むかし、ちょっとだけ、車であちこち行く仕事していて、先輩が、『君の人生の目標は何?』と聞かれ、別にないです。と答えたら、えらい、おこって、一日中説教されました。説教の内容は、こんな感じです。人生はな、まず小さい目標持つねん、例えば、あの高校に入りたいとか、かわいい彼女が、欲しいとかな、そしたら、人間努力すんねん、努力して、手に入れたら、もっと大きな目標持つねん、そして、もっと努力すんねん。そういう感じで、人間は、生きていくんだ。目標のために、手段を選んで、行動するんだ。と、一日中説教されました。納得したか?と聞かれたので、正直に、ドラクエみたいで、そんなのいやです。別に、今が楽しければ、いい、そんなんじゃ、なくて、人生に目標を、持っている人が、生理的に嫌い。例えば、将来の為にと、今を犠牲にして、生きてる人。今、ここが、嫌いだから、目標を持つような、きがします。いつも、目標は、何ときかれ、目標に対して、考えが、まとまってないので、いつも、争ったら、まけます。なんで、みなさん、目標、目的なんて、持つのですか、教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (34件中21~30件)

 「目標」というのは現実を泳ぎ渡るための武器の一つだ。

使う使わないは君の自由だよ。
 でも、使った方が楽になる場合がある。例えば、100mを走るのと、42.195キロを走るのでは走り方が違う。100mのペースで42.195キロを走ったら死ぬよ。
 つまりね、「目標が決まれば走り方が見えてくる、何をすればいいかが見えてくる」という実用的効用があるわけ。「目標が見えれば方法が見える」ということ。
 だから、使えるときは使ったらいい。ただの「武器」だ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕は、電気屋でテレビを売ってます。テレビは、世界を、1と0に、わけます。1と0を、すごく細かくすると、画面を鮮明にします。ハイビジョンは、通常の5倍の信号を処理します。でもね、いくら1と0を細かくしても、リアルは、立ち上がらないとおもいます。世界を1と0の2分法で解釈する。偶然は、必然に変わり、努力は、結果を生み、目標は、達成する。1と0を、究極的に細かくすると、本当の事が、わかる。これが、1と0の神話だと思います。

もし、世界が、1と8の数字で、出来ているとしたら?このことは、漫才師の横山やすしに、教えてもらいました。横山やすしは、むすこに、男は、いちか、ばちか、勝負しなければいけないという意味で、息子に一八とつけました。いちか、ばちか、偶然にすべてを、賭ける。私は、世界は、1と0の安定した構造だと、信じていません。世界は、1と8の、いちか、ばちかで、ランダムで、カオスで、出来ているとおもいます。それが、証拠に、天気予報は、確かに、明日の天気は、予想できます。しかし、61日後の天気は、予想できません。なぜなら、それが、1と0の理論で、できた天気予報の仕組みだと思います。目標を持つことは、世界を1と0の2分法に分け、時間を安定した構造に読み返す、権力の意志が、働くのでは、ないでしょうか。例えば、末期がんのかんじゃに、目標をもて、というより、世界は、1と8で出来ていて、偶然は、必然じゃないよ。今までの生活が、悪かったから、病気になったんじゃない。病気になったのも、偶然。癌がなおるのも偶然そんな風に考えたいです。1と0をいくら、細かくしても、ハイビジョンは、現実を超えられない。世界は、いちか、ばちかの、偶然を受け入れないと、いけないような気がします。

お礼日時:2001/03/04 22:25

楽な人生大賛成!


けど、目標を持つことやそれに向かって努力することは、今を楽しむことと矛盾しないよ。

だって、三こすり半よりがまんした時の方が断然キモチイイでしょ?(長持ちだけが目標になっちゃうと楽しくないけど)

そうした方が生理的にキモチイイから目標持つのでしょう。

「人生は無だ」って頭でっかちに考える方が断然楽しくない人生送れると思うな。人生が無意味であって、もっと純粋に楽しんだ人が勝ちです。
    • good
    • 0

少し共感できますが、少し反発もあります。


なんでかというと、僕も『君の人生の目標は何?』と聞かれたら、
相手によっては「別にないです」と答えるでしょう。
でもね、それはなんでかというと、誰にでも共感してもらえる
目標でないから、説明するのがめんどくさいから。
それを理解してもらう必要もないし、僕のなかにあればいいことだから。
で、自分自身に問い掛けてみれば
「今、ここが、嫌いだから、目標を持つような、きがします。」
これ案外あたってます。正確には違うとも思うけど。
僕の場合は、「今、ここが、嫌いだから」ではなくって、
「今の自分じゃまだ満足できないから」なんですけどね。
で、その為に努力するのは別に「今を犠牲にして」いるわけではないです。
けっこう楽しいですよ、そういうの。
確かに「ドラクエみたい」かもしれないですけど。
自分が成長する様を見ているのって、自分が自分の親になってるみたいで
けっこう、楽しい。

宗教がらみの目標を持っている人の場合は「今を犠牲にして」いる場合も
ままあるような気もしますが。

さて、こちらから質問です。
目標がきらい、もしくは目標を持っている人が生理的に嫌いというあなたは、
そうはいっても、目標を持っていないようには僕には見えません。
本当は「目標、目標」と押し付けてくる人の「押し付けの部分」が嫌い
なのではありませんか?

だったら、僕も同感です。
「俺は努力してるぜ~」って言う人、確かにうるさいし、暑苦しい。
で、そう言ってるわりに、案外たいして努力してない人も多いし。
努力とか目標なんて言葉簡単に口に出す方がうそくさい。
要は、自分の努力が認められないから、しつこく
「俺は努力してるぜ~」って言うんじゃないかな?
って勘繰っちゃう。だまって、秘かにやればいいのに。
ホントにやってたら、勝手に効果出るんだから。
現実認識を自分に合わせて歪曲できる人間のセリフに聞こえる。
そういう意味でなら、よーくわかります。

では、異論反論、お待ちしてます。
    • good
    • 0

二度目です。


「議論が嫌い」のときもそうだったんですけど、あなたに共感できるんです。
あなたが単に面倒くさいから「議論がきらい」で「目標もきらい」と言っている
わけではないんですよね。
正しいとか、間違っているとか、そういうことじゃなくて、私はあなたの個性に
共感を感じます。
「議論」も「目標」もダサイしカッコわるい。ものすごく建設的に見えるようで
実は、ヒトリヨガリやジブンカッテを免れることは難しいんですよね。
あなたはまわりのほとんどが「八紘一宇!」とか「所得倍増!」とか
「安保粉砕!」とか「IT革命!」とかムキになりだしても、ひとり正気で
いられる人です。そんな気がします。
    • good
    • 0

今日出された質問なのに、すごく盛り上がってますねーー!!せっかくの深淵な良質問なんで、ぼくにも応えさせてください。



といってもこりゃ難問ですなーー!ウーン・・・・
人生の目標や目的って、いいかえると、「オレはこれがしたい」とか、「こうなりたい」とかいうことですよね。
これは「欲望」じゃないかな。

逆に目標や目的がない人というと、思い出すのが芭蕉みたいに人生をある程度究めて達観している人か、フリーター。多分フリーターは、「オレの人生目標って何だ?」と「自分探し」をしている人だと思う。色々やってるうちに、「そうか!オレはこれがやりたかったんだ!」と見つかるだろうと、ムキになってないんだと思う。

ひとつ思いついたんだけど、目標とか目的には能力も関係するんだよね。リストラに会った中高年を考えてみると、
殆どの人が「オレは会社のためにやる」とがむしゃらに生きて来たのが、ある日突然その目標がはずされて、ボー然
となるんでしょ。だけど着々と能力を培って来た人はすぐ次の職を見つける。

だから若いときに目標がないというのは、きわめて自然だと思う。むしろまだまだ可能性がいっぱいある、と思っていいんじゃないか。ただなんかの「能力をつける」ことをしたほうが、のちのち人生が充実してくる気がします。
    • good
    • 0

「今」を大事に生きるって、とても素敵なことだと思います。

でも、僕には、それがどういうことなのか、はっきりと分かりません。あえて、僕の「人生」というものに対するイメージを言えば、ありきたりではありますが「旅」です。ただし、その旅に「目的地」は在りません。というか、分かりません。どこへ行けばいいのか、僕には見当がつかないのです。ただ、荒涼とした砂漠やら、鬱蒼とした林やら、天を貫かんばかりの木々の間やらを、ひとりで歩いている、そんなイメージです。

「今」を大事に生きるということは、もしかしたら、その木肌に生えた苔の感触を確かめたり、砂漠の砂をすくってみたりして、その時、その時を確かめながら歩くことなのかも知れないと思います。そして、人生にそれ以上の意味や価値は無いのでしょう。だから、目標も、その一時の「気の迷い」とか「ふっと沸いて出た想念」みたいなもので、あらかじめ与えられた意味は無いんじゃないでしょうか。ただ、「気の迷い」でも「ふっと沸いた想念」でも、砂漠を歩いていて、ふと、森が恋しくなったり、海を見たくなったり、そういう感情が、激しく押し寄せて来る時があります。あらかじめ決められた場所も約束の地も持たない旅人は、それに向けて歩き出すことでしょう。目標が尊いのは、「今」という瞬間に、「~したい」という感情を抱いたからです。そして、一歩進むごとに、その「今」は更新されていくんです。目標に向けて一歩、一歩、ゆっくり歩くことは、その「今」を大事にすることなのだと思います。「今」の無い目標に、僕は魅力を感じません。「今」を否定する目標は、あらかじめ与えられた目標でしかない。舗装された道路を歩いても、苔の柔らかさは伝わりません。第一、面白くない。

目標を持つことに、理由なんか無いんだと思います。単に「あれがしたい」「これがしたい」というだけの話しなんだと思います。親や社会の価値観によって示された目標を「選択」して歩く舗装道路より、先が見えないやぶの中を手探りで歩くけもの道の方が、きっと面白い。そういう道は、退屈しないのだと思います。苦痛すら快楽になる道です。しかし、綺麗に整備された舗装道路は「退屈」が苦痛です。何かの拷問で、囚人の目と目の間に雫を垂らすだけというのがあったと聞きました。それは、やられると人間は、退屈で狂うという話でした。変化がないと、人間は人間じゃなくなるんですね。また、舗装道路は、遥か先が見渡せるから、ゴールの位置も大体のところ把握可能だ。けもの道は、一寸先は闇。その先に何があるのか分からないパンドラの箱。だから不安を抱くのであり、希望を持てる。

青臭い文章でスイマセン。まだ、二十歳をちょっと越えただけの、へなちょこ学生です。人生経験は浅いし、思考もまとまりません。でも、あなたの考えにはとても感ずるところがありました。僕も、これからの目標とか目的なんて分からない。だから、いつもこんな不健康なことばかり考えています。いまだ、やぶの中という感じです(苦笑)。でも、この文章を書いたことも、終わり無き「旅」の一歩だと思っています。その「旅」は今まで続いていた旅であり、ここから始まった旅であります(蛇足:ニーチェの「永遠回帰」はそんな意味なんじゃないだろうか? 蛇が尾をかんだイメージ。円環。途切れることない輪。始まりも終わりもないと考えるか、全ての「点」が始まりであり終わりでもあると考えるか。僕は、後者が好きだ)。
    • good
    • 0

「なんで、みなさん、目標、目的なんて、持つのですか、教えてください」


と聞いておきながら、「体力のない奴ほど、目標を持ちたがる」なんていう
のはいささか意地が悪いなあ(笑)。あなたは十分に分かっているんじゃない
ですか。

じつは生来怠け者の私もいま、一つの目標をもっています。まさしく「体力
がないから、自らを叱咤激励するため」というのが実際のところでしょうか。
どうしても手に入れたいものがあるけど、ちょっと手をさしだしただけでは
手に入りそうもない。とはいえ、一気に手に入れるほどの体力もない。かと
いって、あきらめもつかない。だから目標を定めて、足許を何とか支えよう
としているのかもしれません。
    • good
    • 0

こんどそういう質問されたら、「今を楽しく生きるのが目標です」とか答えてはどうでしょう。

ちょっと言葉を飾るなら、「今日という日を精一杯生きる、その繰り返しが人生です」とか。けっこう反論しづらいでしょ、これ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

目標持ってると、利用されやすいんだよね。そごろく人生。.形態を組織しようとすると、つまり目標をもったり、するとそれを殺してしまう。人間は、他人の生を完全に所有することなどできませんから。

お礼日時:2001/03/03 03:01

みなさんとほぼ同じ様な印象を持ちますが、あえて角度を変えれば、


「目標」なんて持つ必要はないでしょう。
ワタシはいつも目標だらけで疲れていますがね。
人間がね、神に選ばれし地球上で唯一の特別な種族ではないでしょう。生物のイチ形態にすぎませんよね。だけど、人間は「生きている意味」を考えたくなる生き物なんですねぇ。本来は他の生物と同じで、同種族の繁栄を繰り返すだけの本能の生き物ではあります、しかしその本能(生きる事:食べる事、身を守る事、繁殖する事)が他の野生の生物よりは弱い、まぁ、他の「理由」を身につけたから本能が弱くなったと見るべきかもしれませんけど。
だから、「人間として」と言う注釈が付けば色んな見解が成り立ってしまう、だけど、単純に我々の狭い世界を基準に考えれば「ただ、食って、寝て、少しの本能を満たして」だけでは満足出来なくなっている。その満足を満たす為には何らかの「ちから(金だけじゃない)」が必要になってくる。その必要を満たす為にやりたくない事までしなければいけない。だって、アナタには何にも用意(金、権力、人間力、精神力)されていないから。少しは手に入れなければ自分が惨めになる。
だ・け・ど・世間が用意したルールや価値にアナタの持っている能力が少しだけ足りない。足りないと思っているのは世間ではなく他ならぬアナタ自身なんです。認めたくないし、それを打ち消す為に「嫌い、嫌い」とストレスがそうさせる。能が無い、のではなくワタシがそれを望んでいないのだ、とね。残念ながらこの世のルールを決める権利も能力もアナタは保持してはいない。そのストレスですよ。単純にネ。ワタシだってイライラしてる事もある。それを他の人間(側近)に悟られない努力が必要だと感じるから努力してる。誰かが決めた腑に落ちないルールの中で試合をしているのはワタシも同じです。

決め付けて、偉そうに、アナタの事をよく知りもしないワタシが言う事も真実ではないでしょうし、本当の、現実のアナタは意外と社会と折り合いを付けて生活してるんでしょ。
「好き嫌い」が有るのは仕方ないけど、「嫌い」を少なくして、もしくは忘れて、「好き」を多く持ってください。

PS,僕の知っている人間でアナタに似た様な方がいましたが、「素晴らしい出会い」により「変身」しました。人生において心から慕いたくなる人間と出会える人は少ないのかもしれません。巡りあいがなければアナタも変身はしないでしょうし、その「必要性」を知ることも感じる事もなく人生を終えるでしょう。ある意味で運ですね。
偉そうに、すみません。
    • good
    • 0

こんにちは。

フツーの一主婦で一小市民です。「ドラクエ」はよくわからないんですけれど・・・
私は日々の暮らしの中で、あまり無理のない小さな目標を設定していって(~時までにこれを片付ける、夕食はやったことのないレシピに挑戦する、ここのgooに今日は10問は答えてみる、などなど)それをクリアしていくようにしてます。一応そうすると普段の生活に充実感とハリが出るので。この場合の目標はモーグルのコブみたいなものですね。これをぽこぽこ乗り切るとソーカイみたいな(笑)
数年ごとの大きな目標も設定してます。(パートの貯金で~~貯める、車を買い換える、ゴージャスな海外旅行に行くなどなど)
でも根がズボラでいー加減なのでどれもクリアできなくてもさほど気にしませんし、目標を持つことを他の人に強制したりもしません。ただ、私とちがってしっかりした目標を持って頑張っている人を見ると「ほー輝いているなーいいなーあやかりたい!」と憧れの念を持って話したりすることはありますが。
しかし、自分の精神状態が極めてワルイ時は目標設定はやめてます。クリアできない時はドツボモードにはまるので。そして普段より、もっとズボラになって自分を許しまくって大の字に伸びてます。
「目標を持ちたくない」→いいじゃありませんか!それがイコールいい加減な生き方というわけではないと思うのですが。ある意味、私とちがって「強い生き方」ではないのでしょうか?正直いってうらやましい。究極の「実存主義」かもしれないです。将来の充実のため今パサパサな生き方をするのは極端な場合横から見ていても「いやだなー」と思うことはあります。たとえば、よくテレビでやる「ドケチ家族」というやつ。あそこまですると精神すさまないかなと思ってしまいます(やってる本人は心底納得しているんでしょうけど)
昔読んだ「斎藤道三」の歴史小説に「大欲の前には小欲を殺すべし」というくだりがあったのですが、そのpassagen22さんの先輩がすごく好みそうだと思いました(笑)

争う必要があるのですか?勝ちたいのですか?ほっといた方がいいですよ。でもどうしても勝ちたければ「ディベート」のページを見て研究されたらいかがですか?
それもめんどくさければ、男の人だったら「仕事で大成すること」とでも答えておけば波風たたないような気がします。


「目標を持たない」→いいじゃありませんか!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんは、人生の浮き沈みや、几帳面な、計画性や精神的向上などを楽しみながら、人生の物語りを磨きあげるのですね。しかし『人生は無だった」という言葉の前に、みなさんは、堂々と開き直ることができるのでしょうか。私は、人生は、無だと認めることを楽しんでいます。

この宇宙にありとあらゆるものが無常であることは、けっして嘆き、悲しむことでは、ないのだ。いっさい無常であればこそ、そこには何一つとして、執着の対象がない。自分自信にさえ、執着できない。そこから、真実の心の解放がはじまるのだ。

上の文章は、島田雅彦の彼岸先生の引用です。すごく面白かったので、読んで下さい。その次は、チベット仏教の本だと思います。眠いから、やめますが

お礼日時:2001/03/03 02:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目的と目標の違い

目的とは成し遂げようとする事柄、それに対し
目標は目的の内容となる向かう姿勢の事です。

例えば部活に入って勝つことが目的の人と、
勝つことが目標の人では、目的とする人の方が強いです。

良い点数を取ることが目的の人と、
良い点数を取ることが目標の人では、
目的とする人の方がいい点が取れます。

宿題をすることが目的の人と、
宿題をすることが目標の人では、
目的とする人の方が必ず宿題をします。

目的は内容によらずとにかく成し遂げることを目指しますが、
目標は自分が目指す向かう姿勢のことで絶対的要素、強制力はありません。
目標はやる、やらない、なまける、と言う要素が入ります。
目的にはそういう要素は入りません。

今年の目標と言うと生ぬるく緊張感がありません。
目標と言う言葉は使わず全て目的とすべきではないですか?
あるいは、目標を目的と言う言葉に変えて不都合は生じますか?

Aベストアンサー

もく‐ひょう〔‐ヘウ〕【目標】 の意味
出典:デジタル大辞泉

1 そこに行き着くように、またそこから外れないように目印とするもの。「島を―にして東へ進む」
2 射撃・攻撃などの対象。まと。「砲撃の―になる」
3 行動を進めるにあたって、実現・達成をめざす水準。「―を達成する」「月産五千台を―とする」「―額」

もく‐てき【目的】 の意味
出典:デジタル大辞泉

1 実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい。めあて。「当初の―を達成する」「―にかなう」「旅行の―」
2 倫理学で、理性ないし意志が、行為に先だって行為を規定し、方向づけるもの。
[用法]目的・[用法]目標――「目的(目標)に向かって着実に進む」のように、めざすものの意では相通じて用いられる。
◇「目的」は、「目標」に比べ抽象的で長期にわたる目あてであり、内容に重点を置いて使う。「人生の目的を立身出世に置く」
◇「目標」は、目ざす地点・数値・数量などに重点があり、「目標は前方三〇〇〇メートルの丘の上」「今週の売り上げ目標」のようにより具体的である。

>目標を目的と言う言葉に変えて不都合は生じますか?

デジタル大辞泉からの引用から分かるように目標と目的では意味が異なるから不都合が生じます
目的の引用文にある例である「今週の売り上げ目標」を目的に変えたら違った意味になってしまうことが分かりますよね

もく‐ひょう〔‐ヘウ〕【目標】 の意味
出典:デジタル大辞泉

1 そこに行き着くように、またそこから外れないように目印とするもの。「島を―にして東へ進む」
2 射撃・攻撃などの対象。まと。「砲撃の―になる」
3 行動を進めるにあたって、実現・達成をめざす水準。「―を達成する」「月産五千台を―とする」「―額」

もく‐てき【目的】 の意味
出典:デジタル大辞泉

1 実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい。めあて。「当初の―を達成する」「―にかなう」「旅行の―」
2 倫理学で、理性ないし意志が、...続きを読む

Q人生は努力?才能?運?

人生で成功するためには、要するに勝ち組になるためには
何が必要であろうか?

努力、才能、運とも必要な要素であることは間違いないだろう。
その中でも一番重要なのは何であろうか?
恵まれた国の人の感覚であれば、【努力】と答える人が多いかもしれない。
それは、誰にでもチャンスがあるからだ。
が、しかしチャンスにも恵まれない、生きていくのにも過酷な国の人なら
【運】と答える人が多いのではないだろうか?

僕も最近テレビをみてて、実感することがある。
AKB48のような低俗で幼稚なアイドルが売れているのをみると、世の中は
つくづく運だな~と思う。
はっきりいって彼女らは、才能もないしそれほど努力もしていない。
しかし、これだけ売れるのは彼女らの能力ではなく、運がよかったのだと思う。

ちなみに、僕が考える人生の努力、才能、運の割合は、努力10%、才能20%
運70%でしょうか。
みなさんはどーおもいます?

Aベストアンサー

社会学者の調査によると、不景気のときに
青春時代を過ごすと、運に%比重を置くようになり
反対に、好景気の時に青春時代を過ごすと、本人の
努力が重要と考える傾向になるそうです。
これは不景気で良い就職先が見つからなかった、運が悪い
と考えやすくなるのが原因だとか。

それから、儒教圏の人間は自分の努力に重点を置き
キリスト教圏の人間は運に傾く傾向になる
という結果が出ています。
つまり、失敗すると儒教圏では努力が足りないと反省するが
キリスト教圏では、運が悪かった、とあっけらかん。

科学的にいえば、おそらく運の%は相当なものなんでしょうね。
才能は遺伝で決定されてしまうし。
残された路は、努力しかない訳です。
ただ、頭の善し悪しは遺伝で決まる要素が多いが
学力は努力次第、という調査結果が出ていますので
多少救いがあると思います。

Q目標と目的の違い

この違いについてご存知の方がいらっしゃいましたら御投稿お願いします。

Aベストアンサー

スポーツで例えれば次のような違いになるでしょう。

目的…心身の鍛練、健康増進、人との交流など

目標…勝つこと、優勝など


試合で負けたら、スポーツをやっていた意味がないのではなく、身体を鍛え、仲間と心を通わせ、心肺機能を増進できたのです。この辺を誤解している人が多く、「勝利至上主義」に走っている傾向を見ます。これなどは畢竟、目的と目標とを取り違えているのです。

Q【人生哲学】人間、何を持って幸せと言えるのでしょうか?

【人生哲学】人間、何を持って幸せと言えるのでしょうか?

Aベストアンサー

やっぱ楽しいと思う時間が多い人ほどじゃないですか?楽しいって思うのは色々あると思いますけど、金だったり結婚だったり、趣味でもいいし、ゲームでもなんでもいいし
頭を使って常に良い方向に進んでる人ほど楽しい時間は多いと思うのでそういうひとだとおもいますね
麻薬中毒者なんかもある意味幸せなのかもしれません

逆に辛い時間が多い人ほど不幸せな人生だと思います。
老後でやっと安泰したけどそれまで辛い人・・・これも本人が幸せだと言えば幸せなんだろうけど、人生トータルで見たらそうでもないと思います。
生まれる時に人生が選べるなら絶対に選ばれないだろう・・・

Q目標と目的って・・・?

目標と目的の違いを具体的に教えてください。

Aベストアンサー

目的は最終的に目指すもの
目標はその目的に達するために
各段階ごとに設定する目印(具体的なもの)

たとえば、山登りで頂上に登るのが目的ならば、
目標は、次の休憩地点、
ですから目標を一つ一つクリアして
最終目標=目的に達することができる。

一つの目的には、いくつもの目標があると言った感じでしょうか?

Q【人生論】「女性は人生の大逆転があるが男性にはない」 女は馬鹿に産まれて自分の能力だけでは生きてい

【人生論】「女性は人生の大逆転があるが男性にはない」

女は馬鹿に産まれて自分の能力だけでは生きていけなくても、学力が無くて一流企業に就職出来ない等でも、学力がある一流企業に勤める男性と結婚するチャンスがある。容姿、性格等で人生の大逆転がある。


しかし、男性の場合は、自分に能力がないと女性は経済力を見て結婚するので男性には人生の大逆転はない。


よって、独り身で死んでいくのは女性より男性の方が多い。


人生において1番最悪なのが、産まれながらに学力がなく、能力がなく、容姿が終わっている結婚出来ない女性で、その次が同じ男性である。

今の日本では学力、能力がない人間だと昔が男尊女卑の時代だった我が国、日本においては能力がない者同士だと男性の方が給料が高い。

これは昔から男性が女性を養ってきた名残りでもある。

しかし、いまはアルバイトなどフリーターには男女平等の賃金が支払われているので非正社員はその限りではない。

障害がある等、体が使えない人間以外は体力仕事がある男性の方が給料が高い仕事に就ける可能性が高い。

話が戻って、、、

「女性は人生の大逆転があるが男性にはない」に反論があれば反論材料を教えてください。

論破してください。

【人生論】「女性は人生の大逆転があるが男性にはない」

女は馬鹿に産まれて自分の能力だけでは生きていけなくても、学力が無くて一流企業に就職出来ない等でも、学力がある一流企業に勤める男性と結婚するチャンスがある。容姿、性格等で人生の大逆転がある。


しかし、男性の場合は、自分に能力がないと女性は経済力を見て結婚するので男性には人生の大逆転はない。


よって、独り身で死んでいくのは女性より男性の方が多い。


人生において1番最悪なのが、産まれながらに学力がなく、能力がなく、容姿が終...続きを読む

Aベストアンサー

学力と能力は、後天的に身につけることが可能です。
トップレベルまでになれるかは人それぞれでしょうが、脱負け組くらいまでなら、さほど難しいことではないと思います。

Q尊敬する人と目標にする人の違いは?

尊敬する人と目標にする人の違いはなんでしょう?

皆さんは、尊敬する人と聞かれたときと目標とする人と聞かれたとき、答える人物は違ってきますか?


ご意見お聞きしたいです★

Aベストアンサー

この様な質問をする人は初めてです。
何かを真剣に考えないと出てこない疑問だと思います。

私が尊敬する人は二宮尊徳です。彼の言葉に【積小為大】という言葉があります。
目標を達成するためには毎日小さいことを積み重ねさいという意味です。
これで、すごい自分の価値観にあっている思いました。
目標にする人は私の先輩です。マイペースで周りを気にしないで自分の価値観で生きています。
私もその様に生きたいと思っています。
尊敬する人とは割と昔の人に求め、目標とする人は身近な人に求める。
話がくどくなりましたがこの位の違いでしょうか。

Qイエスの「山上の説教」について

新約聖書の「マタイによる福音書」に有名なイエスの「山上の説教」がありますね。
この冒頭で、「心の貧しい人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである」という文にはじまって、同じ形式の文が8回繰り返されています。

最後の(8個目の)部分は、「義のために迫害される人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである」という言葉です。仮に、この部分がカットされて、冒頭7つの「幸い」だけが書かれていたら、どんな印象を持ちますか?

実はあるテキストで、この8つめがカットされて、最初の7つの「幸い」だけが引用されているのを見つけました。クリスチャンではない編集者によるものです。深読みなのかも知れませんが、最後の「幸い」をカットすることで、テキスト全体の印象を変える意図があるのかしら、と考えました。

必ずしも専門的なお答えを期待しているわけではなく、この8個目の「幸い」がカットされていることで、どのようにテキスト全体の印象が変わってしまうか、などのご感想・ご意見をクリスチャンの方などにお答えして頂けると、大変嬉しいです。もちろん専門的なお答えがあれば、助かります。

新約聖書の「マタイによる福音書」に有名なイエスの「山上の説教」がありますね。
この冒頭で、「心の貧しい人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである」という文にはじまって、同じ形式の文が8回繰り返されています。

最後の(8個目の)部分は、「義のために迫害される人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである」という言葉です。仮に、この部分がカットされて、冒頭7つの「幸い」だけが書かれていたら、どんな印象を持ちますか?

実はあるテキストで、この8つめがカットされて...続きを読む

Aベストアンサー

#1 です。

>引用されていたテキストというのは、実はある国の中学生向けの教科書です。私は関心があって、外国の教科書の内容分析をしており、原文でそれを読んでいます。その国ではクリスチャンはマイノリティであるため、政府が意図的に聖書の内容を軽んじる、利用するなどという可能性があるのかないのかを考えたわけです。

 …なるほど。とてもよく背景が分かりました。マイノリティであるにも関わらず、「教科書に載せる」ということにとても面白さ(←funny という意味でなく)を感じております。
 戦時下における日本のキリスト教弾圧に関しては少し資料を読んだことがありますが、戦時下では「敵国の宗教」として禁じたことがありますが、キリシタン弾圧等の徹底した弾圧をかけるより、少し操作意図を含ませた「解禁」の誤った教義の中で泳がせておきたいという国の思惑が見え隠れするのですね。
 そうすると、「その国がどんな文化を持っているのか、もしあれば国教はなんなのか」ということでも髄分と削除の意味合いが違ってきますね。キリスト教では「両親を捨てて自分についてくるように」また、「信仰を弾圧するような法に屈しない」(原文のママではありませんが)という思想がありますよね。
 それは国家だけでなく、時の権力者にとってはとても怖い考え方であって、「非暴力・不服従」ではないですが、少しずつ改竄した経典を与えることにより、一本貫かれている教義を形骸化することが出来るようにも思います。
 クリスチャンがマイノリティの国、それでも教科書に母国語でバイブルを編集して載せる国。色々と思い浮かべていますが、今思い浮かぶ国の文化の中で#1 の (1)~(7)を排除する思想を持った国を思いつきません。(だからこそ教科書にも堂々と載せているのでしょうが)
 「生ぬるい」クリスチャンに仕立て上げるには(8)の削除は確かに有効と思えます。
■聖書 / 新改訳 (翻訳:新改訳聖書刊行会)■
【日本聖書刊行会 1983年 2版5刷より引用・抜粋】
わたしは、あなたの行いを知っている。あなたは冷たくもなく、熱くもない。わたしはむしろあなたが冷たいか熱いかであってほしい。このようにあなたはなまぬるく、熱くも冷たくもないのでわたしの口からあなたを吐き出そう
【ヨハネの黙示録 第3章15節~16節】
を連想させられます。

>なお、この質問は個人的・学問的な関心に基づいており、何かの団体や政治的利害に関係しているわけではないことをお約束しておきます。

 そういった心配はしていなかったので(無用心?)安心なさってください。私も学問的関心から宗教の一つとして持っている知識の中で、思ったことを書いただけですので。
 ただ、マイノリティであるクリスチャンは正しい教義を知っている人もあり、実際にそういった国に住んでいるクリスチャンが「原典」を書き換えられるといった行為にどれだけの憤りを感じているのかと思うと(当たり前ですが、「聖書」から加えたり引いたりする者は「呪われよ」とも書いてありますよね、確か)非常にお気の毒に感じます。
 私も哲学のカテに参加すること自体、1ヶ月程度の「教えてgoo」というコミュの中では2度程しかありませんし、確固たる「信仰」を持った人間ではないのですが、宗教論を書くことは時に危険を伴うものという認識くらいは持っております。
 …ので国名は書けませんが、割と近くて私にもある程度読み書きの出来る言語を持つ国で、非常に弾圧が強かったけれど、マイノリティであったはずのクリスチャン人口が増え続けている国が一つ想起されています。
 今では地下活動でしか「正しい聖典を学べない」というのはそういったことなのかな、とも思っています。宗教の違い、宗教観の違いは国と国との争いにまで発展するのは言わずもがなのことですから、教科書に載せるには「丁度いい温度」が必要なのでしょうか。
 私が「国教はキリスト教」というところにポンと放り込まれるとしたら、確かに、「何もかもを捨ててキリストについていきなさい」と言われるよりは、「生活に支障を来たさない程度の」「生ぬるい」宗教を望むと思います。日本は宗教観の曖昧な国ですが、その文化の中で生きてきたものにとっては、「何時になったら何をしていてもコーラン」といったように「生活に干渉されたくない」という気持ちが強いので。
 生活に干渉するからこそ宗教だという気持ちもあるのですが、本来は仏教の教えも厳しい部分があるのにもかかわらず、なんら制約をうけず生活をしているたくさんの「そういえば、うちブッディスト」という人たちと変わらないのが私個人です。
 中学生の教科書に「あえて削除したものを載せる」ということは、小学生の教科書に載せるより、はるかに効果があるようにも思えます。家がクリスチャンの中学生なら、はっきりと「意図的に削除されている」という無言のメッセージを感じ取ることが出来る年齢だと思うので。(何歳から中学生の国かは拝察しかねますが。)
 度々失礼致しました。そうやってなまぬるい生活を許されているうちに、軍事大国として憲法も変わっていたということのないように、宗教だけでなく、なまぬるい日本の生活観念を改めなければならない危機感のようなものを教えていただいた気がします。

#1 です。

>引用されていたテキストというのは、実はある国の中学生向けの教科書です。私は関心があって、外国の教科書の内容分析をしており、原文でそれを読んでいます。その国ではクリスチャンはマイノリティであるため、政府が意図的に聖書の内容を軽んじる、利用するなどという可能性があるのかないのかを考えたわけです。

 …なるほど。とてもよく背景が分かりました。マイノリティであるにも関わらず、「教科書に載せる」ということにとても面白さ(←funny という意味でなく)を感じております。
 ...続きを読む

Q質問します。「自己実現」と「目標達成」の違いは何ですか? 「自己実現の為に努力と強い精神力が必要」と

質問します。「自己実現」と「目標達成」の違いは何ですか?
「自己実現の為に努力と強い精神力が必要」と記すると目標達成と勘違いしているのかな?と受けられますか?

Aベストアンサー

おじさんです。
いい質問ですね。
一般に「目標達成」とは学校や企業などの組織の中で行われているものです。
学業成績や売り上げ目標などです。
一方の「自己実現」は個々人の内面の問題です。
自分の人生目標に向かって日々努力し、少しずつ近づいている状況を指します。

Q【人生は変えられるのでしょうか?】 「人生は産まれながらに決まっている」と言ったのは誰でしょうか

【人生は変えられるのでしょうか?】


「人生は産まれながらに決まっている」と言ったのは誰でしょうか?

人生は産まれながらに決まっているとしたら人生は変えられない。

人生を変えられた人いますか?

自分の力で人生は決まらない。

どうしても他人の力によってある程度人生は決められてしまう。

親であったり、学校で出来た友達の影響で。

人生は他人によって決まっていくので、人生は産まれながらに決まっていると言われているのでしょうか。

自分の力で人生を変えるのは不可能なことなのでしょうか。

Aベストアンサー

ブサイクかブサイクでないか、頭良いか悪いか、運動神経は良いか悪いか、貧乏か貧乏でないか。。だいたい生まれで決まるよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報