して
初段を取れるということは知っているのですが
私自身、そこまでうまくはありません。

将棋は初段から始めるものなのでしょうか?級位はないのでしょうか?
また、雑誌などの問題を解いて応募するという方法しかないのでしょうか?

このようなことに詳しい方、または何か知っている方、
なんでもいいですので教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ukeaoiさんは将棋がお好きとのことで、同じ愛好者がいてうれしいです。
さて、段位・級位についてですが、これはその人の強さの目安でプロとアマチュアでは基準がまったく違います。アマチュアの場合、下は10級ぐらいから始まって、
9級・・1級と強くなり、それを越えると初段です。あとは二段、三段と強くなっていきアマチュア名人とかになると五段を日本将棋連盟から授与されます。(なお、プロの場合は試験を受けて奨励会に入り大体6級ぐらいからスタートしますが、これに受かるにはアマチュア4段は必要です。)

さて、ukeaoiさんは自分の棋力を判定して欲しいのでしょうか。それとも免状が欲しいのでしようか。まあ免状は棋力の反映とも見ることができますね。

棋力の判定だけなら比較的簡単です。一番手軽なのは、将棋道場とか会所とかへ行って実際に将棋をさせば、その道場の師範にあたる人などが判定してくれます。また、道場でなくとも初段以上の強い人なら何級ぐらいと教えてくれると思います。身近にそういう場所や人がいない場合は「将棋世界」などの雑誌や「週間将棋」のような新聞(これは毎日新聞系で週一回配達してくれます)などで、問題を解いて往復葉書で応募していくとその回答に応じて点数が返信され、その点数が一定にな
ると申請して級位や段位を認定してもらえます。この時は、上になるほど問題が難しくもなりますし、それだけ持続して応募した、ということから申請した級位や段位の実力がついたと判定するわけです。(自分の好きな段級から始められます)

それで、判定された段位の免状を欲しいとなると、ちょっと面倒です。基本的に日本将棋連盟から免状をもらうにはその段位によって料金がかかります。初段が税込みで31500円からです。これは上の棋力検定や、プロ棋士の推薦などいくつかの方法があります。

最後になりますが、インターネットを通じても段級の認定や免状の申請が行えます。詳しくは下のURLの中の「インターネット棋力認定」をごらんになってください。将棋が本当に判りだし、面白くなってくるのは初段を取ってからです。
ukeaoiさんもまずは初段をめざしてください。

参考URL:http://www.shogi.or.jp/

ukeaoiさんは将棋がお好きとのことで、同じ愛好者がいてうれしいです。
さて、段位・級位についてですが、これはその人の強さの目安でプロとアマチュアでは基準がまったく違います。アマチュアの場合、下は10級ぐらいから始まって、
9級・・1級と強くなり、それを越えると初段です。あとは二段、三段と強くなっていきアマチュア名人とかになると五段を日本将棋連盟から授与されます。(なお、プロの場合は試験を受けて奨励会に入り大体6級ぐらいからスタートしますが、これに受かるにはアマチュア4段は必要です...続きを読む

Q三手詰めの本は6冊ほどといたのだが・・・

こんにちは、皆様。
私の頭では3手詰めは解ける問題もおおいので、ここ2ヶ月間ほどせっせと3手詰めを解いてきました。

解いた本は以下の通りです。
あっと驚く三手詰 森信雄
なめたらあかん三手五手 森信雄
パワーアップシリーズ 三手、五手詰将棋(三手の部分だけ)
将棋3手詰入門ドリル 椎名龍一
3手詰ハンドブック 浦野真彦
3手詰ハンドブック2 浦野真彦

次のステップアップとしては他にもあるかもしれない、3手詰めの本をさがしているのですが、ネットでもみあたらないです。
5手詰の本は私にはまだ、むずかしすぎるようです。
効果的に実力アップするには上記の三手詰の本を2週、3週して読み直しておけばよろしいのでしょうか?また、私の棋力に見合った本などがありましたら、教えていただけますよう、よろしくお願いします。 最近は将棋仲間との将棋だけが生きがいです。そんな私に指南していただけたらと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

詰将棋を解く目的は何でしょうか?
単なる時間つぶし?
それとも(指し)将棋が強くなるために・・・ですか?
あ、将棋仲間がいらっしゃるのですから、後者ですね。
でしたら、”暗記する”ことです。
すべてでなくていいから、その6冊から選んで500題。
丸暗記することです。
「詰将棋に慣れてくると次第に詰め手筋が心地よいリズムのように自然と頭に浮かんでくる」まで。
考えて解くのではなく、見ただけで分かるまで。
基礎体力をつけましょう。

Q3手の詰将棋の本

浦野七段の
『3手詰ハンドブック』(日本将棋連盟刊)1と2を所持しています。
2冊あわせて400題を大体覚えたので次をと考えています。
お勧めの3手詰の本を紹介下さい。
浅川書房から出た新版3手詰ハンドブックがいいのでしょうか?
それともほかにいいのがありますか?
それとも3手詰はどれも手筋が似たりよったりだから、
5手詰に進んだほうがいいのでしょうか?
よろしくアドバイス下さい。

Aベストアンサー

捕捉質問とありましたので再度、お邪魔しますね。

NO1の方の意見と別段、対極にあるとは思いません。
むしろ同感です。
三手詰め、いわゆる三手の読みは将棋の基本ですから、
その技術を磨くのは良い事でしょう・・・・。

ちよっと説明が難しいのですけど、例えばですよ、
あなたが3+2=?はと聞かれたら、小学生のように、
いちいち指を折って数えます?それとも紙に式を書いて計算しますか?

あなたはチラッと眺めただけで5の答えが出るでしょう。
だってあなたはそれ以上の難しい+算ができますもの・・・
二桁の+算は勿論、三桁だって頭の中で答えが出せるかも・・です。
それ以上はさすがに無理でしょうけど紙に計算式を起こせば、
答えは簡単に出るはずです。

羽生さんにとっての三手詰めは、あなたの3+2=?と同じです。
羽生さんがチラッと眺めて解るのは当然過ぎるくらい当然です。
だって将棋の+算が何桁も頭の中で出来る人ですから・・・。

詰め将棋が趣味と言うのなら、私も何も言う事はないのです。
頭の体操にもなりますし、何より面白いですから・・・
ただ、詰め将棋を将棋の強くなる為のステップと捉えるなら、
そろそろ次の二桁の+算にすすまれたらと・・そう思いました。

捕捉質問とありましたので再度、お邪魔しますね。

NO1の方の意見と別段、対極にあるとは思いません。
むしろ同感です。
三手詰め、いわゆる三手の読みは将棋の基本ですから、
その技術を磨くのは良い事でしょう・・・・。

ちよっと説明が難しいのですけど、例えばですよ、
あなたが3+2=?はと聞かれたら、小学生のように、
いちいち指を折って数えます?それとも紙に式を書いて計算しますか?

あなたはチラッと眺めただけで5の答えが出るでしょう。
だってあなたはそれ以上の難しい+算ができますもの...続きを読む


人気Q&Aランキング