虐待に関する本を探しています。
親による虐待。その親に虐待された子供の心理。精神医学書(?)等。
フィクション・ノンフィクション 問いません。
幼児虐待の為、人殺しを何とも思わなくなった等、フィクションの物語何でも構いません。多くの本を宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

「“It”(それ)と呼ばれた子」


米国カリフォルニア州史上最悪といわれた虐待を生き抜いた著者が、幼児期のトラウマを乗り越えて自らつづった、貴重な真実の記録。

「ローラ、叫んでごらん―フライパンで焼かれた少女の物語」
両親の虐待により傷ついた魂がよみがえるまでを精神科医が綴った苦闘と人間愛の軌跡

などはいかがでしょうか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

orize様
早速の回答有難う御座います。
「“It”(それ)と呼ばれた子」を図書館から借りて読みました。一気に「ロストボーイ」「デイブ」まで3部作を読みました。
つくづく、「ディビットはすごい!!」とただただ感心あるのみでした。
「ローラ 叫んでごらん」は只今読書中です。

お礼日時:2009/05/30 08:10

これまでに挙げられていないものを述べます。


ノンフィクションです;
「シーラという子」トリイ・L・ヘイデン、早川書房
「タイガーと呼ばれた子」同上。上記の続編。

これらの本を読んで、たとえば「『少年A』この子を生んで」という本が読めなくなりました。子どもの非行に関して、親という近すぎる存在がどれほど理解できるか疑問に思うようになる本です。

もうひとつ、私が死刑容認派から反対派に変わってしまうほど影響を受けた、暴力に関する一冊;
「子どもと暴力」森田ゆり、岩波書店
    • good
    • 1

フリージャーナリストの椎名篤子さんの一連の著作をおすすめします。



「愛されたい」を拒絶される子どもたち ;虐待ケアへの挑戦
大和書房 価格:1,785円

新凍りついた瞳(め) ;「子ども虐待」のない未来への挑戦
集英社文庫  価格:520円

凍りついた瞳(め)が見つめるもの ;被虐待児からのメッセージ
集英社文庫 価格:420円

親になるほど難しいことはない ;「子ども虐待」の真実
集英社文庫 価格:420円

虐待で傷ついたこころのための本
大和書房 価格:1,575円 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kim55様
早速の回答有難う御座います。
「愛されたい」を拒絶される子どもたち 」を早速拝読致しました。
虐待した親は、『いくらカウンセリングしてもやはり、虐待してしまう』んですね。読んでいて哀しくなりました。
もう、救いは 親から離す事しかないと・・・思わざるを得ませんでした。
まだまだ、日本はこういった政策には遠いですね。

お礼日時:2009/05/30 08:28

「毒になる親―一生苦しむ子供」


Susan Forward (原著), 玉置 悟 (翻訳)
講談社プラスアルファ文庫 819円

「子どもを生きればおとなになれる」
Claudia Black (原著), 水沢 都加佐 (翻訳), 武田 裕子 (翻訳)
アスクヒューマンケア 2,100円
    • good
    • 0
この回答へのお礼

The_Fame様
早速の回答有難う御座います。
早速読んでみますね。

お礼日時:2009/05/30 08:22

『ネグレクト(育児放棄)─真奈ちゃんはなぜ死んだか─』


 (杉山春 小学館)
名古屋市で起きた児童虐待による死亡事件を綿密に取材し、
特に被告(亡くなった子どもの両親)の心の動きに着目した
ルポルタージュの力作です。

『人はなぜ悪をなすのか』
 (ブライアン・マスターズ 森英明・訳 草思社)
実在の事件・フィクション問わず無数の残忍な犯罪を通じて
「人間はどうして悪い事をするのか、いい事をするのか」を
考察した本です。児童虐待によって人間性を摘み取られ、
凶悪な犯罪に走ったケースもいくつも紹介されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nandakka様
早速の回答有難う御座います。
早速読んでみますね。

お礼日時:2009/05/30 08:21

差別と人権問題を出版理念に掲げた出版社があります。

「明石書店」です。
そのホームページhttp://www.akashi.co.jp/home.htmトップの上方の「図書検索」をクリックし、一番上の「キーワード」に「虐待」と入力して検索してみて下さい。夫婦間のDVや老人への虐待なども含め140点ヒットします。
この中で特にお勧めは、次の2点です。

DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す
お母さんと支援者のためのガイド
◆著・訳者名 ランディ・バンクロフト著 白川 美也子、山崎 知克監訳 阿部 尚美、白倉 三紀子訳

虐待とドメスティック・バイオレンスのなかにいる子どもたちへ
ひとりぼっちじゃないよ
◆著・訳者名 チルドレン・ソサエティ著 堤 かなめ監修 アジア女性センター訳

尚、No.2さんの挙げられた「“It”(それ)と呼ばれた子」も大変な反響を呼んだ名著ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

oozora2000様
早速の回答有難う御座います。
早速読んでみますね。

お礼日時:2009/05/30 08:20

「永遠の仔」天童荒太


幼き日の虐待をトラウマとして抱えつつ生きていく3人のドラマで、
読み進めるほどに心に重く圧し掛かってくるストーリーです。
最後の"あとがき"までもが心に突き刺さってきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nb2020様
早速の回答有難う御座います。
早速読んでみますね。

お礼日時:2009/05/30 08:18

「子どものトラウマ」西澤哲



大変勉強になる本です。

http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E3% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

takoyaki1966様
早速の回答有難う御座います。

お礼日時:2009/05/30 08:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供への虐待をテーマにした小説を教えて下さい。

子供への虐待をテーマにした小説を教えて下さい。

・国内・海外のどちらでもいいです。
・できれば文章が上手な作品がいいです。
・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『永遠の仔』天童 荒太 著

間違いなくオススメです。
かなりメジャーな作品ですが、未読でいるのがもったいないと言い切れますね。

Q日本人が書いた、虐待に関する本について。ノンフィクション

虐待や自殺、アダルトチルドレンなどの本を
今までに沢山読みました。
海外方が書いた本で、実際に虐待された当事者の
方が書かれた虐待の本をよく読むのですが、
日本人で虐待された当事者の方が書いた虐待の本を、
見たことがありません。
そのような本をご存知でしたら教えていただけないでしょうか。
勉強のために読んでみたいのです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
虐待された当事者が書いた本は私も知らないのですが、日本の方が書かれた虐待をテーマとした本は知っています。

今、ちょうど読んでいるのが「ハッピーバースデー」という本です。
まだ読み終えていないのですが、主人公の女の子の心の痛みにこちらも胸が締め付けられる思いです。

もうひとつ。「愛を乞う人」です。
文庫本にもなっています。
映画化されていて、わたしは先に映画を見て本を読みました。育つ環境が人間に与える影響の大きさに、深く考えさせられます。

是非読んでみてください!

Q幼児教育・保育に関する本

こんにちは。幼児教育の仕事に携わっているものです。毎日、子供に触れ合い、日々お互いに成長しております。
 さて、最近、保護者の方から、育児の相談をたびたび受けるようになりました。たとえば、「うちの子、自分勝手なのよ」や「この年齢になって、こんな風なんだけど、大丈夫?」など、多岐の相談を受けます。ここで、もう一度、幼児教育・保育について勉強しなおしてみようと考えております。そのような背景の中で、何か勉強になるような図書がございましたら、推薦していただけないでしょうか?

Aベストアンサー

お忙しい中、勉強し直すというのはとても大変だとは思います。少しでも参考になればいいのですが。

相談系の本
「お母さんとの保育者どうしのおつきあいQ&A」
  チャイルド本社
「保育のなやみ解消BOOK 子どもに関する196のQ&A」
  チャイルド本社
「信頼関係が築ける保護者との話し方」
  わたなべめぐみ/著 ひかりのくに
「困ったときに役に立つ保護者との対応事例」
  安家周一(他)/著  世界文化社
「改訂 保育者と母親のための保育相談室」
  佐藤俊昭/編  中央法規出版
「子育て不安の心理相談」
  田中千穂子/著  大月書店
「保育ソーシャルカウンセリング」
  横井一之(他)/著  建帛社

保育の本
「子どもの心の育ち」
  阿部和子/著  萌文書林
「心の保育を考えるCase67」
  学習研究社
「時代と向き合う保育 上下」
  鈴木佐喜子/編  ひとなる書房
「気になるからはじめる臨床保育」
  土谷みち子(他)/編著  フレーベル館

育児
「赤ちゃんのつぶやき」
「ママ ちゃんと聞いて」
  大塚昭二/著  赤ちゃんとママ社/インターメディカ
「育児の原理」
  内藤寿七郎/著  アップリカ育児研究会
「子どもへのまなざし 全2巻」
  佐々木正美/著  福音館書店
「はじめて出会う育児の百科」
  汐見稔幸(他)/著  小学館

きっと賛同されないような内容もあるかもしれません。特に私が読みやすかったり内容に納得できたところがあったものを選んでみました。

お忙しい中、勉強し直すというのはとても大変だとは思います。少しでも参考になればいいのですが。

相談系の本
「お母さんとの保育者どうしのおつきあいQ&A」
  チャイルド本社
「保育のなやみ解消BOOK 子どもに関する196のQ&A」
  チャイルド本社
「信頼関係が築ける保護者との話し方」
  わたなべめぐみ/著 ひかりのくに
「困ったときに役に立つ保護者との対応事例」
  安家周一(他)/著  世界文化社
「改訂 保育者と母親のための保育相談室」
  佐藤俊昭/編  中央法...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報