出産前後の痔にはご注意!

早朝ヘルシンキダウンタウンから空港へのアクセス方法のアドバイスをお願い致します。
ヘルシンキ(ヴァンター)空港、朝7:50発の便(国際線)に乗ることになりました。
滞在ホテルはヘルシンキ中央駅近辺にあり、朝の5時頃には空港へ向けて出発しなければなりません。
そこでヘルシンキ早朝における空港へのアクセス方法ですが、利用しようと考えている、エアポートバスの始発は何時でしょうか?
ウェブサイトなど探してみましたが、どうもよくわかりません。。。
普通の路線バス(615番)ですと最もリーズナブルですが、こちらも朝5時頃から運行しているのでしょうか?
また、エアポートバスを利用する場合、前日予約などしなくても、当日中央駅のバスターミナルに行けば、エアポートバスが待機しており、
そこで切符を買う仕組みなのでしょうか?
エアポートタクシーは、ホテルフロント等で呼んでもらう仕組みなのでしょうか?
それともエアポートタクシーもバスターミナルに停まっていたりするのでしょうか?

価格帯(安→高)としては
路線バス<エアポートバス<エアポートタクシー<普通のタクシー
だと認識しているのですが、皆様のおすすめ(早朝の市内→空港)をお聞かせ下さい。
また、始発の時間を御存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 こんにちは。


 フィンランドへは行ったこともありませんが、フィンランド航空のHP見てみました。
 http://www.finnair.com/finnaircom/wps/portal/fin …
 すると、mizuioさんお書きの615番のバスとフィンエアーのバスが紹介されていました。
 http://aikataulut.ytv.fi/linjat/en/s615.html
 http://aikataulut.ytv.fi/reittiopas/en/line/?&ad …
 615番のバスは4:50が始発のようです。(ただし、土日は5:20)
http://www.finnair.com/finnaircom/wps/wcm/resour …
 一方のフィンエアーのほうは5:00始発のようですね。
 どちらも、ヘルシンキ中央駅近くから出発するようですが。詳しくは、お泊りのホテルでお聞きになればいかがでしょうか。
 あくまでも、HPで見つけた情報だけですので、悪しからず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御丁寧に調べていただき、本当にありがとうございます。
エアバスが毎朝5時始発と判りひとまず安心はしましたが、現地でも再度確認してみたいと思います。
時刻表は早速プリントアウトさせていただきました。助かりました!ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/25 10:07

ヘルシンキ空港はよく使うのですが,Tikkurila駅まで電車で行って,そこから路線バスに乗るのも便利です。

電車の時刻は http://www.vr.fi/ で調べられます。また一般的な乗り換え案内として http://www.matka.fi があります。

おっと日曜日ですか,すると5時台の電車がありませんね。すると路線バスの615かエアポートバスですが,ヘルシンキ空港は小さいので,実際のところそんなに早く着かなくても大丈夫です。早朝で国際便といってもシェンゲン域内でしたら6:30ごろ着くバスで充分ですし,ホテル等でオンラインチェックインを前日にでもしておけばもっと遅くてもいいくらいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お調べいただきありがとうございます。
空港の情報助かります!ヘルシンキからの行き先はイギリス(ヒースロー空港)で
シェンゲン域内ではないので2時間以上前に到着したいと思っていたのですが・・・
なるほど!24時間以前に出来るオンラインチェックインですね!考えもしていませんでした。是非試してみたいと思います!
よいアドバイスをどうもありがとうございました!

お礼日時:2009/02/27 09:19

昨年、わたしも中央駅近くのホテルからAPへバスに乗りましたがAPBUS、LOCALBUS両方の時刻表がおいてありました。

HOTELについてから考えてもおそくはないのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
そうですね、現地に行って生の情報を確認するのが一番でした。。。ついつい、初めての土地で早朝に動くことや、飛行機の時間や、自分の低レベルな英会話、、、
等を考えると不安になってしまいましたが、ちょっと深呼吸してみたいと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/02/25 10:20

615番の始発は平日が4:50、土日が5:20です。


空港のサイトからリンクされています。
http://www.helsinki-vantaa.fi/bybus
http://aikataulut.ytv.fi/linjat/en/s615.html

ルート検索もできます。
http://www.ytv.fi/eng

Journey PlannerのFromに「city」Toに「airport」と入力して検索すれば、
市内から空港へのアクセス方法が出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。リンクサイト見てみました!
しかし出発は日曜日なので、5:20が始発の615番路線バスは時間的にちょっと難しそうです。
そうなると、エアポートバスかタクシーですね・・・しかし、これで絞れてきました!どうもありがとうございました!

お礼日時:2009/02/24 22:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィンランド旅行に現金はいくら持っていけば良いでしょうか?

初の海外旅行でフィンランドに近々行きます。
・4泊6日の大手旅行会社のツアー
・夫婦2人
・朝食、昼食、夕食は基本は出る
・タンペレ、ヘルシンキを巡るイメージ
(アラビア、マリメッコファクトリー巡りはツアーに含まれる)

今回の旅はデザイン雑貨とカフェ巡りがメインで、マーケットとかの掘り出し物があったら購入したいと考えていますが、現金(ユーロ)をどのくらい持っていくのがベストなのか悩んでいます。

基本フィンランドはカード社会なので、ほとんどのお店で使えることは調べてわかっています。しかし今回は観光がメインではなく、デザイン雑貨購入がメイン(アラビアとかのアンティーク雑貨)なので、現金をどのくらい持っていくか悩んでいます。マーケットとかは現金じゃないと購入できないところもあるみたいなので・・・

フィンランドにデザイン雑貨巡りで旅行に行かれた経験がある方、それに近い経験がある方、
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

フィンランドに住んでいますが,生活する上でカード払いができないことはめったになく,ここ数年は財布の中の現金が3か月以上手付かずなのはざらです。マーケットで野菜やベリーを買う時もカード払いできるようになってきました。小額でもいやがられません。

カフェでもまず現金は必要なく,せいぜいがアンティーク雑貨の購入に必要なくらいでしょうから,それに払える金額でよろしいのでは? また多くのカードが24時間使えるATMがあちこちにあるので,もし必要な場合はキャッシングすることもできると思いますし,通常,日本円の現金から両替するよりレートは得です。

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qフィンエアーのオンラインチェックインについて

ヘルシンキ・ヴァンター空港からフィンエアーを利用して日本へ帰国する便で、
オンラインチェックインをしようと思っています。
航空券は旅行会社で手配してもらい、Eチケットを受け取っています。
現在、フィンランド国内に滞在しており、搭乗券を印刷することができません。

ここで、2つ質問があります。
1.
公式ページでは、モバイル端末からもチェックインできると書いてありますが、
これは「端末に表示された画面を搭乗券の代替物とできる」ということなのでしょうか。
また、通常の紙の搭乗券を受け取ることはないということでよろしいでしょうか。
2.
預け入れ荷物がある場合、通常の空港でのチェックインと同様に、
離陸の2時間前以降にチェックインカウンターに並ぶ必要があるのでしょうか。

これまで、オンラインチェックインを利用したことがないため、
当たり前のことをお聞きしているのかもしれませんが、よろしくお願いします。
片方だけのご回答も大歓迎です。

Aベストアンサー

私もあまり経験ないし詳しくは分かりませんが、
フィンエアー オンラインチェックイン でググってみました。
http://www.finnair.com/JP/JP/information-services/check-in/online-mobile-check-in

1.ビデオを見てみますと、印刷しても、メールで飛ばしたりして画面で見せてもOKみたいですね。英語ではそう言っています。英語が分からなくて動画だけ見ても、乗客役の女性は係員に携帯端末画面を見せて通っているようです。

2.下の方の手荷物の説明に日本語表記で「受託手荷物がある場合は、搭乗フライトのチェックイン時間内に手荷物預け入れカウンターまたはチェックインデスクにお預けください。」と説明がありました。
http://www.finnair.com/JP/JP/information-services/check-in/online-mobile-check-in

チェックイン時刻を見ると、
http://www.finnair.com/JP/JP/information-services/check-in/check-in-times
チェックイン締切はヨーロッパ~アジア路線の場合1時間前まで。
空港でチェックインする場合は出発2時間前からとなっています。締切時刻までに搭乗券の確認(オンライン手続きならそれが終わっていて係員に見せること)と荷物預けを終える必要があるとのこと。
Baggage Dropというのがある空港では、チェックインカウンターでなくそちらに行けば良いようです。

※受託手荷物=預け荷物。

私もあまり経験ないし詳しくは分かりませんが、
フィンエアー オンラインチェックイン でググってみました。
http://www.finnair.com/JP/JP/information-services/check-in/online-mobile-check-in

1.ビデオを見てみますと、印刷しても、メールで飛ばしたりして画面で見せてもOKみたいですね。英語ではそう言っています。英語が分からなくて動画だけ見ても、乗客役の女性は係員に携帯端末画面を見せて通っているようです。

2.下の方の手荷物の説明に日本語表記で「受託手荷物がある場合は、搭乗フライトの...続きを読む

Qフィンランド航空の座席指定について教えて下さい

フィンランド航空にて成田→ヘルシンキに渡航予定です。
36時間前から座席指定可能とのことでしたので
FINAAIRのサイトにて指定しようとしたところ座席指定画面が出てこず、
問い合わせたところ満席の場合は座席指定を受けつけておらず
運が良ければ当日搭乗手続き時に指定できるが、出来ない場合は
割り振られた座席に座るようになるとの回答でした。

友人と2人旅ですので、出来れば隣同士、または近くの座席が希望でしたが
何か他に座席を指定する方法はありませんでしょうか?

また、帰りは5日後の予定ですが帰りの便は座席の指定ができました。
フライト36時間前ではないのに、指定できたのは何故なのでしょうか?
もしかしたら行きの便ももっと早く座席の指定ができたのでしょうか?

フィンランド航空は初めての利用で、海外旅行経験もあまり無いため不安です。
宜しければ知恵をお貸し下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

座席指定というよりは36時間前という数字だけ見ると、対象航空券をお持ちであれば
オンラインチェックインができるはずなのですが、できないということは
対象航空券ではない可能性ありますか?もしくはチェックインしようとしましたか?

Fin AirのFAQ「座席を事前に指定できません。なぜですか?」をご覧ください
https://www.finnair.com/jp/jp/customer-care
以下抜粋
「座席指定」サービスは、フィンエアーの運航便(航空券に記載されている便名がAYで始まり、航空券番号が105で始まるフライト)でご利用いただけます。

出発の36時間前からオンラインチェックインの受付を開始します。受付を開始し次第(中略)座席はチェックイン時に無料でお選びいただけます。

事前座席指定だけなら(無料枠も含め)できる枠が決まっています。
復路は事前座席指定をしようとした客が枠以下の人数だったのでできた、
というのが自然だと思います。

チェックインに関してはこのサイトをご覧ください。全部日本語で書いてあります。
https://www.finnair.com/jp/jp/information-services/check-in/text-message-check-in

座席指定というよりは36時間前という数字だけ見ると、対象航空券をお持ちであれば
オンラインチェックインができるはずなのですが、できないということは
対象航空券ではない可能性ありますか?もしくはチェックインしようとしましたか?

Fin AirのFAQ「座席を事前に指定できません。なぜですか?」をご覧ください
https://www.finnair.com/jp/jp/customer-care
以下抜粋
「座席指定」サービスは、フィンエアーの運航便(航空券に記載されている便名がAYで始まり、航空券番号が105で始まるフライト)でご利用い...続きを読む

Qフィンランドの入国審査

当方、20歳の学生です

訳あって長期休暇に入りました

今度の2/15に、フィンランドに行きます

フィンランドでの入国審査にあたって、どういった人が入国を拒否されるのか、
どういった質問をされるのか、教えていただけると幸いです

また、所持金が少なすぎる場合も拒否されると聞きました
テント泊のバックパッキング、80日間、1000€の、貧乏旅行を計画しているのですが、入国には問題ないでしょうか
バルトや中欧など、物価の安い場所を渡り歩き、食費や、たまの宿泊以外にはあまり使わないつもりなので、金は保つと思います

回答お願い致します

Aベストアンサー

入国の可否は審査官が決めることなので、これなら大丈夫、というのは誰にも保証できません。
日本のパスポートは信用があると言いますが、日本国籍でも、EU(シェンゲン国)での不法滞在や不法就労が疑われるような状況の場合は、拒否される可能性もゼロではありません。
ビザ不要期間内に確実に出国することが証明できれば、まあ大丈夫でしょう。入国審査のときに、復路便の予約が記載されているEチケット控えを見せれば良いです。
資金については、クレジットカードを1枚持っていってそれを見せれば、資金がある証明になるでしょう。

フィンランドのヘルシンキ・ヴァンター空港には、日本国籍パスポート専用の自動化ゲートがあります。去年からは入国審査にも自動化ゲートが出来ました。
自動化ゲートと行っても、機械でパスポートを読み込んだ後、専用窓口に進んで審査官にパスポートを見せます。
最近のEUでは、以前に比べると入国審査をきっちりやるようになりました。ヘルシンキ空港の入国審査はイギリスほど厳しくはありませんが、個人旅行で数週間以上にわたる滞在予定だと、滞在日数や目的などの、簡単な質問をされます。たいていは「観光です」と答えれば終わりですが、一度、「観光です」と答えた後、「観光でどこに行くの?」と、さらに畳みかけられたことがあります。(日本人は「とりあえず観光と答えておけばOKだ」と思っていることを知っているのでしょう)
あなたの場合、シェンゲンにビザ無し滞在できる90日間ギリギリの80日間滞在を予定しているので、もしかしたら、より厳しい質問があるかもしれません。

入国審査とは別の話ですが、80日間で1000ユーロって、大丈夫ですか?
単純計算で1000÷80=1日あたり12,50ユーロですよ。例えばバルト三国で一番物価が安いと言われているリトアニアでも、ユーロが導入されてからやや物価が上昇していますし、日本円自体がユーロに対して円安傾向で、一昔前ほど安くはありません。スーパーや市場で買い物して自炊すれば食費は安く済みますが、テント泊前提では、それも無理ですよね。外食中心なら、12,50ユーロは1日の飲食費(3食)と最低限の観光入場料がまかなえる程度です。
どうやってそれ以外の、長距離移動の費用や、たまの宿泊の費用を捻出するつもりでしょうか。
また、テント泊の予定とのことですが、2/15からのバルト三国~中欧って、真冬ですよ。屋外で野宿なんかできない寒さですよ。雪山装備で行く予定ですか?
あと、いまのヨーロッパ、特に東欧・中欧は難民のEUへの玄関口になっているので、その問題でピリピリしています。野宿状態の難民もまだ多いと聞きます。野宿していると、難民と思われて、排斥派から攻撃されるかもしれません。
季節的にも、治安的にも、テント泊の野宿はお勧めしません。テントが張れるキャンプ場は、冬は閉鎖されていることもありますのでご注意を。

入国の可否は審査官が決めることなので、これなら大丈夫、というのは誰にも保証できません。
日本のパスポートは信用があると言いますが、日本国籍でも、EU(シェンゲン国)での不法滞在や不法就労が疑われるような状況の場合は、拒否される可能性もゼロではありません。
ビザ不要期間内に確実に出国することが証明できれば、まあ大丈夫でしょう。入国審査のときに、復路便の予約が記載されているEチケット控えを見せれば良いです。
資金については、クレジットカードを1枚持っていってそれを見せれば、資金がある...続きを読む

Qフィンランド航空とJALのマイルの互換性について・・・

昨年、フィンランド航空を利用する際にマイルのカードを作りました。JALがワンワールドに加盟したことで、貯めたマイルはどのように利用できるのでしょうか。また、来週に再びフィンランド航空を利用するのですが、フィンランド航空のカードか、JALのマイルのカードを使うのか、どちらがマイルを有効に活用できますか。

Aベストアンサー

1. JALが「ワンワールド」に加盟したことによる変化
 昨年の時点、すなわちJALが航空提携グループ「ワンワールド」に加盟する以前は、フィンエアー搭乗分のマイルをJALマイレージバンク(以下JMB)に加算することはできませんでした。その時点でのフィンエアー搭乗分のマイルについては同社のFrequent Flyer Program(FFP) "Finnair Plus"か、あるいはワンワールド他社のFFP(アメリカン航空"AAdvantage"やキャセイパシフィック航空"Asia Miles"など)で貯めるしか選択がなかったわけです。

 その後の2007年4月1日にJALがワンワールドに正式加盟しました。これによりワンワールド他社搭乗分のマイルをJALマイレージバンクで貯めたり、逆にワンワールド他社のFFPで貯めたマイルをJAL便の特典航空券に交換したり、といったことができるようになりました。
 具体的に言えば2007年4月1日以降、新たに以下のようなことが可能となっています。
・フィンエアー搭乗分のマイルをJMBに加算する
・JAL搭乗分のマイルをFinnair Plusに加算する
・JMBで貯めたマイルを、フィンエアー便の特典航空券に交換する
・Finnair Plusで貯めたポイント(*1)を、JAL便の特典航空券に交換する
 一方、プログラム間でマイル/ポイントを移行することや、複数のプログラムでマイル/ポイントを合算して特典航空券を申請することは以前から認められていません。質問でおっしゃる「互換性」というのがその意味であれば、「互換性はない」がお答えになります。
 繰り返しになりますが「とりあえず条件のよい方で貯めておいて、最後に合算/移行」はできませんので、Finnair PlusとJMBのどちらで貯めるかは今の段階で決断しなくてはなりません。

2. Finnair PlusとJMBのどちらが有利か
 複数のFFPを比較してそのいずれが有利であるかを詳細に検討するには、飛行機の搭乗頻度と利用する航空券の種別、主な渡航先、航空会社の選択性向、交換したい特典、クレジットカード併用希望の有無、現在の手持ちマイル数などの情報が必要です。ここではそれらの情報が不明ですので一般論としてFinnair PlusとJMBとを比較します。質問者さんの個別の事情に照らしてご判断ください。

(1)マイル/ポイントの有効期限
 FFP選びで最も重要な点です。JMBはここが泣きどころで、マイルの有効期限は「獲得翌々年の12月31日」までとなっています。つまり3年の間に特典交換に足るだけのマイルを集める必要があるということです。一方のFinnair Plusは5年です。JMBよりは多少長いのですが有限である点は同じです。
 もしそれ以上に時間をかけて貯めたいのであれば、アメリカン航空の"AAdvantage"やカンタス航空の"Qantas Frequent Flyer"を選ぶことになります。AAdvantageはマイルの有効期限を「最終の加算または減算から18か月」としており、それ以内の期間で加算または減算を行えばその都度期限が延長されて実質無期限になります。Qantas Frequent Flyerは「最終の加算または減算から36か月」で、同様に貯め続ければ無期限になります。

(2)特典交換に必要なマイル/ポイント数
 これも重要なポイントです。JMBはマイルの有効期限は短いのですが、特典航空券交換に必要なマイル数は海外他社のFFPと比べて少なめに設定されています。例えば日本国内線の往復が1万5千マイル、日本-東南アジアのエコノミークラス往復が3万5千マイル、日本-ヨーロッパのエコノミークラス往復が5万5千マイルといった具合です。
 Finnair Plusでの必要ポイント数は参考ページ[1]に出ていますが、比較に際しては少々の注意が必要です。脚注*1で述べているように距離をマイルでなくキロメートルで計測するので、マイル単位で計算する他のプログラムと比較する場合は1.6で割ることになります。
 Finnair Plusでの必要ポイント数は全般に多めです。例えばフィンエアー便エコノミークラスでの日本-ヨーロッパ往復特典航空券は15万ポイントです。換算すると約9.4万マイルになりますのでJMBよりかなり多いことが分かります。またJAL便の日本-東南アジアのエコノミークラス往復は8万ポイントですから約5万マイル相当で、こちらもJMBより多くなっています。
 Finnair Plusで有利なものの一つはJAL便の日本国内線往復特典航空券への交換です。必要ポイント数は2万ですので約12,500マイルに相当しますが、これはJMBの1万5千マイルより実は有利です。

(3)航空券種別ごとの加算率
 FFPにおいては航空券の種別によって加算率に差を付けていることがあります。加算率とは区間マイルに対して実際に加算されるマイルの割合です。値段の高い航空券であれば区間マイルの100%を加算してくれることが多いのですが、安い航空券になると70%や50%のみの加算になることがあります。特にワンワールド各社のFFPは加算率の設定が全般に低めで、顧客にとってはあまり嬉しくありません。
 全ての航空券の種別について加算率を説明することはできませんので、とりあえず今回のご質問に関連しそうな部分だけ手短に述べます。フィンエアー便エコノミークラスに乗ってFinnair Plusに加算する場合、加算率は基本的に100%です(エコノミークラスのごく安い運賃では加算率50%になるものがあります)[2]。JMBへの加算では正規割引運賃(「ムーミン」)であれば加算率70%です[3]。フィンエアー便エコノミークラス包括運賃(ツアーや格安航空券)はJMBでは加算対象外ということになっています(*2)。
 JAL便エコノミークラスに乗ってFinnair Plusに加算する場合、普通運賃および正規割引運賃の中の高いもの(「エコノミーセイバー」)なら加算率100%、それ以外では加算率50%です[2]。同じくJAL便エコノミークラスに乗ってJMBに加算する場合、正規割引運賃(「エコノミーセイバー」「悟空」)は加算率70%、包括運賃は50%です[3]。
 最終的な有利不利は(2)の必要マイル/ポイント数とのバランスで考えることになるので複雑ですが、おおまかには「もっぱらフィンエアー便にのみ乗るならFinnair Plusで貯めるのが有利、他社便(特にJAL)に乗ることもあるならJMB有利」と言えます。

(4)日常生活で貯まるマイル
 もともとは航空会社による顧客サービスとして始まったFFPですが、その後航空会社以外の提携会社も多くなり、現在は日常生活の細部にまで入り込んだ「総合ポイントサービス」に変貌しています。普段全く飛行機に乗らずに提携企業での買い物や提携クレジットカードの利用だけでマイルを貯め、特典航空券を入手している人も少なくありません。
 日常生活でもマイルを貯めたいのであれば、提携企業数の多いJMBが圧倒的に有利です。日常生活でマイルを貯めることにはこだわらない、クレジットカードは別のものを使って商品券などで還元を受けている、ということであればFinnair Plusでよいでしょう。

(5)キャンペーン
 JALはANAとの対抗上、キャンペーンを設定してボーナスマイルを出すことがよくあります。特に国内線では毎年のようにこの種のキャンペーンが行われています。ただしボーナスマイルが付与されるのはJALグループ便に搭乗し、JMBにマイルを加算した場合に限られます。JALグループ便に搭乗してもFinnair Plusに加算した場合はボーナスマイルの対象にはなりません。従ってJAL便(特に国内線)の利用が多いのであれば、JMBを選択する一つの要因となるでしょう。

3. まとめ
 以上述べてきたようにFinnair PlusとJMBのいずれでマイルを貯めるのが有利かは、航空機の利用やそのほか日常生活に関する質問者さんの状況によって変わってきます。判断が難しいところかとは思いますが概略としては以下のことを申し上げられます。また、いずれはJMBに乗り換えると判断した場合でも、今回だけは手持ちのFinnair Plusのポイントに積み増して、適宜の特典航空券に交換して消化してしまうのも一つの案でしょう。
【JALマイレージバンクで貯める方が有利】
・国内線も含めてJAL利用の機会が多い
・フィンエアー便は主に正規割引運賃の航空券を利用する(包括運賃の航空券は利用しない)
・希望の特典航空券に足りるだけのマイルを、3年以内に貯められそう
・クレジットカード利用なども含め、日常生活の中でもマイルを貯めたい
・中距離~遠距離の特典航空券を狙っている
【Finnair Plusで貯める方が有利】
・国内線の利用は少ない
・海外に出かける場合もJAL便の利用はさほど多くない
・フィンエアー便の利用が多い
・クレジットカードを併用して貯めることは考えていない
・JAL便国内線の特典航空券を狙っている

参考ページ
[1] http://www.finnair.co.jp/mileage/spend.html
[2] http://www.finnair.com/finnaircom/wps/portal/finnair/kcxml/04_Sj9SPykssy0xPLMnMz0vM0Y_QjzKL9443MXMBSYGYzp76kShCLvHO3mhC3vEuPgghX4_83FT9oNS8eE-_EH1v_QD9gtzQ0IhyR0UANnUgvg!!/delta/base64xml/L3dJdyEvd0ZNQUFzQUMvNElVRS82X1NfMVNJ#
[3] http://www.jal.co.jp/jmb/oneworld/

*1 Finnair Plusは搭乗距離をマイルでなくキロメートル単位で計算し、搭乗1 kmあたり1ポイントを加算します。
*2 正規割引運賃と包括運賃とで共通の予約クラスがあるため、その予約クラスですと包括運賃でも加算される可能性は考えられます。ただし加算を保証するものではありません。

1. JALが「ワンワールド」に加盟したことによる変化
 昨年の時点、すなわちJALが航空提携グループ「ワンワールド」に加盟する以前は、フィンエアー搭乗分のマイルをJALマイレージバンク(以下JMB)に加算することはできませんでした。その時点でのフィンエアー搭乗分のマイルについては同社のFrequent Flyer Program(FFP) "Finnair Plus"か、あるいはワンワールド他社のFFP(アメリカン航空"AAdvantage"やキャセイパシフィック航空"Asia Miles"など)で貯めるしか選択がなかったわけです。

 その後の2007年4月1...続きを読む

Q9月後半のフィンランド旅行

遅めの夏休みを利用して、ヘルシンキに行こうと思っています。(値段も高い方面なので…ビンボー旅行です)
ベストシーズンは7月だと聞いたのですが、9月後半では
もうかなり寒いのでしょうか?

服装とか、これはもっていったほうがいい!という持ち物があれば教えてください。

初めての一人旅で不安もあるのですが(英語もできないし)ヨーロッパ諸国の中では治安も良いとの事ですし、基本的なことを気をつけていれば大丈夫かなぁと思います。

6日間(滞在は4日?)ですが、ひとりで回れるような
おすすめのコースがあれば是非教えていただきたいです。

お願いします。

Aベストアンサー

北欧のシーズンは6~8月上旬で、8月中旬からはもう秋です。9月後半は晩秋,初冬でかなり寒いです。
YH(ユースホステル)は格安で、清潔、安全なので勧めます。8軒のYHがありますが、ユーロホステルは朝は本場のサウナが無料で人気です。
1日はフェリーでエストニアのタリン(世界遺産)日帰りがお勧めです。4日もいてタリンへ行かない人はいないほどの人気です。ヘルシンキ市内は1日でも見れますので、湖の国イメージそのもののアウランコかサヴォンリンナへ日帰りするといいですよ。
YHは日本YH協会のHP↓でオンライン予約できます。

参考URL:http://www.jyh.or.jp/

Qフィンランドに行きたいものの不安です。

海外旅行をしたことがない身で春休みにフィンランド(以下、芬蘭)に一人で行きたいのですが、悩んでいます。
悩みの内容すら自分の中でまとまっておらず、本来自分で調べるべき内容も含めて書いていますが、
答えられる範囲で少しでも情報をいただければ助かります。


私は理系大学の1回生女子です。貯金が25万円あります。
バイトをしていないのでこれ以上増えることはおそらくありません。
今の興味と、うちの大学が学年が上がるにつれてどんどん忙しくなるらしいことから春休みに芬蘭に行きたいのですが、事情が複雑でわからないことだらけな上に現在テスト前で時間がないので質問しました。

私は幼いころから非常に内向的で家に引きこもりがちだったので、海外はおろか国内での家族旅行でも「外出」に強い拒否反応を示していました。修学旅行さえ地獄のように感じていたのに、20年生きてこんなにひとつの場所に行きたいと願うのは初めてのことです。



まず1人で海外旅行をするということに対して。
私は英語も話せず国内での個人旅行すらしたこともないので(諸事情によりパスポートはもっているのですが)一人で芬蘭に行きたいと言うとおそらく家族は猛反対すると思います。もし行くと決まったら彼らを説得しなければなりません。

次に個人で行くかツアーに行くか。
観光地の各位置の事情でツアーは移動費と中の上クラスのホテル代でかなりとられるらしいので個人で安く行きたいのですが、私は日本語の標識のあふれる京都市内ですらよく迷子になるので、相談した友達には危険すぎるからツアーでいったほうがいいと忠告されました。自分でも少し不安ですが、日本人向けのツアーだと中の上クラスの高いホテルとなり、興味がないので費用がもったいないと思うのです。
興味のあることは順にヘルシンキ、サウナ、オーロラ、ザリガニ、サンタ村、ムーミンランドなのですが、全て見るならむしろツアーのほうがいいのでしょうか。


そもそも芬蘭にいきたいという理由に関して。
漫画にでてくるキャラクターの影響です。その子が生まれた国の気候や匂いや食べ物の味や周りに歩く人々を本だけではなく肌で感じたいと思いました。友達が家族で冬休みに北欧に行ってきた話を聞き、私も現地に行きたいと思うようになりました。世間のパンフレットはヨーロッパや国内の観光地ばかりで、芬蘭は一つも見つからなかったのですが、旅行がしたいのではなく、芬蘭がみたいのです。(現地の方は上記のポイントだけで一体芬蘭の何がわかるのかと思うかもしれませんが。)
そのためにも1人を希望しており、せめて他人に囲まれたツアーならまだ選択肢として許容できるのですが、だれか知り合いとともにいくのは嫌です。


自分と同じくその子が好きで1人で海外に行く人はみな社会人で、仕事の長期休暇に行く、というのが一般的なようでした。
今芬蘭に興味があり、社会人になればもっともっと時間がなくなるのですが、今の気持ちだけで勇気を出して行くにしてもリスクが高すぎるよう気もします。
試験が終わってから(2月中旬)では春休み中の旅行計画をたてるのも無理なのでしょうか。海外にいく実力がなさすぎることを考えるとたとえ計画が完璧に練れたとしても私じゃ無理な気もして不安です。資金もいくらほどかかるのか、何日くらい滞在するのかも決めてません。家族にもどう説得すればよいのかわかりません。

もう大人なので自分の目的のために行動をおこして解決していくべきだと思うのですが、
こんなふうに希望を持つことも初めてで何をすればいいのかわかりません。
もし今何かするとしたら何をすればいいのでしょう。
今どんなに行きたくても、せめて来年行くために資金集めや会話の努力をするべきでしょうか。


内容も文体も支離滅裂ですが、よろしくお願いします。

海外旅行をしたことがない身で春休みにフィンランド(以下、芬蘭)に一人で行きたいのですが、悩んでいます。
悩みの内容すら自分の中でまとまっておらず、本来自分で調べるべき内容も含めて書いていますが、
答えられる範囲で少しでも情報をいただければ助かります。


私は理系大学の1回生女子です。貯金が25万円あります。
バイトをしていないのでこれ以上増えることはおそらくありません。
今の興味と、うちの大学が学年が上がるにつれてどんどん忙しくなるらしいことから春休みに芬蘭に行きたいのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

まず回答の中で25万ではツアーでなければ、絶対無理というのがありますが、これは論外です。
過去に女性一人で、しかも初海外でフィンランドに25万以内で行ったかたが数千人はいるでしょう。
初海外という枠を除くと数万人ではきかないでしょう。

まず一人でフィンランドに10日~2週間は行けることは保障します。
治安も世界で一番といってもいくい、よく、日本よりいいくらいです。英語もよく通じます。言葉を全く発しなくても旅くらいできます。


オーロラは見れない可能性が高いので夏休みにするといいかと。ムーミンワールドもザリガニも夏のみです。6~8月中旬がフィンランドが一番いい季節です。

ただ、夏は航空券がオール込み15万くらいするので、1週間くらいしか滞在できないかも。それでいいですか?

航空券を買った旅行社(他でも可)でユーレイル・フィンランドパスを購入します。フィンランドの列車(特急ICも)に乗り放題で好きな3日に使えるものが1万6400円です。5日だと2万1800円です。

他に寝台料金や予約料が必要ですが、5日パスとで計3万円ほどです。

宿は一人旅専用のYHが最適かと。清潔で安全なので、一人旅の女性の定宿になっています。世界90ヶ国に4000軒あります。ドミトリー(相部屋)と個室が選べます。

朝食付き、またはなしでドミトリーは3000円台と安いです。個室でもホテルよりはるかに安いです。1万円もしません。
それなのに、ホテルより設備がいいのです。

ドミトリー利用なら1日の滞在費は1万円以下です。個室利用だと食事や入場料などもいれて1日1万5000円くらいかな。

YHは 日本YH協会のHP http://www.jyh.or.jp/ か国際YH連盟のHP http://www.hihostels.com
で検索、オンライン予約できます。

YHには一人旅の日本人も多く、希望なら一緒に食事や観光もできます。一人がいいなら誘われても断ればいいです。

YHは一人旅には最適ですが、行きかたが少し分かりにくいです。そこでYHガイド本のヨーロッパ3000円の宿を買うといいかと。駅や空港からYHへの行きかたが手描きの地図入りでとても詳しく、迷わずにYHに着けます。迷子になりやすいようなのでお勧めです。

本屋に余りないので日本YH協会のHPで購入すると確実です。フィンランドの主なYHは全部載っています。

航空券とYHを予約したら、ヘルシンキに着いたら、中央駅に行き、ユーレイル・フィンランドパスを見せて、ロヴァニエミ行き寝台を往復とも予約します。5年前は寝台料金は2000~3000円と先進国では世界で一番安かったです。今でも倍くらいでしょう。

ロヴァニエミ駅からサンタクロース村へはバスが1時間おきくらいに出ています。
ヘルシンキにもどるとき、タンペレで下車するといいでしょう。
ここの市立図書館内にムーミン谷があります。

タンペレで1泊するか、列車でトゥルクまで行ってから泊るといいかと。ここのリンナスマキYH(5~9月のみオープン)は超モダンな会議場内にある世界有数の豪華YHです。
検索されたら驚きますよ。
上に紹介した2つ目のURLでフィンランド、トゥルクで検索します。

トゥルクからムーミンワールドはバスですぐです。
列車でヘルシンキにもどり、あとはヘルシンキの観光、散策で旅は終わります。簡単でしょ。だれでもできます。

一人でフィンランドを旅していた(その後ドイツへも)日本人の女子高校生(3年)に会ったほどです。初めての海外旅行と言ってました。
宿泊はこんな感じになるかと。
ヘルシンキ、夜行、ロヴァニエミ、夜行、トウルク、ヘルシンキ2泊

時間があれば、ハメンリンナ郊外のアウランコ国立公園に行ってください。
展望塔から森と湖の国の典型的風景が見られます。

まず回答の中で25万ではツアーでなければ、絶対無理というのがありますが、これは論外です。
過去に女性一人で、しかも初海外でフィンランドに25万以内で行ったかたが数千人はいるでしょう。
初海外という枠を除くと数万人ではきかないでしょう。

まず一人でフィンランドに10日~2週間は行けることは保障します。
治安も世界で一番といってもいくい、よく、日本よりいいくらいです。英語もよく通じます。言葉を全く発しなくても旅くらいできます。


オーロラは見れない可能性が高いので夏休みにするとい...続きを読む

Qコペンハーゲンからストックホルムの移動手段

こんにちは
心配性ですが、初めて北欧に行きます。一人旅です。
9月30日か10月1日に「コペンハーゲンからストックホルムまで」を移動したいのですが、どれが良いのか迷っています。

電車・バスは中央駅から発着しているのでしょうか。
電車の券は当日・前日にでも買えますか?

電車へ乗ってみたいのですが、どこに荷物を置いたら良いんだろう、座席を見つけられるかな、駅で降りられるかな、そんな細かいことばかり心配しています。

北欧の電車は所々で話題になっていて、それほど素晴らしいものなのかと興味が少しあります。でも、こんな初心者に乗りこなせるだろうかと心配です。

バスでも景色が楽しめそうですよね。
バスは、券の買い方だけが心配です。当日でも買えますか?

飛行機は景色がないけど、一番安くて、早くて、乗り慣れています。
こんな私には飛行機が良いでしょうか。

Aベストアンサー

 とにかく安く上げたいならバスですが、バスだと深夜バスになるので学生以外はあまりお勧めしません。ただ、値段が14,000円程度らしいのはすごく魅力ですが。飛行機もスカンジナビア航空が正規で時間によりすごく安い券を出しているのですが、空港税2箇所3,000円以上、ストックホルムの空港から市内が遠く2,000円近くバス代かかるので2万はかかり、色々乗り継ぎが面倒、コペンハーゲンの空港がチェックインに異常に時間がかかる(ものすごい混雑で本当に2時間前に着いていないと乗り遅れる危険あり)ことを考えると鉄道利用をお勧めします。ただし、2等で27,000円かかります。

 X2000という新幹線みたいな豪華列車がコペン始発ストックホルム終点で走っていますから、心配なら日本でデンマーク国鉄のホームページ(スカンジナビア政府観光局~交通~スカンジナビア内の移動で、見つけられます)で。検索、クレジットカードで購入なさっていくといいですよ。もちろん、旅行者で購入も出来ますが、手数料取られます。

 当日、1時間早めに駅に行っていればどんなに間違えても必ず列車に乗れますよ。安全な北欧でもコペンの駅はすりがいるそうなので、貴重品には注意されてくださいね。基本的に北欧の人ってものすごく親切なので、Xtwo thausantって聞いたら、連れて行ってくれると思いますよ。

 X2000は、完全予約制指定席で、1等2等、学生割引(2等のみ)などがあります。北欧はすべて禁煙車。新幹線と同じで、乗ってさえいれば発車しても席にたどり着けますから・・終点まで行くんだし・・。鉄道マニアのX2000ページのURLを貼っておきます。中にスナックや売店があり、軽食も料金に含まれているみたいですね。このホームページに出ている料金はずいぶん前のものみたいで、このところの円安のせいで、3割以上アップしています。それから、コペンマルモ間に橋が出来たので、フェリーにはもう乗りません。ちょっと残念ですね。

 デンマークに比べスエーデンは3割くらい物価が安いです。どうしてもデンマークで買いたいもの以外はスエーデンで買ったほうがいいですよ。

 荷物は、荷物置き場に置くと思いますが、北欧はスーツケースなど盗まれる危険はほぼないので安全だと思います。どうしても不安なら、手すりにバンダナで縛り付けておくといいですよ。これは校外電車とかでも有効で、カーブでスーツケースがころころ~と動かないようにするためにも有効です。

参考URL:http://home.att.ne.jp/sky/railplan/003-Box-denmark.html

 とにかく安く上げたいならバスですが、バスだと深夜バスになるので学生以外はあまりお勧めしません。ただ、値段が14,000円程度らしいのはすごく魅力ですが。飛行機もスカンジナビア航空が正規で時間によりすごく安い券を出しているのですが、空港税2箇所3,000円以上、ストックホルムの空港から市内が遠く2,000円近くバス代かかるので2万はかかり、色々乗り継ぎが面倒、コペンハーゲンの空港がチェックインに異常に時間がかかる(ものすごい混雑で本当に2時間前に着いていないと乗り遅れる危険あり)ことを考える...続きを読む

Q免税手続きについて

旅行で北欧に行きます。
免税手続きをしたことがなく、不安なので教えて下さい!
買い物の際、tax freeを伝え、パスポートを見せて書類を書くこと、開封をしてはいけないことはわかりました。
ヘルシンキでtax free 手続きをして、船でストックホルムへ行きます。
ストックホルムでも買う可能性もあります。

帰りはストックホルム→ヘルシンキ経由→成田空港です。
最後に出国するEUの国で行うとガイドブックには書いてありましたが、
ヘルシンキではなくストックホルムで手続きができるのでしょうか?(乗り換えは1時間ぐらい)

いろいろ検索をしていたら、以下の答えがありました。


税関でハンコもらうときに買ったものを見せる必要があることになっていますが、これより簡単なのが全部スーツケースに入れてしまうことです。
飛行機のチェックインを行い、スーツケースはそこで預けずに免税手続き専用の税関カウンターに持っていって預けます。ハンコもここでもらいます。
こうすれば、どこで乗継しようと出発空港で手続きを終えられるはずです。乗継地でスーツケースをいったん受け取るようなこともいりません。
書類は、ハンコをもらったあとそのまま免税手続きカウンターへ提出すれば、その場で現金が戻ってきます。
日本円でほしい場合は、日本に帰国して空港の免税カウンターで手続きすればよいです。
返金はクレジットカードに振込みや現金支払いが選べます

↑免税の商品をスーツケースに入れて、チェックイン時には預けず、免税手続き専用のカウンターで預けられるのでしょうか?この際中身は確認されますか?
カードに振り込んで欲しいのですが、この手続きは日本でもストックホルムでもできますか?
どなたかもう少し詳しく教えて頂けますでしょうか?

旅行で北欧に行きます。
免税手続きをしたことがなく、不安なので教えて下さい!
買い物の際、tax freeを伝え、パスポートを見せて書類を書くこと、開封をしてはいけないことはわかりました。
ヘルシンキでtax free 手続きをして、船でストックホルムへ行きます。
ストックホルムでも買う可能性もあります。

帰りはストックホルム→ヘルシンキ経由→成田空港です。
最後に出国するEUの国で行うとガイドブックには書いてありましたが、
ヘルシンキではなくストックホルムで手続きができるのでしょうか?(乗り換え...続きを読む

Aベストアンサー

EUのVAT tax Refund(免税還付)手続きは、EUからの最終出国空港で行うとの事でしたが、2年前に、アムステルダム経由ストックホルムを往復した時には、ストックホルム・アーランダ空港で、処理出来ましたよ。

帰国時に、アムステルダムでの乗り継ぎ時間が、1時間弱しかなかったので、聞いたところ何の問題もなく処理できました。

還付金は1万円余だったのですが、スウェーデン・クローネか、日本円か聞かれて、千円札と端数はクローネでもらいました。
端数のクローネはゲイト前のお店で使ってしまいましたが。。。

>帰りはストックホルム→ヘルシンキ経由→成田空港です。

という事は、フィンランド航空をお使いであれば、ストックホルム・アーランダ空港は、KLMと同じく、ターミナル5だと思いますが、手続きは2ステップで行います。

1.ターミナル5のLevel3(出発階)で、チェクインする前に、「Global Blue’s office (黄色の19) 」へ行きます。
(チェクイン・カウンター 56)の右側、(i)インフォーメーション・デスクの隣です。)
参照図(Terminal 5):
http://www.arlanda.se/upload/bilder/karta/terminalkartor/eng/1105/T5_web_ENG.pdf

ここで、申請書を書いて、買った商品と領収書、パスポート、eチケットのコピー等を見せて、申請書に確認印を押して貰います。
この後で、預託するスーツケースに商品を入れて、チェクインします。

2.捺印された申請書等を持って、「Forex office (黄色の35)」へ行きます。
「Forex Office(黄色の35)」の場所は、上記参照図を見てください。
行き方は、荷物を預けて、チェクイン後、チェック・インカウンターの左側にある「パスポート・コントロール/セキュリティ・チェック」を通ったら、直ぐの通路を右に進み、突き当たったら右に曲がって行くと、「Forex office 」のカウンターありますので、ここで、捺印済み申請書とパスポートを出して還付金(現金)を受取ります。

以上のようにして、2年前に免税の還付を受けました。

余談ですが。。。
免税還付の申請書に捺印して貰う時には、申請する商品と持参した商品の突き合わせをされましたので、高級品やかさばる物品でなければ、紙袋等に入れておいて、見せた後に預託荷物のスーツケース等に入れた方が良いと思います。

また、アルコール類やタバコ、食品、香水や化粧品等は対象外のようですが、その他の商品でも、スウェーデンのVAT(付加価値)17.5%まで還付されると結構大きいですよね。

ストックホルム、良いですね。
旧市街(ガムラスタン)は趣があって良かったですよ。
小物やSweden madeの専門店、素敵なレストランやカフェ等があり、楽しめましたよ。

EUのVAT tax Refund(免税還付)手続きは、EUからの最終出国空港で行うとの事でしたが、2年前に、アムステルダム経由ストックホルムを往復した時には、ストックホルム・アーランダ空港で、処理出来ましたよ。

帰国時に、アムステルダムでの乗り継ぎ時間が、1時間弱しかなかったので、聞いたところ何の問題もなく処理できました。

還付金は1万円余だったのですが、スウェーデン・クローネか、日本円か聞かれて、千円札と端数はクローネでもらいました。
端数のクローネはゲイト前のお店で使ってしまいました...続きを読む


人気Q&Aランキング