大御所作家の作品というイメージが強くて、敬遠しがちだった時代小説ですが、池波正太郎さんを読んですっかり魅力にはまりました。
これはお薦め、面白い、ぜひ読むべきという作品をお教え頂けませんか?
時代はどの時代設定でも読んでみたいと思っています。
ミステリー仕立てのもの、捕物帖等々、どんな構想のものでも好き嫌いはありません。

読むタイミングは、眠る前に寝床で小一時間・もしくはお風呂につかりながらと、リラックスタイムに読む事が多いです。できれば、あ~面白かった!と爽快な気持ちになる作品をたくさん読んでみたいので、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ならば何と言っても山手樹一郞でしょうか。

明朗快活、勧善懲悪、痛快無比の、大変に楽しく読みやすい作品が並んでいます。ヒロインもちょっとおきゃんな町娘や、おてんばなお姫様から妖艶な美女まで華やかです。
 まず手に取るなら、とりあえず讃岐丸亀藩主の落胤である素浪人「桃太郎」が、藩のお家騒動に巻き込まれ悪人相手に八面六臂の大活躍をするという第1長編の『桃太郎侍』でしょう。あとは『又四郎行状記』、『夢介千両みやげ』あたりが代表作と言えますが、1冊読むと次々読みたくなる作家です。

 そして、戦後最大の時代小説作家と言えるのが柴田錬三郎です。柴錬では何と言っても「眠狂四郎」シリーズが白眉です。円月殺法を操るニヒルな無頼剣士が活躍するこのシリーズは1作1作が短い短編連作の構成になっていて、どこからでもサクッと読めるのが特長です。
 あとは3代将軍家光の前で当代きっての武芸者たちが繰り広げる寛永御前試合と、その影で展開する忍者の暗闘を描いて柴錬最高傑作の声も高い『赤い影法師』、小田原の北条氏に滅ぼされた名門の血を引く美貌の剣士眉殿喬之介の復讐と徳川家の美姫との愛を描いた『剣は知っていた』、出生の秘密を持つ孤高の剣士秋月六郎太が豊臣秀頼の遺児秀也を守って、柳生隠密党、甲賀忍者、剣鬼宮本武蔵らと壮絶な死闘を展開する『運命峠』などが代表作になります。

 伝奇小説として面白いのが角田喜久雄です。この人は元々ミステリ作家でもあるため、謎が謎を呼ぶ、敵味方が入り交じったスリリングなどんでん返しのあるストーリー展開が魅力です。代表作はまず何と言っても『半九郎闇日記』。播州浅野家の「将監闇日記」の謎を巡って、14年前に切腹したはずの赤穂浪士が再び江戸の町に現れ、竜宮城から来た於免姫、悪辣な盗賊「お役者小僧」、大岡越前の命を受けた鬼同心水木半九郎らが暗闘を展開する傑作中の傑作です。また、同様にミステリ仕立ての『髑髏銭』、『風雲将棋谷』、『妖棋伝』あたりが代表作でしょう。

 また、山田風太郎の忍法帖シリーズも抜群に面白いです。超絶的な能力を身につけた忍者たちが次々と壮絶な死闘を展開するエログロとユーモアの入り交じった『くノ一忍法帖』、『甲賀忍法帖』、『忍びの卍』、『風来忍法帖』などの作品が圧倒的に面白いですが、痛快さというならば、死者を甦らせるという忍法「魔界転生」で徳川幕府を転覆させるべくこの世に甦った剣豪たちに柳生十兵衛が立ち向かうという『魔界転生』でしょう。

 そして、日本時代小説界に突如彗星の如く現れ、たった5年の作家生活の後に流れ星のように急逝してしまった隆慶一郎の諸作品はどれも必読です。一つ選ぶなら『影武者徳川家康』ですが、『吉原御免状』、『かくれさと苦界行』、『一夢庵風流記』など、何を読んでも傑作揃いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
ご紹介の数々を読んでいるだけで心が浮き立ちました!。

柴田連三郎さんは三国志についての作品だけ読んで、他の作家さんに至ってはどの方も一冊も読んだことがありません。ですが、どれも自分に合いそうな感じです。こんなにお薦め作品があるのに、今まで読んでこなかったとはもったいない…と思ってしまいます、どれも面白そうですね。一冊ずつ取り組むのがとても楽しみです。

お礼日時:2009/05/15 22:20

柴田錬三郎の『御家人斬九郎』


連作短編なので、短時間で読みやすいと思います。

中里融司「同行屋」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4334738044.h …

高橋克彦『春朗合わせ鏡』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4167164124.h …

あとは、時代小説というより歴史小説なのですが、
隆慶一郎『影武者徳川家康』上中下
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101174156.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
連作短編とは、まさに自分がはまった剣客商売シリーズと同じタイプをあげて下さったのですね、読み出すのが楽しみです。
他の紹介リンクもありがとうございます。早速リンク先に行きました、「活劇」などの文字が躍っていて嬉しくなってしまいます!。

お礼日時:2009/05/15 22:07

自分はやはり司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」ですね。


変わり種時代小説としては「美琴姫様騒動始末」 (新潮文庫)などは気分転換にいいかもです。

参考URL:http://foe.blog.shinobi.jp/Entry/82/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
司馬遼太郎氏さん、「燃えよ剣」を読んだことがありました。だいぶ前ですが、とても読みやすかったのを覚えています。殺陣のシーンも迫力があったけれど、恋や心理面が丁寧に書かれていて人がいきづいているような感じをうけました。その方の竜馬ですか…これは面白そうですね!もう一冊のリンクもありがとうございます。どちらも読んでみます。

お礼日時:2009/05/15 21:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめのエンターテイメント時代小説

和田竜さんのようなエンターテイメント性の高いおすすめの時代小説を教えていただきいたいと思っています。

読書は好きだったのですが、抵抗感があり、これまで時代小説は手をつけてきませんでした。
どうもかたいイメージで・・・
しかし、少し前に話題だった和田竜さんの作品を読み、学生時代に勉強した歴史の裏側を知ることができる時代小説のおもしろさを知りました。

初心者でもとっつきやすく、エンターテイメント性の高い時代小説をご存知でしたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

やはり時代物といえば 池波正太郎氏と司馬遼太郎氏の作品がお勧めです。

池波氏は代表作「鬼平犯科帳」をお勧めします。江戸の町を騒がす盗賊を追う火付盗賊改方の活躍を描いた作品です。短編が主体になっており一作一作がドラマのように楽しめます。池波氏独特の江戸の市井の描写も優れており、何度読んでも飽きない作品です。

司馬氏は「竜馬がゆく」、「項羽と劉那」、「国取り物語」、「坂の上の雲」などの優れた長編がありますが、短編にも優れた作品を多く残しています。なかでも 「故郷忘じがたく候」は心に残る優れた小品です。

<他にも多くの時代小説を書く作家がいますが、まずこの二人の大家の作品から始められてはいかがでしょう?

Q司馬遼太郎作品を時代順に読みたい。

自分の読む分野ではないと勝手に思い込んで敬遠していた歴史小説。
ところが、知人から司馬遼太郎の本を借りることになり読んでみたらハマりました!

そこで、時代背景の古い作品から順に読んでいきたいんです。

戦国、幕末期を題材にした作品が多いような印象ですが、それより古い時代の話はないのでしょうか?

一番時代背景の古い作品から近代物まで、教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

一番古いのは
「項羽と劉邦」でしょう。
紀元前の話ですから・・・

次は
「空海の風景」(平安時代)
「義経」(平安~鎌倉)
「妖怪」(室町)
といったあたりで、
以降の大半は戦国時代と幕末・維新。
江戸時代の話も数作あります。

新しい話となると、
「坂の上の雲」(明治)
短編でよければ、
「殉死」(明治末)

といった感じでしょうか。
いずれも小説だけの話です。

Qおすすめの時代小説の女流作家を教えて下さい。

ここ数年、時代小説にはまっています。宇江佐真理さん、宮部みゆきさん、藤原 緋沙子さん、北原 亞以子さん、今井絵美子さんの作品は、殆ど読んだ感じなので、それ以外で、おすすめの時代小説の女流作家さんを、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Fewhelltonさんが挙げてらっしゃる作家のほかでしたら、
畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズ、「まんまこと」シリーズおすすめです。

女流に限らないということでしたら、
都筑道夫(つづきみちお)さんの「なめくじ長屋」シリーズ。捕物帳ですが、短編で読みやすく、しかも江戸風俗が生き生きと描かれています。
亡くなった江戸風俗研究家・杉浦日向子さん、作家の宮部みゆきさんなども、このシリーズのファンです。


お役にたてばw

Qジャック・ヒギンズ氏の作品で、リーアム・デヴリンが登場する作品を全て読

ジャック・ヒギンズ氏の作品で、リーアム・デヴリンが登場する作品を全て読みたいです。教えてください。よろしくお願いします。ショーン・デイロンシリーズは、読み終わりました。鷲は舞い降りた・飛び立った以外の作品をお願い致します。

Aベストアンサー

かなり古いので新刊で入手できるかどうかはわかりませんが・・・

「テロリストに薔薇を」ハヤカワ文庫1991年発行。
「黒の狙撃者」ハヤカワ文庫1992年発行。

古本でいいなら結構安く売られてるので入手は容易です。

Qおすすめの時代小説は?

24歳、女です。資生堂から出ている「花椿」という雑誌に連載されている、海野弘さんの「にっぽん草子」を読んで、時代小説に興味がわきました。しかし、今まで時代小説を読んだことがないので、何から手を付けて良いかわかりません。(ためしに山本周五郎の「さぶ」を読みました。とても良かった!)そこでみなさんのおすすめの時代小説を教えてください!
読みたいキーワードは
義理人情、粋、「ええ話やなあ~」、できれば短編ではなく長編、文体が難しくない、です。
※ちなみに、時代小説と書いていますが江戸時代を舞台にした、という意味です。この解釈はまちがっていますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一応、時代小説というのは、歴史上のいつかを舞台にした小説。歴史小説は、歴史上の事件や登場人物などを素材にした小説ではないかと思います。ですから、時代小説は江戸時代とは限りません。

ともかく、江戸時代を舞台にして、義理人情、粋をキーワードにした「ええ話」の小説ですね。

平岩弓枝『御宿かわせみ』
連作短編集です。短編集だけど、話は続いているので、一大長編ともいえます。最初はかなわぬ恋愛小説風だけど、だんだんホームドラマ風に変わってきます。でも、粋と人情は豊富ですね。泣けてくるほど切ない話もあります。

藤沢周平『消えた女』
彫師伊之助捕物覚えシリーズの第1作。
長編で3作あります。
暗い過去を持つサラリーマンが義理にひかれて、仕事をごまかしながら人助けをするせつない世界ってところかな。

Q学生時代に読んだ本、読んでおきたい本

ただいま大学1年なのですが、どんな本を読んでおいた方がいいですか?おすすめできる本がありましたら、教えてください。
ちなみに、この3ヵ月で読んだのは「国家の品格」「博士の愛した数式」「風の男 白洲次郎」で、あまり長い本は苦手で、読むスピードは遅い方だと思います。

Aベストアンサー

「大国の興亡」ポール・ケネデイ
「文明の衝突」サミュエル・ハンチトン
「銃・病原菌・鉄」ジャレド・ダイヤモンド
どれも、分厚い本です。
私は、これらの本をおすすめしますが?
要らんお節介かも知れませんし、他の人はどんな本が良いか尋ねてみたいと質問されたこととは思いますが、大学生になれば自分で読みたい本を探すべきです。
新聞の本の広告とか、新聞の書評とかをみる。本屋に行って何か面白そうな本はないか探してみるべきだと思いますよ。

Q女性におすすめの時代小説を教えてください

宮部みゆきさんや畠山恵さんの時代小説、憑神を読み、とても面白かったので、もっと時代小説を読んでみたいと思っています。
女性におすすめの読みやすい時代小説を教えてください。

<好きな傾向>
○江戸時代(江戸時代以外でもOKです)
○町人のお話(町人以外でもOKです)
○ほのぼのするお話が好き
○妖怪や神さまの話も好き
○美男・美女・かわいい子が出てくる小説大歓迎
○妖しいお話も好き

<嫌いな傾向>
×戦闘ものには燃えません
×TVの大河ドラマや水戸黄門にはあまり興味がありません

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も暗いものや武将ものは好みませんので、多分趣味は同じですね。

宇江佐真理の「髪結い伊三次シリーズ」とか

北原亞以子の「慶二郎縁側日記」「深川澪通り木戸番小屋」とか

定番ですが藤沢周平の後期の作品
(前期のものは暗いものが多いです)
用心棒日月抄 花のあと etc 

白石一郎 十時半睡事件禄

澤田ふじ子 閻魔寺シリーズ? 借りたので手元にありません

諸田玲子 お鳥見女房シリーズ

佐藤雅美(この人は男性) 居眠り紋蔵シリーズ

もちろん皆さんお勧めの御宿かわせみは、背景が明治時代になっても雑誌で続いてますから、当分楽しめますよ。
概して女性作家の方が切った張ったが少なくて、安心して読めるようです。

Q恩田陸作品の読む順番

以前から恩田作品に興味があるのですが
どこから読んでいいのかわかりません。
『ドミノ』はシリーズに関係ないということで
以前読みました。が、面白かったのですが
逆にシリーズに手を出すきっかけを逃しました。

同じようなスレッドを探したのですが見つからず

御講授願います!

Aベストアンサー

三月シリーズ
「三月は深き紅の淵を」→「麦の海に沈む果実」→「図書室の海」の中の「睡蓮」→「黒と茶の幻想」or「黄昏の百合の骨」。
NO.1の方が紹介されていたシリーズです。
「水晶の朝、翡翠の夜」という短編がありますが、これは「麦の海~」の後に読んだほうがいいです。ネタバレになりますから。

光の帝国シリーズ
「光の帝国」→「蒲公英草紙」or「エンドゲーム」。
「光の帝国」は短編で、そのうちの一つが「蒲公英草紙」、別の一つが「エンドゲーム」につながっています。

関根家シリーズ
「六番目の小夜子」→「図書室の海」の表題作or「象と耳鳴り」or「puzzle」
「六番目の小夜子」の登場人物である、関根秋(高校生)の家族の話です。「象と耳鳴り」は秋の父で退職した判事である関根多佳雄が主人公の短編集、「puzzle」は秋の兄で検事の春の話です。

恵弥シリーズ
「MAZE」→「クレオパトラの夢」

とりあえず思いつく限りシリーズ物をあげてみました。
シリーズ名は私が勝手につけてしまいましたが・・。
三月シリーズがとても複雑です。私は上記の順番で読むといいと思いますが、人によって違うと思います。
たくさんあるので読むのが大変ですが、微妙なつながりを発見したとき、わかったときはとても嬉しいですよ。ぜひ読んでみてください。

三月シリーズ
「三月は深き紅の淵を」→「麦の海に沈む果実」→「図書室の海」の中の「睡蓮」→「黒と茶の幻想」or「黄昏の百合の骨」。
NO.1の方が紹介されていたシリーズです。
「水晶の朝、翡翠の夜」という短編がありますが、これは「麦の海~」の後に読んだほうがいいです。ネタバレになりますから。

光の帝国シリーズ
「光の帝国」→「蒲公英草紙」or「エンドゲーム」。
「光の帝国」は短編で、そのうちの一つが「蒲公英草紙」、別の一つが「エンドゲーム」につながっています。

関根家シリーズ
...続きを読む

Q時代小説のおすすめ

敬称略でいかせていただいますが、隆慶一郎、藤沢周平、山田風太郎が大好きです。話といい語り口といい立ち回りの美しさといい、何回読み直してもあきません。三者三様、なんて滋味のある美しい日本語なんだ!と、くりかえし溺れてしまいます。
ほかにもいくつか時代小説に手をのばしてみたりはしたのですが、どうもぴんとくるものがなく、最近買うのすら面倒になってご無沙汰です。最近は若手の時代小説家も増えたようですが、かつて雑魚を大量に引いたことのある苦い記憶から、手を出しかねてしまっています。
淋しいので、「これはどうだ!」というおすすめを是非とも御待ちしております。

補足しますと、司馬遼太郎や池波正太郎も読んでみましたが、おもしろいとは思うものの自分の心にぴたりとはまるものではなく、くりかえし読むには至らず。宮部みゆきの時代物も左に同じく、でした。

時代小説のほかには、ロマンスやガチガチの純文学や推理小説以外はほとんどなんでも読みます(本格推理は読みます)。ので、多少「時代小説」のわくからはずれていても「これはどうだ」というものがありましたら、ご紹介ください。よろしくおねがいします。

敬称略でいかせていただいますが、隆慶一郎、藤沢周平、山田風太郎が大好きです。話といい語り口といい立ち回りの美しさといい、何回読み直してもあきません。三者三様、なんて滋味のある美しい日本語なんだ!と、くりかえし溺れてしまいます。
ほかにもいくつか時代小説に手をのばしてみたりはしたのですが、どうもぴんとくるものがなく、最近買うのすら面倒になってご無沙汰です。最近は若手の時代小説家も増えたようですが、かつて雑魚を大量に引いたことのある苦い記憶から、手を出しかねてしまっています。
...続きを読む

Aベストアンサー

お目当ての作家は見つかりましたか?
先日図書館で「時代小説ベストセレクション」というのを借りました。
都筑センセーの「チャンバラもどき」を読む為の予習のつもりでしたが
「鞍馬天狗」「眠狂四郎」「座頭市」等々、タネ本としてはドンピシャで、
思わずニンマリでした。

新刊ではもう手に入らないようですが、剣豪物・戦国物等、ジャンルごとに12巻出ているようです。
手頃な大きさで、ちょっと読んでみたい時に重宝しそうでした。

参考URLにて【簡易検索窓】のタイトルに”時代小説ベストセレクション”と入れると収録作品が分かります。

同じく”時代小説ベスト” で検索したら、他社のアンソロジーも出て来ましたよ。

参考URL:http://webopac2.ndl.go.jp/

Q高校時代 読んでいた本

現役/元高校生の方に質問です。
高校時代、どんな本を読んでいましたか?
おおよその年齢と性別、本のタイトルと著者を教えてください。
あらすじやその本についての思い出話なども大歓迎です(^^)

Aベストアンサー

村山由佳「天使の卵」
武田鉄矢「ミモザ号の冒険」
藤原伊織「テロリストのパラソル」
桜木知沙子「札幌の休日」
川原つばさ「E.C.β」
ドフトエフスキー「カラマーゾフの兄弟」
吉原理恵子「間の楔」
林真理子「白蓮れんれん」
皆川ゆか「運命のタロット」シリーズ
ゆうき☆みすず「~が聞こえる」シリーズ
小沢淳「Tales From Third Moon」シリーズ
菊地秀行「魔界医師メフィスト」シリーズ、「マン・サーチャー」シリーズ
菜槻さあり「鷹宮学園」シリーズ
久能千明「青の軌跡」シリーズ


30代♀です。
他にも色々と読みましたが、漠然と記憶にあるのはこのくらいです。
基本的に小説よりも神話関係や植物、占星術、色彩、染色、心理学などを中心に読んでいました。
図書委員ということもあり、毎月発行の新聞のレビューで読んだ本は斜め読みに近いのでカウントしていません。


人気Q&Aランキング