今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

こんばんは
最近、BDプレーヤーと5.1サラウンドホームシアターを導入しました。ただツタヤで借りてきた映画ソフトでは今-サラウンド効果(列車が後ろから前に走り去る音とか玉が右から左に飛んで行く音とかの様な音のセパレーション)をあまり体感できませんでした。
どなたかサラウンド効果を強く体感できるお薦めの映画リフトがあれば教えて下さい。(映画の内容、ジャンルは全く問いません)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

お勧めは 「ゴーストハウス」 です。


ホラー映画ですが、比較的マイルドなホラーで、映像的にはそれほど怖くはありませんが、サラウンド音声は結構いけてると思います。
後ろを何かが横切ったような感じとか、何者かが階段を上るキシミ音とか、誰もいないはずの2階の歩行音とか、カラスが襲ってくる時、ドアの開閉音なんかが後ろや横、はたまた頭上などから聞こえてくる感じがしました。
一度お試しください。
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2 …

http://www.spike.com/video/messengers/2818030
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
是非見てみようと思います。

お礼日時:2009/05/04 07:48

ドラゴンハート [DVD]


出演: デニス・クエイド, ショーン・コネリー 監督: ロブ・コーエン

ぐるぐる回る、おすすめ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速借りてきます。

お礼日時:2009/05/07 13:48

プライベートライアン


ブラックホークダウン

友人のオーディオ店員から聞いた話で、ロード・オブ・ザ・リングは音チェックなんかに使うそうなのでオススメします。

戦争やアクションでは銃弾の音が鳴るので、そんなような内容のDVDを狙うと派手なサラウンドになっていることが多いです。
派手目なDVDでもサラウンド感が無い場合は、スピーカーセッティングを疑ってみると良いかもしれません。


最初のうちは音がグルグル回らないと不満もあるでしょうが、慣れてくると空気感みたいなものが5.1CHの利点だと考え直すと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうなんですよね。音が回らないと物足りない感じがします。
早く「空気」の域に達したいと思います。

お礼日時:2009/05/04 07:52

ジョン・ウー監督の作品はドンパチものが多いので、感じることができると思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/04 07:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあなたが思う、音響が凄い映画を教えてください。

シアターシステムなどで、大音量で映画を見るとしたら何がお勧めですか?
あなたが思う、物凄いサウンドを楽しめる映画を1本教えてください!

やはり、DTSの映画の方が迫力あるのでしょうか?

Aベストアンサー

自分ならばエヴァの映画(最近やっている方)ですかね?
アニメの場合、音を人工的に作り上げているので、5.1chの効果をよりいっそう感じる事が出来ます。

このため、人工的ではありますが、”物凄いサウンド”になる事も多いかと思います。

>やはり、DTSの映画の方が迫力あるのでしょうか?
迫力というよりも、普通のDolbyDigitalに比べてビットレートが高いので、音質が良くなると考えた方が良いです。

Q5.1chを十二分に楽しめる映画

5.1chスピーカーシステム購入しました。
早速手持ちのDVDで映画を見たのですが、5.1chの前後・斜めの音の動きを体感する事ができませんでした。

5.1chの音の動きを十二分に体感できる映画はないですか?
なんとなく空戦物はその手の物が多いと思うのですが…
ジャンルではなく、作品名で教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

「プライベート・ライアン」
これはもう別格ですね。音響効果が高いと映画の印象まで変わりますから。

「ミッドナイトクロス」
「音」が重要なストーリーなんですが、集音マイクを向けた方角からちゃんと対応した音が聞こえます。内容も面白いです。

「レイダース 失われたアーク」
巨石がリアスピーカーから転がって来る感覚です。篭に入れられたマリオンの悲鳴が移動するのが分かります。アークの霊魂が四方八方飛び交うのが実感できます。

参考URL:http://members.ecatv.home.ne.jp/aecg/kurauke2/51ch/51c.htm

Q5.1chのDVDソフト映画

先日、ホームシアターと言うのを買い求め、5.1chを楽しんでいます。この映画は、サラウンド効果が凄い!というDVDソフトがあればお教え下さい。

Aベストアンサー

NO1で回答入れたものです。あれから一眠りしてまたgooをひとまわりしたら、ここにきてしまいました。作品を紹介するのは個人的主観がはいるので、先ほど書かなかったんですが、2.3紹介したいとおもいます。でも主体はno.1にして下さいね。あの本は自分もパソコンのめり込む前、かなり傾注してたいわばオアシスみたいなところだったので、大事にしたいと思ってます。ハイビィには音響設計の背景とか、この映画にはこのスピ-カ-と言う具合に本当に親切丁寧に説明がされてます。
1.ツイスタ-
 この映画なんたって風の音と効果音のミックスがすごい。スト-リ-はたわいないのでおもいきりえいがにのめりこめます、同時に音のほうも、、。
2.フラッド
 銀行の輸送車をおそい、そのカネの奪い合う。これもスト-リ-どうでもいいようなので音にしたれます。とにかく最初から最後まで雨、雨、、。八代亜紀の歌じゃないですよ。まるで、自分がズブヌレになったような錯覚に陥ります。

あと定番として、”トップ.ガン”とか”プレデタ-””ID4”など、、、。あげるときりがないのでこのへんにしときます。
いいですね、連休を映画で、、、。自分もプロジェクタ-(SONYの初代液プロの520j使ってんですが、最近パソコンばかりでスクリ-ンも1年くらい下ろしてないです。連休中に、少し遊んでやるかな、、、、。

NO1で回答入れたものです。あれから一眠りしてまたgooをひとまわりしたら、ここにきてしまいました。作品を紹介するのは個人的主観がはいるので、先ほど書かなかったんですが、2.3紹介したいとおもいます。でも主体はno.1にして下さいね。あの本は自分もパソコンのめり込む前、かなり傾注してたいわばオアシスみたいなところだったので、大事にしたいと思ってます。ハイビィには音響設計の背景とか、この映画にはこのスピ-カ-と言う具合に本当に親切丁寧に説明がされてます。
1.ツイスタ-
 この映画な...続きを読む

Q5.1ch再生の音楽DVDでお勧めのソフトを教えてください♪

5.1chシステムを構築した当時は映画を楽しんでいましたが、
最近は音楽DVDにハマってます。
(主にコンサートのDVDに)

店頭に探しに行くのですが
ステレオ録音のDVDは沢山あるのに
5.1ch録音のDVDは少ないように感じています。

それならネットで購入しようと思ったのですが
ネットではどのように録音されているのか明記されていないサイトばかりで・・・。

明記されているサイトをご存知でしたら、そのサイトを

お勧めのDVDソフトを教えていただける場合はそのソフト名を

教えてください♪


ジャンルは問いません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>ネットではどのように録音されているのか明記されていないサイトばかりで・・・。

販売サイトの検索機能つかったらどうでしょう。
たとえば、ヤフーショッピングのDVD→音楽を5.1chで検索。
http://shopping.yahoo.co.jp/search?p=5.1ch&cspid=2076557211
523件

DTSだと
http://shopping.yahoo.co.jp/search?p=DTS&cspid=2076557211
152件

>お勧めのDVDソフトを教えていただける場合はそのソフト名を

せっかくの5.1ch音響機器。↓でバランス、セッテイングのチェックを。
さすがソフトの音もいいです。(もっていたらごめんなさい)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HRDI/ref=lm_lb_4/249-3063636-0109141

Q5.1chをすごく体験できる映画のおすすめは?

5.1chをすごく体験できる映画のおすすめが、ありましたらお願いします!!

Aベストアンサー

 フィフス エレメント SF作品

監督 リュックベンソン 主演 ブルースウィリス

映像 サウンド ともにベスト サラウンドがこれまたすごい。

さがしてみてください。

Q5.1chで楽しめるレンタルDVD

お世話になっています。
5.1chのホームシアターのスピーカーを購入して嬉しくてしかたありません。
そこで、皆さんのおすすめで、5.1ch効果が高いレンタル作品はないでしょうか?結婚してから映画などほとんど見なくなりました。
オンラインDVDレンタルランキングを見てもよくわかりません。
ジャンルは問いませんので、教えてくれたら嬉しいです。

Aベストアンサー

私も以前は、音響バリバリの映画を買ってました。
一部ですが紹介させていただきますと、

『ツイスター』 ・・・ 竜巻が圧倒的です。ぜひdtsで!
『アルマゲドン』・・・ 全体的に迫力満点。
『パールハーバー』・・・ 40分にも及ぶ戦闘シーンは圧倒的
『プライベートライアン』・・・ とにかく凄まじい。
『エア・フォースワン』・・・ 戦闘機の音がポイント。

まだまだ沢山ありますがこの辺で。

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

QドルビーとDTS

映画の音声は、ドルビーとDTSがあるみたいなのですが、どう違いますか?
あと、ドルビー5.1、DTS5.1というのはどういう意味ですか?
スピーカーが5つ必要ですか?

あと、AC3というのはなんですか?

Aベストアンサー

Q/映画の音声は、ドルビーとDTSがあるみたいなのですが、どう違いますか?あと、AC3というのはなんですか?

A/既に回答があるようにDolbyは米国Dolby.Labが開発したAC-3( Audio Code number 3)と呼ばれる圧縮技術にブランド名称を与えたのが、DolbyDigital(以下DD)です。DVDや映画館で主力として使われいるのがこれ。
DDはライセンス料金が若干高いという欠点がありますが、映画館ではCDなどの別立ての音声ディスクが不要なため最も普及しています。
DVDでは、標準音声フォーマット(別にデコードハードウェアを用意しなくともプレーヤーだけで一応のステレオ音が出せる)として採用されており、ステレオ再生だけであれば、後述のdtsやSDDSのように別途専用のAVデコードアンプなどを用意する必要がありません。

音声は5,1ch Discrete及び6,1ch(Dolby Digital EX)のMatrix方式の2つの方式が採用されており、DVDでは最大448Kbpsまでのデータレートが、映画館では最大640Kbpsまでのデータレートで立体音響を再生できます。後述のdtsに比べて高圧縮率であるため、若干低音の響きが悪いと感じる場合があるかもしれませんが、圧縮率の割には迫力ある音を再現できます。

dtsは、Digital Theater Systems社が開発したマルチチャンネルオーディオです。APT-Xと呼ばれる圧縮技術を使っています。標準では5,1chが定義されており、最大で8chまでのDiscrete収録が可能な仕組みで開発されており、映画館では別立てのCDとしてフィルムとは別に提供され再生されます。
音声は1536Kbps(フルレート)と768Kbps(ハーフレート)の2種類が主に使われており、DDに比べて圧縮率が低いため低音での欠落が少なく、迫力や艶やかさがあります。
dtsには上位規格としてdts-Extended Soundと呼ばれる規格があり、dtsとの互換性を維持したまま、dts-ESでは収録時の音声チャンネル数を標準で6.1ch化できるようにする仕組みと、5,1chの音声やステレオ音声を6,1chで再生するための仕組み(NEO)を定義しています。
最上位のdts-ES Discrete 6,1では、6,1chでの独立オーディオ圧縮を採用しており、DDでは出来ない圧縮時に完全な独立した6,1chオーディオ収録をサポートします。

映画館ではライセンス料が安いためDDに次いで普及していますが、専用のCDを用いて再生するため、機材コストと設置コストの都合上、DDほどの普及はしておりません。

DVDではHD DVDとBlu-rayDiscでは標準オーディオとして使われていますが、既存のDVDではオプション扱いとなり、別途AVデコードアンプシステム(シアターシステム)が必要となります。そのため、この高音質を実際に聞くにはDVDプレーヤーとは別にシアターシステムを購入する必要があります。(ちなみに、安物のシステムでは差は感じないはずです)

Q/ドルビー5.1、DTS5.1というのはどういう意味ですか?スピーカーが5つ必要ですか?

A/5,1ch(ゴーテンイチチャンネル)で収録されているという意味です。dtsにもDDにもモノラル(1ch)、ステレオ(2ch)、サラウンド(4ch/5,1ch/6,1ch/7,1ch)、での収録方式があります。

スピーカー数は、1chならテレビの前や横に一つあるモノラルの音。
2chならば、テレビや映像機器の左右に2つの普通のステレオ。4chなら、2chにプラスしてセンター(主に主人公の声などを担当する)スピーカー1ch(1本)とリア(後ろ側の音を担当する/視聴する人の斜め後ろに設置する通常は聞く人の耳より高めの位置に来るのが好ましい)のスピーカーを一組(2本ですが出る音は2本とも同じ音なので1ch相当)設置します。
5chは、リアの音がステレオになり後ろからの音が立体的になります。スピーカー数は4chと変わりません。

5,1chは、0.1ch分に相当するウーファと呼ばれるスピーカーを設置します。コントラバス、爆発音など地鳴りのような低い低い低音を再生するためだけのスピーカーで迫力を演出します。通常ウーファは前方に設置します。全体の音に迫力を与えませんが、あくまで低音だけを協調するため1ch分には数えず0.1chとカウントします。よって、5,1chは6本のスピーカーを使い、通常は聞く人をそれら6本のスピーカーで囲う形になります。

尚、6,1chになるとリアセンター(真後ろの中央)スピーカーが1ch増えます。7,1chになるとリアセンタースピーカーをのけてサラウンドバックスピーカーと呼ばれる2本のスピーカーをリアの後ろに設置します。

Q/スピーカーが2つしかない場合は、ドルビーかDTSのどちらで聞くべきですか?

A/両方をデコード(再生)できるAV環境であれば、どちらでも好みです。通常はdtsの方が音質が良くなる可能性が高いですが、あくまで感性に左右されますからね。どちらも再生できるなら両方で聞いてみて決めれば良いでしょう。尚、DVDの場合はDDかMP3、PCM(非圧縮)のいずれかで必ず収録知れていますが、dtsは先に述べたようにオプションです。DVDによってはdtsでの音声は収録されていない場合があります。収録されているDVDではdtsで再生した方が、理論的には綺麗な音になります。

<用語>
Discrete=分離、独立という意味。5,1chの音声を独立して収録しているという意味。Matrixに比べてデータ量が多くなるケースがあるが、独立しているため音質を一定に保つことができる。

Matrix=混合と言う意味。符号化技術用語ではエンコード(符号化/圧縮)の手法の一つでどこかのチャンネルにあるチャンネルの音を織り込んでしまいデータ量を節約すると共に、下位との互換性を維持する手法。EXとDigitalは5,1ch向けの機器では5,1chで再生され、6,1ch用の機器では、6,1chで再生されます。この技術は、アナログ時代の映画音響技術であるDolbyStereo(4chサラウンドオーディオ/VHSなどにPro Logicと移植され使われた。ステレオ互換がある。)でも使われてきました。

Q/映画の音声は、ドルビーとDTSがあるみたいなのですが、どう違いますか?あと、AC3というのはなんですか?

A/既に回答があるようにDolbyは米国Dolby.Labが開発したAC-3( Audio Code number 3)と呼ばれる圧縮技術にブランド名称を与えたのが、DolbyDigital(以下DD)です。DVDや映画館で主力として使われいるのがこれ。
DDはライセンス料金が若干高いという欠点がありますが、映画館ではCDなどの別立ての音声ディスクが不要なため最も普及しています。
DVDでは、標準音声フォーマット(別にデコードハー...続きを読む

Qスピーカーケーブル(2線平行)の極性について教えてください

スピーカーコード(ビニール被覆の通常の2線平行コード。以下SPコードと記述しています)の極性について、一般的使い方を教えてください。
特殊なスピーカーケーブルについての質問ではなく、ごく普通の電気店で購入できるSPコードについての質問です。

「個人で使うのだから、どうでもいいよ」という回答ではなくて、一般的な使い方があるのでしたら教えてください。

次のような種類のSPコードの場合は、極性(+、-)はどのように使うのが一般的なのでしょうか。

(1)「赤黒2線SPコード」の場合。
赤(+)、黒(-)として使用するのが一般的ですよね。
(2)「白青」の場合は、どちらを「+」としてあつかうのが一般的でしょうか?
(3)「2線とも同色、または透明被覆であるが、片方には電線のメーカー名や型番などの文字が印刷してある」ようなSPケーブルの場合は、どちらを「+」としてあつかうのが一般的でしょうか?

以上です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の方のおっしゃるとおりで、決まりがあるわけではないですが、ステージ音響なんかの世界では、まず「無色がグランド(-)」「色つきが信号線(+)」という不文律を基本とする事が多いです。
問題は「無色」の扱いで、ちょっと変な言い方ですが、
「ほんとの無色」>(銅の裸線)>「黒」>「灰色」>「白」>「他の濃色」
と、感覚的に『無色度の高い方』をグランド(-)とするのが普通ですね。
(ただ、黒、灰、白の順位については、音響屋にもある種の『流派』があって、若干違う場合が…私の習った流派では上の並びです)

よって、「白青」「白赤」等の場合は、白をグランド(-)と取る場合が多いです。
2線同色または2線とも透明の場合は、私の習った流派では印刷がある方を(+)、何も無い方を(-)としますね。これは、多チャンネル線(マルチ線)といって、何十チャンネルもの配線が1本にまとまったケーブルを使う場合、「基色+色つきの細いライン」みたいな色分けがされている場合が多いので、「色ライン付き=基色以外の印刷等がある方=信号線」という解釈で誤配線を防ごうということから来ています。

以下、蛇足ですが…
ステージ音響の世界では、ノイズ対策や事故防止の観点から何かにつけて「まずグランドを合わせる」ということが非常に重視されるので、「色のない=無彩色=グラウンド(-)」とルール化がされ、新人はそれこそ徹底的に叩き込まれます。
ただ、これらはあくまでも業界ローカルルール(というか、安全基準)で、前述の通り地域や「流派」で若干の解釈の違いがあったりする、必ずしも絶対的なものではないのすが、オーディオをやっている方が「プロがそうやっているのだから間違いない。」という解釈(というか思い込みというか知ったかぶりというか)で、「こうするのが正しい!」と講釈垂れているシーンは多いですね。

それと、音響機器の関係と、電力線を扱う関係、電話等の有線通信線を扱う関では、配線色の解釈が全く違う(特に電力線では厳密に決まっている)ので、オーディオの世界でもそれらをごちゃごちゃに語られて、まるで不毛な議論(Aさんは電力線ルールを知ったかぶり、BさんはNTTのルールを知ったかぶり…みたいな…どっちもスピーカケーブルには全く関係ないのに(^^ゞ)を目にするケースも多いです。

ちなみに、ステージ音響では白黒線が一番やっかいで(^^ゞ
A)「ステージ上のグラウンド(-)はすべて白なので、白黒は黒が(+)」
という流儀と、私の流派の考えで
B)「白黒の場合は白が(+)、黒(-)」
という、全く逆の流派があります。

A)の流派にも一理あって、プロ仕様の音響機器間を繋ぐケーブルには、普通は「黒」は使わないんです。「黒」は「0(ゼロ)」を示すカラーコードにも使われるので、何事も自然数(1以上)で番号を振る世界では余り用途が有りません。なので、高級ケーブルを惜しげもなく使える大手音響系では、むしろ電力線(必ず黒が使われる)と間違えないように「白=(-)」で統一されていると聞きます(ここだけは聞いた話(^^ゞ)。

すいません、蛇足が長くなりました(^^ゞ

No.1の方のおっしゃるとおりで、決まりがあるわけではないですが、ステージ音響なんかの世界では、まず「無色がグランド(-)」「色つきが信号線(+)」という不文律を基本とする事が多いです。
問題は「無色」の扱いで、ちょっと変な言い方ですが、
「ほんとの無色」>(銅の裸線)>「黒」>「灰色」>「白」>「他の濃色」
と、感覚的に『無色度の高い方』をグランド(-)とするのが普通ですね。
(ただ、黒、灰、白の順位については、音響屋にもある種の『流派』があって、若干違う場合が…私の習った...続きを読む

Q音楽CDは5.1チャンネルなんですか?

音楽CDは5.1チャンネルなんですか?

音楽CDをiPodに移し、5.1ch対応のヘッドフォンで聴こうと思っています。
そこで疑問なのですが、音楽CDにそもそも5.1chはあるんでしょうか。
やはり普通は2ch??
CDは5.1chに対応しているのかどうかというのが、この質問の意図です。

近年の映画DVDなどは、臨場感を出すために5.1chになってますよね。
音楽CDっていうのは、どうなんでしょう。やはり2ch?
なんて風にも思いますが、でもビックカメラなどの
オーディオのコーナーを見てみると、5.1chサラウンドシステムなど
普通に売られていますよね。
あれは音楽CDは5.1ch対応だから、売られているのでしょうか。

また、音楽CDが5.1ch対応と想定した場合、
それをiPodに移し、5.1ch対応のヘッドフォンで聴いた場合
5.1chとして反映されているんでしょうか。

じつは今、私、5.1ch対応のヘッドフォンの購入を検討しているのです。
映画も5.1chで観たいですし、音楽もiPodで出来れば5.1chで聴きたいんです。

何だか素人質問でごめんなさい。
じつは音楽系の機器にも全然詳しくありません。
恥を忍んで質問をしております、
お分かりの方、どうぞ宜しくお願いいたします。

ちなみに最新の平原綾香やAqua Timezなどの音楽CDをよく聴いています。

音楽CDは5.1チャンネルなんですか?

音楽CDをiPodに移し、5.1ch対応のヘッドフォンで聴こうと思っています。
そこで疑問なのですが、音楽CDにそもそも5.1chはあるんでしょうか。
やはり普通は2ch??
CDは5.1chに対応しているのかどうかというのが、この質問の意図です。

近年の映画DVDなどは、臨場感を出すために5.1chになってますよね。
音楽CDっていうのは、どうなんでしょう。やはり2ch?
なんて風にも思いますが、でもビックカメラなどの
オーディオのコーナーを見てみると、5.1chサラウン...続きを読む

Aベストアンサー

素人の意見なので参考程度に。

とりあえず現在のCDは2chです。
オーディオコーナーの5.1chシステムは2chの音源を処理して5.1chに変換するものでしょう。
5.1chに変換して何が楽しいかというと音場を自分で変えることができることです。
例えば狭いライブ会場で歌っているかのような感じとかコンサートホールとかの残響音とかを擬似的に作り出すのです。

あとCDの上位規格にスーパーオーディオCD(SACD)があります。
これはCDよりも高周波を記録出来るほかに5.1chも記録できます。
ただし再生するには対応プレーヤーでなければなりません。
参考:http://www.super-audiocd.com/faq/


人気Q&Aランキング