市村正親さんがゴッホを演じる舞台の記者会見で、彼が描いたという油絵が二点紹介されているのをTVで見ました。

ひとつはゴッホのひまわりの模写だということをTVで紹介されていましたが、もうひとつのほうは、息子を書いたものだということしか情報がありませんでした。

母が小さな子をだいて椅子に座っている様子なのですが、以前に日本で行われていたバーンズコレクション展で見たルノアールの母子の油絵(「母と子」1881年)に構図から色合までとても似ているのです。

彼はルノアールの模写と記者会見では話していたのでしょうか?それともオリジナルだと話していたのでしょうか?

ちょうどTVを見ていたとにそばにいた方に、「この絵をしっかり覚えていて!」と言って、すぐにそのあとバーンズコレクション展の図録を持ってきてルノアールの油絵を見せたら、友人も「本当だ、同じだ」と驚いていたので、私だけの主観ではないと思うのですが・・・。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

記者会見は見ていないのですが


ニュースで
「ルノワールの「母と子」を妻・篠原涼子と長男に置き換えて描いた水彩画などを披露した。」という一文があります。

http://www.jiji.com/jc/c?g=ent2_ent2&k=g090559
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
やはり参考にしていたんですね。
URLもありがとうございました^^

お礼日時:2009/05/12 22:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市村正親さん主演の舞台「クリスマスキャロル」の音楽について

市村正親さんがやっている一人芝居ミュージカル「クリスマスキャロル」の音楽は、映画版クリスマスキャロル(1970年のイギリス映画/アルバートフィニー主演)の曲を採用しているのでしょうか?それともオリジナルの曲でしょうか?

ネットで調べてみましたが、うまくいかなかったのでどなたか教えてください。

Aベストアンサー

映画「クリスマスキャロル」の音楽は、これも市村正親さん主演で何度か上演されたミュージカル「スクルージ」と全く同じだったと記憶しています。(私が見たのがアルバートフィニー主演の映画なのかどうかが今ひとつ自信ないのですが、他には実写映画はなさそうなので多分そうだと思います)
市村さんの一人芝居「クリスマスキャロル」の音楽は、「スクルージ」とは全く違ったので、この映画の音楽を使っているのではないと思います。

Q酒井法子さんの記者会見の費用

酒井法子さんのようなケースでは、
記者会見の費用はだれが出しているのでしょうか。

事務所をクビになってますし、かといって、会場(ホテル)は豪華ですし、疑問です。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

会場は千代田区の如水会館http://www.kaikan.co.jp/josui/index.html
費用は約30万円(控室は別途)
料金は元事務所のサンミュージックと元所属レコードのビクターが折半。

だそうです。

Q市村正親さんって八重沢真美さんと夫婦ですよね?

今朝方、篠原涼子さんと市村正親さんが結婚か??っていう芸能ニュース見たんですけど、市村さんは離婚していたのですか??

Aベストアンサー

一昨年5月に離婚

参考URL:http://www.daily.co.jp/gossip/2005/02/18/161972.shtml

QKAT-TUN東京ドームライブ前の記者会見について。

本日テレビの芸能ニュースで各局KAT-TUNの会見、ライブの模様を流していましたが聞いた所によると「北海道が一番楽しかった!」的なコメントをしたメンバーがいると聞いたんですけど誰でしょうか??
また会見の話した事を全部書いてあるサイトってないですか??
回答宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

うろ覚えなのですが・・・亀梨君だと思います。
でも「北海道が一番楽しかった!」とは言ってなかったと思います。

私が見たのは、メンバーが各地域の物産品を食べて、
上田君は「大阪でお好み焼きを食べた時に、ソースで5冠を書いてもらった。5冠お好みを作ってもらった」と言い、
亀梨君は「北海道は、朝からうにとかいくらを食べた。」と言ってました。
なので北海道のことを言ってたのは亀梨君です。

Q市村正親の油絵はオリジナル?模写?

市村正親さんがゴッホを演じる舞台の記者会見で、彼が描いたという油絵が二点紹介されているのをTVで見ました。

ひとつはゴッホのひまわりの模写だということをTVで紹介されていましたが、もうひとつのほうは、息子を書いたものだということしか情報がありませんでした。

母が小さな子をだいて椅子に座っている様子なのですが、以前に日本で行われていたバーンズコレクション展で見たルノアールの母子の油絵(「母と子」1881年)に構図から色合までとても似ているのです。

彼はルノアールの模写と記者会見では話していたのでしょうか?それともオリジナルだと話していたのでしょうか?

ちょうどTVを見ていたとにそばにいた方に、「この絵をしっかり覚えていて!」と言って、すぐにそのあとバーンズコレクション展の図録を持ってきてルノアールの油絵を見せたら、友人も「本当だ、同じだ」と驚いていたので、私だけの主観ではないと思うのですが・・・。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

記者会見は見ていないのですが
ニュースで
「ルノワールの「母と子」を妻・篠原涼子と長男に置き換えて描いた水彩画などを披露した。」という一文があります。

http://www.jiji.com/jc/c?g=ent2_ent2&k=g090559

Q泰葉さんの記者会見での発言の意味

先日行われた泰葉さんの記者会見の最後に
泰葉さんが
「終結会見とかけまして、これからの泰葉と解く、これが本当の小朝いらずじゃ!」
とおっしゃっていました。
そのときの泰葉さんの様子から見て、おそらく事前に考えていた渾身のボケだっただろうと
思うのですが、私は落語には疎いため意味がわかりませんでした。
どうかあのボケの意味を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

終結会見(今回の会見):前回の離婚会見は小朝がいたけど、今回の会見には居ない。→小朝は要らない、つまり「小朝要らず」
これからの泰葉:小朝は大嫌いだから要らない→「小朝要らず」
ということで、両方「小朝要らず」なわけです。

個人的には、ダメな謎掛けだと思います。
そもそも謎掛けっていうのは、全然違うものを二つ持ってきて同じことを言うのが「上手い」のだと思うのですが、
終結会見に小朝が要らないのは、そもそも泰葉が「小朝は要らない」と思っているからであって、「終結会見」と「これからの泰葉」は、お互いに繋がりがあります。その点で、謎掛けとしてはダメだと思います。

しかし、この下手な謎掛けで「これからの泰葉に小朝は要らない!」と宣言したわけで、泰葉自身にとっては意味のある発言だったんじゃないでしょうか。

Q舞台ならでは

高校生です。
今度演劇の台本を書いてみようかな思っています。
そこでふと思ったのですが舞台の利点ってなんでしょうか?
ドラマが舞台になったり、舞台が映画になることがありますが…
私は、これは舞台じゃなかったら不可能だ、舞台だからこそ最大限に発揮できる、そんな感じのモノに挑戦したいなと思っています
観客席から役者が登場する、幕を閉めて空間を区切る、平台の形の発展など

何かぱっとひらめいたことがありましたらなんでもいいのでお願いします

Aベストアンサー

 おはようございます。
「ライブ感覚」は重要な要素ですね。質問者様は実際に舞台をご覧になった経験がありますか?。観劇に出掛けることは、観客が玄関を出る時に「既に始まって」います。いつもの日常とは異なる時間を特定された空間でしか味わうことのできない期待に胸をときめかせて劇場へと脚を運んでいきます。
 舞台装置や仕掛け、役者の登場などは既に多くの方が挙げられているように、八百屋と呼ばれる形式もあれば幕開きの状態でスタートする形、更には畦道と呼ばれる客席に通路を造る形まで様々あります。歌舞伎や相撲などの枡席もあります。
 僕がこれまでに観劇した作品やコンサートで印象に残っているものを紹介させていただきます。
(1)ミュージカル作品『ラ・マンチャの男』
(2)同じく『キャバレー』(ニューヨークでのリバイバル上演および来日公演)
(3)『ラ・カージュ・オ・フォール』(青山劇場での越年公演および日生劇場での公演)
(4)『ライオン・キング』
(5)『夜会』(中島みゆきによる舞台作品、Vol.2~10、Vol.13~15は映像が販売されています)
(6)『ミス・サイゴン』(初演以後、帝国劇場および博多座での公演)
(7)『シー・ラブズ・ミー』(日本での初演は95年、東京帝国劇場)

 この中で(1)は幕が開いたままの状態で、尚且つ八百屋の舞台構造で上演されます。
(2)のニューヨークリバイバル上演では、客席そのものを1928年のベルリンにあるキャバレーに模してシャンパンなどの飲み物も売られていました。観客にも「キャストの一人ですよ」との印象を与えるインパクトの強い演出法でした。84年の銀座博品館劇場公演では主役を努める俳優が客席の一番後方の扉から登場する形でした。
(3)の青山公演では「レ・カジェル」と呼ばれる踊り子さん達(実は全員、女装した男性)が一幕目の終盤で客席に降りて観客に投げキッスをしたりします。日生公演では更に演出が加わり、主役を努める俳優が同じ場面で客席に降りて観客とアドリブでおしゃべりしたりします。
(4)この作品のオープニングは既にご存知でしょう。ステージに設えられたプライドロックとその背後に広がるサバンナに向かって、客席の通路から様々な動物を模した衣装や仮面を身に纏った役者さんが通路から登場します。
(5)この作品は毎回「良い意味で期待が裏切られる」仕掛けが随所に施されています。当初シアター・コクーンで定期公演として上演されていた作品群ですが、ある時は「畦道」(Vol.8『問う女』)だったり、ある時は、緞帳を僅かに挙げて人の行き交う脚もとだけが見える状態でイントロと歌声が始まり、シーケンスが終わるまでは幕が半開きの状態で進んだり(Vol.10)などと様々な仕掛けがあります。シアターコクーンは「自由度の高い劇場空間」ですから、この様な試みができたともいえます。
(6)この作品は「大掛かりなセット」で知られています。ステージ上に飛来する巨大なヘリコプターをはじめ本物を使ったキャデラックのリムジンなど。そしてオープニングは薄い幕の裏側に掛かるステージの上方3分の1ほどの高さまでしか下がらない真っ赤な幕とそこに描かれた夕日。ステージ後方からステージに向けて飛んでいくヘリコプターの音と共に芝居がスタートします。戦火のベトナムそしてサイゴン(現在のホーチミン市)を観客に強く印象づける演出法です(帝国劇場および博多座のみの演出)
(7)この作品の舞台がプラハにある香水屋であることから、主な舞台装置はその香水を販売する店であり香水瓶の緩やかな形模した建物の装置と銀橋が印象的な作品です。そしてこの装置を手掛けたのは『夜会』を手掛けている堀尾幸男氏です。銀橋は宝塚劇場では普通に使われる装置ですが、他の劇場にはなかった仕掛けです。舞台の手前にオーケストラピットがあり、そこと客席の間を区切る細く弓形に張り出した橋の様な部分も芝居の空間として使う形です。
 
 むしろ質問者様のイメージは脚本づくりというよりも舞台演出や舞台装置といった分野で既に確立されているものばかりです。脚本はあくまでも「作品を言葉として記されたもの」であり、観客のハートを掴むのはその中にある言葉やストーリーです。これはコンサートでも同じです。ストーンズのコンサートには様々な仕掛けがあって観客をワクワクさせると同時に観客を挑発し真剣勝負の形で客をグイグイと引っ張っていきます。様々な作品を「実際に」読むことそして観ることをお勧めします。そして、是非劇場へ行って下さい!、そして「感じて」下さい!。

※シアターコクーンで上演された作品の多くは映像化されています。野村萬斎さんが出演し演出にも関わっているギリシア悲劇もあれば、井上ひさしさんや蜷川幸雄さんが脚本を書きそして演出した作品をはじめ、『上海バンスキング』などの楽劇までレパートリーも広いですから、楽しむことができます。

 おはようございます。
「ライブ感覚」は重要な要素ですね。質問者様は実際に舞台をご覧になった経験がありますか?。観劇に出掛けることは、観客が玄関を出る時に「既に始まって」います。いつもの日常とは異なる時間を特定された空間でしか味わうことのできない期待に胸をときめかせて劇場へと脚を運んでいきます。
 舞台装置や仕掛け、役者の登場などは既に多くの方が挙げられているように、八百屋と呼ばれる形式もあれば幕開きの状態でスタートする形、更には畦道と呼ばれる客席に通路を造る形まで様々あり...続きを読む

Q記者会見での萩原健一

全然まばたきしないんですが、、なんででしょうか?
くだらない質問ですみません。
朝、電車で会う人も、全然まばたきしないんです。(最低15分は絶対していません)しているところを見たことがありません。
そういう人っているんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

人に訴えかけるときは瞬きしないって言ってましたね、リポーターの方が。これも演技の一環です。
役者さんは訓練でできるようですよ。
萩原さんは典型的な役者さんだと思います。
普段でも瞬きが少ないようです。

電車の中でいる方は何故か判りませんが・・・^_^;

コンタクトでしたら、目が乾くので無理ですが、普通の方でも訓練しだいではないのでしょうか?

Q凄い舞台デザイン

私は舞台美術の仕事に
憧れています。

そこで、
皆さんが見て
この舞台のデザインは凄いと
思った舞台を教えてください。
その舞台のDVDなどを見て
少しでも勉強したいと思っています。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

金森馨が、日本の舞台美術家のベストです。
僕はそう思っています。
劇団四季の多くデザインし、すでに鬼籍に入られた方です。
『舞台装置の姿勢』という著書がありますので、ぜひご覧になってください。

「演劇」というカテゴリーでのご質問ですから、
金森馨、朝倉摂、妹尾河童の三人を避けて通ることはできません。
舞台美術を志すなら、この三人の著書(作品集、写真集)には、必ず目を通さなければいけません。

また、『日本の舞台テレビ美術』という本(たくさんの美術家の作品がのっている。ただし、中古でしか手に入らず、少し高い)は、参考になるはずです。

Qキム・ソナさん 06年来日の記者会見映像について

質問です。

タイトルの通りなのですが、最近になり韓流ドラマに流され
少々はまりだしまして…

キム・サムスンにて主演だったキムソナさんが日本に移住されてた時期があり
日本語も達者だと言う事で…プロモで来日会見された時の映像を凄く見てみたく
色々探してたら、どうやらWOWOW公式に…といってみたのですがリンク切れ(´;ω;`)ウッ…

どこかにないかと必死に探してみてるんですが、どこにもないのか情報がなくて困り果てました…

現在生きてるリンクや何か情報をご存知の方のお話を聞きたくこのような質問をさせて頂きました。
ご存知の方や何か有益な情報をご存知の方、些細なことでも結構です…レスよろしくお願い致します(´・ω・`)ノシ

Aベストアンサー

 補足ですが、このDVDに収録されているようです。http://www.amuse-s-e.co.jp/samsoon/dvd01/

 しかし、キムサムスンは面白いですよね~。
 キムソナさんも、ほんとうに日本語が達者でした。日本のドラマや映画に出ても通用するとおもいます。いつか、出てほしいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報