誰か教えて下さい。
本箱に並べていた本に円形型のだいだい色したカビのようなものが付着し、それがいくつも増えて、空気感染でもしているのかほかの本にも発生してきています。カビと書きましたが、私では断定できません。
本箱が現在の位置に置いたのは2年前で、湿気が多い場所だと思って1年目は本箱に市販の湿気取りを置いていましたが、昨年はなにもしませんでした。気づいたのは最近ですが、大切に保存している本がどんどん蝕まれていくようで気が気でありません。
どなたか、この様な現象遭遇した人いませんか? これが起こる発生原因や、本に付着したそのカビの様な物を取り除きたいので、どんな情報でもかまいませんので連絡お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

保存 本」に関するQ&A: 本の保存に関して。

A 回答 (1件)

本の表紙なのか、本文の紙の部分なのかよくわからないのですが。


紙の部分にできた茶色が買ったオレンジ色の染みのようなものでしたら、それは虫のせいだと思います。
古い本や辞書なんかにときどき小さな茶色い虫がいますよね。紙魚(しみ)と呼ばれるその虫が紙の表面を食べているせいです。
削られてしまっているわけですから一度染みが出来たら取り除くことは出来ないとおもいます。防ぐにはやはり風通しのよい乾燥した場所に本を置くことくらいでしょうか。虫干しとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 返事ありがとうございます。
 説明不足で申し訳ありませんでしたが、染みは紙の部分に発生しています。
 うーん、やはり本は風通しよくして湿気のない所で保管しなければだめなんでしょうか。換気の入れ替えをこまめにするよう心がけます。(でも紙魚を全滅させるなんて無理そうだから、このまま被害が拡大していきそう)

 貴重なご意見ありがとうございました。また他に気づいた点ありましたら教えて下さい。お願いします。

お礼日時:2001/03/10 02:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q湿気を吸った本の戻し方&湿気対策

私の部屋は日当たりが悪く、湿気と冷気がものすごいのですが、ここ一週間ほど、買ってきた書籍が軒並み湿気でよれてしまいました。
昔からこの部屋に住んでいて、昔から本を買い続けてきたのですが、こんなに本がよれるというのは初めてで、しかもここ一週間の出来事です。
特にそれ以前との環境の変化というのはないと思うんですが、なぜこの一週間以降(継続中)だけこんな風になったのかわかりません。
私は本のコンディションがすごく気になる方なので、かなり悩んでいます。

よれる書籍も、写真集などの紙質のいいものからコミックスなど様々です。
1冊でポンと置いていたのが悪いのかと思い、重ねて置いておきましたがよれる書籍はよれました。(でも、1冊単品で置いていた書籍よりはまし…のような気がします)
ただ、注意深く観察してみると、以前買ってきた書籍は同じ場所においてもよれなくて、買ってきた新刊のみがよれる…という風に思えます。
これは何か要因があるのでしょうか。

こちらの過去の質問などを拝見して、辞書などの重い書籍を乗せてみたんですがよれは直りそうにありません。
だいたい何日くらい重いものを乗せ続ければいいんでしょうか。
ただ、相当ひどいよれ(本体表紙の厚紙も一緒によれよれ)ですので、もしかしたら直らないのかも…と凹んでいます。
春になって湿気がましになれば自然に直る…とかはありえないでしょうか。

よれの直し方や本の湿気対策など、効果的なものがありましたらお教えいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

私の部屋は日当たりが悪く、湿気と冷気がものすごいのですが、ここ一週間ほど、買ってきた書籍が軒並み湿気でよれてしまいました。
昔からこの部屋に住んでいて、昔から本を買い続けてきたのですが、こんなに本がよれるというのは初めてで、しかもここ一週間の出来事です。
特にそれ以前との環境の変化というのはないと思うんですが、なぜこの一週間以降(継続中)だけこんな風になったのかわかりません。
私は本のコンディションがすごく気になる方なので、かなり悩んでいます。

よれる書籍も、写真集など...続きを読む

Aベストアンサー

重石ですが、直るまで気長にという感じですね。
経験上ですけれど...
湿気がひどいときは、ところどころに、キッチンペーパーやティッシュなどや、コピー用紙等、湿気を吸いそうな
紙類をはさんでさらに湿気を吸わせることもあります。
いちばん気になるのは「カビ」がくるかもしれないということかも。

急にきたということなのですが、なにか水がこぼれたとか
そういうことがあったりしたのでしょうか???なぞですね。
除湿機を用意したほうがよいかもしれません。
なんとか、できるだけ本を救えるとよいですね。

Q本のカビ?について

先日入手しました数冊の古本ですが、
よく見ると天に茶色い点々が付いていて
カビのようにおもわれるのです。(かび臭さは感じませんが・・)
1冊、やすりで削ってみたら一応取れたんですが、
このように取ってしまえば他にカビが移ったりはしないでしょうか?
本棚においていて他にカビが移ってひどいことにならないでしょうか?

Aベストアンサー

カビというよりも、何かの汚れがついて、紙が酸化したのでは?
シミなどの虫がついていないかも見ておかれるとよいかと。

カビにしろ虫にしろ、繁殖する条件にならないように、本をきちんと管理すれば大丈夫だと思いますよ。何年も虫干しもしないなんてところに、エアコンもかけずに放置したら、どっちみち本は悪くなります。

Q本のカビ退治(虫干しの仕方)を教えてください。

カビについて最近怖いことを知りました。
肺や脳にまで転移して、死んでしまうこともあるそうで、とても怖いです。

本についてなんですが、どうも本がかびくさいんです。
というよりも、本を読んでいてなんとなくむせました。
鼻水もでるし、なんとなく、かびている感じがします。なんとなく、見えない粉が舞い上がってくるかのようなイメージがあります。

自分の体もかなり心配なんですが大丈夫でしょうか。このようなご経験のある方アドバイスをお願いします。

それと、本のカビ退治の仕方を教えてください。
よく、昔の人は本を虫干し(?)していたと聞きます。
かび臭くなるので虫干しでもするか。というような感じで使われていたと思います。カビ退治でも、虫干しでも教えてください。

Aベストアンサー

以前に解答した「古書のにおいをとる方法」が参考になると思います。
この時はカビからくるにおいということでした。
 
この時は虫干しを紹介しましたが、他には薬用エタノールで
本のページを1枚ずつ拭いていく方法もあります。
古書店などはこの方法でカビを予防しています。
ファーストフード店などで手などを消毒していますよね。
薬局でもホームセンターなどでも販売しているはずです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=713078

Qあなたの「ずっと手元に置いておきたい本」を教えてください

こんにちは。
誰にでも「ずっと手元に置いておきたい」「何かあると手にとってしまう」
「すごく感動した」「何度も読み返したい」・・そんな本があるかと思います。
みなさんにとって、そんなとっておきの本があれば、是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 たくさんあります。
「森の生活」ソーロー 「アウトサイダー」「オカルト」コリン・ウィルソン
「夏の闇」「玉、砕ける」開高 健 「長いお別れ」チャンドラー
「八木重吉詩集」「檸檬」梶井基次郎「種田山頭火句集」
「失われた時を求めて」プルースト「ブッダのことば」中村 元
「現象学入門」竹田青嗣 「ウィトゲンシュタイン入門」永井 均
「宗教的経験の諸相」ウィリアム・ジェイムズ
「jazz study」渡辺貞夫「リディアン・クロマティック・コンセプト」ジョージ・ラッセル
「山月記」中島敦「鮨」岡本かの子
「化石を掘る」大八木和久「マティーニを探偵する」朽木ゆり子
「アメリカ流7歳からの微分積分」ドナルド・コーエン
「奇妙な果実」ビリー・ホリデイ「ボブ・ディラン全詩集」片桐ユズル
「数学読本」松阪和夫「朗読者」ベルンハルト・シュリンク
「ビューティフル・マインド」シルヴィア・ナサー
「停電の夜に」ジュンパ・ラヒリ「生協の白石さん」白石昌則
「世界がもし100人の村だったら」「パパラギ」
「ユリシーズ」ジョイス「シネマ厨房の鍵貸します」
「おくのほそ道」芭蕉「英語でよむ万葉集」リービ英雄
「数学嫌いな人のための数学」小室直樹「日本の野鳥」高野伸二
「野性にこそ世界の救い」エリオット・ポーター写真集
ってとこでしょうか?

 たくさんあります。
「森の生活」ソーロー 「アウトサイダー」「オカルト」コリン・ウィルソン
「夏の闇」「玉、砕ける」開高 健 「長いお別れ」チャンドラー
「八木重吉詩集」「檸檬」梶井基次郎「種田山頭火句集」
「失われた時を求めて」プルースト「ブッダのことば」中村 元
「現象学入門」竹田青嗣 「ウィトゲンシュタイン入門」永井 均
「宗教的経験の諸相」ウィリアム・ジェイムズ
「jazz study」渡辺貞夫「リディアン・クロマティック・コンセプト」ジョージ・ラッセル
「山月記」中島敦...続きを読む

Q「ダ・ヴィンチ・コード」の様な本

「ダ・ヴィンチ・コード」や「聖骸布血盟 」の様な

キリスト教の歴史小説(ミステリー)でお勧めの本を教えてください。

Aベストアンサー

 グラハム・ハンコック著『神の刻印上・下』は読まれましたか。エチオピアの特殊なユダヤ教との間に契約の箱=アークが運ばれたという伝説が伝わっており、そこにテンプル騎士団や、聖杯伝説が関係しているのではないかと推測しています。上巻しか読んでませんが、なかなかに面白かったですよ。

 正確にはキリスト教だけではなくユダヤ教も深く関わっており、また小説でもありませんが。参考程度に、ということで。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報