大御所作家の作品というイメージが強くて、敬遠しがちだった時代小説ですが、池波正太郎さんを読んですっかり魅力にはまりました。
これはお薦め、面白い、ぜひ読むべきという作品をお教え頂けませんか?
時代はどの時代設定でも読んでみたいと思っています。
ミステリー仕立てのもの、捕物帖等々、どんな構想のものでも好き嫌いはありません。

読むタイミングは、眠る前に寝床で小一時間・もしくはお風呂につかりながらと、リラックスタイムに読む事が多いです。できれば、あ~面白かった!と爽快な気持ちになる作品をたくさん読んでみたいので、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ならば何と言っても山手樹一郞でしょうか。

明朗快活、勧善懲悪、痛快無比の、大変に楽しく読みやすい作品が並んでいます。ヒロインもちょっとおきゃんな町娘や、おてんばなお姫様から妖艶な美女まで華やかです。
 まず手に取るなら、とりあえず讃岐丸亀藩主の落胤である素浪人「桃太郎」が、藩のお家騒動に巻き込まれ悪人相手に八面六臂の大活躍をするという第1長編の『桃太郎侍』でしょう。あとは『又四郎行状記』、『夢介千両みやげ』あたりが代表作と言えますが、1冊読むと次々読みたくなる作家です。

 そして、戦後最大の時代小説作家と言えるのが柴田錬三郎です。柴錬では何と言っても「眠狂四郎」シリーズが白眉です。円月殺法を操るニヒルな無頼剣士が活躍するこのシリーズは1作1作が短い短編連作の構成になっていて、どこからでもサクッと読めるのが特長です。
 あとは3代将軍家光の前で当代きっての武芸者たちが繰り広げる寛永御前試合と、その影で展開する忍者の暗闘を描いて柴錬最高傑作の声も高い『赤い影法師』、小田原の北条氏に滅ぼされた名門の血を引く美貌の剣士眉殿喬之介の復讐と徳川家の美姫との愛を描いた『剣は知っていた』、出生の秘密を持つ孤高の剣士秋月六郎太が豊臣秀頼の遺児秀也を守って、柳生隠密党、甲賀忍者、剣鬼宮本武蔵らと壮絶な死闘を展開する『運命峠』などが代表作になります。

 伝奇小説として面白いのが角田喜久雄です。この人は元々ミステリ作家でもあるため、謎が謎を呼ぶ、敵味方が入り交じったスリリングなどんでん返しのあるストーリー展開が魅力です。代表作はまず何と言っても『半九郎闇日記』。播州浅野家の「将監闇日記」の謎を巡って、14年前に切腹したはずの赤穂浪士が再び江戸の町に現れ、竜宮城から来た於免姫、悪辣な盗賊「お役者小僧」、大岡越前の命を受けた鬼同心水木半九郎らが暗闘を展開する傑作中の傑作です。また、同様にミステリ仕立ての『髑髏銭』、『風雲将棋谷』、『妖棋伝』あたりが代表作でしょう。

 また、山田風太郎の忍法帖シリーズも抜群に面白いです。超絶的な能力を身につけた忍者たちが次々と壮絶な死闘を展開するエログロとユーモアの入り交じった『くノ一忍法帖』、『甲賀忍法帖』、『忍びの卍』、『風来忍法帖』などの作品が圧倒的に面白いですが、痛快さというならば、死者を甦らせるという忍法「魔界転生」で徳川幕府を転覆させるべくこの世に甦った剣豪たちに柳生十兵衛が立ち向かうという『魔界転生』でしょう。

 そして、日本時代小説界に突如彗星の如く現れ、たった5年の作家生活の後に流れ星のように急逝してしまった隆慶一郎の諸作品はどれも必読です。一つ選ぶなら『影武者徳川家康』ですが、『吉原御免状』、『かくれさと苦界行』、『一夢庵風流記』など、何を読んでも傑作揃いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
ご紹介の数々を読んでいるだけで心が浮き立ちました!。

柴田連三郎さんは三国志についての作品だけ読んで、他の作家さんに至ってはどの方も一冊も読んだことがありません。ですが、どれも自分に合いそうな感じです。こんなにお薦め作品があるのに、今まで読んでこなかったとはもったいない…と思ってしまいます、どれも面白そうですね。一冊ずつ取り組むのがとても楽しみです。

お礼日時:2009/05/15 22:20

柴田錬三郎の『御家人斬九郎』


連作短編なので、短時間で読みやすいと思います。

中里融司「同行屋」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4334738044.h …

高橋克彦『春朗合わせ鏡』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4167164124.h …

あとは、時代小説というより歴史小説なのですが、
隆慶一郎『影武者徳川家康』上中下
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101174156.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
連作短編とは、まさに自分がはまった剣客商売シリーズと同じタイプをあげて下さったのですね、読み出すのが楽しみです。
他の紹介リンクもありがとうございます。早速リンク先に行きました、「活劇」などの文字が躍っていて嬉しくなってしまいます!。

お礼日時:2009/05/15 22:07

自分はやはり司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」ですね。


変わり種時代小説としては「美琴姫様騒動始末」 (新潮文庫)などは気分転換にいいかもです。

参考URL:http://foe.blog.shinobi.jp/Entry/82/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
司馬遼太郎氏さん、「燃えよ剣」を読んだことがありました。だいぶ前ですが、とても読みやすかったのを覚えています。殺陣のシーンも迫力があったけれど、恋や心理面が丁寧に書かれていて人がいきづいているような感じをうけました。その方の竜馬ですか…これは面白そうですね!もう一冊のリンクもありがとうございます。どちらも読んでみます。

お礼日時:2009/05/15 21:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめの時代小説を教えてください。

おすすめの時代小説を教えてください。
いくつかのシリーズを愛読しておりますが、新規開拓したいので質問しました。
史実を元にしたものではなく、捕物帖・人情話のようなものが好きです。
現在読んでいるのは坂岡真さんのうぽっぽ同心シリーズや照り降り長屋シリーズ、平岩弓枝さんの御宿かわせみシリーズ、風野真知雄さんの大江戸定年組シリーズ。
佐伯泰英さんの作品は居眠り磐音 江戸双紙シリーズと吉原裏同心シリーズを読んでいますが磐音よりも吉原裏同心の方が好みです。密名シリーズはちょっと駄目でした。
一時期築山桂さんの作品も読んでいたのですが、この方の作品は少し恋愛色が強いのでなんとなく違うかなーという感じ。
男女の情愛が描かれた作品に関しては、現代寄りではなく江戸時代に即した淑やかな愛情表現がいいです。
また時代小説の大御所としては池波正太郎さんなどがいらっしゃいますが、池波さんはドラマのシリーズは好きなのですが文章はちょっと読みにくかったです。

長々と講釈いたしましたが、同じく時代小説がお好きな方、列記した作品を見て「これぞ」という作品がありましたら回答よろしくお願い致します。

おすすめの時代小説を教えてください。
いくつかのシリーズを愛読しておりますが、新規開拓したいので質問しました。
史実を元にしたものではなく、捕物帖・人情話のようなものが好きです。
現在読んでいるのは坂岡真さんのうぽっぽ同心シリーズや照り降り長屋シリーズ、平岩弓枝さんの御宿かわせみシリーズ、風野真知雄さんの大江戸定年組シリーズ。
佐伯泰英さんの作品は居眠り磐音 江戸双紙シリーズと吉原裏同心シリーズを読んでいますが磐音よりも吉原裏同心の方が好みです。密名シリーズはちょっと駄目でした...続きを読む

Aベストアンサー

宇江佐真理の「髪結い伊佐治捕物余話」シリーズがおすすめです。
まさに捕物帖・人情話ですし、このシリーズ以外にも宇江佐真理の作品は
けっこう楽しめますよ。

Q笑える時代小説を探しています。

笑える時代小説を探しています。
畠中恵さんと米村圭吾さんの様に軽くて笑えてほのぼのしたお話を書く作家さんを探しています。
ご両人の本は全て読んでしまいました。

時代小説の取っ掛かりは、池波正太郎さんの「真田太平記」で、他にも色々読みました。平岩弓枝さんも大好きで現代物も時代物も読みました。

今は、宇江佐真理さんの「髪結い伊三次シリーズ」を読んでいます。
もともと長編が好きなのですが、短編連作のように、登場人物が同じなのも面白いなと知りました。
短編だと短すぎて感情移入できませんので。

好きな作家さん以下に挙げます。
池波正太郎(剣客は読んでいません)
隆慶一郎
平岩弓枝(かわせみは読んでいません)
畠中恵
米村圭吾
宇江佐真理

他には、北原亜以子さんと山本一力さん(短編)を読んだことがありますが、あまり好みではありませんでした。


池波正太郎さんから時代小説に興味をもったこともあり、忍者や侍、戦国の話は好きなのですが、畠中恵さんと米村圭吾さんを知ってからは、ちょっと笑える軽いものの方が読みやすいし、気持ちも明るくなって良いなと思い始めました。

今の私は、楽しいお話を求めています。江戸時代ものが希望です。

どなたか、面白い作家さんを紹介してください。
よろしくお願いします。

笑える時代小説を探しています。
畠中恵さんと米村圭吾さんの様に軽くて笑えてほのぼのしたお話を書く作家さんを探しています。
ご両人の本は全て読んでしまいました。

時代小説の取っ掛かりは、池波正太郎さんの「真田太平記」で、他にも色々読みました。平岩弓枝さんも大好きで現代物も時代物も読みました。

今は、宇江佐真理さんの「髪結い伊三次シリーズ」を読んでいます。
もともと長編が好きなのですが、短編連作のように、登場人物が同じなのも面白いなと知りました。
短編だと短すぎて感情移入できませ...続きを読む

Aベストアンサー

「御書物同心日記」(出久根達郎・講談社文庫)がおすすめです。図書を管理する同心になった青年の話で、書物に関する話がコメディタッチで語られます。
「禁書売り 緒方洪庵浪華の事件帳」(築山桂・双葉文庫)蘭学塾で学んでいる緒方章(後の洪庵)は、師匠の命で禁書を受け取りに行ったが、古書店の者が殺されていて……。江戸ではなく、江戸時代の大阪が舞台のラブコメ要素ありのミステリ。

以下はコメディというにはちょっと笑いが足りないかもしれませんが、読んでいて楽しいです。
「八朔の雪 みをつくし料理帖」(高田郁・角川春樹事務所)上方からやってきた料理人の澪が、江戸になじむまで。
「実さえ花さえ」(朝井まかて・講談社)江戸の町を彩る花の種や苗を商う「なずな屋」を舞台とした話。
「お鳥見女房」(諸田玲子・新潮社)江戸時代、鷹匠などの鳥を司る役目、「お鳥見」の娘であり女房であり母である珠世さんの日常生活。日常生活がなんでこんなに楽しいの!というくらい楽しかったです。

Q時代小説とくに江戸物でおすすめの本を教えてください!

時代小説とくに江戸物でおすすめの本を教えてください!

「宮部みゆき」さんなどの本も現代物しか読んだことがありません。

「山本一力」さんなどは、そこそこ読んでおります。

はば広く、教えていただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

リアリティと言う観点では・・

岡本綺堂 半七捕物帳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E4%B8%83%E6%8D%95%E7%89%A9%E5%B8%B3

作者の岡本綺堂は明治5年生まれ。半七捕物帳の連載開始は大正6年。勝海舟が亡くなったのが明治32年。徳川慶喜が亡くなったのは大正2年。新撰組の永倉新八や斎藤一が亡くなったのが大正4年。江戸時代を直接知っている人々がまだまだ世の中に居た頃に書かれた話だけあって、維新前の細かい風俗や町並みの描写のリアリティのレベルの高さは群を抜いています。それでいて文体は非常に読みやすく、かつ現代的で、推理小説としても超一級ですが、普通の小説としても十分に楽しめます。


東郷隆
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%83%B7%E9%9A%86

守備範囲が広いことが仇になって時代小説では中堅どころの扱いをされることが多いですが、昭和以降の時代小説作家の中では、もっとも江戸時代の空気を再現することに成功している作家の一人だと思います。ぜひ一度試してください。

リアリティと言う観点では・・

岡本綺堂 半七捕物帳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E4%B8%83%E6%8D%95%E7%89%A9%E5%B8%B3

作者の岡本綺堂は明治5年生まれ。半七捕物帳の連載開始は大正6年。勝海舟が亡くなったのが明治32年。徳川慶喜が亡くなったのは大正2年。新撰組の永倉新八や斎藤一が亡くなったのが大正4年。江戸時代を直接知っている人々がまだまだ世の中に居た頃に書かれた話だけあって、維新前の細かい風俗や町並みの描写のリアリティのレベルの高さは群を抜いています。それでいて文体...続きを読む

Q時代物で恋愛小説。オススメありませんか?

いつもいつも大変お世話になっています。

時代…というか歴史というか…。
そういう昔を舞台とした恋愛小説を読みたいんです。
舞台となっている時代は何時代でもかまいません。
けど日本人が主役の本がいいです。

今まで読んだ時代物の恋愛小説は、
・京極夏彦さん『嗤う伊右衛門』
・玉岡かおるさん『天涯の船』
・三浦綾子さん『氷点』
・北村薫さん『リセット』
      『スキップ』←けれどちょっと時代が新しすぎるかなぁ~と言う気も…
・恩田陸さん『ライオンハート』
あとはコバルト文庫が少々です。

こんな私に何か良い小説はないでしょうか?
あなたのオススメを是非教えてください!

Aベストアンサー

はじめまして。

私がオススメする本は、船山馨(かおる)の『お登勢』です。
時代は幕末~明治初期。舞台は徳島と淡路島から北海道へ。
主人公のお登勢は奉公人で、その奉公先は佐幕派。
お登勢が密かに心慕う男性は、討幕派の家。
さらに奉公先の娘とお登勢の好きな相手が恋仲になってしまう・・・
というお話です。
3人の人物を中心として、激動の幕末の時代の波に飲まれていきます。
また、史実にも忠実なので、幕末の徳島藩・稲田家及び、北海道開拓史の様子も、物語とともに楽しめますよ。
ちなみに数年前に、NHKの金曜時代劇で映像化され、人気となったドラマの原作です。
お登勢役は、沢口靖子さんでした~。
少し長いですが、物語に引き込まれていくので、どんどん読めると思います。
よろしかったら、お読みになってくださいね☆

Q女性作家のオススメ時代小説を教えて下さい

女性作家が書いた時代小説を探しています。
面白そうなものがあっても絶版だったりして手に入らず、普通に購入できるものでお願いします。

以下の作家さんの小説は読んだことがあるのですが、他にもオススメの作家さんはいますでしょうか?

■木内昇
■大内美予子
■秋山香乃
■宮部みゆき

マンガやラノベではなく、小説でお願いします。

Aベストアンサー

北原亞以子さんの
人情味溢れるな江戸ものはいかがでしょうか?

慶次郎シリーズはNHKでドラマ化もされました。

どの作品も余韻が清冽で、新刊を楽しみにしていましたが、
最近鬼籍に入られてしまい残念です…

Qユーモア小説探してます

笑いとユーモアにあふれる楽しい小説を探しています。
シュール、ブラック、ほのぼのなど、笑いのジャンルは問いません。とにかく面白くて笑えるものをお願いします。

ジョン・アーヴィングは近いですがちょっと違います。
最近の日本の作家だと奥田英明のイン・ザ・プールが近い感じでした。
日本で言うと筒井康隆の短編が近いかもしれません。
映画だとウディ・アレンやモンティ・パイソン、
また小説ではありませんが、お笑いだとダウンタウンのコントの感覚が、私の求めるセンスに近いです。
詳しい方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

こういった小説を指定するのに適当な言葉が思いつかなかったので、とりあえずは「ユーモア小説」とさせていただきます。
最近はミステリーとかホラーが流行でこういったタイプの小説がもっと出てきたらいいのになと思っています。

Aベストアンサー

こんにちは。

先日、他の方の質問にも これをオススメしましたけど
朱川湊人さんの『花まんま』です。
ホラー?っぽいのですが、おもしろかったんです。
大阪弁で語られるのと なんだかノスタルジーを感じるようなかんじで 中にはジーンとくるのもありました。

あと、一番最近読んだ
『フライ・ダディ・フライ』
これも一気に読みました。
最近、映画にもなっているようですが、原作はおもしろかったですよ。

『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』私も読んでおもしろいと感じたので、上記2作も楽しんで頂けるのではないかと思います。

Q読みやすい時代小説(宮部みゆき先生のような)

宮部みゆき先生が描くような読みやすい時代小説、他の作家さんでいないですか?

宮部先生の本はすべて読んでしまって、本屋などで探しているのですが、なかなか見つかりません。

コミカルな、江戸の姿を描いたおもしろい時代小説がよみたいです。

Aベストアンサー

 私は 畠中恵先生の本をオススメします!
 病弱な若旦那が主人公のおはなしの『しゃばけ』シリーズは、とてもおもしろいです。

 私も宮部みゆき先生の時代小説が大好きで、同じように読みつくしてしまった時に出会ったのが畠中恵先生の時代小説シリーズでした。

 機会がありましたら、是非お手に取って見て下さい♪

Q女性におすすめの時代小説を教えてください

宮部みゆきさんや畠山恵さんの時代小説、憑神を読み、とても面白かったので、もっと時代小説を読んでみたいと思っています。
女性におすすめの読みやすい時代小説を教えてください。

<好きな傾向>
○江戸時代(江戸時代以外でもOKです)
○町人のお話(町人以外でもOKです)
○ほのぼのするお話が好き
○妖怪や神さまの話も好き
○美男・美女・かわいい子が出てくる小説大歓迎
○妖しいお話も好き

<嫌いな傾向>
×戦闘ものには燃えません
×TVの大河ドラマや水戸黄門にはあまり興味がありません

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も暗いものや武将ものは好みませんので、多分趣味は同じですね。

宇江佐真理の「髪結い伊三次シリーズ」とか

北原亞以子の「慶二郎縁側日記」「深川澪通り木戸番小屋」とか

定番ですが藤沢周平の後期の作品
(前期のものは暗いものが多いです)
用心棒日月抄 花のあと etc 

白石一郎 十時半睡事件禄

澤田ふじ子 閻魔寺シリーズ? 借りたので手元にありません

諸田玲子 お鳥見女房シリーズ

佐藤雅美(この人は男性) 居眠り紋蔵シリーズ

もちろん皆さんお勧めの御宿かわせみは、背景が明治時代になっても雑誌で続いてますから、当分楽しめますよ。
概して女性作家の方が切った張ったが少なくて、安心して読めるようです。

Q読みやすい時代小説を教えてください

読書家じゃないくせに、時代小説が読んでみたくなりました。

育児の合間に読むので、あまり複雑なのや、どろどろしたのは避けたいです。
ホラーも苦手です。

時代小説でもいいですし、
タイムスリップで江戸時代に行ってしまう、、、というようなのもいいです。

戦争とか抜きで、恋愛モノやほのぼのした作品が読みたいのですが、
そんなのあるんでしょうか。。。

おすすめがあれば、教えてください!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「春秋の檻―獄医立花登手控え」 (講談社文庫)藤沢周平

出版社/著者からの内容紹介
島送りになる若者の頼み事。無実を訴える男の正体。御家人毒殺未遂の真相。恋人を刺した女囚の愛憎。さまざまな暗い人間模様が江戸小伝馬町の牢屋に持ちこまれる。小さな罪の背後にうごめく大きな悪。心優しい青年獄医立花登が市井の人情も細やかに、柔術の妙技と推理の冴えを見せて事件を解く時代連作集。

「橋ものがたり」 藤沢周平(新潮文庫)
 
「驟り雨」 藤沢周平 (新潮文庫)
 
内容(「BOOK」データベースより)
抗いきれない運命に翻弄されながらも懸命に生きる市井の人々―。その哀歓を確かな視点で捉え、陰翳深く彫り上げた珠玉の十編。江戸情緒が色濃く漂う、円熟した筆の味わい。

どちらも短編集なので家事の間に読むのにいいと思います。

「みおつくし料理帖」は今私も読んでますがおもしろいですよ。
ちょっと少女漫画みたいな感じですが。

Q時代小説のおすすめ

敬称略でいかせていただいますが、隆慶一郎、藤沢周平、山田風太郎が大好きです。話といい語り口といい立ち回りの美しさといい、何回読み直してもあきません。三者三様、なんて滋味のある美しい日本語なんだ!と、くりかえし溺れてしまいます。
ほかにもいくつか時代小説に手をのばしてみたりはしたのですが、どうもぴんとくるものがなく、最近買うのすら面倒になってご無沙汰です。最近は若手の時代小説家も増えたようですが、かつて雑魚を大量に引いたことのある苦い記憶から、手を出しかねてしまっています。
淋しいので、「これはどうだ!」というおすすめを是非とも御待ちしております。

補足しますと、司馬遼太郎や池波正太郎も読んでみましたが、おもしろいとは思うものの自分の心にぴたりとはまるものではなく、くりかえし読むには至らず。宮部みゆきの時代物も左に同じく、でした。

時代小説のほかには、ロマンスやガチガチの純文学や推理小説以外はほとんどなんでも読みます(本格推理は読みます)。ので、多少「時代小説」のわくからはずれていても「これはどうだ」というものがありましたら、ご紹介ください。よろしくおねがいします。

敬称略でいかせていただいますが、隆慶一郎、藤沢周平、山田風太郎が大好きです。話といい語り口といい立ち回りの美しさといい、何回読み直してもあきません。三者三様、なんて滋味のある美しい日本語なんだ!と、くりかえし溺れてしまいます。
ほかにもいくつか時代小説に手をのばしてみたりはしたのですが、どうもぴんとくるものがなく、最近買うのすら面倒になってご無沙汰です。最近は若手の時代小説家も増えたようですが、かつて雑魚を大量に引いたことのある苦い記憶から、手を出しかねてしまっています。
...続きを読む

Aベストアンサー

お目当ての作家は見つかりましたか?
先日図書館で「時代小説ベストセレクション」というのを借りました。
都筑センセーの「チャンバラもどき」を読む為の予習のつもりでしたが
「鞍馬天狗」「眠狂四郎」「座頭市」等々、タネ本としてはドンピシャで、
思わずニンマリでした。

新刊ではもう手に入らないようですが、剣豪物・戦国物等、ジャンルごとに12巻出ているようです。
手頃な大きさで、ちょっと読んでみたい時に重宝しそうでした。

参考URLにて【簡易検索窓】のタイトルに”時代小説ベストセレクション”と入れると収録作品が分かります。

同じく”時代小説ベスト” で検索したら、他社のアンソロジーも出て来ましたよ。

参考URL:http://webopac2.ndl.go.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報